TED日本語 - ポール・スタメッツ: キノコが世界を救う6つの方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

菌類学者ポール・スタメッツが、菌性体が宇宙を救うことができる6つの方法を挙げます。汚染された土壌をきれいにし、殺虫剤を作り、天然痘、そして、インフルエンザまで治療します...

Script

挑戦好きな私には 地球を救うのがうってつけです 今 地球は危機に瀕しています 人類は「6X」つまり 6度目の絶滅の危機に突入 よく考えます もし「生命体連合」― 通称「オッオー」(笑)があって 全生命体に投票権があれば 人類はこの惑星の居住許可を もらえるだろうか?と 今や 評決のときだと思います

私はここで 6つの菌学的解決法を紹介します 菌類を使った 菌糸体をベースにした方法です 菌糸体はあらゆる地形にも入り込み 土壌をまとめ 非常に屈強です 土を3万倍も固くします 菌類は分子を自然に分解する 土の魔術師です 地球の全土で 腐食土を産み出しています 現在判明しているのは 菌糸体によって分解された栄養素が 縦横無尽に植物間で移動していること つまり菌糸体は ハンノキや樺から ドクゼリ ヒマラヤスギ ベイマツへと 栄養を運ぶお母さんみたいな存在です

ダスティと私にとってここは いわば日曜の教会です 私はこの原生林に惚れ込んでいます この林があるから 母国のアメリカが好きです ポルトベロマッシュルームは みなさんは大抵ご存知です 正直 それが悩みの種です 「マッシュルーム」と言うと 誰もがポルトベロか マジックマッシュルームを思い出し 目線がうつろになって 私をおかしい人だと思います その偏見に永久に突破口を空けたい 「菌類恐怖症」とは 菌類に関して現れる 未知のものへのいわれのない恐怖のことです

キノコの成長はとても速い 21日目 23日目 25日目です キノコは強力な抗生物質を出します 実は ヒトはどの生物界よりも キノコとの関係が密接です 20名の真核性微生物学者グループが 2年前 「後方べん毛生物」を 取り上げ 動物界と菌類をつなぐ 特殊な界だと発表しました ヒトは菌類と共通の 病原体に感染します 菌類はバクテリアによる 腐敗を嫌うため ヒトに最適な抗生物質は 菌類由来です でもこのキノコは盛りを過ぎ 胞子を出したあと キノコは腐敗する しかし 私がここで述べたいのは 腐敗中のキノコに発生する微生物が 健康な森に不可欠だということです 微生物が樹木を育むのです 堆積物を形成し それが菌糸体の栄養になるのです

そしてこのようにキノコが胞子を出します 胞子は発芽し 菌糸体となり地下へと生育します 菌糸体は1立方インチの土の中に 8マイル以上になることも 私の足の大きさなら 300マイル分です

ニック・リードとパトリック・ヒッキーの 顕微鏡写真です ごらんのように 菌糸体が育つにつれ 縄張りを広げ 網を張り始めます 私は電子顕微鏡を長年使用し 何千枚もの写真を撮影し 菌糸体を電子顕微鏡で見ていて 菌糸体は精密なろ過膜だと気付いたんです ヒト同様 菌糸体も 二酸化炭素を放出し 酸素を取り込みます しかし菌糸体の胃や肺は 体外にあり 神経膜の延長のようなもの と考えてください この空洞というか 微小な孔の中に 土を結合させる際に 水を吸収します 彼らは小さな井戸なのです この「井戸」の中に 微生物のコロニーが形成され スポンジ状の土は 浸食に抵抗するだけでなく 微生物の宇宙を創り たくさんの生命体を 誕生させます

私が最初に言ったのは 90年代初めでしたが 「菌糸体は地球の天然インターネット」 です 菌糸体を見ると 複雑に枝分かれしています なので枝が1本折れたとしても たくさんの分岐点があるので いわゆる「ホットポイント」です すぐに栄養素と情報の通り道が 別にできるというわけです 菌糸体には知覚があります 人の所在がわかります 人が歩いてきたら 通った所で跳びはねて 堆肥をつかみ取ろうとする だから私はインターネットの発明は 起こるべくして起こったと思います すでに先例としての 生物学的成功例がありますから 地球がインターネットを 発明したのは自分のためでしたが 地球上の生命体の頂点に立つ者として 人類は今や 生物圏を保護する為に 資源の分配方法を考えています

驚くべき事に 暗黒物質は 菌糸体の原型と一致します 私が考えるのは 物質に生命が宿り 単細胞生物となり 単細胞がつながり 連鎖してネットワークを形成した ということです これが全宇宙に見られる パラダイムなのです

ご存知かもしれませんが 菌類は最初の陸上生物です 13億年前 陸に上がりました 植物の上陸は数億年後です 何故こんな事が出来たのでしょう? それは 菌糸体がシュウ酸等をはじめ 多くの酸や酵素を作るからです 岩に無数の穴を開け カルシウムなどのミネラルを取り込み シュウ酸カルシウムを作るんです そのため岩石はもろくなりこれが 土中生物第一世代の始まりです シュウ酸は二酸化炭素分子が 2つ結合したものです 菌類や菌糸体により シュウ酸カルシウムの形で 二酸化炭素が分離されます 他のシュウ酸塩も 岩石マトリックスから取り込んだ ミネラルと結合して 二酸化炭素を分離します

これは1859年に発見されました フーバーによる写真で 1950年代 サウジアラビアで撮影されました 4億2千万年前に存在した生命体で その名はプロトタキシーテス これは倒れた状態ですが 高さは3フィート 当時最も背の高い植物でも 2フィート未満でした シカゴ大学のボイス博士が昨年 ジャーナル・オブ・ジオロジーに論文を発表し プロトタキシーテスは 巨大な菌類だと断定しました 大きなキノコだと 地球にはこういう 巨大キノコがいた 陸地の大部分にです 数千万年の間 この種は存続した

その後 数度の大量絶滅を経て 6,500万年前に 小惑星が衝突しました その結果 大気中に大量の岩屑が放出し 日光は遮られ 地球に菌類がはびこりました キノコと組んだ生命体は 恩恵を受けました 菌類に日光は不要だからです ごく最近アインシュタイン大学で 植物が光を使うように 菌類が放射能を使って エネルギーを作ることが 判明しました 他の惑星に 菌類が存在するかの見通しについて いまは結論しないでおきましょう 少なくとも私の中ではね

世界最大の生命体は 東オレゴンにあります 広さ2,200エーカー 2千年前のものを 見逃がすなんて無理です 世界で一番広い面積の生物は 細胞壁の厚みの菌糸体のマットです これほど大きいのに 厚みが細胞壁なんて生物が 何故発生できたのか 人の皮膚だって5~6層で身を守るのに 菌糸体は環境さえ良好なら キノコを生やします その勢いは アスファルトをも破るほどです 我々はいくつか実験を行いました これから地球を救うための 6つの方法をお伝えします これはバテル研究所と私は ベリンハムでの共同実験をしました 石油廃棄物に浸した 4つの山があります 1つは対照実験用 1つは酵素で処理 1つはバクテリアで処理 1つはキノコの菌を植えました 菌糸体は石油を吸収します 菌がペルオキシダーゼという 酵素を作り 炭素と水素の結合を破壊します これは炭化水素と同じ結合です 菌糸体はたっぷりと石油を吸います 6週間後に戻って 防水シートをどかしてみると 他の山は腐って黒ずんで異臭を放っていましたが 菌糸体の山へ行くと 大量のヒラタケに覆われ 明るい色をしていました 酵素により炭化水素が 炭水化物 つまり 菌性の糖へと変化したのです

キノコの中には健康そのもので 大きく成長したものもありました どれだけ栄養が吸収できたかわかります でもこれとは別のことが起こって そこから私は天啓を得ました 彼らが放出した胞子に虫が集まり その虫が卵を生んで幼虫となり 鳥が来て 種を落とし そこに命のオアシスができたのです 他の3つの山は黒い死の山となり 悪臭を放っていました 多環芳香族炭化水素は 8週間で1万ppm から200ppm 以下に減少しました 最終形態の写真は ありませんが 山全体が緑色の生命に溢れました 菌糸体は入口となる種です 先陣を切って扉を開け 他の生物群を招き入れるのです

そこで私は麻袋で作る土嚢を考案しました 嵐で倒れた木や落ちた枝と菌糸体を詰めた土嚢です この麻袋を 大腸菌や廃棄物を出す農場や 化学的毒素を排出する工場の 下流に置くと 生物の生息環境が回復します 私たちはワシントン州メーソン郡に 実験場を作り 大腸菌の劇的な減少を確認しました このグラフをご覧ください 目盛は対数で 10の8乗 コロニー数は1グラムにつき 1億以上 10の3乗なら約1000です 48時間から72時間にかけて 3種類のキノコは 大腸菌の量を1万分の1に 減少させました どういう事かと言うと この方法は 省スペースで 嵐で倒れた幹や落ちた枝を再利用します しかも嵐は毎年起こるので資源は確保できます

特に一種類のキノコが 私達の興味を惹くようになりました これは妻のダスティが サルノコシカケまたの名を アガリクスを持っているところ 原生林でしか育ちません ディオスコリデスが紀元65年に 初めて叙述した 古代の肺病の治療薬です 生息地は ワシントン州 オレゴン州 北カリフォルニア ブリティッシュコロンビア等の地域で 欧州では絶滅しました それほど巨大には見えませんが 近寄って見てみましょう 非常に珍しいキノコです 我々のチームには 現地調査を行うエキスパートがいて 去年 20回原生林に入りました その中で1個体の培養に成功しました

このキノコのゲノムを 原生林で保存することは 人類の健康にとって非常に重要です 私は米国のバイオシールド計画に 参加していました 私たちは300点以上の キノコを煮沸して菌糸体の 細胞外代謝物を抽出して 提出しました 数年前に 我々は 実験結果を受け取りました 天然痘ウィルスに対して 非常に抵抗性の高い 3つの系統のアガリクスが見つかったのです 米国国防省の天然痘のエキスパートの カーン博士によれば 選択指数が2以上だと 化合物は活性があると言えます 10以上だと 活性は強く 我々が提出したキノコ種では 非常に強い活性が見られました 「スタメッツ」と「天然痘」で 検索すれば 国防総省が検証済みの 報道発表が読めます NPR.orgへ行けば ライブでのインタビューも聞けます

これで気を良くした私達の 次の研究対象は当然インフルエンザでした これを人に見せるのは初めてです インフルエンザウイルスに対して 活性のあるアガリクスを3種類を発見 これが選択指数です 痘なら10~20代ですが インフルエンザは リバビリン対照群に比べ 異常に高い数値でした 使ったのは天然抽出物 純薬剤としての用量です H1N1型、H3N2型の A型ウイルスや B型ウイルスで実験しました その後混合物を H5N1型で試してみると 選択指数は1000以上に なりました (拍手) ですから こういう議論が 可能だと思います 「国家の防衛の為に 原生林を救わなければならない」と (拍手)

私は昆虫病原糸状菌に 興味を持ちました 虫を殺す菌糸体です 「大工アリ」は家屋を破壊します 環境保護庁のサイトを見ると シロアリや大工アリを殺す メタリジウム菌類の研究を 勧めていました 私は前代未聞の事をやりました 胞子を出し終えた菌糸体を追跡したのです これが胞子です 培養菌に手を加え 胞子を作らないようにしました 業界では1億ドル以上かけて シロアリ予防の 毒餌を作ろうとしました でも 虫は馬鹿じゃないので 胞子を避ける事もできます だから 胞子を作らないようにし 娘のバービー用の皿に入れ 毎日 大工アリの集団が 家を食い散らかしている所に置いてみました 胞子がなかった為 アリは菌糸体に惹かれ それを運んで行きました 女王アリの所へ運んだのです 1週間後 おがくずはなくなりました

そして ディナーと死が 繊細なダンスを踊り アリが食べた菌糸体は ミイラ化して ほら アリの頭から飛び出したキノコです (笑) 胞子が形成されたあとは 胞子がアリを追い払います だから我が家はもう アリの侵入を受け付けません 半永久的なシロアリ撃退法を 獲得したのです 家は倒壊しましたが 大工アリ、シロアリ、カミアリ撃退法の 最初の特許を獲得しました その後我々は抽出物を試し なんと! 虫の進行方向を操作できたのです これは大きな意味のある事です 二つ目の特許は大作で グラハム・ベル級の発明と言えます 20万種以上に有効です この技術はこれまで見た中で 最も破壊的な技術だと 殺虫剤産業の幹部たちに言われました この発明で 全世界の殺虫剤メーカーが変わります 博士課程の学生を100人に 学位を取らせる事もできでしょう なぜなら私の推測では 昆虫病原菌は 胞子を形成前には昆虫を惹きつけるのです 胞子が出来てしまうと追い払われる昆虫なのです

運搬システムが必要だったので 思いついたのがLife Boxです Life Boxは ― TED conferenceのDVD 買いますよね? ― 土と水をやれば 胞子、菌根、内生菌が手に入ります アガリクスのように その後 種がこの菌糸体から栄養を受けます 木の種をBoxの中にまけば うまく行けば 箱から原生林が育つかもしれません

私の望みは 世界中の運搬システムと ボール箱の使用法を改革し それらを環境に配慮した形にすることです YouTubeのような参加型サイトがあれば 特定のzipコードで交流できて 人が協力し合えるようになると Virtual Earth, Google Earth等 衛星画像システムで Life Box産の木が 炭素を吸収するのが確認できるでしょう

靴を入れるボール箱があり 水があれば ― 難民キャンプ用に開発した方法ですが コーン、豆、カボチャ、玉ねぎ等 [何でも育ちます] いくつかのコンテナを持ってきて ― 妻は私ができれば誰にでもできるといい ― 種のガーデンを作りました その後 種子を収穫しました 手伝ってくれたエリックに 感謝です そしてガーデンの種子も収穫します コーンを収穫できますそして 必要な穀粒ははわずかですが そこに菌性体を加え コーンの穂軸に植えます すると たった3つの穂軸から たくさんの菌類が育ち始めました 「炭素銀行」は引き出し過多になり コロニーは閉鎖されるでしょう でも それから何が起こるでしょうか? キノコが収穫されて でも非常に重要なことに 菌性体はセルロースを 糖に変えているのです そこで思いついたのが この国で エネルギー危機にどう対処するか? 思いついたのが 「エコノール」です

菌性体を使ってセルロースから エタノールを作れば たちまちに 今日説明したような効果が 全部得られます でもセルロースからエタノールを作ることは 環境的には賢い戦略ではありません むしろ環境的に賢い戦略で 燃料を作らねばならないのです 地上に炭素を貯め 土壌を再生しましょう 人間はこれらの生物と 共存せねばなりません 私は菌性体を研究することで 世界を救う役に立てると思います ありがとうございました (拍手)

I love a challenge, and saving the Earth is probably a good one. We all know the Earth is in trouble. We have now entered in the 6X, the sixth major extinction on this planet. I often wondered, if there was a United Organization of Organisms -- otherwise known as "Uh-Oh" -- (Laughter) -- and every organism had a right to vote, would we be voted on the planet, or off the planet? I think that vote is occurring right now.

I want to present to you a suite of six mycological solutions, using fungi, and these solutions are based on mycelium. The mycelium infuses all landscapes, it holds soils together, it's extremely tenacious. This holds up to 30,000 times its mass. They're the grand molecular disassemblers of nature -- the soil magicians. They generate the humus soils across the landmasses of Earth. We have now discovered that there is a multi-directional transfer of nutrients between plants, mitigated by the mcyelium -- so the mycelium is the mother that is giving nutrients from alder and birch trees to hemlocks, cedars and Douglas firs.

Dusty and I, we like to say, on Sunday, this is where we go to church. I'm in love with the old-growth forest, and I'm a patriotic American because we have those. Most of you are familiar with Portobello mushrooms. And frankly, I face a big obstacle. When I mention mushrooms to somebody, they immediately think Portobellos or magic mushrooms, their eyes glaze over, and they think I'm a little crazy. So, I hope to pierce that prejudice forever with this group. We call it mycophobia, the irrational fear of the unknown, when it comes to fungi.

Mushrooms are very fast in their growth. Day 21, day 23, day 25. Mushrooms produce strong antibiotics. In fact, we're more closely related to fungi than we are to any other kingdom. A group of 20 eukaryotic microbiologists published a paper two years ago erecting opisthokonta -- a super-kingdom that joins animalia and fungi together. We share in common the same pathogens. Fungi don't like to rot from bacteria, and so our best antibiotics come from fungi. But here is a mushroom that's past its prime. After they sporulate, they do rot. But I propose to you that the sequence of microbes that occur on rotting mushrooms are essential for the health of the forest. They give rise to the trees, they create the debris fields that feed the mycelium.

And so we see a mushroom here sporulating. And the spores are germinating, and the mycelium forms and goes underground. In a single cubic inch of soil, there can be more than eight miles of these cells. My foot is covering approximately 300 miles of mycelium.

This is photomicrographs from Nick Read and Patrick Hickey. And notice that as the mycelium grows, it conquers territory and then it begins the net. I've been a scanning electron microscopist for many years, I have thousands of electron micrographs, and when I'm staring at the mycelium, I realize that they are microfiltration membranes. We exhale carbon dioxide, so does mycelium. It inhales oxygen, just like we do. But these are essentially externalized stomachs and lungs. And I present to you a concept that these are extended neurological membranes. And in these cavities, these micro-cavities form, and as they fuse soils, they absorb water. These are little wells. And inside these wells, then microbial communities begin to form. And so the spongy soil not only resists erosion, but sets up a microbial universe that gives rise to a plurality of other organisms.

I first proposed, in the early 1990s, that mycelium is Earth's natural Internet. When you look at the mycelium, they're highly branched. And if there's one branch that is broken, then very quickly, because of the nodes of crossing -- Internet engineers maybe call them hot points -- there are alternative pathways for channeling nutrients and information. The mycelium is sentient. It knows that you are there. When you walk across landscapes, it leaps up in the aftermath of your footsteps trying to grab debris. So, I believe the invention of the computer Internet is an inevitable consequence of a previously proven, biologically successful model. The Earth invented the computer Internet for its own benefit, and we now, being the top organism on this planet, are trying to allocate resources in order to protect the biosphere.

Going way out, dark matter conforms to the same mycelial archetype. I believe matter begets life; life becomes single cells; single cells become strings; strings become chains; chains network. And this is the paradigm that we see throughout the universe.

Most of you may not know that fungi were the first organisms to come to land. They came to land 1.3 billion years ago, and plants followed several hundred million years later. How is that possible? It's possible because the mycelium produces oxalic acids, and many other acids and enzymes, pockmarking rock and grabbing calcium and other minerals and forming calcium oxalates. Makes the rocks crumble, and the first step in the generation of soil. Oxalic acid is two carbon dioxide molecules joined together. So, fungi and mycelium sequester carbon dioxide in the form of calcium oxalates. And all sorts of other oxalates are also sequestering carbon dioxide through the minerals that are being formed and taken out of the rock matrix.

This was first discovered in 1859. This is a photograph by Franz Hueber. This photograph's taken 1950s in Saudi Arabia. 420 million years ago, this organism existed. It was called Prototaxites. Prototaxites, laying down, was about three feet tall. The tallest plants on Earth at that time were less than two feet. Dr. Boyce, at the University of Chicago, published an article in the Journal of Geology this past year determining that Prototaxites was a giant fungus, a giant mushroom. Across the landscapes of Earth were dotted these giant mushrooms. All across most land masses. And these existed for tens of millions of years.

Now, we've had several extinction events, and as we march forward -- 65 million years ago -- most of you know about it -- we had an asteroid impact. The Earth was struck by an asteroid, a huge amount of debris was jettisoned into the atmosphere. Sunlight was cut off, and fungi inherited the Earth. Those organisms that paired with fungi were rewarded, because fungi do not need light. More recently, at Einstein University, they just determined that fungi use radiation as a source of energy, much like plants use light. So, the prospect of fungi existing on other planets elsewhere, I think, is a forgone conclusion, at least in my own mind.

The largest organism in the world is in Eastern Oregon. I couldn't miss it. It was 2,200 acres in size: 2,200 acres in size,2,000 years old. The largest organism on the planet is a mycelial mat,one cell wall thick. How is it that this organism can be so large, and yet be one cell wall thick, whereas we have five or six skin layers that protect us? The mycelium, in the right conditions, produces a mushroom -- it bursts through with such ferocity that it can break asphalt. We were involved with several experiments. I'm going to show you six, if I can, solutions for helping to save the world. Battelle Laboratories and I joined up in Bellingham, Washington. There were four piles saturated with diesel and other petroleum waste: one was a control pile; one pile was treated with enzymes; one pile was treated with bacteria; and our pile we inoculated with mushroom mycelium. The mycelium absorbs the oil. The mycelium is producing enzymes -- peroxidases -- that break carbon-hydrogen bonds. These are the same bonds that hold hydrocarbons together. So, the mycelium becomes saturated with the oil, and then, when we returned six weeks later, all the tarps were removed, all the other piles were dead, dark and stinky. We came back to our pile, it was covered with hundreds of pounds of oyster mushrooms, and the color changed to a light form. The enzymes remanufactured the hydrocarbons into carbohydrates -- fungal sugars.

Some of these mushrooms are very happy mushrooms. They're very large. They're showing how much nutrition that they could've obtained. But something else happened, which was an epiphany in my life. They sporulated, the spores attract insects, the insects laid eggs, eggs became larvae. Birds then came, bringing in seeds, and our pile became an oasis of life. Whereas the other three piles were dead, dark and stinky, and the PAH's -- the aromatic hydrocarbons -- went from 10,000 parts per million to less than 200 in eight weeks. The last image we don't have. The entire pile was a green berm of life. These are gateway species, vanguard species that open the door for other biological communities.

So I invented burlap sacks, bunker spawn -- and putting the mycelium -- using storm blown debris, you can take these burlap sacks and put them downstream from a farm that's producing E. coli, or other wastes, or a factory with chemical toxins, and it leads to habitat restoration. So, we set up a site in Mason County, Washington, and we've seen a dramatic decrease in the amount of coliforms. And I'll show you a graph here. This is a logarithmic scale,10 to the eighth power. There's more than a 100 million colonies per gram, and 10 to the third power is around 1,000. In 48 hours to 72 hours, these three mushroom species reduced the amount of coliform bacteria 10,000 times. Think of the implications. This is a space-conservative method that uses storm debris -- and we can guarantee that we will have storms every year.

So, this one mushroom, in particular, has drawn our interest over time. This is my wife Dusty, with a mushroom called Fomitopsis officinalis -- Agarikon. It's a mushroom exclusive to the old-growth forest that Dioscorides first described in 65 A.D. as a treatment against consumption. This mushroom grows in Washington State, Oregon, northern California, British Columbia, now thought to be extinct in Europe. May not seem that large -- let's get closer. This is extremely rare fungus. Our team -- and we have a team of experts that go out -- we went out 20 times in the old-growth forest last year. We found one sample to be able to get into culture.

Preserving the genome of these fungi in the old-growth forest I think is absolutely critical for human health. I've been involved with the U.S. Defense Department BioShield program. We submitted over 300 samples of mushrooms that were boiled in hot water, and mycelium harvesting these extracellular metabolites. And a few years ago, we received these results. We have three different strains of Agarikon mushrooms that were highly active against poxviruses. Dr. Earl Kern, who's a smallpox expert of the U.S. Defense Department, states that any compounds that have a selectivity index of two or more are active. 10 or greater are considered to be very active. Our mushroom strains were in the highly active range. There's a vetted press release that you can read -- it's vetted by DOD -- if you Google "Stamets" and "smallpox." Or you can go to NPR.org and listen to a live interview.

So, encouraged by this, naturally we went to flu viruses. And so, for the first time, I am showing this. We have three different strains of Agarikon mushrooms highly active against flu viruses. Here's the selectivity index numbers -- against pox, you saw 10s and 20s -- now against flu viruses, compared to the ribavirin controls, we have an extraordinarily high activity. And we're using a natural extract within the same dosage window as a pure pharmaceutical. We tried it against flu A viruses -- H1N1, H3N2 -- as well as flu B viruses. So then we tried a blend, and in a blend combination we tried it against H5N1, and we got greater than 1,000 selectivity index. (Applause) I then think that we can make the argument that we should save the old-growth forest as a matter of national defense. (Applause)

I became interested in entomopathogenic fungi -- fungi that kill insects. Our house was being destroyed by carpenter ants. So, I went to the EPA homepage, and they were recommending studies with metarhizium species of a group of fungi that kill carpenter ants, as well as termites. I did something that nobody else had done. I actually chased the mycelium, when it stopped producing spores. These are spores -- this is in their spores. I was able to morph the culture into a non-sporulating form. And so the industry has spent over 100 million dollars specifically on bait stations to prevent termites from eating your house. But the insects aren't stupid, and they would avoid the spores when they came close, and so I morphed the cultures into a non-sporulating form. And I got my daughter's Barbie doll dish, I put it right where a bunch of carpenter ants were making debris fields, every day, in my house, and the ants were attracted to the mycelium, because there's no spores. They gave it to the queen. One week later, I had no sawdust piles whatsoever.

And then -- a delicate dance between dinner and death -- the mycelium is consumed by the ants, they become mummified, and, boing, a mushroom pops out of their head. (Laughter) Now after sporulation, the spores repel. So, the house is no longer suitable for invasion. So, you have a near-permanent solution for reinvasion of termites. And so my house came down, I received my first patent against carpenter ants, termites and fire ants. Then we tried extracts, and lo and behold, we can steer insects to different directions. This has huge implications. I then received my second patent -- and this is a big one. It's been called an Alexander Graham Bell patent. It covers over 200,000 species. This is the most disruptive technology -- I've been told by executives of the pesticide industry -- that they have ever witnessed. This could totally revamp the pesticide industries throughout the world. You could fly 100 Ph.D. students under the umbrella of this concept, because my supposition is that entomopathogenic fungi, prior to sporulation, attract the very insects that are otherwise repelled by those spores.

And so I came up with a Life Box, because I needed a delivery system. The Life Box -- you're gonna be getting a DVD of the TED conference -- you add soil, you add water, you have mycorrhizal and endophytic fungi as well as spores, like of the Agarikon mushroom. The seeds then are mothered by this mycelium. And then you put tree seeds in here, and then you end up growing -- potentially -- an old-growth forest from a cardboard box.

I want to reinvent the delivery system, and the use of cardboard around the world, so they become ecological footprints. If there's a YouTube-like site that you could put up, you could make it interactive, zip code specific -- where people could join together, and through satellite imaging systems, through Virtual Earth or Google Earth, you could confirm carbon credits are being sequestered by the trees that are coming through Life Boxes.

You could take a cardboard box delivering shoes, you could add water -- I developed this for the refugee community -- corns, beans and squash and onions. I took several containers -- my wife said, if I could do this, anybody could -- and I ended up growing a seed garden. Then you harvest the seeds -- and thank you, Eric Rasmussen, for your help on this -- and then you're harvesting the seed garden. Then you can harvest the kernels, and then you just need a few kernels. I add mycelium to it, and then I inoculate the corncobs. Now,three corncobs, no other grain -- lots of mushrooms begin to form. Too many withdrawals from the carbon bank, and so this population will be shut down. But watch what happens here. The mushrooms then are harvested, but very importantly, the mycelium has converted the cellulose into fungal sugars. And so I thought, how could we address the energy crisis in this country? And we came up with Econol.

Generating ethanol from cellulose using mycelium as an intermediary -- and you gain all the benefits that I've described to you already. But to go from cellulose to ethanol is ecologically unintelligent, and I think that we need to be econologically intelligent about the generation of fuels. So, we build the carbon banks on the planet, renew the soils. These are a species that we need to join with. I think engaging mycelium can help save the world. Thank you very much. (Applause)

I love a challenge,/ and saving the Earth is probably a good one.//

挑戦好きな私には 地球を救うのがうってつけです

We/ all know/ the Earth is in trouble.//

今 地球は危機に瀕しています

We have now entered in the 6X,/ the sixth major extinction/ on this planet.//

人類は「6X」つまり 6度目の絶滅の危機に突入

I often wondered,/ if there was a United Organization of Organisms --/ otherwise known as "Uh-Oh" --/ (Laughter) --/ and every organism had a right/ to vote,/ would/ we be voted on the planet,/ or off the planet?//

よく考えます もし「生命体連合」― 通称「オッオー」(笑)があって 全生命体に投票権があれば 人類はこの惑星の居住許可を もらえるだろうか?と

I think/ that vote is occurring right now.//

今や 評決のときだと思います

I want to present/ to you/ a suite of six mycological solutions,/ using fungi,/ and these solutions are based on mycelium.//

私はここで 6つの菌学的解決法を紹介します 菌類を使った 菌糸体をベースにした方法です

The mycelium infuses all landscapes,/ it holds soils together,/ it's extremely tenacious.//

菌糸体はあらゆる地形にも入り込み 土壌をまとめ 非常に屈強です

This holds up to/ 30,000 times/ its mass.//

土を3万倍も固くします

They're the grand molecular disassemblers of nature --/ the soil magicians.//

菌類は分子を自然に分解する 土の魔術師です

They generate the humus soils/ across the landmasses of Earth.//

地球の全土で 腐食土を産み出しています

We have now discovered/ that there is a multi-directional transfer of nutrients/ between plants,/ mitigated by the mcyelium --/ so the mycelium is the mother/ that is giving nutrients/ from alder and birch trees/ to hemlocks,/ cedars and Douglas firs.//

現在判明しているのは 菌糸体によって分解された栄養素が 縦横無尽に植物間で移動していること つまり菌糸体は ハンノキや樺から ドクゼリ ヒマラヤスギ ベイマツへと 栄養を運ぶお母さんみたいな存在です

Dusty and I,/ we like to say,/ on Sunday,/ this is/ where we go to church.//

ダスティと私にとってここは いわば日曜の教会です

I'm in love/ with the old-growth forest,/ and I'm a patriotic American/ because we have those.//

私はこの原生林に惚れ込んでいます この林があるから 母国のアメリカが好きです

Most of you are familiar/ with Portobello mushrooms.//

ポルトベロマッシュルームは みなさんは大抵ご存知です

And frankly,/ I face a big obstacle.//

正直 それが悩みの種です

When I mention mushrooms/ to somebody,/ they immediately think Portobellos or magic mushrooms,/ their eyes glaze over,/ and they think/ I'm a little crazy.//

「マッシュルーム」と言うと 誰もがポルトベロか マジックマッシュルームを思い出し 目線がうつろになって 私をおかしい人だと思います

So,/ I hope to pierce/ that prejudice forever/ with this group.//

その偏見に永久に突破口を空けたい

We call it/ mycophobia,/ the irrational fear of the unknown,/ when it comes to fungi.//

「菌類恐怖症」とは 菌類に関して現れる 未知のものへのいわれのない恐怖のことです

Mushrooms are very fast/ in their growth.//

キノコの成長はとても速い

Day 21,/ day 23,/ day/ 25.//

21日目 23日目 25日目です

キノコは強力な抗生物質を出します

In fact,/ we're more closely related/ to fungi/ than we are to any other kingdom.//

実は ヒトはどの生物界よりも キノコとの関係が密接です

A group of 20 eukaryotic microbiologists published a paper/ two years ago/ erecting opisthokonta --/ a super-kingdom/ that joins/ animalia and fungi together.//

20名の真核性微生物学者グループが 2年前 「後方べん毛生物」を 取り上げ 動物界と菌類をつなぐ 特殊な界だと発表しました

We share in common the same pathogens.//

ヒトは菌類と共通の 病原体に感染します

Fungi don't like to rot/ from bacteria,/ and so/ our best antibiotics come from fungi.//

菌類はバクテリアによる 腐敗を嫌うため ヒトに最適な抗生物質は 菌類由来です

But here is a mushroom/ that's past its prime.//

でもこのキノコは盛りを過ぎ

After they sporulate,/ they do rot.//

胞子を出したあと キノコは腐敗する

But I propose to you/ that the sequence of microbes/ that occur on rotting mushrooms are essential/ for the health of the forest.//

しかし 私がここで述べたいのは 腐敗中のキノコに発生する微生物が 健康な森に不可欠だということです

They give rise/ to the trees,/ they create the debris fields/ that feed the mycelium.//

微生物が樹木を育むのです 堆積物を形成し それが菌糸体の栄養になるのです

And so/ we see a mushroom here/ sporulating.//

そしてこのようにキノコが胞子を出します

And the spores are germinating,/ and the mycelium forms/ and goes underground.//

胞子は発芽し 菌糸体となり地下へと生育します

In a single cubic inch of soil,/ there can be more than eight miles of these cells.//

菌糸体は1立方インチの土の中に 8マイル以上になることも

私の足の大きさなら 300マイル分です

This is photomicrographs/ from Nick Read and Patrick Hickey.//

ニック・リードとパトリック・ヒッキーの 顕微鏡写真です

And notice/ that as the mycelium grows,/ it conquers territory/ and then/ it begins the net.//

ごらんのように 菌糸体が育つにつれ 縄張りを広げ 網を張り始めます

I've been a scanning electron microscopist/ for many years,/ I have thousands of electron micrographs,/ and when I'm staring/ at the mycelium,/ I realize/ that they are microfiltration membranes.//

私は電子顕微鏡を長年使用し 何千枚もの写真を撮影し 菌糸体を電子顕微鏡で見ていて 菌糸体は精密なろ過膜だと気付いたんです

ヒト同様 菌糸体も 二酸化炭素を放出し

It inhales oxygen,/ just/ like we do.//

酸素を取り込みます

But these are essentially externalized stomachs and lungs.//

しかし菌糸体の胃や肺は 体外にあり

And I present to you/ a concept/ that these are extended neurological membranes.//

神経膜の延長のようなもの と考えてください

And/ in these cavities,/ these micro-cavities form,/ and/ as they fuse soils,/ they absorb water.//

この空洞というか 微小な孔の中に 土を結合させる際に 水を吸収します

These are little wells.//

彼らは小さな井戸なのです

And/ inside these wells,/ then/ microbial communities begin to form.//

この「井戸」の中に 微生物のコロニーが形成され

And so/ the spongy soil not only resists erosion,/ but sets up/ a microbial universe/ that gives rise/ to a plurality of other organisms.//

スポンジ状の土は 浸食に抵抗するだけでなく 微生物の宇宙を創り たくさんの生命体を 誕生させます

I first proposed,/ in the early 1990s,/ that mycelium is Earth's natural Internet.//

私が最初に言ったのは 90年代初めでしたが 「菌糸体は地球の天然インターネット」 です

When you look at the mycelium,/ they're highly branched.//

菌糸体を見ると 複雑に枝分かれしています

And/ if there's one branch/ that is broken,/ then very quickly,/ because of the nodes of crossing --/ Internet engineers maybe call them/ hot points --/ there are alternative pathways/ for channeling nutrients/ and information.//

なので枝が1本折れたとしても たくさんの分岐点があるので いわゆる「ホットポイント」です すぐに栄養素と情報の通り道が 別にできるというわけです

菌糸体には知覚があります

It knows/ that you are there.//

人の所在がわかります

When you walk across landscapes,/ it leaps up/ in the aftermath of your footsteps/ trying to grab/ debris.//

人が歩いてきたら 通った所で跳びはねて 堆肥をつかみ取ろうとする

So,/ I believe the invention of the computer/ Internet is an inevitable consequence of a previously proven,/ biologically successful model.//

だから私はインターネットの発明は 起こるべくして起こったと思います すでに先例としての 生物学的成功例がありますから

The Earth invented the computer Internet/ for its own benefit,/ and we now,/ being the top organism/ on this planet,/ are trying to allocate/ resources/ in order to protect the biosphere.//

地球がインターネットを 発明したのは自分のためでしたが 地球上の生命体の頂点に立つ者として 人類は今や 生物圏を保護する為に 資源の分配方法を考えています

Going way out,/ dark matter conforms to the same mycelial archetype.//

驚くべき事に 暗黒物質は 菌糸体の原型と一致します

I believe matter begets life;/ life becomes single cells;/ single cells become strings;/ strings become chains;/ chains network.//

私が考えるのは 物質に生命が宿り 単細胞生物となり 単細胞がつながり 連鎖してネットワークを形成した ということです

And this is the paradigm/ that we see throughout the universe.//

これが全宇宙に見られる パラダイムなのです

Most of you may not know/ that fungi were the first organisms/ to come to land.//

ご存知かもしれませんが 菌類は最初の陸上生物です

They came to land 1.3 billion years ago,/ and plants followed several hundred million years later.//

13億年前 陸に上がりました 植物の上陸は数億年後です

How is that possible?//

何故こんな事が出来たのでしょう?

It's possible/ because the mycelium produces oxalic acids,/ and many other acids and enzymes,/ pockmarking rock/ and grabbing calcium/ and other minerals/ and forming calcium oxalates.//

それは 菌糸体がシュウ酸等をはじめ 多くの酸や酵素を作るからです 岩に無数の穴を開け カルシウムなどのミネラルを取り込み シュウ酸カルシウムを作るんです

Makes the rocks crumble,/ and the first step/ in the generation of soil.//

そのため岩石はもろくなりこれが 土中生物第一世代の始まりです

シュウ酸は二酸化炭素分子が 2つ結合したものです

So, fungi and mycelium sequester carbon dioxide/ in the form of calcium oxalates.//

菌類や菌糸体により シュウ酸カルシウムの形で 二酸化炭素が分離されます

And all sorts of other oxalates are also sequestering carbon dioxide/ through the minerals/ that are being formed and taken out of the rock matrix.//

他のシュウ酸塩も 岩石マトリックスから取り込んだ ミネラルと結合して 二酸化炭素を分離します

This was first discovered in 1859.//

これは1859年に発見されました

This is a photograph/ by Franz Hueber.//

フーバーによる写真で

This photograph's taken 1950s/ in Saudi Arabia.//

1950年代 サウジアラビアで撮影されました

420 million years ago,/ this organism/ existed.//

4億2千万年前に存在した生命体で

It was called Prototaxites.//

その名はプロトタキシーテス

Prototaxites,/ laying down,/ was about three feet tall.//

これは倒れた状態ですが 高さは3フィート

The tallest plants/ on Earth/ at that time were less than two feet.//

当時最も背の高い植物でも 2フィート未満でした

Dr. Boyce,/ at the University of Chicago,/ published an article/ in the Journal of Geology/ this past year/ determining/ that Prototaxites was a giant fungus,/ a giant mushroom.//

シカゴ大学のボイス博士が昨年 ジャーナル・オブ・ジオロジーに論文を発表し プロトタキシーテスは 巨大な菌類だと断定しました 大きなキノコだと

Across the landscapes of Earth were dotted these giant mushrooms.//

地球にはこういう 巨大キノコがいた

All/ across most land masses.//

陸地の大部分にです

And these existed for tens of millions of years.//

数千万年の間 この種は存続した

Now,/ we've had several extinction events,/ and/ as we march forward --/ 65 million years ago --/ most of you know about it --/ we had an asteroid impact.//

その後 数度の大量絶滅を経て 6,500万年前に 小惑星が衝突しました

The Earth was struck by an asteroid,/ a huge amount of debris was jettisoned into the atmosphere.//

その結果 大気中に大量の岩屑が放出し

Sunlight was cut off,/ and fungi inherited the Earth.//

日光は遮られ 地球に菌類がはびこりました

Those organisms/ that paired with fungi were rewarded,/ because fungi do not need light.//

キノコと組んだ生命体は 恩恵を受けました 菌類に日光は不要だからです

More recently,/ at Einstein University,/ they just determined/ that fungi use radiation/ as a source of energy,/ much/ like plants use light.//

ごく最近アインシュタイン大学で 植物が光を使うように 菌類が放射能を使って エネルギーを作ることが 判明しました

So,/ the prospect of fungi/ existing on other planets elsewhere,/ I think,/ is a forgone conclusion,/ at least/ in my own mind.//

他の惑星に 菌類が存在するかの見通しについて いまは結論しないでおきましょう 少なくとも私の中ではね

The largest organism/ in the world is in Eastern Oregon.//

世界最大の生命体は 東オレゴンにあります

I couldn't miss it.// It was 2,200 acres/ in size:/ 2,200 acres/ in size,/2,000 years old.//

広さ2,200エーカー 2千年前のものを 見逃がすなんて無理です

The largest organism/ on the planet is a mycelial mat,/one cell wall thick.//

世界で一番広い面積の生物は 細胞壁の厚みの菌糸体のマットです

How is it/ that this organism can be so large,/ and yet be one cell wall thick,/ whereas we have five or six skin layers/ that protect us?//

これほど大きいのに 厚みが細胞壁なんて生物が 何故発生できたのか 人の皮膚だって5~6層で身を守るのに

The mycelium,/ in the right conditions,/ produces a mushroom --/ it bursts through/ with such ferocity/ that it can break asphalt.//

菌糸体は環境さえ良好なら キノコを生やします その勢いは アスファルトをも破るほどです

我々はいくつか実験を行いました

I'm going to show/ you/ six,/ if I can,/ solutions/ for helping to save the world.//

これから地球を救うための 6つの方法をお伝えします

Battelle Laboratories/ and I joined up/ in Bellingham,/ Washington.//

これはバテル研究所と私は ベリンハムでの共同実験をしました

There were four piles saturated with diesel and other petroleum waste:/ one was a control pile;/ one pile was treated with enzymes;/ one pile was treated with bacteria;/ and our pile/ we inoculated with mushroom mycelium.//

石油廃棄物に浸した 4つの山があります 1つは対照実験用 1つは酵素で処理 1つはバクテリアで処理 1つはキノコの菌を植えました

菌糸体は石油を吸収します

The mycelium is producing enzymes --/ peroxidases --/ that break carbon-hydrogen bonds.//

菌がペルオキシダーゼという 酵素を作り 炭素と水素の結合を破壊します

These are the same bonds/ that hold hydrocarbons together.//

これは炭化水素と同じ結合です

So,/ the mycelium becomes saturated with the oil,/ and then,/ when we returned six weeks later,/ all the tarps were removed,/ all the other piles were dead, dark and stinky.//

菌糸体はたっぷりと石油を吸います 6週間後に戻って 防水シートをどかしてみると 他の山は腐って黒ずんで異臭を放っていましたが

We came back/ to our pile,/ it was covered with hundreds of pounds of oyster mushrooms,/ and the color changed to a light form.//

菌糸体の山へ行くと 大量のヒラタケに覆われ 明るい色をしていました

The enzymes remanufactured the hydrocarbons/ into carbohydrates --/ fungal sugars.//

酵素により炭化水素が 炭水化物 つまり 菌性の糖へと変化したのです

Some of these mushrooms are very happy mushrooms.//

キノコの中には健康そのもので

They're very large.//

大きく成長したものもありました

They're showing/ how much nutrition/ that they could've obtained.//

どれだけ栄養が吸収できたかわかります

But something else happened,/ which was an epiphany/ in my life.//

でもこれとは別のことが起こって そこから私は天啓を得ました

They sporulated,/ the spores attract insects,/ the insects laid eggs,/ eggs became larvae.//

彼らが放出した胞子に虫が集まり その虫が卵を生んで幼虫となり

Birds then came,/ bringing in seeds,/ and our pile became an oasis of life.//

鳥が来て 種を落とし そこに命のオアシスができたのです

Whereas the other three piles were dead, dark and stinky,/ and the PAH's --/ the aromatic hydrocarbons --/ went from 10,000 parts/ per million/ to less than 200/ in eight weeks.//

他の3つの山は黒い死の山となり 悪臭を放っていました 多環芳香族炭化水素は 8週間で1万ppm から200ppm 以下に減少しました

The last image/ we don't have.//

最終形態の写真は ありませんが

The entire pile was a green berm of life.//

山全体が緑色の生命に溢れました

These are gateway species,/ vanguard species/ that open the door/ for other biological communities.//

菌糸体は入口となる種です 先陣を切って扉を開け 他の生物群を招き入れるのです

So I invented burlap sacks,/ bunker spawn --/ and putting the mycelium --/ using storm blown debris,/ you can take these burlap sacks/ and put them downstream/ from a farm/ that's producing E. coli,/ or other wastes,/ or a factory/ with chemical toxins,/ and it leads to habitat/ restoration.//

そこで私は麻袋で作る土嚢を考案しました 嵐で倒れた木や落ちた枝と菌糸体を詰めた土嚢です この麻袋を 大腸菌や廃棄物を出す農場や 化学的毒素を排出する工場の 下流に置くと 生物の生息環境が回復します

So,/ we set up/ a site/ in Mason County,/ Washington,/ and we've seen a dramatic decrease/ in the amount of coliforms.//

私たちはワシントン州メーソン郡に 実験場を作り 大腸菌の劇的な減少を確認しました

And I'll show you/ a graph/ here.//

このグラフをご覧ください

This is a logarithmic scale,/10/ to the eighth power.//

目盛は対数で 10の8乗

There's more/ than a 100 million colonies/ per gram,/ and 10/ to the third power is around 1,000.//

コロニー数は1グラムにつき 1億以上 10の3乗なら約1000です

In 48 hours/ to 72 hours,/ these three mushroom species reduced the amount of coliform bacteria/ 10,000 times.//

48時間から72時間にかけて 3種類のキノコは 大腸菌の量を1万分の1に 減少させました

Think of the implications.//

どういう事かと言うと

This is a space-conservative method/ that uses storm debris --/ and we can guarantee/ that we will have storms/ every year.//

この方法は 省スペースで 嵐で倒れた幹や落ちた枝を再利用します しかも嵐は毎年起こるので資源は確保できます

So,/ this one mushroom,/ in particular,/ has drawn our interest/ over time.//

特に一種類のキノコが 私達の興味を惹くようになりました

This is my wife Dusty,/ with a mushroom called Fomitopsis officinalis --/ Agarikon.//

これは妻のダスティが サルノコシカケまたの名を アガリクスを持っているところ

It's a mushroom exclusive/ to the old-growth forest/ that Dioscorides first described in 65/ A.D./ as a treatment/ against consumption.//

原生林でしか育ちません ディオスコリデスが紀元65年に 初めて叙述した 古代の肺病の治療薬です

生息地は ワシントン州 オレゴン州 北カリフォルニア ブリティッシュコロンビア等の地域で 欧州では絶滅しました

May not seem that large --/ let's get closer.//

それほど巨大には見えませんが 近寄って見てみましょう

非常に珍しいキノコです

Our team --/ and we have a team of experts/ that go out --/ we went out/ 20 times/ in the old-growth forest/ last year.//

我々のチームには 現地調査を行うエキスパートがいて 去年 20回原生林に入りました

We found one sample/ to be able to get into culture.//

その中で1個体の培養に成功しました

Preserving the genome of these fungi/ in the old-growth forest/ I think/ is absolutely critical/ for human health.//

このキノコのゲノムを 原生林で保存することは 人類の健康にとって非常に重要です

I've been involved with the U.S.// Defense Department BioShield program.//

私は米国のバイオシールド計画に 参加していました

We submitted over 300 samples of mushrooms/ that were boiled in hot water,/ and mycelium/ harvesting these extracellular metabolites.//

私たちは300点以上の キノコを煮沸して菌糸体の 細胞外代謝物を抽出して 提出しました

And a few years ago,/ we received these results.//

数年前に 我々は 実験結果を受け取りました

We have three different strains of Agarikon mushrooms/ that were highly active/ against poxviruses.//

天然痘ウィルスに対して 非常に抵抗性の高い 3つの系統のアガリクスが見つかったのです

Dr. Earl Kern,/ who's a smallpox expert of the U.S.// Defense Department,/ states/ that any compounds/ that have a selectivity index of two or more are active.//

米国国防省の天然痘のエキスパートの カーン博士によれば 選択指数が2以上だと 化合物は活性があると言えます

10 or greater are considered to be very active.//

10以上だと 活性は強く

Our mushroom strains were in the highly active range.//

我々が提出したキノコ種では 非常に強い活性が見られました

There's a vetted press release/ that you can read --/ it's vetted by DOD --/ if you/ Google "Stamets"/ and "smallpox."//

「スタメッツ」と「天然痘」で 検索すれば 国防総省が検証済みの 報道発表が読めます

Or you can go to NPR.org/ and listen to a live interview.//

NPR.orgへ行けば ライブでのインタビューも聞けます

So,/ encouraged by this,/ naturally/ we went to flu/ viruses.//

これで気を良くした私達の 次の研究対象は当然インフルエンザでした

And so,/ for the first time,/ I am showing this.//

これを人に見せるのは初めてです

We have three different strains of Agarikon mushrooms highly active/ against flu viruses.//

インフルエンザウイルスに対して 活性のあるアガリクスを3種類を発見

Here's the selectivity index numbers --/ against pox,/ you saw 10s and 20s --/ now/ against flu viruses,/ compared/ to the ribavirin controls,/ we have an extraordinarily high activity.//

これが選択指数です 痘なら10~20代ですが インフルエンザは リバビリン対照群に比べ 異常に高い数値でした

And we're using/ a natural extract/ within the same dosage window/ as a pure pharmaceutical.//

使ったのは天然抽出物 純薬剤としての用量です

We tried it/ against flu A viruses --/ H1N1,/ H3N2 --/ as well as/ flu B viruses.//

H1N1型、H3N2型の A型ウイルスや B型ウイルスで実験しました

So then/ we tried a blend,/ and in a blend combination/ we tried it/ against H5N1,/ and we got greater than 1,000 selectivity index.//

その後混合物を H5N1型で試してみると 選択指数は1000以上に なりました

(拍手)

I then think/ that we can make the argument/ that we should save the old-growth forest/ as a matter of national defense.//

ですから こういう議論が 可能だと思います 「国家の防衛の為に 原生林を救わなければならない」と

(拍手)

I became interested/ in entomopathogenic fungi --/ fungi/ that kill insects.//

私は昆虫病原糸状菌に 興味を持ちました 虫を殺す菌糸体です

Our house was being destroyed by carpenter ants.//

「大工アリ」は家屋を破壊します

So,/ I went to the EPA homepage,/ and they were recommending studies/ with metarhizium species of a group of fungi/ that kill carpenter ants,/ as well as/ termites.//

環境保護庁のサイトを見ると シロアリや大工アリを殺す メタリジウム菌類の研究を 勧めていました

I did something/ that nobody else had done.//

私は前代未聞の事をやりました

I actually chased the mycelium,/ when it stopped producing/ spores.//

胞子を出し終えた菌糸体を追跡したのです

These are spores --/ this is in their spores.//

これが胞子です

I was able to morph the culture/ into a non-sporulating form.//

培養菌に手を加え 胞子を作らないようにしました

And so/ the industry has spent over 100 million dollars specifically/ on bait stations/ to prevent termites/ from eating your house.//

業界では1億ドル以上かけて シロアリ予防の 毒餌を作ろうとしました

But the insects aren't stupid,/ and they would avoid the spores/ when they came close,/ and so I morphed the cultures/ into a non-sporulating form.//

でも 虫は馬鹿じゃないので 胞子を避ける事もできます だから 胞子を作らないようにし

And I got my daughter's Barbie doll dish,/ I put it right where/ a bunch of carpenter ants were making debris fields,/ every day,/ in my house,/ and the ants were attracted to the mycelium,/ because there's no spores.//

娘のバービー用の皿に入れ 毎日 大工アリの集団が 家を食い散らかしている所に置いてみました 胞子がなかった為 アリは菌糸体に惹かれ それを運んで行きました

They gave it/ to the queen.//

女王アリの所へ運んだのです

One week later,/ I had no sawdust piles whatsoever.//

1週間後 おがくずはなくなりました

And then --/ a delicate dance/ between dinner and death --/ the mycelium is consumed by the ants,/ they become mummified,/ and,/ boing,/ a mushroom pops out of their head.//

そして ディナーと死が 繊細なダンスを踊り アリが食べた菌糸体は ミイラ化して ほら アリの頭から飛び出したキノコです

(笑)

Now/ after sporulation,/ the spores repel.//

胞子が形成されたあとは 胞子がアリを追い払います

So,/ the house is no longer suitable/ for invasion.//

だから我が家はもう アリの侵入を受け付けません

So,/ you have a near-permanent solution/ for reinvasion of termites.//

半永久的なシロアリ撃退法を 獲得したのです

And so/ my house came down,/ I received my first patent/ against carpenter ants,/ termites and fire ants.//

家は倒壊しましたが 大工アリ、シロアリ、カミアリ撃退法の 最初の特許を獲得しました

Then/ we tried extracts,/ and lo and behold,/ we can steer insects/ to different directions.//

その後我々は抽出物を試し なんと! 虫の進行方向を操作できたのです

This has huge implications.//

これは大きな意味のある事です

I then received my second patent --/ and this is a big one.//

二つ目の特許は大作で

It's been called an Alexander Graham Bell patent.//

グラハム・ベル級の発明と言えます

It covers over 200,000 species.//

20万種以上に有効です

This is the most disruptive technology --/ I've been told by executives of the pesticide industry --/ that they have ever witnessed.//

この技術はこれまで見た中で 最も破壊的な技術だと 殺虫剤産業の幹部たちに言われました

This could totally revamp the pesticide industries/ throughout the world.//

この発明で 全世界の殺虫剤メーカーが変わります

You could fly 100 Ph.D. students/ under the umbrella of this concept,/ because my supposition is/ that entomopathogenic fungi,/ prior/ to sporulation,/ attract the very insects/ that are otherwise repelled by those spores.//

博士課程の学生を100人に 学位を取らせる事もできでしょう なぜなら私の推測では 昆虫病原菌は 胞子を形成前には昆虫を惹きつけるのです 胞子が出来てしまうと追い払われる昆虫なのです

And so/ I came up/ with a Life Box,/ because I needed a delivery system.//

運搬システムが必要だったので 思いついたのがLife Boxです

The Life Box --/ you're gonna be getting a DVD of the TED conference --/ you add soil,/ you add water,/ you have mycorrhizal and endophytic fungi/ as well as/ spores,/ like of the Agarikon mushroom.//

Life Boxは ― TED conferenceのDVD 買いますよね? ― 土と水をやれば 胞子、菌根、内生菌が手に入ります アガリクスのように

The seeds then are mothered by this mycelium.//

その後 種がこの菌糸体から栄養を受けます

And then/ you put tree seeds/ in here,/ and then/ you end up/ growing --/ potentially --/ an old-growth forest/ from a cardboard box.//

木の種をBoxの中にまけば うまく行けば 箱から原生林が育つかもしれません

I want to reinvent/ the delivery system,/ and the use of cardboard/ around the world,/ so they become ecological footprints.//

私の望みは 世界中の運搬システムと ボール箱の使用法を改革し それらを環境に配慮した形にすることです

If there's a YouTube-like site/ that you could put up,/ you could make it interactive,/ zip code specific --/ where people could join together,/ and through satellite imaging systems,/ through Virtual Earth or Google Earth,/ you could confirm/ carbon credits are being sequestered by the trees/ that are coming through Life Boxes.//

YouTubeのような参加型サイトがあれば 特定のzipコードで交流できて 人が協力し合えるようになると Virtual Earth, Google Earth等 衛星画像システムで Life Box産の木が 炭素を吸収するのが確認できるでしょう

You could take a cardboard box/ delivering shoes,/ you could add water --/ I developed this/ for the refugee community --/ corns,/ beans/ and squash/ and onions.//

靴を入れるボール箱があり 水があれば ― 難民キャンプ用に開発した方法ですが コーン、豆、カボチャ、玉ねぎ等 [何でも育ちます]

I took several containers --/ my wife said,/ if I could do this,/ anybody could --/ and I ended up/ growing a seed garden.//

いくつかのコンテナを持ってきて ― 妻は私ができれば誰にでもできるといい ― 種のガーデンを作りました

Then/ you harvest the seeds --/ and thank you,/ Eric Rasmussen,/ for your help/ on this --/ and then/ you're harvesting/ the seed garden.//

その後 種子を収穫しました 手伝ってくれたエリックに 感謝です そしてガーデンの種子も収穫します

Then/ you can harvest the kernels,/ and then/ you just need a few kernels.//

コーンを収穫できますそして 必要な穀粒ははわずかですが

I add mycelium/ to it,/ and then/ I inoculate the corncobs.//

そこに菌性体を加え コーンの穂軸に植えます

Now,/three corncobs,/ no other grain --/ lots of mushrooms begin to form.//

すると たった3つの穂軸から たくさんの菌類が育ち始めました

Too many withdrawals/ from the carbon bank,/ and so/ this population will be shut down.//

「炭素銀行」は引き出し過多になり コロニーは閉鎖されるでしょう

But watch/ what happens here.//

でも それから何が起こるでしょうか?

The mushrooms then are harvested,/ but very importantly,/ the mycelium has converted the cellulose/ into fungal sugars.//

キノコが収穫されて でも非常に重要なことに 菌性体はセルロースを 糖に変えているのです

And so/ I thought,/ how could we address the energy crisis/ in this country?//

そこで思いついたのが この国で エネルギー危機にどう対処するか?

And we came up/ with Econol.//

思いついたのが 「エコノール」です

Generating ethanol/ from cellulose/ using mycelium/ as an intermediary --/ and you gain all the benefits/ that I've described to you already.//

菌性体を使ってセルロースから エタノールを作れば たちまちに 今日説明したような効果が 全部得られます

But to go from cellulose/ to ethanol is ecologically unintelligent,/ and I think/ that we need to be econologically intelligent/ about the generation of fuels.//

でもセルロースからエタノールを作ることは 環境的には賢い戦略ではありません むしろ環境的に賢い戦略で 燃料を作らねばならないのです

So,/ we build the carbon banks/ on the planet,/ renew the soils.//

地上に炭素を貯め 土壌を再生しましょう

These are a species/ that we need to join with.//

人間はこれらの生物と 共存せねばなりません

I think engaging/ mycelium can help save the world.//

私は菌性体を研究することで 世界を救う役に立てると思います

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

probably

『たぶん』,『おそらく』

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

sixth

『第6の』,6番目の

6分の1の

〈U〉《the ~》『第6』,6番目[のもの],(月の)6日

〈C〉6分の1

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

extinction

消滅(絶滅)すること,(火などが)消えること;(…を)消滅(絶滅)させること,(火などが)消すこと《+『of』+『名』》

planet

『惑星』,遊星

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

laughter

『笑い』,笑い声

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

suite

(ホテルなどで寝室・居間・客間などの)一続きの豪華な部屋

(家具などの)一そろい,一組

(いっしょに使われるものの)一続き,一組,一そろい

(楽曲の一形式である)組曲

《集合的に》《まれ》随行員,従者の一行

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

fungus

菌(葉緑素が無く,他の生物の有機物に依存しているキノコ,カビなど)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

mycelium

菌糸体

infuse

(人に)…‘を'少しずつ教え込む,吹き込む《+『名』+『into』+『名』<人>》

(…を)<人>‘に'吹き込む,(…で)<人>‘の'心を満たす《+『名』<人>+『with』+『名』》

<茶・薬草など>‘を'せんじる,振り出す

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

extremely

『極端に』,非常に過度に

tenacious

《補語にのみ用いて》(…に)しっかりしかぴついている,固執している《+of+名》

粘り強い,執ような

(記憶が)いつまでも残る,持続する

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

molecular

分子の,分子による

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

magician

『魔法使い』;手品師,奇術師(conjurer)

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

humus

(動・植物の腐敗によって作られた)腐植土

landmass

大陸地

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

alder

ハンノキ(建築用落葉高木)

birch

〈C〉カバの木

〈U〉カバ材

(また『birch rid』)〈C〉カバの枝のむち (学童を罰するのに用いる)

…'を'枝むちで打つ,罰する

hemlock

〈C〉ドクニンジン(毒草)

〈U〉ドクニンジンから採った毒薬

〈C〉《米》ツガ(マツ科の常緑高木;北米産)

〈U〉《米》ツガ材

cedar

ヒマラヤスギ,セイヨウスギ;〈U〉杉材

fir

モミ,モミの木(クリスマスツリーに用いられる)

モミ材

dusty

『ほこりっぽい』,ほこりだらけの

ほこりのような色の,つやのない

ほこりのような,粉末状の

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

patriotic

愛国の,愛国心の強い

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

mushroom

キノコ,食用キノコ

キノコ状の物

(キノコのように)早く成長するもの

急速に成長する(広がる,ふえる)

キノコ状に広がる

キノコ狩をする

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

glaze

…‘に'ガラスをはめる,〈建物など〉‘に'ガラス窓を付ける

〈焼き物〉‘に'うわ薬をかける;〈革・紙など〉‘に'つや出し加工をする

〈目〉‘を'どんよりさせる

〈食物〉‘に'照りをつける

〈目が〉どんよりする《+『over』》

〈焼き物などの)つやのある表面,表面のつや;(料理の)てり

うわ薬

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

pierce

〈物が〉…‘を'『突き刺す』,‘に'突き通る;〈人が〉(ナイフなどで)…‘を'突き通す《+『名』+『with』+『名』》

<穴>‘を'突いてあける

…‘を'洞察する

<寒さ・痛み・悲しみなどが><人・人の心・体>‘を'突き通す,刺す

<光・声などが>…‘を'鋭くさし込む

『突き刺さる』,(…に)突き刺さる《+『in(into, to)』+『名』》,(…を)突き抜ける《+『through』+『名』》

prejudice

〈U〉〈C〉(…に対する不当な)『先入観』,『偏見』《+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に好意的な)先入観,えこひいき《+『in favor of』+『名』》

〈U〉不利益,損害

(…に対して)…‘に'(不当な)『先入観』(『偏見』)『を抱かせる』《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》;(…に対して)…‘に'(好意的な)先入観を抱かせる《+『名』+『in favor of』+『名』,+『名』+『in』 one's 『favor』》

〈立場,見込みなど〉‘を'損なう,だいなしにする

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

irrational

理性のない

理性に反する,ばかげた(absurd)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

antibiotic

抗生物質(ペニシリン,ストレプトマイシンなど)

抗生[物質]の

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

kingdom

〈C〉『王国』

〈C〉(学問・芸術・活動などの独立した)分野,世界,領域

〈C〉(特に自然界を三大区分した)界

〈U〉神(キリスト)の国,御国(みくに)

microbiologist

微生物学者

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

erect

『直立した』,まっすぐな(upright)

…‘を'建てる,建設する

…‘を'まっすぐに立てる,直立させる・勃起している

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

pathogen

病原菌,病原体

rot

『腐る』,朽ちる《+『away』(『off』)》

だめになる

…‘を'『腐らせる』,腐朽させる

腐敗,腐れ;腐敗物

(動植物の)腐敗病;《話》たわ言,ばかなこと

bacteria

『バクテリア』,細菌

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

prime

(重要さ・価値などにおいて)『首位の』,『主要な』

『最上等の』,最高品質の

(数が)素数の;公約数のない

〈U〉《the ~》(…の)『全盛期』・最盛期・青春・盛り《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《文》(…の)初期,初め《+『of』+『名』》

=prime number

〈旧式の火器〉‘に'火薬を詰める

〈ポンプ〉‘に'呼び水をする

〈キャブレター〉‘に'燃料を入れる

〈画面・壁など〉‘に'下塗りする

(…を)〈人〉‘に'前もって教え込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

《話》(飲食物を)〈人〉‘に'詰め込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

microbe

微生物,(特に)細菌

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

debris

(壊れた物の)破片,残骸

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

spore

胞子;胚種

germinate

〈種子・胞子・球根などが〉発生する,発芽する

〈種子・胞子・球根など〉‘を'発生させる,発芽させる

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

cubic

(また『cubical』)立方体の

立方の,3乗の

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

photomicrograph

顕微鏡写真,マイクロ写真

nick

刻み目(notch)

表面だけの切り傷,かすり傷

…‘に'刻み目(傷)をつける・「in the nick of time」で「きわどい時に, ちょうどよく」

Patrick

聖パトリック(Saint(St.)~;389?;イギリスの伝道師でアイルランドのキリスト教布教に力を注ぎ,その守護聖人となる)

hickey

道具,装置

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

conquer

(武力・暴力などで)〈敵の領土〉'を'『征服する』,制圧する;〈敵〉'を'打ち負かす

(精神力で)…'を'『克服する』

征服する

勝つ

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

electron

『電子』,エレクトロン

micrograph

顕微鏡図,顕微鏡写真

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

membrane

(生物の)膜,皮膜

exhale

〈人が〉〈息・煙など〉‘を'吐き出す

〈機関車・花などが〉〈蒸気・かおりなど〉‘を'発散する

息(煙)を吐く

発散する

carbon dioxide

二酸化炭素,炭酸ガス

inhale

〈空気など〉‘を'吸い込む

息(たばこの煙)を吸い込む

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

stomach

〈C〉『胃』

〈C〉《話》『腹』,腹部(abdomen)

〈U〉《しばしばa~》(…に対する)食欲《+『for』+『名』》

〈U〉《+『for』+『名』》・腹に入れる; 食べる, 消化する; 何とか我慢して飲み下す; (侮辱などを)がまんする

lung

《しばしば複数形で》『肺』,肺臓

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

cavity

へこみ,くぼみ,空洞

虫歯の穴

(人体内の)腔(こう)

fuse

ヒューズ

(またfuze)(爆発物などの)信管,導火線

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

spongy

海綿状の多孔質の;吸収性の

resist

《通例否定文で》…‘を'『こらうる』,『がまんする』

…‘に'『抵抗する』,反抗する

…‘の'作用に耐える,‘に'影響されない・抵抗する,耐える・何かの作用を食い止める物;防腐剤,防染剤・絶縁塗料

erosion

(酸などによる)腐食;(風・水・波・氷河などによる)浸食[作用]

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

plurality

〈U〉複数,複数性

〈C〉多数

〈C〉《米》(3人以上の候補者がある場合の)最高得票数(他のどれよりも多いが過半数に達しない数);1位と2位の得票数の差

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

branch

『枝』

『支流』,支脈,支線;分家

『支店』,『支部』,支局

(学問の)『部門』,分科

枝を出す,枝を広げる

(川・道・鉄道などが)分岐する

broken

breakの過去分詞

『壊れた』,折れた,破れた,裂けた

『破られた』

(苦労・悲嘆などで)打ちのめされた,意気消沈した,衰弱した

切れ切れの,断続的な

完全でない,半端な

滑らかでない,でこぼこの

(機械などが)故障した,だめになった

(馬が)慣らされた,調教された

(言語が)不完全に話される

破産した

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

pathway

道,小道(path)

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

sentient

知覚力(感覚)のある,感じ得る

leap

《しばしば副詞[句]を伴って》『ぴょんと飛ぶ』,はねる,躍る

《副詞[句]を伴って》(飛ぶように)『急に』(『す早く』)『動く』,ぴょんと動く

〈人・動物などが〉…‘を'『飛び越える』

(…を)〈動物など〉‘に'飛び越えさせる《+『名』+『over』(『across』)+『名』》

跳ぶこと,跳躍;《比喩(ひゆ)的に》飛躍,急変

ひと跳びの距離

aftermath

(事件・災害などの)余波,結果

footstep

『足音』

『足跡』(footprint)

歩幅

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

computer

『計算機』;『電子計算機』

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

previously

『以前に』,先に;前もって

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

allocate

(…に)…'を'配分する,割り当てる《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

biosphere

生活圏,生物圏(土の中・水中・空中など生物が存在できる所)

way out

(窮状などを救う)解決法

《英》(劇場などの)出口(exit)

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

conform

(慣例・規範などに)『従って行動する』(『考える』)《+『to』(『with』)+『名』》・〈物事が〉(…と)一鋳する,符合する《+『to』+『名』》・(…に)…'を'一致させる,適応させる《+『名』+『to』+『名』》

archetype

(…の)原型,模範,手本《+『of』+『名』》

beget

(父親が)〈子〉'を'もうける

《父》…'を'生じさせる

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

paradigm

範例,規範

語形変化表

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

oxalic acid

蓚酸(しゅうさん)

acid

酸性の

酸味のある,すっぱい(sour)

(言葉・態度などが)厳しい,しんらつな

すっぱいもの

《俗》=LSD

enzyme

酵素

pockmark

あばた

…‘を'あばたにする

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

calcium

『カルシウム』(金属元素;化学記号は『Ca』)

mineral

(動植物に対して)『無機物』

『鉱物』,鉱石

《複数形で》《英》炭酸水,清涼飲料(mineral water)

鉱物の,鉱物質を含む

crumble

…'を'『粉々(ぼろぼろ)にくずす』

『粉々(ぼろぼろ)にくだける』,ぽろぽろとくずれる

〈国・権力・名声・希望などが〉くずれる,衰退する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

sequester

…‘を'隔離する;…‘を'隠退させる

〈財産なじ〉‘を'押収する

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

matrix

(複数形 matrices, ~・es)(発生・成長の)母体

鋳型・模型;(レコードの)原盤;(活字の)母型,字母

(金属・化石・宝石などの含んだ)母岩・《古》子宮・基盤; (細胞)細胞間質; (地学)基質; (印)字母; 紙型; 鋳型; (鉱)母岩; (数)行列; (コンピュータ)マトリックス (入力導線と出力導線の回路網); (言)母型文 (matrix sentence)

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

Saudi Arabia

サウジアラビア(中央アラビアの王国;首都はRiyadh)

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

feet

footの複数形

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Chicago

『シカゴ』(『I』Illinois州にある米国の大都市)

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

geology

〈U〉地質学

〈C〉(ある地方の)地質

〈C〉地質学書

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

march

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

(歩調をそろえて)『行進する』,行軍する

〈人が〉堂々と(ゆうゆうと)歩く

〈事件などが〉進展する,進む

《方向・状態を表す副詞[句]を伴って》

…‘を'行進(行軍)させる

〈人〉‘を'急いで連れて行く,追い立てる

〈U〉『行進』,進軍;〈C〉行進距離;行軍行程

〈U〉《the march》(事件などの)『進展』,進行

〈U〉(兵隊の)行進歩調

〈C〉『マーチ』,『行進曲』

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

asteroid

星状の

(また『planetoid』)小惑星

ヒトデ

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

jettison

〈遭難船や遭難機が〉〈積み荷〉‘を'投げ捨てる

〈不要なものなど〉‘を'捨てる

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

sunlight

日光(sunshine)

inherit

(…から)〈財産・権利・称号など〉‘を'『相続する』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈体質・性質など〉‘を'『受け継ぐ』《+『名』+『from』+『名』》

(前任者・前代から)…‘を'受け継ぐ,継承ぐ,継承する《+『名』+『from』+『名』》

財産を相続する

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

radiation

〈U〉(光・熱・放射能などの)発散,放射

〈C〉放射物;放射線;輻射(ふくしゃ)熱

〈C〉(喜び・幸福感などの)発散《+『of』+『名』》

=radioactivity

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

prospect

〈C〉《通例単数性で》(高い位置からの)(…の)『光景』,眺め《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『予想』,展望《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

《複数性で》(…の)『成功の見込み(機会)』《+『of(for)』+『名』(do『ing』)》

〈C〉見込みのある人,有望な人

〈C〉《米》願客になりそうな人

(金などを求めて)〈ある地域〉‘を'探査する《+『名』+『for』+『名』》

(金などを求めて)探査する《+『for』+『名』》

elsewhere

『どこかよそに』,ほかの所で(somewhere else)

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

eastern

『東の』;東へ向かう;(風が)東からの

《しばしばEastern》『東洋の』(Oriental)

《しばしばEastern》《米》東部地方の

《Eastern》東欧の,共産圏の

Oregon

オレゴン州(米国太平洋岸北部の州;州都はSalem;《略》『ORE.,Oreg.,OR』)

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

mat

(床などに敷く)『マット』,敷物,むしろ,畳

(花びん・置き物などの)下敷き

(レスリング・体操用の)詰め物をした厚い敷物

《a ~》(毛・雑草などの)もつれ《+『of』+『名』》

〈床など〉‘に'マットを敷く,‘を'マットで覆う

…‘を'もつれさせる

もつれる

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

ferocity

どう猛[性],凶暴性;

どう猛な行為

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

asphalt

『アスファルト』

〈道路など〉'を'アスファルトで舗装する

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

saturate

《しばしば受動態で》〈水などが〉…‘に'しみ込む‘を'浸す;(で)…‘を'浸す《+『名』+『with』+『名』》

(一般に)(…で)…‘を'満たす《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

(…で)〈溶媒・溶液〉‘を'飽和させる《+『名』+『with』+『名』》

diesel

=diesel engine

ディーゼル機関の

petroleum

石油

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

inoculate

(…に備えて…を)〈人・動物〉‘に'予防接種をする《+『名』+『against』+『名』+『with』+『名』》

(人・動物などに)〈病原菌など〉‘を'予防接種する《+『名』+『into』+『名』》

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

hydrocarbon

炭化水素(水素と炭素のみを含む化学物の総称)

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

oyster

『カキ』(食用,また真殊養殖用の貝)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

carbohydrate

炭水化物,含水炭素

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

insect

『昆虫』;(一般に)虫

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

oasis

オアシス,砂漠の緑地

(一般に)憩いの場所

aromatic

かおりの高い,かんばしい

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

gateway

(さく・へいについている門で開閉される)『出入口』;(…への)『入り口』,通路《+『to』+『名』》

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

vanguard

〈C〉《集合的に》(戦闘隊形の)先陣,前衛

《the vanguard》=van

burlap

(袋用の)麻布

sack

〈C〉(丈夫な布(革)製の)『大袋』

〈C〉《おもに米》(一般に)袋,(特に,購入した食料を入れる)紙袋 〈C〉(婦人・子供用の)ゆったりして短い上着

《the ~》《米俗》ベッド,寝袋

〈U〉《the ~》《俗》(…からの)解雇《+『from』+『名』》

…‘を'袋に入れる

《話》〈人〉‘を'解雇する

bunker

船の石炭庫

《おもに英》バンカー(障害として作られたゴルフコースの砂地のくぼみ)(《米》sand trap)

掩蔽壕(えんぺいごう)

spawn

(魚・カエルなどの)卵

〈卵・子〉‘を'産む

〈物事〉‘を'生み出す,引き起こす;…‘を'大量に生じる

産卵する

storm

『あらし』,暴風[雨],荒天

(感情・言動などの)『あらし』,激発《+『of』+『名』》

(一般に)激動,波乱,騒動

(弾丸などが)雨あられと飛ぶこと《+『of』+『名』》

《itを主語にして》〈天候が〉『荒れる』

猛然と突進する;激しく怒る

…‘を'強襲する,急襲する

blown

blowの過去分詞

downstream

流れを下って,下流に

下流の,川下の

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

factory

『工場』,製作所

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

toxin

(特にバクテリアの)毒素

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

habitat

(動・植物の)産地,生息地

restoration

〈U〉(…を元の状態・役職などに)『復活』(『回復』)『すること』,(…の…への)修復(復元)《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…の)返還《+『of』+『名』》

〈C〉修復した物,復元された物

《the R-》(英国の)王政回復(1660年のチャールズ2世の復位);王政回復時代(1660‐88)

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

mason

=stonemason

《M-》=Freemason

county

《英》『州』

《米》『郡』

州民,郡民

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

decrease

…'を'『減らす』

『減る』,少なくなる

〈U〉〈C〉(…の)『減少』,縮小《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)減少量(額)《+『in』(『of』)+『名』》

graph

グラフ,図表

logarithmic

対数の,対数に関する

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

eighth

《the ~》『第8の』,8番目の

8分の1の

《the ~》『第8』,8番目[のもの];(月の)8日

〈C〉8分の1

〈C〉(音程の)8度,オクターブ

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

colony

『植民地』

植民団,居留民;(外国人の)集団居留地

(同ど人種・宗教・職業などの人たちが住む)『集団』,部落

(動物・鳥・虫などの)集団;(生物の)群体,群落《+『of』+『名』》

《the Colonies》アメリカ合衆国を形成した13州のイギリス植民地

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

times

…掛ける

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

exclusive

『除外する』,排他的な;相いれない;(人が)打ち解けない

入会に制限のある,選ばれた人のための

《名詞の前にのみ用いて》『独占的な』,専用の

完全な,全くの

《話》(商品・ホテルなどが)高級な,一流の

(新聞の)独占記事

(特定の品の)独占商品

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

British Columbia

ブリティッシュコロンビア(カナダ西部,太平洋岸の州;州都Victoria)

extinct

(生物・民族などが)絶滅した;(貫習などが)滅びてしまった

(火山などが)活動をやめた

(火が)消えた,燃えていない

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

boil

沸く

煮える

〈人,人の気持が〉(怒り・興奮で)煮えくりかえる,激する《+『with』+『名』》

(沸騰する湯のように)わき立つ

…'を'『沸かす』

…'を'『煮る』,ゆでる

煮沸,沸騰;《the ~》沸騰点

hot water

《話》苦境,難儀

harvest

〈C〉(穀物・果物などの)『収穫』,取り入れ

〈C〉『収穫期』,取り入れの時期

〈C〉収穫物;収穫高(量)

《a~,the~》(仕事などの)結果,報い

〈作物〉‘を'取り入れる,〈畑〉‘の'作物を取り入れる

〈結果など〉‘を'獲得する

metabolite

代謝物質(新陳代謝によって生じる物質)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

strain

…‘を'『引っ張る』

(使い過ぎて)〈体など〉‘を'『痛める』,弱める

…‘を'『最大限に働かせる』,精一杯使う

〈意味・規則など〉‘を'曲げる,こじつける,拡大解釈する

〈液体〉‘を'『こす』;(液体から)〈固形分〉‘を'こして取る《+『out(off)』+『名』+『from』+『名』》

全力を尽くす,懸命に努力する

ぱんと張る

〈C〉〈U〉『張りつめること』,張る力

〈C〉『筋違い』,ねんざ,くじき

〈U〉(精神的に,極度に)緊張,重荷,過労

〈C〉骨のおれる仕事,激務

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

earl

(英国の)伯爵

smallpox

天然痘(とう),ほうそう

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

selectivity

選択性,精選;淘汰

(受信機の)選択度,感度

index

(本・雑誌などの)『索引』;図書目録

指し示すもの,印

(計器などの)指針

指数・虜

《the I-》(カトック教会の)禁所目録

〈本など〉‘に'索引をつける

〈語など〉‘を'索引に載せる

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

press release

新聞社向けの発表

vet

=veterinarian

<動物>‘を'診療する

《話》<人>‘を'診療する

《話》<人・物>‘を'注意深く調へる

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

flu

インフルエンザ,流感

index number

統計指数

pox

《古》発疹(はっしん)の出る病気(水痘(chicken pox),ほうそう(small pox)など)

《the ~》《話》梅毒

virus

ビールス,ろ過性病原体

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

dosage

〈C〉《通例a~》1回分の投薬量

〈U〉《まれ》投薬

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

blend

(分離できないほどに)…'を'『混ぜ合わせる』;(…に)…'を'混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

『混じる』;溶け合う

(…と)『調和する』《+『with』+『名』》(harmonize)

『混合』,調合;〈C〉『混合物』

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

applause

『拍手かっさい』;称賛

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

carpenter

『大工』(だいく)

ant

『アリ』

recommend

…‘を'『推薦する』,推奨する

〈事〉‘を'『勧める』,勧告する

〈物事が〉…‘を'好ましてものにする,‘の'とりえとなる

(神などに)…‘を'ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

termite

シロアリ

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

bait

〈U〉〈C〉(つり針・わなに仕掛ける)『餌』(え),『えさ』

〈C〉おとり,わな,誘惑

〈つり針・わな〉‘に'えさをつける

…‘に'犬をけしかける

〈人〉'を'いじめる,なぶる

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

doll

『人形』

《話》美しいが愚かな女

《俗》かわいい子(娘)

《米俗》親切な人,いい子

《be dolled up=doll oneself up》着飾る

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

queen

(…の)(一国の君主としての)『女王』(+『of』+『名』)

『王妃(queen consort)』

《比喩(ひゆ)的に》(…の)『女王』,『花形』《+『of』+『名』》

(カードの)(…の)クイーン[の札]《+『of』+『名』》

(チェスの)クイーン

女王バチ(queen bee)

《軽べつして》女王のつもりで統治する,もったいぶる

sawdust

おがくず

whatsoever

whatever の強調形

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

consume

〈物・時間・金など〉'を'『消費する』,消耗する,使い果たす《+『away』+『名,』+『away』》

…‘ぱ'食べ尽くす

〈特に火が〉…'を'焼き尽くす

《おもに受動態で》〈怒り・しっとなどが〉〈人〉'を'心(関心)をすっかり奪う

mummify

…‘を'ミイラにする

ミイラになる

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

repel

…‘を'撃退する,押し返す

〈人〉‘に'不快感を与える,‘を'いやがらせる

〈水など〉‘を'はじく,通さない

…‘を'拒絶する

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

suitable

『適当な,ふさわしい』,好都合な

invasion

(敵軍の)侵入,侵略《+『of』+『名』》

(人・物の)殺到;(災害などの)襲来《+『of』+『名』》

(権利などの)侵害《+『of』+『名』》

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

lo and behold

なんとまあ

steer

〈船・車・飛行機など〉‘の'『かじをとる』,‘を'操縦する;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈人〉‘を'操る

〈進路・道〉‘を'操縦して進む

…‘を'導く,‘に'道を教える

操縦する

進路をとる

〈船・車などが〉かじ(ハンドル)がきく

助言,忠告

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

graham

(ふすまを除かない)全麦の

Bell

ベル(『Alexander Graham』~;米国の科学者,電話を発明した;1847‐1922)

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

disruptive

混乱(分裂)を引き起こす

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

executive

『実行の』,執行力のある

『行政上の』,行政的な

〈C〉『行政官』:

《the executive》(政府の)行政部

〈C〉(会社などの)『重役』,経営陣,管理職員

pesticide

殺虫剤

totally

全く,完全に

revamp

…‘を'改造する,手直しする

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

umbrella

傘(かさ),こうもり傘,雨傘,日傘

(一般に,傘状の)保護物,影響力

supposition

〈U〉想像,仮定

〈C〉想定,憶測;(…という)仮定《+that 節》

prior

(時間・順序が)『前の』先の;(重要さが)優先する

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

gon na

going toの縮約形

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

cardboard

厚紙,ボール紙

ecological

生態学の

footprint

足跡

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

zip

〈U〉(弾丸が飛ぶときまたは布地の裂けるときの)ピュッという音

〈U〉《話》元気,力

〈C〉《英》(また zip fastener)=zipper

ピュッと音ど立てる(音を立てて飛ぶ)

《話》勢いよくやる(進む)

…‘を'チャックで締める(あける)

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

confirm

〈情報・所信など[の正しさ]〉'を'『覚証する』,立証する

〈約束など〉'を'『確認する』;〈条約など〉'を'承認する,批判する

〈決意など〉'を'『強める』

(…の点で)〈人〉‘に'確信を持たせる,‘の'気持ちを強くさせる《+『名』+『in』+『名』》

〈人〉‘に'堅信礼(confirmation)を行う

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

refugee

(特に祖国からの)亡命者,逃亡者,難民

corn

〈U〉(米,カナダ,オーストラリアで)『とうもろこし』;〈C〉とうもろこしの実(おもに《英》maize, Indian corn)

〈U〉《英》《集合的に》『穀草』(wheat, oatsなど);『穀物』,穀類;穀粒

〈C〉《話》古くさい(お涙ちょうだい的な)もの(こと)

〈牛肉など〉'を'塩づけにする

bean

『豆』(おもにいんげん豆・そら豆など大きめの豆類)

豆のさや(pod)

豆に似た実

《俗》頭

《俗》(野球で)ビーンボールを投げる

squash

…‘を'押しつぶす,ぐしゃぐしゃにする

(…の中に)…‘を'押し込める,詰め込む《+名+into(in)+名》

〈暴動など〉‘を'鎮圧する;《話》〈人〉‘を'やり込めて黙らせる

つぶれる,ぺしゃんこになる

(…の中に)割り込んでいく《+『into』(『in』)+『名』》

《a~》雑踏,群衆(crowd)

〈U〉押しつぶすこと;押しつぶされた状態;〈C〉ペシャッ]とつぶれる音],ペタン]と落ちる音]

〈U〉《英》スカッシュ(果汁(かじゅう)をもとにした清涼飲料)

=squash rackets

onion

『タマネギ』

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

kernel

(果実の)仁(じん)

(麦・とうもろこしなどの)穀粒(grain)

(問題の)核心,眼目

corncob

(また『cob』)とうもろこしの穂軸

(また『corncob pipe』)コーンパイプ(火皿がとうもろこしのしんでできている)

grain

〈C〉(穀類の)『粒』《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『穀物』,穀類

〈C〉(砂・塩などの)粒《+『of』+『名』》

〈C〉《おもに否定文で》『ごく少量』,ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉グレーン(最小の重量単位で約0.0648グラム;《略》『gr.』,『g.』)

〈U〉(木・石などの)きめ,はだ,木目(もくめ),石目

withdrawal

引っ込めること,引っ込むこと,退くこと

引き上げ,回収

取り消し,撤回

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

importantly

重要性をもって;もったいぶって

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

cellulose

セルロース,繊維素

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

ethanol

=alcohol

intermediary

中間の,中継の,仲介の,媒介の

仲裁人,仲介者

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

unintelligent

理解力(知性)に欠ける,愚かな

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

renew

…‘を'『新しくする』

〈若さなど〉‘を'取り戻す,回復する

…‘を'『再び始める』

…‘を'継続する,更新する,〈契約書など〉‘を'書き替える

…‘を'新しいのと取り替える…‘を'補充する

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

関連動画