TED日本語 - ハンナ・フライ: 愛を語る数学

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ふさわしいパートナーを見つけるのは簡単なことではありません ― でも、数学的にはどうでしょうか?数学者のハンナ・フライは、この魅力的な講演で、愛を求める私たちの姿に見られるパターンを解説し、運命の人に出会うための3つの秘訣(数学的裏付けあり!)を紹介します。

Script

今日のテーマは 「愛を語る数学」です 皆さんご承知のとおり 数学者というのは 非常に素晴らしい 愛の探究者です でも それは 私たちが肉食系で 卓越した話術を誇り 最高の筆箱を携えているだけでなく 実際に 非常に多くの研究を行い 完ぺきなパートナーを 見つける方法を 計算してきたからです

この研究の中で 私のお気に入りの論文は 「なぜ僕には彼女がいないか」です(笑) ピーター・バッカスは 理想の恋人と出会える確率を計算します ピーターは さほど高望みはしていません イギリスにいる フリーな女性のうち ピーターが探しているのは 近くに住んでいて 彼に見合う年齢で 大卒で ピーターと馬が合い 魅力的で ピーターを魅力的と 思ってくれる人です (笑) はじき出された数字は イギリス全体で26人というものです あんまりですよね ピーター これが どれくらいの 数字かというと 最も確かな予測で 存在するとされる ― 地球外生命体の数の 400分の1です さらに ピーターが 一晩 遊びに繰り出して この特別な女性に 出会うチャンスは 28万5千分の1です これが理由で 数学者はわざわざ 夜遊びなんて しないんでしょうね

でも 私はそんな悲観的には 考えていないんです というのも 皆さんもそうだと思いますが 愛は そんな計算どおりには 行かないからです 人間の感情は 無秩序で 非合理的で予測が難しいものです でも だからといって 数学は何の役にも立たない ということではありません 愛は 人生の多くがそうであるように パターンにあふれており 数学は つまるところ パターンの研究だからです パターンも様々です 天気から 株式市場の変動 惑星の動き 都市の成長の 予測まであります はっきり言って これらはすべて まさに無秩序で予測困難でしょう 数学はとてもパワフルで ほぼすべての事象に対して 新たな見地を授けてくれるものだ と信じています たとえ それが愛のように ミステリアスなものであっても さて 皆さんに 数学がどれほど 素晴らしく 身近なものか ご納得いただくため 数学的に検証可能な 愛の秘訣 トップ3をご紹介します

それでは 1つ目の秘訣です 「オンラインデート必勝法」 オンラインデート・サイトで 私のお気に入りはOkCupidです 何と言っても 数学者チームが 立ち上げたサイトだからです 数学者らしく 彼らは ほぼ10年にわたって 全ユーザーの情報を 収集してきており そこに パターンを 見い出そうとしています サイト上で どんな風に自分のことを話し どんな風に交流するか といったパターンです そして 冗談抜きに 興味深い発見がありました その中でも 大のお気に入りは 「オンラインデート・サイトでは 魅力的な容姿の人がモテるとは限らない」 というものです むしろ 残念な容姿と 思われた方が 有利に働くこともあるのです 詳しく説明させてください ありがたいことに OkCupidでは任意で 異性のルックスを 1~5の尺度で 評価できるように なっています この平均スコアを 受け取るメッセージの数と 比較することで オンラインデート・サイトにおける 魅力と人気の相関関係がわかります

こちらは OkCupidの人たちが 作ったグラフです 注目すべきは 必ずしも 魅力が高いほど 多くのメッセージを受け取るわけではない ということです しかし 不思議なことに この青枠の人たちは 魅力は同じくらいなのに この赤枠の人たちより かなりモテています なぜでしょう? ルックスが良ければ良い というものではないからです 具体例を挙げて ご説明しましょう 例えば 女優のポーシャ・デ・ロッシのような人が いたとしましょう 誰もが ポーシャ・デ・ロッシは とても美しい女性だと言います 誰も彼女が醜いとは思いませんが 彼女はスーパーモデルでもありません サラ・ジェシカ・パーカーのような人と 比べたらどうでしょう 私も含め 多くの方はきっと サラ・ジェシカ・パーカーは とても素晴らしく この地球で 一番美しい生き物だと 認めるに違いありません でも 中には ― たいていはネット上の書き込みで 彼女はちょっと馬に似ている と言う人もいるようです(笑) サラ・ジェシカ・パーカーと ポーシャ・デ・ロッシがどれだけ魅力的か 1~5の尺度で 評価をしてもらったら 二人の平均値は ほぼ同じになるでしょう でも 評価の分布は まったく違うものになると思います ポーシャの評価は 4のあたりに集中します 誰もがとても美しいと 考えるからです 一方で サラ・ジェシカ・パーカーは 意見が分かれます 評価にも広がりがあります 実は この広がりが 重要なんです 評価に幅があるからこそ こうしたサイトでは より人気を獲得できるのです つまり 自分の魅力を 認めてくれる人がいる限り 他の人には 魅力なしと思われた方が うまく行くのです 皆に「近所の可愛い子」と思われるより だいぶ良いのです

メッセージを送る側の立場に 立って考えれば 理にかなっていることが 分かるでしょう 例えば あなたが 魅力的と思う人がいたとします 他の人は必ずしも その人に さほど関心を抱かないとすれば あなたには 競争相手が少ないことになり コンタクトするインセンティブも 高まります もし あなたが魅力的だと思う人が 誰もが魅力的と考えそうだったら どうでしょう 正直なところ わざわざ恥をかきたいですか? 面白いのはここからです オンラインデート・サイトに 載せる写真を選ぶとき 人は 魅力がないと思われそうなことを できるだけ隠そうとします 典型的な例は 肥満気味の人が 意図的に体型を隠すよう 写真に修正を加えたり ハゲている人が 帽子をかぶっている写真を 選んだりするようなものです でも もし成功したければ これと逆のことをすべきです つまり たとえ 魅力的でないと考える人がいたとしても 他の人と違うところを アピールすべきです あなたを好きになる人は どうやっても好きになります そうでない人は あなたの良いところしか 見ていないので 重要ではないのです

2つ目の秘訣は 「完ぺきなパートナーの見つけ方」です 恋愛が 絶好調で 進んでいるとしましょう でも ここで問題なのは 恋愛での成功を いかに永遠の幸せに結びつけるか 特に いつの時点で 「その人」と決めるかです 一般的に あなたに好意を示した ― 最初の人に 慌てて決めて 結婚すべきでないと 言われます でも それと同時に 永遠の幸せをつかみたいなら あまり長くは 待ちたくもないでしょう 私の大好きな作家 ジェーン・オースティンは言います 「27歳の未婚女性は 二度と ― 愛情を感じ 愛情を呼び起こすことを 望めはしない」 (笑) ジェーン ありがとう さすが 愛を熟知していますね

つまり 問題は 人生でデートできる人が 限られている中で 落ち着くべき時を どうやって知るかです 幸いにも ここで使える かなり美味しい数学があります 「最適停止理論」というものです 想像してみましょう 15歳でお付き合いを始めて 35歳までに結婚するのを 理想とします その間に お付き合いできそうな人に たくさん出会います 長所のレベルも様々です 誰か一人に決めて結婚すると その後 どんな人に出会えたか 知ることはできず 同様に 時間を戻して 決断を変えることはできません 少なくとも 私の経験では 他の人がいるという理由で お断りされて 何年もしてから また誘われるのは嫌なものです 私だけではないでしょう

ですから 数学的には このようにすべきなんです デート相手の候補リストにいる 最初の37%は 真剣な結婚相手としては 全員お断りするのです (笑) そのあと それまでに会った誰よりも 「良い」と最初に感じた人を 選ぶのです 例えば こうです これに従えば 数学的裏付けをもって 完ぺきなパートナーを 見つける確率を 最大化する最良の方法を 実践できるのです ただ残念ながら これには リスクを伴うこともご承知おきください 例えば 完ぺきなパートナーが 最初の37%に現れた場合です 不幸にも あなたは お断りすることになるでしょう (笑) そして この数学的方法に従う限り 前に会った人より 良い人に 会うことはありませんから あなたは ただ断り続けて 死ぬまで一人というわけです (笑) おそらく最期は 猫に囲まれて 看取られることになるでしょう

さて もう一つのリスクです 今度はこう考えてください 最初の37%に 会った人たちが 異常につまらなくて 退屈で最悪の人だった場合です まあ このときは お断りの段階にいますから 大丈夫 お断りすることができます でも 次に会う人が 辛うじて 退屈でなく 面白くて マシだったとしたら どうでしょうか この方法に従っている限りは その人と結婚しますから ずばり 次善の関係に 落ち着いてしまうわけです 残念なことです でも ここを好機と 市場に応えて ホールマーク社が 決めにかかる余地があります こんなバレンタイン・カードとかね(笑) 「親愛なる夫へ あなたは私がデートした 最初の37%の人たちより 辛うじてマシだったわ」 私にしては かなりロマンチックです

ですから この方法に 100%の成功率は期待できません でも これより 良い戦略などないのです 実際 野生界では ある魚は これと全く同じ戦略を 実践しています その魚は 交配期に現れた求愛者の 最初の37%を拒否し 次に出会う これまでのどの魚よりも より大きく たくましい魚を 選ぶのです 人間も無意識のうちに これをしていると思います 私たちは少しの間 いろんな異性と出会って 若いうちに いわば市場感覚を磨きます そして 20代半ばか それ以降になってから まじめに結婚相手を 探し始めます これこそが決定的な証拠で 脳には元々 ちょっとした数学的回路が 埋め込まれているのです

秘訣の2つ目を お話ししました さて 3つ目の秘訣は 「離婚の回避法」です 皆さんは 完ぺきなパートナーを選び その人と 一生を 共にしようとしています 誰もが できることなら 離婚は避けたいものだと思います まあ ピアーズ・モーガンの奥さんは 違うでしょうか でも 現代の 悲しい事実として アメリカでは 結婚したカップルの 2組に1組は離婚します それ以外の地域でも 数字は大して変わりません 結婚生活が破たんする前に 起こる口論は 数学の研究対象としては 理想的ではない とも言えるでしょう 何しろ 計測する対象や 数値化の対象を設定するのが とても難しいですから それでも この研究をやってのけたのが 心理学者のジョン・ゴットマンです ゴットマンは 数百のカップルを対象に 会話を観察し 考え得る あらゆることを 記録しました どんな会話が 交わされているかを記録し 皮膚コンダクタンス反応も記録し 顔の表情も 心拍数 血圧も記録しました つまり 妻が常に正しかったかを除き すべてを記録したわけです まあ 妻がいつも正しいんですけど ゴットマンのチームが 導いた結論によれば あるカップルが離婚するか 予測をする上で 最も重要な因子の一つは 会話中の二人が どれだけ ポジティブか ネガティブかです

リスクがとても低いとされたカップルは ゴットマンの基準では ネガティブより ポジティブの要素が多かったのです 関係がこじれている場合 つまり 離婚に向かうであろう人たちは 負のスパイラルに 陥ってしまっているのです このような非常に シンプルな考え方だけで ゴットマンのチームは あるカップルが 離婚をするかどうか 90%の確度で 予測することができました でも 数学者のジェームズ・マレーと 共同研究をして初めて このような負のスパイラルが起きる ― 理由とメカニズムが 解明されるようになりました 彼らがたどり着いた結論は 感銘を受けるほど シンプルで面白いものです これらの等式は 会話をしている夫妻が 自分が話すときに どう反応するか ポジティブ・ネガティブの度合いを 予想します これらの式は その人が一人でいるときの機嫌と パートナーと一緒にいるときの機嫌で 変わりますが 最も重要なのは 夫妻がどれだけ お互いに影響し合うかです

ここで ぜひ申し上げたいのは これらの方程式が もう一つ 完ぺきに描写し得るのは 軍拡競争にある2国間の関係 ということです (笑) ですから 口論をして負のスパイラルに陥り 離婚の瀬戸際に 追いつめられたカップルは 実は 数学的には 核戦争の始まりと同等なわけです (笑)

でも この等式で重要なことは 人々が互いに与え合う影響 特に「ネガティブの しきい値」 と呼ばれるものです ネガティブの しきい値 これは 夫がどこまで悪さをしたら 妻がキレてしまうか 臨界点のようなものです 逆も然りですが 私はこれまで 良い結婚とは 歩み寄りと相互理解 互いの空間を許容することが すべてだと思っていました つまり 最も成功している関係というのは ネガティブの しきい値が非常に高いのだ と思っていたのです 些細なことには目をつぶって 大事なことだけを話し合う カップルのようなものです でも実際 数学と チームが導き出した答えは その正反対こそが真である ということでした ベスト・カップル ― 最も成功しているカップルは ネガティブのしきい値が 非常に低いのです これらのカップルは 何事も 気づかないふりはせず お互いに不平不満を 言えるようにしています さらに 常に 関係を修復しようとしていて 結婚生活の先行きを かなりポジティブに捉えています 何でも とことん話し合うか 些細なことには 目をつぶるかで 大きな違いが生まれるのです

もちろん ただネガティブの しきい値を低くし 妥協せず 良い関係を 築こうとするだけでは不十分です でも 怒りをため込んではいけないことの 数学的な証拠が 本当に存在するということは 非常に興味深いことです

ここまで 愛と恋愛関係において どのように数学が役立ちうるか 3つの秘訣をお伝えしました こうした数学の使い方に加えて 数学が持つ力について ちょっとした私見をご紹介します 私にとって 等式や記号は 無味乾燥なものではありません それらは 声を持っています 息をのむような自然の豊かさや 私たちの身の周りで ねじれ 展開するパターンの 驚くべきシンプルさを 声高に語りかけています 世界の躍動から 私たちの立ち居振る舞いに至るまで カップルの皆さんには 愛を語る数学に 少し耳を傾けていただき 数学を少しでも 愛していただければと思います ありがとうございました (拍手)

Today I want to talk to you about the mathematics of love. Now, I think that we can all agree that mathematicians are famously excellent at finding love. But it's not just because of our dashing personalities, superior conversational skills and excellent pencil cases. It's also because we've actually done an awful lot of work into the maths of how to find the perfect partner.

Now, in my favorite paper on the subject, which is entitled, "Why I Don't Have a Girlfriend" -- (Laughter) -- Peter Backus tries to rate his chances of finding love. Now, Peter's not a very greedy man. Of all of the available women in the U.K., all Peter's looking for is somebody who lives near him, somebody in the right age range, somebody with a university degree, somebody he's likely to get on well with, somebody who's likely to be attractive, somebody who's likely to find him attractive. (Laughter) And comes up with an estimate of 26 women in the whole of the UK. It's not looking very good, is it Peter? Now, just to put that into perspective, that's about 400 times fewer than the best estimates of how many intelligent extraterrestrial life forms there are. And it also gives Peter a 1 in 285,000 chance of bumping into any one of these special ladies on a given night out. I'd like to think that's why mathematicians don't really bother going on nights out anymore.

The thing is that I personally don't subscribe to such a pessimistic view. Because I know, just as well as all of you do, that love doesn't really work like that. Human emotion isn't neatly ordered and rational and easily predictable. But I also know that that doesn't mean that mathematics hasn't got something that it can offer us because, love, as with most of life, is full of patterns and mathematics is, ultimately, all about the study of patterns. Patterns from predicting the weather to the fluctuations in the stock market, to the movement of the planets or the growth of cities. And if we're being honest, none of those things are exactly neatly ordered and easily predictable, either. Because I believe that mathematics is so powerful that it has the potential to offer us a new way of looking at almost anything. Even something as mysterious as love. And so, to try to persuade you of how totally amazing, excellent and relevant mathematics is, I want to give you my top three mathematically verifiable tips for love.

Okay, so Top Tip # 1: How to win at online dating. So my favorite online dating website is OkCupid, not least because it was started by a group of mathematicians. Now, because they're mathematicians, they have been collecting data on everybody who uses their site for almost a decade. And they've been trying to search for patterns in the way that we talk about ourselves and the way that we interact with each other on an online dating website. And they've come up with some seriously interesting findings. But my particular favorite is that it turns out that on an online dating website, how attractive you are does not dictate how popular you are, and actually, having people think that you're ugly can work to your advantage. Let me show you how this works. In a thankfully voluntary section of OkCupid, you are allowed to rate how attractive you think people are on a scale between 1 and 5. Now, if we compare this score, the average score, to how many messages a selection of people receive, you can begin to get a sense of how attractiveness links to popularity on an online dating website.

This is the graph that the OkCupid guys have come up with. And the important thing to notice is that it's not totally true that the more attractive you are, the more messages you get. But the question arises then of what is it about people up here who are so much more popular than people down here, even though they have the same score of attractiveness? And the reason why is that it's not just straightforward looks that are important. So let me try to illustrate their findings with an example. So if you take someone like Portia de Rossi, for example, everybody agrees that Portia de Rossi is a very beautiful woman. Nobody thinks that she's ugly, but she's not a supermodel, either. If you compare Portia de Rossi to someone like Sarah Jessica Parker, now, a lot of people, myself included, I should say, think that Sarah Jessica Parker is seriously fabulous and possibly one of the most beautiful creatures to have ever have walked on the face of the Earth. But some other people, i.e., most of the Internet, seem to think that she looks a bit like a horse. (Laughter) Now, I think that if you ask people how attractive they thought Sarah Jessica Parker or Portia de Rossi were, and you ask them to give them a score between 1 and 5, I reckon that they'd average out to have roughly the same score. But the way that people would vote would be very different. So Portia's scores would all be clustered around the 4 because everybody agrees that she's very beautiful, whereas Sarah Jessica Parker completely divides opinion. There'd be a huge spread in her scores. And actually it's this spread that counts. It's this spread that makes you more popular on an online Internet dating website. So what that means then is that if some people think that you're attractive, you're actually better off having some other people think that you're a massive minger. That's much better than everybody just thinking that you're the cute girl next door.

Now, I think this begins makes a bit more sense when you think in terms of the people who are sending these messages. So let's say that you think somebody's attractive, but you suspect that other people won't necessarily be that interested. That means there's less competition for you and it's an extra incentive for you to get in touch. Whereas compare that to if you think somebody is attractive but you suspect that everybody is going to think they're attractive. Well, why would you bother humiliating yourself, let's be honest? Here's where the really interesting part comes. Because when people choose the pictures that they use on an online dating website, they often try to minimize the things that they think some people will find unattractive. The classic example is people who are, perhaps, a little bit overweight deliberately choosing a very cropped photo, or bald men, for example, deliberately choosing pictures where they're wearing hats. But actually this is the opposite of what you should do if you want to be successful. You should really, instead, play up to whatever it is that makes you different, even if you think that some people will find it unattractive. Because the people who fancy you are just going to fancy you anyway, and the unimportant losers who don't, well, they only play up to your advantage.

Okay, Top Tip # 2: How to pick the perfect partner. So let's imagine then that you're a roaring success on the dating scene. But the question arises of how do you then convert that success into longer-term happiness and in particular, how do you decide when is the right time to settle down? Now generally, it's not advisable to just cash in and marry the first person who comes along and shows you any interest at all. But, equally, you don't really want to leave it too long if you want to maximize your chance of long-term happiness. As my favorite author, Jane Austen, puts it, "An unmarried woman of seven and twenty can never hope to feel or inspire affection again." (Laughter) Thanks a lot, Jane. What do you know about love?

So the question is then, how do you know when is the right time to settle down given all the people that you can date in your lifetime? Thankfully, there's a rather delicious bit of mathematics that we can use to help us out here, called optimal stopping theory. So let's imagine then, that you start dating when you're 15 and ideally, you'd like to be married by the time that you're 35. And there's a number of people that you could potentially date across your lifetime, and they'll be at varying levels of goodness. Now the rules are that once you cash in and get married, you can't look ahead to see what you could have had, and equally, you can't go back and change your mind. In my experience at least, I find that typically people don't much like being recalled years after being passed up for somebody else, or that's just me.

So the math says then that what you should do in the first 37 percent of your dating window, you should just reject everybody as serious marriage potential. (Laughter) And then, you should pick the next person that comes along that is better than everybody that you've seen before. So here's the example. Now if you do this, it can be mathematically proven, in fact, that this is the best possible way of maximizing your chances of finding the perfect partner. Now unfortunately, I have to tell you that this method does come with some risks. For instance, imagine if your perfect partner appeared during your first 37 percent. Now, unfortunately, you'd have to reject them. (Laughter) Now, if you're following the maths, I'm afraid no one else comes along that's better than anyone you've seen before, so you have to go on rejecting everyone and die alone. (Laughter) Probably surrounded by cats nibbling at your remains.

Okay, another risk is, let's imagine, instead, that the first people that you dated in your first 37 percent are just incredibly dull, boring, terrible people. Now, that's okay, because you're in your rejection phase, so thats fine, you can reject them. But then imagine, the next person to come along is just marginally less boring, dull and terrible than everybody that you've seen before. Now, if you are following the maths, I'm afraid you have to marry them and end up in a relationship which is, frankly, suboptimal. Sorry about that. But I do think that there's an opportunity here for Hallmark to cash in on and really cater for this market. A Valentine's Day card like this. (Laughter) "My darling husband, you are marginally less terrible than the first 37 percent of people I dated." It's actually more romantic than I normally manage.

Okay, so this method doesn't give you a 100 percent success rate, but there's no other possible strategy that can do any better. And actually, in the wild, there are certain types of fish which follow and employ this exact strategy. So they reject every possible suitor that turns up in the first 37 percent of the mating season, and then they pick the next fish that comes along after that window that's, I don't know, bigger and burlier than all of the fish that they've seen before. I also think that subconsciously, humans, we do sort of do this anyway. We give ourselves a little bit of time to play the field, get a feel for the marketplace or whatever when we're young. And then we only start looking seriously at potential marriage candidates once we hit our mid-to-late 20s. I think this is conclusive proof, if ever it were needed, that everybody's brains are prewired to be just a little bit mathematical.

Okay, so that was Top Tip # 2. Now, Top Tip # 3: How to avoid divorce. Okay, so let's imagine then that you picked your perfect partner and you're settling into a lifelong relationship with them. Now, I like to think that everybody would ideally like to avoid divorce, apart from, I don't know, Piers Morgan's wife, maybe? But it's a sad fact of modern life that 1 in 2 marriages in the States ends in divorce, with the rest of the world not being far behind. Now, you can be forgiven, perhaps for thinking that the arguments that precede a marital breakup are not an ideal candidate for mathematical investigation. For one thing, it's very hard to know what you should be measuring or what you should be quantifying. But this didn't stop a psychologist, John Gottman, who did exactly that. Gottman observed hundreds of couples having a conversation and recorded, well, everything you can think of. So he recorded what was said in the conversation, he recorded their skin conductivity, he recorded their facial expressions, their heart rates, their blood pressure, basically everything apart from whether or not the wife was actually always right, which incidentally she totally is. But what Gottman and his team found was that one of the most important predictors for whether or not a couple is going to get divorced was how positive or negative each partner was being in the conversation.

Now, couples that were very low-risk scored a lot more positive points on Gottman's scale than negative. Whereas bad relationships, by which I mean, probably going to get divorced, they found themselves getting into a spiral of negativity. Now just by using these very simple ideas, Gottman and his group were able to predict whether a given couple was going to get divorced with a 90 percent accuracy. But it wasn't until he teamed up with a mathematician, James Murray, that they really started to understand what causes these negativity spirals and how they occur. And the results that they found I think are just incredibly impressively simple and interesting. So these equations, they predict how the wife or husband is going to respond in their next turn of the conversation, how positive or negative they're going to be. And these equations, they depend on the mood of the person when they're on their own, the mood of the person when they're with their partner, but most importantly, they depend on how much the husband and wife influence one another.

Now, I think it's important to point out at this stage, that these exact equations have also been shown to be perfectly able at describing what happens between two countries in an arms race. (Laughter) So that -- an arguing couple spiraling into negativity and teetering on the brink of divorce -- is actually mathematically equivalent to the beginning of a nuclear war. (Laughter)

But the really important term in this equation is the influence that people have on one another, and in particular, something called the negativity threshold. Now, the negativity threshold, you can think of as how annoying the husband can be before the wife starts to get really pissed off, and vice versa. Now, I always thought that good marriages were about compromise and understanding and allowing the person to have the space to be themselves. So I would have thought that perhaps the most successful relationships were ones where there was a really high negativity threshold. Where couples let things go and only brought things up if they really were a big deal. But actually, the mathematics and subsequent findings by the team have shown the exact opposite is true. The best couples, or the most successful couples, are the ones with a really low negativity threshold. These are the couples that don't let anything go unnoticed and allow each other some room to complain. These are the couples that are continually trying to repair their own relationship, that have a much more positive outlook on their marriage. Couples that don't let things go and couples that don't let trivial things end up being a really big deal.

Now of course, it takes bit more than just a low negativity threshold and not compromising to have a successful relationship. But I think that it's quite interesting to know that there is really mathematical evidence to say that you should never let the sun go down on your anger.

So those are my top three tips of how maths can help you with love and relationships. But I hope that aside from their use as tips, they also give you a little bit of insight into the power of mathematics. Because for me, equations and symbols aren't just a thing. They're a voice that speaks out about the incredible richness of nature and the startling simplicity in the patterns that twist and turn and warp and evolve all around us, from how the world works to how we behave. So I hope that perhaps, for just a couple of you, a little bit of insight into the mathematics of love can persuade you to have a little bit more love for mathematics. Thank you. (Applause)

Today/ I want to talk/ to you/ about the mathematics of love.//

今日のテーマは 「愛を語る数学」です

Now,/ I think/ that we can all agree/ that mathematicians are famously excellent/ at finding love.//

皆さんご承知のとおり 数学者というのは 非常に素晴らしい 愛の探究者です

But it's not just/ because of our dashing personalities,/ superior conversational skills and excellent pencil cases.//

でも それは 私たちが肉食系で 卓越した話術を誇り 最高の筆箱を携えているだけでなく

It's also/ because we've actually done an awful lot of work/ into the maths of how to find the perfect partner.//

実際に 非常に多くの研究を行い 完ぺきなパートナーを 見つける方法を 計算してきたからです

Now,/ in my favorite paper/ on the subject,/ which is entitled,/ "Why I Don't Have a Girlfriend" --/ (Laughter) --/ Peter Backus tries to rate/ his chances of finding love.//

この研究の中で 私のお気に入りの論文は 「なぜ僕には彼女がいないか」です(笑) ピーター・バッカスは 理想の恋人と出会える確率を計算します

Now,/ Peter's not a very greedy man.//

ピーターは さほど高望みはしていません

Of all of the available women/ in the U.K.//,/ all/ Peter's looking/ for is somebody/ who lives near him,/ somebody/ in the right age range,/ somebody/ with a university degree,/ somebody/ he's likely/ to get on/ well with,/ somebody/ who's likely/ to be attractive,/ somebody/ who's likely/ to find him/ attractive.//

イギリスにいる フリーな女性のうち ピーターが探しているのは 近くに住んでいて 彼に見合う年齢で 大卒で ピーターと馬が合い 魅力的で ピーターを魅力的と 思ってくれる人です

(笑)

And comes up/ with an estimate of 26 women/ in the whole of the UK.//

はじき出された数字は イギリス全体で26人というものです

It's not looking/ very good,/ is it Peter?//

あんまりですよね ピーター

Now,/ just to put that/ into perspective,/ that's about 400 times fewer/ than the best estimates of how many intelligent extraterrestrial life forms there are.//

これが どれくらいの 数字かというと 最も確かな予測で 存在するとされる ― 地球外生命体の数の 400分の1です

And it also gives Peter/ a 1/ in 285,000 chance of bumping into any one of these special ladies/ on a given night out.//

さらに ピーターが 一晩 遊びに繰り出して この特別な女性に 出会うチャンスは 28万5千分の1です

I'd like to think/ that's/ why mathematicians don't really bother going/ on nights/ out anymore.//

これが理由で 数学者はわざわざ 夜遊びなんて しないんでしょうね

The thing is/ that I personally don't subscribe to such a pessimistic view.//

でも 私はそんな悲観的には 考えていないんです

Because I know,/ just as well as all of you do,/ that love doesn't really work like that.//

というのも 皆さんもそうだと思いますが 愛は そんな計算どおりには 行かないからです

人間の感情は 無秩序で 非合理的で予測が難しいものです

But I also know/ that that doesn't mean/ that mathematics hasn't got something/ that it can offer us/ because,/ love,/ as with most of life,/ is full of patterns and mathematics is,/ ultimately,/ all/ about the study of patterns.//

でも だからといって 数学は何の役にも立たない ということではありません 愛は 人生の多くがそうであるように パターンにあふれており 数学は つまるところ パターンの研究だからです

Patterns/ from predicting the weather/ to the fluctuations/ in the stock market,/ to the movement of the planets or the growth of cities.//

パターンも様々です 天気から 株式市場の変動 惑星の動き 都市の成長の 予測まであります

And/ if we're being honest,/ none of those things are exactly neatly ordered and easily predictable,/ either.//

はっきり言って これらはすべて まさに無秩序で予測困難でしょう

Because I believe/ that mathematics is so powerful/ that it has the potential/ to offer us/ a new way of looking at almost anything.//

数学はとてもパワフルで ほぼすべての事象に対して 新たな見地を授けてくれるものだ と信じています

Even something as mysterious/ as love.//

たとえ それが愛のように ミステリアスなものであっても

And so,/ to try to persuade you of how totally amazing, excellent and relevant mathematics is,/ I want to give/ you/ my top three mathematically verifiable tips/ for love.//

さて 皆さんに 数学がどれほど 素晴らしく 身近なものか ご納得いただくため 数学的に検証可能な 愛の秘訣 トップ3をご紹介します

Okay,/ so Top Tip/ # 1:/ How to win at online dating.//

それでは 1つ目の秘訣です 「オンラインデート必勝法」

So my favorite online/ dating website is OkCupid, not least/ because it was started by a group of mathematicians.//

オンラインデート・サイトで 私のお気に入りはOkCupidです 何と言っても 数学者チームが 立ち上げたサイトだからです

Now,/ because they're mathematicians,/ they have been collecting data/ on everybody/ who uses their site/ for almost a decade.//

数学者らしく 彼らは ほぼ10年にわたって 全ユーザーの情報を 収集してきており

And they've been trying to search/ for patterns/ in the way that/ we talk about ourselves/ and the way that/ we interact with each other/ on an online/ dating website.//

そこに パターンを 見い出そうとしています サイト上で どんな風に自分のことを話し どんな風に交流するか といったパターンです

And they've come up/ with some seriously interesting findings.//

そして 冗談抜きに 興味深い発見がありました

But my particular favorite is/ that it turns out/ that on an online/ dating website,/ how attractive/ you are does not dictate how popular/ you are,/ and actually,/ having people think/ that you're ugly can work to your advantage.//

その中でも 大のお気に入りは 「オンラインデート・サイトでは 魅力的な容姿の人がモテるとは限らない」 というものです むしろ 残念な容姿と 思われた方が 有利に働くこともあるのです

Let me/ show you/ how this works.//

詳しく説明させてください

In a thankfully voluntary section of OkCupid,/ you are allowed to rate/ how attractive you think people are on a scale/ between 1 and 5.//

ありがたいことに OkCupidでは任意で 異性のルックスを 1~5の尺度で 評価できるように なっています

Now,/ if we compare this score,/ the average score,/ to how many messages/ a selection of people receive,/ you can begin to get/ a sense of how attractiveness links to popularity/ on an online/ dating website.//

この平均スコアを 受け取るメッセージの数と 比較することで オンラインデート・サイトにおける 魅力と人気の相関関係がわかります

This is the graph/ that the OkCupid guys have come up/ with.//

こちらは OkCupidの人たちが 作ったグラフです

And the important thing/ to notice is/ that it's not totally true/ that the more attractive/ you are,/ the more/ messages/ you get.//

注目すべきは 必ずしも 魅力が高いほど 多くのメッセージを受け取るわけではない ということです

But the question arises then of what is it/ about people up here/ who are so much more popular/ than people/ down here,/ even though they have the same score of attractiveness?//

しかし 不思議なことに この青枠の人たちは 魅力は同じくらいなのに この赤枠の人たちより かなりモテています なぜでしょう?

And the reason/ why is/ that it's not just straightforward looks/ that are important.//

ルックスが良ければ良い というものではないからです

So let me try to illustrate/ their findings/ with an example.//

具体例を挙げて ご説明しましょう

So/ if you take someone/ like Portia de Rossi,/ for example,/ everybody agrees/ that Portia de Rossi is a very beautiful woman.//

例えば 女優のポーシャ・デ・ロッシのような人が いたとしましょう 誰もが ポーシャ・デ・ロッシは とても美しい女性だと言います

Nobody thinks/ that she's ugly,/ but she's not a supermodel,/ either.//

誰も彼女が醜いとは思いませんが 彼女はスーパーモデルでもありません

If you compare Portia de Rossi/ to someone/ like Sarah Jessica Parker,/ now,/ a lot of people,/ myself included,/ I should say,/ think/ that Sarah Jessica Parker is seriously fabulous/ and possibly/ one of the most beautiful creatures/ to have ever have walked on the face of the Earth.//

サラ・ジェシカ・パーカーのような人と 比べたらどうでしょう 私も含め 多くの方はきっと サラ・ジェシカ・パーカーは とても素晴らしく この地球で 一番美しい生き物だと 認めるに違いありません

But some other people,/ i.e.//,/ most of the Internet,/ seem to think/ that she looks a bit/ like a horse.// (Laughter)

でも 中には ― たいていはネット上の書き込みで 彼女はちょっと馬に似ている と言う人もいるようです(笑)

Now,/ I think/ that if you ask people how attractive/ they thought Sarah Jessica Parker/ or Portia de Rossi were,/ and you ask them/ to give them/ a score/ between 1 and 5,/ I reckon/ that they'd average out/ to have roughly the same score.//

サラ・ジェシカ・パーカーと ポーシャ・デ・ロッシがどれだけ魅力的か 1~5の尺度で 評価をしてもらったら 二人の平均値は ほぼ同じになるでしょう

But the way/ that people would vote/ would be very different.//

でも 評価の分布は まったく違うものになると思います

So Portia's scores would all be clustered around the 4/ because everybody agrees/ that she's very beautiful,/ whereas Sarah Jessica Parker completely divides opinion.//

ポーシャの評価は 4のあたりに集中します 誰もがとても美しいと 考えるからです 一方で サラ・ジェシカ・パーカーは 意見が分かれます

There'd be a huge spread/ in her scores.//

評価にも広がりがあります

And actually/ it's this spread/ that counts.//

実は この広がりが 重要なんです

It's this spread/ that makes you more popular/ on an online Internet/ dating website.//

評価に幅があるからこそ こうしたサイトでは より人気を獲得できるのです

So/ what that means/ then is/ that if some people think/ that you're attractive,/ you're actually better/ off having some other people think/ that you're a massive minger.//

つまり 自分の魅力を 認めてくれる人がいる限り 他の人には 魅力なしと思われた方が うまく行くのです

That's much better/ than everybody just thinking/ that you're the cute girl next door.//

皆に「近所の可愛い子」と思われるより だいぶ良いのです

Now,/ I think/ this begins makes a bit more sense/ when you think in terms of the people/ who are sending these messages.//

メッセージを送る側の立場に 立って考えれば 理にかなっていることが 分かるでしょう

So/ let's say/ that you think somebody's attractive,/ but you suspect/ that other people won't necessarily be/ that interested.//

例えば あなたが 魅力的と思う人がいたとします 他の人は必ずしも その人に さほど関心を抱かないとすれば

That means/ there's less competition/ for you/ and it's an extra incentive/ for you/ to get in touch.//

あなたには 競争相手が少ないことになり コンタクトするインセンティブも 高まります

Whereas compare/ that to/ if you think/ somebody is attractive/ but you suspect/ that everybody is going to think/ they're attractive.//

もし あなたが魅力的だと思う人が 誰もが魅力的と考えそうだったら どうでしょう

Well,/ why would/ you bother humiliating/ yourself,/ let's be honest?//

正直なところ わざわざ恥をかきたいですか?

Here's/ where the really interesting part comes.//

面白いのはここからです

Because/ when people choose the pictures/ that they use on an online/ dating website,/ they often try to minimize/ the things/ that they think some people will find unattractive.//

オンラインデート・サイトに 載せる写真を選ぶとき 人は 魅力がないと思われそうなことを できるだけ隠そうとします

The classic example is people/ who are,/ perhaps,/ a little bit overweight deliberately choosing/ a very cropped photo,/ or bald men,/ for example,/ deliberately/ choosing pictures/ where they're wearing/ hats.//

典型的な例は 肥満気味の人が 意図的に体型を隠すよう 写真に修正を加えたり ハゲている人が 帽子をかぶっている写真を 選んだりするようなものです

But actually/ this is the opposite of what you should do/ if you want to be successful.//

でも もし成功したければ これと逆のことをすべきです

You should really,/ instead,/ play up to/ whatever it is that makes you different,/ even if you think/ that some people will find it unattractive.//

つまり たとえ 魅力的でないと考える人がいたとしても 他の人と違うところを アピールすべきです

Because the people/ who fancy/ you are just going to fancy/ you anyway,/ and the unimportant losers/ who don't,/ well,/ they only play up to your advantage.//

あなたを好きになる人は どうやっても好きになります そうでない人は あなたの良いところしか 見ていないので 重要ではないのです

Okay,/ Top Tip/ # 2:/ How to pick the perfect partner.//

2つ目の秘訣は 「完ぺきなパートナーの見つけ方」です

So let's imagine then/ that you're a roaring success/ on the dating scene.//

恋愛が 絶好調で 進んでいるとしましょう

But the question arises of how do you then convert/ that success/ into longer-term happiness/ and/ in particular,/ how do you decide/ when is the right time to settle down?//

でも ここで問題なのは 恋愛での成功を いかに永遠の幸せに結びつけるか 特に いつの時点で 「その人」と決めるかです

Now generally,/ it's not advisable/ to just cash in/ and marry the first person/ who comes along/ and shows you/ any interest/ at all.//

一般的に あなたに好意を示した ― 最初の人に 慌てて決めて 結婚すべきでないと 言われます

But,/ equally,/ you don't really want to leave/ it too long/ if you want to maximize/ your chance of long-term happiness.//

でも それと同時に 永遠の幸せをつかみたいなら あまり長くは 待ちたくもないでしょう

As my favorite author,/ Jane Austen,/ puts it,/ "An unmarried woman of seven and twenty can never hope to feel or inspire affection again."//

私の大好きな作家 ジェーン・オースティンは言います 「27歳の未婚女性は 二度と ― 愛情を感じ 愛情を呼び起こすことを 望めはしない」

(笑)

Thanks a lot,/ Jane.// What do you know about love?//

ジェーン ありがとう さすが 愛を熟知していますね

So the question is then,/ how do you know/ when is the right time to settle down/ given/ all the people/ that you can date in your lifetime?//

つまり 問題は 人生でデートできる人が 限られている中で 落ち着くべき時を どうやって知るかです

Thankfully,/ there's a rather delicious bit of mathematics/ that we can use to help us/ out here,/ called optimal/ stopping theory.//

幸いにも ここで使える かなり美味しい数学があります 「最適停止理論」というものです

So let's imagine then,/ that you start dating/ when you're 15 and ideally,/ you'd like to be married by the time/ that you're 35.//

想像してみましょう 15歳でお付き合いを始めて 35歳までに結婚するのを 理想とします

And there's a number of people/ that you could potentially date across your lifetime,/ and they'll be at varying levels of goodness.//

その間に お付き合いできそうな人に たくさん出会います 長所のレベルも様々です

Now/ the rules are/ that once/ you cash in/ and get married,/ you can't look ahead/ to see/ what you could have had,/ and equally,/ you can't go back/ and change your mind.//

誰か一人に決めて結婚すると その後 どんな人に出会えたか 知ることはできず 同様に 時間を戻して 決断を変えることはできません

In my experience at least,/ I find/ that typically/ people don't much like being recalled years/ after being passed up/ for somebody else,/ or that's just me.//

少なくとも 私の経験では 他の人がいるという理由で お断りされて 何年もしてから また誘われるのは嫌なものです 私だけではないでしょう

So the math says then/ that/ what you should do in the first 37 percent of your dating window,/ you should just reject everybody/ as serious marriage potential.//

ですから 数学的には このようにすべきなんです デート相手の候補リストにいる 最初の37%は 真剣な結婚相手としては 全員お断りするのです

(笑)

And then,/ you should pick the next person/ that comes along that is better/ than everybody/ that you've seen before.//

そのあと それまでに会った誰よりも 「良い」と最初に感じた人を 選ぶのです

So here's the example.//

例えば こうです

Now/ if you do this,/ it can be mathematically proven,/ in fact,/ that this is the best possible way of maximizing your chances of finding the perfect partner.//

これに従えば 数学的裏付けをもって 完ぺきなパートナーを 見つける確率を 最大化する最良の方法を 実践できるのです

Now unfortunately,/ I have to tell/ you/ that this method does come with some risks.//

ただ残念ながら これには リスクを伴うこともご承知おきください

For instance,/ imagine/ if your perfect partner appeared during your first 37 percent.//

例えば 完ぺきなパートナーが 最初の37%に現れた場合です

Now,/ unfortunately,/ you'd have to reject/ them.//

不幸にも あなたは お断りすることになるでしょう

(笑)

Now,/ if you're following/ the maths,/ I'm afraid/ no one else comes along that's better/ than anyone/ you've seen before,/ so you have to go/ on rejecting everyone/ and die alone.//

そして この数学的方法に従う限り 前に会った人より 良い人に 会うことはありませんから あなたは ただ断り続けて 死ぬまで一人というわけです

(笑)

おそらく最期は 猫に囲まれて 看取られることになるでしょう

Okay,/ another risk is,/ let's imagine,/ instead,/ that the first people/ that you dated in your first 37 percent are just incredibly dull, boring, terrible people.//

さて もう一つのリスクです 今度はこう考えてください 最初の37%に 会った人たちが 異常につまらなくて 退屈で最悪の人だった場合です

Now,/ that's okay,/ because you're in your rejection phase,/ so/ thats fine,/ you can reject them.//

まあ このときは お断りの段階にいますから 大丈夫 お断りすることができます

But then/ imagine,/ the next person to come along/ is just marginally less boring,/ dull and terrible/ than everybody/ that you've seen before.//

でも 次に会う人が 辛うじて 退屈でなく 面白くて マシだったとしたら どうでしょうか

Now,/ if you are following the maths,/ I'm afraid/ you have to marry/ them/ and end up/ in a relationship/ which is,/ frankly,/ suboptimal.//

この方法に従っている限りは その人と結婚しますから ずばり 次善の関係に 落ち着いてしまうわけです

Sorry/ about that.//

残念なことです

But I do think/ that there's an opportunity here/ for Hallmark/ to cash in/ on and really/ cater/ for this market.//

でも ここを好機と 市場に応えて ホールマーク社が 決めにかかる余地があります

A Valentine's Day card/ like this.// (Laughter)

こんなバレンタイン・カードとかね(笑)

"My darling husband,/ you are marginally less terrible/ than the first 37 percent of people/ I dated."//

「親愛なる夫へ あなたは私がデートした 最初の37%の人たちより 辛うじてマシだったわ」

It's actually more romantic/ than I normally manage.//

私にしては かなりロマンチックです

Okay,/ so/ this method doesn't give you/ a 100 percent success rate,/ but there's no other possible strategy/ that can do any better.//

ですから この方法に 100%の成功率は期待できません でも これより 良い戦略などないのです

And actually,/ in the wild,/ there are certain types of fish/ which follow and employ this exact strategy.//

実際 野生界では ある魚は これと全く同じ戦略を 実践しています

So they reject every possible suitor/ that turns up/ in the first 37 percent of the mating season,/ and then/ they pick the next fish/ that comes along/ after that window/ that's,/ I don't know,/ bigger and burlier/ than all of the fish/ that they've seen before.//

その魚は 交配期に現れた求愛者の 最初の37%を拒否し 次に出会う これまでのどの魚よりも より大きく たくましい魚を 選ぶのです

I also think/ that subconsciously,/ humans,/ we do sort of do this anyway.//

人間も無意識のうちに これをしていると思います

We give ourselves/ a little bit of time/ to play the field,/ get a feel/ for the marketplace/ or whatever when we're young.//

私たちは少しの間 いろんな異性と出会って 若いうちに いわば市場感覚を磨きます

And then/ we only start looking/ seriously/ at potential marriage candidates/ once we hit our mid-to-late 20s.//

そして 20代半ばか それ以降になってから まじめに結婚相手を 探し始めます

I think/ this is conclusive proof,/ if ever/ it were needed,/ that everybody's brains are prewired to be just a little bit mathematical.//

これこそが決定的な証拠で 脳には元々 ちょっとした数学的回路が 埋め込まれているのです

Okay,/ so that was Top Tip/ # 2.//

秘訣の2つ目を お話ししました

Now,/ Top Tip/ # 3:/ How to avoid divorce.//

さて 3つ目の秘訣は 「離婚の回避法」です

Okay,/ so let's imagine then/ that you picked your perfect partner/ and you're settling/ into a lifelong relationship/ with them.//

皆さんは 完ぺきなパートナーを選び その人と 一生を 共にしようとしています

Now,/ I like to think/ that everybody would ideally like to avoid/ divorce,/ apart from,/ I don't know,/ Piers Morgan's wife,/ maybe?//

誰もが できることなら 離婚は避けたいものだと思います まあ ピアーズ・モーガンの奥さんは 違うでしょうか

But it's a sad fact of modern life/ that 1/ in 2 marriages/ in the States ends in divorce,/ with the rest of the world not being far behind.//

でも 現代の 悲しい事実として アメリカでは 結婚したカップルの 2組に1組は離婚します それ以外の地域でも 数字は大して変わりません

Now,/ you can be forgiven,/ perhaps/ for thinking/ that the arguments/ that precede/ a marital breakup are not an ideal candidate/ for mathematical investigation.//

結婚生活が破たんする前に 起こる口論は 数学の研究対象としては 理想的ではない とも言えるでしょう

For one thing,/ it's very hard/ to know/ what you should be measuring/ or what you should be quantifying.//

何しろ 計測する対象や 数値化の対象を設定するのが とても難しいですから

But this didn't stop a psychologist,/ John Gottman,/ who did exactly/ that.//

それでも この研究をやってのけたのが 心理学者のジョン・ゴットマンです

Gottman observed hundreds of couples/ having a conversation/ and recorded,/ well,/ everything/ you can think of.//

ゴットマンは 数百のカップルを対象に 会話を観察し 考え得る あらゆることを 記録しました

So he recorded/ what was said in the conversation,/ he recorded their skin conductivity,/ he recorded their facial expressions,/ their heart rates,/ their blood pressure,/ basically/ everything apart/ from whether or not the wife was actually always right,/ which incidentally/ she totally is.//

どんな会話が 交わされているかを記録し 皮膚コンダクタンス反応も記録し 顔の表情も 心拍数 血圧も記録しました つまり 妻が常に正しかったかを除き すべてを記録したわけです まあ 妻がいつも正しいんですけど

But what Gottman/ and his team found/ was/ that one of the most important predictors/ for whether or not a couple is going to get divorced was how positive or negative/ each partner was being in the conversation.//

ゴットマンのチームが 導いた結論によれば あるカップルが離婚するか 予測をする上で 最も重要な因子の一つは 会話中の二人が どれだけ ポジティブか ネガティブかです

Now,/ couples/ that were very low-risk scored a lot/ more positive points/ on Gottman's scale/ than negative.//

リスクがとても低いとされたカップルは ゴットマンの基準では ネガティブより ポジティブの要素が多かったのです

Whereas bad relationships,/ by which I mean,/ probably going to get divorced,/ they found themselves/ getting into a spiral of negativity.//

関係がこじれている場合 つまり 離婚に向かうであろう人たちは 負のスパイラルに 陥ってしまっているのです

Now just/ by using these very simple ideas,/ Gottman/ and his group were able to predict/ whether a given couple was going to get divorced with a 90 percent accuracy.//

このような非常に シンプルな考え方だけで ゴットマンのチームは あるカップルが 離婚をするかどうか 90%の確度で 予測することができました

But it wasn't/ until he teamed up/ with a mathematician,/ James Murray,/ that they really started to understand/ what causes these negativity spirals/ and how they occur.//

でも 数学者のジェームズ・マレーと 共同研究をして初めて このような負のスパイラルが起きる ― 理由とメカニズムが 解明されるようになりました

And the results/ that they found/ I think are just incredibly impressively simple and interesting.//

彼らがたどり着いた結論は 感銘を受けるほど シンプルで面白いものです

So these equations,/ they predict/ how the wife or husband is going to respond/ in their next turn of the conversation,/ how positive or negative/ they're going to be.//

これらの等式は 会話をしている夫妻が 自分が話すときに どう反応するか ポジティブ・ネガティブの度合いを 予想します

And these equations,/ they depend on the mood of the person/ when they're on their own,/ the mood of the person/ when they're with their partner,/ but most importantly,/ they depend on how much/ the husband and wife influence/ one another.//

これらの式は その人が一人でいるときの機嫌と パートナーと一緒にいるときの機嫌で 変わりますが 最も重要なのは 夫妻がどれだけ お互いに影響し合うかです

Now,/ I think/ it's important/ to point out/ at this stage,/ that these exact equations have also been shown to be perfectly able/ at describing/ what happens between two countries/ in an arms race.//

ここで ぜひ申し上げたいのは これらの方程式が もう一つ 完ぺきに描写し得るのは 軍拡競争にある2国間の関係 ということです

(笑)

So that --/ an arguing couple/ spiraling into negativity/ and teetering on the brink of divorce --/ is actually mathematically equivalent/ to the beginning of a nuclear war.//

ですから 口論をして負のスパイラルに陥り 離婚の瀬戸際に 追いつめられたカップルは 実は 数学的には 核戦争の始まりと同等なわけです

(笑)

But the really important term/ in this equation is the influence/ that people have on one another,/ and in particular,/ something called the negativity threshold.//

でも この等式で重要なことは 人々が互いに与え合う影響 特に「ネガティブの しきい値」 と呼ばれるものです

Now,/ the negativity threshold,/ you can think of as how annoying the husband can be before the wife starts to get really pissed off,/ and vice versa.//

ネガティブの しきい値 これは 夫がどこまで悪さをしたら 妻がキレてしまうか 臨界点のようなものです 逆も然りですが

Now,/ I always thought/ that good marriages were about compromise/ and understanding and allowing/ the person/ to have the space/ to be themselves.//

私はこれまで 良い結婚とは 歩み寄りと相互理解 互いの空間を許容することが すべてだと思っていました

So/ I would have thought/ that perhaps the most successful relationships were ones/ where there was a really high negativity threshold.//

つまり 最も成功している関係というのは ネガティブの しきい値が非常に高いのだ と思っていたのです

Where couples let/ things go/ and only brought things up/ if they really were a big deal.//

些細なことには目をつぶって 大事なことだけを話し合う カップルのようなものです

But actually,/ the mathematics/ and subsequent findings/ by the team have shown/ the exact opposite is true.//

でも実際 数学と チームが導き出した答えは その正反対こそが真である ということでした

The best couples,/ or the most successful couples,/ are the ones/ with a really low negativity threshold.//

ベスト・カップル ― 最も成功しているカップルは ネガティブのしきい値が 非常に低いのです

These are/ the couples/ that don't let anything go unnoticed/ and allow each other/ some room/ to complain.//

これらのカップルは 何事も 気づかないふりはせず お互いに不平不満を 言えるようにしています

These are the couples/ that are continually trying to repair/ their own relationship,/ that have a much more/ positive outlook/ on their marriage.//

さらに 常に 関係を修復しようとしていて 結婚生活の先行きを かなりポジティブに捉えています

Couples/ that don't let/ things go/ and couples/ that don't let trivial things end up/ being a really big deal.//

何でも とことん話し合うか 些細なことには 目をつぶるかで 大きな違いが生まれるのです

Now of course,/ it takes bit more/ than just a low negativity threshold/ and not compromising to have/ a successful relationship.//

もちろん ただネガティブの しきい値を低くし 妥協せず 良い関係を 築こうとするだけでは不十分です

But I think/ that it's quite interesting/ to know/ that there is really mathematical evidence/ to say/ that you should never let the sun go down/ on your anger.//

でも 怒りをため込んではいけないことの 数学的な証拠が 本当に存在するということは 非常に興味深いことです

So those are my top three tips of how maths can help you/ with love and relationships.//

ここまで 愛と恋愛関係において どのように数学が役立ちうるか 3つの秘訣をお伝えしました

But I hope/ that aside/ from their use/ as tips,/ they also give you/ a little bit of insight/ into the power of mathematics.//

こうした数学の使い方に加えて 数学が持つ力について ちょっとした私見をご紹介します

Because for me,/ equations and symbols aren't just a thing.//

私にとって 等式や記号は 無味乾燥なものではありません

They're a voice/ that speaks out/ about the incredible richness of nature/ and the startling simplicity/ in the patterns/ that twist/ and turn and warp and evolve all/ around us,/ from how the world works to/ how we behave.//

それらは 声を持っています 息をのむような自然の豊かさや 私たちの身の周りで ねじれ 展開するパターンの 驚くべきシンプルさを 声高に語りかけています 世界の躍動から 私たちの立ち居振る舞いに至るまで

So I hope/ that perhaps,/ for just a couple of you,/ a little bit of insight/ into the mathematics of love can persuade you/ to have a little bit more love/ for mathematics.//

カップルの皆さんには 愛を語る数学に 少し耳を傾けていただき 数学を少しでも 愛していただければと思います

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

mathematician

数学者

famously

すばらしく,すてきに,たいへんうまく

excellent

『すぐれた』,優秀な;(成績評点の)優の,秀の

dashing

威勢のよい,活発な

さっそうとした,はでな

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

superior

(程度・質が)『普通(平均)以上に優れた』,優秀な

(地位・階級などが)『上位の』,上級の,目上の

(数量的に)勝る,優勢な

(用動が)偉ぶった,高慢な

《補語にのみ用いて》(…に)屈しない,動じない《+to+名》

《名詞の前にのみ用いて》(動・植物の器官や部分が)上位の,上についている

(地位・階級などが)『上位の人』,上役,上司,先輩

『いっそう優れた人』

《しばしば S-》修道院長

conversational

会話の,談話の

話好きな,話のうまい

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

pencil

〈C〉〈U〉鉛筆

〈C〉鉛筆状のもの,(棒状の)化粧品

…‘を'鉛筆などで書く(描く,印をつける)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

entitle

〈本など〉‘に'『表題をつける』,〈人など〉‘に'名称を与える

〈人〉‘に'『権利』(『資格』)‐を与える』

girlfriend

女友だち,ガールフレンド,(女の)恋人

laughter

『笑い』,笑い声

Peter

ペテロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;聖ペテロ(キリストの12使徒のひとり))

(新約聖書の)ペテロの手紙

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

greedy

『どん欲な』,欲張りの

『食い意地の張った』,がつがつした

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

extraterrestrial

地球外の,大気圏外の

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

bump

衝突;ごつんと当たること

ゴツン,ドスン[という音]

打ちこぶ

ばたんと,どしんと

…‘に'突き当たる,ぶち当たる;(…に)…'を'突き当てる《+『名』+『on(『against』)+『名』》

(…に)突き当たる《+『into』(『against』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈車が〉ガタガタ揺れて通る

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

subscribe

(雑誌・切符などを)『予約する』《+to(for)+名》

(…に)『寄付(出資)を約束する』,寄付(出資)する《+to(for)+名》,(…を)寄付する《+for+名》

(書類などの終りに)署名する《+to+名》

(…に)同意する,賛成する《+to+名》

(…に)〈金〉‘の'寄付(支払い)を約束する,‘を'寄付する,支払う《+名+to(for)+名》

〈書類〉‘に'署名する;〈自分の名前〉‘を'書く(sign)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

pessimistic

悲観的な,厭世的な

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

neatly

きちんと,こぎれいに

手ぎわよく,てきぱきと

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

rational

(物事が)『道理にかなった』,合理的な

(人が)『理性的な』,分別のある

『理性を備えた』

(数が)有理の

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

ultimately

最後に,ついに

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

fluctuation

波動;動揺,変動

stock market

株式市場;株式売買

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

planet

『惑星』,遊星

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

mysterious

『神秘的な』,不思議な

理解(説明)しがたい,不可解な,なぞの

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

totally

全く,完全に

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

verifiable

証明できる,実証できる

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

okay

=OK,O.K.

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

datum

dataの単数形

既知の事実

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

decade

『10年間』

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

finding

〈U〉〈C〉発見すること・〈C〉発見物;《しばしば複数形で》拾得物・〈C〉(裁判官による)判決,(陪審の)評決・《複数形で》・(調査・研究などの)結果,結論

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

voluntary

(強制ではなく)『自由意志でなされる』

(報酬なしで)『みずから進んでする』,自発の

(生理学で)随意の

《名詞の前にのみ用いて》篤志によってできた,任意寄付で維持される

(教会の礼拝前後の)オルガン独奏

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

selection

〈U〉《時にA~》『選ぶこと』,選抜,選出;(…から)選び出すこと《+『from』(『out of, among』)+『名』》

〈C〉(…から)『選び抜かれた人』(『物』);(…の)抜粋,選集《+『from』(『of』)+『名』》

〈C〉《単数形で》(商店などの)品揃え

〈U〉淘汰(とうた):natural selection自然淘汰

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

popularity

(人の間での)『人気』,好評,流行《+『with』(『among』)+『名』〈人〉》

graph

グラフ,図表

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

straightforward

正直な,率直な(frank)

(仕事,意味など)簡単な

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

reckon

…‘を'『数える』,計算する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『みなす』,考える

《話》《『reckon』+『that節』》…であると思う(suppose)

数える,計算する

《話》思う

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

completely

『完全に』,全く,十分に

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

necessarily

『必ず』,必然的に

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

incentive

刺激,動機,誘因

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

humiliate

〈人〉‘の'自尊心を傷つける,‘に'恥ずかしい思いをさせる

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

overweight

超過重量・太り過ぎ

重量超過の,太り過ぎの

…‘に'荷を積み過ぎる,負担をかけ過ぎる

《通例受動態で》…‘を'重視し過ぎる,大切にし過ぎる

deliberately

よく考えて,慎重に(cautiously)

故意に,わざと

photo

『写真』[photographの短縮形]

bald

(頭が)『はげた』,(人が)『はげ頭の』

(山に樹木がなくて)裸の,(木に)葉のない

(文体など)単調な,飾りのない

あからさまな,露骨な;隠し立てのない

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

instead

『その代りとして』,それよりも

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

anyway

=anyhow

unimportant

『重要でない』,取るに足りない

loser

負ける,(負けた)人,敗北者

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

roar

〈猛獣などが〉『ほえる』,うなる;〈人が〉『わめく』,どなる

〈人が〉大笑いする

〈雷・大砲・波・風などが〉とどろく,鳴り響く,ゴーゴーいう

〈機械・乗物などが〉ごう音をたてる,ごう音をたてて動く

…‘を'どなって言う,どなるように歌う《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(猛獣などの)『ほえ声』,うなり声;(人の)『わめき声』,怒号;大笑い《+『of』+『名』》

(雷・大砲・風・機械などの)『とどろき』,うなり,ゴーゴーいう音《+『of』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

happiness

『幸福』,幸運;うれしさ

(表現・用語・翻訳などの)巧妙,適切

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

advisable

勧めることができる,得策の

cash

『現金』,正金,銀行券,硬貨

〈小切手・為替など〉'を'『現金に換える』,現金化する

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

long-term

長期の,長い目で見ての

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

unmarried

未婚の,独身の

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

affection

〈U〉(…に対する)『愛情』,好意,《しばしば複数形で》恋情《+『for』(『toward』)+『名』》

〈C〉(体のある部分の)病気

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

delicious

『おいしい』

香りのよい

喜ばしい,快い

optimal

=optimum

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

ideally

理想的に,申し分なく

観念的に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

no one

『だれも』…『ない』

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

probably

『たぶん』,『おそらく』

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

nibble

(…を)少しずつかじる,少しずつ食べる,つつく《+『away at』(『on』+『名』)

(相手の申し出などに)思わせぶりな催度を示す,乗るようなふりをする《+『at』+『名』》

…‘を'少しずつ食べる,つつく;…‘を'かじり取る《+『away(off)』+『名』,+『名』+『away(off)』》

かじり取って…‘を'作る

(…を)つつくこと,かじること《+『at(on)』+『名』》

(食物の)一口の量,少量

remains

残り,残り物

遺物,遺跡

なきがら(dead body),遺体,遺骨

incredibly

信じられないほど

dull

(刃・先端が)『鈍い』,なまくらの

(光・音・色などが)『鈍い』,はっきりしない

(天気・空が)どんよりした,曇った,うっとうしい

(感覚が)鈍い

頭の鈍い,愚鈍な

(痛みが)鈍い

退屈な,おもしろくない

(人が)元気のない;(商売などが)不活発な

〈刃など〉‘を'『鈍らせる』,〈痛みなど〉‘を'鈍くする,ある程度まで和らげる,〈光・色など〉‘を'曇らせる

『鈍くなる』,曇る,ぼんやりする

boring

退屈な,うんざりする

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

rejection

〈U〉〈C〉断ること,拒絶;却下

〈C〉廃棄物

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

opportunity

『機会』,好機

hallmark

(金・銀の純度を証明する)極印(ごくいん);(一般に)品質証明印

(…の)品質を証明するもの,特徴となるもの《+『of』+『名』》

…‘に'極印を押す,折り紙をつける;…‘の'品質を証明する

cater

(結婚式・パーティーなどで)(…の)食物を調達する,料理をまかなう《+『for』(『to』)+『名』》

(…の)要求を満たす,用命に応じる《+『for』(『to』)+『名』》

〈結婚式・パーティーなど〉‘の'料理をまかなう,仕出しをする

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

valentine

バレンタインカード(聖バレンタイデーに異性に送るカード)

《しばしば Valentine》聖バレンタインデーに選ばれた恋人

darling

『最愛の』,いとしい

お気に入りの,大事な(favorite)

《話》《おもに女性用語》非常に美しい;かわいらしい

『いとしい人』,最愛の人;お気に入り

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

dated

時代遅れの(out-of-date)

日付のある

romantic

『ロマンチックな』,伝奇(冒険,空想,英雄,恋愛)物語的な,小説にありそうな

(人,人の気持ちなどが)『空想的な』(考え・計画などが)非現実的な

《通例R-》(文学・芸術が)ロマン主義の,ロマン派の

空想的な人,ロマンチックな人

《しばしばR-》ロマン主義(派)の作家(詩人,芸術家)

《複数形で》空想的(非現実的)な考え,夢想的な感情(話,行動)

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

suitor

(男の)求婚者

原告(plaintiff)

請含者

burly

たくましい,がんじょうな

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

marketplace

市の開かれる広場(建物)

商業界,剤界

candidate

(…の)『候補者』,志願者《+『for』+『名』》

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

conclusive

(議論など)結論的な,確定的な,最終的な

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

lifelong

終生の,生涯の

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

pier

『船着き場』,さん橋(さんばし),埠頭(ふとう)

橋脚

(窓と窓の間の)窓間(まどあい)壁

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

forgive

〈人・罪など〉‘を'『許す』,大目に見る

〈義務など〉‘を'免除する

許す

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

precede

…‘より'『先に来る』(『行く』)

…‘の'上位である,より重要である

…‘に'先だつ,‘の'先に起こる

(…で)…‘に'前置をする《+『名』+『with』+『名』》

先行する,先に(前に)来る

marital

結婚の

breakup

解体,分散;崩壊

(学期末の)終業;解散,散会

(夫婦,婚約者などの)別離,別居

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

psychologist

心理学者

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

conductivity

(熱・電気などの)伝導性,伝導度

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

blood pressure

血圧

basically

基本的に,根本的に;元来は

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

incidentally

付随して

《通例文頭に用いて》ついでながら

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

spiral

らせん(helix)

らせん状のもの;らせんばね;巻き貝

(物価・賃金などの)らせん状上昇(下降)

らせん状の

… ‘を'らせん形にする

らせん形になる;らせん状に動く

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

accuracy

『正確さ』,精密

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

impressively

印象的に,感銘深く

equation

等式; 方程式

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

importantly

重要性をもって;もったいぶって

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

teeter

(…で)ふらふらする,ぐらぐらする,動筋する《+on+名》

ふらつき,動揺

brink

(がけ・河岸などの)『緑』

まぎわ

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

annoy

《しばしば受動態で》〈物事が〉…'を'『困らせる』,悩ませる,いらいらさせる

piss

おしっこする・…‘を'おしっこでぬらす・「piss誰々off」で「誰々を怒らせる」

vice versa

逆に,反対に,逆もまた同様({略}V.V.)

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

big deal

(相手の話を一笑して)なんだ,それだけのことか,ふん・たいしたことないじゃないか

subsequent

(時間・順序,位置などについて)『後の』,次の,(結果として)続いて起こる

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

unnoticed

人目につかない;注目されない;顧みられない

complain

(人に…について)『不平を言う』,泣きごとを言う,訴える

continually

『ひんぱんに』,たびたび(again and again);絶えず

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

outlook

…‘の'『見通し』,見込み《+『for』+『名』》

(…についての)見解,見地《+『on』+『名』》

(…の)『展望』,ながめ,景色《+『on』(『over』)+『名』》

trivial

『ささいな』,取るに足らない,つまらない

平凡な,普通の,ありふれた

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

anger

『怒り』,立腹

…'を'おこらせる(make angry)

おこる(become angry)

aside

『わきに(へ)』;ある位置・方向から)それて;(…から)少し離れて《+『from』+『名』》

別にしておいて,しまっておいて

忘れて,考慮しないで

(演劇の)傍白,わきぜりふ

ひとり言

わき道にそれた発言

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

mathematics

(また《米話》math,《英話》maths)《単数扱い》『数学』

《複数扱い》数学的処理,計算

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

richness

豊かさ,富裕;豊富,じゅうぶんなこと

(土地など)産出力の多いこと,肥沃(ひよく)

貴重,高価,ぜいたく

(声の)張り;(色の)あざやかさ;(においが)強い;(味が)こくのあること

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

startling

驚くべき,びっくりさせる(surprising)

simplicity

『簡単』,平易;(…の)容易《+『of』+『名』》

『飾り気のなさ』,簡素,地味,質素

実直,誠実

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

warp

〈平らなもの・まっすぐなもの〉‘を'そらせる,ゆがめる,たゆませる

〈心・判断・意味など〉‘を'曲げる,ゆがませる

〈船〉‘を'引き綱で引く

ゆがむ,ひずむ

〈C〉そり,ゆがみ;心のねじれ

〈U〉(織物の)縦糸

〈C〉(船を引く)ロープ,引き綱

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画