TED日本語 - ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

つい引きずっている悪い習慣を新たな視点から捉え直すことで、その悪習を断ち切れるとしたらどうでしょう。精神科医ジャドソン・ブルワーは、喫煙から過食に至るまで、よくないと自覚していても、どうしてもやめられない習慣、つまり依存症と「マインドフルネス」との関係を研究しています。習慣形成のメカニズムをまず詳しく学び、その知識をもとに、簡単に実行できるのに実は深い意味のある、悪習への対策を見つけましょう。今度こそ、つい一服、ほんの一口、車の運転中に一瞬だけメール…という誘惑に勝てるかもしれません。

Script

私が瞑想を習い始めたとき 指示はこんな簡単なものでした 「呼吸を意識しましょう 雑念が浮かんだら 呼吸に意識を戻しましょう」

そのくらい簡単だと思いました でも実際に 瞑想の合宿研修で 座禅を組んでみると 真冬なのにTシャツ1枚で 汗だくになりました 時間を見つけては 昼寝をしました 結構疲れるからです 実際 体力がもちませんでした 簡単な指示にもかかわらず 私には 肝心な何かが つかめていなかったのです

注意を保つのは なぜ こんなに難しいのでしょう? いくつかの研究によると 一生懸命 何かに集中しようとしても 例えば このトークを聞くにしても ある時点から 半分ぐらいの人が 上の空になったり Twitterを見たくなったりするそうです

なぜ こうなるのでしょう? 実は こんなとき人は 現在知られている学習プロセスの中で 最も原始的なものの 1つと戦っています 最も基本的だと 研究からわかっている神経系に 刻み込まれたプロセスです

これは報酬に基づく学習プロセスで 「正の強化」および「負の強化」と呼ばれ 基本はこんな仕組みです 例えばおいしそうな食べ物を見ると 「カロリーだ!食べて生き残れ!」と 脳は命じます そして口に入れ 味わい おいしさに満足します 特に砂糖が入っていると 体から脳へ こんな信号が送られます 「今 食べたものと どこで見つけたかを記憶せよ」 私たちはこれを「文脈依存記憶」として 脳内にとどめて そのプロセスを次回も繰り返すことを 学習します 食べ物を見る 食べる そしていい気分になる 繰り返す トリガー(きっかけ)→ 行動 → 報酬

簡単ですね やがて 独創的な脳はこう思い付きます 「なあ ちょっと 単純に 食べ物の在りかを 覚えとくだけじゃなく 今度 気分が落ち込んだとき 何か食べてみたら 気分がよくなるんじゃないか?」と それを 私たちは脳に言われるがまま実行し その結果を覚えてしまいます 悲しいときや頭にきたとき チョコレートやアイスクリームを食べると 気が紛れますよね

これも 同じプロセスです トリガーが違うだけ 胃から発せられる 空腹のシグナルではなく 感情のシグナル つまり「悲しみ」が 食欲のトリガーとなるのです

例えば 私らが10代の頃 学校では「オタク」だったのが 外ではワルぶって 喫煙してる連中がいたのを 「カッコイイ」と思って 自分もマネしてみたとか タバコ広告のモデルが本当にカッコいい 時代もありましたからね カッコいい姿を見る カッコよくなるために吸う いい気分になる だから繰り返す これも「トリガー → 行動 → 報酬」です これを実行するたびに 同じプロセスを繰り返して学習し これが 習慣になります こうして 強いストレスが トリガーとなり タバコが吸いたくてたまらなくなったり 甘いものが欲しくなったりします

一方 脳の同じプロセスによって 生き延びるための学習が 悪習と化し 文字どおり 自殺行為となってしまっています 例えば肥満や喫煙は 世界の罹患・死亡要因の中でも 回避できるものの代表的な例です

呼吸の話に戻りますが 自分の脳に抵抗したり 無理に何かに意識を向けようとする代わりに 「報酬に基づく学習プロセス」を 活用してみるのはどうでしょう コツがあるんですよ 呼吸する間 自分の体が経験することに ひたすら注意を向けるんです

例を挙げますね 私の研究室では マインドフルネス・トレーニングが 禁煙に有効かどうかを研究しました 私が無理して呼吸に意識を 向けようとしたのと同じように 無理やり喫煙の習慣を断とうとする というやり方もありました 参加者の大半はそうやって禁煙を試み 挫折を経験した人でした 平均6回失敗していました

でも このトレーニングでは 参加者に何かを強制するのではなく 好奇心を持つように促しました 実際 喫煙を勧めさえしました 本当です 「どうぞ吸ってください どんな気分になるか 関心を持って観察してみてください」と

さて その結果は? ある参加者のコメントを紹介します 「マインドフルネス喫煙は 臭いチーズみたいなニオイで 薬臭い味だった オエッ!」 彼女はもともと 喫煙が良くないという 認識があったからこそ 私たちのプログラムに参加したわけです そんな彼女が 喫煙したときの感覚に 興味を持つことで発見したのは 「タバコはクソまずい」ってことでした

(笑)

こうして彼女の中で 知識が知恵に変わりました 「喫煙は良くない」と 頭で理解しているだけの段階を抜けて つくづく 骨身に染みたので 喫煙の魔法は解けました タバコを吸うという自分の行為に 幻滅するようになったんです

このとき 前頭前野は ここは脳の進化の過程では 最後に生まれた部分ですが 知能の域では 喫煙すべきではないと理解しています そんな前頭前野は 一生懸命 人が行動を変えられるよう つまり喫煙をやめたり 2つ目 3つ目 4つ目のクッキーには 手を出さないように助けようとします 「認知的制御」というものです 人間は 行動を制御するために 認知を使うんです しかし 残念なことに この前頭前野は 強いストレスを受けると 働かなくなってしまうので それほど役に立ちません

これは皆さんも日常で 経験していることでしょう 配偶者や子どもに つい怒鳴ってしまうこと ありますよね ストレスや疲れがたまっていると そんなことしても意味がないと 分かっていても 自分が抑えられなくなります

前頭前野が働かなくなると 昔ながらの習慣に逆戻りしてしまいます 自分自身の行為への幻滅が重要な理由は ここにあります 習慣に従った結果を見つめることで 骨身に染みるほど深いレベルで 悪習の実態を自覚できます こうすると 行動を無理に抑えたり 我慢したりすることもなくなります そもそも その行為自体への興味が 薄まるからです

これがマインドフルネスの神髄です 悪習にとらわれた結果を 客観的に見据え 心底 嫌気がさすことで 昔の悪い習慣から自然に 離れることができるんです

魔法のように 一瞬にして 禁煙できるわけではないですが 時間をかけて 少しずつ 自分の行動の結果への 自覚が深まるにつれ 自然に昔の習慣が離れていき 新しい習慣が形成されます

ただし 矛盾があるんです マインドフルネスで大事なのは 関心を向けることです 移り行く一瞬一瞬の中で 自分の体と心に起こることのすべてを 敏感に感じ取ろうとすることです 良からぬ欲望を遠ざけようと焦るよりも 自分自身の体験に意識を 向けようとする意欲 ― つまりこの 体験に意識を向ける意欲の 土台となっている好奇心には 満足感をもたらす性質があります

好奇心って いい気分ですよね 好奇心を持つと 人はどうなるでしょうか? 欲求の正体は身体感覚に過ぎないと 気づけるようになります つまり緊張や不安感 そわそわ感などです この身体感覚は 現れたり消えたりします 自分の中で起きる 小さな体験であり そのつど 自分で制御することも可能です 私たちを苦しめる 巨大で恐ろしい欲求に やられっぱなしにはなりません

言い換えると 好奇心を持つことで 長年染み付いた 不安から来る 反射的な習慣行動から抜け出して あるがままの自分を 認められるようになります 自分の内面に科学者が誕生し 次のデータ点はどこだろうと 心待ちにするようになります

行動を変える方法として 安易すぎるように聞こえるかもしれませんが ある研究で マインドフルネスのトレーニングは 標準的な治療法に比べ 禁煙に 2倍の効果があると分かりました 実際に効き目があるわけです

また 瞑想の達人の脳を調べたところ 神経網の一部の 自己参照処理機能である ― デフォルトモードネットワーク(DMN)が活性化していました 現存する仮説によると DMNの一部の領域である ― 後帯状皮質と呼ばれる部分は 必ずしも 人が強い欲求を 抱いたときではなく 欲求にとらわれているときに 活性化するため 私たちはこれにだまされるそうです

逆に その衝動から距離を置いて 自分に起こっている変化を ただ注意深く観察することで プロセスから抜け出せば 後帯状皮質の興奮は収まります

さて現在 マインドフルネスを教える オンラインコースとアプリを試験運用中です これは 今お話しした脳のメカニズムに 働きかけて 皮肉にも 人々を 現実逃避に駆り立てている技術を活用して 不健康な習慣から抜け出すのに 役立てるというものです 例えば喫煙 ストレスからの過食 その他の依存的な習慣を断つためです

先ほど話した「文脈依存記憶」を 覚えていますか? このツールは その人にとって 一番大事な「文脈」で すぐに使えます つまり 人々が タバコの誘惑を感じたり ヤケ食いしたい衝動が起こったその場で 脳に本来備わる 注意深く意識する能力を 利用するのに役立てられるのです

喫煙やヤケ食いをしない人でも 暇つぶしに メールをチェックしたくなったり 仕事中に無関係なことを始めたくなったり 車を運転している最中に メールの返事をしたい衝動に駆られたりしたら 脳の本来の性質をうまく利用できるか 試してみてください ただ好奇心を持ち その瞬間 体と心に起こっていることを 観察してみてください これはチャンスです 終わりがなく 疲れるだけの悪循環に 一生付き合うか ― 断ち切るかの分かれ道です

メールが来たら 反射的に 返信するのではなく 向き合い方を変えましょう 衝動に気づいて それに関心を持ち 手放す喜びを感じてください これを繰り返しましょう

ありがとうございました

(拍手)

When I was first learning to meditate, the instruction was to simply pay attention to my breath, and when my mind wandered, to bring it back.

Sounded simple enough. Yet I'd sit on these silent retreats, sweating through T-shirts in the middle of winter. I'd take naps every chance I got because it was really hard work. Actually, it was exhausting. The instruction was simple enough but I was missing something really important.

So why is it so hard to pay attention? Well, studies show that even when we're really trying to pay attention to something -- like maybe this talk -- at some point, about half of us will drift off into a daydream, or have this urge to check our Twitter feed.

So what's going on here? It turns out that we're fighting one of the most evolutionarily-conserved learning processes currently known in science,one that's conserved back to the most basic nervous systems known to man.

This reward-based learning process is called positive and negative reinforcement, and basically goes like this. We see some food that looks good, our brain says, "Calories! ... Survival!" We eat the food, we taste it -- it tastes good. And especially with sugar, our bodies send a signal to our brain that says, "Remember what you're eating and where you found it." We lay down this context-dependent memory and learn to repeat the process next time. See food, eat food, feel good, repeat. Trigger, behavior, reward.

Simple, right? Well, after a while, our creative brains say, "You know what? You can use this for more than just remembering where food is. You know, next time you feel bad, why don't you try eating something good so you'll feel better?" We thank our brains for the great idea, try this and quickly learn that if we eat chocolate or ice cream when we're mad or sad, we feel better.

Same process, just a different trigger. Instead of this hunger signal coming from our stomach, this emotional signal -- feeling sad -- triggers that urge to eat.

Maybe in our teenage years, we were a nerd at school, and we see those rebel kids outside smoking and we think, "Hey, I want to be cool." So we start smoking. The Marlboro Man wasn't a dork, and that was no accident. See cool, smoke to be cool, feel good. Repeat. Trigger, behavior, reward. And each time we do this, we learn to repeat the process and it becomes a habit. So later, feeling stressed out triggers that urge to smoke a cigarette or to eat something sweet.

Now, with these same brain processes, we've gone from learning to survive to literally killing ourselves with these habits. Obesity and smoking are among the leading preventable causes of morbidity and mortality in the world.

So back to my breath. What if instead of fighting our brains, or trying to force ourselves to pay attention, we instead tapped into this natural, reward-based learning process ... but added a twist? What if instead we just got really curious about what was happening in our momentary experience?

I'll give you an example. In my lab, we studied whether mindfulness training could help people quit smoking. Now, just like trying to force myself to pay attention to my breath, they could try to force themselves to quit smoking. And the majority of them had tried this before and failed -- on average,six times.

Now, with mindfulness training, we dropped the bit about forcing and instead focused on being curious. In fact, we even told them to smoke. What? Yeah, we said, "Go ahead and smoke, just be really curious about what it's like when you do."

And what did they notice? Well here's an example from one of our smokers. She said, "Mindful smoking: smells like stinky cheese and tastes like chemicals, YUCK!" Now, she knew, cognitively that smoking was bad for her, that's why she joined our program. What she discovered just by being curiously aware when she smoked was that smoking tastes like shit.

(Laughter)

Now, she moved from knowledge to wisdom. She moved from knowing in her head that smoking was bad for her to knowing it in her bones, and the spell of smoking was broken. She started to become disenchanted with her behavior.

Now, the prefrontal cortex, that youngest part of our brain from an evolutionary perspective, it understands on an intellectual level that we shouldn't smoke. And it tries its hardest to help us change our behavior, to help us stop smoking, to help us stop eating that second, that third, that fourth cookie. We call this cognitive control. We're using cognition to control our behavior. Unfortunately, this is also the first part of our brain that goes offline when we get stressed out, which isn't that helpful.

Now, we can all relate to this in our own experience. We're much more likely to do things like yell at our spouse or kids when we're stressed out or tired, even though we know it's not going to be helpful. We just can't help ourselves.

When the prefrontal cortex goes offline, we fall back into our old habits, which is why this disenchantment is so important. Seeing what we get from our habits helps us understand them at a deeper level -- to know it in our bones so we don't have to force ourselves to hold back or restrain ourselves from behavior. We're just less interested in doing it in the first place.

And this is what mindfulness is all about: Seeing really clearly what we get when we get caught up in our behaviors, becoming disenchanted on a visceral level and from this disenchanted stance, naturally letting go.

This isn't to say that, poof, magically we quit smoking. But over time, as we learn to see more and more clearly the results of our actions, we let go of old habits and form new ones.

The paradox here is that mindfulness is just about being really interested in getting close and personal with what's actually happening in our bodies and minds from moment to moment. This willingness to turn toward our experience rather than trying to make unpleasant cravings go away as quickly as possible. And this willingness to turn toward our experience is supported by curiosity, which is naturally rewarding.

What does curiosity feel like? It feels good. And what happens when we get curious? We start to notice that cravings are simply made up of body sensations -- oh, there's tightness, there's tension, there's restlessness -- and that these body sensations come and go. These are bite-size pieces of experiences that we can manage from moment to moment rather than getting clobbered by this huge, scary craving that we choke on.

In other words, when we get curious, we step out of our old, fear-based, reactive habit patterns, and we step into being. We become this inner scientist where we're eagerly awaiting that next data point.

Now, this might sound too simplistic to affect behavior. But in one study, we found that mindfulness training was twice as good as gold standard therapy at helping people quit smoking. So it actually works.

And when we studied the brains of experienced meditators, we found that parts of a neural network of self-referential processing called the default mode network were at play. Now,one current hypothesis is that a region of this network, called the posterior cingulate cortex, is activated not necessarily by craving itself but when we get caught up in it, when we get sucked in, and it takes us for a ride.

In contrast, when we let go -- step out of the process just by being curiously aware of what's happening -- this same brain region quiets down.

Now we're testing app and online-based mindfulness training programs that target these core mechanisms and, ironically, use the same technology that's driving us to distraction to help us step out of our unhealthy habit patterns of smoking, of stress eating and other addictive behaviors.

Now, remember that bit about context-dependent memory? We can deliver these tools to peoples' fingertips in the contexts that matter most. So we can help them tap into their inherent capacity to be curiously aware right when that urge to smoke or stress eat or whatever arises.

So if you don't smoke or stress eat, maybe the next time you feel this urge to check your email when you're bored, or you're trying to distract yourself from work, or maybe to compulsively respond to that text message when you're driving, see if you can tap into this natural capacity, just be curiously aware of what's happening in your body and mind in that moment. It will just be another chance to perpetuate one of our endless and exhaustive habit loops ... or step out of it.

Instead of see text message, compulsively text back, feel a little bit better -- notice the urge, get curious, feel the joy of letting go and repeat.

Thank you.

(Applause)

When I was first learning to meditate,/ the instruction was to simply pay attention/ to my breath,/ and when my mind wandered,/ to bring it back.//

私が瞑想を習い始めたとき 指示はこんな簡単なものでした 「呼吸を意識しましょう 雑念が浮かんだら 呼吸に意識を戻しましょう」

そのくらい簡単だと思いました

Yet I'd sit on these silent retreats,/ sweating through T-shirts/ in the middle of winter.//

でも実際に 瞑想の合宿研修で 座禅を組んでみると 真冬なのにTシャツ1枚で 汗だくになりました

I'd take naps/ every chance/ I got/ because it was really hard work.//

時間を見つけては 昼寝をしました 結構疲れるからです

Actually,/ it was exhausting.//

実際 体力がもちませんでした

The instruction was simple enough/ but I was missing something really important.//

簡単な指示にもかかわらず 私には 肝心な何かが つかめていなかったのです

So/ why is it so hard to pay attention?//

注意を保つのは なぜ こんなに難しいのでしょう?

Well,/ studies show/ that even when/ we're really trying to pay/ attention/ to something --/ like maybe/ this talk --/ at some point,/ about half of us will drift off/ into a daydream,/ or have this urge/ to check our Twitter feed.//

いくつかの研究によると 一生懸命 何かに集中しようとしても 例えば このトークを聞くにしても ある時点から 半分ぐらいの人が 上の空になったり Twitterを見たくなったりするそうです

So/ what's going on/ here?//

なぜ こうなるのでしょう?

It turns out/ that we're fighting/ one of the most evolutionarily-conserved learning processes currently known in science,/one/ that's conserved back/ to the most basic nervous systems known to man.//

実は こんなとき人は 現在知られている学習プロセスの中で 最も原始的なものの 1つと戦っています 最も基本的だと 研究からわかっている神経系に 刻み込まれたプロセスです

This reward-based learning process is called positive and negative reinforcement,/ and basically goes like this.//

これは報酬に基づく学習プロセスで 「正の強化」および「負の強化」と呼ばれ 基本はこんな仕組みです

We see some food/ that looks good,/ our brain says,/ "Calories!// ...// Survival!"//

例えばおいしそうな食べ物を見ると 「カロリーだ!食べて生き残れ!」と 脳は命じます

We eat the food,/ we taste it --/ it tastes good.//

そして口に入れ 味わい おいしさに満足します

And especially/ with sugar,/ our bodies send a signal/ to our brain/ that says,/ "Remember/ what you're eating/ and where you found it."//

特に砂糖が入っていると 体から脳へ こんな信号が送られます 「今 食べたものと どこで見つけたかを記憶せよ」

We lay down/ this context-dependent memory/ and learn to repeat/ the process/ next time.//

私たちはこれを「文脈依存記憶」として 脳内にとどめて そのプロセスを次回も繰り返すことを 学習します

See food,/ eat food,/ feel good,/ repeat.//

食べ物を見る 食べる そしていい気分になる 繰り返す

Trigger,/ behavior,/ reward.//

トリガー(きっかけ)→ 行動 → 報酬

Simple,/ right?//

簡単ですね

Well,/ after a while,/ our creative brains say,/ "You know/ what?//

やがて 独創的な脳はこう思い付きます 「なあ ちょっと

You can use this/ for more than just remembering/ where food is.//

単純に 食べ物の在りかを 覚えとくだけじゃなく

You know,/ next time/ you feel bad,/ why don't you try eating/ something good/ so you'll feel better?"//

今度 気分が落ち込んだとき 何か食べてみたら 気分がよくなるんじゃないか?」と

We thank our brains/ for the great idea,/ try this/ and quickly learn/ that if we eat chocolate or ice cream/ when we're mad or sad,/ we feel better.//

それを 私たちは脳に言われるがまま実行し その結果を覚えてしまいます 悲しいときや頭にきたとき チョコレートやアイスクリームを食べると 気が紛れますよね

Same process,/ just a different trigger.//

これも 同じプロセスです トリガーが違うだけ

Instead of this hunger signal/ coming from our stomach,/ this emotional signal --/ feeling sad --/ triggers/ that urge to eat.//

胃から発せられる 空腹のシグナルではなく 感情のシグナル つまり「悲しみ」が 食欲のトリガーとなるのです

Maybe/ in our teenage years,/ we were a nerd/ at school,/ and we see those rebel kids/ outside smoking/ and we think,/ "Hey,/ I want to be cool."//

例えば 私らが10代の頃 学校では「オタク」だったのが 外ではワルぶって 喫煙してる連中がいたのを 「カッコイイ」と思って

So we start smoking.//

自分もマネしてみたとか

The Marlboro Man wasn't a dork,/ and that was no accident.//

タバコ広告のモデルが本当にカッコいい 時代もありましたからね

See cool,/ smoke to be cool,/ feel good.// Repeat.//

カッコいい姿を見る カッコよくなるために吸う いい気分になる だから繰り返す

Trigger,/ behavior,/ reward.//

これも「トリガー → 行動 → 報酬」です

And each time/ we do this,/ we learn to repeat/ the process/ and it becomes a habit.//

これを実行するたびに 同じプロセスを繰り返して学習し これが 習慣になります

So later,/ feeling stressed out/ triggers/ that urge to smoke/ a cigarette/ or to eat something sweet.//

こうして 強いストレスが トリガーとなり タバコが吸いたくてたまらなくなったり 甘いものが欲しくなったりします

Now,/ with these same brain processes,/ we've gone from learning to survive/ to literally killing/ ourselves/ with these habits.//

一方 脳の同じプロセスによって 生き延びるための学習が 悪習と化し 文字どおり 自殺行為となってしまっています

Obesity and smoking are among the leading preventable causes of morbidity and mortality/ in the world.//

例えば肥満や喫煙は 世界の罹患・死亡要因の中でも 回避できるものの代表的な例です

So back/ to my breath.//

呼吸の話に戻りますが

What if instead of fighting our brains,/ or trying to force ourselves to pay attention,/ we instead tapped into this natural, reward-based learning process ...//

自分の脳に抵抗したり 無理に何かに意識を向けようとする代わりに 「報酬に基づく学習プロセス」を 活用してみるのはどうでしょう

but added a twist?//

コツがあるんですよ

What if instead/ we just got really curious/ about what was happening in our momentary experience?//

呼吸する間 自分の体が経験することに ひたすら注意を向けるんです

I'll give you/ an example.//

例を挙げますね

In my lab,/ we studied/ whether mindfulness training could help people quit smoking.//

私の研究室では マインドフルネス・トレーニングが 禁煙に有効かどうかを研究しました

Now,/ just like trying to force myself to pay attention/ to my breath,/ they could try to force/ themselves/ to quit smoking.//

私が無理して呼吸に意識を 向けようとしたのと同じように 無理やり喫煙の習慣を断とうとする というやり方もありました

And the majority of them had tried this before/ and failed --/ on average,/six times.//

参加者の大半はそうやって禁煙を試み 挫折を経験した人でした 平均6回失敗していました

Now,/ with mindfulness training,/ we dropped the bit/ about forcing/ and instead focused on being curious.//

でも このトレーニングでは 参加者に何かを強制するのではなく 好奇心を持つように促しました

In fact,/ we even told them/ to smoke.//

実際 喫煙を勧めさえしました

What?// Yeah,/ we said,/ "Go ahead and smoke,/ just be really curious/ about what it's like when you do."//

本当です 「どうぞ吸ってください どんな気分になるか 関心を持って観察してみてください」と

And what did they notice?//

さて その結果は?

Well here's an example/ from one of our smokers.//

ある参加者のコメントを紹介します

She said,/ "Mindful smoking:/ smells/ like stinky cheese and tastes/ like chemicals,/ YUCK!"//

「マインドフルネス喫煙は 臭いチーズみたいなニオイで 薬臭い味だった オエッ!」

Now,/ she knew,/ cognitively/ that smoking was bad/ for her,/ that's/ why she joined our program.//

彼女はもともと 喫煙が良くないという 認識があったからこそ 私たちのプログラムに参加したわけです

What she discovered just/ by being curiously aware/ when she smoked was/ that smoking tastes/ like shit.//

そんな彼女が 喫煙したときの感覚に 興味を持つことで発見したのは 「タバコはクソまずい」ってことでした

(笑)

Now,/ she moved from knowledge/ to wisdom.//

こうして彼女の中で 知識が知恵に変わりました

She moved from knowing in her head/ that smoking was bad/ for her/ to knowing it/ in her bones,/ and the spell of smoking was broken.//

「喫煙は良くない」と 頭で理解しているだけの段階を抜けて つくづく 骨身に染みたので 喫煙の魔法は解けました

She started to become disenchanted with her behavior.//

タバコを吸うという自分の行為に 幻滅するようになったんです

Now,/ the prefrontal cortex,/ that youngest part of our brain/ from an evolutionary perspective,/ it understands on an intellectual level/ that we shouldn't smoke.//

このとき 前頭前野は ここは脳の進化の過程では 最後に生まれた部分ですが 知能の域では 喫煙すべきではないと理解しています

And it tries its hardest/ to help us change our behavior,/ to help us stop smoking,/ to help us stop eating/ that second,/ that third,/ that fourth cookie.//

そんな前頭前野は 一生懸命 人が行動を変えられるよう つまり喫煙をやめたり 2つ目 3つ目 4つ目のクッキーには 手を出さないように助けようとします

We call this cognitive control.//

「認知的制御」というものです

We're using/ cognition/ to control our behavior.//

人間は 行動を制御するために 認知を使うんです

Unfortunately,/ this is also the first part of our brain/ that goes offline/ when we get stressed out,/ which isn't/ that helpful.//

しかし 残念なことに この前頭前野は 強いストレスを受けると 働かなくなってしまうので それほど役に立ちません

Now,/ we can all relate to this/ in our own experience.//

これは皆さんも日常で 経験していることでしょう

We're much more likely/ to do things/ like yell/ at our spouse/ or kids/ when we're stressed out/ or tired,/ even though we know/ it's not going to be helpful.//

配偶者や子どもに つい怒鳴ってしまうこと ありますよね ストレスや疲れがたまっていると そんなことしても意味がないと 分かっていても

We just can't help ourselves.//

自分が抑えられなくなります

When the prefrontal cortex goes offline,/ we fall back/ into our old habits,/ which is/ why this disenchantment is so important.//

前頭前野が働かなくなると 昔ながらの習慣に逆戻りしてしまいます 自分自身の行為への幻滅が重要な理由は ここにあります

Seeing/ what we get from our habits helps us understand them/ at a deeper level --/ to know it/ in our bones/ so we don't have to force/ ourselves/ to hold back/ or restrain ourselves/ from behavior.//

習慣に従った結果を見つめることで 骨身に染みるほど深いレベルで 悪習の実態を自覚できます こうすると 行動を無理に抑えたり 我慢したりすることもなくなります

We're just less interested/ in doing it/ in the first place.//

そもそも その行為自体への興味が 薄まるからです

And this is/ what mindfulness is all about:/ Seeing really clearly/ what we get/ when we get caught up/ in our behaviors,/ becoming disenchanted/ on a visceral level/ and from this disenchanted stance,/ naturally letting/ go.//

これがマインドフルネスの神髄です 悪習にとらわれた結果を 客観的に見据え 心底 嫌気がさすことで 昔の悪い習慣から自然に 離れることができるんです

This isn't to say/ that,/ poof,/ magically/ we quit smoking.//

魔法のように 一瞬にして 禁煙できるわけではないですが

But over time,/ as we learn to see more and more clearly/ the results of our actions,/ we let go of old habits/ and form new ones.//

時間をかけて 少しずつ 自分の行動の結果への 自覚が深まるにつれ 自然に昔の習慣が離れていき 新しい習慣が形成されます

The paradox here is/ that mindfulness is just about/ being really interested/ in getting close and personal/ with what's actually happening/ in our bodies and minds/ from moment/ to moment.//

ただし 矛盾があるんです マインドフルネスで大事なのは 関心を向けることです 移り行く一瞬一瞬の中で 自分の体と心に起こることのすべてを 敏感に感じ取ろうとすることです

This willingness to turn toward our experience/ rather than trying to make unpleasant cravings go away as quickly as possible.//

良からぬ欲望を遠ざけようと焦るよりも 自分自身の体験に意識を 向けようとする意欲 ―

And this willingness to turn toward our experience is supported by curiosity,/ which is naturally rewarding.//

つまりこの 体験に意識を向ける意欲の 土台となっている好奇心には 満足感をもたらす性質があります

What does curiosity feel like?//

好奇心って

It feels good.//

いい気分ですよね

And what happens/ when we get curious?//

好奇心を持つと 人はどうなるでしょうか?

We start to notice/ that cravings are simply made up/ of body sensations --/ oh,/ there's tightness,/ there's tension,/ there's restlessness --/ and/ that these body sensations come and go.//

欲求の正体は身体感覚に過ぎないと 気づけるようになります つまり緊張や不安感 そわそわ感などです この身体感覚は 現れたり消えたりします

These are bite-size pieces of experiences/ that we can manage from moment/ to moment/ rather than/ getting clobbered by this huge, scary craving/ that we choke on.//

自分の中で起きる 小さな体験であり そのつど 自分で制御することも可能です 私たちを苦しめる 巨大で恐ろしい欲求に やられっぱなしにはなりません

In other words,/ when we get curious,/ we step out of our old, fear-based, reactive habit patterns,/ and we step into being.//

言い換えると 好奇心を持つことで 長年染み付いた 不安から来る 反射的な習慣行動から抜け出して あるがままの自分を 認められるようになります

We become this inner scientist/ where we're eagerly awaiting/ that next data point.//

自分の内面に科学者が誕生し 次のデータ点はどこだろうと 心待ちにするようになります

Now,/ this might sound too simplistic/ to affect behavior.//

行動を変える方法として 安易すぎるように聞こえるかもしれませんが

But in one study,/ we found/ that mindfulness training was twice as good/ as gold standard therapy/ at helping people quit smoking.//

ある研究で マインドフルネスのトレーニングは 標準的な治療法に比べ 禁煙に 2倍の効果があると分かりました

So it actually works.//

実際に効き目があるわけです

And when we studied the brains of experienced meditators,/ we found/ that parts of a neural network of self-referential processing called the default mode network were at play.//

また 瞑想の達人の脳を調べたところ 神経網の一部の 自己参照処理機能である ― デフォルトモードネットワーク(DMN)が活性化していました

Now,/one current hypothesis is/ that a region of this network,/ called the posterior cingulate cortex,/ is activated not necessarily/ by craving itself/ but when we get caught up/ in it,/ when we get sucked in,/ and it takes us/ for a ride.//

現存する仮説によると DMNの一部の領域である ― 後帯状皮質と呼ばれる部分は 必ずしも 人が強い欲求を 抱いたときではなく 欲求にとらわれているときに 活性化するため 私たちはこれにだまされるそうです

In contrast,/ when we let go --/ step out of the process just/ by being curiously aware of what's happening --/ this same brain region quiets down.//

逆に その衝動から距離を置いて 自分に起こっている変化を ただ注意深く観察することで プロセスから抜け出せば 後帯状皮質の興奮は収まります

Now/ we're testing/ app/ and online-based mindfulness training programs/ that target these core mechanisms and,/ ironically,/ use the same technology/ that's driving us/ to distraction/ to help us step out of our unhealthy habit patterns of smoking,/ of stress eating and other addictive behaviors.//

さて現在 マインドフルネスを教える オンラインコースとアプリを試験運用中です これは 今お話しした脳のメカニズムに 働きかけて 皮肉にも 人々を 現実逃避に駆り立てている技術を活用して 不健康な習慣から抜け出すのに 役立てるというものです 例えば喫煙 ストレスからの過食 その他の依存的な習慣を断つためです

Now,/ remember/ that bit about context-dependent memory?//

先ほど話した「文脈依存記憶」を 覚えていますか?

We can deliver these tools/ to peoples/' fingertips/ in the contexts/ that matter most.//

このツールは その人にとって 一番大事な「文脈」で すぐに使えます

So we can help them/ tap into their inherent capacity/ to be curiously aware right/ when/ that urge to smoke or stress eat or whatever arises.//

つまり 人々が タバコの誘惑を感じたり ヤケ食いしたい衝動が起こったその場で 脳に本来備わる 注意深く意識する能力を 利用するのに役立てられるのです

So/ if you don't smoke or stress eat,/ maybe/ the next time/ you feel this urge/ to check your email/ when you're bored,/ or you're trying to distract/ yourself/ from work,/ or maybe to compulsively respond to that text message/ when you're driving,/ see/ if you can tap into this natural capacity,/ just be curiously aware of what's happening in your body and mind/ in that moment.//

喫煙やヤケ食いをしない人でも 暇つぶしに メールをチェックしたくなったり 仕事中に無関係なことを始めたくなったり 車を運転している最中に メールの返事をしたい衝動に駆られたりしたら 脳の本来の性質をうまく利用できるか 試してみてください ただ好奇心を持ち その瞬間 体と心に起こっていることを 観察してみてください

It will just be another chance/ to perpetuate one of our endless and exhaustive habit loops ...//

これはチャンスです 終わりがなく 疲れるだけの悪循環に 一生付き合うか ―

or step out of it.//

断ち切るかの分かれ道です

Instead of see text message,/ compulsively text back,/ feel a little bit better --/ notice the urge,/ get curious,/ feel the joy of letting go and repeat.//

メールが来たら 反射的に 返信するのではなく 向き合い方を変えましょう 衝動に気づいて それに関心を持ち 手放す喜びを感じてください これを繰り返しましょう

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

meditate

(…を)『慎重に考える』,熱考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(特に宗教的な意味で)瞑想(めいそう)する

…‘を'『もくろむ』,企てる

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

silent

『音がしない』,静かな

『沈黙の』,口に出さない;音をたてない・無口の・《補語にのみ用いて》(…について)意見を述べていない,触れていない《+『about』(『on』)+『名』》

活動していない・(映画が)無声の・(文字が)発音されない・無声映画

retreat

(…から…へ)『退却する』,後退する《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…から…へ)去る,逃げる《+『from』+『名』+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(…から…へ)『退却すること』,退散《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》退却の合図

〈C〉(…からの)隠退所,避難所《+『from』+『名』》

sweat

〈U〉『汗』

〈U〉(一般に,物の表面にできる)湿気,露,水滴

〈U〉《しばしばa ~》発汗[状態];〈C〉発汗作用

〈U〉《しばしばa ~》《話》心配(いらだち,怒り)の状態

〈U〉《しばしばa ~》骨折り,つらい労働

『汗をかく』

(一般に,物の表面が)湿気を帯びる,汗をかく

《話》汗水流して働く

〈水分〉‘を'毛穴などから出す

…‘に'汗をかかせる

〈体重など〉‘を'汗を流して減らす《+away(off)+名,+away(off)+名》

…から水分を出させる

〈人・馬など〉‘を'汗水流して働かせる,酷使する

T-shirt

ティーシャツ(丸首の半そでシャツ)

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

nap

(特に日中の)『ひと眠り』,昼寝

ひと眼りする,まどろむ

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

drift

〈U〉『漂流』,流されること

〈U〉(海流・風などの)流れ,流れの方向(速度)

〈C〉(雪・砂などの)吹きだまり,漂流物《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉大勢,風潮,傾向

〈U〉《時にa~》主意,主旨

(水・風に)『流される』,漂う,漂流する

あてもなくさまよう

〈雪・砂などが〉吹き積もる,吹きだまりになる

〈砂・雪など〉‘を'吹き寄せる;〈場所〉‘を'吹きだまりにする

daydream

白日夢,空想

空想にふける

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

currently

現在は;広く,一般に

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

conserve

(損傷・腐敗などしないように)…'を'保存する,保護する

《文》〈果物〉'を'砂糖煮にする,ジャムにする

(果物の)砂糖煮,ジャム

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

nervous system

《the ~》神経系統

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

reinforcement

〈U〉増強,補強

〈C〉補強材

《複数形で》援軍,増援隊

basically

基本的に,根本的に;元来は

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

calorie

(また『small calorie』)グラムカロリー(物理・化学で用いる熱量の単位で,1グラムの水の温度を1℃高めるのに必要な熱量)

(また『large calorie』)キロカロリー(生物などで用いる熱量の単位で,1キログラムの水の温度を1℃高めるのに必要な熱量)

カロリー(生物の熱消費量,食品の燃焼熱)

1カロリーのエネルギーを生じる食物量

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

especially

『特に』,特別に;きわだって

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

chocolate

〈U〉〈C〉『チョコレート』;《複数形で》『チョコレート菓子』

〈U〉チョコレート飲料

〈U〉チョコレート色

チョコレート製の,チョコレト入りの

チョコレート色の

ice cream

『アイスクリーム』

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

instead

『その代りとして』,それよりも

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

stomach

〈C〉『胃』

〈C〉《話》『腹』,腹部(abdomen)

〈U〉《しばしばa~》(…に対する)食欲《+『for』+『名』》

〈U〉《+『for』+『名』》・腹に入れる; 食べる, 消化する; 何とか我慢して飲み下す; (侮辱などを)がまんする

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

rebel

(統治者・政府に対する)『反逆者』,(権威に対する)反抗者

《『R』‐》(南北戦争時の)南部連邦軍人

《俗》南部の白人

反逆の,反抗の

(…に)反逆する,反抗する《+『against』+『名』》

(…を)ひどくきらう《+『against』(『at』)+『名』(do『ing』)》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

smoking

煙ること

喫煙

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

obesity

肥満

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

morbidity

(神精が)病的なこと;不健全

《時にa ~》(一地方の)疾病率

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

tap

…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》

…‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》

(…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》

『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》

(靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具

《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

momentary

『瞬時の』,はかない,つかの間の

《ややまれ》刻々の

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

lab

実験室(laboratory)

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

quit

…‘を'『やめる』,『中止する』

〈職・地位など〉‘を'『断念する』,『此てる』,放棄する

《英では古》〈人・土地など〉‘から'去る

やめる,中止する

辞職(退職)する

(敗北を認めなどして)断念する

去る;立ちのく

(…を)免れた,(…から)自由な《+『of』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

times

…掛ける

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

smoker

喫煙家

(また『smoking car』)喫煙車

《まれ》男だけの楽しみの集まり

mindful

心にとめて忘れない,注意する

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

cheese

『チーズ』

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

curiously

『物珍しそうに』,好奇心を持って

奇妙にも

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

laughter

『笑い』,笑い声

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

disenchant

…‘の'魔法を解く;(…から)…‘の'迷いを覚ます《+『名』+『of』+『名』》

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

cognitive

認識の(に関する,を要する)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

cognition

〈U〉認識[作用]

〈C〉認識(知覚)されたもの

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

offline

(コンピューターが)オフラインの(親コンピューターから独立して作動する)

helpful

『助けになる』,役に伝つ

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

yell

(…を求めて)『大声で叫ぶ』《+for+名》;(…に)大声をあげる《+at+名》

(…に向かって)…‘を'叫んで(大声で)言う《+out+名(+名+out)+at(to)+名》

『叫び声』金切り声,わめき

spouse

配偶者,夫,妻

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

disenchantment

魔法を解くこと;迷い(夢)を覚ますこと

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

restrain

〈感情・行動など〉‘を'『抑える』,『抑制する』

(…しないように)〈人〉‘に'『がまんさせる』,‘を'こらえさせる《+『名』〈人〉+『from』+『名』(do『ing』)》

(逮捕・監禁などによって)〈人〉‘の'自由を奪う,‘を'拘束する

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

visceral

内臓の,腸の

《米》本能的な,感情的な

stance

態度,立場

スタンス(ゴルフ・野球などで打球のときの足の位置)

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

magically

魔法のように,不思議に

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

willingness

喜んですること;(…喜んで)(…する)気持ち《+to do》

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

unpleasant

『不愉快な』,不仇感を与える,いやな

craving

(…に対する)切望《+『for』+『名』》;(…したいという)熟望《+『to』 do》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

rewarding

報いる;(…するだけの)価値のある

sensation

〈U〉〈C〉(五感による)『感覚』,知覚

〈C〉(¨の)感じ,気持ち

〈C〉〈U〉大評判,センセーション;大評判になった人(物,事)

tightness

引き締まって(きっちりして)いること,緊張

きついこと,窮屈

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

clobber

…'を'ひどくぶんなぐる

…'を'こっぴどくやっつける

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

crave

〈人が〉…'を'『切望する』,ほしがる

〈物・事情が〉…'を'必要とする

(…を)『切望する』《+『after』(『for』)+『名』》

choke

…'を'『息を止める』,'を'窒息させる

(…で)…'を'むせさせる,息苦しくする《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

(…で)…'を'いっぱいにする,ふさぐ,(…を)…‘に'ぎっしり詰める《+『名』+『up』(+『up』+『名』)+『with』+『名』》

…'を'進行(動き)を止める

『息が詰まる』,窒息する

(…で)むせぶ,息苦しくなる《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉窒息,息が詰まること

(パイプの中などの)閉塞(へいそく)部

〈C〉(電気器具の)チョークコイル

〈C〉チョーク(ガソリンエンジンの空気調整装置)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

reactive

反作用の;化学反応を示す…反動的な

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

inner

『内側の』,『内部の』,奥の

『精神の』,心の

親密な;内密の

eagerly

しきりに;熱心に

await

〈人が〉…'を'『待つ』

〈物・事が〉〈人〉'を'待ちうける,待ちかまえる

datum

dataの単数形

既知の事実

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

simplistic

簡単に割り切った,安易な

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

gold standard

金本位制

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

experienced

(…に)『経験を積んだ』《+『in』+『名』(do『ing』)》

neural

神経[系統]の

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

default

(義務・債務などの)不履行,怠慢《+『on』(『against』)+『名』》;(法廷・試合場などへの)不出場・欠席

(義務・債務などを)履行しない;(裁判・試合などに)出場しない《+『in』(『on』)+『名』》

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

hypothesis

仮説,仮定,前提

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

posterior

《名詞の前にのみ用いて》(生物学的に,位置が)後ろの,後部の

(時間・順序が)後の;(…より)後の《+『to』+『名』》(later)

しり(buttocks)

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

necessarily

『必ず』,必然的に

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

ironically

皮肉に,反語的に

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

distraction

〈U〉気を散らすこと,注意散漫

〈C〉気を散らすもの,気晴らし

〈U〉精神錯乱,狂気

unhealthy

(人が)健康でない,病弱の;健康でないことを示す

(場所・気候などが)健康によくない

道徳上よくない,不健全な

addictive

(薬品が)[麻薬]中毒を起こす,習慣性の

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

fingertip

指先

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

inherent

『本来の』,生まれつきの

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

bore

bear(実をつける)の過去形

distract

(…から)〈人〉‘の'『注意』(『気持ち』,『関心』)『をそらす』,〈注意・心など〉‘を'『そらす』《+『名』+『from』+『名』》

《しばしば受動態で》〈人〉‘の'『心を乱す』,‘を'まごつかせる,当惑させる《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

perpetuate

…‘を'永続さらる;…‘を'不朽のものにする

endless

『無限の』,果てしのない

絶え間のない,ひっきりなしの

(端と端がつながって)輪になっている

exhaustive

余すところのない,徹底的な

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画