TED日本語 - ジョハン・ハリ: 「依存症」― 間違いだらけの常識

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

コカインからスマートフォンまで ―「依存症」を引き起こすものとは一体何でしょう?どうしたら依存症を克服できるのでしょう?現在行われている対策が失敗し、愛する人々が薬物中毒に苦しむ様子を自分の目で見てきたジョハン・ハリは、なぜ依存症にこういう対応をするのか、もっと良い方法はないのかと疑問を持ちました。この人類長年の問題ともいえる命題の探求のため、世界を旅して彼が得た意外な捉え方や明るい見通しを、非常に個人的なトークの中で紹介します。

Script

幼少時の記憶の一つですが 家族の一人を起こそうとしても 起きなかったということがありました 幼かった私には 理由はわかりませんでした しかし成長するにつれ 家庭内の薬物依存症の 存在に感づきました 後にコカイン中毒も加わりました

このことについて最近よく考えます 英米でドラッグが違法になって ちょうど100年経つから という理由もあります この規制は世界中で 課せられることになりました この 依存症患者には 罰を与えて苦しめようという 実に重大な決定を下してから 100年です 薬物を止める動機を与え 抑止効果があると考えてのことです

数年前のことですが 大切な人たちが 薬物依存に苦しんでいたので 何か救う方法がないか 答えを探っていたところ 非常に根本的で しかし答えのわからない疑問点が 沢山あることに気づきました 例えば 依存症の真の原因とは何か? なぜ私たちは 効果のない対処法を続けるのか? 現行よりも いい対策があるのでは?

そこで色々と調べましたが 探していた答えは見つかりませんでした そこで世界中で色んな人に 会ってみようと思いました ドラッグに関わる人や 研究者たちです 話を聞いて何か学べることがあるか 試してみようと 最終的に4万8千キロも旅するとは 思ってもいませんでした 各地で色んな人との 沢山の出会いがあり ブルックリンはブラウンズビルで 覚せい剤を売る性転換者から マングースに幻覚剤を与えて喜ぶか という研究に没頭する 科学者まで ― 実際マングースはある限定条件下では 幻覚剤を好むことがわかりましたが ― さらにマリファナから覚せい剤まで あらゆるドラッグを 非犯罪化した唯一の国 ポルトガルにも行きました やがて ある事に気づいて 心底ぶっ飛びました 依存症についての私たちの常識は ほとんどが間違いなのです 依存症に関する新たな証拠を 真剣に受け止めたなら ドラッグ関連の政策以上に 変えるべきものが沢山出てくるはず

しかしまずは私たちが常識だと 思っていることを確認します まずはそこの真ん中の列の方から 仮に皆さん全員が 20日間 ヘロインを一日3回やったとしましょう やってみたいなって顔してる方も ちらほら (笑) ご心配なく 想像するだけですから 皆さん 想像しましたか? どうなるでしょう? こうなるものだと この100年間 言われ続けてきたことがあります ヘロインには依存性物質が 含まれているため これをしばらく摂り続けると 体がこの物質に依存して 生理的に必要とするようになり 20日後には皆さん全員 ヘロイン中毒になる というものです 私もそう思っていました

しかし この説がどこかおかしいと 気づいたのは 次の話を聞いた時でした もし私がこの会場を出て事故に遭い 股関節を骨折したとします 病院に運ばれて 大量の ジアセチルモルヒネを打たれるでしょう この薬はヘロインです その辺の道端で買えるのより ずっといいヘロインです 麻薬の売人が売ってるのは 混じり物入りで 実際のヘロイン成分はごく少量です 一方 医者が出すヘロインは 化学的には混じり物なしです それをかなり長い間 投与されますよね ここに沢山の人がいますが 気づかないうちに ヘロインを大量摂取しているかも このトークを見ている世界中の 誰にでも起こっていることです 私たちが思う依存症の常識が 正しいとすれば 医療を通じて様々な依存性物質を 摂取した人たちには 何が起こるのでしょうか? 薬物依存症になるはずですね かなり念入りに 研究されてきたことですが 実際は何も起こりません もし自分の お祖母さんが股関節手術を受けて 退院したら薬物中毒になってるかって なりませんよね (笑)

これを聞いたときは かなりおかしいと思いました 今まで聞いてきたことや 常識と全く正反対だと ブルース・アレキサンダー氏に会って この考えを覆されました バンクーバーの 心理学の教授で 優れた実験をした方です おかげでこの問題について かなり理解が進みました 教授の説明によると 皆が持つ依存症という概念や いわゆるよくある結末は 実は昔20世紀中に行われた ある一連の実験の 結果として生まれたものだそうです 非常に単純な実験です ちょっとサドな気分の人は 今夜家に帰ってやってもいいかも ネズミを手に入れてオリに入れ 2本の水ボトルを設置します 一つは水だけ もう一つは 水にヘロインかコカインを混ぜたもの するとネズミは ドラッグ入りの水を選ぶようになり ほぼ間違いなく 自らを死に追いやります 思った通りですよね? 私たち皆こういう流れを想像します ところが70年代になり 教授がこの実験について調べたとき あることに気づきました 「ネズミが入ってるオリには 他に何もないぞ この中ではドラッグ以外 することがない 少し環境を変えてみようか」と 教授は別のオリを作り 「ネズミの楽園」と名づけました ネズミにとって 天国のような環境です チーズや色付きボールがいっぱい トンネルもいっぱい 決定的なのは仲間もいっぱいたこと いっぱい交尾できます そこに例の水ボトル2本 ふつうの水とドラッグ入り水を設置 ここで大変興味深い事が起こりました この「ネズミの楽園」では ドラッグ入りの水は不人気だったのです ほぼ全く飲まれませんでした 衝動的に飲むネズミもゼロ 過剰摂取もゼロ 独房状態のカゴではほぼ100% 過剰摂取したのに対し ネズミが幸せに社会生活を営む オリの中では0%だったのです

この結果を見て アレキサンダー教授は初めは 「ネズミだけの話かもしれない 我々が望むほどではないにしろ 人間とはかなり違うし」 と考えました しかし幸運にも 人間での実験もありました 全く同じ原理で 全く同じ時期に 行われていました 何というと ベトナム戦争です ベトナムでは アメリカ兵の20%が ヘロインを大量使用していました 当時のニュース報道を見れば わかると思いますが 皆がこれを非常に憂いていました 「大変だ 終戦後には アメリカの街中に何十万人の ジャンキーが溢れてしまう」 そう思って全く当然ですね ヘロインを大量に摂っていた兵士達は 追跡調査を受け 総合精神医学誌が非常に綿密な 研究を行いました さてどうなったでしょう? 兵士たちに更生施設は必要なく 禁断症状も出ませんでした 95%がクスリをパッと止めたのです 薬物の依存性についての一般論が 正しいとすればこの結果はおかしい しかし教授は そもそも依存症には 別の側面があるのでは 依存性物質が問題なのでは ないとしたら?と考え始めます もし依存症の根本的原因が 「オリ」にあるとしたら? 依存症は環境への適応反応だとしたら?

この件について オランダのピーター・コーエン教授曰く そもそも「依存症」と呼ぶこと自体 間違っているのではないか 「繋がり」と呼ぶべきではなかろうか 人は他人と心を通い合わせ繋がることを 自然と求める動物なので 健康で幸福な人間は 触れ合いを通じて関係を築きます しかしそれができない人は 人生の中で経験したトラウマ 孤立、虐待などが原因となり 安心感を求め 人間以外に 繋がる対象を探し始めます それは ギャンブルや ポルノだったり コカインやマリファナだったり するかもしれません 何かと繋がろうとするのが 人間の本能なのです 人間というのはそういうものです

当初は これがなかなか 腑に落ちませんでした 理解するきっかけになったのは 何かというと 例えば 私の席には 水のボトルがありますね ここに大勢の方がいますけど 皆さん水ボトルを持ってますね 薬物も薬物との戦争も 一瞬離れましょう ここの水ボトルが全てウォッカであっても おかしくないし 完全に合法ですよね? 会場全員が酒を飲んでてもおかしくない この後本当に飲むかもですが (笑) でもそうではない 会場の皆さんには 超高額の入場料を払う余裕があって TEDトーク会場に来ているわけですから 私の憶測ですけど 明日から半年ウォッカを飲みまくる 余裕はあるはず でもそんなことして人生壊しませんよね そんな気にはならないはずです その理由は 誰かに止められているからではなく 大事にしたい仲間や人間関係が あるからだと思います 仕事が好きだし 大切にしたい人がいる 周りとの健全な関係があるからです 様々な証拠から私は こう確信するようになりました 依存症最大の原因は 毎日を生きるのが辛いということ

これには非常に重大な 意味合いがあります 最もわかりやすいのは 「薬物との戦争」ですね アリゾナで会った 女性囚人グループは 「私は元薬物中毒者です」 と書かれたTシャツを着せられ 通りすがる人に野次られながら 集団で墓を掘っていました この女性達は 出所した後も 前歴のせいで まっとうな仕事に就くことが できません さて 今のは囚人達の話は 特に極端な例ですが ほぼ世界中どこでも 依存症の人はある程度 同様の扱いを受けます 罰せられ さげすまれ 前歴をつけられます 再び人と繋がれないような 障壁を作ってしまう制度なのです カナダの ギャボー・マテ博士という 優れた医師に言われました 「薬物依存症の現状を更に悪くする 仕組みを作りたければ この手の仕組みを作ればいいんだ」

さて これの真逆のことを 行った所があり なぜ成功したのか 調べにいきました 2000年 ポルトガルの薬物問題は ヨーロッパ中でも最悪レベルでした 人口の1%がヘロイン中毒という けっこうぶっ飛ぶ話です そこでアメリカ式の対策を 年々強化していきました 刑罰を科し 中毒は恥と さげすむなどです しかし薬物中毒問題は年々悪化 ある時 首相と野党の党首が 話し合いました いい加減 このままではいけない 国中にヘロイン中毒者が 増えるばかりだ 科学者や医師を集めて委員会を作り 真の解決策を見つけよう と決めました ホアオ・グラオ博士という 優秀な人物を筆頭に委員会を作り 新しい証拠の数々を検証して 下した結論はこうでした 「マリファナから覚せい剤まで あらゆる薬物を非犯罪化する しかし」― この次の段階が 非常に肝心なのですが ― 「今まで依存症患者を 社会から切り離し疎外するために 費やしてきた金を 患者を社会に再び迎え入れるために 遣うこととする」 こういう薬物対策のやり方って 私たちがアメリカやイギリスで考える 方法とはかなり違いますよね 依存症患者が住む厚生施設もあるし 心理療法も利用します それはいいとして ポルトガルでの最大の対策は 我々のそれとは正反対でした 依存症の人に雇用機会を与える 超大規模なプログラムと 起業したい依存症患者への 小額融資です 例えば元々整備士だった人が 働ける位 回復したら 修理工場に紹介し この人を一年雇えば 賃金の半分を 負担すると働きかけます 目標は 国中の依存症患者が もれなく全員 朝起きてベッドから出る 理由を持つこと ポルトガルで 依存症の人と話したとき 人生の目的を再発見できたとか 広い社会での人間関係や 繋がりを再発見できたといった 声を聞きました

この実験が始まってから 今年で15年経ちますが 結果が出ています ポルトガルでの 注射器系の薬物使用は 英国犯罪学会の発表によれば 何と50%も減少 薬物の過剰摂取は大幅減 患者のHIVも大幅に減りました あらゆる調査結果において 薬物依存が大幅減少したのです ポルトガルでの成功を表す 証拠の一つに ほぼ誰も前の制度には 戻りたくないのです

そう言うと 政治色が強く聞こえますが それまでに関わってきた数々の 研究に対しても意味ある成果です この現代社会で誰もが感じるのが あらゆる種類の依存にますます 弱くなっているということ スマートフォンから 買い物依存 過食まで様々ですね ここでトークが始まる前 ― ご存知のように スマートフォンの持込禁止 と言われたはずですが この中でかなりの人が もうまるで 今から1、2時間 馴染みの売人と 連絡取れないよと 言われた薬物中毒者みたいな 顔してましたよ (笑) よくあることですよね でも 今まで私は 繋がりを絶たれることこそが 依存症の主な原因だと語ってきましたが なら依存症の増加は 変だと感じるかもしれません 人間史上 最も「繋がった」社会なはずですから しかし私は最近ますます 現代人の言う繋がりだとか そうだと思っているものは いわばその 類似品のようなものだと思い始めました 人生の中で大変な時期を 経験した方にはわかるでしょう 傍にいてくれるのは Twitterのフォロワーではないし 立ち直らせてくれるのは Facebook友達ではない 顔を合わせた付き合いで お互いを知り尽くし 深い人間関係を持つ 生身の友達であるはずです ビル・マッキーベンという 自然環境系の学者に聞いたのですが 大変参考になる研究があります この研究では平均的アメリカ人を対象に 人生の危機的な時期に 頼れると思える友達の数を調べました この数が1950年代以来 ずっと右肩下がりなのです 一方 アメリカの家の 一人当たりの床面積は 逆に絶えず右肩上がりです これは 人間の社会や文化が 優先してきたものを 象徴するかのようです 床面積を増やし 友人を減らし 物欲のために人間関係を犠牲にし 結果として 人類史上で最も 孤独な社会が出来上がったのです しかし「ネズミの楽園」の ブルース・アレクサンダー博士曰く 「依存症問題では 個人の更生にばかり目が行きがちだ それはそれでいいことだが 社会全体の立ち直りにも もっと注目すべきである 人は個人レベルのみならず集団としても ボタンを掛け違えてしまったのだ 我々の作った社会は 多くの人にとって人生が 『ネズミの楽園』とはかけ離れ 他に何もない孤独なオリの ようなものになっている」

正直私は 元々こんなこと知りたくて 依存症の調査を始めたわけでも 政治的、社会的な動機で 始めたわけでもありません 大切な人を助けたいという思いが きっかけでした しかし長い調査の旅を終えて これら全てを学んだ時 改めて 周りの依存症の人について ― 正直な話 大切な人が依存症だと辛いですよね この会場の中にも心当りのある方 沢山いるはずです 何度も 怒りを覚えたことでしょう この問題に対し ここまで激しく 感情が入ってしまう理由の一つは 私たち誰もが持っている問題だから だと思います 「いっそ誰かが止めてくれたらね」と 苦々しく思ってしまう自分が 誰しも自分の中にあるのでは 更に リアリティ番組が 周りの依存症患者への接し方も 型にはめてしまいます 『インターベンション』て番組 知ってますか リアリティ番組が 人生を定義する時代 これは別の TEDトークのお題になりますね ― この『インターベンション』の コンセプトはごく単純です 依存症の人を見つけて 家族友人全員一同に集め 依存症の問題に迫ります 足を洗わないと縁を切ると脅す こういった内容ですね この番組では本人の友人家族と 依存の対象とを 天秤にかけます 番組の思惑通りにしないと 人間関係が壊れるという 設定です こういうやり方では効果がない理由が だんだん分かってきました 「薬物との戦争」の論理を 個人の人生にあてはめているみたいだ そう思うようになったんです

どうやったらポルトガルのような やり方ができるのでしょう? 私自身が今まで試した方法は 一貫性があるとも 簡単だとも言えませんが 周りの依存症の人に こう言ってみるんです 「あなたともっと 深く関わり合いたい 何かをやっててもそうでなくても 大切に思っている しらふでもそうじゃなくても 大切な人には変わりはないし そして 必要なときは 駆けつけて一緒にいてあげる だって 愛する人を 一人ぼっちにしたくないし 孤独に感じて欲しくないから」

このメッセージの核心部分である 「君は1人じゃないよ 愛されているんだよ」 依存患者には全次元において こういう意識で対応すべきです 社会的にも 政治的にも 個人的にもです 100年もの間 薬物と戦ってきたのは 間違いだったのではないでしょうか 戦うのではなく 愛をもって 対処すべきだったのではないでしょうか だって「依存症」の対極にあるのは 「しらふ」ではないんですよ 「依存症(addiction)」の反対は 「繋がり(connection)」なのです

ありがとうございました

(拍手)

One of my earliest memories is of trying to wake up one of my relatives and not being able to. And I was just a little kid, so I didn't really understand why, but as I got older, I realized we had drug addiction in my family, including later cocaine addiction.

I'd been thinking about it a lot lately, partly because it's now exactly 100 years since drugs were first banned in the United States and Britain, and we then imposed that on the rest of the world. It's a century since we made this really fateful decision to take addicts and punish them and make them suffer, because we believed that would deter them; it would give them an incentive to stop.

And a few years ago, I was looking at some of the addicts in my life who I love, and trying to figure out if there was some way to help them. And I realized there were loads of incredibly basic questions I just didn't know the answer to, like, what really causes addiction? Why do we carry on with this approach that doesn't seem to be working, and is there a better way out there that we could try instead?

So I read loads of stuff about it, and I couldn't really find the answers I was looking for, so I thought, okay, I'll go and sit with different people around the world who lived this and studied this and talk to them and see if I could learn from them. And I didn't realize I would end up going over 30,000 miles at the start, but I ended up going and meeting loads of different people, from a transgender crack dealer in Brownsville, Brooklyn, to a scientist who spends a lot of time feeding hallucinogens to mongooses to see if they like them -- it turns out they do, but only in very specific circumstances -- to the only country that's ever decriminalized all drugs, from cannabis to crack, Portugal. And the thing I realized that really blew my mind is, almost everything we think we know about addiction is wrong, and if we start to absorb the new evidence about addiction, I think we're going to have to change a lot more than our drug policies.

But let's start with what we think we know, what I thought I knew. Let's think about this middle row here. Imagine all of you, for 20 days now, went off and used heroin three times a day. Some of you look a little more enthusiastic than others at this prospect. (Laughter) Don't worry, it's just a thought experiment. Imagine you did that, right? What would happen? Now, we have a story about what would happen that we've been told for a century. We think, because there are chemical hooks in heroin, as you took it for a while, your body would become dependent on those hooks, you'd start to physically need them, and at the end of those 20 days, you'd all be heroin addicts. Right? That's what I thought.

First thing that alerted me to the fact that something's not right with this story is when it was explained to me. If I step out of this TED Talk today and I get hit by a car and I break my hip, I'll be taken to hospital and I'll be given loads of diamorphine. Diamorphine is heroin. It's actually much better heroin than you're going to buy on the streets, because the stuff you buy from a drug dealer is contaminated. Actually, very little of it is heroin, whereas the stuff you get from the doctor is medically pure. And you'll be given it for quite a long period of time. There are loads of people in this room, you may not realize it, you've taken quite a lot of heroin. And anyone who is watching this anywhere in the world, this is happening. And if what we believe about addiction is right -- those people are exposed to all those chemical hooks -- What should happen? They should become addicts. This has been studied really carefully. It doesn't happen; you will have noticed if your grandmother had a hip replacement, she didn't come out as a junkie. (Laughter)

And when I learned this, it seemed so weird to me, so contrary to everything I'd been told, everything I thought I knew, I just thought it couldn't be right, until I met a man called Bruce Alexander. He's a professor of psychology in Vancouver who carried out an incredible experiment I think really helps us to understand this issue. Professor Alexander explained to me, the idea of addiction we've all got in our heads, that story, comes partly from a series of experiments that were done earlier in the 20th century. They're really simple. You can do them tonight at home if you feel a little sadistic. You get a rat and you put it in a cage, and you give it two water bottles: One is just water, and the other is water laced with either heroin or cocaine. If you do that, the rat will almost always prefer the drug water and almost always kill itself quite quickly. So there you go, right? That's how we think it works. In the '70s, Professor Alexander comes along and he looks at this experiment and he noticed something. He said ah, we're putting the rat in an empty cage. It's got nothing to do except use these drugs. Let's try something different. So Professor Alexander built a cage that he called "Rat Park," which is basically heaven for rats. They've got loads of cheese, they've got loads of colored balls, they've got loads of tunnels. Crucially, they've got loads of friends. They can have loads of sex. And they've got both the water bottles, the normal water and the drugged water. But here's the fascinating thing: In Rat Park, they don't like the drug water. They almost never use it. None of them ever use it compulsively. None of them ever overdose. You go from almost 100 percent overdose when they're isolated to zero percent overdose when they have happy and connected lives.

Now, when he first saw this, Professor Alexander thought, maybe this is just a thing about rats, they're quite different to us. Maybe not as different as we'd like, but, you know -- But fortunately, there was a human experiment into the exact same principle happening at the exact same time. It was called the Vietnam War. In Vietnam,20 percent of all American troops were using loads of heroin, and if you look at the news reports from the time, they were really worried, because they thought, my God, we're going to have hundreds of thousands of junkies on the streets of the United States when the war ends; it made total sense. Now, those soldiers who were using loads of heroin were followed home. The Archives of General Psychiatry did a really detailed study, and what happened to them? It turns out they didn't go to rehab. They didn't go into withdrawal. Ninety-five percent of them just stopped. Now, if you believe the story about chemical hooks, that makes absolutely no sense, but Professor Alexander began to think there might be a different story about addiction. He said, what if addiction isn't about your chemical hooks? What if addiction is about your cage? What if addiction is an adaptation to your environment?

Looking at this, there was another professor called Peter Cohen in the Netherlands who said, maybe we shouldn't even call it addiction. Maybe we should call it bonding. Human beings have a natural and innate need to bond, and when we're happy and healthy, we'll bond and connect with each other, but if you can't do that, because you're traumatized or isolated or beaten down by life, you will bond with something that will give you some sense of relief. Now, that might be gambling, that might be pornography, that might be cocaine, that might be cannabis, but you will bond and connect with something because that's our nature. That's what we want as human beings.

And at first, I found this quite a difficult thing to get my head around, but one way that helped me to think about it is, I can see, I've got over by my seat a bottle of water, right? I'm looking at lots of you, and lots of you have bottles of water with you. Forget the drugs. Forget the drug war. Totally legally, all of those bottles of water could be bottles of vodka, right? We could all be getting drunk -- I might after this -- (Laughter) -- but we're not. Now, because you've been able to afford the approximately gazillion pounds that it costs to get into a TED Talk, I'm guessing you guys could afford to be drinking vodka for the next six months. You wouldn't end up homeless. You're not going to do that, and the reason you're not going to do that is not because anyone's stopping you. It's because you've got bonds and connections that you want to be present for. You've got work you love. You've got people you love. You've got healthy relationships. And a core part of addiction, I came to think, and I believe the evidence suggests, is about not being able to bear to be present in your life.

Now, this has really significant implications. The most obvious implications are for the War on Drugs. In Arizona, I went out with a group of women who were made to wear t-shirts saying, "I was a drug addict," and go out on chain gangs and dig graves while members of the public jeer at them, and when those women get out of prison, they're going to have criminal records that mean they'll never work in the legal economy again. Now, that's a very extreme example, obviously, in the case of the chain gang, but actually almost everywhere in the world we treat addicts to some degree like that. We punish them. We shame them. We give them criminal records. We put barriers between them reconnecting. There was a doctor in Canada, Dr. Gabor Mate, an amazing man, who said to me, if you wanted to design a system that would make addiction worse, you would design that system.

Now, there's a place that decided to do the exact opposite, and I went there to see how it worked. In the year 2000, Portugal had one of the worst drug problems in Europe. One percent of the population was addicted to heroin, which is kind of mind-blowing, and every year, they tried the American way more and more. They punished people and stigmatized them and shamed them more, and every year, the problem got worse. And one day, the Prime Minister and the leader of the opposition got together, and basically said, look, we can't go on with a country where we're having ever more people becoming heroin addicts. Let's set up a panel of scientists and doctors to figure out what would genuinely solve the problem. And they set up a panel led by an amazing man called Dr. Joao Goulao, to look at all this new evidence, and they came back and they said, "Decriminalize all drugs from cannabis to crack, but" -- and this is the crucial next step -- "take all the money we used to spend on cutting addicts off, on disconnecting them, and spend it instead on reconnecting them with society." And that's not really what we think of as drug treatment in the United States and Britain. So they do do residential rehab, they do psychological therapy, that does have some value. But the biggest thing they did was the complete opposite of what we do: a massive program of job creation for addicts, and microloans for addicts to set up small businesses. So say you used to be a mechanic. When you're ready, they'll go to a garage, and they'll say, if you employ this guy for a year, we'll pay half his wages. The goal was to make sure that every addict in Portugal had something to get out of bed for in the morning. And when I went and met the addicts in Portugal, what they said is, as they rediscovered purpose, they rediscovered bonds and relationships with the wider society.

It'll be 15 years this year since that experiment began, and the results are in: injecting drug use is down in Portugal, according to the British Journal of Criminology, by 50 percent, five-zero percent. Overdose is massively down, HIV is massively down among addicts. Addiction in every study is significantly down. One of the ways you know it's worked so well is that almost nobody in Portugal wants to go back to the old system.

Now, that's the political implications. I actually think there's a layer of implications to all this research below that. We live in a culture where people feel really increasingly vulnerable to all sorts of addictions, whether it's to their smartphones or to shopping or to eating. Before these talks began -- you guys know this -- we were told we weren't allowed to have our smartphones on, and I have to say, a lot of you looked an awful lot like addicts who were told their dealer was going to be unavailable for the next couple of hours. (Laughter) A lot of us feel like that, and it might sound weird to say, I've been talking about how disconnection is a major driver of addiction and weird to say it's growing, because you think we're the most connected society that's ever been, surely. But I increasingly began to think that the connections we have or think we have, are like a kind of parody of human connection. If you have a crisis in your life, you'll notice something. It won't be your Twitter followers who come to sit with you. It won't be your Facebook friends who help you turn it round. It'll be your flesh and blood friends who you have deep and nuanced and textured, face-to-face relationships with, and there's a study I learned about from Bill McKibben, the environmental writer, that I think tells us a lot about this. He looked at the number of close friends the average American believes they can call on in a crisis. That number has been declining steadily since the 1950s. The amount of floor space an individual has in their home has been steadily increasing, and I think that's like a metaphor for the choice we've made as a culture. We've traded floorspace for friends, we've traded stuff for connections, and the result is we are one of the loneliest societies there has ever been. And Bruce Alexander, the guy who did the Rat Park experiment, says, we talk all the time in addiction about individual recovery, and it's right to talk about that, but we need to talk much more about social recovery. Something's gone wrong with us, not just with individuals but as a group, and we've created a society where, for a lot of us, life looks a whole lot more like that isolated cage and a whole lot less like Rat Park.

If I'm honest, this isn't why I went into it. I didn't go in to the discover the political stuff, the social stuff. I wanted to know how to help the people I love. And when I came back from this long journey and I'd learned all this, I looked at the addicts in my life, and if you're really candid, it's hard loving an addict, and there's going to be lots of people who know in this room. You are angry a lot of the time, and I think one of the reasons why this debate is so charged is because it runs through the heart of each of us, right? Everyone has a bit of them that looks at an addict and thinks, I wish someone would just stop you. And the kind of scripts we're told for how to deal with the addicts in our lives is typified by, I think, the reality show "Intervention," if you guys have ever seen it. I think everything in our lives is defined by reality TV, but that's another TED Talk. If you've ever seen the show "Intervention," it's a pretty simple premise. Get an addict, all the people in their life, gather them together, confront them with what they're doing, and they say, if you don't shape up, we're going to cut you off. So what they do is they take the connection to the addict, and they threaten it, they make it contingent on the addict behaving the way they want. And I began to think, I began to see why that approach doesn't work, and I began to think that's almost like the importing of the logic of the Drug War into our private lives.

So I was thinking, how could I be Portuguese? And what I've tried to do now, and I can't tell you I do it consistently and I can't tell you it's easy, is to say to the addicts in my life that I want to deepen the connection with them, to say to them, I love you whether you're using or you're not. I love you, whatever state you're in, and if you need me, I'll come and sit with you because I love you and I don't want you to be alone or to feel alone.

And I think the core of that message -- you're not alone, we love you -- has to be at every level of how we respond to addicts, socially, politically and individually. For 100 years now, we've been singing war songs about addicts. I think all along we should have been singing love songs to them, because the opposite of addiction is not sobriety. The opposite of addiction is connection.

Thank you.

(Applause)

One of my earliest memories is of trying to wake up/ one of my relatives/ and not being able to.//

幼少時の記憶の一つですが 家族の一人を起こそうとしても 起きなかったということがありました

And I was just a little kid,/ so I didn't really understand/ why,/ but/ as I got older,/ I realized/ we had drug addiction/ in my family,/ including/ later cocaine addiction.//

幼かった私には 理由はわかりませんでした しかし成長するにつれ 家庭内の薬物依存症の 存在に感づきました 後にコカイン中毒も加わりました

I'd been thinking about it/ a lot lately,/ partly/ because it's now/ exactly 100 years/ since drugs were first banned in the United States and Britain,/ and we then imposed/ that on the rest of the world.//

このことについて最近よく考えます 英米でドラッグが違法になって ちょうど100年経つから という理由もあります この規制は世界中で 課せられることになりました

It's a century/ since we made this really fateful decision/ to take addicts/ and punish them/ and make them suffer,/ because we believed/ that would deter them;/ it would give them/ an incentive/ to stop.//

この 依存症患者には 罰を与えて苦しめようという 実に重大な決定を下してから 100年です 薬物を止める動機を与え 抑止効果があると考えてのことです

And a few years ago,/ I was looking at some of the addicts/ in my life/ who I love,/ and trying to figure out/ if there was some way/ to help them.//

数年前のことですが 大切な人たちが 薬物依存に苦しんでいたので 何か救う方法がないか 答えを探っていたところ

And I realized/ there were loads of incredibly basic questions/ I just didn't know the answer/ to,/ like,/ what really causes addiction?//

非常に根本的で しかし答えのわからない疑問点が 沢山あることに気づきました 例えば 依存症の真の原因とは何か?

Why do we carry on/ with this approach/ that doesn't seem to be working,/ and is there a better way out there/ that we could try instead?//

なぜ私たちは 効果のない対処法を続けるのか? 現行よりも いい対策があるのでは?

So I read loads of stuff/ about it,/ and I couldn't really find the answers/ I was looking for,/ so I thought,/ okay,/ I'll go/ and sit with different people/ around the world/ who lived this/ and studied this/ and talk to them/ and see/ if I could learn from them.//

そこで色々と調べましたが 探していた答えは見つかりませんでした そこで世界中で色んな人に 会ってみようと思いました ドラッグに関わる人や 研究者たちです 話を聞いて何か学べることがあるか 試してみようと

And I didn't realize/ I would end up/ going over 30,000 miles/ at the start,/ but I ended up/ going and meeting/ loads of different people,/ from a transgender crack dealer/ in Brownsville,/ Brooklyn,/ to a scientist/ who spends a lot of time feeding hallucinogens/ to mongooses/ to see/ if they like them --/ it turns out/ they do,/ but only/ in very specific circumstances --/ to the only country/ that's ever decriminalized all drugs,/ from cannabis to crack,/ Portugal.//

最終的に4万8千キロも旅するとは 思ってもいませんでした 各地で色んな人との 沢山の出会いがあり ブルックリンはブラウンズビルで 覚せい剤を売る性転換者から マングースに幻覚剤を与えて喜ぶか という研究に没頭する 科学者まで ― 実際マングースはある限定条件下では 幻覚剤を好むことがわかりましたが ― さらにマリファナから覚せい剤まで あらゆるドラッグを 非犯罪化した唯一の国 ポルトガルにも行きました

And the thing/ I realized/ that really blew my mind is,/ almost everything/ we think/ we know about addiction is wrong,/ and/ if we start to absorb/ the new evidence/ about addiction,/ I think/ we're going to have to change/ a lot more/ than our drug policies.//

やがて ある事に気づいて 心底ぶっ飛びました 依存症についての私たちの常識は ほとんどが間違いなのです 依存症に関する新たな証拠を 真剣に受け止めたなら ドラッグ関連の政策以上に 変えるべきものが沢山出てくるはず

But let's start/ with what we think/ we know,/ what I thought/ I knew.//

しかしまずは私たちが常識だと 思っていることを確認します

Let's think/ about this middle row/ here.//

まずはそこの真ん中の列の方から

Imagine/ all of you,/ for 20 days now,/ went off/ and used heroin/ three times/ a day.//

仮に皆さん全員が 20日間 ヘロインを一日3回やったとしましょう

Some of you look a little more enthusiastic/ than others/ at this prospect.//

やってみたいなって顔してる方も ちらほら

(笑)

Don't worry,/ it's just a thought experiment.//

ご心配なく 想像するだけですから

Imagine/ you did/ that,/ right?//

皆さん 想像しましたか?

What would happen?//

どうなるでしょう?

Now,/ we have a story/ about what would happen/ that we've been told for a century.//

こうなるものだと この100年間 言われ続けてきたことがあります

We think,/ because there are chemical hooks/ in heroin,/ as you took it/ for a while,/ your body would become dependent/ on those hooks,/ you'd start to physically need them,/ and at the end of those 20 days,/ you'd all be heroin addicts.// Right?//

ヘロインには依存性物質が 含まれているため これをしばらく摂り続けると 体がこの物質に依存して 生理的に必要とするようになり 20日後には皆さん全員 ヘロイン中毒になる というものです

That's/ what I thought.//

私もそう思っていました

First thing/ that alerted me/ to the fact/ that something's not right/ with this story is/ when it was explained to me.//

しかし この説がどこかおかしいと 気づいたのは 次の話を聞いた時でした

If I step out of this TED Talk/ today/ and I get hit by a car/ and I break my hip,/ I'll be taken to hospital/ and I'll be given loads of diamorphine.//

もし私がこの会場を出て事故に遭い 股関節を骨折したとします 病院に運ばれて 大量の ジアセチルモルヒネを打たれるでしょう

Diamorphine is heroin.//

この薬はヘロインです

It's actually/ much better heroin/ than you're going to buy/ on the streets,/ because the stuff/ you buy from a drug dealer is contaminated.//

その辺の道端で買えるのより ずっといいヘロインです 麻薬の売人が売ってるのは 混じり物入りで

Actually,/ very little of it is heroin,/ whereas the stuff/ you get from the doctor is medically pure.//

実際のヘロイン成分はごく少量です 一方 医者が出すヘロインは 化学的には混じり物なしです

And you'll be given it/ for quite a long period of time.//

それをかなり長い間 投与されますよね

There are loads of people/ in this room,/ you may not realize it,/ you've taken quite a lot of heroin.//

ここに沢山の人がいますが 気づかないうちに ヘロインを大量摂取しているかも

And anyone/ who is watching this anywhere/ in the world,/ this is happening.//

このトークを見ている世界中の 誰にでも起こっていることです

And/ if/ what we believe about addiction is right --/ those people are exposed to all those chemical hooks --/ What should happen?// They should become addicts.//

私たちが思う依存症の常識が 正しいとすれば 医療を通じて様々な依存性物質を 摂取した人たちには 何が起こるのでしょうか? 薬物依存症になるはずですね

This has been studied really/ carefully.//

かなり念入りに 研究されてきたことですが

It doesn't happen;/ you will have noticed/ if your grandmother had a hip replacement,/ she didn't come out/ as a junkie.// (Laughter)//

実際は何も起こりません もし自分の お祖母さんが股関節手術を受けて 退院したら薬物中毒になってるかって なりませんよね (笑)

And when I learned this,/ it seemed so weird/ to me,/ so contrary/ to everything I'd been told,/ everything/ I thought/ I knew,/ I just thought/ it couldn't be right,/ until I met/ a man called Bruce Alexander.//

これを聞いたときは かなりおかしいと思いました 今まで聞いてきたことや 常識と全く正反対だと ブルース・アレキサンダー氏に会って この考えを覆されました

He's a professor of psychology/ in Vancouver/ who carried out/ an incredible experiment/ I think really helps us/ to understand this issue.//

バンクーバーの 心理学の教授で 優れた実験をした方です おかげでこの問題について かなり理解が進みました

Professor Alexander explained to me,/ the idea of addiction/ we've all got in our heads,/ that story,/ comes partly/ from a series of experiments/ that were done earlier/ in the 20th century.//

教授の説明によると 皆が持つ依存症という概念や いわゆるよくある結末は 実は昔20世紀中に行われた ある一連の実験の 結果として生まれたものだそうです

They're really simple.//

非常に単純な実験です

You can do them tonight/ at home/ if you feel a little sadistic.//

ちょっとサドな気分の人は 今夜家に帰ってやってもいいかも

You get a rat/ and you put it/ in a cage,/ and you give it/ two water bottles:/ One is just water,/ and the other is water laced with either heroin or cocaine.//

ネズミを手に入れてオリに入れ 2本の水ボトルを設置します 一つは水だけ もう一つは 水にヘロインかコカインを混ぜたもの

If you do that,/ the rat will almost always prefer the drug water/ and almost always kill itself quite quickly.//

するとネズミは ドラッグ入りの水を選ぶようになり ほぼ間違いなく 自らを死に追いやります

So there/ you go,/ right?// That's/ how we think it works.//

思った通りですよね? 私たち皆こういう流れを想像します

In the '70s,/ Professor Alexander comes along/ and he looks at this experiment/ and he noticed something.//

ところが70年代になり 教授がこの実験について調べたとき あることに気づきました

He said ah,/ we're putting/ the rat/ in an empty cage.//

「ネズミが入ってるオリには 他に何もないぞ

It's got nothing/ to do except use these drugs.//

この中ではドラッグ以外 することがない

Let's try something different.//

少し環境を変えてみようか」と

So Professor Alexander built a cage/ that he called "Rat Park,/"/ which is basically heaven for rats.//

教授は別のオリを作り 「ネズミの楽園」と名づけました ネズミにとって 天国のような環境です

They've got loads of cheese,/ they've got loads of colored balls,/ they've got loads of tunnels.//

チーズや色付きボールがいっぱい トンネルもいっぱい

Crucially,/ they've got loads of friends.// They can have loads of sex.//

決定的なのは仲間もいっぱいたこと いっぱい交尾できます

And they've got both the water bottles,/ the normal water and the drugged water.//

そこに例の水ボトル2本 ふつうの水とドラッグ入り水を設置

But here's the fascinating thing:/ In Rat Park,/ they don't like the drug water.//

ここで大変興味深い事が起こりました この「ネズミの楽園」では ドラッグ入りの水は不人気だったのです

They almost never use it.//

ほぼ全く飲まれませんでした

None of them ever use it/ compulsively.//

衝動的に飲むネズミもゼロ

None of them ever overdose.//

過剰摂取もゼロ

You go from almost 100 percent overdose/ when they're isolated to zero percent overdose/ when they have happy and connected lives.//

独房状態のカゴではほぼ100% 過剰摂取したのに対し ネズミが幸せに社会生活を営む オリの中では0%だったのです

Now,/ when he first saw this,/ Professor Alexander thought,/ maybe/ this is just a thing/ about rats,/ they're quite different/ to us.//

この結果を見て アレキサンダー教授は初めは 「ネズミだけの話かもしれない 我々が望むほどではないにしろ

Maybe not as different/ as we'd like,/ but,/ you know --/ But fortunately,/ there was a human experiment/ into the exact same principle/ happening at the exact same time.//

人間とはかなり違うし」 と考えました しかし幸運にも 人間での実験もありました 全く同じ原理で 全く同じ時期に 行われていました

It was called the Vietnam War.//

何というと ベトナム戦争です

In Vietnam,/20 percent of all American troops were using loads of heroin,/ and/ if you look at the news reports/ from the time,/ they were really worried,/ because they thought,/ my God,/ we're going to have/ hundreds of thousands of junkies/ on the streets of the United States/ when the war ends;/ it made total sense.//

ベトナムでは アメリカ兵の20%が ヘロインを大量使用していました 当時のニュース報道を見れば わかると思いますが 皆がこれを非常に憂いていました 「大変だ 終戦後には アメリカの街中に何十万人の ジャンキーが溢れてしまう」 そう思って全く当然ですね

Now,/ those soldiers/ who were using loads of heroin were followed home.//

ヘロインを大量に摂っていた兵士達は 追跡調査を受け

The Archives of General Psychiatry did a really detailed study,/ and what happened to them?//

総合精神医学誌が非常に綿密な 研究を行いました さてどうなったでしょう?

It turns out/ they didn't go to rehab.// They didn't go into withdrawal.//

兵士たちに更生施設は必要なく 禁断症状も出ませんでした

Ninety-five percent of them just stopped.//

95%がクスリをパッと止めたのです

Now,/ if you believe the story/ about chemical hooks,/ that makes absolutely no sense,/ but Professor Alexander began to think/ there might be a different story/ about addiction.//

薬物の依存性についての一般論が 正しいとすればこの結果はおかしい しかし教授は そもそも依存症には 別の側面があるのでは

He said,/ what if addiction isn't about your chemical hooks?//

依存性物質が問題なのでは ないとしたら?と考え始めます

What if addiction is about your cage?//

もし依存症の根本的原因が 「オリ」にあるとしたら?

What if addiction is an adaptation to your environment?//

依存症は環境への適応反応だとしたら?

Looking at this,/ there was another professor called Peter Cohen/ in the Netherlands/ who said,/ maybe/ we shouldn't even call/ it addiction.//

この件について オランダのピーター・コーエン教授曰く そもそも「依存症」と呼ぶこと自体 間違っているのではないか

Maybe/ we should call/ it bonding.//

「繋がり」と呼ぶべきではなかろうか

Human beings have a natural and innate need/ to bond,/ and when we're happy and healthy,/ we'll bond/ and connect with each other,/ but/ if you can't do that,/ because you're traumatized or isolated or beaten down/ by life,/ you will bond with something/ that will give you/ some sense of relief.//

人は他人と心を通い合わせ繋がることを 自然と求める動物なので 健康で幸福な人間は 触れ合いを通じて関係を築きます しかしそれができない人は 人生の中で経験したトラウマ 孤立、虐待などが原因となり 安心感を求め 人間以外に 繋がる対象を探し始めます

Now,/ that might be gambling,/ that might be pornography,/ that might be cocaine,/ that might be cannabis,/ but you will bond/ and connect with something/ because that's our nature.//

それは ギャンブルや ポルノだったり コカインやマリファナだったり するかもしれません 何かと繋がろうとするのが 人間の本能なのです

That's/ what we want as human beings.//

人間というのはそういうものです

And at first,/ I found this quite a difficult thing/ to get my head around,/ but one way/ that helped me/ to think about it is,/ I can see,/ I've got over/ by my seat/ a bottle of water,/ right?//

当初は これがなかなか 腑に落ちませんでした 理解するきっかけになったのは 何かというと 例えば 私の席には 水のボトルがありますね

I'm looking/ at lots of you,/ and lots of you have bottles of water/ with you.//

ここに大勢の方がいますけど 皆さん水ボトルを持ってますね

薬物も薬物との戦争も 一瞬離れましょう

Totally legally,/ all of those bottles of water could be bottles of vodka,/ right?//

ここの水ボトルが全てウォッカであっても おかしくないし 完全に合法ですよね?

We could all be getting drunk --/ I might after this --/ (Laughter) --/ but we're not.//

会場全員が酒を飲んでてもおかしくない この後本当に飲むかもですが (笑) でもそうではない

Now,/ because you've been able to afford the approximately gazillion pounds/ that it costs to get/ into a TED Talk,/ I'm guessing/ you/ guys could afford to be drinking vodka/ for the next six months.//

会場の皆さんには 超高額の入場料を払う余裕があって TEDトーク会場に来ているわけですから 私の憶測ですけど 明日から半年ウォッカを飲みまくる 余裕はあるはず

You wouldn't end up/ homeless.//

でもそんなことして人生壊しませんよね

You're not going to do/ that,/ and the reason/ you're not going to do/ that is not/ because anyone's stopping you.//

そんな気にはならないはずです その理由は 誰かに止められているからではなく

It's/ because you've got bonds and connections/ that you want to be present for.//

大事にしたい仲間や人間関係が あるからだと思います

You've got work/ you love.// You've got people/ you love.//

仕事が好きだし 大切にしたい人がいる

You've got healthy relationships.//

周りとの健全な関係があるからです

And a core part of addiction,/ I came to think,/ and I believe/ the evidence suggests,/ is about not being able to bear to be present/ in your life.//

様々な証拠から私は こう確信するようになりました 依存症最大の原因は 毎日を生きるのが辛いということ

Now,/ this has really significant implications.//

これには非常に重大な 意味合いがあります

The most obvious implications are for the War/ on Drugs.//

最もわかりやすいのは 「薬物との戦争」ですね

In Arizona,/ I went out/ with a group of women/ who were made to wear t-shirts/ saying,/ "I was a drug addict,/"/ and go out/ on chain gangs and dig graves/ while members of the public jeer/ at them,/ and when those women get out of prison,/ they're going to have/ criminal records/ that mean they'll never work in the legal economy again.//

アリゾナで会った 女性囚人グループは 「私は元薬物中毒者です」 と書かれたTシャツを着せられ 通りすがる人に野次られながら 集団で墓を掘っていました この女性達は 出所した後も 前歴のせいで まっとうな仕事に就くことが できません

Now,/ that's a very extreme example,/ obviously,/ in the case of the chain gang,/ but actually almost everywhere/ in the world/ we treat addicts/ to some degree/ like that.//

さて 今のは囚人達の話は 特に極端な例ですが ほぼ世界中どこでも 依存症の人はある程度 同様の扱いを受けます

We punish them.// We shame them.// We give them/ criminal records.//

罰せられ さげすまれ 前歴をつけられます

We put barriers/ between them/ reconnecting.//

再び人と繋がれないような 障壁を作ってしまう制度なのです

There was a doctor/ in Canada,/ Dr. Gabor Mate,/ an amazing man,/ who said to me,/ if you wanted to design/ a system/ that would make addiction worse,/ you would design that system.//

カナダの ギャボー・マテ博士という 優れた医師に言われました 「薬物依存症の現状を更に悪くする 仕組みを作りたければ この手の仕組みを作ればいいんだ」

Now,/ there's a place/ that decided to do/ the exact opposite,/ and I went there/ to see/ how it worked.//

さて これの真逆のことを 行った所があり なぜ成功したのか 調べにいきました

In the year 2000,/ Portugal had one of the worst drug problems/ in Europe.//

2000年 ポルトガルの薬物問題は ヨーロッパ中でも最悪レベルでした

One percent of the population was addicted to heroin,/ which is kind of mind-blowing,/ and every year,/ they tried the American way more and more.//

人口の1%がヘロイン中毒という けっこうぶっ飛ぶ話です そこでアメリカ式の対策を 年々強化していきました

They punished people/ and stigmatized them/ and shamed them more,/ and every year,/ the problem got worse.//

刑罰を科し 中毒は恥と さげすむなどです しかし薬物中毒問題は年々悪化

And one day,/ the Prime Minister/ and the leader of the opposition got together,/ and basically said,/ look,/ we can't go on/ with a country/ where we're having/ ever more people/ becoming heroin addicts.//

ある時 首相と野党の党首が 話し合いました いい加減 このままではいけない 国中にヘロイン中毒者が 増えるばかりだ

Let's set up/ a panel of scientists and doctors/ to figure out/ what would genuinely solve the problem.//

科学者や医師を集めて委員会を作り 真の解決策を見つけよう と決めました

And they set up/ a panel led by an amazing man called Dr. Joao Goulao,/ to look at all this new evidence,/ and they came back/ and they said,/ "Decriminalize all drugs/ from cannabis/ to crack,/ but" --/ and this is the crucial next step --/ "take all the money/ we used to spend/ on cutting addicts off,/ on disconnecting them,/ and spend it instead/ on reconnecting them/ with society."//

ホアオ・グラオ博士という 優秀な人物を筆頭に委員会を作り 新しい証拠の数々を検証して 下した結論はこうでした 「マリファナから覚せい剤まで あらゆる薬物を非犯罪化する しかし」― この次の段階が 非常に肝心なのですが ― 「今まで依存症患者を 社会から切り離し疎外するために 費やしてきた金を 患者を社会に再び迎え入れるために 遣うこととする」

And that's not really/ what we think of as drug treatment/ in the United States and Britain.//

こういう薬物対策のやり方って 私たちがアメリカやイギリスで考える 方法とはかなり違いますよね

So/ they do do residential rehab,/ they do psychological therapy,/ that does have some value.//

依存症患者が住む厚生施設もあるし 心理療法も利用します それはいいとして

But the biggest thing/ they did/ was the complete opposite of what we do:/ a massive program of job creation/ for addicts,/ and microloans/ for addicts to set up/ small businesses.//

ポルトガルでの最大の対策は 我々のそれとは正反対でした 依存症の人に雇用機会を与える 超大規模なプログラムと 起業したい依存症患者への 小額融資です

So say/ you used to be a mechanic.//

例えば元々整備士だった人が

When you're ready,/ they'll go to a garage,/ and they'll say,/ if you employ this guy/ for a year,/ we'll pay half his wages.//

働ける位 回復したら 修理工場に紹介し この人を一年雇えば 賃金の半分を 負担すると働きかけます

The goal was to make sure/ that every addict/ in Portugal had something/ to get out of bed/ for in the morning.//

目標は 国中の依存症患者が もれなく全員 朝起きてベッドから出る 理由を持つこと

And when I went/ and met the addicts/ in Portugal,/ what they said/ is,/ as they rediscovered purpose,/ they rediscovered bonds and relationships/ with the wider society.//

ポルトガルで 依存症の人と話したとき 人生の目的を再発見できたとか 広い社会での人間関係や 繋がりを再発見できたといった 声を聞きました

It'll be 15 years/ this year/ since that experiment began,/ and the results are in:/ injecting drug use is down in Portugal,/ according/ to the British Journal of Criminology,/ by 50 percent,/ five-zero percent.//

この実験が始まってから 今年で15年経ちますが 結果が出ています ポルトガルでの 注射器系の薬物使用は 英国犯罪学会の発表によれば 何と50%も減少

Overdose is massively down,/ HIV is massively down/ among addicts.//

薬物の過剰摂取は大幅減 患者のHIVも大幅に減りました

Addiction/ in every study is significantly down.//

あらゆる調査結果において 薬物依存が大幅減少したのです

One of the ways/ you know/ it's worked so well is/ that almost nobody/ in Portugal wants to go back/ to the old system.//

ポルトガルでの成功を表す 証拠の一つに ほぼ誰も前の制度には 戻りたくないのです

Now,/ that's the political implications.//

そう言うと 政治色が強く聞こえますが

I actually think/ there's a layer of implications/ to all this research/ below that.//

それまでに関わってきた数々の 研究に対しても意味ある成果です

We live in a culture/ where people feel really increasingly vulnerable/ to all sorts of addictions,/ whether it's to their smartphones/ or/ to shopping/ or to eating.//

この現代社会で誰もが感じるのが あらゆる種類の依存にますます 弱くなっているということ スマートフォンから 買い物依存 過食まで様々ですね

Before these talks began --/ you/ guys know this --/ we were told we weren't allowed to have/ our smartphones on,/ and I have to say,/ a lot of you looked an awful lot/ like addicts/ who were told their dealer was going to be unavailable/ for the next couple of hours.// (Laughter)/

ここでトークが始まる前 ― ご存知のように スマートフォンの持込禁止 と言われたはずですが この中でかなりの人が もうまるで 今から1、2時間 馴染みの売人と 連絡取れないよと 言われた薬物中毒者みたいな 顔してましたよ (笑)

A lot of us feel like that,/ and it might sound weird/ to say,/ I've been talking about how disconnection is a major driver of addiction and weird/ to say it's growing,/ because you think/ we're the most connected society/ that's ever been,/ surely.//

よくあることですよね でも 今まで私は 繋がりを絶たれることこそが 依存症の主な原因だと語ってきましたが なら依存症の増加は 変だと感じるかもしれません 人間史上 最も「繋がった」社会なはずですから

But I increasingly began to think/ that the connections/ we have or think we have,/ are like a kind of parody of human connection.//

しかし私は最近ますます 現代人の言う繋がりだとか そうだと思っているものは いわばその 類似品のようなものだと思い始めました

If you have a crisis/ in your life,/ you'll notice something.//

人生の中で大変な時期を 経験した方にはわかるでしょう

It won't be your Twitter followers/ who come to sit/ with you.//

傍にいてくれるのは Twitterのフォロワーではないし

It won't be your Facebook friends/ who help you turn it round.//

立ち直らせてくれるのは Facebook友達ではない

It'll be your flesh and blood friends/ who you have deep and nuanced and textured, face-to-face relationships with,/ and there's a study/ I learned about/ from Bill McKibben,/ the environmental writer,/ that I think/ tells us/ a lot/ about this.//

顔を合わせた付き合いで お互いを知り尽くし 深い人間関係を持つ 生身の友達であるはずです ビル・マッキーベンという 自然環境系の学者に聞いたのですが 大変参考になる研究があります

He looked at the number of close friends the average American believes they can call on/ in a crisis.//

この研究では平均的アメリカ人を対象に 人生の危機的な時期に 頼れると思える友達の数を調べました

That number has been declining steadily/ since the 1950s.//

この数が1950年代以来 ずっと右肩下がりなのです

The amount of floor space/ an individual has in their home has been steadily increasing,/ and I think/ that's like a metaphor/ for the choice/ we've made as a culture.//

一方 アメリカの家の 一人当たりの床面積は 逆に絶えず右肩上がりです これは 人間の社会や文化が 優先してきたものを 象徴するかのようです

We've traded floorspace/ for friends,/ we've traded stuff/ for connections,/ and the result is we are one of the loneliest societies/ there has ever been.//

床面積を増やし 友人を減らし 物欲のために人間関係を犠牲にし 結果として 人類史上で最も 孤独な社会が出来上がったのです

And Bruce Alexander,/ the guy/ who did the Rat Park experiment,/ says,/ we talk all the time/ in addiction/ about individual recovery,/ and it's right/ to talk about that,/ but we need to talk much more/ about social recovery.//

しかし「ネズミの楽園」の ブルース・アレクサンダー博士曰く 「依存症問題では 個人の更生にばかり目が行きがちだ それはそれでいいことだが 社会全体の立ち直りにも もっと注目すべきである

Something's gone wrong/ with us,/ not just/ with individuals/ but/ as a group,/ and we've created a society/ where,/ for a lot of us,/ life looks a whole lot more/ like that isolated cage/ and a whole lot less/ like Rat Park.//

人は個人レベルのみならず集団としても ボタンを掛け違えてしまったのだ 我々の作った社会は 多くの人にとって人生が 『ネズミの楽園』とはかけ離れ 他に何もない孤独なオリの ようなものになっている」

If I'm honest,/ this isn't/ why I went into it.//

正直私は 元々こんなこと知りたくて 依存症の調査を始めたわけでも

I didn't go in/ to the discover/ the political stuff,/ the social stuff.//

政治的、社会的な動機で 始めたわけでもありません

I wanted to know/ how to help the people/ I love.//

大切な人を助けたいという思いが きっかけでした

And when I came back/ from this long journey/ and I'd learned all this,/ I looked at the addicts/ in my life,/ and/ if you're really/ candid,/ it's hard loving/ an addict,/ and there's going to be lots of people/ who know in this room.//

しかし長い調査の旅を終えて これら全てを学んだ時 改めて 周りの依存症の人について ― 正直な話 大切な人が依存症だと辛いですよね この会場の中にも心当りのある方 沢山いるはずです

You are angry/ a lot of the time,/ and I think one of the reasons/ why this debate is so charged is/ because it runs through the heart of each of us,/ right?//

何度も 怒りを覚えたことでしょう この問題に対し ここまで激しく 感情が入ってしまう理由の一つは 私たち誰もが持っている問題だから だと思います

Everyone has a bit of them/ that looks at an addict/ and thinks,/ I wish/ someone would just stop you.//

「いっそ誰かが止めてくれたらね」と 苦々しく思ってしまう自分が 誰しも自分の中にあるのでは

And the kind of scripts/ we're told for how to deal with the addicts/ in our lives is typified by,/ I think,/ the reality show/ "Intervention,/"/ if you guys have ever seen/ it.//

更に リアリティ番組が 周りの依存症患者への接し方も 型にはめてしまいます 『インターベンション』て番組 知ってますか

I think everything/ in our lives is defined by reality TV,/ but that's another TED Talk.//

リアリティ番組が 人生を定義する時代 これは別の TEDトークのお題になりますね ―

If you've ever seen the show "Intervention,/"/ it's a pretty simple premise.//

この『インターベンション』の コンセプトはごく単純です

Get an addict,/ all the people/ in their life,/ gather them together,/ confront them/ with what they're doing,/ and they say,/ if you don't shape up,/ we're going to cut/ you off.//

依存症の人を見つけて 家族友人全員一同に集め 依存症の問題に迫ります 足を洗わないと縁を切ると脅す こういった内容ですね

So/ what they do/ is they take the connection/ to the addict,/ and they threaten it,/ they make it contingent/ on the addict/ behaving the way/ they want.//

この番組では本人の友人家族と 依存の対象とを 天秤にかけます 番組の思惑通りにしないと 人間関係が壊れるという 設定です

And I began to think,/ I began to see/ why that approach doesn't work,/ and I began to think/ that's almost/ like the importing of the logic of the Drug War/ into our private lives.//

こういうやり方では効果がない理由が だんだん分かってきました 「薬物との戦争」の論理を 個人の人生にあてはめているみたいだ そう思うようになったんです

So I was thinking,/ how could I be Portuguese?//

どうやったらポルトガルのような やり方ができるのでしょう?

And what I've tried to do now,/ and I can't tell you/ I do it consistently/ and I can't tell you/ it's easy,/ is to say to the addicts/ in my life/ that I want to deepen/ the connection/ with them,/ to say to them,/ I love you/ whether you're using/ or you're not.//

私自身が今まで試した方法は 一貫性があるとも 簡単だとも言えませんが 周りの依存症の人に こう言ってみるんです 「あなたともっと 深く関わり合いたい 何かをやっててもそうでなくても 大切に思っている

I love you,/ whatever state/ you're in,/ and/ if you need me,/ I'll come/ and sit with you/ because I love you/ and I don't want you/ to be alone/ or to feel alone.//

しらふでもそうじゃなくても 大切な人には変わりはないし そして 必要なときは 駆けつけて一緒にいてあげる だって 愛する人を 一人ぼっちにしたくないし 孤独に感じて欲しくないから」

And I think the core of that message --/ you're not alone,/ we love you --/ has to be at every level of how we respond to addicts,/ socially,/ politically and individually.//

このメッセージの核心部分である 「君は1人じゃないよ 愛されているんだよ」 依存患者には全次元において こういう意識で対応すべきです 社会的にも 政治的にも 個人的にもです

For 100 years now,/ we've been singing war songs/ about addicts.//

100年もの間 薬物と戦ってきたのは 間違いだったのではないでしょうか

I think all/ along we should have been singing love songs/ to them,/ because the opposite of addiction is not sobriety.//

戦うのではなく 愛をもって 対処すべきだったのではないでしょうか だって「依存症」の対極にあるのは 「しらふ」ではないんですよ

The opposite of addiction is connection.//

「依存症(addiction)」の反対は 「繋がり(connection)」なのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

addiction

(物事に)熱中すること《+『to』+『名』》

(麻薬などの)常用《+『to』+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

lately

『近ごろ』,最近

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

impose

(人・物に)〈重荷・税金など〉‘を'『課する』,負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人・物〉》

(人に)〈考えなど〉‘を'『押しつける』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

fateful

運命を決する,決定的な

予言的な(prophetic);不吉な

致命的な(fatal)

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

addict

《受動態で用いて》(…に)〈人〉'を'熱中させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』(do『ing』)》

(麻薬などの)常用者,中毒者

punish

〈人〉‘を'『罰する』,こらしめる

〈犯罪・違反・過ち〉‘を'『罰する』

…‘を'手荒く扱う

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

deter

〈恐怖・不安などが〉〈人〉‘を'ちゅうちょさせる;(…することを)〈人〉‘に'思い留まらせる《+『名』+『from』 do『ing』》

incentive

刺激,動機,誘因

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

incredibly

信じられないほど

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

instead

『その代りとして』,それよりも

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

okay

=OK,O.K.

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

dealer

『商人』;(…の)『業者』《+『in』+『名』》

(カードゲームの)札の配り手,親

Brooklyn

ブルックリン(New York市の1区で,Long Islandの西部にある)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

hallucinogen

幻覚剤

mongoose

マングース(イタチに似たネコ科の動物)

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

decriminalize

(財産・能力などを考慮して)''を'免罪する

Portugal

ポルトガル(ヨーロッパの共和国;首都はLisbon)

blew

blowの過去形

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

heroin

ヘロイン(モルヒネから作った麻酔薬)

enthusiastic

『熱狂的な』,熱烈な

prospect

〈C〉《通例単数性で》(高い位置からの)(…の)『光景』,眺め《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『予想』,展望《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

《複数性で》(…の)『成功の見込み(機会)』《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

〈C〉見込みのある人,有望な人

〈C〉《米》願客になりそうな人

(金などを求めて)〈ある地域〉‘を'探査する《+『名』+『for』+『名』》

(金などを求めて)探査する《+『for』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

hook

(物を引っ掛けたり,つるしたりするための)『掛けくぎ』;『留め金』,ホック

つり針(fishhook)

かぎ状の物(引用符(‘'),音符のひげの部分など);かぎ形の道具(かまなど)

川の湾曲;かぎ形の岬;(動・植物の)かぎ形の器官(突起)

(野球・ボウリング・ゴルフなどの)フックボール(きき腕と反対方向へカーブする)

(ボクシングの)フック(腕をかぎ形にして横から打つ打ち方)

(かぎなどで)…‘を'引っ掛ける,留める,つるす;〈魚〉‘を'釣る

…‘を'かぎ状に曲げる

〈人〉‘を'引っ掛ける,だます

(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'フックで投げる(打つ)

(ボクシングで)…‘を'フックで打つ

かぎで掛かる,ホックで留まる;(かぎのように)引っ掛かる

〈ボールが〉かぎ形に曲がる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

physically

物質的に;身体上;物理的に

first thing

まず最初に,朝一番に

alert

『油断のない』,用心深い

(頭の回転・動作などが)機敏な

(動作が)敏しょうな

〈U〉《しばしばthe ~》警戒,用心

〈C〉警報;警報発令期間

(…に対して)…‘に'警報(警告)を出す,警戒態勢をとらせる《+『名』+『to』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

hip

『腰』[の一方の側],ヒップ

= hip joint

hospital

『病院』

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

medically

医学(医術)的に;医学(医術)によって

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

carefully

『注意深く』,気をつけて

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

grandmother

『祖母』

replacement

置き換わること,取り替えること,元へ戻すこと;返済・置き換わる物(人),代理;補充員補充物

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

Vancouver

バンクーバー(カナダの British Columbia 州の南西部にある港市)

バンクーバー島(バンクーバーの南西海岸の沖にある島)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

sadistic

サディスト的な

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

water bottle

(ガラス製の)飲料水容器

《おもに英》水筒(canteen)

lace

〈C〉(靴・衣類などを締める)『ひも』

〈U〉『レース』

〈U〉(制服などの装飾用)モール

〈靴など〉‘を'『ひもで締める』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…で)〈衣類など〉‘に'レース飾りをする,へり飾りをつける《+『名』+『with』+『名』》

(…を)〈布地など〉‘に'織り混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

(酒を)…‘に'加える《+『名』+『with』+『名』》

〈靴・衣類などが〉ひもで締まる

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

basically

基本的に,根本的に;元来は

heaven

〈C〉《通例複数形で》『天』,『空』

〈U〉(神・天使などが住む)天国,極楽

〈U〉《H-》『神』(God)

〈C〉〈U〉《話》天国のような場所;非常な幸せ

rats

ばかな,信じられない

cheese

『チーズ』

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

tunnel

『トンネル』,地下道,坑道

〈山など〉‘に'トンネルを掘る

〈トンネルなど〉‘を'掘る

トンネルを掘る

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

overdose

(薬などの)与え過ぎ,飲み過ぎ

…‘に'薬を与え過ぎる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

lives

lifeの複数形

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

fortunately

『運よく』,幸いにも

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

psychiatry

精神病学,精神医学

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

withdrawal

引っ込めること,引っ込むこと,退くこと

引き上げ,回収

取り消し,撤回

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

adaptation

〈U〉適応,順応

〈U〉脚色,翻案;〈C〉翻案物,改作物

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

Peter

ペテロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;聖ペテロ(キリストの12使徒のひとり))

(新約聖書の)ペテロの手紙

Netherlands

『オランダ』(Hollandの公式名;首都はAmsterdam,政府所在地はThe Hague)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

human being

人,人間

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

innate

生まれつきの,生得の(inborn)

本質的な

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

relief

〈U〉〈C〉(苦通・悩みなどの)『軽減』,除去《+『from』+『名』》

〈U〉(苦通・悩みなどから解放されて)ほっとすること,安心

〈C〉《単数形で》『ほっとさせるもの』,気味らし,慰み

〈U〉(難民などへの)救済,救援[物資];(軍隊の)救援,援軍

〈U〉職務(任務)の交替;〈C〉《集合的に》交替者(班)

gamble

(…で)『かけごとをする』,とばくをする《+『at』+『名』》;(…に)かける《+『in』(『on』)+『名』》

(…にかけて)のるかそるかの冒険をする《+『on』+『名』》;(…をかけて)一か八がやってみる《+『with』+『名』》

(…に)〈金・名誉など〉‘を'『かける』《+『名』〈金など〉+『on』+『名』》

…‘を'かけごとで失う,とばくでする《+『away』+『名,』+『名』+『away』》

『かけごと』,『ばくち』

《a ~》一か八かの冒険

pornography

好色文学,春画,エロ写真,ポルノ映画

cannabis

インド大麻 マリファナ

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

totally

全く,完全に

legally

法律上,法律的に

合法的に

vodka

ウォッカ(無色透明で穀物やじゃがいもから作るロシアの火酒)

drunk

drinkの過去分詞

酒に酔って,酔っぱらって

(感動・喜びなどに)酔いしれて,夢中になって《+『with』+『名』》

酔っぱらい

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

homeless

家のない

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

Arizona

アリゾナ州(米国南西部の州,州都はPhoenix;《略》Ariz,AZ)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

drug addict

麻薬常用者

chain gang

(特に戸外路働で)1本の鎖につながれた囚人たち

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

grave

『墓穴』;(一般に)埋葬所,墓

《しばしばthe grave》死(death);滅亡

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

jeer

(人・人の欠点などを)あざける,ひやかす,やじる《+『at』+『名』》

〈人〉‘を'あざける,ひやかす,やじる

ひやかし,あざけり[の言葉],嘲笑

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

obviously

明らかに,明白に

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

mind-blowing

気持ちが吹っ飛んでいくような

(麻薬などが)幻覚症状を起こす

sham

〈C〉〈U〉にせもの,見せかけ,いんちき

〈C〉ぺてん師,詐欺師

見せかけの,にせの

…‘と'見せかける,‘の'ふりをする

見せかける;(…の)ふりをする《+『形』〈補〉》

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

disconnect

〈二者〉‘の'関係を絶つ;〈電話・電源など〉‘を'切る;(…から)…‘を'分離する《+『名』+『from』+『名』》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

residential

住居の,居住の

住居向きの

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

mechanic

『機械工』,職工

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

garage

(自動車の)『車庫』

自動車修理場

〈車〉‘を'車庫に入れる(入れておく)

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

wage

(通例肉体労働者の日・週ぎめの)『賃金』,給金

《単数・複数扱い》(罪などの)報い,応報

(…に対して)〈戦争など〉‘を'行う《+名+against(on)+名》

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

inject

(…に)〈液体など〉‘を'注射する,注入する《+『名』+『into』+『名』》;(…を)…‘に'注射する《+『名』+『with』+『名』》

(話などに)…‘を'動入する,さしはさむ《+『名』+『into』+『名』》

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

criminology

犯罪学

massively

どっしりと,重々しく,重苦しく

significantly

意味ありげに,意味深長に

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

increasingly

ますます,だんだん(more and more)

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

shopping

『買物』・買物の,買物のための

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

disconnection

切断,分離,断絶;(電気・電話の)断線

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

surely

『確かに』,疑いもなく

《否定文で用いて》まさか,よもや;《強意に用いて》きっと,絶対に

着実に,安全に

《おもに米》(返答で)いいとも,もちろん(certainly)

parody

もじり,パロディ(人や文体や作風などのふざけた模倣)

(…の)へたな模倣《+『of』(『on』)+『名』》

〈作風など〉‘を'もじる

…‘を'へたにまねる

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

follower

後から来る人,後に続く人

(信仰・思想などで)『人に従う人』;弟子,門人,信奉者,支持者

随行者,家来,部下

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

face-to-face

(…に)面と向かって,直面して《+『with』+『名』》

面と向かっての,差し向かいの

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

environmental

環境の;自然環境の

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

steadily

『着実に』,堅実に,たゆまずに

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

lonely

(人が)『ひとりの』,孤独の

『寂しい』,心細い

(物が)孤立した;場所が)人里離れた,人があまり実かない

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

candid

率直な,腹蔵ない,遠慮のない;(人に)率直な《+『with』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》(写真が)相手が意識いないときにとった,ポーズをとらない

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

script

〈U〉手書き;筆記体

〈U〉筆記活字

(ある言語の)文字,(alphabetなどの)文字体系

台本,脚本

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

typify

…‘の'典型である,‘を'代表する

…‘の'特徴を示す

…‘を'象徴する

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

premise

〈C〉(推理を行う上で結論の根拠となる)『前提』;(…という)根拠《+『that節』》

《the premises》前述の事項,前述の物件

《複数形で》家屋敷,土地建物;敷地,構内

…‘を'前置きとして(あらかじめ)述べる;…ということを前提とする《+『that節』》

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

contingent

起こるかもしれない,不測の;(…に)起こり得る《+『to』+『名』》

《補語にのみ用いて》(他の条件などに)依存する,…次第の《+『on』(『upon』)+『名』》

《集合的に》《《米》単数扱い,《英》浪数・閣数扱い》派遣団,代表団

分遣隊(艦隊)

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

Portuguese

ポルトガルの;ポルトガル人(語)の

〈C〉ポルトガル人

〈U〉ポルトガル語

consistently

一貫して;矛盾なく,きまって

deepen

‥'を'深くする,深める

〈色〉〈を〉濃くする

〈声〉〈を〉太くする,〈音調〉〈を〉下げる

深くなる

〈色が〉濃くなる

〈声が〉太くなる,〈音調〉がさがる

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

socially

社会的に,社会によって

社交上;社交的に

individually

個々に,個別的に

個人として,個人的に

個性的に,独自のやり方で

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

love song

恋歌

sobriety

酔っていない状態,しらふ

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画