TED日本語 - レニー・グレッソン: 404、見つからないページにまつわるお話

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - レニー・グレッソン: 404、見つからないページにまつわるお話

TED Talks

404、見つからないページにまつわるお話
404, the story of a page not found
レニー・グレッソン
Renny Gleeson

内容

おっと!誰も「404: Page Not Found」を見たくはありません。でもレニー・グレッソンは、私たちにクリエイティブで可笑しい404ページのスライドショーを紹介しつつ、全てのエラーは実はより良い関係を築けるチャンスだということを紹介してくれます。

Script

So what I want to try to do is tell a quick story about a 404 page and a lesson that was learned as a result of it. But to start it probably helps to have an understanding of what a 404 page actually is.

The 404 page is that. It's that broken experience on the Web. It's effectively the default page when you ask a website for something and it can't find it. And it serves you the 404 page. It's inherently a feeling of being broken when you go through it. And I just want you to think a little bit about, remember for yourself, it's annoying when you hit this thing. Because it's the feeling of a broken relationship.

And that's where it's actually also interesting to think about, where does 404 come from? It's from a family of errors actually -- a whole set of relationship errors, which, when I started digging into them, it looks almost like a checklist for a sex therapist or a couples couselor. You sort of get down there to the bottom and things get really dicey.

(Laughter)

Yes.

But these things are everywhere. They're on sites big, they're on sites small. This is a global experience.

What a 404 page tells you is that you fell through the cracks. And that's not a good experience when you're used to experiences like this. You can get on your Kinect and you can have unicorns dancing and rainbows spraying out of your mobile phone. A 404 page is not what you're looking for. You get that, and it's like a slap in the face. Trying to think about how a 404 felt, and it would be like if you went to Starbucks and there's the guy behind the counter and you're over there and there's no skim milk. And you say, "Hey, could you bring the skim milk?" And they walk out from behind the counter and they've got no pants on. And you're like, "Oh, I didn't want to see that." That's the 404 feeling.

(Laughter)

I mean, I've heard about that.

So where this comes into play and why this is important is I head up a technology incubator, and we had eight startups sitting around there. And those startups are focused on what they are, not what they're not, until one day Athletepath, which is a website that focuses on services for extreme athletes, found this video.

(Video) Guy: Joey!

Crowd: Whoa!

Renny Gleeson: You just ... no, he's not okay. They took that video and they embedded it in their 404 page and it was like a light bulb went off for everybody in the place. Because finally there was a page that actually felt like what it felt like to hit a 404.

(Laughter)

(Applause)

So this turned into a contest. Dailypath that offers inspiration put inspiration on their 404 page. Stayhound, which helps you find pet sitters through your social network, commiserated with your pet. Each one of them found this. It turned into a 24-hour contest. At 4: 04 the next day, we gave out $ 404 in cash. And what they learned was that those little things, done right, actually matter, and that well-designed moments can build brands. So you take a look out in the real world, and the fun thing is you can actually hack these yourself. You can type in an URL and put in a 404 and these will pop. This is one that commiserates with you. This is one that blames you. This is one that I loved. This is an error page, but what if this error page was also an opportunity?

So it was a moment in time where all of these startups had to sit and think and got really excited about what they could be. Because back to the whole relationship issue, what they figured out through this exercise was that a simple mistake can tell me what you're not, or it can remind me of why I should love you.

Thank you.

(Applause)

本日は404ページから得られた教訓について 簡単にお話したいのですが まず始めに 404ページが実際にどういうものか お見せしたいと思います

これが404ページです ウェブ上で経験する残念な体験です 特定のウェブページを要求して 見つからなかった際にはデフォルトで404ページを 応答として返す仕組みとなっています これを経験すると 本質的に喪失感を味わいます 皆さんも思い返してみてください これにぶち当たった時はうっとうしさを感じますよね なぜなら これは関係が壊れた時の気持ちだからです

しかし同時に興味深くもあります 404はどこから来たのか? 実は これはエラーの一群の一種です 関係に基づくエラーの集合で これらを調べ始めてみると まるでセックスセラピストや恋愛カウンセラーのチェックリストみたいに見えます 下に行く程 ヤバくなっていきます

(笑)

そうなんです

でもこれはサイトの大小に関わらず どこにでも存在します これはグローバルな体験なんです

404ページはあなたの要求が 無視されていることを教えてくれます この経験に気を悪くするのは 例えばこんな経験に慣れている方です Kinectを使って ユニコーン達を踊らせたり 携帯電話から虹を出したりしている最中に 404ページは出て欲しくありませんよね これが出た瞬間 まるで頬を殴られたかのような感覚を味わいます 404がどんなものか例を挙げますね スターバックスに行ってみると スキムミルクが切れてました カウンター越しの男性店員に 「スキムミルクをお願いします」と言うと 出てきた彼はパンツを履いていません 「うわ そんなの見たくなかったのに」 これこそ 404の感覚です

(笑)

これは実話だそうですよ

これがどう関わってきて なぜ重要かなのですが 私はテクノロジーインキュベーターを 率いており 8社ものスタートアップを擁しています 彼らはどうならないかより どうあるべきかに重点を置いています でもある日 Atheletepathという エクストリーム・アスリート向けのサービスに重点を置くウェブサイトが この動画を発見しました

(動画)男性:ジョウイ!

観客:ウワァァァ!

レニー・グレッソン:彼は ... いや大丈夫じゃなさそうですね このビデオを彼らの404ページに埋め込んだのですが それを見て全員のもやもやが晴れました なぜなら ようやく実際に 404に遭遇した時の気持ちを味わえるページが出来たからです

(笑)

(拍手)

そしてこれはコンテストに発展しました ひらめきを提供するDailypathは 彼らの404ページに刺激を加えました ソーシャルネットワーク内でペットシッター探しを支援するStayhoundは 自分のペットの気の毒な姿を表示します こんなのが見れます 24時間コンテストです 翌日の4時04分に 404ドルもの賞金を渡しました 彼らが学んだのは こういう小さい事も実は重要であり 良質なデザインはブランドになるということです 外の世界を見渡してみましょう 楽しいことに 実際に404はいじれます URLを入力後 404を追加するだけでこれが表示されます これは あなたを哀れんでくれるページ これは あなたを責めるページ これは 私のお気に入りです これは エラーページですが 同時に このページがチャンスでもあったらどうでしょう?

これらのスタートアップが 立ち止まって考え その可能性に興奮した 瞬間でした なぜなら 始めの関係性の問題の話題に戻りますが 彼らがこの教訓から学んだのは 小さなミスから そういう存在でないことを伝えてしまうよりも 愛すべき関係を築ける可能性に気づけたということです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画