TED日本語 - ガース・レンツ: オイルの本当のコスト

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

環境破壊は実際にはどんなふうに見えるのでしょう?TEDxVictoriaで写真家のガース・レンツが、アルバータ州タールサンド採掘プロジェクトのショッキングな写真と、脅威に晒される美しく(大切な)生態系の写真をお見せします。

Script

世界で最大かつ最も環境破壊的な 産業プロジェクトが 世界で最大の手つかずの森 カナダの亜寒帯森林のど真ん中で 進んでいます そこはラブラドール半島内で カナダ北部をまっすぐに横断し広がっており そこは 世に現存する野生カリブー ジョージ河のカリブー群の生息地であり その数およそ40万頭になります 運悪く滞在中 一群に遭遇出来ませんでしたが カリブーの角が証拠です

亜寒帯一帯では驚嘆すべき 湿地帯の豊かさを実感できます 湿地帯は地球規模で 最も危機に瀕している生態系のひとつです それは 何ものにも代え難い 生態系であり 空気を浄化し 水を浄化し 大量の温室効果ガスを取り込みます そこは極めて多種多様な種の 生息地なのです 亜寒帯はまた 北米で見られる800種類の鳥類の 約半数の鳥たちの生息地でもあり 亜寒帯に渡って産卵し 子育てをします

オンタリオ州では 亜寒帯は南方に下り スペリオル湖の北岸に達しています この驚嘆すべき 美き亜寒帯森林は カナダ史上の著名な芸術の インスピレーションの源で グループ・オブ・セブンは この風景に強く感化されました ですから 亜寒帯は自然遺産にとって 非常に重要な役割を担うだけでなく 私たちの文化遺産にとっても 重要な役割も担っています

マニトバ州ウィニペグ湖の 東側の写真です ユネスコ世界文化遺産に 新たに指定された場所です サスカチュワン州では 亜寒帯全域に渡って カナダの有名な河川が 流れる出る場所です 河川と湖が作る 驚異のネットワークが形成されていて 小学校で教わる ピース川、アサバスカ川 チャーチル川、マッケンジー川があります この河川ネットワークは 旅行者や猟師 即ち 最初にカナダ北部を探検した 非原住民たちが カナダ先住民から学び取り カヌーで川を漕ぎ進んで 交易路を開拓しました それが毛皮交易の「北西航路」です

北部は 亜寒帯地帯はツンドラと接しており そのちょうど南のユーコン準州には 素晴らしい渓谷 トゥームストーン渓谷があります トゥームストーン渓谷は ポーキュパイン・カリブー群の生息地です ポーキュパイン・カリブー群については 北極野生生物国家保護区が 繁殖地である事で有名です それで 越冬地が危機に瀕していて ここも保護されていません そのため もしかしたら 天然ガスと鉱物採掘権に 奪われてしまうかもしれません

ブリティッシュ・コロンビア州の亜寒帯の西側は コースト山脈があり その山脈の反対側には 現存する世界最大の温帯性雨林 グレート・ベア温帯雨林があります 現存する世界最大の温帯降雨林 グレート・ベア温帯雨林があります これについては後ほど 少し詳しくお話しましょう

そこは 亜寒帯全域に渡って 多種多様な先住民族と 豊かで多様な文化を育む地です そして 私が思うに こうした民族の非常に多くが 過去との繋がりを大切にして 母国語や 歌や踊りや伝統について知ります その理由は そこが辺境の地で 95パーセントの手つかずの生態系からなる 原野があるからです 私は思うのです 私達が環境危機の時代に 生きている故に この生態系の中で持続可能な生活を 一万年以上続けてきた彼らから 多くを学び取れるのです

この生態系の中心は 私達の持っている価値観と 全く正反対のものです それがカナダ人であることを誇れる事の 理由であると思うのです これがアルバータ州のオイルサンドです サウジアラビアを除けば 地球最大規模の石油埋蔵量を誇ります この粘稠なタールのような瀝青が アルバータ州北部の亜寒帯林と湿地帯に 大量に埋蔵されています この採掘と開発が 前代未聞のスケールで 環境破壊を促しています

これがどれ位の規模かということを 実感してもらいたいと思います このトラックをご覧ください これは地球上で最も巨大なトラックです 積載容量400トンのダンプカーで 全長約14メートル 車幅11メートル 車高は8メートルです 私がこのトラックの横に立つと 私の頭はだいたい 黄色いホイールキャップの下あたりです このトラックの大きさは 90坪近くの二階建て住宅を 軽々と建てられます ですから これをトラックだと考えずに 90坪の家だと考えて下さい わりと広めの家ですね これらのトラックを線で結んでみると こんな感じに 下から上へ こう見ると 一つの油田の小さい区画が いかに広大かがわかります

同じ発想でこれを見てください そうご覧の通り 当然 遠くから見ると トラックは米粒みたいなものです もう一度 これら全部について考えてください この鉱場ひとつ分の大きさは どれくらいでしょう? それは巨大な大都市地域に 匹敵する大きさで おそらくヴィクトリア市を はるかに上回る広さです これは数ある採掘場のうちの 一つに過ぎません 現在 採掘場は10ヶ所あります これは1つのコンビナートの 一区域ですが そのほかに約40~50が 認可の手続き中です これまでタールサンド鉱場が 否認された事例はありません 基本的に吟味されずに 認可されているのです

別の石油抽出の方法として インシチュー採収法があります このように 大量の水が 超高温状態で地下に注入され この巨大なパイプラインのネットワーク 地震測線、掘削路、圧縮ステーションへと行き渡ります これは採掘場ほどは ひどくなさそうに見えまますが ある面では より大きな被害を与えています 大部分の原野に 影響と崩壊をもたらし ウッドランド・カリブーや グリズリー・ベアのような主要種が90%減少し さらに多くの エネルギーと 水を消費し 少なくとも同量の 温室効果ガスを排出しています インシチュー採収法による 開発は少なくとも 採掘場と同じくらい 生態学的に悪影響があります

どちらの方法で生産されたとしても 他のどんなオイルよりも 多くの温室効果ガスを排出します これが 世界で最も汚いオイルと 呼ばれている理由の一つです また カナダで最大かつ最速に増えている 一つの炭素排出源である理由も ここにあります 今やカナダが一人当たり炭素排出量で 世界第三位である理由もこれです 尾鉱沈殿池は 地球上で最大の有毒な貯水池です オイルサンド ― いやむしろタールサンドと言うべきです 「オイルサンド」は宣伝用に作られて言葉で 石油会社が販促しているのが ねばねばした タールのような物質みたいで 世界で最も汚いオイルだと 思われないようにするためです それでオイルサンドと呼ぶことにしたのです タールサンドは他のどんな精油方法よりも たくさんの水を消費し 480~790リットルの水を使い 汚染し 最大規模の有毒な貯水池である 尾鉱沈殿池に戻します

セムクルード社は認可を持った会社の一つですが 尾鉱沈殿池にたった一つで 毎日25万トンの有毒な汚物を廃棄しています こうして地球史上最大の有毒な貯水池が 作り出されているのです 今のところ 有毒物質の量は エリー湖の湖面を 30センチの深さで覆うほどです 尾鉱沈殿池は9,000エーカーにまで達しています マンハッタン島全体の 三分の二に相当する大きさです 例えばマンハッタン南端のウォール街から おそらく120番街までに至るほどの広さです ですから 間違いなく これは最大級の尾鉱沈殿池なのです これってどうです? マンハッタン島の半分なんですよ そして お分かりのように これは比較的小さい区画で 10個の採掘場複合企業の一つに過ぎず 40~50個がすぐに承認される運びになっているのです

当然 尾鉱沈殿池というのは ― 多くの場合 大気圏外からは見えませんが これは見えるのです これを池と言うのはやめるべきです こんな大規模で 有害な不毛の地が 孤立した状態で アサバスカ川の岸辺に作られています そして アサバスカ川の下流は 先住民のコミュニティの範囲へ達しています 800人が住むフォート・チペワ村で 食物連鎖の中に 有害物質が発見され これは科学的に証明されました タールサンドの毒は食物連鎖の中にあって 癌の発生率を カナダの他の地域よりも10倍にしてます

それでも 人々は そこで生活せざるを得ず 生き残るために この食べ物を口にせざるを得ないのです この辺鄙な北方の先住民の村に 空輸される食料が 恐ろしく高価なことと 高い失業率が原因で 生きるために 仕方なくやっているのです 何十年も前の話では無いですが 先住民族の男性からボートを借りました 彼は言いました「川に出たら 絶対に魚を食べてはいけないよ 発癌性物質を含んでいるから」 でも その男の小屋の玄関には 4匹の魚がありました 家族を餓死させないために 食料として食べていたのです 一人の親として これがどれほど皆さんの 心を痛めるかは想像に絶えません そう 私達がやっていることは そういうことなんです

亜寒帯雨林はまた 地球温暖化と気候変動を防ぐための おそらく最善の防御物です 亜寒帯雨林は他のどんな地上の生態系よりも 二酸化炭素を吸蔵しています そしてこれが 絶対的な鍵なのです 私達が行っていることは 温室効果ガスの吸収源を それも 熱帯雨林よりも1エーカー辺り 2倍も温室効果ガスを封鎖している亜寒帯を その二酸化炭素吸収源を破壊し 二酸化炭素爆弾に作り替えようとしているのです 私達はそれを 歴史上最大の産業プロジェクトで 最大の高炭素温室効果ガスを排出するオイルを 生産してしまっているのです それを地球上で二番目に大きな 石油埋蔵地で行っているのです

これが原因の一つになって 本来気候変動の優等生であるカナダ 京都議定書で最初の調印国の一つである私達が 今や フルタイムのロビイストを E.U.やワシントンD.C.で雇って 特にこうした国々が話し合いで 高炭素燃料や温室効果ガス排出の 規制を積極的に持ち込もうとするときに 貿易戦争を威嚇するのです このような国際会議において コペンハーゲンであれ カンクンであれ 気候変動の国際会議において 私達は扱いにくい大賞を毎度得ているので この問題を発展させるための 最大の障害となっています

ちょうど112kmほど下流に 世界一大きな淡水の三角州 ピース・アサバスカデルタがあり 四方から渡り鳥がやってくる唯一の交差点です ここは地球規模で重要な湿地帯で 多分地球上で最大です 北米で見られる半数の鳥類にとって 欠くことのできない住処です そして野牛の最大の群れにとっての 最後の隠れ家でもあり 他の種目にとっても 重要な生息地なのです しかし そこもアサバスカから出る 大量の水の脅威にさらされており この湿地帯を潤しつつ 同時に地球上で最大の有毒な孤立貯水池の 恐ろしい有毒物質を運び あらゆる種目の末端に及ぶ食物連鎖へと 侵出しているのです

これだけひどい状況ですが 事態は益々ひどくなっています こちらは今日話した事の基礎構造です これは2015年の計画です これはキーストーン州にある 非精製のタールサンドを メキシコ湾岸にまで運ぶ パイプラインで 北アメリカの農業の中心部を突き抜け アメリカ合衆国が 世界で最も汚い燃料を使う契約を確保し アメリカの持続可能なクリーンエネルギーの未来に 多大な影を落としています

これはマッケンジー渓谷へ下るルートです これは天然ガスを送るパイプラインになる予定で ボーフォート海から天然ガスを得て 世界で三番目に大きい 水嶺の盆地の中心を通過します そこは95%手付かずの唯一の場所です 産業用高速道路を使った パイプラインの建設は この素晴らしい原生林 を永久に変えてしまいます そこは今日この地球上では本当に希少な所なのです

グレート・ベア温帯雨林の丘を超えると 数キロにわたって 直径25センチほどの 樹齢100年の樹木に囲まれています すぐそばにある海岸沿いの温帯性雨林には 雨で濡れた直径50センチの 樹齢千年の樹木が並んでいます そこには全く違う生態系があるのです グレート・ベア温帯雨林一般的には 世界最大の海岸沿いにある 温帯性雨林生態系だと言われています この場所には地球上の象徴的で 絶滅の危機にさらされている種が密集しています しかし そこには パイプライン建造の計画があります エクソン・バルディーズの 10倍の大きさの巨大タンカーを ほんの数年前までB.C.フェリーが往来していた 世界で最も航海が困難と言われる所に 運搬しようとしています このタールサンドの タンカーの1つが 最も汚れたオイルを エクソン・バルディーズの10倍の量で運び 最後に岩に座礁して沈没したとしたら この地球上で未だかつてない 生態系の最悪の惨事を招きます

これは2030年までの計画です 彼らは生産量を およそ4倍にして フロリダ州サイズに地域を 産業化しようと企んでいます それはつまり 最大の温室効果ガスの 吸収源を破壊して 最高濃度の温室効果ガスを 排出するオイルに変えるというこです 世界はこれ以上の タール採掘場を必要としていませんし 人々を化石燃料中毒にするような これ以上のパイプラインを必要としていません 更に最大の有毒な貯水池が大きく増殖し 下流の住民に脅威となることを 絶対に望んでいません 皆さん 目を背けないでください 私達は地球温暖化と気候変動の 真っ只中にいるのです

私達に必要なのは行動する事 カナダが豊富な淡水を有している事を 誇るようにする事です 私達は この湿地帯と森林こそが 地球温暖化を防ぐための 最善で最高で最重要な 防御であると心に銘記すべきです 大気圏に炭素爆弾を放つようなことしてはなりません そして 私達が一丸となって タールサンドにノーと言うべきです それは可能です 巨大ネットワークがあって このプロジェクト中止のために戦っています

単純に考えて これは カナダ一国で決めるべきことではありません この会場にいる皆さん カナダ中の人々 このプレゼンテーションを聞いている 皆さんにも 役割と責任があるはずです なぜならここでの行動は 私達の歴史を変えることになり 私達が生き残る可能性 そして私達の子供が生き残る可能性 そして豊かな未来の青写真を変えることになります

亜寒帯一帯という かけがえのない宝物が 最善の温暖化の防御を 保護する機会があるのに 私達はそれを 失おうとしているのです タールサンドは亜寒帯一帯の大部分に 脅威を与えるだけでないのです それが破壊しているのは 恵まれないもろい人々 つまり 私達が教わるべき多くのことを持つ 先住民族の命と健康なのです それはアサバスカ・デルタ ― 最大かつ最高の淡水三角州を 破壊してしまいます それはグレート・ベア温帯雨林を ― 世界中で最大の温帯性雨林を 破壊してしまいます そして北米の中央穀倉地帯に 多大な影響を与えることになります

もしこのプレゼンテーションで 心動かされるものあったら 是非 国際的活動をしている コミュニティに加わって カナダがさらに責任をもって カナダが気候変動の悪党ではなくて 気候変動のチャンピオンに返り咲き そしてタールサンドにノーと言い 全員のクリーンエネルギーの未来に イエスと言うようさせましょう ありがとうございました

(拍手)

The world's largest and most devastating environmental and industrial project is situated in the heart of the largest and most intact forest in the world, Canada's boreal forest. It stretches right across northern Canada, in Labrador, it's home to the largest remaining wild caribou herd in the world, the George River caribou herd, numbering approximately 400,000 animals. Unfortunately, when I was there I couldn't find one of them, but you have the antlers as proof.

All across the boreal, we're blessed with this incredible abundance of wetlands. Wetlands globally are one of the most endangered ecosystems. They're absolutely critical ecosystems, they clean air, they clean water, they sequester large amounts of greenhouse gases, and they're home to a huge diversity of species. In the boreal, they are also the home where almost 50 percent of the 800 bird species found in North America migrate north to breed and raise their young.

In Ontario, the boreal marches down south to the north shore of Lake Superior. And these incredibly beautiful boreal forests were the inspiration for some of the most famous art in Canadian history, the Group of Seven were very inspired by this landscape, and so the boreal is not just a really key part of our natural heritage, but also an important part of our cultural heritage.

In Manitoba, this is an image from the east side of Lake Winnipeg, and this is the home of the newly designated UNESCO Cultural Heritage site. In Saskatchewan, as across all of the boreal, home to some of our most famous rivers, an incredible network of rivers and lakes that every school-age child learns about, the Peace, the Athabasca, the Churchill here, the Mackenzie, and these networks were the historical routes for the voyageur and the coureur des bois, the first non-Aboriginal explorers of northern Canada that, taking from the First Nations people, used canoes and paddled to explore for a trade route, a Northwest Passage for the fur trade.

In the North, the boreal is bordered by the tundra, and just below that, in Yukon, we have this incredible valley, the Tombstone Valley. And the Tombstone Valley is home to the Porcupine caribou herd. Now you've probably heard about the Porcupine caribou herd in the context of its breeding ground in Arctic National Wildlife Refuge. Well, the wintering ground is also critical and it also is not protected, and is potentially, could be potentially, exploited for gas and mineral rights.

The western border of the boreal in British Columbia is marked by the Coast Mountains, and on the other side of those mountains is the greatest remaining temperate rainforest in the world, the Great Bear Rainforest, and we'll discuss that in a few minutes in a bit more detail.

All across the boreal, it's home for a huge incredible range of indigenous peoples, and a rich and varied culture. And I think that one of the reasons why so many of these groups have retained a link to the past, know their native languages, the songs, the dances, the traditions, I think part of that reason is because of the remoteness, the span and the wilderness of this almost 95 percent intact ecosystem. And I think particularly now, as we see ourselves in a time of environmental crisis, we can learn so much from these people who have lived so sustainably in this ecosystem for over 10,000 years.

In the heart of this ecosystem is the very antithesis of all of these values that we've been talking about, and I think these are some of the core values that make us proud to be Canadians. This is the Alberta tar sands, the largest oil reserves on the planet outside of Saudi Arabia. Trapped underneath the boreal forest and wetlands of northern Alberta are these vast reserves of this sticky, tar-like bitumen. And the mining and the exploitation of that is creating devastation on a scale that the planet has never seen before.

I want to try to convey some sort of a sense of the size of this. If you look at that truck there, it is the largest truck of its kind of the planet. It is a 400-ton-capacity dump truck and its dimensions are 45 feet long by 35 feet wide and 25 feet high. If I stand beside that truck, my head comes to around the bottom of the yellow part of that hubcap. Within the dimensions of that truck, you could build a 3, 000-square-foot two-story home quite easily. I did the math. So instead of thinking of that as a truck, think of that as a 3, 000-square-foot home. That's not a bad size home. And line those trucks/homes back and forth across there from the bottom all the way to the top. And then think of how large that very small section of one mine is.

Now, you can apply that same kind of thinking here as well. Now, here you see -- of course, as you go further on, these trucks become like a pixel. Again, imagine those all back and forth there. How large is that one portion of a mine? That would be a huge, vast metropolitan area, probably much larger than the city of Victoria. And this is just one of a number of mines,10 mines so far right now. This is one section of one mining complex, and there are about another 40 or 50 in the approval process. No tar sands mine has actually ever been denied approval, so it is essentially a rubber stamp.

The other method of extraction is what's called the in-situ. And here, massive amounts of water are super-heated and pumped through the ground, through these vasts networks of pipelines, seismic lines, drill paths, compressor stations. And even though this looks maybe not quite as repugnant as the mines, it's even more damaging in some ways. It impacts and fragments a larger part of the wilderness, where there is 90 percent reduction of key species, like woodland caribou and grizzly bears, and it consumes even more energy, more water, and produces at least as much greenhouse gas. So these in-situ developments are at least as ecologically damaging as the mines.

The oil produced from either method produces more greenhouse gas emissions than any other oil. This is one of the reasons why it's called the world's dirtiest oil. It's also one of the reasons why it is the largest and fastest-growing single source of carbon in Canada, and it is also a reason why Canada is now number three in terms of producing carbon per person. The tailings ponds are the largest toxic impoundments on the planet. Oil sands -- or rather I should say tar sands -- "oil sands" is a P.R.-created term so that the oil companies wouldn't be trying to promote something that sounds like a sticky tar-like substance that's the world's dirtiest oil. So they decided to call it oil sands. The tar sands consume more water than any other oil process,three to five barrels of water are taken, polluted and then returned into tailings ponds, the largest toxic impoundments on the planet.

SemCrude, just one of the licensees, in just one of their tailings ponds, dumps 250,000 tons of this toxic gunk every single day. That's creating the largest toxic impoundments in the history of the planet. So far, this is enough toxin to cover the face of Lake Eerie a foot deep. And the tailings ponds range in size up to 9,000 acres. That's two-thirds the size of the entire island of Manhattan. That's like from Wall Street at the southern edge of Manhattan up to maybe 120th Street. So this is an absolutely -- this is one of the larger tailings ponds. This might be, what? I don't know, half the size of Manhattan. And you can see in the context, it's just a relatively small section of one of 10 mining complexes and another 40 to 50 on stream to be approved soon.

And of course, these tailings ponds -- well, you can't see many ponds from outer space and you can see these, so maybe we should stop calling them ponds -- these massive toxic wastelands are built unlined and on the banks of the Athabasca River. And the Athabasca River drains downstream to a range of Aboriginal communities. In Fort Chippewa, the 800 people there, are finding toxins in the food chain, this has been scientifically proven. The tar sands toxins are in the food chain, and this is causing cancer rates up to 10 times what they are in the rest of Canada.

In spite of that, people have to live, have to eat this food in order to survive. The incredibly high price of flying food into these remote Northern Aboriginal communities and the high rate of unemployment makes this an absolute necessity for survival. And not that many years ago, I was lent a boat by a First Nations man. And he said, "When you go out on the river, do not under any circumstances eat the fish. It's carcinogenic." And yet, on the front porch of that man's cabin, I saw four fish. He had to feed his family to survive. And as a parent, I just can't imagine what that does to your soul. And that's what we're doing.

The boreal forest is also perhaps our best defense against global warming and climate change. The boreal forest sequesters more carbon than any other terrestrial ecosystem. And this is absolutely key. So what we're doing is, we're taking the most concentrated greenhouse gas sink, twice as much greenhouse gases are sequestered in the boreal per acre than the tropical rainforests. And what we're doing is we're destroying this carbon sink, turning it into a carbon bomb. And we're replacing that with the largest industrial project in the history of the world, which is producing the most high-carbon greenhouse gas emitting oil in the world. And we're doing this on the second largest oil reserves on the planet.

This is one of the reasons why Canada, originally a climate change hero -- we were one of the first signatories of the Kyoto Accord. Now we're the country that has full-time lobbyists in the European Union and Washington, D.C. threatening trade wars when these countries talk about wanting to bring in positive legislation to limit the import of high-carbon fuels, of greenhouse gas emissions, anything like this, at international conferences, whether they're in Copenhagen or Cancun, international conferences on climate change, we're the country that gets the dinosaur award every single day as being the biggest obstacle to progress on this issue.

Just 70 miles downstream is the world's largest freshwater delta, the Peace-Athabasca Delta, the only one at the juncture of all four migratory flyways. This is a globally significant wetland, perhaps the greatest on the planet. Incredible habitat for half the bird species you find in North America, migrating here. And also the last refuge for the largest herd of wild bison, and also, of course, critical habitat for another whole range of other species. But it too is being threatened by the massive amount of water being drawn from the Athabasca, which feeds these wetlands, and also the incredible toxic burden of the largest toxic unlined impoundments on the planet, which are leaching in to the food chain for all the species downstream.

So as bad as all that is, things are going to get much worse, much, much worse. This is the infrastructure as we see it about now. This is what's planned for 2015. And you can see here the Keystone Pipeline, which would take tar sands raw down to the Gulf Coast, punching a pipeline through the heart, the agricultural heart of North America, of the United States, and securing the contract with the dirtiest fuel in the world by consumption of the United States, and promoting a huge disincentive to a sustainable clean energy future for America.

Here you see the route down the Mackenzie Valley. This would put a pipeline to take natural gas from the Beaufort Sea through the heart of the third largest watershed basin in the world, and the only one which is 95 percent intact. And building a pipeline with an industrial highway would change forever this incredible wilderness, which is a true rarity on the planet today.

So the Great Bear Rainforest is just over the hill there, within a few miles we go from these dry boreal forests of 100-year-old trees, maybe 10 inches across, and soon we're in the coastal temperate rainforest, rain-drenched,1, 000-year-old trees,20 feet across, a completely different ecosystem. And the Great Bear Rainforest is generally considered to be the largest coastal temperate rainforest ecosystem in the world. Some of the greatest densities of, some of the most iconic and threatened species on the planet, and yet there's a proposal, of course, to build a pipeline to take huge tankers,10 times the size of the Exxon Valdez, through some of the most difficult to navigate waters in the world, where only just a few years ago, a B.C. ferry ran aground. When one of these tar sands tankers, carrying the dirtiest oil,10 times as much as the Exxon Valdez, eventually hits a rock and goes down, we're going to have one of the worst ecological disasters this planet has ever seen.

And here we have the plan out to 2030. What they're proposing is an almost four-times increase in production, and that would industrialize an area the size of Florida. In doing so, we'll be removing a large part of our greatest carbon sink and replacing it with the most high greenhouse gas emission oil in the future. The world does not need any more tar mines. The world does not need any more pipelines to wed our addiction to fossil fuels. And the world certainly does not need the largest toxic impoundments to grow and multiply and further threaten the downstream communities. And let's face it, we all live downstream in an era of global warming and climate change.

What we need, is we all need to act to ensure that Canada respects the massive amounts of freshwater that we hold in this country. We need to ensure that these wetlands and forests that are our best and greatest and most critical defense against global warming are protected, and we are not releasing that carbon bomb into the atmosphere. And we need to all gather together and say no to the tar sands. And we can do that. There is a huge network all over the world fighting to stop this project.

And I quite simply think that this is not something that should be decided just in Canada. Everyone in this room, everyone across Canada, everyone listening to this presentation has a role to play and, I think, a responsibility. Because what we do here is going to change our history, it's going to color our possibility to survive, and for our children to survive and have a rich future.

We have an incredible gift in the boreal, an incredible opportunity to preserve our best defense against global warming, but we could let that slip away. The tar sands could threaten not just a large section of the boreal. It compromises the life and the health of some of our most underprivileged and vulnerable people, the Aboriginal communities that have so much to teach us. It could destroy the Athabasca Delta, the largest and possibly greatest freshwater delta in the planet. It could destroy the Great Bear Rainforest, the largest temperate rainforest in the world. And it could have huge impacts on the future of the agricultural heartland of North America.

I hope that you will all, if you've been moved by this presentation, join with the growing international community to get Canada to step up to its responsibilities, to convince Canada to go back to being a climate change champion instead of a climate change villain, and to say no to the tar sands, and yes to a clean energy future for all. Thank you so much.

(Applause)

The world's largest/ and most devastating/ environmental and industrial project is situated in the heart of the largest and most intact forest/ in the world,/ Canada's boreal forest.//

世界で最大かつ最も環境破壊的な 産業プロジェクトが 世界で最大の手つかずの森 カナダの亜寒帯森林のど真ん中で 進んでいます

It stretches right/ across northern Canada,/ in Labrador,/ it's home/ to the largest remaining wild caribou herd/ in the world,/ the George River caribou herd,/ numbering approximately 400,000 animals.//

そこはラブラドール半島内で カナダ北部をまっすぐに横断し広がっており そこは 世に現存する野生カリブー ジョージ河のカリブー群の生息地であり その数およそ40万頭になります

Unfortunately,/ when I was there/ I couldn't find one of them,/ but you have the antlers/ as proof.//

運悪く滞在中 一群に遭遇出来ませんでしたが カリブーの角が証拠です

All/ across the boreal,/ we're blessed with this incredible abundance of wetlands.//

亜寒帯一帯では驚嘆すべき 湿地帯の豊かさを実感できます

Wetlands globally are one of the most endangered ecosystems.//

湿地帯は地球規模で 最も危機に瀕している生態系のひとつです

They're absolutely critical ecosystems,/ they clean air,/ they clean water,/ they sequester large amounts of greenhouse gases,/ and they're home/ to a huge diversity of species.//

それは 何ものにも代え難い 生態系であり 空気を浄化し 水を浄化し 大量の温室効果ガスを取り込みます そこは極めて多種多様な種の 生息地なのです

In the boreal,/ they are also the home/ where almost 50 percent of the 800 bird species found in North America migrate north/ to breed and raise their young.//

亜寒帯はまた 北米で見られる800種類の鳥類の 約半数の鳥たちの生息地でもあり 亜寒帯に渡って産卵し 子育てをします

In Ontario,/ the boreal marches down south/ to the north shore of Lake Superior.//

オンタリオ州では 亜寒帯は南方に下り スペリオル湖の北岸に達しています

And/ these incredibly beautiful boreal forests were the inspiration/ for some of the most famous art/ in Canadian history,/ the Group of Seven were very inspired by this landscape,/ and so/ the boreal is not just a really key part of our natural heritage,/ but also/ an important part of our cultural heritage.//

この驚嘆すべき 美き亜寒帯森林は カナダ史上の著名な芸術の インスピレーションの源で グループ・オブ・セブンは この風景に強く感化されました ですから 亜寒帯は自然遺産にとって 非常に重要な役割を担うだけでなく 私たちの文化遺産にとっても 重要な役割も担っています

In Manitoba,/ this is an image/ from the east side of Lake Winnipeg,/ and this is the home of the newly designated UNESCO Cultural Heritage site.//

マニトバ州ウィニペグ湖の 東側の写真です ユネスコ世界文化遺産に 新たに指定された場所です

In Saskatchewan,/ as across all of the boreal,/ home/ to some of our most famous rivers,/ an incredible network of rivers/ and lakes/ that every school-age child learns about,/ the Peace,/ the Athabasca,/ the Churchill here,/ the Mackenzie,/ and these networks were the historical routes/ for the voyageur/ and the coureur des bois,/ the first non-Aboriginal explorers of northern Canada/ that,/ taking from the First Nations people,/ used canoes/ and paddled to explore/ for a trade route,/ a Northwest Passage/ for the fur trade.//

サスカチュワン州では 亜寒帯全域に渡って カナダの有名な河川が 流れる出る場所です 河川と湖が作る 驚異のネットワークが形成されていて 小学校で教わる ピース川、アサバスカ川 チャーチル川、マッケンジー川があります この河川ネットワークは 旅行者や猟師 即ち 最初にカナダ北部を探検した 非原住民たちが カナダ先住民から学び取り カヌーで川を漕ぎ進んで 交易路を開拓しました それが毛皮交易の「北西航路」です

In the North,/ the boreal is bordered by the tundra,/ and just/ below that,/ in Yukon,/ we have this incredible valley,/ the Tombstone Valley.//

北部は 亜寒帯地帯はツンドラと接しており そのちょうど南のユーコン準州には 素晴らしい渓谷 トゥームストーン渓谷があります

And/ the Tombstone Valley is home to the Porcupine caribou herd.//

トゥームストーン渓谷は ポーキュパイン・カリブー群の生息地です

Now/ you've probably heard about the Porcupine caribou herd/ in the context of its breeding ground/ in Arctic National Wildlife Refuge.//

ポーキュパイン・カリブー群については 北極野生生物国家保護区が 繁殖地である事で有名です

Well,/ the wintering ground is also critical/ and it also is not protected,/ and is potentially,/ could be potentially,/ exploited for gas and mineral rights.//

それで 越冬地が危機に瀕していて ここも保護されていません そのため もしかしたら 天然ガスと鉱物採掘権に 奪われてしまうかもしれません

The western border of the boreal/ in British Columbia is marked by the Coast Mountains, and on the other side of those mountains is the greatest remaining temperate rainforest/ in the world,/ the Great Bear Rainforest,/ and we'll discuss/ that in a few minutes/ in a bit/ more detail.//

ブリティッシュ・コロンビア州の亜寒帯の西側は コースト山脈があり その山脈の反対側には 現存する世界最大の温帯性雨林 グレート・ベア温帯雨林があります 現存する世界最大の温帯降雨林 グレート・ベア温帯雨林があります これについては後ほど 少し詳しくお話しましょう

All/ across the boreal,/ it's home/ for a huge incredible range of indigenous peoples,/ and a rich and varied culture.//

そこは 亜寒帯全域に渡って 多種多様な先住民族と 豊かで多様な文化を育む地です

And I think/ that one of the reasons/ why so many of these groups have retained a link/ to the past,/ know their native languages,/ the songs,/ the dances,/ the traditions,/ I think part of that reason is because of the remoteness,/ the span and the wilderness of this almost 95 percent intact ecosystem.//

そして 私が思うに こうした民族の非常に多くが 過去との繋がりを大切にして 母国語や 歌や踊りや伝統について知ります その理由は そこが辺境の地で 95パーセントの手つかずの生態系からなる 原野があるからです

And I think particularly now,/ as we see ourselves/ in a time of environmental crisis,/ we can learn so much/ from these people/ who have lived so sustainably/ in this ecosystem/ for over 10,000 years.//

私は思うのです 私達が環境危機の時代に 生きている故に この生態系の中で持続可能な生活を 一万年以上続けてきた彼らから 多くを学び取れるのです

In the heart of this ecosystem is the very antithesis of all of these values/ that we've been talking about,/ and I think/ these are some of the core values/ that make us proud/ to be Canadians.//

この生態系の中心は 私達の持っている価値観と 全く正反対のものです それがカナダ人であることを誇れる事の 理由であると思うのです

This is the Alberta tar sands,/ the largest oil reserves/ on the planet outside of Saudi Arabia.//

これがアルバータ州のオイルサンドです サウジアラビアを除けば 地球最大規模の石油埋蔵量を誇ります

Trapped/ underneath the boreal forest and wetlands of northern Alberta are these vast reserves of this sticky, tar-like bitumen.//

この粘稠なタールのような瀝青が アルバータ州北部の亜寒帯林と湿地帯に 大量に埋蔵されています

And the mining/ and the exploitation of that is creating devastation/ on a scale/ that the planet has never seen before.//

この採掘と開発が 前代未聞のスケールで 環境破壊を促しています

I want to try to convey/ some sort of a sense of the size of this.//

これがどれ位の規模かということを 実感してもらいたいと思います

If you look at that truck there,/ it is the largest truck of its kind of the planet.//

このトラックをご覧ください これは地球上で最も巨大なトラックです

It is a 400-ton-capacity dump truck/ and its dimensions are 45 feet long/ by 35 feet wide/ and 25 feet high.//

積載容量400トンのダンプカーで 全長約14メートル 車幅11メートル 車高は8メートルです

If I stand beside/ that truck,/ my head comes to/ around the bottom of the yellow part of that hubcap.//

私がこのトラックの横に立つと 私の頭はだいたい 黄色いホイールキャップの下あたりです

Within the dimensions of that truck,/ you could build a 3,/ 000-square-foot two-story home quite easily.// I did the math.//

このトラックの大きさは 90坪近くの二階建て住宅を 軽々と建てられます

So instead of/ thinking of that/ as a truck,/ think of that/ as a 3,/ 000-square-foot home.//

ですから これをトラックだと考えずに 90坪の家だと考えて下さい

That's not a bad size home.//

わりと広めの家ですね

And line/ those trucks/homes back and forth/ across there/ from the bottom/ all the way/ to the top.//

これらのトラックを線で結んでみると こんな感じに 下から上へ

And then think of how large/ that very small section of one mine is.//

こう見ると 一つの油田の小さい区画が いかに広大かがわかります

Now,/ you can apply/ that same kind of thinking here/ as well.//

同じ発想でこれを見てください

Now,/ here/ you see --/ of course,/ as you go further on,/ these trucks become like a pixel.//

そうご覧の通り 当然 遠くから見ると トラックは米粒みたいなものです

Again,/ imagine those all back and forth there.//

もう一度 これら全部について考えてください

How large is/ that one portion of a mine?//

この鉱場ひとつ分の大きさは どれくらいでしょう?

That would be a huge, vast metropolitan area,/ probably much larger/ than the city of Victoria.//

それは巨大な大都市地域に 匹敵する大きさで おそらくヴィクトリア市を はるかに上回る広さです

And this is just one of a number of mines,/10 mines so far right now.//

これは数ある採掘場のうちの 一つに過ぎません 現在 採掘場は10ヶ所あります

This is one section of one mining complex,/ and there are about another 40 or 50/ in the approval process.//

これは1つのコンビナートの 一区域ですが そのほかに約40~50が 認可の手続き中です

No tar sands mine has actually ever been denied approval,/ so it is essentially a rubber stamp.//

これまでタールサンド鉱場が 否認された事例はありません 基本的に吟味されずに 認可されているのです

The other method of extraction is/ what's called the in-situ.//

別の石油抽出の方法として インシチュー採収法があります

And here,/ massive amounts of water are super-heated/ and pumped through the ground,/ through these vasts networks of pipelines,/ seismic lines,/ drill paths,/ compressor stations.//

このように 大量の水が 超高温状態で地下に注入され この巨大なパイプラインのネットワーク 地震測線、掘削路、圧縮ステーションへと行き渡ります

And/ even though this looks maybe not quite as repugnant/ as the mines,/ it's even more damaging/ in some ways.//

これは採掘場ほどは ひどくなさそうに見えまますが ある面では より大きな被害を与えています

It impacts and fragments a larger part of the wilderness,/ where there is 90 percent reduction of key species,/ like woodland caribou and grizzly bears,/ and it consumes even more energy,/ more water,/ and produces at least as much greenhouse gas.//

大部分の原野に 影響と崩壊をもたらし ウッドランド・カリブーや グリズリー・ベアのような主要種が90%減少し さらに多くの エネルギーと 水を消費し 少なくとも同量の 温室効果ガスを排出しています

So these in-situ developments are at least as ecologically damaging as the mines.//

インシチュー採収法による 開発は少なくとも 採掘場と同じくらい 生態学的に悪影響があります

The oil produced from either method produces more greenhouse gas emissions/ than any other oil.//

どちらの方法で生産されたとしても 他のどんなオイルよりも 多くの温室効果ガスを排出します

This is one of the reasons/ why it's called the world's dirtiest oil.//

これが 世界で最も汚いオイルと 呼ばれている理由の一つです

It's also/ one of the reasons/ why it is the largest and fastest-growing single source of carbon/ in Canada,/ and it is also a reason/ why Canada is now number three/ in terms of producing carbon/ per person.//

また カナダで最大かつ最速に増えている 一つの炭素排出源である理由も ここにあります 今やカナダが一人当たり炭素排出量で 世界第三位である理由もこれです

The tailings/ ponds are the largest toxic impoundments/ on the planet.//

尾鉱沈殿池は 地球上で最大の有毒な貯水池です

Oil sands --/ or rather/ I should say tar sands --/ "oil sands"/ is a P.R.-created term/ so that the oil companies wouldn't be trying to promote/ something/ that sounds like a sticky tar-like substance/ that's the world's dirtiest oil.//

オイルサンド ― いやむしろタールサンドと言うべきです 「オイルサンド」は宣伝用に作られて言葉で 石油会社が販促しているのが ねばねばした タールのような物質みたいで 世界で最も汚いオイルだと 思われないようにするためです

So/ they decided to call/ it/ oil sands.//

それでオイルサンドと呼ぶことにしたのです

The tar sands consume more water/ than any other oil process,/three to five barrels of water are taken,/ polluted/ and then returned into tailings ponds,/ the largest toxic impoundments/ on the planet.//

タールサンドは他のどんな精油方法よりも たくさんの水を消費し 480~790リットルの水を使い 汚染し 最大規模の有毒な貯水池である 尾鉱沈殿池に戻します

SemCrude,/ just one of the licensees,/ in just one of their tailings ponds,/ dumps/ 250,000 tons of this toxic gunk/ every single day.//

セムクルード社は認可を持った会社の一つですが 尾鉱沈殿池にたった一つで 毎日25万トンの有毒な汚物を廃棄しています

That's creating the largest toxic impoundments/ in the history of the planet.//

こうして地球史上最大の有毒な貯水池が 作り出されているのです

So far,/ this is enough toxin/ to cover the face of Lake Eerie/ a foot deep.//

今のところ 有毒物質の量は エリー湖の湖面を 30センチの深さで覆うほどです

And the tailings ponds range/ in size up/ to 9,000 acres.//

尾鉱沈殿池は9,000エーカーにまで達しています

That's two-thirds/ the size of the entire island of Manhattan.//

マンハッタン島全体の 三分の二に相当する大きさです

That's like from Wall Street/ at the southern edge of Manhattan up/ to maybe 120th Street.//

例えばマンハッタン南端のウォール街から おそらく120番街までに至るほどの広さです

So/ this is an absolutely --/ this is one of the larger tailings ponds.//

ですから 間違いなく これは最大級の尾鉱沈殿池なのです

This might be,/ what?// I don't know,/ half the size of Manhattan.//

これってどうです? マンハッタン島の半分なんですよ

And you can see in the context,/ it's just a relatively small section of one of 10 mining complexes/ and another 40/ to 50/ on stream/ to be approved soon.//

そして お分かりのように これは比較的小さい区画で 10個の採掘場複合企業の一つに過ぎず 40~50個がすぐに承認される運びになっているのです

And of course,/ these tailings ponds --/ well,/ you can't see many ponds/ from outer space/ and you can see these,/ so maybe/ we should stop calling/ them/ ponds --/ these massive toxic wastelands are built unlined and on the banks of the Athabasca River.//

当然 尾鉱沈殿池というのは ― 多くの場合 大気圏外からは見えませんが これは見えるのです これを池と言うのはやめるべきです こんな大規模で 有害な不毛の地が 孤立した状態で アサバスカ川の岸辺に作られています

And/ the Athabasca River drains downstream/ to a range of Aboriginal communities.//

そして アサバスカ川の下流は 先住民のコミュニティの範囲へ達しています

In Fort Chippewa,/ the 800 people there,/ are finding toxins/ in the food chain,/ this has been scientifically proven.//

800人が住むフォート・チペワ村で 食物連鎖の中に 有害物質が発見され これは科学的に証明されました

The tar sands toxins are in the food chain,/ and this is causing cancer rates/ up to 10 times/ what they are in the rest of Canada.//

タールサンドの毒は食物連鎖の中にあって 癌の発生率を カナダの他の地域よりも10倍にしてます

In spite of that,/ people have to live,/ have to eat/ this food/ in order to survive.//

それでも 人々は そこで生活せざるを得ず 生き残るために この食べ物を口にせざるを得ないのです

The incredibly high price of flying food/ into these remote Northern Aboriginal communities/ and the high rate of unemployment makes this an absolute necessity/ for survival.//

この辺鄙な北方の先住民の村に 空輸される食料が 恐ろしく高価なことと 高い失業率が原因で 生きるために 仕方なくやっているのです

And not/ that many years ago,/ I was lent a boat/ by a First Nations man.//

何十年も前の話では無いですが 先住民族の男性からボートを借りました

And he said,/ "When you go out/ on the river,/ do not under any circumstances eat the fish.//

彼は言いました「川に出たら 絶対に魚を食べてはいけないよ

It's carcinogenic."//

発癌性物質を含んでいるから」

And yet,/ on the front porch of that man's cabin,/ I saw four fish.// He had to feed/ his family/ to survive.//

でも その男の小屋の玄関には 4匹の魚がありました 家族を餓死させないために 食料として食べていたのです

And as a parent,/ I just can't imagine/ what/ that does to your soul.//

一人の親として これがどれほど皆さんの 心を痛めるかは想像に絶えません

And that's/ what we're doing.//

そう 私達がやっていることは そういうことなんです

The boreal forest is also perhaps/ our best defense/ against global warming and climate change.//

亜寒帯雨林はまた 地球温暖化と気候変動を防ぐための おそらく最善の防御物です

The boreal forest sequesters/ more carbon/ than any other terrestrial ecosystem.//

亜寒帯雨林は他のどんな地上の生態系よりも 二酸化炭素を吸蔵しています

And this is absolutely key.//

そしてこれが 絶対的な鍵なのです

So/ what we're doing/ is,/ we're taking/ the most concentrated greenhouse gas sink,/ twice as much greenhouse gases are sequestered in the boreal/ per acre/ than the tropical rainforests.//

私達が行っていることは 温室効果ガスの吸収源を それも 熱帯雨林よりも1エーカー辺り 2倍も温室効果ガスを封鎖している亜寒帯を

And what we're doing/ is we're destroying this carbon sink,/ turning it/ into a carbon bomb.//

その二酸化炭素吸収源を破壊し 二酸化炭素爆弾に作り替えようとしているのです

And we're replacing/ that with the largest industrial project/ in the history of the world,/ which is producing the most high-carbon greenhouse gas/ emitting oil/ in the world.//

私達はそれを 歴史上最大の産業プロジェクトで 最大の高炭素温室効果ガスを排出するオイルを 生産してしまっているのです

And we're doing/ this/ on the second largest oil reserves/ on the planet.//

それを地球上で二番目に大きな 石油埋蔵地で行っているのです

This is one of the reasons/ why Canada,/ originally/ a climate change hero --/ we were one of the first signatories of the Kyoto Accord.//

これが原因の一つになって 本来気候変動の優等生であるカナダ 京都議定書で最初の調印国の一つである私達が

Now/ we're the country/ that has full-time lobbyists/ in the European Union and Washington,/ D.C./ threatening trade wars/ when these countries talk about wanting to bring in/ positive legislation/ to limit the import of high-carbon fuels,/ of greenhouse gas emissions,/ anything/ like this,/ at international conferences,/ whether they're in Copenhagen or Cancun,/ international conferences/ on climate change,/ we're the country/ that gets the dinosaur award/ every single day/ as being the biggest obstacle/ to progress on this issue.//

今や フルタイムのロビイストを E.U.やワシントンD.C.で雇って 特にこうした国々が話し合いで 高炭素燃料や温室効果ガス排出の 規制を積極的に持ち込もうとするときに 貿易戦争を威嚇するのです このような国際会議において コペンハーゲンであれ カンクンであれ 気候変動の国際会議において 私達は扱いにくい大賞を毎度得ているので この問題を発展させるための 最大の障害となっています

Just 70 miles downstream is the world's largest freshwater delta,/ the Peace-Athabasca Delta,/ the only one/ at the juncture of all four migratory flyways.//

ちょうど112kmほど下流に 世界一大きな淡水の三角州 ピース・アサバスカデルタがあり 四方から渡り鳥がやってくる唯一の交差点です

This is a globally significant wetland,/ perhaps/ the greatest/ on the planet.//

ここは地球規模で重要な湿地帯で 多分地球上で最大です

Incredible habitat/ for half the bird species/ you find in North America,/ migrating here.//

北米で見られる半数の鳥類にとって 欠くことのできない住処です

And also/ the last refuge/ for the largest herd of wild bison,/ and also,/ of course,/ critical habitat/ for another whole range of other species.//

そして野牛の最大の群れにとっての 最後の隠れ家でもあり 他の種目にとっても 重要な生息地なのです

But it too is being threatened by the massive amount of water/ being drawn from the Athabasca,/ which feeds these wetlands,/ and also/ the incredible toxic burden of the largest toxic unlined impoundments/ on the planet,/ which are leaching in to the food chain/ for all the species downstream.//

しかし そこもアサバスカから出る 大量の水の脅威にさらされており この湿地帯を潤しつつ 同時に地球上で最大の有毒な孤立貯水池の 恐ろしい有毒物質を運び あらゆる種目の末端に及ぶ食物連鎖へと 侵出しているのです

So as bad/ as all that is,/ things are going to get/ much worse,/ much,/ much worse.//

これだけひどい状況ですが 事態は益々ひどくなっています

This is the infrastructure/ as we see it about now.//

こちらは今日話した事の基礎構造です

This is/ what's planned for 2015.//

これは2015年の計画です

And you can see here/ the Keystone Pipeline,/ which would take/ tar sands raw down to the Gulf Coast,/ punching a pipeline/ through the heart,/ the agricultural heart of North America,/ of the United States,/ and securing the contract/ with the dirtiest fuel/ in the world/ by consumption of the United States,/ and promoting a huge disincentive/ to a sustainable clean energy future/ for America.//

これはキーストーン州にある 非精製のタールサンドを メキシコ湾岸にまで運ぶ パイプラインで 北アメリカの農業の中心部を突き抜け アメリカ合衆国が 世界で最も汚い燃料を使う契約を確保し アメリカの持続可能なクリーンエネルギーの未来に 多大な影を落としています

Here/ you see the route/ down the Mackenzie Valley.//

これはマッケンジー渓谷へ下るルートです

This would put a pipeline/ to take natural gas/ from the Beaufort Sea/ through the heart of the third largest watershed basin/ in the world,/ and the only one/ which is 95 percent intact.//

これは天然ガスを送るパイプラインになる予定で ボーフォート海から天然ガスを得て 世界で三番目に大きい 水嶺の盆地の中心を通過します そこは95%手付かずの唯一の場所です

And building a pipeline/ with an industrial highway would change forever/ this incredible wilderness,/ which is a true rarity/ on the planet today.//

産業用高速道路を使った パイプラインの建設は この素晴らしい原生林 を永久に変えてしまいます そこは今日この地球上では本当に希少な所なのです

So the Great Bear Rainforest is just over the hill there,/ within a few miles/ we go from these dry boreal forests of 100-year-old trees,/ maybe/ 10 inches across,/ and soon/ we're in the coastal temperate rainforest,/ rain-drenched,1, 000-year-old trees,/20 feet across,/ a completely different ecosystem.//

グレート・ベア温帯雨林の丘を超えると 数キロにわたって 直径25センチほどの 樹齢100年の樹木に囲まれています すぐそばにある海岸沿いの温帯性雨林には 雨で濡れた直径50センチの 樹齢千年の樹木が並んでいます そこには全く違う生態系があるのです

グレート・ベア温帯雨林一般的には 世界最大の海岸沿いにある 温帯性雨林生態系だと言われています

Some of the greatest densities of,/ some of the most iconic and threatened species/ on the planet,/ and yet/ there's a proposal,/ of course,/ to build a pipeline to take huge tankers,/10 times the size of the Exxon Valdez,/ through some of the most difficult to navigate waters/ in the world,/ where only just a few years ago,/ a B.C. ferry ran aground.//

この場所には地球上の象徴的で 絶滅の危機にさらされている種が密集しています しかし そこには パイプライン建造の計画があります エクソン・バルディーズの 10倍の大きさの巨大タンカーを ほんの数年前までB.C.フェリーが往来していた 世界で最も航海が困難と言われる所に 運搬しようとしています

When one of these tar sands tankers,/ carrying the dirtiest oil,/10 times as much/ as the Exxon Valdez,/ eventually hits a rock/ and goes down,/ we're going to have/ one of the worst ecological disasters/ this planet has ever seen.//

このタールサンドの タンカーの1つが 最も汚れたオイルを エクソン・バルディーズの10倍の量で運び 最後に岩に座礁して沈没したとしたら この地球上で未だかつてない 生態系の最悪の惨事を招きます

And here/ we have the plan/ out/ to 2030.//

これは2030年までの計画です

What they're proposing/ is an almost four-times increase/ in production,/ and that would industrialize an area/ the size of Florida.//

彼らは生産量を およそ4倍にして フロリダ州サイズに地域を 産業化しようと企んでいます

In/ doing so,/ we'll be removing a large part of our greatest carbon sink/ and replacing it/ with the most high greenhouse gas emission oil/ in the future.//

それはつまり 最大の温室効果ガスの 吸収源を破壊して 最高濃度の温室効果ガスを 排出するオイルに変えるというこです

The world does not need any more tar mines.//

世界はこれ以上の タール採掘場を必要としていませんし

The world does not need any more pipelines/ to wed our addiction/ to fossil fuels.//

人々を化石燃料中毒にするような これ以上のパイプラインを必要としていません

And the world certainly does not need the largest toxic impoundments/ to grow and multiply/ and further threaten the downstream communities.//

更に最大の有毒な貯水池が大きく増殖し 下流の住民に脅威となることを 絶対に望んでいません

And let's face/ it,/ we/ all live downstream/ in an era of global warming and climate change.//

皆さん 目を背けないでください 私達は地球温暖化と気候変動の 真っ只中にいるのです

What we need,/ is we/ all need to act/ to ensure/ that Canada respects the massive amounts of freshwater/ that we hold in this country.//

私達に必要なのは行動する事 カナダが豊富な淡水を有している事を 誇るようにする事です

We need to ensure/ that these wetlands and forests/ that are our best and greatest and most critical defense/ against global warming are protected,/ and we are not releasing/ that carbon bomb/ into the atmosphere.//

私達は この湿地帯と森林こそが 地球温暖化を防ぐための 最善で最高で最重要な 防御であると心に銘記すべきです 大気圏に炭素爆弾を放つようなことしてはなりません

And we need to all gather together/ and say no/ to the tar sands.//

そして 私達が一丸となって タールサンドにノーと言うべきです

And we can do that.// There is a huge network all/ over the world/ fighting to stop/ this project.//

それは可能です 巨大ネットワークがあって このプロジェクト中止のために戦っています

And I quite simply think/ that this is not something/ that should be decided just/ in Canada.//

単純に考えて これは カナダ一国で決めるべきことではありません

Everyone/ in this room,/ everyone/ across Canada,/ everyone/ listening to this presentation has a role/ to play and,/ I think,/ a responsibility.//

この会場にいる皆さん カナダ中の人々 このプレゼンテーションを聞いている 皆さんにも 役割と責任があるはずです

Because what we do/ here is going to change/ our history,/ it's going to color/ our possibility/ to survive,/ and for our children to survive and have a rich future.//

なぜならここでの行動は 私達の歴史を変えることになり 私達が生き残る可能性 そして私達の子供が生き残る可能性 そして豊かな未来の青写真を変えることになります

We have an incredible gift/ in the boreal,/ an incredible opportunity to preserve our best defense/ against global warming,/ but we could let that slip away.//

亜寒帯一帯という かけがえのない宝物が 最善の温暖化の防御を 保護する機会があるのに 私達はそれを 失おうとしているのです

The tar sands could threaten not just a large section of the boreal.//

タールサンドは亜寒帯一帯の大部分に 脅威を与えるだけでないのです

It compromises the life and the health of some of our most underprivileged and vulnerable people,/ the Aboriginal communities/ that have so much/ to teach/ us.//

それが破壊しているのは 恵まれないもろい人々 つまり 私達が教わるべき多くのことを持つ 先住民族の命と健康なのです

It could destroy the Athabasca Delta,/ the largest and possibly greatest freshwater delta/ in the planet.//

それはアサバスカ・デルタ ― 最大かつ最高の淡水三角州を 破壊してしまいます

It could destroy the Great Bear Rainforest,/ the largest temperate rainforest/ in the world.//

それはグレート・ベア温帯雨林を ― 世界中で最大の温帯性雨林を 破壊してしまいます

And it could have huge impacts/ on the future of the agricultural heartland of North America.//

そして北米の中央穀倉地帯に 多大な影響を与えることになります

I hope/ that you will all,/ if you've been moved by this presentation,/ join/ with the growing international community to get Canada to step up to its responsibilities,/ to convince Canada to go back/ to being a climate change champion/ instead of/ a climate change villain,/ and to say no/ to the tar sands,/ and yes/ to a clean energy future/ for all.//

もしこのプレゼンテーションで 心動かされるものあったら 是非 国際的活動をしている コミュニティに加わって カナダがさらに責任をもって カナダが気候変動の悪党ではなくて 気候変動のチャンピオンに返り咲き そしてタールサンドにノーと言い 全員のクリーンエネルギーの未来に イエスと言うようさせましょう

Thank/ you so much.//

ありがとうございました

(拍手)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

environmental

環境の;自然環境の

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

situate

(ある場所に)…‘を'置く,位置させる

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

intact

手をつけない,損なわれない

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

boreal

北風の

北の,北方の

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

Labrador

ラブラドル半島(カナダ北東部)

ラブラドル地方

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

caribou

(北米産の)トナカイ

herd

(動物の)『群れ』《+『of』+『名』》

《軽べつして》[the ~] 民衆,下層民《a herdとして》大ぜい(の…)《+『of』+『名』》

〈人・動物〉‘を'集める

〈牛・羊など〉‘の'番をする

集まる,群がる

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

antler

(シカの)枝角(えだづの)

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

abundance

(あり余るほど)『たくさん』,『豊富』;《an~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

endangered

危険にさらされた

(動・植物が)絶滅寸前の

ecosystem

生態系

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

sequester

…‘を'隔離する;…‘を'隠退させる

〈財産なじ〉‘を'押収する

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

greenhouse

温室

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

breed

〈動物が〉『子を生む』,繁殖する

〈物事が〉生ずる,越こる

(新種の育成,品種改良などのために)〈家畜〉‘を'『詞育する』,〈植物〉‘を'『育てる』

…‘を'『生む』,『生じさせる』

〈子供など〉‘を'育てる,しつける

(動植物の改良された)『品種』,血統

種類

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

Ontario

オンタリオ州(カナダ南部の州;州都はToronto;{略}『Ont.』)

オンタリオ湖(『Lake』~;ニューヨーク州とカナダのオンタリオ州の間にある大五湖(the Great Lakes)の最小の湖)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

shore

〈C〉(海・湖・河の)『岸』,海岸,湖畔,河岸・〈U〉陸・《しばしば複数形で》地方,国(country)

Superior

スペリオル湖(lake~;北米五大湖中で最北最大のもの)

incredibly

信じられないほど

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

Canadian

『カナダの;カナダ人の』

『カナダ人』

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

heritage

世襲財産

祖先から伝えられたもの,(有形・無形の)遺産,伝統

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

Winnipeg

ウイニペグ(カナダ南部 Manitoba 州の州都)

newly

『最近』,近ごろ

『新たに』,再び

designate

…‘を'『指摘する』,示す,明示する

(…と)〈人・物〉‘を'呼ぶ,称する《+『名』[+『as』]+『名』》

(任務・官職・目的などに)〈人〉‘を'指名する,任命する

(まだ就任していないが,ある役職に)任命(指名)された

UNESCO

ユネスコ,国際連合教育・科学・文化機構

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

Churchill

チャーチル(Sir Winston church・ill;1874‐1965;英国の政治家・著作家)

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

explorer

探検家

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

canoe

『カヌー』,丸木舟

カヌーで行く

〈湖など〉'を'カヌーで渡る

〈物〉'を'カヌーで運ぶ

paddle

パドル(カヌーなどをこぐ短く幅の広いかい)

(ピンポンなどの)ラケット

(かき混ぜたり打ったりする)へら状の道具

(アヒルの)水かき

〈カヌーなど〉‘を'かいでこぐ

《話》〈人,人のおしりなど〉‘を'へら棒で打つ,平手で打つ

かいでこぐ

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

northwest

〈U〉《the~》『北西』(《略》『NW,N.W.』)

《the~》北西地域,北西部;《the N-》米国北西部[地方](特にIdaho,Oregon,Washington州を含む)

北西へ向かう

(風が)北西からの

北西へ(に)

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

fur

〈U〉(ウサギ・ミンク・キツネなどの柔らかな)『毛皮』

《集合的に》柔らかな毛をした動物

〈C〉《しばしば複数形で》(外とう・えり巻きなどの)『毛皮製品』;(服装用の)毛皮

〈U〉(舌にできる)舌ごけ

〈U〉(やかんなどにつく)湯あか

〈衣服〉‘に'毛皮の裏(へり)をつける

〈舌〉‘に'舌ごけをつける

〈やかんなど〉‘に'湯あかをつける

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

tundra

(シベリアなどの)凍土帯,ツンドラ

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

Yukon

ユーコン州(カナダ西北部の州)

《the~》ユーコン川(カナダ西北部から Alaska を貫流して Bering 海に注ぐ)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

tombstone

墓石,墓碑

porcupine

ヤマアラシ(全身に鋭いとげ状の毛を持つ小動物)

probably

『たぶん』,『おそらく』

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

breeding ground

養育場,詞育所

(特に野生動物の)繁殖地

(しばしば悪いことが)発生する所

arctic

『北極の』

極寒の(frigid)

〈U〉《the A-》北極(地方)

《複数形で》《米》(くるぶしの上までくる)防水靴

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

wildlife

野生生物(特に野生動物)

refuge

〈U〉(…からの)『避難』,保護《+『from』+『名』》

〈C〉(…からの,…のための)『避難所』,保護する場所《+『from』(『for』)+『名』》

〈C〉助け(慰め)となる人物(物)

《英》 = safety island

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

exploit

英雄的行為,めざましい功績,偉業

〈鉱山・資源など〉‘を'『開発する』;〈機会など〉‘を'活用する

…‘を'食いものにする,搾取する

mineral

(動植物に対して)『無機物』

『鉱物』,鉱石

《複数形で》《英》炭酸水,清涼飲料(mineral water)

鉱物の,鉱物質を含む

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

British Columbia

ブリティッシュコロンビア(カナダ西部,太平洋岸の州;州都Victoria)

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

temperate

(行動が)『節度のある』,節制のある

(土地・気候などが)『温和な』,温暖な

rainforest

熱帯雨林

雨林、降雨林、多雨林

Great Bear

=Ursa Major

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

indigenous

固有の,土着の,生まれながらの

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

varied

『さまざまな』,いろいろな

変化のある,変転する

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

wilderness

《the wilderness》《古》『荒れ地』,荒野

〈C〉果てしない広がり

《a wilderness》多数,無数(の…)《+of+名》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

antithesis

〈U〉(…と)正反対,対照《+『of(to)』+『名』》

〈C〉(…と)正反対の事(物),対立物《+『of』+『名』》

(修辞学で)〈U〉対照法;〈C〉対句(意味の相対する句)

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

tar

タール(石炭・木材を乾留するとできる黒い溶液で,coal tarはこの一種)

…‘に'タールを塗る

sand

〈U〉『砂』

《複数形で》砂地,砂浜,砂漠

《複数形で》時刻,時間

…‘を'砂(紙やすり)で磨く《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

〈道路など〉‘に'砂をまく

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

planet

『惑星』,遊星

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

Saudi Arabia

サウジアラビア(中央アラビアの王国;首都はRiyadh)

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

sticky

ねばねばした

接着剤のついた

(天候が)蒸し暑い

《話》(物が)扱いにくい,(人が)気むずかしい

bitumen

瀝青(れきせい)(天然の炭化水素化合物の総称)

mining

採鉱,鉱業

地雷(機雷)の敷設

鉱山の,採鉱の

exploitation

(鉱山・資源などの)開発;活用《+『of』+『名』》

(…の)利己的な利用,(労働などの)搾取《+『of』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

devastation

荒らすこと,荒廃;荒廃した様子;惨状

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

convey

(…に)…'を'『運ぶ』,運搬する《+『名』+『to』+『名』》

〈思想・意味など〉'を'伝達する

(…に)〈財産など〉'を'正式に譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

dump truck

ダンプカー

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

beside

《位置・場所》…『のそばに』,のわきに,の横に

…と比較して(compared with)

(要点など)をはずれて(apart from)

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

hubcap

(自動車の車輪についている金属製の)ホイールキャップ

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

instead

『その代りとして』,それよりも

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

portion

(…の)『部分』,一部分《+『of』+『名』》

(…の)分け前,割り当て(share)《+『of』+『名』》

(『食物の』)『1人前』,一盛り,1杯《+『of』+『名』》

《単数形》《おもに文》運命,定め

(人に)…‘を'分ける,分割する,分配する《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『between』(『among』)+『名』〈人〉》

metropolitan

首都の,首都に似た,首都に属する

大都市とその周辺地域より成る(を講成する)

首都の住民,大都市の人

《しばしばM-》(東方教会の)府主教;(カトリック教会の)首都大司教;(英国国教会の)大主教

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

Victoria

ビクトリア女王(Queen Victoria(1837‐1901);1819‐1901)

ビクトリア湖(Lake Victoria;アフリカ大陸中央東部の湖でナイル川の源901)

オーストラリア南東部の州

Hong Kong の主都

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

approval

(…に対する)『賛成』,是認《+『to』+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

deny

…‘を'『否定する』,否認する

《『deny』+『名』+『名』=『deny』+『名』+『to』+『名』》〈人・自分〉‘に'…‘を'与えない(許さない)

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

rubber

(またIndia rubber)〈U〉ゴム

《複数形で》《米》オーバーシューズ(靴の上にはくゴムの防水靴);《英》(ロッククライミング用の)スニーカー

〈C〉《英》ゴムの製品,消しゴム

〈C〉こする物

〈C〉マッサージ師

〈C〉《米俗》コンドーム

ゴム製の

stamp

〈地面・床など〉‘を'『踏みつける』;〈足〉‘を'踏み鳴らす;…‘を'踏みにじる,踏みつぶす

…‘に'『印』(『判』)『を押す』;(印などを)…‘に'押す《+『名』+『with』+『名』〈印〉》;(…に)〈印など〉‘を'押す《+『名』〈印〉+『on』+『名』》

《しばしば受動態で》(印象などを)〈心など〉に刻みつける《+『名』+『with』+『名』〈印象〉》;(心などに)〈印象など〉‘を'刻みつける《+『名』〈印象〉+『on』(『in』)+『名』》

…‘に'切手(印紙)をはる

(…であると)〈事が〉〈人〉‘を'はっきり示す《+『名』〈人〉+『as』+『名』(『形』)〈補〉》

…‘を'押しつぶす,粉砕する;…‘を'粉々にして(…に)する《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

踏みつける,足を踏み鳴らす;足を踏み鳴らして歩く

〈C〉『切手』(postage stamp),[収入]印紙,証紙

〈C〉『判』,印章;押し型,抜き型

〈C〉(判・押し型などで押した)印,スタンプ,消し印,検印

〈U〉特質,特徴,印

〈U〉種類,型

〈C〉足踏み,踏みつけること,じだんだ

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

extraction

〈U〉〈C〉引き出すこと,抜き取ること,摘出

〈C〉引き出されたもの,抜き取られたもの,抽出物,エキス;抜粋

〈U〉生まれ,皿統

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

pipeline

(石油・ガスなどの)輪送パイプ

《米》情報ルート

〈石油など〉‘を'パイプラインで運ぶ

seismic

地震の,地震によって生ずる

drill

〈C〉『きり』,『ドリル』,穴あけ機

〈U〉練兵,教練

〈U〉〈C〉『反復練習』,(系統的な)けいこ

〈U〉〈C〉(事態に処するための)訓練

〈穴〉‘を'『あける』;…‘に'穴をあける

(…を)〈人〉‘に'『繰り返し教え込む』《+『名』〈人〉+『in』+『名』》;(人に)〈物事〉‘を'厳しく訓練して教え込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》

〈兵士〉‘を'教練する

《米俗》〈人〉‘を'撃ち抜く

(きりなどで)貫く,穴をあける

(軍事などの)訓練を受ける,練習する

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

compressor

圧搾ポンプ,圧縮機,コンプレッサー

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

repugnant

いやな,いやでたまらない,不快な(offensive)

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

fragment

(…の)『破片』,断片《+『of』+『名』》

(特に詩文などの)未完の部分,断章《+『of』+『名』》

ばらばらになる,砕ける

…‘を'ばらばらに壊す

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

woodland

森林地

森の

grizzly bear

灰色グマ(北米Rocky山脈に住むどう猛な大グマ)

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

emission

〈U〉〈C〉(光・熱・液体などの)放射,放出

〈C〉放射物,放出物

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

pond

『池』

toxic

毒性の,有毒な

毒による

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

barrel

(胴のふくれた)『たる』

(…の)1たる[の量]《+『of』+『名』》

銃身,砲身

《単数扱い》(…の)多量《+『of』+『名』》《話》

…'を'たるに入れる,たるに詰める

pollute

(…で)〈水・空気・土など〉‘を'『汚す』,『汚染する』,不潔にする《+『名』+『with』(『by』)+『名』(do『ing』)》

(道徳的に)〈精神〉‘を'汚す,堕落せせる

〈聖地など〉‘を'冒涜(とく)する

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

licensee

免許(許可)を得た人;(持に)酒類販売免許を受けた人

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

gunk

べたべた(ぬるぬる)した不潔なもの,汚物(《英》gunge)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

toxin

(特にバクテリアの)毒素

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Manhattan

マンハッタン区(ニューヨーク市内南東部の島で商業地区;国連本部などがある)

〈C〉〈U〉《しばしばm-》《米》マンハッタン(カクテルの一種)

Wall Street

ウォール街(New York 市にある米国金融の中心地)

米国金融界(市場)

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

approve

〈事〉'を'『よいと認める』,‘に'賛成する

(正式に)…'を'認可する,承認する

《『approve of』+『名』(do『ing』)》(…を)承認する,賛成する

outer space

(地球の大気圏外の)宇宙,宇宙空間

wasteland

荒れ地,不毛の地;(戦争・災害などで)荒廃した地域

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

downstream

流れを下って,下流に

下流の,川下の

aboriginal

土着の,もとからある

原住民

fort

『とりで』,堡塁(ほるい)

food chain

食物連鎖(小さい生物が順に大きいものに食われるという食性の関係)

scientifically

科学的に,学術的に

proven

proveの過去分詞

《名詞の前にのみ用いて》証明された

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

spite

悪意,意地悪

《a ~》(…への)恨み《+『against』(『at』)+『名』》

〈人〉‘に'意地悪をする,‘を'困らせる

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

remote

『遠い』,『遠方の』;(…から)遠く離れた《+『from』+『名』》

(時間的に)遠い

《しばしば最上級で》かすかな,わずかの(slight)

(一般に)関係の薄い;(…から)かけ離れた《+『from』+『名』(『wh-節』)》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

unemployment

失業,失職

失業者[数]

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

necessity

〈U〉《時にa ~》『必要』,必要性;必然,当然のこと・必要品〈C〉《しばしば複数形で》(…に)『どうしても必要なもの』,(…の)必需品《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈U〉(貧乏・不幸などによる)困窮,窮乏

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

lend

〈金・金〉‘を'『貸す』

(…に)〈援助〉‘を'与える,〈魅力など〉‘を'添える《+『名』+『to』+『名』》

金を貸す,融資する

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

porch

ポーチ(母屋(おもや)から張り出した玄関,車寄せ,入り口部分)

《米》ベランダ

cabin

(通例,木造1階建ての)『小屋』

『船室』;(飛行機の)客室

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

terrestrial

地球の・陸の・(動植物)陸生の・俗世の・現世の,この世の

concentrated

集中した

濃縮した

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

tropical

『熱帯の』,熱帯性の,熱帯産の

酷暑の

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

emit

〈水・熱・光・音・声など〉‘を'『出す』,『発する』

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

signatory

(条約などの)調印に加わった,署名した

[条約]加盟国,調印国;署名者

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

lobbyist

議員に働きかける人;議案通過運動(陳情)者

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

union

〈U〉(…の,の間の)『結合』,合同,合併;調和,一致《+of(between)+名》

〈C〉『結合したもの』,結合体,統一組識

《the U-》アメリカ合衆国;(南北戦争時に)連邦政府側についた北部諸州

《the U-》英連合王国(1706年イングランドとスコットランドが合併)

〈C〉『労働組合』同盟,ユニオン

〈C〉〈U〉結婚[生活]

〈C〉連合旗章(米国国旗の白星;英国国旗の3本十字の三国連合旗章など)

〈C〉(機械の部品をくなぐ)接合管

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

legislation

『立法』,法律制定

《集合的に》(制定された)『法律』

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

import

(…から)…‘を'『輸入する』《+『名』+『from』+『名』》

《文》'‘を'意味する,‘の'意味を導入する

〈U〉(…の)『輸入』《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》『輸入品』

〈U〉《文》重大,重要性

〈U〉意味,意義

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

Copenhagen

コペンハーゲン(デンマークの首都)

dinosaur

恐竜(中生代の巨大な爬虫類(はちゅうるい)動物の総称)

award

《『award』+『名』〈人〉+『名』=『award』+『名』+『to』+『名』〈人〉》(審査して)〈人〉‘に'〈賞など〉'を'『与える』,『授ける』

『賞』,『賞品』(prize)

(判事・調停者の)審判,裁定

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

freshwater

淡水の,淡水性の;淡水産の

delta

デルタ(ギリシア語アルファベットの第4字Δ,δ;英語D,dに相当)

(河口の)三角州,デルタ

三角形をしたもの

juncture

〈U〉〈C〉連結,接合,接続

〈C〉連結点,接合線,継ぎ目,縫い目

〈C〉時点,(特に)重大な時点;危機(crisis)

〈U〉〈C〉連接,ジャンクチャー(語・句・節・文の発音上の切れ目を示す音声的特徴)

migratory

(定期的に)移動する,移住する

転々とする,放浪性の

flyway

(繁殖地と越冬地の間の)渡り鳥の飛路

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

habitat

(動・植物の)産地,生息地

bison

アメリカ野牛(buffalo);ヨーロッパ野牛

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

burden

〈C〉『荷物』,『積荷』

〈U〉荷物の運搬

〈C〉(…にとっての)(心を)『重荷』,苦しみ,悩み《+『to』(『on』)+『名』》

(荷を)…‘に'『負わせる』,積む《+『名』~『with』+『名』〈荷〉》

leach

〈水など〉‘を'こす,ろ過する

(灰・土・鉱石などから)〈可溶成分〉‘を'こして取る《+『out』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

keystone

(アーチの頂上の)かなめ石,くさび石

(…の)かなめ,根本原理《+『of』+『名』》

raw

(食物が)『生の』,『料理されていない』

(物が)『原料のままの』,加工されていない

(皮膚が)『赤むけの』,傷口のあいた;(…で)赤むけの《+『with』+『名』》

(人が)経験のない,未熟な;(…に)不慣れの《+『to』+『名』》

湿気があって寒い

《話》ひどい

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

agricultural

『農業の』,農耕の;農学[上]の

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

disincentive

行動を妨げるもの,意欲をくじくもの

clean energy

無公害エネルギー

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

natural gas

天然ガス

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

watershed

分水界

(川の)流域

basin

『たらい』,はぢ(bowl);洗面器

(…の)たらい1杯[分]《+『of』+『名』》

(自然または人工の)水たまり,池

(川の)流域;くぼ地,盆地

入江,内湾,船だまり

highway

(特に都市間を結ぶ)『幹線道路』,公道

《比喩(ひゆ)的に》楽な道

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

rarity

〈U〉珍しさ,珍寄・C〉珍しい人(もの),珍品・(骨董品などの)掘り出し物

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

coastal

海岸の,沿岸の

completely

『完全に』,全く,十分に

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

proposal

〈U〉『提案すること』;〈C〉『提案されたこと』

〈C〉結婚の申し込み,プロポーズ

tanker

タンカー,油送船;タンク車;油送飛行機

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

navigate

〈人が〉〈船・航空機など〉‘を'『操縦する』

〈船・飛行機が〉…‘を'『航行する』,〈人が〉…‘を'船(飛行機)で行く

〈物事〉‘を'うまくやっていく

(飛行機)を操縦する,航行する

ferry

『渡し船』,連絡船(ferryboat),連絡船の便

渡し場,連絡船の発着場

《副詞[句]を伴って》〈人・車など〉‘を'船で渡す

〈川など〉‘を'船で渡る

…‘を'空輸する,〈新造飛行機〉‘を'輸送する

船で渡る

aground

(船が)座礁して

(船が)座礁した

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

ecological

生態学の

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

wed

…‘と'結婚する,‘を'妻(夫)にする

結婚する

addiction

(物事に)熱中すること《+『to』+『名』》

(麻薬などの)常用《+『to』+『名』》

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

multiply

…‘を'『増す』,ふやす;…‘を'繁殖させる

(ある数を)〈ある数〉‘に'『掛ける』《+『名』〈被乗数〉+『by』+『名』〈乗数〉》

〈数・量などが〉『ふえる』,増大する;繁殖する

掛け算をする

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

presentation

〈U〉〈C〉(…の)贈呈,贈与《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉◇公式の)紹介,披露(ひろう);(劇・影画などの)上演

(一般に)発表;提出,提示

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

opportunity

『機会』,好機

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

slip

《副詞[句]を伴って》『滑る』,つるっと滑る・《副詞[句]を伴って》こっそり動く,滑るように動く・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『away,』『along,』『on』)》・(服などを)すばやく着る《+『into』+『名』》,するっと脱ぐ《+『out』『of』+『名』》・〈物価・質などが〉だんだん下がる,ずり落ちる・ちよっと間違いをする《+『up』『in』(『on』)+『名』》

(心・記憶などから)〈物事が〉消え去る《+『from』(『out』『of』)+『名』》・〈物〉‘を'滑らせる;(‥に)…‘を'滑り込ませる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'すっと出す《+『名』+『out』『of』(『from』)+『名』》・《『slip』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『slip』+『名』+『to』+『名』》…に…‘を'そっと渡す,こっそりやる・〈服など〉‘を'するっと着る《+『on』+『名,』+『名』+『on』》;…‘を'するっと脱ぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・…‘から'するっとぬける,脱出する・〈結び目など〉‘を'解く,ほどく・〈物事が〉〈心・記憶など〉‘から'消え去る,抜ける・『滑ること』,滑り;足を滑らせること・ちよっとした誤り,失策・(埠頭で)荷揚げ用斜面;修理用船台・スリップ(婦人用肌着) ・まくらカバー(pillowcase)

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

underprivileged

(社会的・経済的・肉体的に)恵まれない

《the underprivileged》《集合的に》《複数扱い》恵まれない人々

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

convince

〈人〉'を'『納得させる』

champion

〈C〉(競技の)『優勝者』;最優秀賞をとった人(動物)

(主義・主張のために戦う)『闘士』

優勝した,最優秀賞をとった

《英話》とびきりの,この上ない

この上なく

…‘の'ために戦う

villain

『悪者』,悪漢,悪党

(劇・小説などの)悪役,かたき役

《おどけて》小僧,やつ

《英話》犯人

=villein

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画