TED日本語 - アレクサンダー・ベッツ: 崩壊しゆく難民制度を建て直そう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

この1年でヨーロッパにたどり着いた難民は100万人 ― これに対するヨーロッパの反応は、はっきり言ってお粗末だった、と語るアレクサンダー・ベッツ。彼が専門とする「強制移住」の現実として、難民家族はキャンプ収容、都会での貧窮、安住を求めての危険な違法渡航という、どれも選べないような無理な選択を迫られています。ベッツはこの洞察に溢れるトークで、難民の対応の仕方を変え、難民が即ちに亡命先への貢献を始められる4つの方法を提案します。「難民が負担になることを避けられないわけがありません。機会を提供さえすれば、難民たちも、技術や才能、意欲、そして世のために貢献する力を持つ同じ人間なのですから。」

Script

時に ヨーロッパ人である自分が 非常に情けなくなることがあります この1年で 100万人以上が助けを求めて ヨーロッパにたどり着きました 我々の反応は 正直言って お粗末なものでした

もう本当に 矛盾だらけなのです 2歳のアラン・クルディ君の 悲惨な死を皆が悼みましたが しかし それ以降も 200人以上の子供たちが 次々に 地中海で 溺れ死んでいます 国際協定にて 難民の受け入れに関する 責任分担を認めていながらも 小国レバノンの難民受け入れ数が ヨーロッパ全体での総数を 上回るという事実を黙認しています 我々は密入船の存在を 嘆かわしく思いながらも それをヨーロッパへの 唯一の亡命経路にしてしまっています 労働力が不足しているのに 人材ニーズに 経済的にも人口層的にも合致する人々を 受け入れから除外しています イスラム原理主義に反対して 自由主義を謳いながらも それでいて ― 抑圧的な政策で 幼い亡命者を拘留し 子供を家族から引き離し 難民の所有物を押収しています

おかしいと思いませんか? なぜ こんなにも 人道危機に対して 非人道的な対応を 採るようになってしまったのでしょうか?

私は 人々が無関心だからだとは 思いません 少なくとも それが理由であるとは 信じたくはありません 政治家たちに ビジョンが 欠けているせいだと思っています 50年以上前に作られた 国際的難民政策を 変わりゆくグローバル化時代に 適応させるビジョンです そこで 基本に立ち返り 非常に根本的な問いを2つ 投げかけたいと思います 我々 皆が考えるべき問いです まず 現行の制度が なぜ機能していないのか? そして どうすればこれを直せるのか?

現代の難民制度は 第二次世界大戦直後に この人たちが作ったものです そもそもの目的は 国家が崩壊したり 最悪の場合 国民に刃を向けたとき 人々に行き先を与え 帰還まで 安全に尊厳を持って 生活できる場所を与えることです まさに今日シリアに見られるような 状況に備え 作られたものでした 147ヶ国の政府間で調印された 国際協定である ― 1951年の『難民の地位に関する条約』や 国際機関である 国連難民高等弁務官事務所を通じて 自国領への難民の相互受け入れを 公約しました 紛争や迫害から逃れる人々の 受け入れです

しかし今日 この制度は 機能していません 理論上は 難民には 亡命を求める権利がありますが 現実では 我々の移民政策が 安全への道を塞いでいます 理論上は 難民には 避難先への同化を求める権利があり 故郷に戻れるものですが 現実では ほぼ永遠に 行き詰まった状態になってしまいます 理論上は 難民は 世界各国で責任分担するものですが 現実では 地理的な問題で 紛争地域に隣接する国々が 世界中の難民のうち 圧倒的多数を引き受けています 制度が機能していないのは ルールがおかしいからではなく 変わりゆく世界に合わせて ルールをきちんと適用していないからで そこを考え直すべきなのです

ここで 現行の難民制度が 実際どういう仕組みなのか 少しご説明しましょう しかし 制度側から見た トップダウンの視点ではなく 難民の視点から説明します まず シリア人の女性を想像してください アミラと呼びましょう その地域のたくさんの人々を 象徴するような女性です アミラは 世界の難民の 25%がそうであるように 女性で 子連れです 家に戻れない理由は 住んでいた街がこんな状態だからです ご覧の通り アミラの街 ホムスはかつて 美しく歴史ある街でしたが 今は瓦礫に埋もれ 帰れる状況ではありません しかし アミラには 第三国に再定住するという道もありません 宝くじのようなもので 世界中の難民のうち 1%にしか 叶わないことだからです

だから アミラとその家族は ほとんど無理な選択を 迫られます 基本的な選択肢は3つしかありません 1つ目は 家族を連れて 難民キャンプに入ること そこでは 援助は受けられても アミラと家族の将来は ほぼ ないも同然です 難民キャンプは 荒涼とした不毛の地 ― 多くは砂漠の中です ヨルダンのザータリ難民キャンプでは 夜間 シリアとの国境で 銃弾の音が聞こえます 経済活動には制約があり 教育の質も良くありません そして 世界中で キャンプに収容中の難民のうち 約80%は こんな状態が最低5年は続きます そこでの暮らしは惨めなものです 多分 それが理由で 実際にこの道を選ぶシリア人は たったの9%なのです

次に 都会を目指すという 選択肢もあります 近隣の国にある アンマンやベイルートなどです 75%のシリア難民が選んだ 選択肢がこれです しかし そこでもまた 大きな困難に直面します 難民は通常 こういった都市部での 労働の権利を持たず 援助もたいして受けられません この場合 アミラと家族には それまでの貯蓄を使い果たしたあと ほとんど何も残らず 都会での貧困生活が待っています

3つ目の選択肢 ― これを選ぶシリア人は増えています 家族のために 一握りの希望を求め 命を賭けて 大変危険な旅路につき 他国を目指すという 今日 ヨーロッパで 見られている現象です

このような まず無理な選択を 世界中が難民に突きつけ 選択肢を3つに限っています キャンプ収容、都会での貧困生活 そして危険な旅です 難民にとっては これこそが 国際的な難民体制そのものなのです でも これしかないと思うのは錯覚で 再考の余地があると思います これらの選択肢に限られている理由は 我々の頭の中で 難民が選べる道は これだけしかないと思っているからですが それは間違いです 政治家たちは 難民問題を 「ゼロサム」な問題 ― つまり 難民のために何かすれば 市民に負担がかかると考えています 我々は共通の前提として 難民は負担がかかるものとか 社会の重荷であると考えがちですが 逆に難民が社会貢献する 方法もあるのです

私が言いたいのは 難民の選択の幅を広げながらも 皆が利益を得る方法は あるということです 受け入れ国やコミュニティ 我々の社会 そして難民自身もです 今からお話しする4つの方法で 難民についての考え方自体を 根本から変えられると思います 4つ全てに共通する点が1つ グローバリゼーションや 流動性や市場が生み出す機会を 利用した方法であり 我々の難民問題への見方を 変えるという点です

1つ目のアイデアは 難民のための環境整備です ごく基本的な認識から始まります 難民は皆と同じ人間であり ただ異常な状況に置かれているだけだ と言うことです 私はオックスフォード大学の同僚と ウガンダで調査を始め 難民の経済活動を調べました ウガンダを選んだのは 世界を代表する 受け入れ国だからではありません 大変優れた方針を採っているからです 世界中の 他の受け入れ国とは異なり ウガンダは 難民に経済機会を与えました 難民に 労働の権利や 移動の自由を与えたのです これで驚異的な成果が出ています 難民と難民居住地域の両方にです 首都カンパラでは 難民の21%が事業を持ち 労働者を雇っており 雇われる側の40%が 受け入れ国の国民だったのです つまり 難民が雇用を作り出し 受け入れ国の国民を雇っていたのです 難民キャンプの中でさえ 活発な個人事業の 素晴らしい実例が見られました

例えば ナキヴァレという 難民居住区では コンゴ人の難民が デジタル音楽を売買する事業に携わり あるルワンダ人難民が 立ち上げた事業は 青少年向けに コンピューターゲームを 再利用したゲーム機やテレビを使って 提供するというものでした 厳しい環境にもかかわらず 革新的な取り組みが行われてます この写真は デムーケイというコンゴ人で 居住区に到着したときは ほぼ文無しでしたが 映像制作者を志していました 彼は 友人や同僚と コミュニティラジオ局を開設し ビデオカメラを借りて 今や映像制作をしています ドキュメンタリー映像を2本 私のチームの依頼で共同制作し わずかな元手で 事業を成功させています こういった事例を参考にして 難民に対する我々の対応を 決めるべきです 難民のことを 必然的に人道支援に 依存するものと見るのではなく 人間として繁栄する機会を 提供する必要があります

もちろん 衣類、布団、寝る場所、食料などは 緊急事態においては 全て重要なものですが その先を見据える必要があります 通信、電力、教育、労働の権利や 資本や銀行へのアクセスといった機会を 提供しなければなりません 世界経済の恩恵を受けることは 我々にとっては当たり前のことです 難民にも可能なことだし そうであるべきです

2つ目は 経済区域に関するアイデアです 残念ながら 世界の 難民受け入れ国の全てが ウガンダのような方針を 採るわけではありません ほとんどの国は難民を ウガンダのような方法で 経済の一部に迎え入れたりはしません しかし 採用可能な実用案は 存在するのです

去年の4月 ヨルダンに行きました 同僚の開発経済学者 ポール・コリアーと一緒でした 滞在中 ブレインストーミングをして 国際社会やヨルダン政府と話し合って ヨルダンの国内開発戦略に沿った方法で シリア人に仕事を与える方法を 考え出しました 経済区域に関するアイデアで 難民の雇用を 受け入れ国の ヨルダン国民の雇用と共に 行う可能性を探ったものです 83,000人の難民が住む ザータリ難民キャンプから たった15分の距離に 経済区域が存在します キング・フセイン・ビン・タラール 開発区域です ヨルダン政府は 100万ドル以上を投入し この区域を 電力供給網と 道路網に繋ぎましたが 欠けているものが2つ 労働力と対内投資です ここで 難民が働けるとしたら? キャンプに閉じ込められず 家族を養い 職業訓練を通じて 技術を習得してから シリアに戻れるとしたら? これはヨルダンに有益だと考えました 中所得国としての ヨルダンの開発戦略には 国内製造業の発展が 必要だからです 難民にとっても有益ですが それだけでなく 紛争後のシリア再建にも 貢献します いずれはシリアを建て直す 最良の人的資源となる ― 難民の保護・養成が必要だという 認識に基づいています

政治誌『フォーリン・アフェアーズ』に この案を掲載したところ アブドラ国王の目に止まり 2週間前にロンドンで行われた シリア支援会議で 今年の夏 試験的に実施されるという 発表がありました

(拍手)

皆さんに提案したい 3つ目のアイデアは 国と難民との間で行う マッチングシステムです この写真のような嬉しい結果に 繋がるものです シリア難民がアンゲラ・メルケル首相と 自撮りしていますね 難民に希望や行きたい先を訊くことって 滅多にありませんよね でも 難民の声を聞きながらも 皆が得することは可能です 経済学者 アルビン・ロスが発展させた マッチング理論という概念は 当事者の選好順位によって 最終的な組み合わせを決めることです 同僚のウィル・ジョーンズと アレックス・タイテルボイムが この概念を難民に当てはめる方法を 探りました 難民に 行きたい受け入れ先を 希望順に挙げてもらい 同時に 受け入れ国にも 希望する難民のタイプに 職務スキルや言語などの条件で 優先順位をつけてもらって 両者を引き合わせるという方法です さて もちろん 受け入れ枠の条件には 多様性や脆弱性などの要素も 考慮するべきですが それも マッチング率を高める 方法として考えていいでしょう マッチングの概念が うまく使われているのが 例えば 学生に対する 大学の受け入れ枠や 腎臓ドナーと患者などです 出会い系サイトで使われている アルゴリズムにも入っています これを難民の選択肢拡大のために 取り入れてはどうでしょう

国内規模でも使えます 我々が直面する大きな課題の1つは 地元コミュニティに難民受け入れを 納得してもらうことですからね 現在 例えば 私の国イギリスでは しばしば 技術者を田舎に 農家を都市に送るという 馬鹿げたことをしています そこで 市場のマッチングを行えば 両者の希望を合致させ 受け入れ先の住民からも 難民からも ニーズや要望を聞くことができます

そして4つ目のアイデアが 人道的ビザです ヨーロッパで起きている 悲劇や混乱のほとんどは 完全に回避可能です ヨーロッパの難民規定の 根本的な矛盾が原因で起きています どういうことかというと ヨーロッパで亡命者となるためには 例の危険な旅路につき 事前準備なしに到着しなければなりません でも なぜそんな旅が必要なのでしょうか 格安航空会社や領事サービスが 充実している今の時代 こういった旅は全く不要なはずですが 昨年 これで3,000人以上が 亡くなりました ヨーロッパの国境や ヨーロッパ国内でです

単純な話 難民に ヨーロッパに普通に渡航して 亡命者となることが許されていれば 避けられることです これを実現する方法が 人道的ビザと呼ばれるもので 近隣国の大使館や領事館で ビザが受け取れます そして単純に 自分で旅費を出して フェリーや飛行機で ヨーロッパへ渡航できるのです 密輸業者を使って トルコから ギリシャの島々に渡るのに1,000ユーロ ボドルムからフランクフルト行きの 格安航空券は200ユーロです 難民にこのような選択肢を解放することには 大きな利点があります たくさんの命が失われずに済み 難民密輸業界自体 商売上がったりとなり ギリシャの島々のような ヨーロッパの 第一線から混乱が消えます こういう手段を妨げているのは 合理的な策などではなく 政策の方です

このアイデアは実際に 取り入れられています ブラジルが先駆けて このアプローチを採り 2,000人以上のシリア人が 人道的ビザを取得してブラジルに入国 そして到着と同時に 難民の地位を得たのです この制度を利用したシリア人全員が 難民の地位を獲得し 正式な難民認定を受けています

歴史上の前例もあります 1922年と1942年の間に ナンセン旅券を 国際的な身分証明書として使って 45万人のアッシリア人や トルコ人、チェチェン人が ヨーロッパ内を移動し ヨーロッパ国内の他の国で 難民申請を行いました ナンセン国際難民事務所は ノーベル平和賞を受賞しました この現実的な戦略が 世に認められたのです

今お話した4つのアイデア全てが 冒頭に出てきた仮の難民 アミラの選択肢を増やす方法です 難民の選択肢の幅を広げる方法です これなら 最初にお話した3つの 無理な選択肢に限る必要はなく それでいて他の人達も得をするのです

結論を言うと 我々には 新しいビジョンが切に必要です 難民の選択肢を広げながらも 重荷である必要がないことを 理解したビジョンです 難民が必然的に負担になるという 考え方は間違っています 人道的な義務ではありますが 難民は 技術や才能 そして 意欲のある人間です 機会さえ提供すれば 社会貢献する力を持っています

これからの時代 世界で 移住する人は後を絶たないでしょう ヨーロッパで起こっていることは この先 何年も続きます 難民は変わらず移動を続け 居場所を求めてさまよい続けます この状況に対処する 合理的で現実的な方法 ― 人道支援という古い理論や 慈善という考え方に 基づいた方法ではなく グローバリゼーションや市場 流動性などが生み出す機会を 利用する方法を探るべきです 皆さん全員 そして 政治家の皆さんに訴えたい 目を覚まし この課題を直視してください

ありがとうございました

(拍手)

There are times when I feel really quite ashamed to be a European. In the last year, more than a million people arrived in Europe in need of our help, and our response, frankly, has been pathetic.

There are just so many contradictions. We mourn the tragic death of two-year-old Alan Kurdi, and yet, since then, more than 200 children have subsequently drowned in the Mediterranean. We have international treaties that recognize that refugees are a shared responsibility, and yet we accept that tiny Lebanon hosts more Syrians than the whole of Europe combined. We lament the existence of human smugglers, and yet we make that the only viable route to seek asylum in Europe. We have labor shortages, and yet we exclude people who fit our economic and demographic needs from coming to Europe. We proclaim our liberal values in opposition to fundamentalist Islam, and yet -- we have repressive policies that detain child asylum seekers, that separate children from their families, and that seize property from refugees.

What are we doing? How has the situation come to this, that we've adopted such an inhumane response to a humanitarian crisis?

I don't believe it's because people don't care, or at least I don't want to believe it's because people don't care. I believe it's because our politicians lack a vision, a vision for how to adapt an international refugee system created over 50 years ago for a changing and globalized world. And so what I want to do is take a step back and ask two really fundamental questions, the two questions we all need to ask. First, why is the current system not working? And second, what can we do to fix it?

So the modern refugee regime was created in the aftermath of the Second World War by these guys. Its basic aim is to ensure that when a state fails, or worse, turns against its own people, people have somewhere to go, to live in safety and dignity until they can go home. It was created precisely for situations like the situation we see in Syria today. Through an international convention signed by 147 governments, the 1951 Convention on the Status of Refugees, and an international organization, UNHCR, states committed to reciprocally admit people onto their territory who flee conflict and persecution.

But today, that system is failing. In theory, refugees have a right to seek asylum. In practice, our immigration policies block the path to safety. In theory, refugees have a right to a pathway to integration, or return to the country they've come from. But in practice, they get stuck in almost indefinite limbo. In theory, refugees are a shared global responsibility. In practice, geography means that countries proximate the conflict take the overwhelming majority of the world's refugees. The system isn't broken because the rules are wrong. It's that we're not applying them adequately to a changing world, and that's what we need to reconsider.

So I want to explain to you a little bit about how the current system works. How does the refugee regime actually work? But not from a top-down institutional perspective, rather from the perspective of a refugee. So imagine a Syrian woman. Let's call her Amira. And Amira to me represents many of the people I've met in the region. Amira, like around 25 percent of the world's refugees, is a woman with children, and she can't go home because she comes from this city that you see before you, Homs, a once beautiful and historic city now under rubble. And so Amira can't go back there. But Amira also has no hope of resettlement to a third country, because that's a lottery ticket only available to less than one percent of the world's refugees.

So Amira and her family face an almost impossible choice. They have three basic options. The first option is that Amira can take her family to a camp. In the camp, she might get assistance, but there are very few prospects for Amira and her family. Camps are in bleak, arid locations, often in the desert. In the Zaatari refugee camp in Jordan, you can hear the shells across the border in Syria at nighttime. There's restricted economic activity. Education is often of poor quality. And around the world, some 80 percent of refugees who are in camps have to stay for at least five years. It's a miserable existence, and that's probably why, in reality, only nine percent of Syrians choose that option.

Alternatively, Amira can head to an urban area in a neighboring country, like Amman or Beirut. That's an option that about 75 percent of Syrian refugees have taken. But there, there's great difficulty as well. Refugees in such urban areas don't usually have the right to work. They don't usually get significant access to assistance. And so when Amira and her family have used up their basic savings, they're left with very little and likely to face urban destitution.

So there's a third alternative, and it's one that increasing numbers of Syrians are taking. Amira can seek some hope for her family by risking their lives on a dangerous and perilous journey to another country, and it's that which we're seeing in Europe today.

Around the world, we present refugees with an almost impossible choice between three options: encampment, urban destitution and dangerous journeys. For refugees, that choice is the global refugee regime today. But I think it's a false choice. I think we can reconsider that choice. The reason why we limit those options is because we think that those are the only options that are available to refugees, and they're not. Politicians frame the issue as a zero-sum issue, that if we benefit refugees, we're imposing costs on citizens. We tend to have a collective assumption that refugees are an inevitable cost or burden to society. But they don't have to. They can contribute.

So what I want to argue is there are ways in which we can expand that choice set and still benefit everyone else: the host states and communities, our societies and refugees themselves. And I want to suggest four ways we can transform the paradigm of how we think about refugees. All four ways have one thing in common: they're all ways in which we take the opportunities of globalization, mobility and markets, and update the way we think about the refugee issue.

The first one I want to think about is the idea of enabling environments, and it starts from a very basic recognition that refugees are human beings like everyone else, but they're just in extraordinary circumstances. Together with my colleagues in Oxford, we've embarked on a research project in Uganda looking at the economic lives of refugees. We chose Uganda not because it's representative of all host countries. It's not. It's exceptional. Unlike most host countries around the world, what Uganda has done is give refugees economic opportunity. It gives them the right to work. It gives them freedom of movement. And the results of that are extraordinary both for refugees and the host community. In the capital city, Kampala, we found that 21 percent of refugees own a business that employs other people, and 40 percent of those employees are nationals of the host country. In other words, refugees are making jobs for citizens of the host country. Even in the camps, we found extraordinary examples of vibrant, flourishing and entrepreneurial businesses.

For example, in a settlement called Nakivale, we found examples of Congolese refugees running digital music exchange businesses. We found a Rwandan who runs a business that's available to allow the youth to play computer games on recycled games consoles and recycled televisions. Against the odds of extreme constraint, refugees are innovating, and the gentleman you see before you is a Congolese guy called Demou-Kay. Demou-Kay arrived in the settlement with very little, but he wanted to be a filmmaker. So with friends and colleagues, he started a community radio station, he rented a video camera, and he's now making films. He made two documentary films with and for our team, and he's making a successful business out of very little. It's those kinds of examples that should guide our response to refugees. Rather than seeing refugees as inevitably dependent upon humanitarian assistance, we need to provide them with opportunities for human flourishing.

Yes, clothes, blankets, shelter, food are all important in the emergency phase, but we need to also look beyond that. We need to provide opportunities to connectivity, electricity, education, the right to work, access to capital and banking. All the ways in which we take for granted that we are plugged in to the global economy can and should apply to refugees.

The second idea I want to discuss is economic zones. Unfortunately, not every host country in the world takes the approach Uganda has taken. Most host countries don't open up their economies to refugees in the same way. But there are still pragmatic alternative options that we can use.

Last April, I traveled to Jordan with my colleague, the development economist Paul Collier, and we brainstormed an idea while we were there with the international community and the government, an idea to bring jobs to Syrians while supporting Jordan's national development strategy. The idea is for an economic zone,one in which we could potentially integrate the employment of refugees alongside the employment of Jordanian host nationals. And just 15 minutes away from the Zaatari refugee camp, home to 83,000 refugees, is an existing economic zone called the King Hussein Bin Talal Development Area. The government has spent over a hundred million dollars connecting it to the electricity grid, connecting it to the road network, but it lacked two things: access to labor and inward investment. So what if refugees were able to work there rather than being stuck in camps, able to support their families and develop skills through vocational training before they go back to Syria? We recognized that that could benefit Jordan, whose development strategy requires it to make the leap as a middle income country to manufacturing. It could benefit refugees, but it could also contribute to the postconflict reconstruction of Syria by recognizing that we need to incubate refugees as the best source of eventually rebuilding Syria.

We published the idea in the journal Foreign Affairs. King Abdullah has picked up on the idea. It was announced at the London Syria Conference two weeks ago, and a pilot will begin in the summer.

(Applause)

The third idea that I want to put to you is preference matching between states and refugees to lead to the kinds of happy outcomes you see here in the selfie featuring Angela Merkel and a Syrian refugee. What we rarely do is ask refugees what they want, where they want to go, but I'd argue we can do that and still make everyone better off. The economist Alvin Roth has developed the idea of matching markets, ways in which the preference ranking of the parties shapes an eventual match. My colleagues Will Jones and Alex Teytelboym have explored ways in which that idea could be applied to refugees, to ask refugees to rank their preferred destinations, but also allow states to rank the types of refugees they want on skills criteria or language criteria and allow those to match. Now, of course you'd need to build in quotas on things like diversity and vulnerability, but it's a way of increasing the possibilities of matching. The matching idea has been successfully used to match, for instance, students with university places, to match kidney donors with patients, and it underlies the kind of algorithms that exist on dating websites. So why not apply that to give refugees greater choice?

It could also be used at the national level, where one of the great challenges we face is to persuade local communities to accept refugees. And at the moment, in my country, for instance, we often send engineers to rural areas and farmers to the cities, which makes no sense at all. So matching markets offer a potential way to bring those preferences together and listen to the needs and demands of the populations that host and the refugees themselves.

The fourth idea I want to put to you is of humanitarian visas. Much of the tragedy and chaos we've seen in Europe was entirely avoidable. It stems from a fundamental contradiction in Europe's asylum policy, which is the following: that in order to seek asylum in Europe, you have to arrive spontaneously by embarking on those dangerous journeys that I described. But why should those journeys be necessary in an era of the budget airline and modern consular capabilities? They're completely unnecessary journeys, and last year, they led to the deaths of over 3,000 people on Europe's borders and within European territory.

If refugees were simply allowed to travel directly and seek asylum in Europe, we would avoid that, and there's a way of doing that through something called a humanitarian visa, that allows people to collect a visa at an embassy or a consulate in a neighboring country and then simply pay their own way through a ferry or a flight to Europe. It costs around a thousand euros to take a smuggler from Turkey to the Greek islands. It costs 200 euros to take a budget airline from Bodrum to Frankfurt. If we allowed refugees to do that, it would have major advantages. It would save lives, it would undercut the entire market for smugglers, and it would remove the chaos we see from Europe's front line in areas like the Greek islands. It's politics that prevents us doing that rather than a rational solution.

And this is an idea that has been applied. Brazil has adopted a pioneering approach where over 2,000 Syrians have been able to get humanitarian visas, enter Brazil, and claim refugee status on arrival in Brazil. And in that scheme, every Syrian who has gone through it has received refugee status and been recognized as a genuine refugee.

There is a historical precedent for it as well. Between 1922 and 1942, these Nansen passports were used as travel documents to allow 450,000 Assyrians, Turks and Chechens to travel across Europe and claim refugee status elsewhere in Europe. And the Nansen International Refugee Office received the Nobel Peace Prize in recognition of this being a viable strategy.

So all four of these ideas that I've presented you are ways in which we can expand Amira's choice set. They're ways in which we can have greater choice for refugees beyond those basic, impossible three options I explained to you and still leave others better off.

In conclusion, we really need a new vision, a vision that enlarges the choices of refugees but recognizes that they don't have to be a burden. There's nothing inevitable about refugees being a cost. Yes, they are a humanitarian responsibility, but they're human beings with skills, talents, aspirations, with the ability to make contributions -- if we let them.

In the new world, migration is not going to go away. What we've seen in Europe will be with us for many years. People will continue to travel, they'll continue to be displaced, and we need to find rational, realistic ways of managing this -- not based on the old logics of humanitarian assistance, not based on logics of charity, but building on the opportunities offered by globalization, markets and mobility. I'd urge you all to wake up and urge our politicians to wake up to this challenge.

Thank you very much.

(Applause)

There are/ times/ when I feel really quite ashamed to be a European.//

時に ヨーロッパ人である自分が 非常に情けなくなることがあります

In the last year,/ more than a million people arrived in Europe/ in need of our help,/ and our response,/ frankly,/ has been pathetic.//

この1年で 100万人以上が助けを求めて ヨーロッパにたどり着きました 我々の反応は 正直言って お粗末なものでした

There are just so many contradictions.//

もう本当に 矛盾だらけなのです

We mourn the tragic death of two-year-old Alan Kurdi,/ and yet,/ since then,/ more than 200 children have subsequently drowned in the Mediterranean.//

2歳のアラン・クルディ君の 悲惨な死を皆が悼みましたが しかし それ以降も 200人以上の子供たちが 次々に 地中海で 溺れ死んでいます

We have international treaties/ that recognize/ that refugees are a shared responsibility,/ and yet/ we accept/ that tiny Lebanon hosts/ more Syrians/ than the whole of Europe combined.//

国際協定にて 難民の受け入れに関する 責任分担を認めていながらも 小国レバノンの難民受け入れ数が ヨーロッパ全体での総数を 上回るという事実を黙認しています

We lament the existence of human smugglers,/ and yet/ we make/ that the only viable route/ to seek asylum/ in Europe.//

我々は密入船の存在を 嘆かわしく思いながらも それをヨーロッパへの 唯一の亡命経路にしてしまっています

We have labor shortages,/ and yet/ we exclude people/ who fit our economic and demographic needs/ from coming to Europe.//

労働力が不足しているのに 人材ニーズに 経済的にも人口層的にも合致する人々を 受け入れから除外しています

We proclaim our liberal values/ in opposition/ to fundamentalist Islam,/ and yet --/ we have repressive policies/ that detain child asylum seekers,/ that separate children/ from their families,/ and that seize property/ from refugees.//

イスラム原理主義に反対して 自由主義を謳いながらも それでいて ― 抑圧的な政策で 幼い亡命者を拘留し 子供を家族から引き離し 難民の所有物を押収しています

What are we doing?//

おかしいと思いませんか?

How has the situation come to this,/ that we've adopted such an inhumane response/ to a humanitarian crisis?//

なぜ こんなにも 人道危機に対して 非人道的な対応を 採るようになってしまったのでしょうか?

I don't believe/ it's/ because people don't care,/ or at least/ I don't want to believe/ it's/ because people don't care.//

私は 人々が無関心だからだとは 思いません 少なくとも それが理由であるとは 信じたくはありません

I believe/ it's/ because our politicians lack a vision,/ a vision/ for how to adapt an international refugee system created over 50 years ago/ for a changing and globalized world.//

政治家たちに ビジョンが 欠けているせいだと思っています 50年以上前に作られた 国際的難民政策を 変わりゆくグローバル化時代に 適応させるビジョンです

And so/ what I want to do/ is take a step back/ and ask two really fundamental questions,/ the two questions/ we/ all need to ask.//

そこで 基本に立ち返り 非常に根本的な問いを2つ 投げかけたいと思います 我々 皆が考えるべき問いです

First,/ why is the current system not working?//

まず 現行の制度が なぜ機能していないのか?

And second,/ what can we do to fix/ it?//

そして どうすればこれを直せるのか?

So the modern refugee regime was created in the aftermath of the Second World War/ by these guys.//

現代の難民制度は 第二次世界大戦直後に この人たちが作ったものです

Its basic aim is to ensure/ that/ when a state fails,/ or worse,/ turns against its own people,/ people have somewhere to go,/ to live in safety and dignity/ until they can go home.//

そもそもの目的は 国家が崩壊したり 最悪の場合 国民に刃を向けたとき 人々に行き先を与え 帰還まで 安全に尊厳を持って 生活できる場所を与えることです

It was created precisely/ for situations/ like the situation/ we see in Syria today.//

まさに今日シリアに見られるような 状況に備え 作られたものでした

Through an international convention signed by 147 governments,/ the 1951 Convention/ on the Status of Refugees,/ and an international organization,/ UNHCR,/ states committed to reciprocally admit people/ onto their territory/ who flee conflict and persecution.//

147ヶ国の政府間で調印された 国際協定である ― 1951年の『難民の地位に関する条約』や 国際機関である 国連難民高等弁務官事務所を通じて 自国領への難民の相互受け入れを 公約しました 紛争や迫害から逃れる人々の 受け入れです

But today,/ that system is failing.//

しかし今日 この制度は 機能していません

In theory,/ refugees have a right/ to seek asylum.//

理論上は 難民には 亡命を求める権利がありますが

現実では 我々の移民政策が 安全への道を塞いでいます

In theory,/ refugees have a right/ to a pathway/ to integration,/ or return/ to the country/ they've come from.//

理論上は 難民には 避難先への同化を求める権利があり 故郷に戻れるものですが

But in practice,/ they get stuck in almost indefinite limbo.//

現実では ほぼ永遠に 行き詰まった状態になってしまいます

理論上は 難民は 世界各国で責任分担するものですが

In practice,/ geography means/ that countries proximate the conflict take the overwhelming majority of the world's refugees.//

現実では 地理的な問題で 紛争地域に隣接する国々が 世界中の難民のうち 圧倒的多数を引き受けています

The system isn't broken/ because the rules are wrong.//

制度が機能していないのは ルールがおかしいからではなく

It's/ that we're not applying/ them adequately/ to a changing world,/ and that's/ what we need to reconsider.//

変わりゆく世界に合わせて ルールをきちんと適用していないからで そこを考え直すべきなのです

So I want to explain/ to you/ a little bit/ about how the current system works.//

ここで 現行の難民制度が 実際どういう仕組みなのか

How does the refugee regime actually work?//

少しご説明しましょう

But not from a top-down institutional perspective,/ rather/ from the perspective of a refugee.//

しかし 制度側から見た トップダウンの視点ではなく 難民の視点から説明します

まず シリア人の女性を想像してください

Let's call/ her Amira.//

アミラと呼びましょう

And Amira/ to me represents many of the people/ I've met in the region.//

その地域のたくさんの人々を 象徴するような女性です

Amira,/ like around 25 percent of the world's refugees,/ is a woman/ with children,/ and she can't go home/ because she comes from this city/ that you see before you,/ Homs,/ a once beautiful and historic city now/ under rubble.//

アミラは 世界の難民の 25%がそうであるように 女性で 子連れです 家に戻れない理由は 住んでいた街がこんな状態だからです ご覧の通り アミラの街 ホムスはかつて 美しく歴史ある街でしたが 今は瓦礫に埋もれ

And so/ Amira can't go back there.//

帰れる状況ではありません

But Amira also has no hope of resettlement/ to a third country,/ because that's a lottery ticket only available/ to less than one percent of the world's refugees.//

しかし アミラには 第三国に再定住するという道もありません 宝くじのようなもので 世界中の難民のうち 1%にしか 叶わないことだからです

So Amira/ and her family face an almost impossible choice.//

だから アミラとその家族は ほとんど無理な選択を 迫られます

They have three basic options.//

基本的な選択肢は3つしかありません

The first option is/ that Amira can take her family/ to a camp.//

1つ目は 家族を連れて 難民キャンプに入ること

In the camp,/ she might get assistance,/ but there are very few prospects/ for Amira and her family.//

そこでは 援助は受けられても アミラと家族の将来は ほぼ ないも同然です

Camps are in bleak, arid locations,/ often/ in the desert.//

難民キャンプは 荒涼とした不毛の地 ― 多くは砂漠の中です

In the Zaatari refugee camp/ in Jordan,/ you can hear the shells/ across the border/ in Syria/ at nighttime.//

ヨルダンのザータリ難民キャンプでは 夜間 シリアとの国境で 銃弾の音が聞こえます

経済活動には制約があり

Education is often of poor quality.//

教育の質も良くありません

And/ around the world,/ some 80 percent of refugees/ who are in camps have to stay/ for at least five years.//

そして 世界中で キャンプに収容中の難民のうち 約80%は こんな状態が最低5年は続きます

It's a miserable existence,/ and that's probably/ why,/ in reality,/ only nine percent of Syrians choose/ that option.//

そこでの暮らしは惨めなものです 多分 それが理由で 実際にこの道を選ぶシリア人は たったの9%なのです

Alternatively,/ Amira can head to an urban area/ in a neighboring country,/ like Amman or Beirut.//

次に 都会を目指すという 選択肢もあります 近隣の国にある アンマンやベイルートなどです

That's an option/ that about 75 percent of Syrian refugees have taken.//

75%のシリア難民が選んだ 選択肢がこれです

But there,/ there's great difficulty/ as well.//

しかし そこでもまた 大きな困難に直面します

Refugees/ in such urban areas don't usually have the right/ to work.//

難民は通常 こういった都市部での 労働の権利を持たず

They don't usually get significant access/ to assistance.//

援助もたいして受けられません

And so/ when Amira/ and her family have used up/ their basic savings,/ they're left with very little and likely/ to face urban destitution.//

この場合 アミラと家族には それまでの貯蓄を使い果たしたあと ほとんど何も残らず 都会での貧困生活が待っています

So there's a third alternative,/ and it's one/ that increasing numbers of Syrians are taking.//

3つ目の選択肢 ― これを選ぶシリア人は増えています

Amira can seek some hope/ for her family/ by risking their lives/ on a dangerous and perilous journey/ to another country,/ and it's/ that/ which we're seeing/ in Europe today.//

家族のために 一握りの希望を求め 命を賭けて 大変危険な旅路につき 他国を目指すという 今日 ヨーロッパで 見られている現象です

Around the world,/ we present refugees/ with an almost impossible choice/ between three options:/ encampment,/ urban destitution and dangerous journeys.//

このような まず無理な選択を 世界中が難民に突きつけ 選択肢を3つに限っています キャンプ収容、都会での貧困生活 そして危険な旅です

For refugees,/ that choice is the global refugee regime today.//

難民にとっては これこそが 国際的な難民体制そのものなのです

But I think/ it's a false choice.//

でも これしかないと思うのは錯覚で

I think/ we can reconsider/ that choice.//

再考の余地があると思います

The reason/ why we limit/ those options is/ because we think/ that those are the only options/ that are available/ to refugees,/ and they're not.//

これらの選択肢に限られている理由は 我々の頭の中で 難民が選べる道は これだけしかないと思っているからですが それは間違いです

Politicians frame/ the issue/ as a zero-sum issue,/ that if we benefit refugees,/ we're imposing/ costs/ on citizens.//

政治家たちは 難民問題を 「ゼロサム」な問題 ― つまり 難民のために何かすれば 市民に負担がかかると考えています

We tend to have/ a collective assumption/ that refugees are an inevitable cost or burden/ to society.//

我々は共通の前提として 難民は負担がかかるものとか 社会の重荷であると考えがちですが

But they don't have to.// They can contribute.//

逆に難民が社会貢献する 方法もあるのです

So/ what I want to argue/ is there are ways/ in which we can expand/ that choice set/ and still/ benefit everyone else:/ the host states and communities,/ our societies and refugees themselves.//

私が言いたいのは 難民の選択の幅を広げながらも 皆が利益を得る方法は あるということです 受け入れ国やコミュニティ 我々の社会 そして難民自身もです

And I want to suggest/ four ways/ we can transform the paradigm of how we think about refugees.//

今からお話しする4つの方法で 難民についての考え方自体を 根本から変えられると思います

All four ways have one thing/ in common:/ they're all ways/ in which we take the opportunities of globalization, mobility and markets,/ and update the way/ we think about the refugee issue.//

4つ全てに共通する点が1つ グローバリゼーションや 流動性や市場が生み出す機会を 利用した方法であり 我々の難民問題への見方を 変えるという点です

The first one/ I want to think/ about is the idea of enabling environments,/ and it starts from a very basic recognition/ that refugees are human beings/ like everyone else,/ but they're just/ in extraordinary circumstances.//

1つ目のアイデアは 難民のための環境整備です ごく基本的な認識から始まります 難民は皆と同じ人間であり ただ異常な状況に置かれているだけだ と言うことです

Together/ with my colleagues/ in Oxford,/ we've embarked on a research project/ in Uganda/ looking at the economic lives of refugees.//

私はオックスフォード大学の同僚と ウガンダで調査を始め 難民の経済活動を調べました

We chose Uganda not/ because it's representative of all host countries.//

ウガンダを選んだのは 世界を代表する 受け入れ国だからではありません

It's not.// It's exceptional.//

大変優れた方針を採っているからです

Unlike most host countries/ around the world,/ what Uganda has done/ is give refugees/ economic opportunity.//

世界中の 他の受け入れ国とは異なり ウガンダは 難民に経済機会を与えました

It gives them/ the right/ to work.// It gives them/ freedom of movement.//

難民に 労働の権利や 移動の自由を与えたのです

And the results of that are extraordinary both/ for refugees and the host community.//

これで驚異的な成果が出ています 難民と難民居住地域の両方にです

In the capital city,/ Kampala,/ we found/ that 21 percent of refugees own a business/ that employs other people,/ and 40 percent of those employees are nationals of the host country.//

首都カンパラでは 難民の21%が事業を持ち 労働者を雇っており 雇われる側の40%が 受け入れ国の国民だったのです

In other words,/ refugees are making jobs/ for citizens of the host country.//

つまり 難民が雇用を作り出し 受け入れ国の国民を雇っていたのです

Even/ in the camps,/ we found extraordinary examples of vibrant,/ flourishing and entrepreneurial businesses.//

難民キャンプの中でさえ 活発な個人事業の 素晴らしい実例が見られました

For example,/ in a settlement called Nakivale,/ we found examples of Congolese refugees/ running digital music exchange businesses.//

例えば ナキヴァレという 難民居住区では コンゴ人の難民が デジタル音楽を売買する事業に携わり

We found a Rwandan/ who runs a business/ that's available/ to allow the youth/ to play computer games/ on recycled games consoles/ and recycled televisions.//

あるルワンダ人難民が 立ち上げた事業は 青少年向けに コンピューターゲームを 再利用したゲーム機やテレビを使って 提供するというものでした

Against the odds of extreme constraint,/ refugees are innovating,/ and the gentleman/ you see/ before you is a Congolese guy called Demou-Kay.//

厳しい環境にもかかわらず 革新的な取り組みが行われてます この写真は デムーケイというコンゴ人で

Demou-Kay arrived in the settlement/ with very little,/ but he wanted to be a filmmaker.//

居住区に到着したときは ほぼ文無しでしたが 映像制作者を志していました

So/ with friends and colleagues,/ he started a community radio station,/ he rented a video camera,/ and he's now making/ films.//

彼は 友人や同僚と コミュニティラジオ局を開設し ビデオカメラを借りて 今や映像制作をしています

He made two documentary films/ with and for our team,/ and he's making a successful business/ out of very little.//

ドキュメンタリー映像を2本 私のチームの依頼で共同制作し わずかな元手で 事業を成功させています

It's those kinds of examples/ that should guide our response/ to refugees.//

こういった事例を参考にして 難民に対する我々の対応を 決めるべきです

Rather/ than seeing refugees/ as inevitably dependent/ upon humanitarian assistance,/ we need to provide/ them/ with opportunities/ for human flourishing.//

難民のことを 必然的に人道支援に 依存するものと見るのではなく 人間として繁栄する機会を 提供する必要があります

Yes, clothes,/ blankets,/ shelter,/ food are all important in the emergency phase,/ but we need to also look beyond that.//

もちろん 衣類、布団、寝る場所、食料などは 緊急事態においては 全て重要なものですが その先を見据える必要があります

We need to provide/ opportunities/ to connectivity,/ electricity,/ education,/ the right/ to work,/ access/ to capital and banking.//

通信、電力、教育、労働の権利や 資本や銀行へのアクセスといった機会を 提供しなければなりません

All the ways/ in which we take/ for granted/ that we are plugged in to the global economy can and should apply to refugees.//

世界経済の恩恵を受けることは 我々にとっては当たり前のことです 難民にも可能なことだし そうであるべきです

The second idea/ I want to discuss/ is economic zones.//

2つ目は 経済区域に関するアイデアです

Unfortunately, not every host country/ in the world takes the approach/ Uganda has taken.//

残念ながら 世界の 難民受け入れ国の全てが ウガンダのような方針を 採るわけではありません

Most host countries don't open up/ their economies/ to refugees/ in the same way.//

ほとんどの国は難民を ウガンダのような方法で 経済の一部に迎え入れたりはしません

But there are still pragmatic alternative options/ that we can use.//

しかし 採用可能な実用案は 存在するのです

去年の4月 ヨルダンに行きました 同僚の開発経済学者 ポール・コリアーと一緒でした 滞在中 ブレインストーミングをして 国際社会やヨルダン政府と話し合って ヨルダンの国内開発戦略に沿った方法で シリア人に仕事を与える方法を 考え出しました

The idea is for an economic zone,/one/ in which we could potentially integrate the employment of refugees/ alongside the employment of Jordanian host nationals.//

経済区域に関するアイデアで 難民の雇用を 受け入れ国の ヨルダン国民の雇用と共に 行う可能性を探ったものです

And just 15 minutes away/ from the Zaatari refugee camp,/ home/ to 83,000 refugees,/ is an existing economic zone called the King Hussein Bin Talal Development Area.//

83,000人の難民が住む ザータリ難民キャンプから たった15分の距離に 経済区域が存在します キング・フセイン・ビン・タラール 開発区域です

The government has spent over a hundred million dollars/ connecting it/ to the electricity grid,/ connecting it/ to the road network,/ but it lacked two things:/ access/ to labor and inward investment.//

ヨルダン政府は 100万ドル以上を投入し この区域を 電力供給網と 道路網に繋ぎましたが 欠けているものが2つ 労働力と対内投資です

So what if refugees were able to work there/ rather than being stuck in camps,/ able to support their families/ and develop skills/ through vocational training/ before they go back/ to Syria?//

ここで 難民が働けるとしたら? キャンプに閉じ込められず 家族を養い 職業訓練を通じて 技術を習得してから シリアに戻れるとしたら?

We recognized/ that that could benefit Jordan,/ whose development strategy requires it/ to make the leap/ as a middle income country/ to manufacturing.//

これはヨルダンに有益だと考えました 中所得国としての ヨルダンの開発戦略には 国内製造業の発展が 必要だからです

It could benefit refugees,/ but it could also contribute to the postconflict reconstruction of Syria/ by recognizing/ that we need to incubate/ refugees/ as the best source of eventually/ rebuilding Syria.//

難民にとっても有益ですが それだけでなく 紛争後のシリア再建にも 貢献します いずれはシリアを建て直す 最良の人的資源となる ― 難民の保護・養成が必要だという 認識に基づいています

政治誌『フォーリン・アフェアーズ』に この案を掲載したところ

King Abdullah has picked up/ on the idea.//

アブドラ国王の目に止まり

It was announced at the London Syria Conference/ two weeks ago,/ and a pilot will begin in the summer.//

2週間前にロンドンで行われた シリア支援会議で 今年の夏 試験的に実施されるという 発表がありました

(拍手)

The third idea/ that I want to put/ to you is preference matching/ between states and refugees/ to lead to the kinds of happy outcomes/ you see here/ in the selfie/ featuring Angela Merkel and a Syrian refugee.//

皆さんに提案したい 3つ目のアイデアは 国と難民との間で行う マッチングシステムです この写真のような嬉しい結果に 繋がるものです シリア難民がアンゲラ・メルケル首相と 自撮りしていますね

What we rarely do/ is ask refugees/ what they want,/ where they want to go,/ but I'd argue/ we can do that/ and still make everyone better off.//

難民に希望や行きたい先を訊くことって 滅多にありませんよね でも 難民の声を聞きながらも 皆が得することは可能です

The economist Alvin Roth has developed the idea of matching markets,/ ways/ in which the preference ranking of the parties shapes an eventual match.//

経済学者 アルビン・ロスが発展させた マッチング理論という概念は 当事者の選好順位によって 最終的な組み合わせを決めることです

My colleagues Will Jones/ and Alex Teytelboym have explored ways/ in which that idea could be applied to refugees,/ to ask refugees to rank their preferred destinations,/ but also allow states/ to rank the types of refugees/ they want on skills criteria/ or language criteria/ and allow those to match.//

同僚のウィル・ジョーンズと アレックス・タイテルボイムが この概念を難民に当てはめる方法を 探りました 難民に 行きたい受け入れ先を 希望順に挙げてもらい 同時に 受け入れ国にも 希望する難民のタイプに 職務スキルや言語などの条件で 優先順位をつけてもらって 両者を引き合わせるという方法です

Now,/ of course/ you'd need to build/ in quotas/ on things/ like diversity and vulnerability,/ but it's a way of increasing the possibilities of matching.//

さて もちろん 受け入れ枠の条件には 多様性や脆弱性などの要素も 考慮するべきですが それも マッチング率を高める 方法として考えていいでしょう

The matching idea has been successfully used to match,/ for instance,/ students/ with university places,/ to match kidney donors/ with patients,/ and it underlies the kind of algorithms/ that exist on dating websites.//

マッチングの概念が うまく使われているのが 例えば 学生に対する 大学の受け入れ枠や 腎臓ドナーと患者などです 出会い系サイトで使われている アルゴリズムにも入っています

So/ why not apply that to give refugees/ greater choice?//

これを難民の選択肢拡大のために 取り入れてはどうでしょう

It could also be used at the national level,/ where one of the great challenges/ we face/ is to persuade local communities/ to accept refugees.//

国内規模でも使えます 我々が直面する大きな課題の1つは 地元コミュニティに難民受け入れを 納得してもらうことですからね

And at the moment,/ in my country,/ for instance,/ we often send engineers/ to rural areas and farmers/ to the cities,/ which makes no sense/ at all.//

現在 例えば 私の国イギリスでは しばしば 技術者を田舎に 農家を都市に送るという 馬鹿げたことをしています

So matching markets offer a potential way/ to bring those preferences together/ and listen to the needs and demands of the populations/ that host/ and the refugees themselves.//

そこで 市場のマッチングを行えば 両者の希望を合致させ 受け入れ先の住民からも 難民からも ニーズや要望を聞くことができます

The fourth idea/ I want to put/ to you is of humanitarian visas.//

そして4つ目のアイデアが 人道的ビザです

Much of the tragedy and chaos/ we've seen in Europe was entirely avoidable.//

ヨーロッパで起きている 悲劇や混乱のほとんどは 完全に回避可能です

It stems from a fundamental contradiction/ in Europe's asylum policy,/ which is the following:/ that in order to seek asylum/ in Europe,/ you have to arrive spontaneously/ by embarking on those dangerous journeys/ that I described.//

ヨーロッパの難民規定の 根本的な矛盾が原因で起きています どういうことかというと ヨーロッパで亡命者となるためには 例の危険な旅路につき 事前準備なしに到着しなければなりません

But why should those journeys be necessary in an era of the budget airline and modern consular capabilities?//

でも なぜそんな旅が必要なのでしょうか 格安航空会社や領事サービスが 充実している今の時代

They're completely unnecessary journeys,/ and last year,/ they led to the deaths of over 3,000 people/ on Europe's borders/ and/ within European territory.//

こういった旅は全く不要なはずですが 昨年 これで3,000人以上が 亡くなりました ヨーロッパの国境や ヨーロッパ国内でです

If refugees were simply allowed to travel directly/ and seek asylum/ in Europe,/ we would avoid/ that,/ and there's a way of doing/ that through something called a humanitarian visa,/ that allows people/ to collect a visa/ at an embassy/ or a consulate/ in a neighboring country/ and then simply pay their own way/ through a ferry or a flight/ to Europe.//

単純な話 難民に ヨーロッパに普通に渡航して 亡命者となることが許されていれば 避けられることです これを実現する方法が 人道的ビザと呼ばれるもので 近隣国の大使館や領事館で ビザが受け取れます そして単純に 自分で旅費を出して フェリーや飛行機で ヨーロッパへ渡航できるのです

It costs around a thousand euros/ to take a smuggler/ from Turkey/ to the Greek islands.//

密輸業者を使って トルコから ギリシャの島々に渡るのに1,000ユーロ

It costs 200 euros/ to take a budget airline/ from Bodrum/ to Frankfurt.//

ボドルムからフランクフルト行きの 格安航空券は200ユーロです

If we allowed refugees/ to do that,/ it would have major advantages.//

難民にこのような選択肢を解放することには 大きな利点があります

It would save lives,/ it would undercut the entire market/ for smugglers,/ and it would remove the chaos/ we see from Europe's front line/ in areas/ like the Greek islands.//

たくさんの命が失われずに済み 難民密輸業界自体 商売上がったりとなり ギリシャの島々のような ヨーロッパの 第一線から混乱が消えます

It's politics/ that prevents us/ doing that/ rather than/ a rational solution.//

こういう手段を妨げているのは 合理的な策などではなく 政策の方です

And this is an idea/ that has been applied.//

このアイデアは実際に 取り入れられています

Brazil has adopted a pioneering approach/ where over 2,000 Syrians have been able to get humanitarian visas,/ enter Brazil,/ and claim refugee status/ on arrival/ in Brazil.//

ブラジルが先駆けて このアプローチを採り 2,000人以上のシリア人が 人道的ビザを取得してブラジルに入国 そして到着と同時に 難民の地位を得たのです

And/ in that scheme,/ every Syrian/ who has gone through it has received refugee status/ and been recognized as a genuine refugee.//

この制度を利用したシリア人全員が 難民の地位を獲得し 正式な難民認定を受けています

There is a historical precedent/ for it/ as well.//

歴史上の前例もあります

Between 1922 and 1942,/ these Nansen passports were used as travel documents/ to allow 450,000 Assyrians, Turks and Chechens to travel across Europe/ and claim refugee status elsewhere/ in Europe.//

1922年と1942年の間に ナンセン旅券を 国際的な身分証明書として使って 45万人のアッシリア人や トルコ人、チェチェン人が ヨーロッパ内を移動し ヨーロッパ国内の他の国で 難民申請を行いました

And/ the Nansen International Refugee Office received the Nobel Peace Prize/ in recognition of this being a viable strategy.//

ナンセン国際難民事務所は ノーベル平和賞を受賞しました この現実的な戦略が 世に認められたのです

So all four of these ideas/ that I've presented/ you are ways/ in which we can expand Amira's choice set.//

今お話した4つのアイデア全てが 冒頭に出てきた仮の難民 アミラの選択肢を増やす方法です

They're ways/ in which we can have greater choice/ for refugees/ beyond those basic, impossible three options/ I explained to you/ and still leave others better off.//

難民の選択肢の幅を広げる方法です これなら 最初にお話した3つの 無理な選択肢に限る必要はなく それでいて他の人達も得をするのです

In conclusion,/ we really need a new vision,/ a vision/ that enlarges the choices of refugees/ but recognizes/ that they don't have to be a burden.//

結論を言うと 我々には 新しいビジョンが切に必要です 難民の選択肢を広げながらも 重荷である必要がないことを 理解したビジョンです

There's nothing inevitable/ about refugees/ being a cost.//

難民が必然的に負担になるという 考え方は間違っています

Yes, they are a humanitarian responsibility,/ but they're human beings/ with skills,/ talents,/ aspirations,/ with the ability to make contributions --/ if we let them.//

人道的な義務ではありますが 難民は 技術や才能 そして 意欲のある人間です 機会さえ提供すれば 社会貢献する力を持っています

In the new world,/ migration is not going to go away.//

これからの時代 世界で 移住する人は後を絶たないでしょう

What we've seen in Europe will be with us/ for many years.//

ヨーロッパで起こっていることは この先 何年も続きます

People will continue to travel,/ they'll continue to be displaced,/ and we need to find/ rational, realistic ways of managing this --/ not based on the old logics of humanitarian assistance,/ not based on logics of charity,/ but building on the opportunities offered by globalization,/ markets and mobility.//

難民は変わらず移動を続け 居場所を求めてさまよい続けます この状況に対処する 合理的で現実的な方法 ― 人道支援という古い理論や 慈善という考え方に 基づいた方法ではなく グローバリゼーションや市場 流動性などが生み出す機会を 利用する方法を探るべきです

I'd urge you all/ to wake up/ and urge our politicians/ to wake up/ to this challenge.//

皆さん全員 そして 政治家の皆さんに訴えたい 目を覚まし この課題を直視してください

Thank you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

contradiction

否定,反ばく

矛盾

mourn

(…を)『悲しむ』,嘆く,いたむ《+『over』(『for』)+『名』(do『ing』)》

〈死んだ人,その人の死など〉‘を'『嘆き悲しむ』,哀悼(あいとう)する

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

subsequently

後て,次に,続いて,結果として

drown

…‘を'『溺死』(できし)『させる』

(…で)…‘を'水浸しにする,ずぶぬれにさせる《+『名』+『in』(『with』)+『名』》

〈大きな音が〉〈ほかの音〉‘を'かき消す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(仕事・研究などに)〈自分〉‘を'熱中させる,(酒などで)〈憂いなど〉‘を'晴らす,紛らす《+『名』+『in』+『名』》

『溺死』(できし)『する』

Mediterranean

=Mediterranean Sea

地中海地方

『地中海の』;地中海地方[の住民]特有の

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

treaty

〈C〉(国家間の)『条約』,協定

〈C〉条約(協定)文書

〈U〉《文》(個人間の)約定

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

Lebanon

レバノン(地中海東岸の共和国;首都はBeirut)

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

Syrian

シリアの,シリア人の,シリア語の

シリア人

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

lament

(…を)『嘆く』,嘆き悲しむ《+『for』(『over, about』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『嘆く』,嘆き悲しむ

(…の)嘆き,悲しみ,悲嘆《+『for』+『名』》

哀歌,挽歌(elegy)

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

smuggler

密輸業者

viable

生存できる,生活できる,生育できる

実行できる

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

asylum

(孤児・盲人・狂人などの)保護収容所,養育院;〈U〉避難,保護

shortage

『不足』,欠乏;〈C〉不足高

exclude

(…から)…‘を'『除外する』,除く《+『名』+『from』+『名』》

〈見込み・可能性・疑いの余地など〉‘を'全く許さない

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

economic

『経済の』

『経済学の』

demographic

人口統計学の

proclaim

〈国家的・社会的重大事〉‘を'『宣言する』,公表する

《文》〈物・事が〉…‘を'はっきりと知らせる

liberal

(政治・宗教上の)『自由主義の』

『寛大な』,偏見のない,心の広い

『気前がよい』,物惜しみをしない

(物が)豊富な

(翻訳などが)字句通りでない

自由主義者

《またL-》自由党員

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

fundamentalist

根本主義者

根本主義の

Islam

イスラム教,回教

《集合的に》イスラム教徒

repressive

抑圧的な,鎮圧する

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

detain

…‘を'引き留める,待たせておく

〈人〉‘を'監禁する,留置する

seeker

(…の)追求者,探求者《+『for』(『after, of』)+『名』》

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

seize

(急に)…‘を'『ぐいとつかむ』,ひっつかむ

(力ずくで)…‘を'奪い取る;(合法的に)…‘を'押収する,差し押さえる,逮捕する

〈機会・申し出など〉‘を'とらえる,利用する

〈意味・要点など〉‘を'把握する,理解する(grasp)

《しばしば受動態で》〈痛み・恐怖などが〉〈人〉‘を'襲う

《通例受動態で》《文》〈人〉‘に'所有させる《+『名』+『of』+『名』》

property

動産

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

inhumane

薄情な,不人情な,冷酷な

humanitarian

人道主義的な

人道主義者,博愛家

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

globalize

世界的関与主義(政策)(個々の国家の利益よりも全世界の利益のほうを優先させる)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

regime

政治体制;制度

=regimen

aftermath

(事件・災害などの)余波,結果

world war

『世界大戦』

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

admit

(場所・会・学校などへ)…'を'『入れる』,‘に'入ることを許す《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈事実・要求・誤りなど〉'を'『認める』,受け入れる

〈場所・建物などが〉〈人・物〉'を'収容できる

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

flee

(…から)『逃げる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

《副詞[句]を伴って》すばやく動く(過ぎる)

〈人・場所など〉‘から'逃げる;〈責任など〉‘を'逃れる,避ける

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

persecution

(特に,異教徒・異種族・政治的対抗者などに対する)迫害,虐待;迫害(虐待)されている状態

failing

欠点,弱点;失敗,落第;破産

…がないので,がない場合には

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

immigration

(外国からの)移住,入植

《集合的に》入植者,移民国

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

pathway

道,小道(path)

integration

統合,集成,完成

(学校や住居における)人種差別の撤廃

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

indefinite

『不明確な』,不確定の,はっきりしない

(数・量・大きさなどが)不定の,限られていない

limbo

地獄の辺境(天国と地獄の間にあり,洗礼を受けないで死んだ子供,異教徒などの霊魂が住むとされる所)・拘留所; 無視; 忘却; 不安定, 中間(の状態);〈C〉(なおざりにされ忘れ去られたものの)捨て場所

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

geography

〈U〉『地理』,『地理学』

〈C〉『地勢』,地形

〈C〉地理学書

proximate

(時間・順序・血族などが)最も近い,直接の;(…の)直前(直後)の《+『to』+『名』》

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

adequately

適切に,十分に

reconsider

…‘を'再考する,考え直す

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

institutional

制度の,制度上の

学会の,協会の;公共団体の

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

historic

『歴史に残る』,歴史的,歴史上有名な

記録のある,歴史時代の

rubble

石くず,荒石

(破壊された建物などの)断片,瓦礫(がれき)

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

lottery

富くじ,福引き,宝くじ・運,巡り合わせ

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

assistance

『手伝い』,『助力』(help)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

prospect

〈C〉《通例単数性で》(高い位置からの)(…の)『光景』,眺め《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『予想』,展望《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

《複数性で》(…の)『成功の見込み(機会)』《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

〈C〉見込みのある人,有望な人

〈C〉《米》願客になりそうな人

(金などを求めて)〈ある地域〉‘を'探査する《+『名』+『for』+『名』》

(金などを求めて)探査する《+『for』+『名』》

bleak

(場楠が)吹きさらしの,荒涼とした

寒い,冷え冷えする

(将来のことなど)暗い,陰うつな

arid

(土地などが)乾燥した,不毛の

(本・話などが)つまらない,無味乾燥な

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

Jordan

《the ~》ヨルダン川(パレスチナにあって質海に注ぐ川)

ヨルダン王国(旧名はTrans-Jordan;首都はAmman)

shell

『貝がら』,貝;(甲虫・卵などの)堅い殻(から),(カメなどの)こうら

(種子・果実などの)『堅い外皮』,さや

殻に似た物;建物の外郭,骨組

《比喩(ひゆ)的に》(心を閉ざした)殻,打ち解けない態度

砲弾;《米》薬きょう

シェル(一人または二,三人でこぐ競漕用ボート)

〈貝など〉‘の'殻を取る,〈豆〉‘の'さやを取る

…‘に'弾丸(砲弾)を浴びせる,‘を'砲撃するる

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

nighttime

夜間

restricted

(特定の範囲に)制限された,限られた(limited)

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

miserable

(人が)『みじめな』,ひどく不幸な

(物事が)人の気をめいらせるような,哀れな;ひどく不快な

《名詞の前にのみ用いて》貧弱な,みすぼらしい,程度の低い

probably

『たぶん』,『おそらく』

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

urban

都市(都会)の

都市に住む

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

Beirut

ベイルート(Lebanonの港市で首都)

taken

take の過去分詞

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

destitution

貧困,困窮

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

taking

〈U〉取ること,獲得

《複数形で》売り上げ高

《おもに話》人の心を引く,魅力的な

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

perilous

危険な,冒険的な:

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

encampment

〈U〉野営[すること]

〈C〉野営地

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

impose

(人・物に)〈重荷・税金など〉‘を'『課する』,負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人・物〉》

(人に)〈考えなど〉‘を'『押しつける』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

burden

〈C〉『荷物』,『積荷』

〈U〉荷物の運搬

〈C〉(…にとっての)(心を)『重荷』,苦しみ,悩み《+『to』(『on』)+『名』》

(荷を)…‘に'『負わせる』,積む《+『名』~『with』+『名』〈荷〉》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

paradigm

範例,規範

語形変化表

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

opportunity

『機会』,好機

mobility

可動性,流動性,変わりやすさ;(軍隊の)機動力

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

update

…を最新のものにする

最新情報

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

human being

人,人間

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

embark

〈人が〉乗船する;《おもに米》飛行機に乗る

〈客・荷〉‘を'(飛行機)に載せる

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

Uganda

ウガンダ(アフリカ東部の独須国;首都 Kampala)

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

exceptional

『例外の』,まれな

非常にすぐれた

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

vibrant

《文》振動する,響き渡る

(色・光が)生き生きした

活発な,精力的な

settlement

〈U〉〈C〉(…の)『解決』,決定《+『of』+『名』》;定住,身を固めること

小さい村,村落,部落

〈U〉植民,移民

〈C〉(特に初期の)植民地(colony)

〈U〉(貸借などの)清算,決算

(またsettlement house)〈C〉(恵まれない人の福祉に奉仕する)隣保事業館,セツルメント

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

youth

〈U〉『若さ』,年の若いこと;若々しさ,元気

〈U〉『青年時代』,青春[期];(時代などの)初期

〈C〉《しばしば軽べつして》『青年』,若者,(特に)若い男

〈U〉《集合的に》《単数・複数扱い》《文》青年,若者たち(young people)

computer

『計算機』;『電子計算機』

recycle

〈廃物など〉‘を'再利用する

console

(…で)〈人・自分〉'を'慰める』,元気づける《+『名』+『with』+『名』》

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

constraint

〈U〉〈C〉(‥の)強制,無理じい;(自由などの)制限,束縛《+『on』+『名』》

〈U〉窮屈,気がね,圧迫感

innovate

〈新しいもの〉‘を'取り入れる

(…を)革新する,刷新する《+『in』(『on』)+『名』》

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

rent

(…の)ほころび;裂け目;嶺れ目,割れ目《+『in』+『名』》

(…の)分裂,不和《+『in』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

inevitably

避けられないで,必然的に

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

upon

『…の上に』

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

blanket

『毛布』

(毛布にように)一面に広がっておおう物

…'を'毛布でおおう,(毛布でおおうように)…'を'一面におおう

包括的な,総括的な

shelter

〈U〉(雨・風,攻撃などからの)『保護』,避難

〈C〉(…からの)『避難所』,隠れ場所《+『from』+『名』》

(…から)…‘を'『おおい隠す』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'保護する,かばう《+『名』+『from』+『名』》

(…から)『避難する』,避ける,隠れる《+『from』+『名』》

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

banking

銀行業務(経営)

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

pragmatic

実際的な実用的な

実用主義の

April

『4月』(《略》『Apr』.)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

economist

経済学者

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

collier

炭坑夫(coal miner)

石炭運送船

brainstorm

(突然の一時的な)精神錯乱

《米話》ひらめき,突然浮かんだ名案

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

employment

〈U〉(人の)『雇用』

〈U〉(物・能力・時間の)使用《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『職』,職業,仕事

alongside

そばに,並んで

…のそばに,と並んで

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

king

『王』,国王

王にたとえられる人(物),…王,大立て者

(カードの)キング

(チェスの)キング,王将

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

grid

格子(こうし);焼き網

グリッド(真空管で陽極と陰極との中間に装置する金属の格子)

高圧送電線網

(地図などの)碁盤目

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

inward

『内側へ』,『内部へ』

心の中へ,内省的に

『内側』(『内部』)『の』(にある);内側(内部)への

心の中の

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

vocational

職業の,職業上の

職業指導の

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

leap

《しばしば副詞[句]を伴って》『ぴょんと飛ぶ』,はねる,躍る

《副詞[句]を伴って》(飛ぶように)『急に』(『す早く』)『動く』,ぴょんと動く

〈人・動物などが〉…‘を'『飛び越える』

(…を)〈動物など〉‘に'飛び越えさせる《+『名』+『over』(『across』)+『名』》

跳ぶこと,跳躍;《比喩(ひゆ)的に》飛躍,急変

ひと跳びの距離

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

income

(一定の)『収入』,所得

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

incubate

〈鳥が〉〈卵〉‘を'抱く,かえす;(人工的に)〈卵〉‘を'ふ化する

〈考え・計画など〉‘を'じっくりと考える,熟考する

〈鳥が〉卵を抱く,巣につく;〈卵が〉かえる

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

rebuild

…‘を'再建する,改築する,作り直す・たてなおす;〈社会など〉‘を'改革する

再建させる

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

affair

〈C〉(個人的に関心・関係のある)『事』,事柄

〈C〉『事件』,でき事

《複数形で》仕事,業務

〈C〉《話》《修飾語を伴って》物,しろもの

〈C〉(特に一時期の)恋愛事件,情事

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

applause

『拍手かっさい』;称賛

preference

〈U〉〈C〉『好み』

〈U〉〈C〉好みの物を選ぶ権利;優先権

〈C〉『好みのもの』

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

ranking

上位の,一流の,卓越した

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

eventual

『結果として起こる』

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

rank

〈C〉〈U〉『階級』,等級;)相対的な)『順位』,地位:

〈U〉高い地位(身分)

〈C〉〈U〉(人・物の)『列』,並び;(兵隊)の横列

《the ranks》(また『rank and file』)(将校たちに対して)兵卒,下士官

…‘を'『並べる』

…‘を'『位置づける』,評価する

《米》…‘より'上位にある

『位置する』・「pull one's rank on 誰々」で「(誰々に)地位を悪用する; (意見が衝突したような場合に)階級をかさに着て(誰々に)命令を押しつける」

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

criterion

(価値判断の)規準,尺度

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

quota

(生産・分配などの個個への)割当・分け前; 割当て(額)・移民割当人数

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

vulnerability

傷つきやすいこと,(批判・皮肉などに)弱いこと

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

kidney

腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓

《文》気質,性質,たち(nature)

donor

寄付者,寄贈者

(移植用の組織・器官の)提供者,献血者

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

rural

『いなか』(『田舎』)『の』,田園の,農村の

田舎ふうの

農業の

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

visa

(旅券の)査証,ビザ,入国出国許可

〈旅券〉‘を'査証する

tragedy

{C}(人生の不幸を題材とした)悲劇

{U}(演劇部門としての)悲劇

{U}{C}(人生・文学などの)悲劇的要素;悲惨なでき事,惨事

chaos

〈U〉(天地創造以前の)混とん

〈U〉(一般に)『混乱状態』,無秩序;〈C〉混乱したもの

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

avoidable

避けられる

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

following

《the following》(時間・順序において)『次の』,次に来る

《the following》次に述べる,下記の

同じ方向に動く

崇拝者,支持者,門下

《the following》《単数・複数扱い》『次に述べるもの』(人・事項),下記のもの

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

airline

航空路(airway)

consular

領事[職]の;執政官[職]の

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

completely

『完全に』,全く,十分に

unnecessary

『必要のない』,無用の,よけいな

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

embassy

〈C〉『大使館』

〈U〉大使の任務(職)

〈C〉《集合的に》大使館員

〈C〉使節団

consulate

〈C〉領事館

〈U〉領事の職(任期)

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

ferry

『渡し船』,連絡船(ferryboat),連絡船の便

渡し場,連絡船の発着場

《副詞[句]を伴って》〈人・車など〉‘を'船で渡す

〈川など〉‘を'船で渡る

…‘を'空輸する,〈新造飛行機〉‘を'輸送する

船で渡る

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

Greek

〈C〉『ギリシア人』

〈U〉『ギリシア語』

〈U〉訳の分からない言葉

ギリシアの;ギリシア人の;ギリシア語の

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

undercut

〈競争者〉‘より'も安く売る(働く)

(彫刻などで)…‘の'下を切り取る(くりぬく)

〈U〉下を切り取る(くりぬく)こと

〈C〉《米》(切り倒す木下方につける)刻み目

〈U〉《英》牛の腰部の上肉

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

applied

実用的,応用の

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

arrival

〈U〉(…への)『到着』《+『at』(『in』)+『名』》

〈U〉(目標・目的などへの)『到達』《+『at』(『in』)+『名』》

〈C〉到着した人(物),到着する人(物);生まれた子

scheme

(仕事・活動の)『計画』,案《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

『陰謀』,策謀,計略

…‘を'計画する;〈良くないこと〉‘を'たくらむ《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)計画する;たくらむ《+『for』(『against』)+『名』(do『ing』)》

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

genuine

『本物の』,真の

(疫病が)『真性の』

『誠実な』,[真]心からの

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

precedent

〈C〉(…の)先例,前例《+『for』+『名』》

〈U〉先例にならうこと

passport

『旅券』,パスポート

《単数形で》(…への)手段,便法《+『to』+『名』》

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

Turk

トルコ人

elsewhere

『どこかよそに』,ほかの所で(somewhere else)

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

enlarge

…‘を'『大きくする』,拡大する

大きくなる,広がる,ふえる

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

aspiration

大望,熱望

呼気,呼吸

気音を伴って発音すること(例:penの[p],killの[k])

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

contribution

〈U〉(…を…に)『寄付』(『寄与』)『すること』《+『to』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉(…に)寄付した物;寄与(貢献)したこと;(…への)寄稿記事《+『to』+『名』》

migration

〈U〉〈C〉移住,(動物の)移動

〈C〉《集合的に》(人・動物などの)移動の群

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

displace

…‘に'とって代わる

(…から)〈人〉‘を'強制的に退去させる(移動させる,やめさせる)《+『名』+『from』+『名』》

〈船舶が〉…‘の'排水量を持つ

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

charity

〈U〉『博愛』,慈愛,思いやり;(キリスト教の)愛

〈U〉『慈善』,施し;〈C〉施し物,寄付

〈C〉《通例複数形で》慈善事業,慈善施設

〈U〉(他人の言動に対する)寛容

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

関連動画