TED日本語 - ティナ・シーリグ: 運を良くするための少しのリスク

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ほとんどの場合、運は落雷のような例外的で劇的なものではありません。どちらかというと、常に吹いている風のようなものです。運気をもっと取り込むのは難しくはありませんが、分かりにくいものです。この洞察力にあふれたトークでは、スタンフォード大学工学部教授であるティナ・シーリグが、運が良くなり、チャンスを見付けて掴み取る力を高められる意外な3つの方法を教えてくれます。

Script

私は20年近い時間をかけて 人を幸運にさせるものが 何かを観察し 運が良くなるよう 人々の手助けをしてきました 私は起業について教えています 新しいベンチャー企業のほとんどは 失敗するものだと皆知っています 革新者や起業家には ありったけの運が必要です

でも 運とは何でしょう? 運は 偶然起きたように見える 成功や失敗 と定義されています 「見える」という この言葉が重要です 運は 偶然のことのように見えます 幸運へと後押ししてくれるものなんて 滅多にお目にかからないからです しかし 長い間観察してきて 気づいたことがあります 運は通常 落雷のように 例外的で劇的なものでは ないということです どちらかというと 常に吹いている 風のようなものです 時には 穏やかで 時には 突風のように 吹き抜けます 時には 想像さえしていなかった 方向から吹いてきます

では どうしたら運の風を 掴むことができるのでしょう? 難しくはありませんが 分かりにくいものです これから皆さんに 運の風を掴む帆を作る方法を 3つお話しします 1つ目にすべきことは 自分自身との関係を 見直すこと コンフォートゾーンから外に出て 小さなリスクをとるということです 子供だった頃はみんな いつもしていたことです 何かを学ぼうとしたら 避けては通れません 歩き方や 言葉や 自転車の乗り方や それに量子力学でさえも 自転車に乗れないところから始めて 次の週には 乗れるようになる必要があり そのためには コンフォートゾーンの外に出て リスクを取らねばなりません 問題は 年を取るにつれて そうしなくなって しまうことです 自分がどういう人間かを 固定化してしまい それを広げようとは もうしないんです

私は学生に対して コンフォートゾーンから外に出て 少しリスクをとるよう 勇気づけるため 多くの時間を費やしてきました どのようにでしょう? まず初めに 自分のリスクの基準を 書き出させることから始めます これは私達が授業で開発した 楽しい活動で 自分が取ってもよいと思う リスクを書き出します すぐに分かるのは リスクをとることが 2択ではないということです 知的なリスクもあれば 肉体的なリスク、金銭的なリスク、 感情的なリスク、社会的なリスク、 倫理的なリスク、政治的リスクもあります 書き出し終えると 学生たちは 互いのリスク一覧を比べ それぞれのリスク意識が 本当に異なっていることに気づきます

それから 私はみんなを励まして コンフォートゾーンから出ることになる リスクをとるよう勧めます 例えば 知的リスクをとり 今まで挑戦したことのない問題に 取り組んでみてと 言うかもしれません もしくは 社会的リスクをとり 電車で隣の席の人に話しかけてみるとか または 感情的リスクをとり 本当に大切な人に対して 自分の思いを伝えてみるとか

私はいつも それを 自分でも実践しています 10年ほど前 飛行機の中でのことです エクアドル行きの かなり朝早いフライトでした 普段であれば ただヘッドホンをつけ 少し眠り 目覚めると 仕事をするんですが 少しリスクを とろうと決めて 隣の席に座る男性と 会話を始めました 自己紹介をして 彼が出版の仕事を していると知りました 興味深かったです 結果として素晴らしい会話を することができ 出版業界の将来について よく知ることができました フライトがあと残り 4分の1となった時 もう1つリスクを とることにしました ノートパソコンを開けて 本の執筆のアイデアを見せたんです 自分が講義で教えていることの まとめでした 彼は礼儀正しく 読み終えた後 言いました 「ティナさん これはうちの出版社向きではありませんね でも 見せてくれて ありがとうございます」 いいんです そのリスクが うまくいかなかっただけです 私はノートパソコンを閉じました フライトの終わりに 私達は連絡先を交換しました

数か月後 私は彼に連絡しました 「マークさん 私の授業に 来てみませんか? 新しい形の本を考案する 出版の将来に関するプロジェクトを やっているところなんです」 彼は「素晴らしい ぜひ伺います」と言って 私の授業に参加し 私達は充実した時間を過ごしました

数か月後 私は彼に再度連絡しました その時は 私の学生たちが行った 別のプロジェクトの 動画をたくさん送りました 彼は 学生たちが手掛けた プロジェクトの1つに とても興味を持ち 本にできるかも しれないと思い その学生たちに会いたいと 言いました

正直に言うと 少し傷付きました

(笑)

彼が本を出したいと思ったのは 学生たちで 私ではなかったんですが でも まあいいです 来るようにと伝えると 彼とその同僚たちが スタンフォード大にやって来て 学生たちに会い その後 一緒にお昼を食べました 編集者の1人が 私に向かって言いました 「本を書いてみようと 思ったことはないんですか?」

私は言いました 「まあ 奇遇ですこと」 そして私は1年前に 彼の上司に見せたのと 全く同じ執筆の提案を 引っ張り出しました その後2週間もしないうちに 出版の契約を結び 2年もたたないうちに その本は 世界中で百万部以上売れました

(拍手)

さて 皆さんはこう おっしゃるかもしれません 「それは幸運でしたね」 もちろん私は幸運でしたが その運がつかめたのも 私がとった一連の小さなリスクのおかげで それは挨拶することから 始まったんです 誰でも できることです 人生でどんな状況にあろうとも 世界のどこにいようとも たとえ自分を最も不運な人間だと 思っていようとも コンフォートゾーンから外に出て 小さなリスクをとることで実行できます 運を掴むための帆を 作り始めましょう

2つ目にすべきことは 他の人との関係を 見直すことです 人生の旅路の中で 助けてくれる人はみんな 自分の目標達成に大きな役割を 果たしていることを理解しましょう もし 彼らに感謝を示さないなら きちんと やり取りを 終わらせていないだけでなく 機会も失ってしまいます もし誰かが 何かをしてくれたなら その人が 自分や他の人のために 費やすこともできた時間を もらったことになるんです 彼らがしてくれていることに 感謝すべきです

私はスタンフォード大で 3つの特別研究員 奨学金プログラムを管理しています とても競争率が高いものです 落選してしまった学生たちに 通知を送る時はいつも 相手が落胆するだろうことを 知っています 落胆した学生の中には 文句を書いてくる人もいます 中には 次回どうすれば もっと良い結果になるか 聞いてくる人もいます そして時々 機会を与えてくれたことへの感謝を 書いてくる人がいます

7年前のことです ブライアンという名の青年が 素晴らしい手紙をくれました 「私はこのプログラムに 2度断られましたが それでも 機会を与えて下さった ことに感謝を伝えたいです 応募する過程で たくさんのことを学びました」

私は彼のメッセージの奥ゆかしさに とても感激し 会おうと誘いました 少しの間 歓談し 一緒に自主研究プロジェクトをする案を 思いつきました 彼はスタンフォード大の アメフトチームに所属していて そのリーダーシップを題材に プロジェクトをすることに決めました 彼とは その学期を通じ 互いのことを とてもよく知ることになり 彼はその自主研究で始めた プロジェクトを続けて 最終的には Play for Tomorrowという 会社を設立しました 彼は恵まれない 環境に育った子供達に 自分の夢見る人生を築くための 方法を教えています

この話の大事な点は 私達が運の風を 掴むことができたのも 彼の感謝の手紙の 結果であり 元々その風を予期しても いなかったということです

この数年間を通して 自分の人生で 感謝の気持ちを 本当に育むための方法を いくつか編み出しました 最も気に入っている方法は 毎日 1日の終わりに 予定表を見て その日会った人々を振り返り 全ての人に 感謝のメッセージを送ることです 数分しか かかりませんが 毎日の終わりに 私は人々に強く恩を感じ 感謝の気持ちを持ちます これは間違いなく 私の運を良くしてくれています

1つ目はコンフォートゾーンの 外に出て少しリスクをとるということ 2つ目は感謝の気持ちを 伝えるということでした 3つ目はアイデアとの関係を 見直すことです 多くの人は新しいアイデアが 出てきた時に評価をします 「それは素晴らしい考えだ」とか 「ひどい考えだ」と ― しかし 実際にはもっと 機微があって 単に良いとか悪いという ものではありません 事実 ひどいアイデアの種が 本当に素晴らしい実になることもあるんです

私が創造力の授業で行っている 好きな演習の1つは ひどいアイデアの中に 可能性が潜んでいないか 探そうとする姿勢を 養わせるものです 学生にある課題を与えます 全く新しいレストランの アイデアを出せと 新しいレストランについて 最高のアイデアと 最悪なアイデアを 出さなければなりません 最高のアイデアは 例えば 美しい日没が見られる 山頂のレストランや 見事な眺めの 船上レストランです 最悪なアイデアは 例えば ゴミ捨て場の中にあるレストランや 汚らしい ひどいサービスの レストラン あるいは ゴキブリのお寿司を 提供するレストランです

(笑)

私は 学生から アイデアを書いた紙をみんな集め 良いアイデアを読み上げると それを破り捨ててしまいます それから ひどいアイデアの紙を みんなに配ります 各チームが 他のチームがひどいと 判断したアイデアを受け取ります 彼らの課題はそれを素晴らしいものに 変えるということです

何が起こるでしょう 10秒もしないうちに 誰かが 「これは優れたアイデアだ」と言い出します 彼らは3分後には アイデアをクラスの みんなに売り込まなければなりません ゴミ捨て場のレストランは どうなったでしょう? ミシュランの星付き レストランから 捨てられるはずの 余り物を集め ずっと安い価格帯の 別のレストランで 提供するんです とても素敵でしょう? 汚くてひどいサービスの レストランはどうでしょう? 将来レストランを 開業したい人々が 様々な失敗の可能性を避ける方法を 学べる訓練所になりました ではゴキブリ寿司の レストランは? とても興味深くて 珍しい食材を扱う 寿司屋になりました

皆さんに身近な 本当に革新的な ベンチャー企業を見渡してみたら ― 人々の生活を変え 今や当たり前の存在になった企業は どうでしょう? みんな突拍子もない アイデアから始まっているんです 他の人に言ったら ほとんどの人が 「馬鹿げている うまくいきっこない」 と言うようなアイデアからです

時に人は ひどい環境に生まれ 時に運は落雷のように 素晴らしいものや ひどいものをもたらします しかし 運の風は いつも吹いています もし皆さんが 少しのリスクをとり 感謝の気持ちを示すために 行動する気があり 突拍子がなかろうと アイデアに可能性を見出そうとするなら 運の風を掴む より大きな帆を作れるでしょう

ありがとうございました

(拍手)

I've spent nearly two decades observing what makes people luckier than others and trying to help people increase their luck. You see, I teach entrepreneurship, and we all know that most new ventures fail, and innovators and entrepreneurs need all the luck they can get.

So what is luck? Luck is defined as success or failure apparently caused by chance. Apparently. That's the operative word. It looks like it's chance because we rarely see all the levers that come into play to make people lucky. But I've realized, by watching so long, that luck is rarely a lightning strike, isolated and dramatic. It's much more like the wind, blowing constantly. Sometimes it's calm, and sometimes it blows in gusts, and sometimes it comes from directions that you didn't even imagine.

So how do you catch the winds of luck? It's easy, but it's not obvious. So I'm going to share three things with you that you can do to build a sail to capture the winds of luck. The first thing you want to do is to change your relationship with yourself. Be willing to take small risks that get you out of your comfort zone. Now, when we're children, we do this all the time. We have to do this if we're going to learn how to walk or talk or ride a bike or even quantum mechanics. Right? We need to go from someone one week who doesn't ride a bike to, next week, someone who does. And this requires us to get out of our comfort zone and take some risks. The problem is, as we get older, we rarely do this. We sort of lock down the sense of who we are and don't stretch anymore.

Now, with my students, I spend a lot of time giving them encouragement to get out of their comfort zone and take some risks. How do I do this? Well, I start out by having them fill out a risk-o-meter. Now, it's basically a fun thing we developed in our class where they map out what risks they're willing to take. And it becomes clear very quickly to them that risk-taking is not binary. There are intellectual risks and physical risks and financial risks and emotional risks and social risks and ethical risks and political risks. And once they do this, they compare their risk profiles with others, and they quickly realize that they're all really different.

I then encourage them to stretch, to take some risks that get them out of their comfort zone. For example, I might ask them to do an intellectual risk and try to tackle a problem they haven't tried before; or a social risk, talking to someone sitting next to them on the train; or an emotional risk, maybe telling someone they really care about how they feel.

I do this myself all the time. About a dozen years ago, I was on an airplane, early, early morning flight on my way to Ecuador. And normally, I would just put on my headphones and go to sleep, wake up, do some work, but I decided to take a little risk, and I started a conversation with the man sitting next to me. I introduced myself, and I learned that he was a publisher. Interesting. We ended up having a fascinating conversation. I learned all about the future of the publishing industry. So about three quarters of the way through the flight, I decided to take another risk, and I opened up my laptop and I shared with him a book proposal I put together for something I was doing in my class. And he was very polite, he read it, and he said, "You know what, Tina, this isn't right for us, but thank you so much for sharing." It's OK. That risk didn't work out. I shut my laptop. At the end of the flight, we exchanged contact information.

A couple of months later, I reached out to him, and I said, "Mark, would you like to come to my class? I'm doing a project on reinventing the book, the future of publishing." And he said, "Great. I'd love to come." So he came to my class. We had a great experience.

A few months later, I wrote to him again. This time, I sent him a bunch of video clips from another project my students had done. He was so intrigued by one of the projects the students had done, he thought there might be a book in it, and he wanted to meet those students.

I have to tell you, I was a little bit hurt.

(Laughter)

I mean, he wanted to do a book with my students and not with me, but OK, it's all right. So I invited him to come down, and he and his colleagues came to Stanford and met with the students, and afterwards, we had lunch together. And one of his editors said to me, "Hey, have you ever considered writing a book?"

I said, "Funny you should ask." And I pulled out the exact same proposal that I had showed his boss a year earlier. Within two weeks, I had a contract, and within two years, the book had sold over a million copies around the world.

(Applause)

Now, you might say, "Oh, you're so lucky." But of course I was lucky, but that luck resulted from a series of small risks I took, starting with saying hello. And anyone can do this, no matter where you are in your life, no matter where you are in the world -- even if you think you're the most unlucky person, you can do this by taking little risks that get you out of your comfort zone. You start building a sail to capture luck.

The second thing you want to do is to change your relationship with other people. You need to understand that everyone who helps you on your journey is playing a huge role in getting you to your goals. And if you don't show appreciation, not only are you not closing the loop, but you're missing an opportunity. When someone does something for you, they're taking that time that they could be spending on themselves or someone else, and you need to acknowledge what they're doing.

Now, I run three fellowship programs at Stanford, and they are very competitive to get into, and when I send out the letters to those students who don't get in, I always know there are going to be people who are disappointed. Some of the people who are disappointed send me notes, complaining. Some of them send notes saying what could I do to make myself more successful next time around? And every once in a while, someone sends me a note thanking me for the opportunity.

This happened about seven years ago. A young man named Brian sent me a beautiful note saying, "I know I've been rejected from this program twice, but I want to thank you for the opportunity. I learned so much through the process of applying."

I was so taken by the graciousness of his message that I invited him to come and meet me. And we spent some time chatting and cooked up an idea for an independent study project together. He was on the football team at Stanford, and he decided to do a project on looking at leadership in that context. We got to know each other incredibly well through that quarter, and he took the project that he started working on in the independent study and turned it, ultimately, into a company called Play for Tomorrow, where he teaches kids from disadvantaged backgrounds how to, essentially, craft the lives they dream to live.

Now, the important thing about this story is that we both ended up catching the winds of luck as a result of his thank-you note. But it was the winds that we didn't expect in the first place.

Over the course of the last couple of years, I've come up with some tactics for my own life to help me really foster appreciation. My favorite is that at the end of every single day, I look at my calendar and I review all the people I met with, and I send thank-you notes to every single person. It only takes a few minutes, but at the end of every day, I feel incredibly grateful and appreciative, and I promise you it has increased my luck.

So first, you need to take some risks and get out of your comfort zone. Second, you need to show appreciation. And third, you want to change your relationship with ideas. Most people look at new ideas that come there way and they judge them. "That's a great idea" or "That's a terrible idea." But it's actually much more nuanced. Ideas are neither good or bad. And in fact, the seeds of terrible ideas are often something truly remarkable.

One of my favorite exercises in my classes on creativity is to help students foster an attitude of looking at terrible ideas through the lens of possibilities. So I give them a challenge: to create an idea for a brand new restaurant. They have to come up with the best ideas for a new restaurant and the worst ideas for a new restaurant. So the best ideas are things like a restaurant on a mountaintop with a beautiful sunset, or a restaurant on a boat with a gorgeous view. And the terrible ideas are things like a restaurant in a garbage dump, or a restaurant with terrible service that's really dirty, or a restaurant that serves cockroach sushi.

(Laughter)

So they hand all the ideas to me, I read the great ideas out loud, and then I rip them up and throw them away. I then take the horrible ideas and redistribute them. Each team now has an idea that another team thought was horrible, and their challenge is to turn it into something brilliant.

Here's what happens. Within about 10 seconds, someone says, "This is a fabulous idea." And they have about three minutes before they pitch the idea to the class. So the restaurant in the garbage dump? What does that turn into? Well, they collect all the extra food from Michelin star restaurants that was going to get thrown out, and they have another restaurant at a much lower price, with all the leftovers. Pretty cool? Or the restaurant that's dirty with terrible service? Well, that turns into a restaurant that's a training ground for future restauranteurs to figure out how to avoid all the pitfalls. And the restaurant with cockroach sushi? It turns into a sushi bar with all sorts of really interesting and exotic ingredients.

If you look around at the companies, the ventures that are really innovative around you, the ones that we now take for granted that have changed our life, well, you know what? They all started out as crazy ideas. They started ideas that when they pitched to other people, most people said, "That's crazy, it will never work."

So, yes, sometimes people were born into terrible circumstances, and sometimes, luck is a lightning bolt that hits us with something wonderful or something terrible. But the winds of luck are always there, and if you're willing to take some risks, if you're willing to really go out and show appreciation and willing to really look at ideas, even if they're crazy, through the lens of possibilities, you can build a bigger and bigger sail to catch the winds of luck.

Thank you.

(Applause)

I've spent nearly two decades/ observing/ what makes people luckier/ than others/ and trying to help/ people increase their luck.//

私は20年近い時間をかけて 人を幸運にさせるものが 何かを観察し 運が良くなるよう 人々の手助けをしてきました

You see,/ I teach entrepreneurship,/ and we/ all know/ that most new ventures fail,/ and innovators and entrepreneurs need all the luck/ they can get.//

私は起業について教えています 新しいベンチャー企業のほとんどは 失敗するものだと皆知っています 革新者や起業家には ありったけの運が必要です

So/ what is luck?//

でも 運とは何でしょう?

運は 偶然起きたように見える 成功や失敗 と定義されています

「見える」という

That's the operative word.//

この言葉が重要です

It looks/ like it's chance/ because we rarely see all the levers/ that come into play/ to make people/ lucky.//

運は 偶然のことのように見えます 幸運へと後押ししてくれるものなんて 滅多にお目にかからないからです

But I've realized,/ by watching so long,/ that luck is rarely a lightning strike,/ isolated and dramatic.//

しかし 長い間観察してきて 気づいたことがあります 運は通常 落雷のように 例外的で劇的なものでは ないということです

It's much more/ like the wind,/ blowing constantly.//

どちらかというと 常に吹いている 風のようなものです

Sometimes/ it's calm,/ and sometimes/ it blows in gusts,/ and sometimes/ it comes from directions/ that you didn't even imagine.//

時には 穏やかで 時には 突風のように 吹き抜けます 時には 想像さえしていなかった 方向から吹いてきます

So/ how do you catch the winds of luck?//

では どうしたら運の風を 掴むことができるのでしょう?

It's easy,/ but it's not obvious.//

難しくはありませんが 分かりにくいものです

So I'm going to share/ three things/ with you/ that you can do to build a sail/ to capture the winds of luck.//

これから皆さんに 運の風を掴む帆を作る方法を 3つお話しします

The first thing/ you want to do/ is to change your relationship/ with yourself.//

1つ目にすべきことは 自分自身との関係を 見直すこと

Be willing to take small risks/ that get you/ out of your comfort zone.//

コンフォートゾーンから外に出て 小さなリスクをとるということです

Now,/ when we're children,/ we do this all the time.//

子供だった頃はみんな いつもしていたことです

We have to do/ this/ if we're going to learn/ how to walk or talk or ride a bike/ or even/ quantum mechanics.// Right?//

何かを学ぼうとしたら 避けては通れません 歩き方や 言葉や 自転車の乗り方や それに量子力学でさえも

We need to go/ from someone/ one week/ who doesn't ride a bike/ to,/ next week,/ someone/ who does.//

自転車に乗れないところから始めて 次の週には 乗れるようになる必要があり

And this requires us/ to get out of our comfort zone/ and take some risks.//

そのためには コンフォートゾーンの外に出て リスクを取らねばなりません

The problem is,/ as we get older,/ we rarely do this.//

問題は 年を取るにつれて そうしなくなって しまうことです

We/ sort of lock down/ the sense of who we are/ and don't stretch anymore.//

自分がどういう人間かを 固定化してしまい それを広げようとは もうしないんです

Now,/ with my students,/ I spend a lot of time/ giving them/ encouragement/ to get out of their comfort zone/ and take some risks.//

私は学生に対して コンフォートゾーンから外に出て 少しリスクをとるよう 勇気づけるため 多くの時間を費やしてきました

How do I do this?//

どのようにでしょう?

Well,/ I start out/ by having them fill out/ a risk-o-meter.//

まず初めに 自分のリスクの基準を 書き出させることから始めます

Now,/ it's basically/ a fun thing/ we developed in our class/ where they map out/ what risks they're willing/ to take.//

これは私達が授業で開発した 楽しい活動で 自分が取ってもよいと思う リスクを書き出します

And it becomes clear very quickly/ to them/ that risk-taking is not binary.//

すぐに分かるのは リスクをとることが 2択ではないということです

知的なリスクもあれば 肉体的なリスク、金銭的なリスク、 感情的なリスク、社会的なリスク、 倫理的なリスク、政治的リスクもあります

And/ once they do this,/ they compare their risk profiles/ with others,/ and they quickly realize/ that they're all really different.//

書き出し終えると 学生たちは 互いのリスク一覧を比べ それぞれのリスク意識が 本当に異なっていることに気づきます

I then encourage them/ to stretch,/ to take some risks/ that get them out of their comfort zone.//

それから 私はみんなを励まして コンフォートゾーンから出ることになる リスクをとるよう勧めます

For example,/ I might ask them/ to do an intellectual risk/ and try to tackle/ a problem/ they haven't tried before;/ or a social risk,/ talking to someone/ sitting next to them/ on the train;/ or an emotional risk,/ maybe/ telling someone/ they really care about how they feel.//

例えば 知的リスクをとり 今まで挑戦したことのない問題に 取り組んでみてと 言うかもしれません もしくは 社会的リスクをとり 電車で隣の席の人に話しかけてみるとか または 感情的リスクをとり 本当に大切な人に対して 自分の思いを伝えてみるとか

I do this myself/ all the time.//

私はいつも それを 自分でも実践しています

About a dozen years ago,/ I was on an airplane,/ early, early morning flight/ on my way/ to Ecuador.//

10年ほど前 飛行機の中でのことです エクアドル行きの かなり朝早いフライトでした

And normally,/ I would just put on my headphones/ and go to sleep,/ wake up,/ do some work,/ but I decided to take/ a little risk,/ and I started a conversation/ with the man/ sitting next/ to me.//

普段であれば ただヘッドホンをつけ 少し眠り 目覚めると 仕事をするんですが 少しリスクを とろうと決めて 隣の席に座る男性と 会話を始めました

I introduced myself,/ and I learned/ that he was a publisher.//

自己紹介をして 彼が出版の仕事を していると知りました

興味深かったです

We ended up/ having a fascinating conversation.//

結果として素晴らしい会話を することができ

I learned all/ about the future of the publishing industry.//

出版業界の将来について よく知ることができました

So about three quarters of the way/ through the flight,/ I decided to take/ another risk,/ and I opened up/ my laptop/ and I shared with him/ a book proposal/ I put together/ for something/ I was doing in my class.//

フライトがあと残り 4分の1となった時 もう1つリスクを とることにしました ノートパソコンを開けて 本の執筆のアイデアを見せたんです 自分が講義で教えていることの まとめでした

And he was very polite,/ he read it,/ and he said,/ "You know/ what,/ Tina,/ this isn't right/ for us,/ but thank you so much/ for sharing."//

彼は礼儀正しく 読み終えた後 言いました 「ティナさん これはうちの出版社向きではありませんね でも 見せてくれて ありがとうございます」

It's OK.// That risk didn't work out.//

いいんです そのリスクが うまくいかなかっただけです

I shut my laptop.//

私はノートパソコンを閉じました

At the end of the flight,/ we exchanged contact information.//

フライトの終わりに 私達は連絡先を交換しました

A couple of months later,/ I reached out to him,/ and I said,/ "Mark,/ would you like to come/ to my class?//

数か月後 私は彼に連絡しました 「マークさん 私の授業に 来てみませんか?

I'm doing/ a project/ on reinventing the book,/ the future of publishing."//

新しい形の本を考案する 出版の将来に関するプロジェクトを やっているところなんです」

And he said,/ "Great.// I'd love to come."//

彼は「素晴らしい ぜひ伺います」と言って

So he came to my class.// We had a great experience.//

私の授業に参加し 私達は充実した時間を過ごしました

A few months later,/ I wrote to him again.//

数か月後 私は彼に再度連絡しました

This time,/ I sent him/ a bunch of video clips/ from another project/ my students had done.//

その時は 私の学生たちが行った 別のプロジェクトの 動画をたくさん送りました

He was so intrigued by one of the projects/ the students had done,/ he thought/ there might be a book/ in it,/ and he wanted to meet/ those students.//

彼は 学生たちが手掛けた プロジェクトの1つに とても興味を持ち 本にできるかも しれないと思い その学生たちに会いたいと 言いました

I have to tell/ you,/ I was a little bit hurt.//

正直に言うと 少し傷付きました

(笑)

I mean,/ he wanted to do/ a book/ with my students/ and not with me,/ but OK,/ it's all right.//

彼が本を出したいと思ったのは 学生たちで 私ではなかったんですが でも まあいいです

So I invited him/ to come down,/ and he/ and his colleagues came to Stanford/ and met with the students,/ and afterwards,/ we had lunch together.//

来るようにと伝えると 彼とその同僚たちが スタンフォード大にやって来て 学生たちに会い その後 一緒にお昼を食べました

And one of his editors said to me,/ "Hey,/ have you ever considered writing/ a book?"//

編集者の1人が 私に向かって言いました 「本を書いてみようと 思ったことはないんですか?」

I said,/ "Funny you should ask."//

私は言いました 「まあ 奇遇ですこと」

And I pulled out/ the exact same proposal/ that I had showed his boss/ a year earlier.//

そして私は1年前に 彼の上司に見せたのと 全く同じ執筆の提案を 引っ張り出しました

Within two weeks,/ I had a contract,/ and within two years,/ the book had sold over a million copies/ around the world.//

その後2週間もしないうちに 出版の契約を結び 2年もたたないうちに その本は 世界中で百万部以上売れました

(拍手)

Now,/ you might say,/ "Oh,/ you're so lucky."//

さて 皆さんはこう おっしゃるかもしれません 「それは幸運でしたね」

But of course/ I was lucky,/ but/ that luck resulted from a series of small risks/ I took,/ starting with saying hello.//

もちろん私は幸運でしたが その運がつかめたのも 私がとった一連の小さなリスクのおかげで それは挨拶することから 始まったんです

And anyone can do this,/ no matter/ where you are in your life,/ no matter/ where you are in the world --/ even if you think/ you're the most unlucky person,/ you can do this/ by taking little risks/ that get you/ out of your comfort zone.//

誰でも できることです 人生でどんな状況にあろうとも 世界のどこにいようとも たとえ自分を最も不運な人間だと 思っていようとも コンフォートゾーンから外に出て 小さなリスクをとることで実行できます

You start building/ a sail/ to capture luck.//

運を掴むための帆を 作り始めましょう

The second thing/ you want to do/ is to change your relationship/ with other people.//

2つ目にすべきことは 他の人との関係を 見直すことです

You need to understand/ that everyone/ who helps you/ on your journey is playing a huge role/ in getting you/ to your goals.//

人生の旅路の中で 助けてくれる人はみんな 自分の目標達成に大きな役割を 果たしていることを理解しましょう

And/ if you don't show appreciation,/ not only are you not closing the loop,/ but you're missing/ an opportunity.//

もし 彼らに感謝を示さないなら きちんと やり取りを 終わらせていないだけでなく 機会も失ってしまいます

When someone does something/ for you,/ they're taking/ that time/ that they could be spending on themselves or someone else,/ and you need to acknowledge/ what they're doing.//

もし誰かが 何かをしてくれたなら その人が 自分や他の人のために 費やすこともできた時間を もらったことになるんです 彼らがしてくれていることに 感謝すべきです

Now,/ I run three fellowship programs/ at Stanford,/ and they are very competitive/ to get into,/ and when I send out/ the letters/ to those students/ who don't get in,/ I always know/ there are going to be people/ who are disappointed.//

私はスタンフォード大で 3つの特別研究員 奨学金プログラムを管理しています とても競争率が高いものです 落選してしまった学生たちに 通知を送る時はいつも 相手が落胆するだろうことを 知っています

Some of the people/ who are disappointed send/ me notes,/ complaining.//

落胆した学生の中には 文句を書いてくる人もいます

Some of them send notes saying/ what could I do to make myself more successful/ next time around?//

中には 次回どうすれば もっと良い結果になるか 聞いてくる人もいます

And every once/ in a while,/ someone sends me/ a note/ thanking me/ for the opportunity.//

そして時々 機会を与えてくれたことへの感謝を 書いてくる人がいます

This happened about seven years ago.//

7年前のことです

A young man named/ Brian sent me/ a beautiful note/ saying,/ "I know/ I've been rejected from this program twice,/ but I want to thank/ you/ for the opportunity.//

ブライアンという名の青年が 素晴らしい手紙をくれました 「私はこのプログラムに 2度断られましたが それでも 機会を与えて下さった ことに感謝を伝えたいです

I learned so much/ through the process of applying."//

応募する過程で たくさんのことを学びました」

I was so taken by the graciousness of his message/ that I invited him/ to come/ and meet me.//

私は彼のメッセージの奥ゆかしさに とても感激し 会おうと誘いました

And we spent some time chatting/ and cooked up/ an idea/ for an independent study project together.//

少しの間 歓談し 一緒に自主研究プロジェクトをする案を 思いつきました

He was on the football team/ at Stanford,/ and he decided to do/ a project/ on looking at leadership/ in that context.//

彼はスタンフォード大の アメフトチームに所属していて そのリーダーシップを題材に プロジェクトをすることに決めました

We got to know/ each other incredibly well/ through that quarter,/ and he took the project/ that he started working/ on in the independent study/ and turned it,/ ultimately,/ into a company called Play/ for Tomorrow,/ where he teaches kids/ from disadvantaged backgrounds/ how to,/ essentially,/ craft the lives/ they dream to live.//

彼とは その学期を通じ 互いのことを とてもよく知ることになり 彼はその自主研究で始めた プロジェクトを続けて 最終的には Play for Tomorrowという 会社を設立しました 彼は恵まれない 環境に育った子供達に 自分の夢見る人生を築くための 方法を教えています

Now,/ the important thing/ about this story is/ that we/ both ended up/ catching the winds of luck/ as a result of his thank-you note.//

この話の大事な点は 私達が運の風を 掴むことができたのも 彼の感謝の手紙の 結果であり

But it was the winds/ that we didn't expect in the first place.//

元々その風を予期しても いなかったということです

Over the course of the last couple of years,/ I've come up/ with some tactics/ for my own life/ to help me really/ foster appreciation.//

この数年間を通して 自分の人生で 感謝の気持ちを 本当に育むための方法を いくつか編み出しました

My favorite is/ that at the end of every single day,/ I look at my calendar/ and I review all the people/ I met with,/ and I send thank-you notes/ to every single person.//

最も気に入っている方法は 毎日 1日の終わりに 予定表を見て その日会った人々を振り返り 全ての人に 感謝のメッセージを送ることです

It only takes a few minutes,/ but at the end of every day,/ I feel incredibly grateful and appreciative,/ and I promise you/ it has increased my luck.//

数分しか かかりませんが 毎日の終わりに 私は人々に強く恩を感じ 感謝の気持ちを持ちます これは間違いなく 私の運を良くしてくれています

So first,/ you need to take/ some risks/ and get out of your comfort zone.//

1つ目はコンフォートゾーンの 外に出て少しリスクをとるということ

Second,/ you need to show/ appreciation.//

2つ目は感謝の気持ちを 伝えるということでした

And third,/ you want to change/ your relationship/ with ideas.//

3つ目はアイデアとの関係を 見直すことです

Most people look at new ideas/ that come there way/ and they judge them.//

多くの人は新しいアイデアが 出てきた時に評価をします

"That's a great idea"/ or "That's a terrible idea."//

「それは素晴らしい考えだ」とか 「ひどい考えだ」と ―

But it's actually much more/ nuanced.//

しかし 実際にはもっと 機微があって

Ideas are neither good or bad.//

単に良いとか悪いという ものではありません

And in fact,/ the seeds of terrible ideas are often something truly remarkable.//

事実 ひどいアイデアの種が 本当に素晴らしい実になることもあるんです

One of my favorite exercises/ in my classes/ on creativity is to help students foster an attitude of looking at terrible ideas/ through the lens of possibilities.//

私が創造力の授業で行っている 好きな演習の1つは ひどいアイデアの中に 可能性が潜んでいないか 探そうとする姿勢を 養わせるものです

So I give them/ a challenge:/ to create an idea/ for a brand new restaurant.//

学生にある課題を与えます 全く新しいレストランの アイデアを出せと

They have to come up/ with the best ideas/ for a new restaurant and the worst ideas/ for a new restaurant.//

新しいレストランについて 最高のアイデアと 最悪なアイデアを 出さなければなりません

So the best ideas are things/ like a restaurant/ on a mountaintop/ with a beautiful sunset,/ or a restaurant/ on a boat/ with a gorgeous view.//

最高のアイデアは 例えば 美しい日没が見られる 山頂のレストランや 見事な眺めの 船上レストランです

And the terrible ideas are things/ like a restaurant/ in a garbage dump,/ or a restaurant/ with terrible service/ that's really dirty,/ or a restaurant/ that serves cockroach sushi.//

最悪なアイデアは 例えば ゴミ捨て場の中にあるレストランや 汚らしい ひどいサービスの レストラン あるいは ゴキブリのお寿司を 提供するレストランです

(笑)

So they hand all the ideas/ to me,/ I read the great ideas/ out loud,/ and then/ I rip them up/ and throw them away.//

私は 学生から アイデアを書いた紙をみんな集め 良いアイデアを読み上げると それを破り捨ててしまいます

I then take the horrible ideas/ and redistribute them.//

それから ひどいアイデアの紙を みんなに配ります

Each team now has an idea/ that another team thought was horrible,/ and their challenge is to turn it/ into something brilliant.//

各チームが 他のチームがひどいと 判断したアイデアを受け取ります 彼らの課題はそれを素晴らしいものに 変えるということです

Here's/ what happens.//

何が起こるでしょう

Within about 10 seconds,/ someone says,/ "This is a fabulous idea."//

10秒もしないうちに 誰かが 「これは優れたアイデアだ」と言い出します

And they have about three minutes/ before they pitch the idea/ to the class.//

彼らは3分後には アイデアをクラスの みんなに売り込まなければなりません

So the restaurant/ in the garbage dump?// What does/ that turn into?//

ゴミ捨て場のレストランは どうなったでしょう?

Well,/ they collect all the extra food/ from Michelin star restaurants/ that was going to get thrown out,/ and they have another restaurant/ at a much lower price,/ with all the leftovers.//

ミシュランの星付き レストランから 捨てられるはずの 余り物を集め ずっと安い価格帯の 別のレストランで 提供するんです

Pretty cool?//

とても素敵でしょう?

Or the restaurant/ that's dirty/ with terrible service?//

汚くてひどいサービスの レストランはどうでしょう?

Well,/ that turns into a restaurant/ that's a training ground/ for future restauranteurs/ to figure out/ how to avoid all the pitfalls.//

将来レストランを 開業したい人々が 様々な失敗の可能性を避ける方法を 学べる訓練所になりました

And the restaurant/ with cockroach sushi?//

ではゴキブリ寿司の レストランは?

It turns into a sushi bar/ with all sorts of really interesting and exotic ingredients.//

とても興味深くて 珍しい食材を扱う 寿司屋になりました

If you look around/ at the companies,/ the ventures/ that are really innovative/ around you,/ the ones/ that we now take/ for granted/ that have changed our life,/ well,/ you know/ what?//

皆さんに身近な 本当に革新的な ベンチャー企業を見渡してみたら ― 人々の生活を変え 今や当たり前の存在になった企業は どうでしょう?

They/ all started out/ as crazy ideas.//

みんな突拍子もない アイデアから始まっているんです

They started ideas/ that/ when they pitched to other people,/ most people said,/ "That's crazy,/ it will never work."//

他の人に言ったら ほとんどの人が 「馬鹿げている うまくいきっこない」 と言うようなアイデアからです

So,/ yes,/ sometimes/ people were born into terrible circumstances,/ and sometimes,/ luck is a lightning bolt/ that hits us/ with something/ wonderful or something terrible.//

時に人は ひどい環境に生まれ 時に運は落雷のように 素晴らしいものや ひどいものをもたらします

But the winds of luck are always there,/ and/ if you're willing/ to take some risks,/ if you're willing/ to really go out/ and show appreciation/ and willing/ to really look at ideas,/ even if they're crazy,/ through the lens of possibilities,/ you can build a bigger and bigger sail/ to catch the winds of luck.//

しかし 運の風は いつも吹いています もし皆さんが 少しのリスクをとり 感謝の気持ちを示すために 行動する気があり 突拍子がなかろうと アイデアに可能性を見出そうとするなら 運の風を掴む より大きな帆を作れるでしょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

decade

『10年間』

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

luck

『運』,巡り合わせ

『幸運』

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

innovator

革新者

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

operative

〈機械などが〉働く,運転する

(法律などが)有効な

作業の

手術の(による)

工員

《米》刑事;スパイ

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

lever

てこ,レバー

‘を'てこを使って動かす

so long

さようなら

lightning strike

無警告ストライキ

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

blow

〈風が〉『吹く』

《副詞[句]を伴って》(…に)風(空気)を送る,吹きつける《+at(on)+名》

『風で動く』,なびく,吹き飛ぶ

〈オルガン・笛・らっぱが〉鳴る

(壊れて,だめになって)吹っ飛ぶ《+『out』》

〈クジラが〉潮を吹く

《副詞[句]を伴って》〈風が〉…'を'『吹く』,吹き動かす,‘に'吹きつける,〈人が〉…'を'吹く,吹き払う

…'を'吹き鳴らす

…'を'吹いて作る(ふくらませる)

〈鼻〉'を'かむ

(爆発・故障で)…'を'吹き飛ばす

(無器用に・むちゃくちゃにやって)…'を'吹き飛ばしてなくす

《命令形または受動態で,いまいましい気持ちを表して》

一吹き;《話》さっと吹く風

(楽器の)吹奏

(クジラの)潮吹き

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

gust

『突風』

(感情などの)『ほとばしり』;(雨・煙・音などの)『噴出』,突発《+『of』+『名』》

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

sail

〈C〉〈U〉『帆』;《集合的に》一隻の帆全部

〈C〉帆のような物;風車の羽根,カエデの種子の羽根など

〈C〉《単複同形で》帆船;船

〈C〉《単数形で》(短い)船旅,船遊び;〈U〉《時にa sail》航程

《副詞[句]を伴って》〈船が〉『航海する』

(…から…へ)『出航する』《+『from』+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人が〉『船で旅をする』,航海する

ヨットを操る,帆走する

《副詞[句]を伴って》すべるように進む(飛ぶ);〈人が〉さっそうと歩く

〈人・船などが〉〈海・川など〉‘を'渡る

〈船〉‘を'操る,走らせる

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

first thing

まず最初に,朝一番に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

bike

=bicycle

quantum

量子

mechanics

《単数扱い》力学;応用力学,機械学

《複数扱い》(作業・スポーツなどの)技術的な部分,技術

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

encouragement

〈U〉激励,奨励

〈C〉励みになるもの,刺激

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

basically

基本的に,根本的に;元来は

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

binary

二つから成る,二つを含む;二元の,複の(dual)

二進法による

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

airplane

『飛行機』(《英》aeroplane)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

Ecuador

エクアドル(南米北西部の共和国;首都はQuito)

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

headphone

ヘッドフォン(電話・ラジオなどの耳に当てる受信器)

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

publisher

(書籍などの)出版業者,出版社;《米》新聞発行者

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

publishing

出版業

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

proposal

〈U〉『提案すること』;〈C〉『提案されたこと』

〈C〉結婚の申し込み,プロポーズ

polite

『礼儀正しい』,『ていねいな』

『先練された』,教養のある,上品な:

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

clip

『紙ばさみ』,クリップ;留める物

(機関銃の) 挿弾子{そうだんし}、弾倉{だんそう} …'を'『はさむ』,はさんで留める

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

intrigue

〈U〉陰謀を企てること

〈C〉陰謀,計略

〈C〉密通

〈人〉‘の'好奇心(興味)をそそる

(人に対して)陰謀を企てる《+『against』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

unlucky

(人が)『不運な』,つきのない

《文》(物事が)縁起の悪い,不吉な;あいにくの

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

appreciation

〈U〉(…を)『正しく認識すること』,(…の)識別,評価《+『of』+『名』》

〈U〉《時にan~》(文学・芸術などの)理解,鑑賞;批評,論評《+『of』+『名』》

〈U〉(…に対する)感謝《+『for』+『名』》

〈U〉《時にa~》(価格の)騰貴

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

opportunity

『機会』,好機

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

fellowship

〈U〉仲間であること,親交,友情

〈C〉団体,協会,組合;〈U〉(団体の)会員の資格

〈C〉《米》(大学の)特別研究員の給費(身分)

〈C〉《英》(大学の)評議員の地位

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

competitive

競争の,競争による

disappointed

当ての外れた

失望した,落胆した

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

football

〈U〉《米》『フットボール』(《英》 American football)

《英》=soccer

〈C〉フットボール用ボール

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

incredibly

信じられないほど

ultimately

最後に,ついに

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

disadvantaged

恵まれない,不利な立場にいる

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

craft

〈U〉『技能』,技巧

〈C〉手先の技術を要する仕事;工芸

〈C〉《集合的に》同業者;同業組合

〈U〉(悪い意味で)巧妙さ,悪だくみ

《集合的に》船,飛行機,宇宙船

…'を'手作りで作る,手作りのように丹念に作る

thank-you

感謝の,感謝を表す

感謝の行為,お礼

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

foster

〈里子など〉‘を'『養育する』,〈病人など〉‘の'世話をする

〈親善関係・理解など〉‘を'促進する,〈才能・興味など〉‘を'助長する(promote)

…‘を'心に抱く(cherish)

育ての,里親の

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

grateful

《補語にのみ用いて》『感謝している』,恩を感じている

《名詞の前にのみ用いて》感謝を表す

楽しい,快い(agreeable)

appreciative

鑑賞眼のある,評価する力のある

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

creativity

独創性

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

mountaintop

山頂

sunset

『日没』,日の入り

日没の時刻,

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

gorgeous

『豪華な』,きらびやかな,華麗な

《話》とても美しい,魅力的な

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

garbage

(台所から出る)生ごみ,食べかす,残飯

くだらないもの,がらくた

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

cockroach

ゴキブリ

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

rip

…‘を'『裂く』,破る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈穴など〉‘を'裂いて(破って)作る

…‘を'裂いて(はうって)取る《+『out』(『off, away』)+『名,』+『名』+『out』(『off, away』)》;(…から)…‘を'破って取る《+『名』+『out of』(『off, away from』)+『名』》

〈木材〉‘を'縦びきする

裂ける,破れる

裂け目,破れ目

引き裂くこと

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

redistribute

(別の方法で)…‘を'再分配する

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

pitch

ピッチ(石油・コールタールなどで蒸留後に浅る黒いかす)

松やに,樹脂

…‘に'ピッチを塗る

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

leftover

(複数形:leftoversとして、特に食事などの)残り物,食べ残し,残飯・残りの,食べ残りの

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

pitfall

(動物を捕らえる)落とし穴

《比喩(ひゆ)的に》隠された危険(困難)

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

lightning

『いなずま』,雷光

いなずまのような,す早い

bolt

『ボルト』(木・鉄板を締め合わせる締めくぎ)

(戸締まりの)『かんぬき』,差し錠

石弓(crossbow)用の短く太い矢

『いなずま』,電光

《単数形で》(突然の)脱走,逃亡

(布・紙の)一巻き《+『of』+『名』》

《米》脱党

〈戸・窓など〉‘に'かんぬきを掛ける;…'を'かんぬきを掛けて閉じ込める

《米》…‘と'関係を絶つ

〈食べ物〉'を'うのみにする,大急ぎで食べる

急に飛び出す,急に駆け出す

まっすぐに

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

関連動画