TED日本語 - ダニー・ドーリング: (場所を示すだけではなく)私達が何者かを示す地図

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

データを使って地図を作ったら世界はどのように見えるでしょう?社会地理学者ダニー・ドーリングは地球の本当の姿を映す、魅惑的で洞察に富んだ地図で、改めて世界を見直すよう誘います。― 私達が属する、繋がり合い、絶えず変わり続ける魅力的な地球。地図というものの見方が全く変わってしまうことでしょう。

Script

世界を改めて見てみてください ベン・へニングが描いた地球の地図を いくつか皆さんに お見せしたいと思います おそらくほとんどの方が見たことのない 地球の描かれ方でしょう

こちらの画像は おなじみですね 私はこの画像が撮られる前に 生まれています 私の初めて発した言葉に 「ムーン(月)」がありましたが 白黒テレビの チカチカしている画面に 赤ん坊の私が月を見いだしたと 母が都合よく空想したのではないかと 思っています 私達が地球を球体だと 考えるようになってから まだ数世紀しかたっていません このような画像が出た1960年代 世界は信じられない速さで 変化していました 私のささやかな人文地理学の知識では ウォルド・トブラーという地図製作者が 世界の新しい地図を描き それが広まりました そのうちの1つをお見せします この世界地図は ちょっと奇妙に見えるかもしれませんね この地図では 人が多く住んでいる地域は 大きく描かれ サハラとかヒマラヤなど 人があまり住んでいない地域は 小さくなり なくなっています 世界中の人々に等しくスペースが 割り当てられているのです 都市は明るく輝いています 描かれている線は海底ケーブルや 貿易ルートです そして中国の大連港から シンガポールや スエズ運河を通り 地中海を経てロッテルダムに至る線があります これは たった一年前に 世界で一番大きな船が 多くの商品を載せたコンテナを 運んだルートです その荷を下ろして それ等を全部トラックに積んだなら その列は100キロにもなったでしょう このように私達の世界は繋がっているのです これがたった一度の航海で 1隻の船が5週間かけて 世界中を移動する物の量なのです

私達は都市に長らく住んでいますが その昔は そうではありませんでした これはチャタル・ヒュユク 世界最古の都市の一つです 9000年前の全盛期には 人々は他人の家の屋根を歩いて 自分の家に帰らなければなりませんでした 都市の地図を注意深く見れば 通りがないのがわかるでしょう 通りは私達が発明したものだからです 世界は変わっています 試行錯誤を重ねながら 私達はゆっくりと 徐々に より良く生きる方法を 見つけてきました そして世界は 特に最近は 信じられないくらい早く変化しています 私達が実際 ヒトが動物の一種であると 理解したのは たったの6、7、8世代前からのことです このような地図が描かれるようになったのは ここ2、30年の事です この地図もまた 世界の人口を表しています アフリカから人類がどのように広まったかが 矢印で示され ある場所に到達したと考えられる時期が 示されています 私はこの地図を数カ月ごとに 描き変えなくてはいけません 誰かが 時期が間違っていたことを 発見する為です 私達は信じられないスピードで 自分自身のことを学んでいます 私達は変化しています 多くの変化はゆっくりで その積み重ねです 私達はその変化に気付きません 寿命が短く 70か80年 運が良くても90年ぐらいしか 生きられないからです このグラフが示すのは 世界人口の年増加率です 1850年までは増加率は 非常に低かったのですが 人口増加率は上がり始め 私が生まれた頃までには つまり月からの映像を 初めて見ることができるようになった頃には 地球の人口は毎年2%ずつ 増えるようになりました もし このように年2%の人口増加が続けば あとほんの2、3世紀で 地球全体が人で それも 密着するような状態で あふれかえることでしょう 人々は 人口増加を 恐れていました 1968年には『人口爆発』という 本が恐怖を煽りました しかし グラフの最後を見れば その増加は緩やかになってきています この10年間 ― 70年代、80年代、90年代、2000年代 この10年の人口増加は より 遅くなっています 地球は安定してきています 今世紀の終わりには 90、100、110億人になる傾向を 示しています 変化の中には混乱も見えます 第二次世界大戦が見えます 1918年の インフルエンザ感染爆発が見えます 中国の大飢饉が見えます このような出来事は 注意を引きます 私達はニュースに出てくるひどい出来事に 注目しがちです 徐々に起こる変化やいいニュースには あまり注目しません

私達は人間について心配します 人口について心配します どうやって ひとりになれるかと考えます でもこちらは人がまばらな地域ほど 広く見えるように 描いてある世界地図です 人が少ない場所を知りたいなら こういう所が一番いい場所です 毎年これらの地域は拡大しています なぜなら世界的に 地方から人々が出てきているからです 都市に移ってきて より密集して暮らしています ヨーロッパには狼が戻り 大陸を横切り西の方に移動しています 世界は変わっています

心配事もあります これは地球のどこに雨が降っているかを 示す地図です 最近それがわかってきました チャタル・ヒュユクが どこにあったかが見えます アフリカ、アジア、ヨーロッパの三大陸が ぶつかった所 その水が非常に少ない地域に 大勢の人々が住んでいるのが見えます 降雨量が非常に多い地域も見えます もっと高度な地図もできます 人間によって地図を形作るのではなく 水によって地図を形作ったり 地球の隅々まで降る 雨の量によって 毎月地図を変えることもできます 地球上のモンスーンの動きも 見ることができます まるで地球には心拍があるかのようです 私が生きるこの時代になって やっと このような見方が可能になりました 私達は十分な水があります

これは世界で農作物を栽培している 場所の地図です これらは主に米や穀物を作るのに 頼っている地域です 将来食べ物が不足すると 心配している人もいます しかし 私達が食べる肉の量を減らせば 家畜の餌にする作物は減らせます 私達が皆 同じグループに所属すると 考える限り 全ての人々に十分な食物が 行き渡るでしょう

私達が非常にまずいことを 今日していることも わかってきました この世界地図を見たことがありますね 人工衛星の写真を元にした地図です 初めにお見せしたスライドで 月のあたりから見た地球の姿を 思い出してください 地球が夜に どのように見えるかという地図です このような地図を見たら 私達が見慣れている普通の地図で 人が住んでいる所を示していると思うでしょう 通常光っている所は 人が住んでいる場所です でもこの世界のイメージは 地図が引き伸ばされていることを 思い出して下さい この地図はどこも 人口の密度は同じです 人がいない地域は 消えてしまうまで 縮めてあります 人々を平等に表すように 描いてあります どこにでも人がいる為 光はもはや人の居場所を 示していません 地図上の光は ロンドンの光、カイロの光、東京の光 アメリカの東部沿岸地域の光です 人工衛星がこのようなイメージを作れるほど エネルギーが浪費され 空を電気で輝かせるほど お金があり 余裕がある人々が 住んでいる場所です 地図の暗い地域とは 電力が楽に手に入らない地域 または電力を手に入れられても 電気の無駄遣いをやめることを学んだ地域です この地図を時系列に連続動画にすると 東京が暗くなったことが分かるでしょう 日本では津波が起きて以来 原子力発電所を止め 電力の4分の1を節約して賄っています 世界の終わりではなく ただ より少ない光で 照らしているのです

世界にはいいニュースが 数多くあります 乳児死亡率は信じられない速さで 急速に減ってきています 数年前には 1歳前に亡くなる赤ちゃんの数が わずか1年で5%も減りました より多くの子供達が 学校に行き 読み書きを学んだり インターネットに繋がったり 大学に行ったりしています 世界中で大学に行く若者の数は 男性よりも 女性の方が多くなりました 地球が段々良くなっているという いいニュースがいくつもありますが 私達が注目しがちなのは 瞬間的な悪いニュースです 哲学者レベッカ・ソルニットが 見事に表現していると思います 「感知できないほどのゆっくりした変化が 私達の時代を 過去と全く違うものに 変化させている」 過去の方がはるかに安定していました 「変化が徐々に起こるとき 過去との対比は不明瞭となり 折に触れての騒動だけ注目される」 時折 ひどい事も起こりますが テレビでは毎晩 ひどいニュースを見せられます 人口増加が緩やかになったことは 報じられません 世界が段々繋がってきていることも 教わりません 科学技術の理解に対する 素晴らしい改善についても 私達が無駄遣いや消費を減らしていることも 聞かされることはないのです

これが最後の地図です この地図から私達は 海を消しました 今見ているのは 74億の世界人口に占める割合によって 描かれている地図です 中国には10億人以上の人がいて 世界一大きな都市があるのが見えますが その都市の名前は分からないでしょう インドが 世界の中心にあるのが見えます ヨーロッパが端の方にあるのが見えます そして今日イギリス エクセターにいる私達は 地球の本当に端の方にいます 私達は世界の成人の1%未満 子供の0.5%以下を占める ヨーロッパ沖の ちっちゃな岩のかけらの上にいます 私達は安定化が進む世界 都市化が進む世界 高齢化社会 繋がっている世界に住んでいます 恐れるべき事は本当にたくさんあるけど お互いに怯えているだなんて 実際は必要のないことです 私達は今 新世界に住んでいることを 理解しなければなりません

ありがとうございました

(拍手)

I'd like you to imagine the world anew. I'd like to show you some maps, which have been drawn by Ben Hennig, of the planet in a way that most of you will never have seen the planet depicted before.

Here's an image that you're very familiar with. I'm old enough that I was actually born before we saw this image. Apparently some of my first words were "moona, moona," but I think that's my mom having a particular fantasy about what her baby boy could see on the flickering black and white TV screen. It's only been a few centuries since we've actually, most of us, thought of our planet as spherical. When we first saw these images in the 1960s, the world was changing at an incredible rate. In my own little discipline of human geography, a cartographer called Waldo Tobler was drawing new maps of the planet, and these maps have now spread, and I'm going to show you one of them now. This map is a map of the world, but it's a map which looks to you a little bit strange. It's a map in which we stretched places, so that those areas which contain many people are drawn larger, and those areas, like the Sahara and the Himalayas, in which there are few people, have been shrunk away. Everybody on the planet is given an equal amount of space. The cities are shown shining bright. The lines are showing you submarine cables and trade routes. And there's one particular line that goes from the Chinese port of Dalian through past Singapore, through the Suez Canal, through the Mediterranean and round to Rotterdam. And it's showing you the route of what was the world's largest ship just a year ago, a ship which was taking so many containers of goods that when they were unloaded, if the lorries had all gone in convoy, they would have been 100 kilometers long. This is how our world is now connected. This is the quantity of stuff we are now moving around the world, just on one ship, on one voyage, in five weeks.

We've lived in cities for a very long time, but most of us didn't live in cities. This is Catalhoyuk,one of the world's first cities. At its peak 9,000 years ago, people had to walk over the roofs of others' houses to get to their home. If you look carefully at the map of the city, you'll see it has no streets, because streets are something we invented. The world changes. It changes by trial and error. We work out slowly and gradually how to live in better ways. And the world has changed incredibly quickly most recently. It's only within the last six,seven, or eight generations that we have actually realized that we are a species. It's only within the last few decades that a map like this could be drawn. Again, the underlying map is the map of world population, but over it, you're seeing arrows showing how we spread out of Africa with dates showing you where we think we arrived at particular times. I have to redraw this map every few months, because somebody makes a discovery that a particular date was wrong. We are learning about ourselves at an incredible speed. And we're changing. A lot of change is gradual. It's accretion. We don't notice the change because we only have short lives,70,80, if you're lucky 90 years. This graph is showing you the annual rate of population growth in the world. It was very low until around about 1850, and then the rate of population growth began to rise so that around the time I was born, when we first saw those images from the moon of our planet, our global population was growing at two percent a year. If it had carried on growing at two percent a year for just another couple of centuries, the entire planet would be covered with a seething mass of human bodies all touching each other. And people were scared. They were scared of population growth and what they called "the population bomb" in 1968. But then, if you look at the end of the graph, the growth began to slow. The decade -- the '70s, the '80s, the '90s, the noughties, and in this decade, even faster -- our population growth is slowing. Our planet is stabilizing. We are heading towards nine,10, or 11 billion people by the end of the century. Within that change, you can see tumult. You can see the Second World War. You can see the pandemic in 1918 from influenza. You can see the great Chinese famine. These are the events we tend to concentrate on. We tend to concentrate on the terrible events in the news. We don't tend to concentrate on the gradual change and the good news stories.

We worry about people. We worry about how many people there are. We worry about how you can get away from people. But this is the map of the world changed again to make area large, the further away people are from each area. So if you want to know where to go to get away from everybody, here's the best places to go. And every year, these areas get bigger, because every year, we are coming off the land globally. We are moving into the cities. We are packing in more densely. There are wolves again in Europe, and the wolves are moving west across the continent. Our world is changing.

You have worries. This is a map showing where the water falls on our planet. We now know that. And you can look at where Catalhoyuk was, where three continents meet, Africa, Asia, and Europe, and you can see there are a large number of people living there in areas with very little water. And you can see areas in which there is a great deal of rainfall as well. And we can get a bit more sophisticated. Instead of making the map be shaped by people, we can shape the map by water, and then we can change it every month to show the amount of water falling on every small part of the globe. And you see the monsoons moving around the planet, and the planet almost appears to have a heartbeat. And all of this only became possible within my lifetime to see this is where we are living. We have enough water.

This is a map of where we grow our food in the world. This is the areas that we will rely on most for rice and maize and corn. People worry that there won't be enough food, but we know, if we just ate less meat and fed less of the crops to animals, there is enough food for everybody as long as we think of ourselves as one group of people.

And we also know about what we do so terribly badly nowadays. You will have seen this map of the world before. This is the map produced by taking satellite images, if you remember those satellites around the planet in the very first slide I showed, and producing an image of what the Earth looks like at night. When you normally see that map, on a normal map, the kind of map that most of you will be used to, you think you are seeing a map of where people live. Where the lights are shining up is where people live. But here, on this image of the world, remember we've stretched the map again. Everywhere has the same density of people on this map. If an area doesn't have people, we've shrunk it away to make it disappear. So we're showing everybody with equal prominence. Now, the lights no longer show you where people are, because people are everywhere. Now the lights on the map, the lights in London, the lights in Cairo, the lights in Tokyo, the lights on the Eastern Seaboard of the United States, the lights show you where people live who are so profligate with energy that they can afford to spend money powering lights to shine up into the sky, so satellites can draw an image like this. And the areas that are dark on the map are either areas where people do not have access to that much energy, or areas where people do, but they have learned to stop shining the light up into the sky. And if I could show you this map animated over time, you would see that Tokyo has actually become darker, because ever since the tsunami in Japan, Japan has had to rely on a quarter less electricity because it turned the nuclear power stations off. And the world didn't end. You just shone less light up into the sky.

There are a huge number of good news stories in the world. Infant mortality is falling and has been falling at an incredible rate. A few years ago, the number of babies dying in their first year of life in the world fell by five percent in just one year. More children are going to school and learning to read and write and getting connected to the Internet and going on to go to university than ever before at an incredible rate, and the highest number of young people going to university in the world are women, not men. I can give you good news story after good news story about what is getting better in the planet, but we tend to concentrate on the bad news that is immediate. Rebecca Solnit, I think, put it brilliantly, when she explained: "The accretion of incremental, imperceptible changes which can constitute progress and which render our era dramatically different from the past" -- the past was much more stable -- "a contrast obscured by the undramatic nature of gradual transformation, punctuated by occasional tumult." Occasionally, terrible things happen. You are shown those terrible things on the news every night of the week. You are not told about the population slowing down. You are not told about the world becoming more connected. You are not told about the incredible improvements in understanding. You are not told about how we are learning to begin to waste less and consume less.

This is my last map. On this map, we have taken the seas and the oceans out. Now you are just looking at about 7.4 billion people with the map drawn in proportion to those people. You're looking at over a billion in China, and you can see the largest city in the world in China, but you do not know its name. You can see that India is in the center of this world. You can see that Europe is on the edge. And we in Exeter today are on the far edge of the planet. We are on a tiny scrap of rock off Europe which contains less than one percent of the world's adults, and less than half a percent of the world's children. We are living in a stabilizing world, an urbanizing world, an aging world, a connecting world. There are many, many things to be frightened about, but there is no need for us to fear each other as much as we do, and we need to see that we are now living in a new world.

Thank you very much.

(Applause)

I'd like you/ to imagine the world anew.//

世界を改めて見てみてください

I'd like to show/ you/ some maps,/ which have been drawn by Ben Hennig,/ of the planet/ in a way that/ most of you will never have seen/ the planet depicted before.//

ベン・へニングが描いた地球の地図を いくつか皆さんに お見せしたいと思います おそらくほとんどの方が見たことのない 地球の描かれ方でしょう

Here's an image/ that you're very familiar/ with.//

こちらの画像は おなじみですね

I'm old enough/ that I was actually born/ before we saw this image.//

私はこの画像が撮られる前に 生まれています

Apparently/ some of my first words were "moona,/ moona,/"/ but I think/ that's my mom/ having a particular fantasy/ about what her baby boy could see on the flickering black and white TV screen.//

私の初めて発した言葉に 「ムーン(月)」がありましたが 白黒テレビの チカチカしている画面に 赤ん坊の私が月を見いだしたと 母が都合よく空想したのではないかと 思っています

It's only been a few centuries/ since we've actually,/ most of us,/ thought of our planet/ as spherical.//

私達が地球を球体だと 考えるようになってから まだ数世紀しかたっていません

When we first saw these images/ in the 1960s,/ the world was changing at an incredible rate.//

このような画像が出た1960年代 世界は信じられない速さで 変化していました

In my own little discipline of human geography,/ a cartographer called/ Waldo Tobler was drawing new maps of the planet,/ and these maps have now spread,/ and I'm going to show/ you/ one of them now.//

私のささやかな人文地理学の知識では ウォルド・トブラーという地図製作者が 世界の新しい地図を描き それが広まりました そのうちの1つをお見せします

This map is a map of the world,/ but it's a map/ which looks to you/ a little bit strange.//

この世界地図は ちょっと奇妙に見えるかもしれませんね

It's a map/ in which we stretched places,/ so that those areas/ which contain/ many people are drawn larger,/ and those areas,/ like the Sahara and the Himalayas,/ in which there are few people,/ have been shrunk away.//

この地図では 人が多く住んでいる地域は 大きく描かれ サハラとかヒマラヤなど 人があまり住んでいない地域は 小さくなり なくなっています

Everybody/ on the planet is given an equal amount of space.//

世界中の人々に等しくスペースが 割り当てられているのです

The cities are shown shining bright.//

都市は明るく輝いています

The lines are showing you/ submarine cables and trade routes.//

描かれている線は海底ケーブルや 貿易ルートです

And there's one particular line/ that goes from the Chinese port of Dalian/ through past Singapore,/ through the Suez Canal,/ through the Mediterranean and round/ to Rotterdam.//

そして中国の大連港から シンガポールや スエズ運河を通り 地中海を経てロッテルダムに至る線があります

And it's showing you/ the route of what was the world's largest ship/ just a year ago,/ a ship/ which was taking so many containers of goods/ that/ when they were unloaded,/ if the lorries had all gone in convoy,/ they would have been 100 kilometers long.//

これは たった一年前に 世界で一番大きな船が 多くの商品を載せたコンテナを 運んだルートです その荷を下ろして それ等を全部トラックに積んだなら その列は100キロにもなったでしょう

This is/ how our world is now connected.//

このように私達の世界は繋がっているのです

This is the quantity of stuff/ we are now moving around the world,/ just on one ship,/ on one voyage,/ in five weeks.//

これがたった一度の航海で 1隻の船が5週間かけて 世界中を移動する物の量なのです

We've lived in cities/ for a very long time,/ but most of us didn't live in cities.//

私達は都市に長らく住んでいますが その昔は そうではありませんでした

This is Catalhoyuk,/one of the world's first cities.//

これはチャタル・ヒュユク 世界最古の都市の一つです

At its peak 9,000 years ago,/ people had to walk/ over the roofs of others/' houses/ to get to their home.//

9000年前の全盛期には 人々は他人の家の屋根を歩いて 自分の家に帰らなければなりませんでした

If you look carefully/ at the map of the city,/ you'll see/ it has no streets,/ because streets are something/ we invented.//

都市の地図を注意深く見れば 通りがないのがわかるでしょう 通りは私達が発明したものだからです

The world changes.//

世界は変わっています

It changes by trial/ and error.//

試行錯誤を重ねながら

We work out/ slowly and gradually/ how to live in better ways.//

私達はゆっくりと 徐々に より良く生きる方法を 見つけてきました

And the world has changed/ incredibly quickly most recently.//

そして世界は 特に最近は 信じられないくらい早く変化しています

It's only/ within the last six,seven,/ or eight generations/ that we have actually realized/ that we are a species.//

私達が実際 ヒトが動物の一種であると 理解したのは たったの6、7、8世代前からのことです

It's only/ within the last few decades/ that a map/ like this could be drawn.//

このような地図が描かれるようになったのは ここ2、30年の事です

Again,/ the underlying map is the map of world population,/ but over it,/ you're seeing/ arrows/ showing/ how we spread out of Africa/ with dates/ showing you/ where we think we arrived at particular times.//

この地図もまた 世界の人口を表しています アフリカから人類がどのように広まったかが 矢印で示され ある場所に到達したと考えられる時期が 示されています

I have to redraw/ this map/ every few months,/ because somebody makes a discovery/ that a particular date was wrong.//

私はこの地図を数カ月ごとに 描き変えなくてはいけません 誰かが 時期が間違っていたことを 発見する為です

We are learning about ourselves/ at an incredible speed.//

私達は信じられないスピードで 自分自身のことを学んでいます

And we're changing.//

私達は変化しています

A lot of change is gradual.//

多くの変化はゆっくりで

It's accretion.//

その積み重ねです

We don't notice the change/ because we only have short lives,/70,80,/ if you're lucky 90 years.//

私達はその変化に気付きません 寿命が短く 70か80年 運が良くても90年ぐらいしか 生きられないからです

This graph is showing you/ the annual rate of population growth/ in the world.//

このグラフが示すのは 世界人口の年増加率です

It was very low/ until around about 1850,/ and then/ the rate of population growth began to rise/ so that around the time/ I was born,/ when we first saw those images/ from the moon of our planet,/ our global population was growing at two percent/ a year.//

1850年までは増加率は 非常に低かったのですが 人口増加率は上がり始め 私が生まれた頃までには つまり月からの映像を 初めて見ることができるようになった頃には 地球の人口は毎年2%ずつ 増えるようになりました

If it had carried on growing at two percent/ a year/ for just another couple of centuries,/ the entire planet would be covered with a seething mass of human bodies all/ touching each other.//

もし このように年2%の人口増加が続けば あとほんの2、3世紀で 地球全体が人で それも 密着するような状態で あふれかえることでしょう

And people were scared.//

人々は 人口増加を

They were scared of population growth/ and what they called "the population bomb"/ in 1968.//

恐れていました 1968年には『人口爆発』という 本が恐怖を煽りました

But then,/ if you look at the end of the graph,/ the growth began to slow.//

しかし グラフの最後を見れば その増加は緩やかになってきています

The decade --/ the '70s,/ the '80s,/ the '90s,/ the noughties,/ and in this decade,/ even faster --/ our population growth is slowing.//

この10年間 ― 70年代、80年代、90年代、2000年代 この10年の人口増加は より 遅くなっています

Our planet is stabilizing.//

地球は安定してきています

We are heading towards nine,10,/ or 11 billion people/ by the end of the century.//

今世紀の終わりには 90、100、110億人になる傾向を 示しています

Within that change,/ you can see tumult.//

変化の中には混乱も見えます

You can see the Second World War.//

第二次世界大戦が見えます

You can see the pandemic/ in 1918/ from influenza.//

1918年の インフルエンザ感染爆発が見えます

You can see the great Chinese famine.//

中国の大飢饉が見えます

These are the events/ we tend to concentrate on.//

このような出来事は 注意を引きます

We tend to concentrate/ on the terrible events/ in the news.//

私達はニュースに出てくるひどい出来事に 注目しがちです

We don't tend to concentrate/ on the gradual change and the good news stories.//

徐々に起こる変化やいいニュースには あまり注目しません

We worry about people.//

私達は人間について心配します

We worry about how many people there are.//

人口について心配します

We worry about how you can get away/ from people.//

どうやって ひとりになれるかと考えます

But this is the map of the world changed again/ to make area large,/ the further away people are from each area.//

でもこちらは人がまばらな地域ほど 広く見えるように 描いてある世界地図です

So/ if you want to know/ where to go to get away/ from everybody,/ here's the best places/ to go.//

人が少ない場所を知りたいなら こういう所が一番いい場所です

And every year,/ these areas get bigger,/ because every year,/ we are coming off the land globally.//

毎年これらの地域は拡大しています なぜなら世界的に 地方から人々が出てきているからです

We are moving into the cities.//

都市に移ってきて

We are packing in more densely.//

より密集して暮らしています

There are wolves again/ in Europe,/ and the wolves are moving west/ across the continent.//

ヨーロッパには狼が戻り 大陸を横切り西の方に移動しています

Our world is changing.//

世界は変わっています

You have worries.//

心配事もあります

This is a map/ showing/ where the water falls on our planet.//

これは地球のどこに雨が降っているかを 示す地図です

We now know that.//

最近それがわかってきました

And you can look at where Catalhoyuk was,/ where three continents meet,/ Africa,/ Asia,/ and Europe,/ and you can see/ there are a large number of people/ living there/ in areas/ with very little water.//

チャタル・ヒュユクが どこにあったかが見えます アフリカ、アジア、ヨーロッパの三大陸が ぶつかった所 その水が非常に少ない地域に 大勢の人々が住んでいるのが見えます

And you can see areas/ in which there is a great deal of rainfall/ as well.//

降雨量が非常に多い地域も見えます

And we can get a bit more sophisticated.//

もっと高度な地図もできます

Instead of making the map be shaped by people,/ we can shape the map/ by water,/ and then/ we can change it/ every month/ to show the amount of water/ falling on every small part of the globe.//

人間によって地図を形作るのではなく 水によって地図を形作ったり 地球の隅々まで降る 雨の量によって 毎月地図を変えることもできます

And you see the monsoons/ moving around the planet,/ and the planet almost appears to have/ a heartbeat.//

地球上のモンスーンの動きも 見ることができます まるで地球には心拍があるかのようです

And all of this only became possible/ within my lifetime/ to see this is/ where we are living.//

私が生きるこの時代になって やっと このような見方が可能になりました

We have enough water.//

私達は十分な水があります

This is a map of where we grow our food/ in the world.//

これは世界で農作物を栽培している 場所の地図です

This is the areas/ that we will rely on most/ for rice and maize and corn.//

これらは主に米や穀物を作るのに 頼っている地域です

People worry/ that there won't be enough food,/ but we know,/ if we just ate less meat/ and fed less of the crops/ to animals,/ there is enough food/ for everybody as long/ as we think of ourselves/ as one group of people.//

将来食べ物が不足すると 心配している人もいます しかし 私達が食べる肉の量を減らせば 家畜の餌にする作物は減らせます 私達が皆 同じグループに所属すると 考える限り 全ての人々に十分な食物が 行き渡るでしょう

And we also know about what we do so terribly badly nowadays.//

私達が非常にまずいことを 今日していることも わかってきました

You will have seen this map of the world/ before.//

この世界地図を見たことがありますね

This is the map produced by taking satellite images,/ if you remember those satellites/ around the planet/ in the very first slide/ I showed,/ and producing an image of what the Earth looks like at night.//

人工衛星の写真を元にした地図です 初めにお見せしたスライドで 月のあたりから見た地球の姿を 思い出してください 地球が夜に どのように見えるかという地図です

When you normally see/ that map,/ on a normal map,/ the kind of map/ that most of you will be used to,/ you think/ you are seeing a map of where people live.//

このような地図を見たら 私達が見慣れている普通の地図で 人が住んでいる所を示していると思うでしょう

Where the lights are shining up/ is/ where people live.//

通常光っている所は 人が住んでいる場所です

But here,/ on this image of the world,/ remember/ we've stretched the map again.//

でもこの世界のイメージは 地図が引き伸ばされていることを 思い出して下さい

Everywhere has the same density of people/ on this map.//

この地図はどこも 人口の密度は同じです

If an area doesn't have people,/ we've shrunk it away/ to make it disappear.//

人がいない地域は 消えてしまうまで 縮めてあります

So/ we're showing/ everybody/ with equal prominence.//

人々を平等に表すように 描いてあります

Now,/ the lights no longer show you/ where people are,/ because people are everywhere.//

どこにでも人がいる為 光はもはや人の居場所を 示していません

Now/ the lights/ on the map,/ the lights/ in London,/ the lights/ in Cairo,/ the lights/ in Tokyo,/ the lights/ on the Eastern Seaboard of the United States,/ the lights show you/ where people live/ who are so profligate/ with energy/ that they can afford to spend/ money/ powering lights/ to shine up/ into the sky,/ so satellites can draw an image/ like this.//

地図上の光は ロンドンの光、カイロの光、東京の光 アメリカの東部沿岸地域の光です 人工衛星がこのようなイメージを作れるほど エネルギーが浪費され 空を電気で輝かせるほど お金があり 余裕がある人々が 住んでいる場所です

And the areas/ that are dark/ on the map are either areas/ where people do not have access/ to that much energy,/ or areas/ where people do,/ but they have learned to stop shining/ the light up/ into the sky.//

地図の暗い地域とは 電力が楽に手に入らない地域 または電力を手に入れられても 電気の無駄遣いをやめることを学んだ地域です

And/ if I could show you/ this map animated over time,/ you would see/ that Tokyo has actually become darker,/ because/ ever since the tsunami/ in Japan,/ Japan has had to rely/ on a quarter/ less electricity/ because it turned the nuclear power stations off.//

この地図を時系列に連続動画にすると 東京が暗くなったことが分かるでしょう 日本では津波が起きて以来 原子力発電所を止め 電力の4分の1を節約して賄っています

And the world didn't end.//

世界の終わりではなく

You just shone less light up/ into the sky.//

ただ より少ない光で 照らしているのです

There are a huge number of good news stories/ in the world.//

世界にはいいニュースが 数多くあります

Infant mortality is falling/ and has been falling at an incredible rate.//

乳児死亡率は信じられない速さで 急速に減ってきています

A few years ago,/ the number of babies/ dying in their first year of life/ in the world fell by five percent/ in just one year.//

数年前には 1歳前に亡くなる赤ちゃんの数が わずか1年で5%も減りました

More children are going to school/ and learning to read and write/ and getting connected to the Internet/ and going on/ to go to university/ than ever/ before at an incredible rate,/ and the highest number of young people/ going to university/ in the world are women,/ not men.//

より多くの子供達が 学校に行き 読み書きを学んだり インターネットに繋がったり 大学に行ったりしています 世界中で大学に行く若者の数は 男性よりも 女性の方が多くなりました

I can give you/ good news story/ after good news story/ about what is getting better/ in the planet,/ but we tend to concentrate/ on the bad news/ that is immediate.//

地球が段々良くなっているという いいニュースがいくつもありますが 私達が注目しがちなのは 瞬間的な悪いニュースです

Rebecca Solnit,/ I think,/ put it brilliantly,/ when she explained:/ "The accretion of incremental, imperceptible changes/ which can constitute progress/ and which render our era dramatically different/ from the past" --/ the past was much more stable --/ "a contrast obscured by the undramatic nature of gradual transformation,/ punctuated by occasional tumult."//

哲学者レベッカ・ソルニットが 見事に表現していると思います 「感知できないほどのゆっくりした変化が 私達の時代を 過去と全く違うものに 変化させている」 過去の方がはるかに安定していました 「変化が徐々に起こるとき 過去との対比は不明瞭となり 折に触れての騒動だけ注目される」

時折 ひどい事も起こりますが

You are shown those terrible things/ on the news/ every night of the week.//

テレビでは毎晩 ひどいニュースを見せられます

You are not told about the population/ slowing down.//

人口増加が緩やかになったことは 報じられません

You are not told about the world/ becoming more connected.//

世界が段々繋がってきていることも 教わりません

You are not told about the incredible improvements/ in understanding.//

科学技術の理解に対する 素晴らしい改善についても

You are not told about how we are learning to begin to waste/ less/ and consume less.//

私達が無駄遣いや消費を減らしていることも 聞かされることはないのです

This is my last map.//

これが最後の地図です

On this map,/ we have taken the seas/ and the oceans out.//

この地図から私達は 海を消しました

Now/ you are just looking at about 7.4 billion people/ with the map drawn in proportion/ to those people.//

今見ているのは 74億の世界人口に占める割合によって 描かれている地図です

You're looking/ at over a billion/ in China,/ and you can see the largest city/ in the world/ in China,/ but you do not know its name.//

中国には10億人以上の人がいて 世界一大きな都市があるのが見えますが その都市の名前は分からないでしょう

You can see/ that India is in the center of this world.//

インドが 世界の中心にあるのが見えます

You can see/ that Europe is on the edge.//

ヨーロッパが端の方にあるのが見えます

And we/ in Exeter/ today are on the far edge of the planet.//

そして今日イギリス エクセターにいる私達は 地球の本当に端の方にいます

We are on a tiny scrap of rock/ off Europe/ which contains less than one percent of the world's adults,/ and less than half a percent of the world's children.//

私達は世界の成人の1%未満 子供の0.5%以下を占める ヨーロッパ沖の ちっちゃな岩のかけらの上にいます

We are living in a stabilizing world,/ an urbanizing world,/ an aging world,/ a connecting world.//

私達は安定化が進む世界 都市化が進む世界 高齢化社会 繋がっている世界に住んでいます

There are many,/ many things to be frightened about,/ but there is no need/ for us/ to fear each other as much/ as we do,/ and we need to see/ that we are now living in a new world.//

恐れるべき事は本当にたくさんあるけど お互いに怯えているだなんて 実際は必要のないことです 私達は今 新世界に住んでいることを 理解しなければなりません

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

anew

《文》新たに,再び

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

planet

『惑星』,遊星

depict

(絵・言葉などで)…‘を'描き表す,描写する

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

mom

=mother

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

black and white

〈U〉書き物,印刷

〈C〉白黒写真;ペン画

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

spherical

球形の,球状の

天体の;天球の

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

discipline

〈U〉(組織的な)『訓練』,鍛錬,修養,しつけ(training)

〈U〉(訓練による)規律正しさ,統制,自制;(組織・グループなどの)規律,風紀

〈U〉訓戒,懲罰,懲戒(punishment)

〈C〉訓練方法,学習方法

〈C〉学科,学問[分野]

…‘を'訓練する,しつける

…‘を'罰する,懲らしめる(punish)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

geography

〈U〉『地理』,『地理学』

〈C〉『地勢』,地形

〈C〉地理学書

cartographer

地図製作者

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

Sahara

サハラ砂漠(アフリカ北部にあり世界最大)

Himalayas

ヒマラヤ山脈(インドとチベットの間にあるEverest山を含む世界最高の山脈)

shrunk

shrinkの過去・過去分詞

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

submarine

(また《話》sub)『潜水艦』

=hero sandwich

『海面下の』

cable

〈C〉〈U〉

(麻・針金をより合わせた)『太綱』

〈C〉〈U〉

(電信などの)『ケーブル線』,被覆電線

(またcablegram)〈C〉『海底電信』,外国電報

…'を'太綱でつなぐ

…‘に'を敷く

〈通信〉'を'『海外電報で送る』

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

Suez Canal

スエズ運河(エジプト北東部にあって地中海と紅海とを結ぶ運河)

Mediterranean

=Mediterranean Sea

地中海地方

『地中海の』;地中海地方[の住民]特有の

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

Rotterdam

ロッテルダム(オランダの港市)

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

lorry

貨物自動車,(特に大型の)トラック)《米》truck)

convoy

〈軍艦などが〉…'を'護衛する,護送する

〈U〉護送,護衛

〈C〉護送者,護衛部隊

〈C〉被護送者,護送船団

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

quantity

〈U〉『量』

〈C〉(…の)『量』,数,額,高《+『of』+『名』》

〈C〉『多量』,多数

〈C〉(数学で)量,数量

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

voyage

(…への,を巡る)(遠距離の)『航海』,航行《+to(around)+名》

(…への,を巡る)(飛行機による長い)空の旅;宇宙旅行《+to(around)+名》

航海する;旅行する

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

carefully

『注意深く』,気をつけて

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

gradually

『だんだんに』,徐々に

incredibly

信じられないほど

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

decade

『10年間』

drawn

drawの過去分詞

緊張した,こわばった

(鳥などの)はらわたを抜いた

(剣などが)さやから抜かれた,抜き身の

(勝負が)引き分けの

underlying

下にある,下に横たわる

基礎的な,基本的な

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

arrow

『矢』

(用途・形などが)矢に似た物;(記号の)矢印(→)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

times

…掛ける

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

gradual

『段階的な』,漸次の,徐々の

(勾配(こうばい)が)ゆるやかな

accretion

〈U〉(付着・添加による)増大

〈C〉付加物,添加物

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

graph

グラフ,図表

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

towards

toward

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

tumult

騒ぎ,大騒ぎ;騒動,暴動

(心の)動揺,興奪

world war

『世界大戦』

pandemic

(流行病などが)全地域にわたる,全国(世界)的流行の

〈C〉全国(世界)的流行病

influenza

インフルエンザ,流行性感冒

famine

『ききん』

(物の)ひどい不足,大欠乏

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

wolf

〈C〉『オオカミ』

〈U〉オオカミの毛皮

〈C〉(オオカミのようにひどく)どん欲な人,残忍な人

〈C〉女たらし,色魔

(オオカミのように)…‘を'がつがつ食う,むさぼり食う《+down+名,+名+down》

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

w

week

width

weight

continent

自制した,禁欲的な

Asia

『アジア』

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

rainfall

〈C〉降雨,雨降り

〈U〉雨量

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

instead

『その代りとして』,それよりも

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

monsoon

モンスーン,季節風(夏期は南西,冬期は北東から吹く季節風)

(季節風による)雨期

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

heartbeat

心臓の鼓動

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

rely

『あてにする』,たよる

rice

『米』(欧米ではプディングやケーキの原料にも用いる)

イネ(稲)

〈ゆでたジャガイモ・カボチャなど〉‘を'ライサー(ricer)で米粒ほどの太さのそうめん状にする

maize

とうもろこし

とうもろこし色,薄黄色

corn

〈U〉(米,カナダ,オーストラリアで)『とうもろこし』;〈C〉とうもろこしの実(おもに《英》maize, Indian corn)

〈U〉《英》《集合的に》『穀草』(wheat, oatsなど);『穀物』,穀類;穀粒

〈C〉《話》古くさい(お涙ちょうだい的な)もの(こと)

〈牛肉など〉'を'塩づけにする

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

meat

(食用の)『動物の肉』

《英古》《米文》(一般的に)『食物』(food)

(課実などの)食用部分,果肉

(議論・書物などの)最も重要な部分,主眼点,骨子《+『of』+『名』》

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

prominence

突出部,目立つ物(場所)

〈U〉目立つこと,傑出

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

Cairo

カイロ(Egyptの首都)

eastern

『東の』;東へ向かう;(風が)東からの

《しばしばEastern》『東洋の』(Oriental)

《しばしばEastern》《米》東部地方の

《Eastern》東欧の,共産圏の

seaboard

沿岸,沿岸地方

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

profligate

放蕩(ほうとう)の,品行のよくない

むだ使いの激しい;(…を)浪費する《+『of』+『名』》

放蕩者,身持ちの悪い人・浪費家

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

animate

…‘に'生命を吹き込む,生命を与える

…'を'活気づける,生き生きさせる

…'を'励ます;…‘に'駆りたてる

生きた,生命のある(living)

生気に満ちた,活気のある(vigorous)

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

power station

=power plant

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

infant

(1歳未満の)『乳児』,乳飲み子

《英》(普通7歳未満の)学童

未成年者

幼児の,幼児用の

始めたばかりの,初期の

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

men

manの複数形

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

brilliantly

きらきらと;鮮やかに;みごとに

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

incremental

増加の

imperceptible

わずかの,かすかな

知覚(感知)できない(人・感覚などに)感じられない《+『to』+『名』》

constitute

《しばしば受動体で》〈物〉'を'『構成する』,〈人の本質・体質〉'を'作っている(進行形にできない)

《『constitute』+『名』〈目〉+『名』〈補〉》〈人〉'を'(役目・職務なとに)『任命する』,選定する:〈制度など〉'を'『制定する』,〈機関など〉'を'設立する

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

render

《『render』+『名』〈目〉+『形』〈補〉》…‘を'(…の状態に)『する』)make)

…‘を'行う,果たす

(…に対して)…‘を'返す《+『名』+『for』+『名』》

'‘を'公式に宣言する,言い渡す

(…に)〈計算書など〉‘を'提出する,送付する《+『名』+『to』+『名』》

(文章や絵画で)…‘を'表現する

(…に)…‘を'翻訳する(translate)《+『名』+『into』+『名』》

‘を'演奏する,演ずる(perform)

〈脂肪など〉‘を'溶かす,溶かして精製する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

dramatically

劇的に,非常に効果的に

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

obscure

『はっきりしない』,分かりにくい

よく知られていない,目につかない

『薄暗』

…‘を'隠す,おおう

〈意味など〉あいまいにする,分かりにくくする

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

punctuate

〈文など〉‘に'『句読点をつける』

(…で)…‘を'ときどき中断する《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)〈言葉など〉‘を'強調する《+『名』+『with』+『名』》

句読点をつける

occasional

『時たまの』,時おりの

《文》特別な場合のための

《文》(家具が)予備の,補助の

occasionally

『たまに』,時おり

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

proportion

《the~》(…に対する…の)『割合』,比率《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…との)『調和』,均衡《+『to』+『名』》

〈C〉部分;割り前,分け前

《複数形で》大きさ

〈U〉比例

…‘の'調和をとる;(…に)…‘を'釣り合わせる《+『名』+『to』+『名』》

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

scrap

〈C〉『かけら』,小片;少し;《A~》少々(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《複数形で》残りもの,食べ残し

〈U〉(くず鉄など)金属のスクラップ

〈U〉『くず』,廃物,がらくた

(役に立たないとして)…‘を'捨てる(discard)

…‘を'くず(スクラップ)にする

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

frighten

(突然)…‘を'ひどく驚かせる,おびえさせる

ひどく怖がる,おびえる

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画