TED日本語 - エリン・マッキーン: さあ、新しい言葉を作りだそう!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

辞書編纂者のエリン・マッキーンは、TEDYouthでの楽しいショートトークで、若者たちに向けて、今ある言葉ではうまくいかない時に新しい言葉を作ることを勧める・・・いや、作るように応援します。彼女は「複合」から「動詞化」まで、英語で新しい言葉を作る6つの方法を挙げます。新しい言葉を作る目的は、自分の意図をよりよく表現できるように言葉を改良し、お互いを理解する方法をより多く生み出すためなのです。

Script

私は辞書編纂者です 辞書を作る仕事をしています 辞書編纂者の仕事は 可能な限りあらゆる言葉を 辞書に載せることです でも何が言葉かを決めるのは 私ではなく 皆さんの仕事です

言葉か言葉でないかは 英語を話す人が みんなで決めるのです 「言語」とは意思疎通に合意した 人々の間で使うものです ところで 誰かがある言葉の 良し悪しを判断する時 大した理由がない場合があります だから「文法だからさ!」 なんて言うのです (笑) 私自身は文法はそれほど気にしません― 内緒ですよ

ただ「文法」には 実は2種類あるのです 1つは脳内にある文法です ある言語を母語とする人や ある言語を話すのが上手な人が 話す時に無意識に従う規則です また子どもが言語を学ぶ時 身につける文法です 例をあげましょう これは「ワグ」です 1匹だと“a wug”です もう1匹出てきて 2匹になりました だから2匹の・・・ (観客)ワグズ(wugs) その通り! ワグを複数形にできますよね この規則は脳の中にあります 教わる必要もなかったのに 知っているんです この実験を開発したのは ボストン大学の ジーン・バーコ・グリースン教授で 1958年にさかのぼります だから かなり前から 議論されているんです

このように脳内にある 自然な規則は 交通法規というより むしろ自然法則に近いものです 言われければ自然法則に 従わない人なんていないでしょう? 朝 家を出るとき 皆さんのお母さんは 「ちょっと 今日は寒くなるから 上着を持っていくのよ 重力の法則には従ってね」なんて 言いませんよね 一方で自然法則というよりも マナーに近い規則があります この場合 言葉はまるで帽子のようです 一度 帽子の役割を知ってしまえば 「帽子を足に履いちゃダメ」なんて 言う必要はありません 伝える必要があるのは 「帽子を部屋でかぶっていいか?」 「かぶっていいのはどんな人か?」 「かぶっていいのはどんな帽子か?」 といったことですよね これらは第2の文法と 呼ぶべきでしょう 言語学者はこれを「用法」と呼んで 文法と区別することがあります

ところで 人はこういう 規則のような文法を使って 新たな言葉を作るのを 阻止しようとすることがあります でもそれは愚かなことだと 私は思います だって誰だって いつもこう言うでしょう 「創造性豊かに 新しい音楽や芸術を作り いろいろな科学技術を発明しよう」 でも言葉となると こう言うのです 「やめろ! もう創造はやめだ 若造ども 黙ってろ」って (笑) でもそんな態度は理解できません 言葉は素晴らしいし もっとたくさんあってもいいはずです だから新しい言葉を どんどん作って欲しいんです 皆さんに新しい英語の言葉を作る 6つの方法をお教えしましょう

1つ目の方法は一番簡単です 他の言語から盗ってくるんです [他人の物を盗め] (笑) 言語学では「借用」と呼びますが 借りた言葉を返すことはないので ここは率直に 「盗用」と呼びましょう 私たちは大抵 好きな物 例えば美味しい物の名前をとります 中国語の キンカン(kumquat)や フランス語の カラメル(caramel)がそうです カッコいいものの名前もとります 「ニンジャ」がそうです これは日本語です 忍者から盗むのは大変ですから すごい技ですよね (笑)

英語で言葉を作る もう1つの方法は 2つの英単語を ギュッとまとめることです これは「複合」と言います 英単語はレゴのようです しっかり力を入れれば どれでもくっつけられます (笑) 英語ではよくあることです 傷心の(heartbroken) 読書家(bookworm) 砂の城(sandcastle)は どれも複合語です アヒルみたいな口をするくらいなら アヒル口(duckface)という言葉を作っては? (笑)

次の言葉を作る方法は 複合にちょっと似ていますが 単語をまとめる時に 力を入れ過ぎたせいで 一部が欠けてしまう場合です こういう言葉を「混成語」と言います 例えば ブランチ(blunch)は 朝食(breakfast)と 昼食(lunch)の混成語で モーテル(motel)は 車(motor)と ホテル(hotel)の混成語です モーテルが混成語だと 知っていた人はいますか? この単語は歴史が古いので 欠けた部分があると 気づかない人も多いんです エデュテイメント(edutainment)は 教育(education)と 娯楽(entertainment) 感電死させる(electrocute)は 電気(electric)と 殺す(execute)です (笑)

さらに言葉の働きを 変えることもできます 「機能推移」と言って ある品詞として振舞う言葉を 別の品詞に変えることです “friend”が「友だちになる」という 動詞ではなかったことを知ってました? 昔 “friend”は名詞だったんです その後 動詞になったのです 英語では大体どの単語でも 動詞化できます 形容詞を名詞にすることも可能です コマーシャル(commercial)は 昔は形容詞でしたが今は名詞です 緑色の(green)も 「緑化する」という動詞として使えます

言葉を作るさらに別の方法が 「逆成」です 言葉を取り上げて 少し手を加えるのです 例えば英語では 編集者(editor)から 編集する(edit)ができました 動詞“edit”の元になったのが “editor”なんです こういった逆成は 少し変に聞こえることもあります ブルドーザー(bulldozer)は 整地し(bulldoze) 執事(butler)が 仕え(butle) 泥棒(burglar)は 泥棒に入る(burgle)のですから(笑)

もう1つの言葉の作り方は 最初の文字をとって 組み合わせることです アメリカ航空宇宙局は NASAになります どんな言葉も同じようにできます 「なんてこと!(OMG!)」みたいにね

言葉がどんなにおかしくても 関係ありません どれもちゃんとした英語の単語です 逃げる(absquatulate) は 立派な英単語です 日和見主義者(mugwump) も 立派な英単語です 言葉は自然に聞こえなくてもいい おかしくたっていいんです

では なぜ言葉を作るべきなのか? その理由は すべての言葉が 自分のアイデアや意図を 伝える機会だからです 新しい言葉は人の注目を集めます それで人々はあなたの話に注目し おかげで自分の意図を伝える チャンスが増えるのです 今日は この場で 多くの人が言っています 「将来 みなさんは あれをしたり これを支援したり 探求や発明を手伝えるようになる」って でも新しい言葉なら 今すぐ作れます 英語に年齢制限はありません さあ今日から言葉を作りましょう 私に送ってくれれば オンライン辞書Wordnikに載せますよ どうもありがとう (拍手)

I'm a lexicographer. I make dictionaries. And my job as a lexicographer is to try to put all the words possible into the dictionary. My job is not to decide what a word is; that is your job.

Everybody who speaks English decides together what's a word and what's not a word. Every language is just a group of people who agree to understand each other. Now, sometimes when people are trying to decide whether a word is good or bad, they don't really have a good reason. So they say something like, "Because grammar!" (Laughter) I don't actually really care about grammar too much -- don't tell anybody.

But the word "grammar," actually, there are two kinds of grammar. There's the kind of grammar that lives inside your brain, and if you're a native speaker of a language or a good speaker of a language, it's the unconscious rules that you follow when you speak that language. And this is what you learn when you learn a language as a child. And here's an example: This is a wug, right? It's a wug. Now there is another one. There are two of these. There are two ... Audience: Wugs. Erin McKean: Exactly! You know how to make the plural of wug. That rule lives in your brain. You never had to be taught this rule, you just understand it. This is an experiment that was invented by a professor at [ Boston University ] named Jean Berko Gleason back in 1958. So we've been talking about this for a long time.

Now, these kinds of natural rules that exist in your brain, they're not like traffic laws, they're more like laws of nature. And nobody has to remind you to obey a law of nature, right? When you leave the house in the morning, your mom doesn't say, "Hey, honey, I think it's going to be cold, take a hoodie, don't forget to obey the law of gravity." Nobody says this. Now, there are other rules that are more about manners than they are about nature. So you can think of a word as like a hat. Once you know how hats work, nobody has to tell you, "Don't wear hats on your feet." What they have to tell you is, "Can you wear hats inside? Who gets to wear a hat? What are the kinds of hats you get to wear?" Those are more of the second kind of grammar, which linguists often call usage, as opposed to grammar.

Now, sometimes people use this kind of rules-based grammar to discourage people from making up words. And I think that is, well, stupid. So, for example, people are always telling you, "Be creative, make new music, do art, invent things, science and technology." But when it comes to words, they're like, "Don't! No. Creativity stops right here, whippersnappers. Give it a rest." (Laughter) But that makes no sense to me. Words are great. We should have more of them. I want you to make as many new words as possible. And I'm going to tell you six ways that you can use to make new words in English.

The first way is the simplest way. Basically, steal them from other languages. [ "Go rob other people" ] (Laughter) Linguists call this borrowing, but we never give the words back, so I'm just going to be honest and call it stealing. We usually take words for things that we like, like delicious food. We took "kumquat" from Chinese, we took "caramel" from French. We also take words for cool things like "ninja," right? We took that from Japanese, which is kind of a cool trick because ninjas are hard to steal from. (Laughter)

So another way that you can make words in English is by squishing two other English words together. This is called compounding. Words in English are like Lego: If you use enough force, you can put any two of them together. (Laughter) We do this all the time in English: Words like "heartbroken," "bookworm," "sandcastle" all are compounds. So go ahead and make words like "duckface," just don't make duckface. (Laughter)

Another way that you can make words in English is kind of like compounding, but instead you use so much force when you squish the words together that some parts fall off. So these are blend words, like "brunch" is a blend of "breakfast" and "lunch." "Motel" is a blend of "motor" and "hotel." Who here knew that "motel" was a blend word? Yeah, that word is so old in English that lots of people don't know that there are parts missing. "Edutainment" is a blend of "education" and "entertainment." And of course, "electrocute" is a blend of "electric" and "execute." (Laughter)

You can also make words by changing how they operate. This is called functional shift. You take a word that acts as one part of speech, and you change it into another part of speech. Okay, who here knew that "friend" hasn't always been a verb? "Friend" used to be noun and then we verbed it. Almost any word in English can be verbed. You can also take adjectives and make them into nouns. "Commercial" used to be an adjective and now it's a noun. And of course, you can "green" things.

Another way to make words in English is back-formation. You can take a word and you can kind of squish it down a little bit. So for example, in English we had the word "editor" before we had the word "edit." "Edit" was formed from "editor." Sometimes these back-formations sound a little silly: Bulldozers bulldoze, butlers butle and burglers burgle. (Laughter)

Another way to make words in English is to take the first letters of something and squish them together. So National Aeronautics and Space Administration becomes NASA. And of course you can do this with anything, OMG!

So it doesn't matter how silly the words are. They can be really good words of English. "Absquatulate" is a perfectly good word of English. "Mugwump" is a perfectly good word of English. So the words don't have have to sound normal, they can sound really silly.

Why should you make words? You should make words because every word is a chance to express your idea and get your meaning across. And new words grab people's attention. They get people to focus on what you're saying and that gives you a better chance to get your meaning across. A lot of people on this stage today have said, "In the future, you can do this, you can help with this, you can help us explore, you can help us invent." You can make a new word right now. English has no age limit. Go ahead, start making words today, send them to me, and I will put them in my online dictionary, Wordnik. Thank you so much. (Applause)

私は辞書編纂者です

I make dictionaries.//

辞書を作る仕事をしています

And my job/ as a lexicographer is to try to put/ all the words possible/ into the dictionary.//

辞書編纂者の仕事は 可能な限りあらゆる言葉を 辞書に載せることです

My job is not to decide/ what a word is;/ that is your job.//

でも何が言葉かを決めるのは 私ではなく 皆さんの仕事です

Everybody/ who speaks/ English decides together/ what's a word/ and what's not a word.//

言葉か言葉でないかは 英語を話す人が みんなで決めるのです

Every language is just a group of people/ who agree to understand/ each other.//

「言語」とは意思疎通に合意した 人々の間で使うものです

Now,/ sometimes/ when people are trying to decide/ whether a word is good or bad,/ they don't really have a good reason.//

ところで 誰かがある言葉の 良し悪しを判断する時 大した理由がない場合があります

So they say something like,/ "Because grammar!"//

だから「文法だからさ!」 なんて言うのです

(笑)

I don't actually really care about grammar too much --/ don't tell anybody.//

私自身は文法はそれほど気にしません― 内緒ですよ

But the word "grammar,/"/ actually,/ there are two kinds of grammar.//

ただ「文法」には 実は2種類あるのです

There's the kind of grammar/ that lives inside your brain,/ and/ if you're a native speaker of a language or a good speaker of a language,/ it's the unconscious rules/ that you follow/ when you speak/ that language.//

1つは脳内にある文法です ある言語を母語とする人や ある言語を話すのが上手な人が 話す時に無意識に従う規則です

And this is/ what you learn/ when you learn a language/ as a child.//

また子どもが言語を学ぶ時 身につける文法です

And here's an example:/ This is a wug,/ right?//

例をあげましょう これは「ワグ」です

It's a wug.//

1匹だと“a wug”です

Now/ there is another one.//

もう1匹出てきて

There are two of these.//

2匹になりました

There are two ...//

だから2匹の・・・

Audience:/ Wugs.//

(観客)ワグズ(wugs)

Erin McKean:/ Exactly!// You know/ how to make the plural of wug.//

その通り! ワグを複数形にできますよね

That rule lives in your brain.//

この規則は脳の中にあります

You never had to be taught this rule,/ you just understand it.//

教わる必要もなかったのに 知っているんです

This is an experiment/ that was invented by a professor/ at [ Boston University ] named Jean Berko Gleason back/ in 1958.//

この実験を開発したのは ボストン大学の ジーン・バーコ・グリースン教授で 1958年にさかのぼります

So we've been talking about this/ for a long time.//

だから かなり前から 議論されているんです

Now,/ these kinds of natural rules/ that exist in your brain,/ they're not like traffic laws,/ they're more/ like laws of nature.//

このように脳内にある 自然な規則は 交通法規というより むしろ自然法則に近いものです

And nobody has to remind/ you/ to obey a law of nature,/ right?//

言われければ自然法則に 従わない人なんていないでしょう?

When you leave the house/ in the morning,/ your mom doesn't say,/ "Hey, honey,/ I think/ it's going to be cold,/ take a hoodie,/ don't forget to obey/ the law of gravity."//

朝 家を出るとき 皆さんのお母さんは 「ちょっと 今日は寒くなるから 上着を持っていくのよ 重力の法則には従ってね」なんて

Nobody says this.//

言いませんよね

Now,/ there are other rules/ that are more about manners/ than they are about nature.//

一方で自然法則というよりも マナーに近い規則があります

So/ you can think of a word/ as like a hat.//

この場合 言葉はまるで帽子のようです

Once you know/ how hats work,/ nobody has to tell/ you,/ "Don't wear hats/ on your feet."//

一度 帽子の役割を知ってしまえば 「帽子を足に履いちゃダメ」なんて 言う必要はありません

What they have to tell/ you is,/ "Can you wear hats inside?//

伝える必要があるのは 「帽子を部屋でかぶっていいか?」

Who gets to wear/ a hat?//

「かぶっていいのはどんな人か?」

What are the kinds of hats/ you get to wear?"//

「かぶっていいのはどんな帽子か?」 といったことですよね

Those are more of the second kind of grammar,/ which linguists often call usage,/ as opposed to grammar.//

これらは第2の文法と 呼ぶべきでしょう 言語学者はこれを「用法」と呼んで 文法と区別することがあります

Now,/ sometimes/ people use this kind of rules-based grammar/ to discourage people/ from making up/ words.//

ところで 人はこういう 規則のような文法を使って 新たな言葉を作るのを 阻止しようとすることがあります

And I think/ that is,/ well,/ stupid.//

でもそれは愚かなことだと 私は思います

So,/ for example,/ people are always telling you,/ "Be creative,/ make new music,/ do art,/ invent things,/ science and technology."//

だって誰だって いつもこう言うでしょう 「創造性豊かに 新しい音楽や芸術を作り いろいろな科学技術を発明しよう」

But when it comes to words,/ they're like,/ "Don't!// No.// Creativity stops right here,/ whippersnappers.// Give it/ a rest."//

でも言葉となると こう言うのです 「やめろ! もう創造はやめだ 若造ども 黙ってろ」って

(笑)

But that makes no sense/ to me.//

でもそんな態度は理解できません

Words are great.// We should have more of them.//

言葉は素晴らしいし もっとたくさんあってもいいはずです

I want you/ to make as many new words/ as possible.//

だから新しい言葉を どんどん作って欲しいんです

And I'm going to tell/ you/ six ways/ that you can use to make new words/ in English.//

皆さんに新しい英語の言葉を作る 6つの方法をお教えしましょう

The first way is the simplest way.//

1つ目の方法は一番簡単です

Basically,/ steal them/ from other languages.//

他の言語から盗ってくるんです

[ "Go rob/ other people"/ ] (Laughter)/

[他人の物を盗め] (笑)

Linguists call this borrowing,/ but we never give the words back,/ so I'm just going to be honest/ and call it stealing.//

言語学では「借用」と呼びますが 借りた言葉を返すことはないので ここは率直に 「盗用」と呼びましょう

We usually take words/ for things/ that we like,/ like delicious food.//

私たちは大抵 好きな物 例えば美味しい物の名前をとります

We took "kumquat"/ from Chinese,/ we took "caramel"/ from French.//

中国語の キンカン(kumquat)や フランス語の カラメル(caramel)がそうです

We also take words/ for cool things/ like "ninja,/"/ right?//

カッコいいものの名前もとります 「ニンジャ」がそうです

We took/ that from Japanese,/ which is kind of a cool trick/ because ninjas are hard/ to steal from.//

これは日本語です 忍者から盗むのは大変ですから すごい技ですよね

(笑)

So another way/ that you can make words/ in English is by squishing two other English words together.//

英語で言葉を作る もう1つの方法は 2つの英単語を ギュッとまとめることです

This is called compounding.//

これは「複合」と言います

Words/ in English are like Lego:/ If you use enough force,/ you can put any two of them/ together.//

英単語はレゴのようです しっかり力を入れれば どれでもくっつけられます

(笑)

We do this all the time/ in English:/ Words/ like "heartbroken,/"/ "bookworm,/"/ "sandcastle"/ all are compounds.//

英語ではよくあることです 傷心の(heartbroken) 読書家(bookworm) 砂の城(sandcastle)は どれも複合語です

So go ahead/ and make words/ like "duckface,/"/ just don't make duckface.//

アヒルみたいな口をするくらいなら アヒル口(duckface)という言葉を作っては?

(笑)

Another way/ that you can make words/ in English is kind of like compounding,/ but instead/ you use so much force/ when you squish the words together/ that some parts fall off.//

次の言葉を作る方法は 複合にちょっと似ていますが 単語をまとめる時に 力を入れ過ぎたせいで 一部が欠けてしまう場合です

So/ these are blend words,/ like "brunch"/ is a blend of "breakfast"/ and "lunch."//

こういう言葉を「混成語」と言います 例えば ブランチ(blunch)は 朝食(breakfast)と 昼食(lunch)の混成語で

"Motel"/ is a blend of "motor"/ and "hotel."//

モーテル(motel)は 車(motor)と ホテル(hotel)の混成語です

Who here knew/ that "motel"/ was a blend word?//

モーテルが混成語だと 知っていた人はいますか?

Yeah,/ that word is so old/ in English/ that lots of people don't know/ that there are parts/ missing.//

この単語は歴史が古いので 欠けた部分があると 気づかない人も多いんです

"Edutainment"/ is a blend of "education"/ and "entertainment."//

エデュテイメント(edutainment)は 教育(education)と 娯楽(entertainment)

And of course,/ "electrocute"/ is a blend of "electric"/ and "execute."//

感電死させる(electrocute)は 電気(electric)と 殺す(execute)です

(笑)

You can also make words/ by changing/ how they operate.//

さらに言葉の働きを 変えることもできます

This is called functional shift.//

「機能推移」と言って

You take a word/ that acts as one part of speech,/ and you change it/ into another part of speech.//

ある品詞として振舞う言葉を 別の品詞に変えることです

Okay,/ who here knew/ that "friend"/ hasn't always been a verb?//

“friend”が「友だちになる」という 動詞ではなかったことを知ってました?

"Friend"/ used to be noun/ and then/ we verbed it.//

昔 “friend”は名詞だったんです その後 動詞になったのです

Almost/ any word/ in English can be verbed.//

英語では大体どの単語でも 動詞化できます

You can also take adjectives/ and make them/ into nouns.//

形容詞を名詞にすることも可能です

"Commercial"/ used to be an adjective/ and now/ it's a noun.//

コマーシャル(commercial)は 昔は形容詞でしたが今は名詞です

And of course,/ you can "green"/ things.//

緑色の(green)も 「緑化する」という動詞として使えます

Another way to make words/ in English is back-formation.//

言葉を作るさらに別の方法が 「逆成」です

You can take a word/ and you can kind of squish/ it down/ a little bit.//

言葉を取り上げて 少し手を加えるのです

So/ for example,/ in English/ we had the word "editor"/ before we had the word "edit."//

例えば英語では 編集者(editor)から 編集する(edit)ができました

"Edit"/ was formed from "editor."//

動詞“edit”の元になったのが “editor”なんです

Sometimes/ these back-formations sound a little silly:/ Bulldozers bulldoze,/ butlers butle and burglers/ burgle.//

こういった逆成は 少し変に聞こえることもあります ブルドーザー(bulldozer)は 整地し(bulldoze) 執事(butler)が 仕え(butle)

泥棒(burglar)は 泥棒に入る(burgle)のですから(笑)

Another way to make words/ in English is to take the first letters of something/ and squish them together.//

もう1つの言葉の作り方は 最初の文字をとって 組み合わせることです

アメリカ航空宇宙局は NASAになります

And of course/ you can do this/ with anything,/ OMG!//

どんな言葉も同じようにできます 「なんてこと!(OMG!)」みたいにね

So it doesn't matter how silly/ the words are.//

言葉がどんなにおかしくても 関係ありません

They can be really good words of English.//

どれもちゃんとした英語の単語です

"Absquatulate"/ is a perfectly good word of English.//

逃げる(absquatulate) は 立派な英単語です

"Mugwump"/ is a perfectly good word of English.//

日和見主義者(mugwump) も 立派な英単語です

So/ the words don't have have to sound/ normal,/ they can sound really silly.//

言葉は自然に聞こえなくてもいい おかしくたっていいんです

Why should you make words?//

では なぜ言葉を作るべきなのか?

You should make words/ because every word is a chance/ to express your idea/ and get your meaning across.//

その理由は すべての言葉が 自分のアイデアや意図を 伝える機会だからです

And new words grab people's attention.//

新しい言葉は人の注目を集めます

They get people/ to focus on what you're saying/ and that gives you/ a better chance/ to get your meaning across.//

それで人々はあなたの話に注目し おかげで自分の意図を伝える チャンスが増えるのです

A lot of people/ on this stage/ today have said,/ "In the future,/ you can do this,/ you can help with this,/ you can help us/ explore,/ you can help us/ invent."//

今日は この場で 多くの人が言っています 「将来 みなさんは あれをしたり これを支援したり 探求や発明を手伝えるようになる」って

You can make a new word right now.//

でも新しい言葉なら 今すぐ作れます

English has no age limit.//

英語に年齢制限はありません

Go ahead,/ start making/ words/ today,/ send them/ to me,/ and I will put them/ in my online dictionary,/ Wordnik.//

さあ今日から言葉を作りましょう 私に送ってくれれば オンライン辞書Wordnikに載せますよ

Thank/ you so much.//

どうもありがとう

(拍手)

lexicographer

辞書の執筆者(編集者)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

dictionary

『辞書』,辞典,字引き

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

grammar

〈U〉(学問・学科としての,言語が持っている)『文法』;〈C〉文法書

〈U〉(文法的に正しい)言葉遺い,語法

laughter

『笑い』,笑い声

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

unconscious

(一時的に)『意識を失った』,人事不省の

《補語にのみ用いて》(…を)『気付いていない』,知らない《+of+名(doing)》

(動作などが)無意識の,何気なしの

(精神分析で)無意識

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

Erin

アイルランド(Ireland)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

plural

『複数の』

(文法で)複数の

複数;〈C〉複数形[の語]

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

jean

〈U〉ジーン布(じょうぶなあや織りの綿布)

《複数形で》ジーパン;(ジーン布製の)作業服

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

obey

〈人〉‘に'『服従する』

〈命令・法律など〉‘に'『従う』,‘を'守る

…‘に'従って動く

服従する;命令に従う

mom

=mother

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

gravity

(地球の)『引力』,『重力』;重量(weight)

『厳粛さ』,まじめさ

『重大さ』,ゆゆしさ

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

feet

footの複数形

linguist

言語学者,語学者

数か国語に通じた人

usage

〈U〉(物の)『用い方』,用法

〈C〉〈U〉(言語の)『慣用[法]』,語法

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

discourage

〈人〉‘を'『落胆させる』,がっかりさせる

(…することを)〈人〉‘に'思いとどまらせる《+『名』+『from』 do『ing』》

(反対の意を表し,また困難を予想して)〈事〉‘を'させないようにする,思いとどまらせる

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

creative

『創造力のある』

『独創的な』

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

creativity

独創性

whippersnapper

こしゃくなやつ,生意気な若僧

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

basically

基本的に,根本的に;元来は

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

borrowing

〈U〉借りること,借用

〈C〉借りたもの

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

stealing

〈U〉盗むこと;(野球で)盗塁,スチール

〈C〉《複数形で》盗品

delicious

『おいしい』

香りのよい

喜ばしい,快い

kumquat

キンカン[の実]

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

caramel

〈U〉焼き砂糖,カラメル

〈C〉〈U〉キャラメル,糖菓

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

squish

…‘を'絞る,押しつぶす

(水・ぬかるみの中で)ビチャビチャ音をたてる

ビヂャビヂャという音

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

heartbroken

(人が)悲嘆にくれた,失望した

bookworm

シミ(本を食う虫)

読書狂,本の虫

sandcastle

子供が砂で作るお城

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

instead

『その代りとして』,それよりも

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

blend

(分離できないほどに)…'を'『混ぜ合わせる』;(…に)…'を'混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

『混じる』;溶け合う

(…と)『調和する』《+『with』+『名』》(harmonize)

『混合』,調合;〈C〉『混合物』

brunch

《話》(昼食兼用の)おそい朝食

昼食兼用のおそい朝食をとる[breakfastとlunchの混成語]

motel

モーテル(街道沿にある自動車旅行者の宿泊所)[motorとhotelの合成語]

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

hotel

『ホテル』,旅館

missing

粉失した,行方不明の

欠けている,ない(lacking)

《the ~;名詞的に》行方不明者

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

entertainment

〈U〉『娯楽』,気晴らし,楽しみ

〈C〉催し物,余興,演芸

〈U〉客呼び,もてなし,歓待

electrocute

…‘を'電気死刑に処する;感電死させる

electric

《名詞の前にのみ用いて》『電気の』;電気が引き起こす

《名詞の前にのみ用いて》電気で動く,電動の;電気を起こす,発電の

興奮させる,はらはら(ぞくぞく)させる

execute

〈計画・任務など〉‘を'『実行する』,遂行する

(…の罪で,…犯として)…‘の'『死刑を執行する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)

+『名』+『as』+『名』》

〈芸術品〉‘を'制作する;〈曲〉‘を'演奏する

〈法律・契約など〉‘を'執行する;〈証書など〉‘を'署名することによって完成する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

part of speech

(文法で)品詞,語類

okay

=OK,O.K.

verb

『動詞』

noun

『名詞』

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

adjective

『形容詞』({略}adj.)

形容詞の

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

bulldozer

ブルドーザー

《話》おどしつける人,無理に押し通す人

bulldoze

…'を'ブルドーザーで動かす(掘る,ならす)

《話》〈事〉'を'無理に押し通す;(…するように)〈人〉に無理じいする《+『名』+『into』 do『ing』》

butler

執事,使用人がしら

burgle

=burglarize

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

aeronautics

航空学,飛行術

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

mugwump

(政治論争上などで)中立主義者;(政治上の)一匹狼,うぬぼれ,愚か者,大物,大立者,独自の立場を取る人,優柔不断な人,親分

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

age limit

停年,定年

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画