TED日本語 - リー・モコベ: 迫真の詩 ― トランスジェンダーでいることはどういう気持ちか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アイデンティティーと過渡期という胸を揺さぶる詩的な探究の中、「私は解剖学の謎で、訊かれても答えられない疑問だった」と、TEDフェローで詩人のリー・モコベは言います。それは、自身の身体への洞察に富んだ内観と、それに注がれる意義なのです。

Script

初めて私が祈りを口にしたのは ステンドグラスのある大聖堂だった

集会が引けたあと 長いこと膝まずき

聖水に両手を浸し

胸で十字を切った

私の小さな身体は 木製の信徒席の至るところで

疑問符のように沈んでいた

イエスに 「私を直して」と乞うたのに

その返事が返って来なかった時

私の罪は焼焦げ 舌の上の砂糖のように

私の口は溶けて鎮まるという希望を胸に 沈黙を友にしたのだ

でも恥辱はあと味として 尾を引いた

そして 私に高潔さを 再教育する中で

私がどんなものにでも なれるのだという奇跡を

母が教えてくれ

「よし、男の子になるぞ!」と決めたのだ

それは可愛げのあるもので

野球帽を頭に 歯抜けの笑顔や

擦り剥けた膝小僧を イケてるファッションとし

私の野心に残されたものと かくれんぼをした

他の子供たちが遊べないゲームの

私は勝者だった

私は解剖学の謎で

訊かれても答えられない疑問で

ぎこちない男の子と 痛々しい女の子の綱渡りをしながらも

12歳にもなると 男の子らしさは もはや可愛げのあるものではなかった

スカートからのぞいていた私の膝小僧を 懐かしむ感傷的な おばさんは

私のような振る舞いは 決して一家に「夫」をもたらさない ―

つまり 異性との結婚と出産のために 私が存在することを思い出させ

そんな彼らの矢継ぎ早の侮辱を 私はグッと堪えたのだ

当然 私はクローゼットから出ることはなかった

でも学校の子供たちは 否応なくこじ開けてきた

聞いたことのない名前で呼ばれもした

「レズビアン」

でも私はバービーというよりケンで 女の子というよりは男の子だった

自分の身体は嫌いだったけど

有るがままにさせておける程愛し

あたかも家のように扱っているのだ

家がバラバラになる時は

退去したりせず

その中で快適に過ごせるよう 努力するだろう

ゲストを招待できるように綺麗にして

皆が立てるくらいに 床を十分に強くするだろう

でも 母は 私が消え行くモノに 自らをなぞらえていると恐れている

母の耳に鳴り響いていたのは マヤ・ホール リラ・アルコーン ブレイク・ブルッキングトン

母は私が ひっそりと命を絶ち

界隈でのお悔やみの話題と なれ果てるのを恐れている

母はこう責め立てた 「お前は大霊廟に変わり果て

歩く棺となり

ニュースの見出しが お前のアイデンティティを見世物にし

ブルース・ジェンナーのように噂される その身体で生きることの無慈悲さは

公平性を期すためのページの ただの注記扱いなのに」と

生身の人間というよりも幽霊だから

私たちは人間とはみなされないのだ

人々は私のジェンダー表現は企みで

天邪鬼で

否応なく 罠にかけようとしていると恐れ

私の身体は 彼らの目や手に晒され

そのいかがわしさを貪ってしまえば

気に食わないものは全て 吐き出すのだろう

彼らは私をクローゼットに押し戻して 他の骸骨たちと並べ上げるのだ

私は最高の人寄せになるだろう

人々を棺に誘い出し 墓石の綴りを誤植するのが

どれ程 たやすいことか?

そして人々は未だ考えるだろう なぜ 生き絶えだえの少年達がいるのかと

彼らは高校の廊下から消え去り

瞬く間にSNSで話題の標的にされ

ありふれたクラスの討論が 最後の審判の日になることを恐れている

今や 来るべき潮流は親よりも トランスジェンダーの子供たちを受入れることだ

トランスジェンダーの遺書があふれ

私たちの身体が罪についての教訓だと気づき

その身体を愛する方法を学ぶまで

一体どれ程の時間が掛かるのか

この全ての魂や憐れみを 神が救わなかったように

私の血がキリストの足を洗う ワインではないように

私の祈りは 今や 咽喉につかえているのだ

多分 私は最後には直るのか

それとも どうでもよくなるのか

あるいは 神は私の祈りを 終に聞いて下さったのだ

ありがとうございました (拍手)

The first time I uttered a prayer was in a glass-stained cathedral.

I was kneeling long after the congregation was on its feet,

dip both hands into holy water,

trace the trinity across my chest,

my tiny body drooping like a question mark

all over the wooden pew.

I asked Jesus to fix me,

and when he did not answer

I befriended silence in the hopes that my sin would burn

and salve my mouth would dissolve like sugar on tongue,

but shame lingered as an aftertaste.

And in an attempt to reintroduce me to sanctity,

my mother told me of the miracle I was,

said I could grow up to be anything I want.

I decided to be a boy.

It was cute.

I had snapback, toothless grin,

used skinned knees as street cred,

played hide and seek with what was left of my goal.

I was it.

The winner to a game the other kids couldn't play,

I was the mystery of an anatomy,

a question asked but not answered,

tightroping between awkward boy and apologetic girl,

and when I turned 12, the boy phase wasn't deemed cute anymore.

It was met with nostalgic aunts who missed seeing my knees in the shadow of skirts,

who reminded me that my kind of attitude would never bring a husband home,

that I exist for heterosexual marriage and child-bearing.

And I swallowed their insults along with their slurs.

Naturally, I did not come out of the closet.

The kids at my school opened it without my permission.

Called me by a name I did not recognize,

said "lesbian,"

but I was more boy than girl, more Ken than Barbie.

It had nothing to do with hating my body,

I just love it enough to let it go,

I treat it like a house,

and when your house is falling apart,

you do not evacuate,

you make it comfortable enough to house all your insides,

you make it pretty enough to invite guests over,

you make the floorboards strong enough to stand on.

My mother fears I have named myself after fading things.

As she counts the echoes left behind by Mya Hall, Leelah Alcorn, Blake Brockington.

She fears that I'll die without a whisper,

that I'll turn into "what a shame" conversations at the bus stop.

She claims I have turned myself into a mausoleum,

that I am a walking casket,

news headlines have turned my identity into a spectacle,

Bruce Jenner on everyone's lips while the brutality of living in this body

becomes an asterisk at the bottom of equality pages.

No one ever thinks of us as human

because we are more ghost than flesh,

because people fear that my gender expression is a trick,

that it exists to be perverse,

that it ensnares them without their consent,

that my body is a feast for their eyes and hands

and once they have fed off my queer,

they'll regurgitate all the parts they did not like.

They'll put me back into the closet, hang me with all the other skeletons.

I will be the best attraction.

Can you see how easy it is to talk people into coffins,

to misspell their names on gravestones.

And people still wonder why there are boys rotting,

they go away in high school hallways

they are afraid of becoming another hashtag in a second

afraid of classroom discussions becoming like judgment day

and now oncoming traffic is embracing more transgender children than parents.

I wonder how long it will be

before the trans suicide notes start to feel redundant,

before we realize that our bodies become lessons about sin

way before we learn how to love them.

Like God didn't save all this breath and mercy,

like my blood is not the wine that washed over Jesus' feet.

My prayers are now getting stuck in my throat.

Maybe I am finally fixed,

maybe I just don't care,

maybe God finally listened to my prayers.

Thank you. (Applause)

The first time/ I uttered/ a prayer was in a glass-stained cathedral.//

初めて私が祈りを口にしたのは ステンドグラスのある大聖堂だった

I was kneeling long/ after the congregation was on its feet,/ dip both hands/ into holy water,/ trace the trinity/ across my chest,/ my tiny body/ drooping like a question mark all/ over the wooden pew.//

集会が引けたあと 長いこと膝まずき 聖水に両手を浸し 胸で十字を切った 私の小さな身体は 木製の信徒席の至るところで 疑問符のように沈んでいた

I asked Jesus/ to fix me,/ and when he did not answer/ I befriended silence/ in the hopes/ that my sin would burn and salve my mouth would dissolve like sugar/ on tongue,/ but shame lingered as an aftertaste.//

イエスに 「私を直して」と乞うたのに その返事が返って来なかった時 私の罪は焼焦げ 舌の上の砂糖のように 私の口は溶けて鎮まるという希望を胸に 沈黙を友にしたのだ でも恥辱はあと味として 尾を引いた

And in an attempt to reintroduce me/ to sanctity,/ my mother told me of the miracle/ I was,/ said/ I could grow up/ to be anything/ I want.//

そして 私に高潔さを 再教育する中で 私がどんなものにでも なれるのだという奇跡を 母が教えてくれ

I decided to be a boy.//

「よし、男の子になるぞ!」と決めたのだ

It was cute.//

それは可愛げのあるもので

I had snapback, toothless grin,/ used/ skinned knees/ as street cred,/ played hide/ and seek with what was left of my goal.//

野球帽を頭に 歯抜けの笑顔や 擦り剥けた膝小僧を イケてるファッションとし 私の野心に残されたものと かくれんぼをした

I was it.//

他の子供たちが遊べないゲームの

The winner/ to a game/ the other kids couldn't play,/ I was the mystery of an anatomy,/ a question asked/ but not answered,/ tightroping between awkward boy and apologetic girl,/ and when I turned 12,/ the boy phase wasn't deemed cute anymore.//

私は勝者だった 私は解剖学の謎で 訊かれても答えられない疑問で ぎこちない男の子と 痛々しい女の子の綱渡りをしながらも 12歳にもなると 男の子らしさは もはや可愛げのあるものではなかった

It was met with nostalgic aunts/ who missed seeing/ my knees/ in the shadow of skirts,/ who reminded me/ that my kind of attitude would never bring a husband home,/ that I exist for heterosexual marriage and child-bearing.//

スカートからのぞいていた私の膝小僧を 懐かしむ感傷的な おばさんは 私のような振る舞いは 決して一家に「夫」をもたらさない ― つまり 異性との結婚と出産のために 私が存在することを思い出させ

And I swallowed their insults/ along with their slurs.//

そんな彼らの矢継ぎ早の侮辱を 私はグッと堪えたのだ

Naturally,/ I did not come out of the closet.//

当然 私はクローゼットから出ることはなかった

The kids/ at my school opened it/ without my permission.//

でも学校の子供たちは 否応なくこじ開けてきた

Called me/ by a name/ I did not recognize,/ said "lesbian,/"/ but I was more boy/ than girl,/ more Ken/ than Barbie.//

聞いたことのない名前で呼ばれもした 「レズビアン」 でも私はバービーというよりケンで 女の子というよりは男の子だった

It had nothing/ to do with hating my body,/ I just love it enough/ to let it go,/ I treat it/ like a house,/ and when your house is falling apart,/ you do not evacuate,/ you make it comfortable enough/ to house all your insides,/ you make it pretty enough/ to invite guests over,/ you make the floorboards strong enough/ to stand on.//

自分の身体は嫌いだったけど 有るがままにさせておける程愛し あたかも家のように扱っているのだ 家がバラバラになる時は 退去したりせず その中で快適に過ごせるよう 努力するだろう ゲストを招待できるように綺麗にして 皆が立てるくらいに 床を十分に強くするだろう

My mother fears/ I have named myself/ after fading things.//

でも 母は 私が消え行くモノに 自らをなぞらえていると恐れている

As she counts/ the echoes left behind/ by Mya Hall,/ Leelah Alcorn,/ Blake Brockington.//

母の耳に鳴り響いていたのは マヤ・ホール リラ・アルコーン ブレイク・ブルッキングトン

She fears/ that I'll die without a whisper,/ that I'll turn into "what a shame"/ conversations/ at the bus stop.//

母は私が ひっそりと命を絶ち 界隈でのお悔やみの話題と なれ果てるのを恐れている

She claims/ I have turned myself/ into a mausoleum,/ that I am a walking casket,/ news headlines have turned my identity/ into a spectacle,/ Bruce Jenner/ on everyone's lips/ while the brutality of living in this body becomes an asterisk/ at the bottom of equality pages.//

母はこう責め立てた 「お前は大霊廟に変わり果て 歩く棺となり ニュースの見出しが お前のアイデンティティを見世物にし ブルース・ジェンナーのように噂される その身体で生きることの無慈悲さは 公平性を期すためのページの ただの注記扱いなのに」と

No one ever thinks of us as human/ because we are more ghost/ than flesh,/ because people fear/ that my gender expression is a trick,/ that it exists to be perverse,/ that it ensnares them/ without their consent,/ that my body is a feast/ for their eyes and hands/ and/ once they have fed off/ my queer,/ they'll regurgitate all the parts/ they did not like.//

生身の人間というよりも幽霊だから 私たちは人間とはみなされないのだ 人々は私のジェンダー表現は企みで 天邪鬼で 否応なく 罠にかけようとしていると恐れ 私の身体は 彼らの目や手に晒され そのいかがわしさを貪ってしまえば 気に食わないものは全て 吐き出すのだろう

They'll put me back/ into the closet,/ hang me/ with all the other skeletons.//

彼らは私をクローゼットに押し戻して 他の骸骨たちと並べ上げるのだ

I will be the best attraction.//

私は最高の人寄せになるだろう

Can/ you see how easy/ it is to talk people/ into coffins,/ to misspell their names/ on gravestones.//

人々を棺に誘い出し 墓石の綴りを誤植するのが どれ程 たやすいことか?

And people still wonder/ why there are boys/ rotting,/ they go away/ in high school hallways they are afraid of becoming another hashtag/ in a second afraid of classroom discussions/ becoming like judgment day/ and now/ oncoming traffic is embracing more transgender children/ than parents.//

そして人々は未だ考えるだろう なぜ 生き絶えだえの少年達がいるのかと 彼らは高校の廊下から消え去り 瞬く間にSNSで話題の標的にされ ありふれたクラスの討論が 最後の審判の日になることを恐れている 今や 来るべき潮流は親よりも トランスジェンダーの子供たちを受入れることだ

I wonder/ how long/ it will be before the trans suicide notes start to feel/ redundant,/ before we realize/ that our bodies become lessons/ about sin way/ before we learn/ how to love them.//

トランスジェンダーの遺書があふれ 私たちの身体が罪についての教訓だと気づき その身体を愛する方法を学ぶまで 一体どれ程の時間が掛かるのか

Like God didn't save all this breath and mercy,/ like my blood is not the wine/ that washed over Jesus/' feet.//

この全ての魂や憐れみを 神が救わなかったように 私の血がキリストの足を洗う ワインではないように

My prayers are now getting stuck in my throat.//

私の祈りは 今や 咽喉につかえているのだ

Maybe/ I am finally fixed,/ maybe/ I just don't care,/ maybe/ God finally listened to my prayers.//

多分 私は最後には直るのか それとも どうでもよくなるのか あるいは 神は私の祈りを 終に聞いて下さったのだ

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

utter

『全くの』,完全な

prayer

〈U〉『祈ること』

〈C〉『願いごと』,祈り;嘆願

〈C〉(定められた)『祈りの言葉』,祈祷(きとう)文

〈U〉《しばしばP-》(教会の)礼拝,祈祷

〈C〉《通例複数形で》(家庭などの)おつとめ

《米話》《通例否定文で》成功の機会

cathedral

(bishopが統轄する)『大寺院』,大聖堂,大伽藍(がらん)

(一般の)大教会

kneel

(…に)『ひざまずく』,ひざをつく《+『down on』+『名』》

congregation

〈U〉〈C〉(人・物の)集まり,集合;集まった人々

〈C〉《集合的に》(礼拝に集まる)会衆

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

dip

(水などに)…‘を'『ちょっと浸す』,さっとつける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(中の物を取り出すために)(…に)〈手・バケツ・ひしゃくなど〉‘を'入れる《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'浸して染める

(…から)…‘を'すくい出す,くみ出す,すくい上げる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈旗など〉‘を'ちょっと下げてまたすぐ上げる

(…に)『ちょっとつかる』,さっと潜る《+『into』+『名』》

下がる,沈む

〈土地・道路などが〉下に傾く

(液体や容器に)手(さじなど)を突っ込んで取り出す《+『into』+『名』》

(ある問題を)ちょっと調べる,のぞく;(本などを)拾い読みする《+『into』+『名』》

〈C〉《話》ちょっと浸す(浸る)こと,一溶び

〈C〉(スープなどの)一すくい;一くみ

〈U〉(クラッカーを浸す)味付けソース;(染色などの)浸液;(羊を洗う)消毒液

〈C〉(土地・道路の)傾斜,下り坂;沈下,くぼみ

〈C〉(値段の)下落

holy water

(司祭によって聖別された)聖水

trace

〈C〉〈U〉(過去に存在した人・物・事件などの)『跡』,形跡,痕跡;(人・動物・車などの通った)跡,足跡《+of+名》

〈C〉(…の)かすかなきざし,気味,微量《+of+名》

〈C〉(記録計器の描く)線

…‘の'『跡をつける』,‘を'追跡する,〈足跡など〉‘を'たどる

(…まで)…‘の'由来(起源,原因など)をさかのぼる《+名+back(+back+名)+to+名》

(複写紙などを使って)…‘を'『[線をたどって]書き写す』

〈線・図形〉‘を'『描く』《+out+名,+名+out》

〈文字〉‘を'ていねいに書く

'‘を'捜しあてる,見つけ出す

(…に)『さかのぼる』《+back to+名》

trinity

〈C〉三つ集まって一単位をなすもの;三つ組,3人組

《the Trinity》『三位一体』(キリスト教で父である神,子であるキリストおよび聖霊(Holy Spirit)は,形は三つだが実は一体であるとする説)

《Trinity》(また Trinity Sunday)三位一体の主日(聖霊降臨祭(Whitsunday)の次の日曜日)

chest

(ふた付きのじょうぶな)『大箱』,ひつ

《米》たんす(=chest of drawers)

(…の)たんすいっぱい《+『of』+『名』》

『胸[部]』,肺

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

droop

(肩・花などが)垂れ下がる,うなだれる

悲しくなる,弱気になる

(…の)うなだれている状態(様子)《+『of』+『名』》

question mark

疑問符(?)

wooden

『木製の』,木造の

(行動などが)不自然な,ぎごちない

(表情などが)生気のない,無表情な

pew

(教会のベンチ形の)座席

Jesus

『イエス』(キリスト)

これは驚いた,ちくしょう

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

befriend

…‘の'友(味方)となる,‘に'力を貸す,'を'援助する

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

sin

〈U〉(宗教・道徳上の)『罪』

〈C〉(宗教・道徳上の)『罪の行為』,罪悪

〈C〉《特におどけて》違反(過失)の行為

(宗教・道徳上の)おきてを破る,罪を犯す

(…に)違反(過失)をする,背く《+『against』+『名』》

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

salve

軟こう

《文》慰め

…‘に'軟こうをはる

《文》〈悔恨・苦しみなど〉‘を'静める,和らげる

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

dissolve

…‘を'『溶かす』,溶液にする

…‘を'解消する,終りにする

…‘を'分解する;…‘を'解明する

〈物質が〉『溶ける』,溶解する,液化する

〈霧などが〉消散する,四散する(disperse)

次第に消滅する,次第に薄れる(fade away)

(強い感情に)負ける

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

tongue

〈C〉『舌』

〈C〉〈U〉(食用の牛などの)舌,タン

〈C〉『言葉』,言語(language)

〈C〉『言葉遣い』,言い回し

〈C〉話す能力

〈C〉(形・位置・働きが)舌に似たもの

〈C〉細長い岬

〈C〉(靴の)舌革,べろ

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

linger

(ぐずぐずして)『なかなか立ち去らない』《+『on』》

〈病人が〉(危篤状態で)生き続ける《+『on』》

なかなか無くならない《+『on』》

(…に)手間どる《+『over』+『名』》

aftertaste

(口に残る)あと口,あと味

(特に不快な経験・でき事などの)あと味

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

sanctity

〈U〉(生活態度・性格の)清らかさ,気高さ

〈U〉(場所などの持つ)神聖さ,神々しさ

《複数形で》神聖な義務(おきて)

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

toothless

歯のない

効力のない

grin

(軽べつ・満足・興味などの気持ちで)(…に)『歯を見せて[にやりと]笑う』《+『at』+『名』》

(苦痛・敵意・怒りなどで)(…に)歯をむき出す《+『at』+『名』》

歯をむき出した笑い

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

knee

『ひざ』,ひざがしら

(洋服の)ひざの部分;ひざのように曲がった物

…‘を'ひざでける

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

tightrope

(綱渡りの)綱

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

apologetic

わびの,謝罪の;(…を)わびて《+『for』+『名』》

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

deem

…‘と'思う(think)

nostalgic

郷愁の,郷愁に満ちた

昔を懐しむ,懐古にふける

aunt

『おば』

おばさん(年長の婦人に対する敬称)

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

skirt

(女性用の)『スカート』

(コート・ドレスなどの腰から下の)すそ

(車両・機械などの)すそ部,覆い,スカート

《複数形で》(…の)周辺,はずれ,郊外《+『of』+『名』》

《俗》女,娘(特にa bit of skirt,a piece of skirtの形で快楽の対象としてふざけて)

…‘の'縁(境)にある

…‘を'縁(境)に沿って行く,周辺を回って通る

〈問題など〉‘を'回避する

(…の)縁(境)にある《+『along』(『around』)+『名』》

(…の)縁(境)に沿って行く《+『along』(『around』)+『名』》

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

heterosexual

異性愛の

異性愛の人

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

swallow

『ツバメ』

insult

〈人・物など〉‘を'『侮辱する』,はずかしめる

(…に対する)『侮辱』,侮辱的な言動《+『to』+『名』》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

slur

〈言葉など〉‘を'不明瞭(ふめいりょう)に発音する

〈2つの音〉‘を'中断せずに演奏する(歌う)

〈音符〉‘に'スラーをつける

〈人〉‘を'けなす,悪く言う

(時間がなかったり隠そうとしたりして)…‘を'急いで片づける,あっさりと扱う《+『名』+『over,』+『over』+『名』》

不明瞭な発音[の話し方]

中傷,悪口

(音譜の)スラー;スラーのついた音符

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

closet

《おもに米》(衣類・食料などを入れる)『戸棚』,物置き,納戸(なんど)

《まれ》(一般に読書・打ち合わせ,特に祈り・瞑想に用いる)小室,小部屋

《古》便所

…'を'私室に閉じ込める

私室で使う(楽しむ)のにふさわしい

permission

『許可』,承諾

lesbian

(女性間の)同性愛の

レズビアン,同性愛の女

ken

理解;理解の範囲

〈人・物〉‘を'知る(know)

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

evacuate

…‘を'明け渡す,‘から'撤退する

(危険な所から安全な所へ)…‘を'移動させる,疎開させる《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

《文》…‘を'からにする

《文》(…から)〈排出物〉‘を'出す,排出する,《+『名』+『from』+『名』》

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

floorboard

床板

(自動車の)底板

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

echo

〈C〉〈U〉『反響』[音];『こだま』,山びこ

〈C〉〈U〉(意見・心情などに対する)共鳴,反応

〈C〉〈U〉(他人の行為・意見などの)繰り返し,まね《+『of』+『名』》;(…からの)影響《+『from』+『名』》;〈C〉まねをする人

〈場所が〉…‘を'『反響させる』

〈人の言葉・意見〉‘を'『そのまま繰り返す』,そっくりまねる

(…で)〈場所・音・声が〉『反響する』《+『with』+『名』(do『ing』)》

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

bus stop

バス停留所

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

mausoleum

霊廟(れいびょう)

casket

(貴重品を入れる)小箱,手箱

《おもに米》ひつぎ,棺おけ(=coffin)

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

spectacle

(特に印象的な)『光景』,ながめ,ありさま

〈C〉(特に大規模な)見せ物,スメクタクル

(また《話》『specs』)《複数形で》『眼鏡』

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

brutality

〈U〉獣性,野蛮,残忍性

〈C〉野蛮な行為

asterisk

星印(*)(脚注への参照などを示す)

…‘に'星印をつける

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

equality

(数量・程度・価値・大きさなどで)『等しいこと』,均等;(特に,権利・責任などにおいて)(…間の…の)『平等』《+『of』+『名』+『between』+『名』》

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

no one

『だれも』…『ない』

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

ghost

『幽霊』,亡霊,死者の霊

(…の)ほんのわずか《+『of』+『名』》

(…の)幻,面影《+『of』+『名』》

=ghost writer

(テレビの画面の)ゴースト

=ghostwrite

flesh

(人間・動物の)『肉』

(魚,時には鳥を除く)食肉(meat)

肉付き,太りぐあい

(くだもの)果肉;(野菜の)葉肉

《the~》(精神・魂に対して)『肉体』,身体

《the~》肉欲

肉色(ピンクがかった肌色)

gender

(名詞・代名詞の)性

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

perverse

(人・人の考え方が)ひねくれた,片意地な・つむじ曲りの, 強情な; あいにくの; 邪悪な・(情況・運命などが)思い通りにならない,不利な・(行為が)道理に反する,誤った

ensnare

〈人・鳥・動物〉‘を'わなにかける

feast

(宗教的な)『祝祭』,祭礼;祭日,祝日

祝宴,宴会(banquet);ごちそう

(…の)目や耳を楽しませるもの,(…にとっての)楽しみ《+『for』(『to』)+『名』》

(…で)…‘に'『ごちそうする』,‘を'もてなす《+名+on(upon)+名》

《文》(…で)〈目や耳〉‘を'喜ばせる,楽しませる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

宴を張って〈時〉‘を'過ごす《+『名』+『away』》

(…の)祝宴に列する,(…を)ごちそうになる《+『on』(『upon』)+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

queer

『風変りな』,変な

気分が悪い,目まいがする

…‘を'だめにする,失敗させる

《軽べつして》同性愛の男

regurgitate

〈食物〉‘を'吐く

食物をもどす;逆流させる

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

skeleton

(人間・動物の)『骨格』,がい骨

(建物・船などの)『骨組み』

(文芸作品などの)骨子,粗筋,概要

必要最小限のもの

《話》(骨と皮ばかりに)やせこけた人(動物)

attraction

〈U〉『引力』

〈C〉(人を)引きつける力,魅力となる物(事)《+『for』+『名』》

〈C〉呼び物,出し物

coffin

『棺』,ひつぎ

misspell

…‘の'つづりを誤る

gravestone

墓石,墓碑

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

rot

『腐る』,朽ちる《+『away』(『off』)》

だめになる

…‘を'『腐らせる』,腐朽させる

腐敗,腐れ;腐敗物

(動植物の)腐敗病;《話》たわ言,ばかなこと

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

hallway

=hall3

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

classroom

『クラスルーム』,教室

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

oncoming

近づいて来る,接近する

接近

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

redundant

余計な; 冗長な, くどい; 豊富な; 〔英〕 解雇された, (労働力が)余剰な・余分な表現が多い・(物などが)余分な,必要以上の

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

breath

〈U〉『息』,『呼吸』;UC〉1回の吸気(め気)

〈C〉(風の)そよぎ;(…の)かすかなかおり《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)ささやき(whisper)《+『of』+『名』》

mercy

〈U〉『慈悲』,寛大,あわれみ

〈C〉《a~》ありがたいこと,感謝すべきこと

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

wine

〈U〉〈C〉『ワイン』,ぶどう酒

〈U〉〈C〉(種々の)果実酒

ワインカラー,赤紫色

〈人〉‘を'ワインでもてなす

ワインカラーの,赤紫色の

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

feet

footの複数形

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

throat

(気管・食道部分としての)『のど』,咽喉部

のど首

のど状の物;(容器などの)首

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画