TED日本語 - エドアルド・ブリセーニョ: 自分にとって大切なことがもっと上達する方法

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エドアルド・ブリセーニョ: 自分にとって大切なことがもっと上達する方法

TED Talks

自分にとって大切なことがもっと上達する方法
How to get better at the things you care about
エドアルド・ブリセーニョ
Eduardo Briceno

内容

一生懸命しているのに上達しないことありませんか?それはあなただけの問題ではありません。教育者のエドアルド・ブリセーニョは仕事であれ、子育てであれ、創造的な趣味であれ、あなたがすることをもっと良くするシンプルな方法を公開します。彼が提案する効果的な方法にならえば、学習し続け、常に進歩していると感じることができるはずです。

Script

Most of us go through life trying to do our best at whatever we do, whether it's our job, family, school or anything else. I feel that way. I try my best. But some time ago, I came to a realization that I wasn't getting much better at the things I cared most about, whether it was being a husband or a friend or a professional or teammate, and I wasn't improving much at those things even though I was spending a lot of time working hard at them. I've since realized from conversations I've had and from research that this stagnation, despite hard work, turns out to be pretty common.

So I'd like to share with you some insights into why that is and what we can all do about it. What I've learned is that the most effective people and teams in any domain do something we can all emulate. They go through life deliberately alternating between two zones: the learning zone and the performance zone.

The learning zone is when our goal is to improve. Then we do activities designed for improvement, concentrating on what we haven't mastered yet, which means we have to expect to make mistakes, knowing that we will learn from them. That is very different from what we do when we're in our performance zone, which is when our goal is to do something as best as we can, to execute. Then we concentrate on what we have already mastered and we try to minimize mistakes.

Both of these zones should be part of our lives, but being clear about when we want to be in each of them, with what goal, focus and expectations, helps us better perform and better improve. The performance zone maximizes our immediate performance, while the learning zone maximizes our growth and our future performance. The reason many of us don't improve much despite our hard work is that we tend to spend almost all of our time in the performance zone. This hinders our growth, and ironically, over the long term, also our performance.

So what does the learning zone look like? Take Demosthenes, a political leader and the greatest orator and lawyer in ancient Greece. To become great, he didn't spend all his time just being an orator or a lawyer, which would be his performance zone. But instead, he did activities designed for improvement. Of course, he studied a lot. He studied law and philosophy with guidance from mentors, but he also realized that being a lawyer involved persuading other people, so he also studied great speeches and acting. To get rid of an odd habit he had of involuntarily lifting his shoulder, he practiced his speeches in front of a mirror, and he suspended a sword from the ceiling so that if he raised his shoulder, it would hurt.

(Laughter)

To speak more clearly despite a lisp, he went through his speeches with stones in his mouth. He built an underground room where he could practice without interruptions and not disturb other people. And since courts at the time were very noisy, he also practiced by the ocean, projecting his voice above the roar of the waves.

His activities in the learning zone were very different from his activities in court, his performance zone. In the learning zone, he did what Dr. Anders Ericsson calls deliberate practice. This involves breaking down abilities into component skills, being clear about what subskill we're working to improve, like keeping our shoulders down, giving full concentration to a high level of challenge outside our comfort zone, just beyond what we can currently do, using frequent feedback with repetition and adjustments, and ideally engaging the guidance of a skilled coach, because activities designed for improvement are domain-specific, and great teachers and coaches know what those activities are and can also give us expert feedback. It is this type of practice in the learning zone which leads to substantial improvement, not just time on task performing. For example, research shows that after the first couple of years working in a profession, performance usually plateaus. This has been shown to be true in teaching, general medicine, nursing and other fields, and it happens because once we think we have become good enough, adequate, then we stop spending time in the learning zone. We focus all our time on just doing our job, performing, which turns out not to be a great way to improve. But the people who continue to spend time in the learning zone do continue to always improve. The best salespeople at least once a week do activities with the goal of improvement. They read to extend their knowledge, consult with colleagues or domain experts, try out new strategies, solicit feedback and reflect. The best chess players spend a lot of time not playing games of chess, which would be their performance zone, but trying to predict the moves grand masters made and analyzing them. Each of us has probably spent many, many, many hours typing on a computer without getting faster, but if we spent 10 to 20 minutes each day fully concentrating on typing 10 to 20 percent faster than our current reliable speed, we would get faster, especially if we also identified what mistakes we're making and practiced typing those words. That's deliberate practice.

In what other parts of our lives, perhaps that we care more about, are we working hard but not improving much because we're always in the performance zone? Now, this is not to say that the performance zone has no value. It very much does. When I needed a knee surgery, I didn't tell the surgeon, "Poke around in there and focus on what you don't know."

(Laughter)

"We'll learn from your mistakes!" I looked for a surgeon who I felt would do a good job, and I wanted her to do a good job. Being in the performance zone allows us to get things done as best as we can. It can also be motivating, and it provides us with information to identify what to focus on next when we go back to the learning zone. So the way to high performance is to alternate between the learning zone and the performance zone, purposefully building our skills in the learning zone, then applying those skills in the performance zone.

When Beyonce is on tour, during the concert, she's in her performance zone, but every night when she gets back to the hotel room, she goes right back into her learning zone. She watches a video of the show that just ended. She identifies opportunities for improvement, for herself, her dancers and her camera staff. And the next morning, everyone receives pages of notes with what to adjust, which they then work on during the day before the next performance. It's a spiral to ever-increasing capabilities, but we need to know when we seek to learn, and when we seek to perform, and while we want to spend time doing both, the more time we spend in the learning zone, the more we'll improve.

So how can we spend more time in the learning zone? First, we must believe and understand that we can improve, what we call a growth mindset. Second, we must want to improve at that particular skill. There has to be a purpose we care about, because it takes time and effort. Third, we must have an idea about how to improve, what we can do to improve, not how I used to practice the guitar as a teenager, performing songs over and over again, but doing deliberate practice. And fourth, we must be in a low-stakes situation, because if mistakes are to be expected, then the consequence of making them must not be catastrophic, or even very significant. A tightrope walker doesn't practice new tricks without a net underneath, and an athlete wouldn't set out to first try a new move during a championship match.

One reason that in our lives we spend so much time in the performance zone is that our environments often are, unnecessarily, high stakes. We create social risks for one another, even in schools which are supposed to be all about learning, and I'm not talking about standardized tests. I mean that every minute of every day, many students in elementary schools through colleges feel that if they make a mistake, others will think less of them. No wonder they're always stressed out and not taking the risks necessary for learning. But they learn that mistakes are undesirable inadvertently when teachers or parents are eager to hear just correct answers and reject mistakes rather than welcome and examine them to learn from them, or when we look for narrow responses rather than encourage more exploratory thinking that we can all learn from. When all homework or student work has a number or a letter on it, and counts towards a final grade, rather than being used for practice, mistakes, feedback and revision, we send the message that school is a performance zone.

The same is true in our workplaces. In the companies I consult with, I often see flawless execution cultures which leaders foster to encourage great work. But that leads employees to stay within what they know and not try new things, so companies struggle to innovate and improve, and they fall behind.

We can create more spaces for growth by starting conversations with one another about when we want to be in each zone. What do we want to get better at and how? And when do we want to execute and minimize mistakes? That way, we gain clarity about what success is, when, and how to best support one another.

But what if we find ourselves in a chronic high-stakes setting and we feel we can't start those conversations yet? Then here are three things that we can still do as individuals. First, we can create low-stakes islands in an otherwise high-stakes sea. These are spaces where mistakes have little consequence. For example, we might find a mentor or a trusted colleague with whom we can exchange ideas or have vulnerable conversations or even role-play. Or we can ask for feedback-oriented meetings as projects progress. Or we can set aside time to read or watch videos or take online courses. Those are just some examples. Second, we can execute and perform as we're expected, but then reflect on what we could do better next time, like Beyonce does, and we can observe and emulate experts. The observation, reflection and adjustment is a learning zone. And finally, we can lead and lower the stakes for others by sharing what we want to get better at, by asking questions about what we don't know, by soliciting feedback and by sharing our mistakes and what we've learned from them, so that others can feel safe to do the same.

Real confidence is about modeling ongoing learning. What if, instead of spending our lives doing, doing, doing, performing, performing, performing, we spent more time exploring, asking, listening, experimenting, reflecting, striving and becoming? What if we each always had something we were working to improve? What if we created more low-stakes islands and waters? And what if we got clear, within ourselves and with our teammates, about when we seek to learn and when we seek to perform, so that our efforts can become more consequential, our improvement never-ending and our best even better?

Thank you.

ほとんどの人は 何をするにせよ ベストを尽くし 人生の困難を克服していきます 仕事であろうと 家族のことであろうと 勉強であろうと 何についてもです 私はそう感じて ベストを尽くしています でも ある時 自分が最も真面目に 取り組んでいることが 大して良くなってもいないことに 気付きました 夫として 友人として 専門家として チームメイトとしての役割が そんなに良くなっていませんでした それらのことに一生懸命になって 多くの時間を 費やしたのにです 会話や研究を通じ気付いたのは 一生懸命なのに 状況が良くならないことが 多くの人に共通しているということです

そこで 何故そうなるのか 私たちに何が出来るのかについて 私の見解をお話ししたいと思います 私が学んだことは どんな分野でも 最も効率が良い人やチームは 誰でも真似できる あることをしています 彼らは2つの領域を計画的に切り替えることで 人生の困難を乗り越えています それは学習領域とパフォーマンス領域です

学習領域では 上達することが目的で そのために計画された行動を行い まだ習得していない 部分に集中します つまり 私たちは失敗を予期しており 失敗から学ぶことを知っています パフォーマンス領域にいる時は 全く違うことをします 可能な限りベストを尽くし 物事を実践するのが目的です そのため 既に習得したことに集中し 失敗を最小限にしようとします

この2つの領域は どちらも人生の一部ですが いつ どちらの領域にいるべきか 何を目標とし 何に集中し 何を望むかを明確にすれば パフォーマンスはもっと良くなり より上達するのです パフォーマンス領域は 現在のパフォーマンスを 学習領域は 成長や将来のパフォーマンスを 最大限にします 私たちの多くが一生懸命やっても そんなに上達しないのは パフォーマンス領域に 大半の時間を費やすからです これが成長を妨げ 皮肉にも 長期的には パフォーマンスも伸び悩みます

では学習領域とは どんなものでしょうか? 古代ギリシアの政治的指導者であり 最も優れた雄弁家で法律家の デモステネスを例に取ります 偉大になるために デモステネスは 彼のパフォーマンス領域である 雄弁家や法律家としての 時間を費やすだけではなく 上達を目的とした行動をとりました 勿論 勉学にも励みました メンターの指導の下 法律や哲学を学びましたが 法律家には説得力も必要と 気付いていました だから優れたスピーチや 所作についても 勉強しました 何げなく肩を上げる 変な癖を取り除くため 彼は鏡の前で スピーチの練習をしました 天井から刀を吊り下げ もし肩を上げれば 怪我をするのです

(笑)

滑舌が悪くても より明瞭に話せるように 口に石を入れた状態で スピーチをしました 地下室を作りました そこは誰にも邪魔されず練習できる上 他人を邪魔しない場所でした 当時の裁判所は とても騒がしかったので 彼は海の側での練習も行い 波の音にかき消されないよう 大きな声を出しました

学習領域での行動は パフォーマンス領域である 裁判所での行動と 全く違いました 学習領域の中で アンダース・エリクソン博士が 限界的練習と呼ぶことを行いました これには能力を個々のスキルに 分解することを伴います 肩を下げるというような 改善すべき 細かなスキルが明確になると 心地よいぬるま湯状態から抜け出し 高度な挑戦に完全集中できます 繰り返しや調整により 頻繁にフィードバックすることで 今まで以上のことが できるようになります 理想的には 熟練したコーチによる 指導が望まれます なぜなら 上達を目的とした行動は 分野ごとに異なっており 優れた教師やコーチは その行動の目的を把握しており 専門的なフィードバックを 与えるからです 学習領域の この種の練習により タスクをこなすのに 必要な時間の短縮だけでなく 大幅な上達が見込めます 例えば 調査によると 専門職として働き出して 最初の数年間を過ぎると パフォーマンスは伸び悩みます これは教職、総合医療、看護や その他の領域で見られます パフォーマンスが停滞するのは 自分が十分上達したとか 力がついたと思って 学習領域に時間を割くのを 止めるせいです 私たちは自分の仕事 つまりパフォーマンスに 全ての時間を費やしますが 実は これは上達に結びつかないのです しかし 学習領域での 時間を費やし続ける人は 常に上達し続けます 優秀なセールスマンは 最低週1回 上達を目標に据えた行動をとります 彼らは知識を広げるために読書をし 同僚やその分野の専門家に相談し 新しい戦略を試し フードバックを求め 内省します 最高のチェスプレイヤーは パフォーマンス領域である チェスの試合から 遠ざかる時間を多くとり グランドマスターが指した手の 予想や分析に振り向けています おそらく私たちは 何時間も何時間も パソコンに入力していますが 入力速度は上がりません でも仮に毎日10~20分間 ミスなく入力できる今のスピードより 10~20%速く入力することに 十分に集中したなら もっと速くなるでしょう 特に何を間違えるのかを特定し それらの単語のタイピング練習をすればです これが限界的練習です

私たちの生活の他の部分 ― もっと大切なことのうち 常にパフォーマンス領域にいるせいで 一生懸命取り組んでも あまり上達しないのは どんなことでしょう? パフォーマンス領域に 価値がないと言ってるのではありません 非常に価値があります 膝を手術した時 外科医に 「膝をつつきまわして 未知のことに集中してください」とか

(笑)

「失敗から学ぶんです」とは言いませんでした 手術が上手な 外科医を探しましたし 上手に手術して欲しかったのです パフォーマンス領域にいると できるだけベストを 尽くそうとします 動機付けにもなりますし 学習領域に立ち戻った時 次に何に焦点を当てるのかを 特定するための情報も与えてくれます パフォーマンスを高める方法は 学習領域とパフォーマンス領域を 行き来することで 意図的に学習領域に入って スキルの構築を行い パフォーマンス領域で そのスキルを使うのです

ビヨンセはツアーに出ると コンサート中は パフォーマンス領域にいますが ホテルに戻ると毎晩 直ちに学習領域に戻ります ビヨンセは終わったばかりの ショーのビデオを見て 自分自身やダンサー カメラクルーが どうすれば上達するか特定します そして翌朝 改善点を書いたメモを全員が受け取り 昼の間に次のショーに向け 調整していきます 常に能力を 高めていくためのサイクルですが いつ学習し いつパフォーマンスすべきなのか 知らなくてはなりません 両方に時間を使たいと思ったら 学習領域により多くの時間を割けば もっと上達します

いかにして学習領域に より多くの時間を割くのか? 1つ目に 私たちは 上達できることを信じ 受け入れなければなりません これを成長思考と呼びます 2つ目に 特定のスキルの 上達を目指す必要があります 時間と努力が必要ですから 自分にとって 大切な目標がなくてはいけません 3つ目に いかに上達するのか そのために何ができるのかという アイデアがなくてはなりません ティーンエイジャーの時に ギターの練習をしたような 何度も繰り返し 曲を歌うだけのやり方でなく 限界的練習を行います 4つ目にリスクが低い状況で 練習しなくてはなりません 失敗が予期される場合 失敗が破滅につながったり 深刻なものになったりしては まずいからです 綱渡り芸人は安全ネットなしに 新しい芸当の練習はしませんし アスリートは公式試合の間は 新しい動きの練習は しないものです

暮らしの中で パフォーマンス領域に 多くの時間を費やす理由の1つは 我々の社会環境には いたずらに リスクが高い場面が多いことです 私たちは互いに 社交上のリスクを生み出しています 学ぶことがすべてと思われている 学校でさえそうです 学ぶと言っても 標準テストのことではありません つまり 毎日あらゆる瞬間に 小学校から大学まで多くの生徒は 失敗すると 他人から 低く見られると感じています 常にストレスを感じており 学習に必要なリスクを避けるのも 無理はありません 一方 生徒が 気づかぬうちに学ぶのは 失敗できないということです 教師も保護者も 正しい解答のみを聞きたがり 間違いを受け入れたり 検証したり そこから学んだりせずに 間違いを拒絶する場合や 学びのきっかけとなる 探求的な思考を促さず 視野の狭い解答を求めると そうなってしまいます 宿題や課題をすべて 点数や評価の対象とし 評定に反映するばかりで 練習、失敗、フィードバック、修正に 生かさないのであれば 学校はパフォーマンス領域だという メッセージになってしまいます

職場も同様です 私がコンサルトした企業では リーダーが立派な仕事をさせようとする 完璧主義の社風が醸成されているのを よく見かけます それでは社員が 既知の範囲に落ち着いてしまい 新たなことに挑戦しなくなるので 企業は改革や向上に躍起になろうとも 遅れをとるのです

もっと成長する余地を作るには いつ どちらの領域にいることが望ましいのか 互いに対話を始めることです 「何に上達したいのか? どうやって上達するのか?」 「実践の中で失敗を最小限にしたいのは どんな時か?」 そうすれば 成功とは何で いつ、どのようにお互いを 最適にサポートできるのか 明確になります

もし慢性的にリスクの高い環境にいて そういう対話ができないと 感じているなら? その場合でも 各自で出来ることが なおも3つあります 1つ目はハイリスクの海の中に ローリスクの島を作ることです この島では失敗は ほとんど影響しません 例えばメンターや信頼に足る 同僚を見出すことで 共にアイデアを交換したり 批判されがちなことを話し合ったり ロールプレイをしたり プロジェクトに進捗に合わせ フィードバックを求める会議を求めたり 読書したり ビデオを見たり オンライン講座の時間をとることもできます それらは数例にすぎません 2つ目は期待される パフォーマンスを実践しつつ 次に どう改善できるかを 反省することです ビヨンセと同じです 私たちはプロを観察し 真似できるのです 観察、反省、調整は 学習領域なのです 3つ目は 自ら先頭に立って 他人のためにリスクを 下げてあげる方法もあるでしょう 何を上達したいのか人に伝え 知らないことは質問し フィードバックを求め 失敗やそこから得たものを 共有すれば 同じことをしても安全だと 誰もが感じます

真の自信につながるのは 学びの過程を具体化することです ひたすら実行し続け パフォーマンスし続けて 人生を過ごすのではなく 探索し 質問し 聞き 試し 思案し 努力し 実現することに より多くの時間を割いたなら? 一人一人が上達しようと 努力の対象を 常にもっていたら? もっとリスクの少ない 島と海域を 創造したら? いつ学習し いつ実践するのか 自分の中や チームメイトと一緒に 明確にすることができたなら? そうすれば努力は もっと実を結び 際限なく上達し さらなる高みに 到達できるでしょう

ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画