TED日本語 - ジョー・コーワン: 舞台恐怖症を克服する方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョー・コーワン: 舞台恐怖症を克服する方法

TED Talks

舞台恐怖症を克服する方法
How I beat stage fright
ジョー・コーワン
Joe Kowan

内容

人類に備わる恐怖心とは見事なもので、かつて人類の歴史が浅かった頃から集中して自らを敵から守ることに役立ってきました。でも、火曜日の夜のステージで20人のフォークソングファンを前に、恐怖に体を乗っ取られるような体験をするのは素敵なことではないでしょう。手の平が汗ばみ、手が震えだし、視界がぼやけて、頭が「逃げろ!」と言います ― そう、これが舞台恐怖症です。魅力いっぱいの講演で、ジョー・コーワンが美しい旋律と共に、どのように舞台恐怖症を克服したか語ります。

Script

Joe Kowan: I have stage fright. I've always had stage fright, and not just a little bit, it's a big bit. And it didn't even matter until I was 27. That's when I started writing songs, and even then I only played them for myself. Just knowing my roommates were in thesame house made me uncomfortable.

But after a couple of years, just writing songs wasn't enough. I had all these stories and ideas, and I wanted to share them with people, but physiologically, I couldn't do it. I had this irrational fear. But the more I wrote, and the more I practiced, the more I wanted to perform.

So on the week of my 30th birthday, I decided I was going to go to this local open mic, and put this fear behind me. Well, when I got there, it was packed. There were like 20 people there. (Laughter) And they all looked angry. But I took a deep breath, and I signed up to play, and I felt pretty good.

Pretty good, until about 10 minutes before my turn, when my whole body rebelled, andthis wave of anxiety just washed over me. Now, when you experience fear, your sympathetic nervous system kicks in. So you have a rush of adrenaline, your heart rate increases, your breathing gets faster. Next your non-essential systems startto shut down, like digestion. (Laughter) So your mouth gets dry, and blood is routedaway from your extremities, so your fingers don't work anymore. Your pupils dilate, your muscles contract, your Spidey sense tingles, basically your whole body is trigger-happy. (Laughter) That condition is not conduciveto performing folk music. (Laughter) I mean, your nervous system is an idiot. Really? Two hundred thousand years of human evolution, and it still can't tell the difference between a saber tooth tiger and 20 folksingers on a Tuesday night open mic? (Laughter) I have never been more terrified -- until now. (Laughter and cheers)

So then it was my turn, and somehow, I get myself ontothe stage, I start my song, I open my mouth to sing the first line, and this completely horrible vibrato -- you know, when your voice wavers -- comes streaming out. And this is not the good kind of vibrato, like an opera singer has, this is my whole body just convulsing with fear. I mean, it's a nightmare. I'm embarrassed, the audienceis clearly uncomfortable, they're focused on my discomfort. It was so bad. But that was my first real experienceas a solo singer-songwriter.

And something good did happen -- I had the tiniest little glimpse of that audience connection that I was hoping for. And I wanted more. But I knewI had to get past this nervousness.

That night I promised myself: I would go back every week until I wasn't nervous anymore. And I did. I went back every single week, and sure enough, week after week, it didn't get any better. The samething happened every week. (Laughter) I couldn't shake it.

And that's when I had an epiphany. And I remember it really well, because Idon't have a lot of epiphanies. (Laughter) All I had to do was write a songthat exploits my nervousness. That only seems authentic when I have stage fright, and the more nervous I was, the better the song would be. Easy. So I started writing a song about having stage fright. First, fessing up to the problem, the physical manifestations, how I would feel, how the listener might feel. And then accounting for things like my shaky voice, and I knew I would be singing about ahalf-octave higher than normal, because I was nervous. By having a song that explainedwhat was happening to me, while it was happening, that gave the audience permission to think about it. They didn't have to feel badfor me because I was nervous, they could experience that with me, and we were all one big happy, nervous, uncomfortable family. (Laughter)

By thinking about my audience, by embracing and exploiting my problem, I was able to take somethingthat was blocking my progress, and turn it into something thatwas essential for my success. And having the stage fright song letme get past that biggest issue right in the beginning of a performance. And then I could move on, and play the rest of my songs with just a little bit more ease. And eventually, over time, I didn'thave to play the stage fright song at all. Except for when I was reallynervous, like now. (Laughter)

Would it be okay if I played thestage fright song for you? (Applause)

Can I have a sip of water? (Music) Thank you. I'm not joking, you know, this stage fright is real. And if I'm up here trembling and singing, well, you'll know how I feel. And the mistake I'd be making, the tremolo caused by my whole body shaking. As you sit there feeling embarrassed for me, well, you don't have to be. Well, maybe just a little bit. (Laughter) And maybe I'll try to imagineyou all without clothes. But singing in front of all naked strangersscares me more than anyone knows. Not to discuss this at length, but my body image was never my strength. So frankly, I wish that you all would get dressed, I mean, you're not even really naked. And I'm the one with the problem. And you tell me, don't worryso much, you'll be great. But I'm the one living with me and I know how I get. Your advice is gentle but late. If not just a bit patronizing. And that sarcastic tone doesn'thelp me when I sing. But we shouldn't talk aboutthese things right now, really, I'm up on stage, andyou're in the crowd. Hi. And I'm not making fun ofunnurtured, irrrational fear, and if I wasn't ready to face this, I sure as hell wouldn't be here. But if I belt one note out clearly, you'll know I'm recovering slowly but surely. And maybe next week, I'll set my guitar ringing my voice clear as water, and everyone singing. But probably I'll just get up and start grooving, my vocal cords moving, at speeds slightly faster than sound. (Applause)

私は あがり症です 昔から舞台に立つのが怖いです それも ちょっとではなく ひどい あがり症なんです それでも27歳まで問題ですらありませんでした この頃から曲を書き始めていましたが 自分で歌うだけでした ルームメイトが同じ屋根の下にいるだけでナーバスになりました

数年後 曲を書くだけではもの足りなくなりました 沢山のストーリーやアイデアがあって皆と共有したくなったのです でも生理的には無理でした なぜか 怖かったんです それでも曲を書いたり練習するにつれて 人前で演奏したくなりました

そこで30歳の誕生日の週です 地元の飛び入り参加のステージで歌おうと決めた私は 恐怖を忘れ去ろうとしました 行ってみると 会場は大入り満員でした 20人もいたんですよ (笑) 皆が怒っているように見えました でも深呼吸をして参加登録をすると かなり良い気分になりました

良い気分だったのは本番10分前まででした 体中が反応し不安の波が押し寄せてきました さて皆さんが恐怖を抱くと交感神経が刺激されます するとアドレナリンが分泌され動悸がします 呼吸も速くなります 次に関係のないシステムが停止します例えば消化系です (笑) すると口の中が乾いて手足に血液が行かなくなります 指が思うように動かなくなり 瞳孔が開き 筋肉が収縮しますスパイダーセンスがチクチクし 体全体がトリガーハッピーになります (笑) フォーク音楽を演奏するのに嬉しくない事態ですよね (笑) 神経系って本当に おバカなんです 頭にきますよね?20万年の人類の進化を経ても 火曜日の夜のステージで サーベルタイガーと20人のフォークソング歌手の 見分けがつかなくなるなんて (笑) あの時ほどの恐怖はありません ―この瞬間を除いては (笑)(拍手)

いざ自分の番がやってきました 何とかステージに上がり演奏を始めます 最初の歌詞を歌おうと口を開けると 完璧に最悪なビブラートがかかりました 声が出る時に震える あの感じです しかもオペラ歌手のような良い感じのビブラートでもなく 体全体が恐怖で激しく震えている感じです まさに悪夢でした 恥ずかしかったしお客さんも明らかにバツが悪そうで 私の不快感にだけ注目していました 本当に酷かった これがソロのシンガー・ソングライターとしての最初の経験でした

でも良いこともありました願っていた お客さんとの繋がりを ほんの少しだけ感じ取ることができたのです でも もっと繋がりたかったそれには恐怖症を克服する必要がありました

あの夜 私が自らに誓ったのは舞台恐怖症を克服するまで 毎週 舞台に立つぞ ということでした 実際にやりました毎週 舞台に立ったのです 案の定 週を重ねるごとに ― 全然良くなりませんでした毎週あがりました (笑) なかなか治りませんでした

この時 ある考えがひらめいたのです この時のことは良く覚えています滅多に ひらめいたりしないので (笑) そのアイデアとは自分の恐怖症を歌にすること 舞台で あがった時の唯一の真実に思えたし ナーバスになればなるほど 良い歌になるでしょう簡単です そんな訳で舞台恐怖症についての曲を書き始めました まずは体に表れる反応 自分がどんな風に感じるかお客さんがどう思うかについて歌いました そして自分の震える声なんかを 半オクターヴ高い声で歌うだろうなと分かっていました とにかく緊張していましたから こんな感じの曲ですが歌っている最中の自分に 何が起こったかというと お客さんに あがり症について考えてもらえたのです 不憫に思ってもらう必要はないんです私は事実ナーバスなんですから 一緒に体験してもらえて 会場全体がハッピーでナーバスでぎこちなくなりました (笑)

お客さんについて考え自分の問題を受け入れて 逆手にとることで 私の進む道を遮っていた何かを取り払うことができ それを成功に欠かせないものに変化させたのです 舞台恐怖症の曲は演奏のしょっぱなから 大きな問題を克服させてくれるのです すると前に進むことができて ちょっとだけ楽に最後まで歌い終えることができます そして 次第に 舞台恐怖症の曲を全く歌う必要がなくなりました まさに この瞬間のように 本当にナーバスになった時を除いてね (笑)

舞台恐怖症の曲を演奏してもいいですか? (拍手)

お水いただけます? (音楽) ありがとう 冗談じゃないよ 本当にあがり症なんだ もし僕が震えながら歌っていたら どうか気持ちを察してね 僕がさらしている失態は 体中が震えて声がトレモロになってしまうこと 僕を見て きまり悪そうにしているそこの君 恥ずかしがらなくていいよ ちょっと位は仕方ないね (笑) そしたら僕は君達が服を脱いだ姿を想像してみよう 裸の他人の前で歌っているなんて何よりも恐ろしいね 長い説明はいらないだろうけど 僕だって自慢できる体型じゃないよ だから皆ちゃんと服を着ておくれ ああ皆 裸ですらなかったね しかも問題があるのはこの僕だ 君は「心配しないで、きっと上手くいく」って言うけれど これは僕の問題だし どうしても あがってしまうんだ 君のアドバイスはありがたいでも遅かったみたい ちょっと高飛車な その皮肉っぽいトーンは僕が歌う時に何の役にも立たないよ でも こんな話はここで止めようね だって僕はステージの上で君は客席にいるんだから、ハーイ 恐怖に襲われているからってそれを馬鹿にしている訳じゃない だって これに対峙できなければ ステージには立てなかったハズ 最後に言わせて欲しいんだ 僕のあがり症は ゆっくりだけど確実に治ってる もしかすると来週はギターを弾きながら 水みたいに清らかな僕の声に合わせて皆が歌いだすんだ そうしたら僕は立ち上がって音楽にのり始めるよ 僕の声が 音楽より少しだけ早く踊りだすんだ (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画