TED日本語 - シェロモ・ベナルチ: 明日のために、明日は貯めよう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「来週はお金を貯めよう」と想像するのは簡単ですが、「今すぐ」するとなるとどうでしょうか?往々にして我々は、お金を使いたがるものです。経済学者シェロモ・ベナルチは、これが退職までに貯蓄することを妨げる最大の要因の一つであると述べます。そしてこう尋ねます。「我々はどのようにすれば、この問題行動を解決行動に変えていけるでしょうか?」

Script

今日は貯蓄を増やすことについてお話しします といっても今日ではなくて 明日です これは「明日はもっと!貯蓄法」の話です それはシカゴ大学のリチャード・セイラーと私が およそ15年前に考案したプログラムです このプログラムは 言ってみれば 「行動ファイナンス」を より強力にしたもの ― 行動ファイナンスの活用に関するものです 「行動ファイナンス」とは何かと お尋ねになるかもしれませんね では 我々がお金をどう管理しているのか 考えてみましょう まずは住宅ローンから これは少なくともアメリカでは 最近 話題になっていることです 多くの人たちは お金の許す限り大きな家を買います 実際はそれよりちょっと大きめですが そしてそれを抵当に入れる 後から彼らは銀行を責めるのです 「住宅ローンを背負わせた悪い奴らだ!」と

こんなことも考えてみましょう 我々がどのようにリスクを扱っているか ― たとえば株式市場への投資です 2年前 3年前 4年前 市場は好調でした 我々はリスクを冒すことも辞しませんでした 当然ですよね そして株式市場が衰退すると 我々はこうです 「ああ この喪失感は 市場が好調だった時に考えていたのとは 大違いじゃないか」 そう 我々はリスクを負うことは あまり上手でないのです

iPhoneをお持ちの方は何人おられますか? 持っている人? すばらしい 皆さんのうちの多くは iPhoneに保険をかけているでしょう 保証を追加することで保険に入っているのです iPhoneをなくした場合にはこう こういう場合にはこう とかね このうち子どもさんのいる方は? 該当の方は? 手をあげていて下さいね このうち十分な生命保険をかけている方は? 多くの手が下がりましたね おそらく 皆さんは代表的サンプルです というのも皆さんの多くは たとえ子どもがいても 命よりiPhoneに保険をかけているのです 我々は保険のことは得意でないのです

アメリカの平均的世帯は 1年に1000ドルを 宝くじに費やします 気違いじみていると思うでしょう 1年に1000ドルも宝くじに費やす方 おられますか? 誰もおられませんね つまり この場にいない人たちが 1000ドル以上費やしているということです そうすると平均が1000ドルになります 低所得の人々は 宝くじに1000ドル以上費やすのです つまりどういうことか? 我々はお金の管理が得意でないのです

「行動ファイナンス」は 心理学と経済学の組み合わせです そして人々の お金にまつわる間違いを理解しようとします そして残り 12分と53秒ありますから 私はお金の管理方法について 面白いお話をしたいとは思いますが 皆さんは最後には これを使って人助けしたくなるでしょう それこそが 今日私が 真に注目したい点なのです 我々はどのようにすれば 人々のお金に関する間違いを理解できるでしょうか そしてどのようにすれば この問題行動を 解決行動に変えていけるでしょうか? そして今日私がお話しすることは 「明日はもっと!貯蓄法」です

貯蓄についてのお話を致しましょう ここにいるのは 100人のアメリカ人の 代表的サンプルです 彼らの貯蓄行動を見てみましょう まず注目すべきは 彼らの半分は 401(K)プラン(確定拠出年金)に アクセスさえできないことです 彼らは楽に貯蓄することができません 彼らはお金を目にしたり 触ったりする前に 給料から401(k)プランに 天引きして貯めることができないのです 残りの半分の人々はどうでしょう? なかには貯蓄しないことを選ぶ人もいます 彼らは怠惰すぎるのです 複雑なウェブサイトを閲覧して 17回クリックして401(k)プランに 加入しようとはしないのです さらに彼らはどのように投資するかを 52の選択肢から選ばなければなりません マネー・マーケット・ファンドなど聞いたこともなく そして圧倒され加入しません どれだけの人が最終的に401(K)プランに 加入するのでしょうか? アメリカ人の3分の1です 3分の2の人は現在貯畜をしていません

彼らはすでに十分蓄えがあるのでしょうか? 少ししか貯畜がないと言っている人を 省いてみましょう 十分に蓄えがあるのは 10人中1人です 10人中9人は 401(K)プランを通じての貯畜ができないか 貯畜しないと決めているか ― または貯畜する決意がないか ― もしくは貯畜が少なすぎる人たちです 貯畜が多すぎる人々の 問題についても考えましょう これを見て下さい 1人です ― 実際には彼を半分に切りましょう なぜなら1%に満たないからです 「貯畜が多すぎる」と感じているアメリカ人は だいたい0.5%です

これは何を示唆しているでしょうか? これこそ私が注目したい点です 我々は 人々が貯畜しない理由を理解せねばなりません そして我々はその問題行動を ひっくり返して 解決行動に変えたいのです そしてそれがいかに強力か見てみましょう これから人々が貯畜するのを妨げる 問題や 困難さを見ていきますが 一瞬だけ話題を変えさせて下さい 脱線してバナナとチョコレートのお話です

来週また素晴らしい TEDイベントがあるとしましょう そしてその休憩時間に 軽食が出ることでしょう あなたはバナナかチョコレートを選べます バナナを選ぶと思う人は どれくらいおられますか? 来週の仮想TEDイベント中に? バナナを選ぶ人? すばらしい 私は科学的に予言しましょう 74%の人がバナナを選びます そう予測した研究が少なくとも1つあります そして日が近づくにつれ 人々が何を最終的に食べているか 見てみましょう バナナを選ぶと想像していた その当人たちが 結局1週間後には チョコレートを食べているのです

セルフコントロールは 将来の問題ではありません チョコレートの誘惑を感じている まさに今現在の問題なのです 時間と貯畜の間にはどんな関係が あるのでしょうか? これは「即時的満足」の問題 あるいは 一部の経済学者の言う 「現在志向バイアス」の問題でしょうか? 貯畜について考えてみましょう 我々は貯畜は必要と知っています 来年はしようと思っています しかし今日は使ってしまうのです クリスマスも近いですしね 我々は知り合い皆にプレゼントを どっさり買ってしまうのです この現在志向バイアスによる問題は 貯畜について考えさせてはくれますが 結局使って終わるのです

また別の貯畜への障壁について 話をさせて下さい これは「怠け心」と関連したものです しかし再び ちょっと寄り道 臓器提供についてです 様々な国を比較した 素晴らしい研究があります よく似た2つの国を見てみましょう ドイツとオーストリアです ドイツでは もしあなたが臓器を提供したい時は ― そんなひどいこと あなたに 起きてほしくはないですよ ― 自動車免許やIDカードを取得する際に このボックスにチェックするのです 「私は臓器を提供します」 多くの人はボックスにチェックしません それは負担だからです 考えないといけませんからね チェックするのは12%の人だけです オーストリア お隣の国ですが ちょっと似ていますがちょっと違うのです どこが違うのでしょうか? あなたはやはり選択肢をもっています あなたが決めるのです 臓器を提供するかどうかを しかし 自動車免許を取得する時 ボックスにチェックするのは 臓器を提供「したくない」場合なのです 誰もチェックする人はいません それは負担だからです チェックする人はたった1%で 残りの人は何もしません 何もしないのは非常に一般的です 多くの人はボックスにチェックはしません

これが人命救助や 臓器利用を可能にすることに対して 示唆することは何でしょうか? ドイツでは チェックを入れた人は12%で 臓器ドナーは12%です 臓器は大幅に不足します 起きてほしくないですが あなたに臓器が必要でも オーストリアでは 誰もボックスにチェックをしません したがって 99%の人が 臓器ドナーです 怠け心 つまり行動を起こさないことです デフォルトの設定は何ですか? 人が何もしない時 決断を遅らせたり チェックを入れない時 それは非常に強力です 考えてみましょう もし人々が401(K)プランに対して 圧倒され怖がってしまうとどうなるか 我々は自動的にプランに加入させられますか? それとも放ったらかしにされますか? 多くの401(K)プランでは もし人々が何もしなかったら 退職後に向けた貯畜をしないままに なってしまうのです ボックスにチェックをしなかったからです ボックスにチェックをするのは負担です

我々は行動的障壁をいくつか挙げました この困難を解決に変える前に もう1つ サルとリンゴの話をしましょう いえいえ これは真面目な研究です そしてこれは行動経済学に 大いに関係があります サルの群れがリンゴを1個もらいました とても幸せです 別の群れは2つもらった後 1つ奪われます すると彼らはまだ1個持っているのに 非常に怒りました 「なぜ自分たちのリンゴを取るんだ?」 これを「損失回避」と言います 我々は物を失うことを嫌います それが大きなリスクを伴うことでなくても です あなたはATMに行って 100ドルを引き出して 20ドル札を1枚なくしたと気づくと嫌でしょう たいしたことではないのに 非常に苦痛です 20ドルは簡単な昼食程度なのに これが損失回避です 貯蓄の場合にもこれが絡んできます 人々は心理的にも 情緒的 本能的にも 貯蓄を損失と感じるのです なぜなら消費を抑える必要があるからです

我々はこれで 全ての問題行動について述べました どれも最終的に貯蓄と関係します 「即時的満足」 つまりチョコ対バナナについて 考えるかどうか 今すぐ貯蓄するのは苦痛なのです もっと楽しいのは 今は使ってしまうことです 我々は「怠け心」と臓器提供について話しました ボックスをチェックすることについてです もし多くのボックスにチェックしないと 401(K)プランに加入できないのなら 人々は行動を先延ばしにして 加入しないでしょう 最後に 「損失回避」です サルとリンゴの話です もし人々が心理的に 老後のための貯蓄を 損失ととらえていたら 老後のために貯めようとはしないでしょう

我々はこういった問題を抱えているのです そしてこれらはリチャード・セイラーと私が いつも魅了されてきたことなのです ― 行動ファイナンスが 「行動ファイナンス強化版」 または「行動ファイナンス2.0」 「実践!行動ファイナンス」と言ってもいい ― それが困難を解決に変えるのです 我々はお恥ずかしいほど 単純な解決法を思いつきました 今日ではなく 「明日はもっと!貯蓄法」です これは我々が話してきたような困難を いかにして解決するのでしょうか? たとえば バナナとチョコレートの問題を考えましょう 我々は「来週はバナナを食べよう」と考えます 我々は「来年はお金を貯めよう」と考えます 「明日はもっと!貯畜法」によって 従業員たちは 「来年はもっと貯めよう」と考えます 未来のいつかは と そのいつか 我々は自分たちが バナナを食べているのを想像はできます 地域でもっとボランティアをすることとか もっと運動するとか あらゆる善行も そうですね

今 我々はボックスにチェックすること そして行動を起こすことの難しさをお話ししました 「明日はもっと!貯蓄法」は これを簡単にしてくれます 自動操縦のようなものです 一度あなたが「将来お金を貯めたい」 と私に話したら たとえば毎年1月に あなたは自動的にお金を 貯蓄に振り分けることになります 給料から401(K)プランに天引きするのです 目にする前に 触れる前に 即時的満足に 陥る前に です しかし 我々はサルと 損失回避に対してはどうしたらいいでしょう? 来年の1月が来て 貯蓄を殖やすとなると 人々は支出を控えなければと考えるでしょうが それは苦痛です たぶん1月だけ貯金を するのではなく お金を稼いだ時には もっと貯蓄してもらった方がいいでしょう このように お金を稼いだ時や昇給した時 人々は支出を抑えなくてもいいのです 彼らは少しでも 家に持って帰る給料が増えると それまでより多く使ってしまう ― その増加分のうち少しだけ 401(K)プランに入れてみましょう

それがこのプログラムのやり方なのです お恥ずかしいほど単純です しかし我々がこれから見るように 非常に強力です リチャード・セイラーと私が これを初めて実践したのは 1998年にさかのぼります アメリカ中西部のある中規模の会社は 従業員が家計を賄えるだけの 給料を支払うことに苦心していました 従業員たちは繰り返し我々に言いました 「今すぐ貯蓄を殖やすのは無理だ」と 今日貯めてもらおうとは思っていません 我々が勧めたのは 昇給の度に 貯める額を3%増やすことです その結果がこうです ここには3年半後の結果を示しています 4回昇給があり 貯畜に苦労していた人たちが 給料の3%を貯め始めました 3年半後 貯蓄する割合はほぼ4倍になりました ほぼ14%ですね

靴や自転車 その他 この図にあるようなもの 私は単に数値だけを お見せしたい訳ではなく この事実について考えたいのです つまり貯める額を4倍に増やすことが 人々が豊かなライフスタイルを 手に入れる点で 大きな違いを生むのです これは現実です それは紙切れに書かれた単なる数ではないのです 3%の貯蓄では せいぜい歩くための良いスニーカーを 買える程度で 他の物を買う余裕はありません しかし14%貯畜したら 車を停めている所まで歩くために お洒落な靴を買えるでしょう これが現実の違いです 今までに 60%の大企業が このようなプログラムを 実施してきました それらは年金保護法の一部として 用いられてきました そして言うまでもなく セイラーと私は このプログラムの一部に加えて頂き 大きな違いを生むことができました

締めくくりとして キーとなるメッセージを2つお伝えします 1つ目は 行動ファイナンスが 非常に強力であるということです 今回はたった一つの例にすぎません 2つ目のメッセージは まだすべきことが多くあるということです これは氷山の一角にすぎません もし人々が住宅ローンに関して 家を買ってから支払いができなくなったら 我々はそれについて考えねばなりません もし人々が 高すぎるリスクを抱えていても それがどの程度のリスクなのか 理解していなかったり あるいはリスクが低すぎるようなら 我々はそれについて考える必要があります もし1年に1000ドルを費やして 宝くじを買う人たちがいるのなら 我々はそれについて考えねばなりません 平均でみると 最高記録はシンガポールです 平均的な世帯が 宝くじに年間4000ドル費やしています すべきことは たくさんあります 同様に 退職に関する領域にも 解決すべきことがたくさんあります つまり退職後のお金の使い方を 考える際にです

最後に1つだけ質問させて下さい 皆さんのうち何人が 「退職に向けて非常に堅実な 計画を持っている」 と安心しておられますか? あなたが退職する時 そして社会保険給付を請求する時 どんなライフスタイルを望みますか お金が足りなくならないようにするには 毎月いくら使えますか? 「自分には堅実な将来計画がある」と 感じている方は何人おられますか? 退職後の決定の際に 1 2 3 4 非常に洗練された聴衆の中でも 3%に満たないですね 行動ファイナンスはまだまだこれからです たくさんの機会を通じて 繰り返しそれを強力なものにしていけます

ありがとうございました

(拍手)

I'm going to talk today about saving more, but not today, tomorrow. I'm going to talk about Save More Tomorrow. It's a program that Richard Thaler from the University of Chicago and I devised maybe 15 years ago. The program, in a sense, is an example of behavioral finance on steroids -- how we could really use behavioral finance. Now you might ask, what is behavioral finance? So let's think about how we manage our money. Let's start with mortgages. It's kind of a recent topic, at least in the U.S. A lot of people buy the biggest house they can afford, and actually slightly bigger than that. And then they foreclose. And then they blame the banks for being the bad guys who gave them the mortgages.

Let's also think about how we manage risks -- for example, investing in the stock market. Two years ago,three years ago, about four years ago, markets did well. We were risk takers, of course. Then market stocks seize and we're like, "Wow. These losses, they feel, emotionally, they feel very different from what we actually thought about it when markets were going up." So we're probably not doing a great job when it comes to risk taking.

How many of you have iPhones? Anyone? Wonderful. I would bet many more of you insure your iPhone -- you're implicitly buying insurance by having an extended warranty. What if you lose your iPhone? What if you do this? How many of you have kids? Anyone? Keep your hands up if you have sufficient life insurance. I see a lot of hands coming down. I would predict, if you're a representative sample, that many more of you insure your iPhones than your lives, even when you have kids. We're not doing that well when it comes to insurance.

The average American household spends 1,000 dollars a year on lotteries. And I know it sounds crazy. How many of you spend a thousand dollars a year on lotteries? No one. So that tells us that the people not in this room are spending more than a thousand to get the average to a thousand. Low-income people spend a lot more than a thousand on lotteries. So where does it take us? We're not doing a great job managing money.

Behavioral finance is really a combination of psychology and economics, trying to understand the money mistakes people make. And I can keep standing here for the 12 minutes and 53 seconds that I have left and make fun of all sorts of ways we manage money, and at the end you're going to ask, "How can we help people?" And that's what I really want to focus on today. How do we take an understanding of the money mistakes people make, and then turning the behavioral challenges into behavioral solutions? And what I'm going to talk about today is Save More Tomorrow.

I want to address the issue of savings. We have on the screen a representative sample of 100 Americans. And we're going to look at their saving behavior. First thing to notice is, half of them do not even have access to a 401 (k) plan. They can not make savings easy. They can not have money go away from their paycheck into a 401 (k) plan before they see it, before they can touch it. What about the remaining half of the people? Some of them elect not to save. They're just too lazy. They never get around to logging into a complicated website and doing 17 clicks to join the 401 (k) plan. And then they have to decide how they're going to invest in their 52 choices, and they never heard about what is a money market fund. And they get overwhelmed and the just don't join. How many people end up saving to a 401 (k) plan? One third of Americans. Two thirds are not saving now.

Are they saving enough? Take out those who say they save too little. One out of 10 are saving enough. Nine out of 10 either can not save through their 401 (k) plan, decide not to save -- or don't decide -- or save too little. We think we have a problem of people saving too much. Let's look at that. We have one person -- well, actually we're going to slice him in half because it's less than one percent. Roughly half a percent of Americans feel that they save too much.

What are we going to do about it? That's what I really want to focus on. We have to understand why people are not saving, and then we can hopefully flip the behavioral challenges into behavioral solutions, and then see how powerful it might be. So let me divert for a second as we're going to identify the problems, the challenges, the behavioral challenges, that prevent people from saving. I'm going to divert and talk about bananas and chocolate.

Suppose we had another wonderful TED event next week. And during the break there would be a snack and you could choose bananas or chocolate. How many of you think you would like to have bananas during this hypothetical TED event next week? Who would go for bananas? Wonderful. I predict scientifically 74 percent of you will go for bananas. Well that's at least what one wonderful study predicted. And then count down the days and see what people ended up eating. The same people that imagined themselves eating the bananas ended up eating chocolates a week later.

Self-control is not a problem in the future. It's only a problem now when the chocolate is next to us. What does it have to do with time and savings, this issue of immediate gratification? Or as some economists call it, present bias. We think about saving. We know we should be saving. We know we'll do it next year, but today let us go and spend. Christmas is coming, we might as well buy a lot of gifts for everyone we know. So this issue of present bias causes us to think about saving, but end up spending.

Let me now talk about another behavioral obstacle to saving having to do with inertia. But again, a little diversion to the topic of organ donation. Wonderful study comparing different countries. We're going to look at two similar countries, Germany and Austria. And in Germany, if you would like to donate your organs -- God forbid something really bad happens to you -- when you get your driving license or an I.D., you check the box saying, "I would like to donate my organs." Not many people like checking boxes. It takes effort. You need to think. Twelve percent do. Austria, a neighboring country, slightly similar, slightly different. What's the difference? Well, you still have choice. You will decide whether you want to donate your organs or not. But when you get your driving license, you check the box if you do not want to donate your organ. Nobody checks boxes. That's kind of too much effort. One percent check the box. The rest do nothing. Doing nothing is very common. Not many people check boxes.

What are the implications to saving lives and having organs available? In Germany,12 percent check the box. Twelve percent are organ donors. Huge shortage of organs, God forbid, if you need one. In Austria, again, nobody checks the box. Therefore,99 percent of people are organ donors. Inertia, lack of action. What is the default setting if people do nothing, if they keep procrastinating, if they don't check the boxes? Very powerful. We're going to talk about what happens if people are overwhelmed and scared to make their 401 (k) choices. Are we going to make them automatically join the plan, or are they going to be left out? In too many 401 (k) plans, if people do nothing, it means they're not saving for retirement, if they don't check the box. And checking the box takes effort.

So we've chatted about a couple of behavioral challenges. One more before we flip the challenges into solutions, having to do with monkeys and apples. No, no, no, this is a real study and it's got a lot to do with behavioral economics. One group of monkeys gets an apple, they're pretty happy. The other group gets two apples,one is taken away. They still have an apple left. They're really mad. Why have you taken our apple? This is the notion of loss aversion. We hate losing stuff, even if it doesn't mean a lot of risk. You would hate to go to the ATM, take out 100 dollars and notice that you lost one of those $ 20 bills. It's very painful, even though it doesn't mean anything. Those 20 dollars might have been a quick lunch. So this notion of loss aversion kicks in when it comes to savings too, because people, mentally and emotionally and intuitively frame savings as a loss because I have to cut my spending.

So we talked about all sorts of behavioral challenges having to do with savings eventually. Whether you think about immediate gratification, and the chocolates versus bananas, it's just painful to save now. It's a lot more fun to spend now. We talked about inertia and organ donations and checking the box. If people have to check a lot of boxes to join a 401 (k) plan, they're going to keep procrastinating and not join. And last, we talked about loss aversion, and the monkeys and the apples. If people frame mentally saving for retirement as a loss, they're not going to be saving for retirement.

So we've got these challenges, and what Richard Thaler and I were always fascinated by -- take behavioral finance, make it behavioral finance on steroids or behavioral finance 2.0 or behavioral finance in action -- flip the challenges into solutions. And we came up with an embarrassingly simple solution called Save More, not today, Tomorrow. How is it going to solve the challenges we chatted about? If you think about the problem of bananas versus chocolates, we think we're going to eat bananas next week. We think we're going to save more next year. Save More Tomorrow invites employees to save more maybe next year -- sometime in the future when we can imagine ourselves eating bananas, volunteering more in the community, exercising more and doing all the right things on the planet.

Now we also talked about checking the box and the difficulty of taking action. Save More Tomorrow makes it easy. It's an autopilot. Once you tell me you would like to save more in the future, let's say every January you're going to be saving more automatically and it's going to go away from your paycheck to the 401 (k) plan before you see it, before you touch it, before you get the issue of immediate gratification. But what are we going to do about the monkeys and loss aversion? Next January comes and people might feel that if they save more, they have to spend less, and that's painful. Well, maybe it shouldn't be just January. Maybe we should make people save more when they make more money. That way, when they make more money, when they get a pay raise, they don't have to cut their spending. They take a little bit of the increase in the paycheck home and spend more -- take a little bit of the increase and put it in a 401 (k) plan.

So that is the program, embarrassingly simple, but as we're going to see, extremely powerful. We first implemented it, Richard Thaler and I, back in 1998. Mid-sized company in the Midwest, blue collar employees struggling to pay their bills repeatedly told us they can not save more right away. Saving more today is not an option. We invited them to save three percentage points more every time they get a pay raise. And here are the results. We're seeing here a three and a half-year period,four pay raises, people who were struggling to save, were saving three percent of their paycheck,three and a half years later saving almost four times as much, almost 14 percent.

And there's shoes and bicycles and things on this chart because I don't want to just throw numbers in a vacuum. I want, really, to think about the fact that saving four times more is a huge difference in terms of the lifestyle that people will be able to afford. It's real. It's not just numbers on a piece of paper. Whereas with saving three percent, people might have to add nice sneakers so they can walk, because they won't be able to afford anything else, when they save 14 percent they might be able to maybe have nice dress shoes to walk to the car to drive. This is a real difference. By now, about 60 percent of the large companies actually have programs like this in place. It's been part of the Pension Protection Act. And needless to say that Thaler and I have been blessed to be part of this program and make a difference.

Let me wrap with two key messages. One is behavioral finance is extremely powerful. This is just one example. Message two is there's still a lot to do. This is really the tip of the iceberg. If you think about people and mortgages and buying houses and then not being able to pay for it, we need to think about that. If you're thinking about people taking too much risk and not understanding how much risk they're taking or taking too little risk, we need to think about that. If you think about people spending a thousand dollars a year on lottery tickets, we need to think about that. The average actually, the record is in Singapore. The average household spends $ 4,000 a year on lottery tickets. We've got a lot to do, a lot to solve, also in the retirement area when it comes to what people do with their money after retirement.

One last question: How many of you feel comfortable that as you're planning for retirement you have a really solid plan when you're going to retire, when you're going to claim Social Security benefits, what lifestyle to expect, how much to spend every month so you're not going to run out of money? How many of you feel you have a solid plan for the future when it comes to post-retirement decisions. One,two,three,four. Less than three percent of a very sophisticated audience. Behavioral finance has a long way. There's a lot of opportunities to make it powerful again and again and again.

Thank you.

(Applause)

I'm going to talk/ today/ about saving more, but not today,/ tomorrow.//

今日は貯蓄を増やすことについてお話しします といっても今日ではなくて 明日です

I'm going to talk/ about Save More Tomorrow.//

これは「明日はもっと!貯蓄法」の話です

It's a program/ that Richard Thaler/ from the University of Chicago/ and I devised maybe/ 15 years ago.//

それはシカゴ大学のリチャード・セイラーと私が およそ15年前に考案したプログラムです

The program,/ in a sense,/ is an example of behavioral finance/ on steroids --/ how we could really use behavioral finance.//

このプログラムは 言ってみれば 「行動ファイナンス」を より強力にしたもの ― 行動ファイナンスの活用に関するものです

Now/ you might ask,/ what is behavioral finance?//

「行動ファイナンス」とは何かと お尋ねになるかもしれませんね

So let's think/ about how we manage our money.//

では 我々がお金をどう管理しているのか 考えてみましょう

Let's start/ with mortgages.//

まずは住宅ローンから

It's kind of a recent topic,/ at least/ in the U.S.//

これは少なくともアメリカでは 最近 話題になっていることです

A lot of people buy the biggest house/ they can afford,/ and actually slightly bigger/ than that.//

多くの人たちは お金の許す限り大きな家を買います 実際はそれよりちょっと大きめですが

And then/ they foreclose.//

そしてそれを抵当に入れる

And then/ they blame the banks/ for being the bad guys/ who gave them/ the mortgages.//

後から彼らは銀行を責めるのです 「住宅ローンを背負わせた悪い奴らだ!」と

Let's also think about how we manage risks --/ for example,/ investing in the stock market.//

こんなことも考えてみましょう 我々がどのようにリスクを扱っているか ― たとえば株式市場への投資です

Two years ago,/three years ago,/ about four years ago,/ markets did well.//

2年前 3年前 4年前 市場は好調でした

We were risk takers,/ of course.//

我々はリスクを冒すことも辞しませんでした 当然ですよね

Then/ market stocks seize/ and we're like,/ "Wow.//

そして株式市場が衰退すると 我々はこうです 「ああ

These losses,/ they feel,/ emotionally,/ they feel very different/ from what we actually thought about it/ when markets were going up."//

この喪失感は 市場が好調だった時に考えていたのとは 大違いじゃないか」

So we're probably not doing/ a great job/ when it comes to risk/ taking.//

そう 我々はリスクを負うことは あまり上手でないのです

How many of you have iPhones?//

iPhoneをお持ちの方は何人おられますか?

Anyone?// Wonderful.//

持っている人? すばらしい

I would bet many more of you insure your iPhone --/ you're implicitly buying/ insurance/ by having an extended warranty.//

皆さんのうちの多くは iPhoneに保険をかけているでしょう 保証を追加することで保険に入っているのです

What if you lose your iPhone?//

iPhoneをなくした場合にはこう

What if you do this?//

こういう場合にはこう とかね

How many of you have kids?//

このうち子どもさんのいる方は?

Anyone?//

該当の方は?

Keep/ your hands up/ if you have sufficient life insurance.//

手をあげていて下さいね このうち十分な生命保険をかけている方は?

I see a lot of hands/ coming down.//

多くの手が下がりましたね

I would predict,/ if you're a representative sample,/ that many more of you insure your iPhones/ than your lives,/ even when/ you have kids.//

おそらく 皆さんは代表的サンプルです というのも皆さんの多くは たとえ子どもがいても 命よりiPhoneに保険をかけているのです

We're not doing/ that well/ when it comes to insurance.//

我々は保険のことは得意でないのです

The average American household spends 1,000 dollars/ a year/ on lotteries.//

アメリカの平均的世帯は 1年に1000ドルを 宝くじに費やします

And I know/ it sounds crazy.//

気違いじみていると思うでしょう

How many of you spend a thousand dollars/ a year/ on lotteries?//

1年に1000ドルも宝くじに費やす方 おられますか?

誰もおられませんね

So/ that tells us/ that the people not in this room are spending more/ than a thousand/ to get the average/ to a thousand.//

つまり この場にいない人たちが 1000ドル以上費やしているということです そうすると平均が1000ドルになります

Low-income people spend a lot/ more/ than a thousand/ on lotteries.//

低所得の人々は 宝くじに1000ドル以上費やすのです

So/ where does it take us?//

つまりどういうことか?

We're not doing/ a great job/ managing money.//

我々はお金の管理が得意でないのです

Behavioral finance is really a combination of psychology and economics,/ trying to understand the money mistakes people make.//

「行動ファイナンス」は 心理学と経済学の組み合わせです そして人々の お金にまつわる間違いを理解しようとします

And I can keep standing here/ for the 12 minutes/ and 53 seconds/ that I have left/ and make fun of all sorts of ways/ we manage money,/ and at the end/ you're going to ask,/ "How can we help people?"//

そして残り 12分と53秒ありますから 私はお金の管理方法について 面白いお話をしたいとは思いますが 皆さんは最後には これを使って人助けしたくなるでしょう

And that's/ what I really want to focus/ on today.//

それこそが 今日私が 真に注目したい点なのです

How do we take an understanding of the money mistakes people make,/ and then/ turning the behavioral challenges/ into behavioral solutions?//

我々はどのようにすれば 人々のお金に関する間違いを理解できるでしょうか そしてどのようにすれば この問題行動を 解決行動に変えていけるでしょうか?

And what I'm going to talk/ about today is Save More Tomorrow.//

そして今日私がお話しすることは 「明日はもっと!貯蓄法」です

I want to address/ the issue of savings.//

貯蓄についてのお話を致しましょう

We have on the screen/ a representative sample of 100 Americans.//

ここにいるのは 100人のアメリカ人の 代表的サンプルです

And we're going to look/ at their saving behavior.//

彼らの貯蓄行動を見てみましょう

First thing/ to notice is,/ half of them do not even have access/ to a 401 (k)/ plan.//

まず注目すべきは 彼らの半分は 401(K)プラン(確定拠出年金)に アクセスさえできないことです

They can not make savings easy.//

彼らは楽に貯蓄することができません

They can not have/ money go away/ from their paycheck/ into a 401 (k) plan/ before they see it,/ before they can touch it.//

彼らはお金を目にしたり 触ったりする前に 給料から401(k)プランに 天引きして貯めることができないのです

What about the remaining half of the people?//

残りの半分の人々はどうでしょう?

Some of them elect not to save.//

なかには貯蓄しないことを選ぶ人もいます

They're just too lazy.//

彼らは怠惰すぎるのです

They never get around/ to logging into a complicated website/ and doing 17 clicks/ to join the 401 (k)/ plan.//

複雑なウェブサイトを閲覧して 17回クリックして401(k)プランに 加入しようとはしないのです

And then/ they have to decide/ how they're going to invest/ in their 52 choices,/ and they never heard about what is a money market fund.//

さらに彼らはどのように投資するかを 52の選択肢から選ばなければなりません マネー・マーケット・ファンドなど聞いたこともなく

And they get overwhelmed/ and the just don't join.//

そして圧倒され加入しません

How many people end up/ saving to a 401 (k)/ plan?//

どれだけの人が最終的に401(K)プランに 加入するのでしょうか?

One third of Americans.//

アメリカ人の3分の1です

Two thirds are not saving now.//

3分の2の人は現在貯畜をしていません

Are they saving enough?//

彼らはすでに十分蓄えがあるのでしょうか?

Take out/ those/ who say they save too little.//

少ししか貯畜がないと言っている人を 省いてみましょう

One out of 10 are saving enough.//

十分に蓄えがあるのは 10人中1人です

Nine out of 10/ either can not save through their 401 (k)/ plan,/ decide not to save --/ or don't decide --/ or save too little.//

10人中9人は 401(K)プランを通じての貯畜ができないか 貯畜しないと決めているか ― または貯畜する決意がないか ― もしくは貯畜が少なすぎる人たちです

We think/ we have a problem of people/ saving too much.//

貯畜が多すぎる人々の 問題についても考えましょう

Let's look/ at that.//

これを見て下さい

We have one person --/ well,/ actually/ we're going to slice/ him/ in half/ because it's less than one percent.//

1人です ― 実際には彼を半分に切りましょう なぜなら1%に満たないからです

Roughly half a percent of Americans feel/ that they save too much.//

「貯畜が多すぎる」と感じているアメリカ人は だいたい0.5%です

What are we going to do about it?//

これは何を示唆しているでしょうか?

That's/ what I really want to focus/ on.//

これこそ私が注目したい点です

We have to understand/ why people are not saving,/ and then/ we can hopefully flip the behavioral challenges/ into behavioral solutions,/ and then see how powerful/ it might be.//

我々は 人々が貯畜しない理由を理解せねばなりません そして我々はその問題行動を ひっくり返して 解決行動に変えたいのです そしてそれがいかに強力か見てみましょう

So let me/ divert for a second/ as we're going to identify/ the problems,/ the challenges,/ the behavioral challenges,/ that prevent people/ from saving.//

これから人々が貯畜するのを妨げる 問題や 困難さを見ていきますが 一瞬だけ話題を変えさせて下さい

I'm going to divert/ and talk about bananas and chocolate.//

脱線してバナナとチョコレートのお話です

Suppose/ we had another wonderful TED event/ next week.//

来週また素晴らしい TEDイベントがあるとしましょう

And during the break/ there would be a snack/ and you could choose bananas or chocolate.//

そしてその休憩時間に 軽食が出ることでしょう あなたはバナナかチョコレートを選べます

How many of you think you would like to have/ bananas/ during this hypothetical TED event next week?//

バナナを選ぶと思う人は どれくらいおられますか? 来週の仮想TEDイベント中に?

Who would go for bananas?//

バナナを選ぶ人?

すばらしい

I predict scientifically 74 percent of you will go for bananas.//

私は科学的に予言しましょう 74%の人がバナナを選びます

Well/ that's at least/ what one wonderful study predicted.//

そう予測した研究が少なくとも1つあります

And then count down/ the days/ and see/ what people ended up/ eating.//

そして日が近づくにつれ 人々が何を最終的に食べているか 見てみましょう

The same people/ that imagined themselves/ eating the bananas ended up/ eating chocolates a week later.//

バナナを選ぶと想像していた その当人たちが 結局1週間後には チョコレートを食べているのです

Self-control is not a problem/ in the future.//

セルフコントロールは 将来の問題ではありません

It's only a problem now/ when the chocolate is next/ to us.//

チョコレートの誘惑を感じている まさに今現在の問題なのです

What does it have to do/ with time and savings,/ this issue of immediate gratification?//

時間と貯畜の間にはどんな関係が あるのでしょうか? これは「即時的満足」の問題 あるいは

Or/ as some economists call it,/ present bias.//

一部の経済学者の言う 「現在志向バイアス」の問題でしょうか?

We think about saving.// We know/ we should be saving.//

貯畜について考えてみましょう 我々は貯畜は必要と知っています

We know/ we'll do it/ next year,/ but today let us/ go and spend.//

来年はしようと思っています しかし今日は使ってしまうのです

Christmas is coming,/ we might as well buy a lot of gifts/ for everyone/ we know.//

クリスマスも近いですしね 我々は知り合い皆にプレゼントを どっさり買ってしまうのです

So this issue of present bias causes us/ to think about saving,/ but end up/ spending.//

この現在志向バイアスによる問題は 貯畜について考えさせてはくれますが 結局使って終わるのです

Let me now talk about another behavioral obstacle/ to saving having to do/ with inertia.//

また別の貯畜への障壁について 話をさせて下さい これは「怠け心」と関連したものです

But again,/ a little diversion/ to the topic of organ donation.//

しかし再び ちょっと寄り道 臓器提供についてです

Wonderful study/ comparing different countries.//

様々な国を比較した 素晴らしい研究があります

We're going to look/ at two similar countries,/ Germany and Austria.//

よく似た2つの国を見てみましょう ドイツとオーストリアです

And/ in Germany,/ if you would like to donate/ your organs --/ God forbid something really bad happens to you --/ when you get your driving license or an I.D.//,/ you check the box/ saying,/ "I would like to donate/ my organs."//

ドイツでは もしあなたが臓器を提供したい時は ― そんなひどいこと あなたに 起きてほしくはないですよ ― 自動車免許やIDカードを取得する際に このボックスにチェックするのです 「私は臓器を提供します」

Not many people/ like checking boxes.//

多くの人はボックスにチェックしません

It takes effort.// You need to think.//

それは負担だからです 考えないといけませんからね

Twelve percent do.//

チェックするのは12%の人だけです

Austria,/ a neighboring country,/ slightly similar,/ slightly different.//

オーストリア お隣の国ですが ちょっと似ていますがちょっと違うのです

What's the difference?//

どこが違うのでしょうか?

Well,/ you still have choice.//

あなたはやはり選択肢をもっています

You will decide/ whether you want to donate/ your organs or not.//

あなたが決めるのです 臓器を提供するかどうかを

But when you get your driving license,/ you check the box/ if you do not want to donate/ your organ.//

しかし 自動車免許を取得する時 ボックスにチェックするのは 臓器を提供「したくない」場合なのです

Nobody checks boxes.//

誰もチェックする人はいません

That's kind of too much effort.//

それは負担だからです

One percent check/ the box.// The rest do nothing.//

チェックする人はたった1%で 残りの人は何もしません

Doing nothing is very common.//

何もしないのは非常に一般的です

Not many people check boxes.//

多くの人はボックスにチェックはしません

What are the implications to saving lives/ and having organs available?//

これが人命救助や 臓器利用を可能にすることに対して 示唆することは何でしょうか?

In Germany,/12 percent check/ the box.//

ドイツでは チェックを入れた人は12%で

Twelve percent are organ donors.//

臓器ドナーは12%です

Huge shortage of organs,/ God forbid,/ if you need one.//

臓器は大幅に不足します 起きてほしくないですが あなたに臓器が必要でも

In Austria,/ again,/ nobody checks the box.//

オーストリアでは 誰もボックスにチェックをしません

Therefore,/99 percent of people are organ donors.//

したがって 99%の人が 臓器ドナーです

怠け心 つまり行動を起こさないことです

What is the default/ setting/ if people do nothing,/ if they keep procrastinating,/ if they don't check the boxes?//

デフォルトの設定は何ですか? 人が何もしない時 決断を遅らせたり チェックを入れない時

Very powerful.//

それは非常に強力です

We're going to talk/ about what happens/ if people are overwhelmed and scared/ to make their 401 (k)/ choices.//

考えてみましょう もし人々が401(K)プランに対して 圧倒され怖がってしまうとどうなるか

Are we/ going to make/ them automatically join the plan,/ or are they going to be left out?//

我々は自動的にプランに加入させられますか? それとも放ったらかしにされますか?

In too many 401 (k)/ plans,/ if people do nothing,/ it means/ they're not saving/ for retirement,/ if they don't check the box.//

多くの401(K)プランでは もし人々が何もしなかったら 退職後に向けた貯畜をしないままに なってしまうのです ボックスにチェックをしなかったからです

And checking the box takes effort.//

ボックスにチェックをするのは負担です

So we've chatted about a couple of behavioral challenges.//

我々は行動的障壁をいくつか挙げました

One more/ before we flip the challenges/ into solutions,/ having to do with monkeys and apples.//

この困難を解決に変える前に もう1つ サルとリンゴの話をしましょう

No, no,/ no,/ this is a real study/ and it's got a lot/ to do with behavioral economics.//

いえいえ これは真面目な研究です そしてこれは行動経済学に 大いに関係があります

One group of monkeys gets an apple,/ they're pretty happy.//

サルの群れがリンゴを1個もらいました とても幸せです

The other group gets two apples,/one is taken away.//

別の群れは2つもらった後 1つ奪われます

They still have an apple left.//

すると彼らはまだ1個持っているのに

They're really mad.//

非常に怒りました

Why have you taken our apple?//

「なぜ自分たちのリンゴを取るんだ?」

This is the notion of loss aversion.//

これを「損失回避」と言います

We hate losing/ stuff,/ even if it doesn't mean a lot of risk.//

我々は物を失うことを嫌います それが大きなリスクを伴うことでなくても です

You would hate to go/ to the ATM,/ take out/ 100 dollars/ and notice/ that you lost one of those $ 20 bills.//

あなたはATMに行って 100ドルを引き出して 20ドル札を1枚なくしたと気づくと嫌でしょう

It's very painful,/ even though it doesn't mean anything.//

たいしたことではないのに 非常に苦痛です

Those 20 dollars might have been a quick lunch.//

20ドルは簡単な昼食程度なのに

So this notion of loss aversion kicks/ in when it comes to savings too,/ because people,/ mentally and emotionally/ and intuitively/ frame savings/ as a loss/ because I have to cut/ my spending.//

これが損失回避です 貯蓄の場合にもこれが絡んできます 人々は心理的にも 情緒的 本能的にも 貯蓄を損失と感じるのです なぜなら消費を抑える必要があるからです

So we talked about all sorts of behavioral challenges/ having to do/ with savings eventually.//

我々はこれで 全ての問題行動について述べました どれも最終的に貯蓄と関係します

Whether you think about immediate gratification,/ and the chocolates/ versus bananas,/ it's just painful/ to save now.//

「即時的満足」 つまりチョコ対バナナについて 考えるかどうか 今すぐ貯蓄するのは苦痛なのです

It's a lot/ more fun/ to spend now.//

もっと楽しいのは 今は使ってしまうことです

We talked about inertia and organ donations/ and checking the box.//

我々は「怠け心」と臓器提供について話しました ボックスをチェックすることについてです

If people have to check/ a lot of boxes/ to join a 401 (k)/ plan,/ they're going to keep procrastinating and not join.//

もし多くのボックスにチェックしないと 401(K)プランに加入できないのなら 人々は行動を先延ばしにして 加入しないでしょう

And last,/ we talked about loss aversion,/ and the monkeys and the apples.//

最後に 「損失回避」です サルとリンゴの話です

If people frame mentally saving/ for retirement/ as a loss,/ they're not going to be saving for retirement.//

もし人々が心理的に 老後のための貯蓄を 損失ととらえていたら 老後のために貯めようとはしないでしょう

So we've got these challenges,/ and what Richard Thaler/ and I were always fascinated by --/ take behavioral finance,/ make it/ behavioral finance/ on steroids or behavioral finance 2.0 or behavioral finance/ in action --/ flip the challenges/ into solutions.//

我々はこういった問題を抱えているのです そしてこれらはリチャード・セイラーと私が いつも魅了されてきたことなのです ― 行動ファイナンスが 「行動ファイナンス強化版」 または「行動ファイナンス2.0」 「実践!行動ファイナンス」と言ってもいい ― それが困難を解決に変えるのです

And we came up/ with an embarrassingly simple solution called Save More, not today,/ Tomorrow.//

我々はお恥ずかしいほど 単純な解決法を思いつきました 今日ではなく 「明日はもっと!貯蓄法」です

How is it going to solve/ the challenges/ we chatted about?//

これは我々が話してきたような困難を いかにして解決するのでしょうか?

If you think about the problem of bananas/ versus chocolates,/ we think/ we're going to eat/ bananas/ next week.//

たとえば バナナとチョコレートの問題を考えましょう 我々は「来週はバナナを食べよう」と考えます

We think/ we're going to save/ more next year.//

我々は「来年はお金を貯めよう」と考えます

Save More Tomorrow invites employees/ to save more maybe/ next year --/ sometime/ in the future/ when we can imagine ourselves/ eating bananas,/ volunteering more/ in the community,/ exercising more/ and doing all the right things/ on the planet.//

「明日はもっと!貯畜法」によって 従業員たちは 「来年はもっと貯めよう」と考えます 未来のいつかは と そのいつか 我々は自分たちが バナナを食べているのを想像はできます 地域でもっとボランティアをすることとか もっと運動するとか あらゆる善行も そうですね

Now/ we also talked about checking the box/ and the difficulty of taking action.//

今 我々はボックスにチェックすること そして行動を起こすことの難しさをお話ししました

Save More Tomorrow makes it/ easy.//

「明日はもっと!貯蓄法」は これを簡単にしてくれます

It's an autopilot.//

自動操縦のようなものです

Once you tell me/ you would like to save/ more/ in the future,/ let's say every January/ you're going to be saving more automatically/ and it's going to go away/ from your paycheck/ to the 401 (k)/ plan/ before you see it,/ before you touch it,/ before you get the issue of immediate gratification.//

一度あなたが「将来お金を貯めたい」 と私に話したら たとえば毎年1月に あなたは自動的にお金を 貯蓄に振り分けることになります 給料から401(K)プランに天引きするのです 目にする前に 触れる前に 即時的満足に 陥る前に です

But what are we going to do about the monkeys and loss aversion?//

しかし 我々はサルと 損失回避に対してはどうしたらいいでしょう?

Next January comes/ and people might feel/ that if they save more,/ they have to spend/ less,/ and that's painful.//

来年の1月が来て 貯蓄を殖やすとなると 人々は支出を控えなければと考えるでしょうが それは苦痛です

Well,/ maybe/ it shouldn't be just January.//

たぶん1月だけ貯金を するのではなく

Maybe/ we should make/ people save more/ when they make more money.//

お金を稼いだ時には もっと貯蓄してもらった方がいいでしょう

That way,/ when they make more money,/ when they get a pay raise,/ they don't have to cut/ their spending.//

このように お金を稼いだ時や昇給した時 人々は支出を抑えなくてもいいのです

They take a little bit of the increase/ in the paycheck home/ and spend more --/ take a little bit of the increase/ and put it/ in a 401 (k)/ plan.//

彼らは少しでも 家に持って帰る給料が増えると それまでより多く使ってしまう ― その増加分のうち少しだけ 401(K)プランに入れてみましょう

So/ that is the program,/ embarrassingly simple,/ but/ as we're going to see,/ extremely powerful.//

それがこのプログラムのやり方なのです お恥ずかしいほど単純です しかし我々がこれから見るように 非常に強力です

We first implemented it,/ Richard Thaler and I,/ back/ in 1998.//

リチャード・セイラーと私が これを初めて実践したのは 1998年にさかのぼります

Mid-sized company/ in the Midwest, blue collar employees/ struggling to pay their bills repeatedly told us/ they can not save more right away.//

アメリカ中西部のある中規模の会社は 従業員が家計を賄えるだけの 給料を支払うことに苦心していました 従業員たちは繰り返し我々に言いました 「今すぐ貯蓄を殖やすのは無理だ」と

Saving more/ today is not an option.//

今日貯めてもらおうとは思っていません

We invited them/ to save three percentage points/ more every time/ they get a pay raise.//

我々が勧めたのは 昇給の度に 貯める額を3%増やすことです

And here are the results.//

その結果がこうです

We're seeing/ here/ a three and a half-year period,/four pay raises,/ people/ who were struggling to save,/ were saving three percent of their paycheck,/three/ and a half years later saving/ almost four times as much,/ almost 14 percent.//

ここには3年半後の結果を示しています 4回昇給があり 貯畜に苦労していた人たちが 給料の3%を貯め始めました 3年半後 貯蓄する割合はほぼ4倍になりました ほぼ14%ですね

And there's shoes and bicycles and things/ on this chart/ because I don't want to just throw numbers/ in a vacuum.//

靴や自転車 その他 この図にあるようなもの 私は単に数値だけを お見せしたい訳ではなく

I want,/ really,/ to think about the fact/ that saving four times/ more is a huge difference/ in terms of the lifestyle/ that people will be able to afford.//

この事実について考えたいのです つまり貯める額を4倍に増やすことが 人々が豊かなライフスタイルを 手に入れる点で 大きな違いを生むのです

It's real.//

これは現実です

It's not just numbers/ on a piece of paper.//

それは紙切れに書かれた単なる数ではないのです

Whereas with saving three percent,/ people might have to add/ nice sneakers/ so they can walk,/ because they won't be able to afford anything else,/ when they save 14 percent/ they might be able to maybe have nice dress shoes to walk/ to the car/ to drive.//

3%の貯蓄では せいぜい歩くための良いスニーカーを 買える程度で 他の物を買う余裕はありません しかし14%貯畜したら 車を停めている所まで歩くために お洒落な靴を買えるでしょう

This is a real difference.//

これが現実の違いです

By now,/ about 60 percent of the large companies actually have programs/ like this/ in place.//

今までに 60%の大企業が このようなプログラムを 実施してきました

It's been part of the Pension Protection Act.//

それらは年金保護法の一部として 用いられてきました

And needless to say/ that Thaler/ and I have been blessed to be part of this program/ and make a difference.//

そして言うまでもなく セイラーと私は このプログラムの一部に加えて頂き 大きな違いを生むことができました

Let me/ wrap with two key messages.//

締めくくりとして キーとなるメッセージを2つお伝えします

One is behavioral finance is extremely powerful.//

1つ目は 行動ファイナンスが 非常に強力であるということです

This is just one example.//

今回はたった一つの例にすぎません

Message two is there's still/ a lot/ to do.//

2つ目のメッセージは まだすべきことが多くあるということです

This is really the tip of the iceberg.//

これは氷山の一角にすぎません

If you think about people and mortgages/ and buying houses/ and then not being able to pay for it,/ we need to think/ about that.//

もし人々が住宅ローンに関して 家を買ってから支払いができなくなったら 我々はそれについて考えねばなりません

If you're thinking/ about people/ taking too much risk/ and not understanding/ how much risk they're taking or taking/ too little risk,/ we need to think/ about that.//

もし人々が 高すぎるリスクを抱えていても それがどの程度のリスクなのか 理解していなかったり あるいはリスクが低すぎるようなら 我々はそれについて考える必要があります

If you think about people/ spending a thousand dollars/ a year/ on lottery tickets,/ we need to think/ about that.//

もし1年に1000ドルを費やして 宝くじを買う人たちがいるのなら 我々はそれについて考えねばなりません

The average actually,/ the record is in Singapore.//

平均でみると 最高記録はシンガポールです

The average household spends $ 4,000/ a year/ on lottery tickets.//

平均的な世帯が 宝くじに年間4000ドル費やしています

We've got a lot/ to do,/ a lot to solve,/ also/ in the retirement area/ when it comes to/ what people do with their money/ after retirement.//

すべきことは たくさんあります 同様に 退職に関する領域にも 解決すべきことがたくさんあります つまり退職後のお金の使い方を 考える際にです

One/ last question:/ How many of you feel comfortable/ that as you're planning/ for retirement/ you have a really solid plan/ when you're going to retire,/ when you're going to claim/ Social Security benefits,/ what lifestyle to expect,/ how much to spend every month/ so you're not going to run/ out of money?//

最後に1つだけ質問させて下さい 皆さんのうち何人が 「退職に向けて非常に堅実な 計画を持っている」 と安心しておられますか? あなたが退職する時 そして社会保険給付を請求する時 どんなライフスタイルを望みますか お金が足りなくならないようにするには 毎月いくら使えますか?

How many of you feel/ you have a solid plan/ for the future/ when it comes to post-retirement decisions.//

「自分には堅実な将来計画がある」と 感じている方は何人おられますか? 退職後の決定の際に

One,two,three,four.//

1 2 3 4

Less/ than three percent of a very sophisticated audience.//

非常に洗練された聴衆の中でも 3%に満たないですね

Behavioral finance has a long way.//

行動ファイナンスはまだまだこれからです

There's a lot of opportunities/ to make it powerful again and again/ and again.//

たくさんの機会を通じて 繰り返しそれを強力なものにしていけます

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Chicago

『シカゴ』(『I』Illinois州にある米国の大都市)

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

steroid

ステロイド(脂肪溶解性の有機化合物の総称)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

mortgage

『抵当』,担保;抵当権

抵当証書

…‘を'抵当に入れる

(あるものを得ようとして)〈命など〉‘を'投げ出してかかる,賭ける

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

foreclose

〈抵当物〉‘を'流す

〈議論など〉‘を'打ち切る

抵当物を流す

blame

〈事〉'を'『非難する』,とがめる;(…のことで)〈人〉'を'非難する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』》

(…に)〈罪など〉'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

(罪・過失などに対する)『責任』(responsibility);責め,非難(censure)《+『for』+{名}(doing)

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

stock market

株式市場;株式売買

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

stock

〈C〉〈U〉(…の)『在庫品』,仕入れ品,ストック《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)貯蔵,蓄え《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『家畜』

〈U〉血統,家系,家柄

〈U〉〈C〉(動植物の)種属

〈U〉(スープ種・ソース種などに用いる)煮出し汁

〈U〉〈C〉《おもに米》(株式会社の)株,株式;〈C〉株券,《英》国債,地方債

〈U〉原料

〈C〉《複数形で》(刑罰用の昔の)さらし台

〈C〉(銃の)台じり

〈C〉(接ぎ木の)台木

〈C〉(接ぎ穂をとる)親株

〈C〉(植物の)幹,茎

〈C〉(錨(いかり)のリングの下の)横棒

〈C〉(劇場の)専属劇団[のレパートリー]

〈C〉アラセイトウ(春,赤紫色の花を開く)

(商品を)〈店など〉‘に'『仕入れる』,蓄える《+『名』〈店〉+『with』+『名』〈商品〉》

…‘を'『仕入れている』,貯蔵している

(家畜などを)〈農場など〉‘に'入れる,(…を)〈川・草地など〉‘に'放つ《+『名』〈農場など〉+『with』+『名』》

(…を)仕入れる,蓄える《+『up with』+『名』》

常に仕入れてある,常置の;標準の

ありふれた,陳腐な

在庫品を扱う

seize

(急に)…‘を'『ぐいとつかむ』,ひっつかむ

(力ずくで)…‘を'奪い取る;(合法的に)…‘を'押収する,差し押さえる,逮捕する

〈機会・申し出など〉‘を'とらえる,利用する

〈意味・要点など〉‘を'把握する,理解する(grasp)

《しばしば受動態で》〈痛み・恐怖などが〉〈人〉‘を'襲う

《通例受動態で》《文》〈人〉‘に'所有させる《+『名』+『of』+『名』》

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

probably

『たぶん』,『おそらく』

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

taking

〈U〉取ること,獲得

《複数形で》売り上げ高

《おもに話》人の心を引く,魅力的な

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

bet

『かけ』・(…との)かけ《+『with』+『名』》

かけた物(金)

かけの対象

〈金・物〉'を'『かける』

(かけ事・ゲームなどで)〈人〉‘と'『かけをする』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…に)『かける』《+『on』(『against』)+『名』(one's do『ing』)》

insure

…‘を'『保証する』,請け合う

〈人・財産など〉‘に'『保険をかける』,‘を'損害保証する

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

extend

(…まで)〈距離・期間など〉‘を'『延ばす』,延長する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈手・足,針金など〉‘を'『伸ばす』,広げる《+『名』+『to』+『名』》

《文》(…に)〈親切・援助など〉‘を'『及ぼす』《+『名』+『to』+『名』》

〈事業・意味など〉‘を'広げる,拡張する

(距離・期間など)(…まで)『広がる』,『伸びる』,(…に)及ぶ,わたる《+『to+『名』》

warranty

(売り渡し品の)保証《+on+名》

(…の)正当な理由,根拠《+for+名》

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

sufficient

『十分な』

life insurance

生命保険

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

lottery

富くじ,福引き,宝くじ・運,巡り合わせ

no one

『だれも』…『ない』

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

economic

『経済の』

『経済学の』

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

standing

〈U〉〈C〉『身分』,地位;名声,評伴;立場

〈U〉継続,存続(duration)

『立っている』,立ったままで行う

動かない,止まった

絶え間まなく続く,永続的な;固定した,いつもの;常備の,常設の

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

first thing

まず最初に,朝一番に

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

paycheck

給料支払い小切手

俸給,給料(salary)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

elect

(投票で)〈議長・議員など〉‘を'『選ぶ』,『選挙する』

《文》…‘を'選択する;(…すること)‘に'決定する(decide)《+『to』 do》

《通例‐electの形で名詞に付けて》(まだ就任していないが)選挙された,当選した

選ばれた

《the~》選ばれるに値する人たち,エリート

《時にthe~》選ばれた者,選民

lazy

(人動物が)『怠惰な』,無精な,物ぐさな

(物事が)(人の)怠惰を誘う,けだるい,ものうげな

動きがのろい

《名詞的に;the lazy》怠け者[たち]

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

complicate

…'を'複雑にする

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

divert

(ある道筋・用途から…へ)…‘を'『わきへそらす』《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈心・注意など〉‘を'そらす《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'楽しませる

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

bananas

《米俗》頭のおかしい

chocolate

〈U〉〈C〉『チョコレート』;《複数形で》『チョコレート菓子』

〈U〉チョコレート飲料

〈U〉チョコレート色

チョコレート製の,チョコレト入りの

チョコレート色の

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

snack

(特に食事と食事の間にとる)『軽食』,スナック

軽い食事をとる;間食する

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

banana

『バナナ』;バナナの木

《米俗》ドル

scientifically

科学的に,学術的に

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

self-control

自制,自制心

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

gratification

〈U〉(…を)喜ばせること,満足させること《+『of』+『名』》;(…する)喜び,満足[感]《+『of』do『ing』》

〈C〉(…に)満足(喜び)を与えるもの《+『to』+『名』》

economist

経済学者

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

Christmas

(また『Christmas Day』)『クリスマス』,キリスト降誕祭(12月25日)

=Christmastide

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

inertia

(物体の)慣性,惰性,惰力

不活発,ものぐさ

diversion

〈U〉(ある進路・目的・用途などから)そらせること《+『from』+『名』》

〈C〉気晴らし,娯楽

〈U〉注意をそらすこと;〈C〉注意をそらすもの

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

donation

寄贈,寄付

寄付金,寄贈品

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

Austria

『オーストリア』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はVienna)

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

forbid

〈人〉‘に'〈物事〉‘を'『禁じる』,禁示する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

donor

寄付者,寄贈者

(移植用の組織・器官の)提供者,献血者

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

shortage

『不足』,欠乏;〈C〉不足高

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

default

(義務・債務などの)不履行,怠慢《+『on』(『against』)+『名』》;(法廷・試合場などへの)不出場・欠席

(義務・債務などを)履行しない;(裁判・試合などに)出場しない《+『in』(『on』)+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

procrastinate

ぐずぐず延びる,遅れる

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

retirement

(…からの)引退,退職《+『from』+『名』》

引きもること,引きこもり

chat

〈C〉〈U〉《話》(…との)『雑談』,談笑《+『with』+『名』》

〈C〉ツグミ類の鳥

(…について)『談笑する』《+『away』+『about』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

apple

『リンゴ』;リンゴの木

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

economics

《単数扱い》『経済学』

《複数扱い》(国・人の)経済状態

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

aversion

〈U〉(…に対する)嫌悪(けんお),けぎらい《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈C〉大きらいな人(もの)

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

mentally

精神的に,知能に関して

頭の中で,頭を使って

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

sometime

(未来の)『いつか』;そのうち

(過去の)あるとき;以前

かつての,以前の(former)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

planet

『惑星』,遊星

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

autopilot

= automatic pilot

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

implement

(通例簡単な)『道具』,器具

…‘を'履行する,果たす(execute)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

Midwest

=Middle West

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

collar

(衣服の)『えり』,カラー

首飾り;(勲章としての)頚(けい)章,首章

(犬などの)首輪;(馬・牛などの)首当て

〈依服〉‘に'カラーをつける;〈犬〉‘に'首輪をつける

〈人〉‘の'えり首を捕まえる

《話》〈犯人など〉'を'捕らえる;〈帰りたがっている人〉'を'引き止めて話し込む

《俗》〈物〉'を'持つ去る,盗む

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

repeatedly

繰り返して,再三再四

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

vacuum

真空

《単数形で》‘空虚',‘空所',空白

(現実から隔離された)孤立状態

《米》=vacuum cleaner

‘…を'電気そうじ機でそうじする

電気掃除機をかける

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

lifestyle

生き方,生きざま

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

sneaker

《複数形で》《おもに米》ゴム底の運動靴,スニーカー

こすい人;こそどろ

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

pension

『年金』,恩給

〈人〉‘に'年金(恩給)を与える

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

needless

『不必要な』

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

retire

(…から)『引退する』,退職する《+『from』+『名』》

就寝する,床につく

(…へ)『引きこもる』,退く,立ち去る《+『to』+『名』》

(…から)…‘を'引退(退職)させる《+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈打者〉‘を'アウトにする

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

social security

《米》《しばしばthe S-S-》国民年金[制度]

《英》社会保障[制度](《米》welfare)

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画