TED日本語 - デイビッド・グラディ: ひどい会議から世界を(あるいは自分だけでも)救う方法

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ひどくて、非効率で、人で溢れかえる会議が世界のビジネスに疫病を広げています ― そして働く人々を悲劇的な状況に追い込んでいます。デイビッド・グラディは、これを食い止める方法をいくつか知っています。

Script

想像して下さい 月曜日の朝 あなたはオフィスで 席につきその日の仕事を 始めようとします すると廊下の先の方にいる 顔見知り程度の男性が あなたのブースに真っ直ぐに来て あなたの椅子を奪います 一言もなく ― ただそれを転がして行きます 周辺には他にも椅子があるなかで なぜあなたの椅子なのか 教えてくれません 今日の仕事をこなすために 椅子が必要な事も 見て見ぬふりです あなたは我慢できないでしょう 文句を言うでしょう その男を彼のブースまで追って行って 「なんで俺の椅子なんだ?」と 言うでしょう

OK 火曜日の朝 あなたはオフィスにいます カレンダーに会議案内が ポップアップします (笑) それは廊下の先の方にいる 顔見知り程度の女性からで 件名は 少し聞いたことがある程度の 企画についてです しかし議題は書いてありません なぜあなたがその会議に 招集されたのかも書かれていません それでもあなたはその案内に応じ 会議に出席します このすこぶる非生産的な セッションが終わり 自分のデスクに戻ったあなたは その傍に立ち こう言います 「この2時間を返してほしいよ 椅子も返してほしいけどね」 (笑)

毎日 我々は同僚に 何かを盗まれているのです でなければ非常にいい人たちなのにね そして私は今 オフィス家具よりも遥かに 価値のあるものについてお話ししています 時間についてです あなたの時間ですよ 実際 私はこう信じています 我々は世界規模の 恐ろしく新しい疫病の 只中にいる と この病気はMASとして知られています (Mindless Accept Syndrome) 「無自覚性・出席・症候群」 (笑) この「無自覚性・出席・症候群」の 主症状は カレンダーに会議案内がポップアップすると 単純に出席を承諾してしまうことです (笑) それは不随意的反射です カレンダーがチャラン、クリック、チャラン 「会議に行かなくちゃ もう遅刻じゃないか」 (笑)

会議は重要ですよね? コラボレーションはどんな企業でも 成功の鍵です 上手な会議進行は非常にポジティブで 実行可能な結果につながります しかしグローバル化と 情報技術の浸透の間で 我々の働き方は ここ数年で実に劇的に変化しました 我々にとっては悲劇です (笑) 悲劇なのは会議をうまく 運営できない人のせいではなく 我々のMAS 「無自覚性・出席・症候群」のせいです これは自傷行為です

実際 私はこのMASが世界規模の 疫病であるという証拠を握っています それは何故か お話しさせて下さい 数年前 私はYouTubeに ある動画を投稿し そのなかで 皆さんがこれまで経験したことのある ひどい電話会議を演じました その動画は5分間ほどのもので 本当にひどい会議において 私たちが嫌う全ての行為を含んでいます 会議の進め方を全く考えていない 司会者や 何故自分が招集されたのか 全く知らない参加者がいます 種々の崩壊がコラボレーションを 散々なものにしてしまいます そして皆を非常に怒らせます 面白いです (笑) ちょっとだけ見てみましょう (動画) 我々の本日の目標は 非常に重要な企画について 合意に達することです 以下の点につき グループとして意思決定を ― プルルル ― もしもし 来たのは誰だ? ジョーです 今日は在宅勤務です (笑) やあジョー 今日は来てくれてありがとう 素晴らしい 丁度説明していた最中だ 話を通したい人が大勢電話口にいる 点呼は飛ばして 本題に入ろう 我々の本日の目標は 非常に重要な企画について 合意に達することです 以下の点につき グループとして意思決定を ― プルルル ― (笑) 誰が来たんだ? 違う? 着信音が聞こえた気がしたけどな (笑)

よく見る光景ですか? ええ 私にもなじみ深いものです この動画をオンラインに投稿した後 数週間で 何十か国の50万人が 何十か国です この動画を視聴しました そして3年後の今でも 毎月数千回 再生されています 今や100万に近づいています 実際 世界の大企業のいくつか 名前は伏せますが あなたもよく聞く会社が 新入社員研修でこの動画を使うための 許可を求めてきます 彼らに会社でしてはいけない 会議のやり方を教えるためです もし証拠の数が ― 再生回数100万回と 大企業で使用というだけでは ― 会議がグローバルな問題だとする 証拠には不足だと言うなら この動画が公開された後 オンライン上に投稿された 数千ものコメントがあります 何千もの人々が 「ああ これは今日の僕みたいだ!」 「僕は毎日こうだ」 「これは僕の人生だ」 ある男性は 「面白い!だってこれは真実だ 不気味で 悲しく 抑うつ的なほど真実だ 僕はこれを見て泣くまで笑った 泣いた 泣いた まだもっと」 (笑) この哀れな男性は言いました 「退職するか死ぬまで僕はこんな生活だ (ため息)」 これらは実物からの引用です 非常に悲しい

これらのオンライン上のコメントに 一貫している点は 我々は会議に行く他 なす術がなく この下手な進行の会議に苦しめられ 他の日もこの繰り返しだ との 根本的信念です しかし実際には 我々は 無力では全くありません 実は MASの治療法は 我々の手中にあるのです 正確に言えば 「指先」にあります 僕はこれを !No MAS! と呼んでいます (笑) これは高校で習った スペイン語の記憶によれば 「もう十分だ やめさせろ」 といった意味です

No MASの作用を見てみましょう 非常に単純です まず初めに あなたが次に 会議案内を受け取った時 そこに説明があまり書かれていなければ 「仮出席」ボタンをクリックすること 大丈夫 許されます だからそのボタンがあるんです 「出席」ボタンのすぐ隣です または何でもいいですが 即出席ではない旨のボタンをクリックします そうして 会議の主催者に連絡をとり あなたがこの案件を 手伝いたいと強く思っていると伝え そして この会議の目標は何かを尋ね その目標をあなたがどう手伝えるかを 知りたいんだと言いなさい 我々がもしこれを何度も 敬意を払いつつ繰り返せば 周囲の人は会議案内の送り方について 少しは思慮深くなるかもしれません そしてあなたも出席するか決める上で もっと思慮深くなれます 議題が送られてくるようになるかもしれません 凄いことですね! もしくは 簡単なメール1本で済むような用件で 12人と接続して電話会議をすることも なくなるかもしれません あなたが自分の行動を変えれば 周囲も変わってくれるかもしれません あなたの椅子も返してもらえるかも(笑) NO MAS! ありがとうございました (拍手)

Picture this: It's Monday morning, you're at the office, you're settling in for the day at work, and this guy that you sort of recognize from down the hall, walks right into your cubicle and he steals your chair. Doesn't say a word -- just rolls away with it. Doesn't give you any information about why he took your chair out of all the other chairs that are out there. Doesn't acknowledge the fact that you might need your chair to get some work done today. You wouldn't stand for it. You'd make a stink. You'd follow that guy back to his cubicle and you'd say, "Why my chair?"

Okay, so now it's Tuesday morning and you're at the office, and a meeting invitation pops up in your calendar. (Laughter) And it's from this woman who you kind of know from down the hall, and the subject line references some project that you heard a little bit about. But there's no agenda. There's no information about why you were invited to the meeting. And yet you accept the meeting invitation, and you go. And when this highly unproductive session is over, you go back to your desk, and you stand at your desk and you say, "Boy, I wish I had those two hours back, like I wish I had my chair back." (Laughter)

Every day, we allow our coworkers, who are otherwise very, very nice people, to steal from us. And I'm talking about something far more valuable than office furniture. I'm talking about time. Your time. In fact, I believe that we are in the middle of a global epidemic of a terrible new illness known as MAS: Mindless Accept Syndrome. (Laughter) The primary symptom of Mindless Accept Syndrome is just accepting a meeting invitation the minute it pops up in your calendar. (Laughter) It's an involuntary reflex -- ding, click, bing -- it's in your calendar, "Gotta go, I'm already late for a meeting." (Laughter)

Meetings are important, right? And collaboration is key to the success of any enterprise. And a well-run meeting can yield really positive, actionable results. But between globalization and pervasive information technology, the way that we work has really changed dramatically over the last few years. And we're miserable. (Laughter) And we're miserable not because the other guy can't run a good meeting, it's because of MAS, our Mindless Accept Syndrome, which is a self-inflicted wound.

Actually, I have evidence to prove that MAS is a global epidemic. Let me tell you why. A couple of years ago, I put a video on Youtube, and in the video, I acted out every terrible conference call you've ever been on. It goes on for about five minutes, and it has all the things that we hate about really bad meetings. There's the moderator who has no idea how to run the meeting. There are the participants who have no idea why they're there. The whole thing kind of collapses into this collaborative train wreck. And everybody leaves very angry. It's kind of funny. (Laughter) Let's take a quick look. (Video) Our goal today is to come to an agreement on a very important proposal. As a group, we need to decide if -- bloop bloop -- Hi, who just joined? Hi, it's Joe. I'm working from home today. (Laughter) Hi, Joe. Thanks for joining us today, great. I was just saying, we have a lot of people on the call we'd like to get through, so let's skip the roll call and I'm gonna dive right in. Our goal today is to come to an agreement on a very important proposal. As a group, we need to decide if -- bloop bloop -- (Laughter) Hi, who just joined? No? I thought I heard a beep. (Laughter)

Sound familiar? Yeah, it sounds familiar to me, too. A couple of weeks after I put that online,500,000 people in dozens of countries, I mean dozens of countries, watched this video. And three years later, it's still getting thousands of views every month. It's close to about a million right now. And in fact, some of the biggest companies in the world, companies that you've heard of but I won't name, have asked for my permission to use this video in their new-hire training to teach their new employees how not to run a meeting at their company. And if the numbers -- there are a million views and it's being used by all these companies -- aren't enough proof that we have a global problem with meetings, there are the many, many thousands of comments posted online after the video went up. Thousands of people wrote things like, "OMG, that was my day today!" "That was my day every day!" "This is my life." One guy wrote, "It's funny because it's true. Eerily, sadly, depressingly true. It made me laugh until I cried. And cried. And I cried some more." (Laughter) This poor guy said, "My daily life until retirement or death, sigh." These are real quotes and it's real sad.

A common theme running through all of these comments online is this fundamental belief that we are powerless to do anything other than go to meetings and suffer through these poorly run meetings and live to meet another day. But the truth is, we're not powerless at all. In fact, the cure for MAS is right here in our hands. It's right at our fingertips, literally. It's something that I call! No MAS! (Laughter) Which, if I remember my high school Spanish, means something like, "Enough already, make it stop!"

Here's how No MAS works. It's very simple. First of all, the next time you get a meeting invitation that doesn't have a lot of information in it at all, click the tentative button! It's okay, you're allowed, that's why it's there. It's right next to the accept button. Or the maybe button, or whatever button is there for you not to accept immediately. Then, get in touch with the person who asked you to the meeting. Tell them you're very excited to support their work, ask them what the goal of the meeting is, and tell them you're interested in learning how you can help them achieve their goal. And if we do this often enough, and we do it respectfully, people might start to be a little bit more thoughtful about the way they put together meeting invitations. And you can make more thoughtful decisions about accepting it. People might actually start sending out agendas. Imagine! Or they might not have a conference call with 12 people to talk about a status when they could just do a quick email and get it done with. People just might start to change their behavior because you changed yours. And they just might bring your chair back, too. (Laughter) No MAS! Thank you. (Applause) .

Picture/ this:/ It's Monday morning,/ you're at the office,/ you're settling in/ for the day/ at work,/ and this guy/ that you/ sort of recognize/ from down the hall,/ walks right/ into your cubicle/ and he steals your chair.//

想像して下さい 月曜日の朝 あなたはオフィスで 席につきその日の仕事を 始めようとします すると廊下の先の方にいる 顔見知り程度の男性が あなたのブースに真っ直ぐに来て あなたの椅子を奪います

Doesn't say a word --/ just rolls away/ with it.//

一言もなく ― ただそれを転がして行きます

Doesn't give you/ any information/ about why he took your chair/ out of all the other chairs/ that are out/ there.//

周辺には他にも椅子があるなかで なぜあなたの椅子なのか 教えてくれません

Doesn't acknowledge the fact/ that you might need your chair/ to get some work done today.//

今日の仕事をこなすために 椅子が必要な事も 見て見ぬふりです

You wouldn't stand for it.// You'd make a stink.//

あなたは我慢できないでしょう 文句を言うでしょう

You'd follow that guy back/ to his cubicle/ and you'd say,/ "Why my chair?"//

その男を彼のブースまで追って行って 「なんで俺の椅子なんだ?」と 言うでしょう

Okay,/ so now/ it's Tuesday morning/ and you're at the office,/ and a meeting invitation pops up/ in your calendar.//

OK 火曜日の朝 あなたはオフィスにいます カレンダーに会議案内が ポップアップします

(Laughter)/ And it's from this woman/ who you kind of know/ from down the hall,/ and the subject line references some project/ that you heard a little bit about.//

(笑) それは廊下の先の方にいる 顔見知り程度の女性からで 件名は 少し聞いたことがある程度の 企画についてです

But there's no agenda.//

しかし議題は書いてありません

There's no information/ about why you were invited to the meeting.//

なぜあなたがその会議に 招集されたのかも書かれていません

And yet/ you accept the meeting invitation,/ and you go.//

それでもあなたはその案内に応じ 会議に出席します

And when this highly unproductive session is over,/ you go back/ to your desk,/ and you stand at your desk/ and you say,/ "Boy,/ I wish/ I had those two hours back,/ like I wish/ I had my chair back."//

このすこぶる非生産的な セッションが終わり 自分のデスクに戻ったあなたは その傍に立ち こう言います 「この2時間を返してほしいよ 椅子も返してほしいけどね」

(Laughter)/ Every day,/ we allow our coworkers,/ who are otherwise very, very nice people,/ to steal from us.//

(笑) 毎日 我々は同僚に 何かを盗まれているのです でなければ非常にいい人たちなのにね

And I'm talking/ about something far more valuable/ than office furniture.//

そして私は今 オフィス家具よりも遥かに 価値のあるものについてお話ししています

I'm talking/ about time.// Your time.//

時間についてです あなたの時間ですよ

In fact,/ I believe/ that we are in the middle of a global epidemic of a terrible new illness known as MAS:/ Mindless Accept Syndrome.//

実際 私はこう信じています 我々は世界規模の 恐ろしく新しい疫病の 只中にいる と この病気はMASとして知られています (Mindless Accept Syndrome) 「無自覚性・出席・症候群」

(Laughter)/ The primary symptom of Mindless Accept Syndrome is just accepting a meeting invitation/ the minute/ it pops up/ in your calendar.//

(笑) この「無自覚性・出席・症候群」の 主症状は カレンダーに会議案内がポップアップすると 単純に出席を承諾してしまうことです

(Laughter)/ It's an involuntary reflex --/ ding,/ click,/ bing --/ it's in your calendar,/ "Gotta go,/ I'm already late/ for a meeting."// (Laughter)/ Meetings are important,/ right?//

(笑) それは不随意的反射です カレンダーがチャラン、クリック、チャラン 「会議に行かなくちゃ もう遅刻じゃないか」 (笑) 会議は重要ですよね?

And collaboration is key/ to the success of any enterprise.//

コラボレーションはどんな企業でも 成功の鍵です

And a well-run meeting can yield really positive, actionable results.//

上手な会議進行は非常にポジティブで 実行可能な結果につながります

But between globalization and pervasive information technology,/ the way that/ we work/ has really changed dramatically/ over the last few years.//

しかしグローバル化と 情報技術の浸透の間で 我々の働き方は ここ数年で実に劇的に変化しました

And we're miserable.// (Laughter)/ And we're miserable not/ because the other guy can't run a good meeting,/ it's because of MAS,/ our Mindless Accept Syndrome,/ which is a self-inflicted wound.//

我々にとっては悲劇です (笑) 悲劇なのは会議をうまく 運営できない人のせいではなく 我々のMAS 「無自覚性・出席・症候群」のせいです これは自傷行為です

Actually,/ I have evidence/ to prove/ that MAS is a global epidemic.//

実際 私はこのMASが世界規模の 疫病であるという証拠を握っています

Let me/ tell you why.//

それは何故か お話しさせて下さい

A couple of years ago,/ I put a video/ on Youtube,/ and in the video,/ I acted out/ every terrible conference call/ you've ever been on.//

数年前 私はYouTubeに ある動画を投稿し そのなかで 皆さんがこれまで経験したことのある ひどい電話会議を演じました

It goes on for about five minutes,/ and it has all the things/ that we hate about really bad meetings.//

その動画は5分間ほどのもので 本当にひどい会議において 私たちが嫌う全ての行為を含んでいます

There's the moderator/ who has no idea/ how to run the meeting.//

会議の進め方を全く考えていない 司会者や

There are the participants/ who have no idea/ why they're there.//

何故自分が招集されたのか 全く知らない参加者がいます

The whole thing kind of collapses/ into this collaborative train wreck.//

種々の崩壊がコラボレーションを 散々なものにしてしまいます

And everybody leaves very angry.//

そして皆を非常に怒らせます

It's kind of funny.//

面白いです

(Laughter)/ Let's take a quick look.//

(笑) ちょっとだけ見てみましょう

(Video)/ Our goal/ today is to come to an agreement/ on a very important proposal.//

(動画) 我々の本日の目標は 非常に重要な企画について 合意に達することです

As a group,/ we need to decide/ if --/ bloop bloop --/ Hi,/ who just joined?//

以下の点につき グループとして意思決定を ― プルルル ― もしもし 来たのは誰だ?

Hi,/ it's Joe.// I'm working/ from home today.//

ジョーです 今日は在宅勤務です

(Laughter)/ Hi,/ Joe.// Thanks/ for joining us/ today,/ great.//

(笑) やあジョー 今日は来てくれてありがとう 素晴らしい

I was just saying,/ we have a lot of people/ on the call/ we'd like to get through,/ so let's skip/ the roll call/ and I'm gonna dive/ right in.//

丁度説明していた最中だ 話を通したい人が大勢電話口にいる 点呼は飛ばして 本題に入ろう

Our goal/ today is to come to an agreement/ on a very important proposal.//

我々の本日の目標は 非常に重要な企画について 合意に達することです

As a group,/ we need to decide/ if --/ bloop bloop --/ (Laughter)/ Hi,/ who just joined?//

以下の点につき グループとして意思決定を ― プルルル ― (笑) 誰が来たんだ?

No?// I thought/ I heard a beep.// (Laughter)/ Sound familiar?//

違う? 着信音が聞こえた気がしたけどな (笑) よく見る光景ですか?

Yeah,/ it sounds familiar/ to me,/ too.//

ええ 私にもなじみ深いものです

A couple of weeks/ after I put that online,/500,000 people/ in dozens of countries,/ I mean dozens of countries,/ watched this video.//

この動画をオンラインに投稿した後 数週間で 何十か国の50万人が 何十か国です この動画を視聴しました

And three years later,/ it's still getting/ thousands of views/ every month.//

そして3年後の今でも 毎月数千回 再生されています

It's close/ to about a million right now.//

今や100万に近づいています

And in fact,/ some of the biggest companies/ in the world,/ companies/ that you've heard of but I won't name,/ have asked for my permission/ to use this video/ in their new-hire training/ to teach their new employees/ how not to run a meeting/ at their company.//

実際 世界の大企業のいくつか 名前は伏せますが あなたもよく聞く会社が 新入社員研修でこの動画を使うための 許可を求めてきます 彼らに会社でしてはいけない 会議のやり方を教えるためです

And/ if the numbers --/ there are a million views/ and it's being used by all these companies --/ aren't enough proof/ that we have a global problem/ with meetings,/ there are the many, many thousands of comments posted online/ after the video went up.//

もし証拠の数が ― 再生回数100万回と 大企業で使用というだけでは ― 会議がグローバルな問題だとする 証拠には不足だと言うなら この動画が公開された後 オンライン上に投稿された 数千ものコメントがあります

Thousands of people wrote things like,/ "OMG,/ that was my day/ today!"//

何千もの人々が 「ああ これは今日の僕みたいだ!」

"That was my day/ every day!"//

「僕は毎日こうだ」

"This is my life."//

「これは僕の人生だ」

One guy wrote,/ "It's funny/ because it's true.//

ある男性は 「面白い!だってこれは真実だ

Eerily,/ sadly,/ depressingly true.//

不気味で 悲しく 抑うつ的なほど真実だ

It made me laugh/ until I cried.//

僕はこれを見て泣くまで笑った

And cried.// And I cried some more."//

泣いた 泣いた まだもっと」

(Laughter)/ This poor guy said,/ "My daily life/ until retirement or death,/ sigh."//

(笑) この哀れな男性は言いました 「退職するか死ぬまで僕はこんな生活だ (ため息)」

These are real quotes/ and it's real sad.//

これらは実物からの引用です 非常に悲しい

A common theme/ running through all of these comments online is this fundamental belief/ that we are powerless/ to do anything other/ than go to meetings/ and suffer through these poorly run meetings/ and live to meet/ another day.//

これらのオンライン上のコメントに 一貫している点は 我々は会議に行く他 なす術がなく この下手な進行の会議に苦しめられ 他の日もこの繰り返しだ との 根本的信念です

But the truth is,/ we're not powerless/ at all.//

しかし実際には 我々は 無力では全くありません

In fact,/ the cure/ for MAS is right here/ in our hands.//

実は MASの治療法は 我々の手中にあるのです

It's right/ at our fingertips,/ literally.//

正確に言えば 「指先」にあります

It's something/ that I call!// No MAS!//

僕はこれを !No MAS! と呼んでいます

(Laughter)/ Which,/ if I remember my high school Spanish,/ means something like,/ "Enough already,/ make it stop!"//

(笑) これは高校で習った スペイン語の記憶によれば 「もう十分だ やめさせろ」 といった意味です

Here's/ how No MAS works.// It's very simple.//

No MASの作用を見てみましょう 非常に単純です

First of all,/ the next time/ you get a meeting invitation/ that doesn't have a lot of information/ in it at all,/ click the tentative button!//

まず初めに あなたが次に 会議案内を受け取った時 そこに説明があまり書かれていなければ 「仮出席」ボタンをクリックすること

It's okay,/ you're allowed,/ that's/ why it's there.//

大丈夫 許されます だからそのボタンがあるんです

It's right/ next/ to the accept button.//

「出席」ボタンのすぐ隣です

Or the maybe button,/ or whatever button is there for you not to accept immediately.//

または何でもいいですが 即出席ではない旨のボタンをクリックします

Then,/ get in touch/ with the person/ who asked you/ to the meeting.//

そうして 会議の主催者に連絡をとり

Tell/ them/ you're very excited/ to support their work,/ ask them/ what the goal of the meeting is,/ and tell them/ you're interested/ in learning/ how you can help them achieve their goal.//

あなたがこの案件を 手伝いたいと強く思っていると伝え そして この会議の目標は何かを尋ね その目標をあなたがどう手伝えるかを 知りたいんだと言いなさい

And/ if we do this often enough,/ and we do it respectfully,/ people might start to be a little bit more thoughtful/ about the way/ they put together/ meeting invitations.//

我々がもしこれを何度も 敬意を払いつつ繰り返せば 周囲の人は会議案内の送り方について 少しは思慮深くなるかもしれません

And you can make more thoughtful decisions/ about accepting it.//

そしてあなたも出席するか決める上で もっと思慮深くなれます

People might actually start sending out/ agendas.// Imagine!//

議題が送られてくるようになるかもしれません 凄いことですね!

Or they might not have a conference call/ with 12 people/ to talk about a status/ when they could just do a quick email/ and get it done with.//

もしくは 簡単なメール1本で済むような用件で 12人と接続して電話会議をすることも なくなるかもしれません

People just might start to change/ their behavior/ because you changed yours.//

あなたが自分の行動を変えれば 周囲も変わってくれるかもしれません

And they just might bring your chair back,/ too.// (Laughter) No MAS!//

あなたの椅子も返してもらえるかも(笑) NO MAS!

Thank you.//

ありがとうございました

(Applause) .//

(拍手)

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

cubicle

(寄宿舎などの仕切った)小寝室

仕切った狭い場所(プールの脱衣室・電話ボックス・投票所など)

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

stink

悪臭を放つ;(…で)臭い《+『of』+『名』》

《話》鼻持ちならない,ひどく評判が悪い

《話》非常に劣っている

〈場所など〉‘を'いやな臭いにする《+『up』+『名』》

悪臭

《米話》騒動,物議

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

okay

=OK,O.K.

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

invitation

〈U〉〈C〉招待,案内

〈C〉(…への)『招待状』《+『to』+『名』》

〈C〉(…を)勧誘(誘惑)するもの《+『to』+『名』》

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

laughter

『笑い』,笑い声

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

session

〈C〉(議会・裁判所などの)『会議』;〈U〉(議会・法廷などの)開会,開廷

〈C〉『会期』,開廷期

〈C〉《おもに米》(大学の)受業時間;学期

〈C〉《米》(一般にある目的・活動のための)集まり,活動期間

《複数形で》《英》裁判所の定期会議

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

coworker

協力者;仕事仲間

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

furniture

(特にテーブル・いす・ベッドなどの動かせる)『家具』・(集合的) 家具 (a piece of ~ 家具一点); 備品; 調度.

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

illness

(心身の)『病気』,不健康

ma

《M-》《話》おかあちゃん(mamma)

mindless

《補語にのみ用いて》(…に)気をつけない,注意を払わない

思慮のない,頭を使わない

syndrome

(疾患の徴候となる一群の)症徴候,症候群

(事件・社会的状態などのパターンを示す)徴候形態

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

symptom

(病気の)徴候,症状《+of+名》

(一般)に(…の)徴候,きざし,印《+of+名》

involuntary

不本意の,いやいやながら

無意識の,本能的な

不随意の

reflex

反射(刺激に対する無意識の反応)

《複数形で》反射的な動き

(光などの)反射,反射光;映像

反射性の

(カメラが)レフ鋼の,反射型の

ding

〈鐘など〉‘を'ガンガン鳴らす

〈鐘などが〉ガンガン鳴る

(鐘の)ガンガン鳴る音

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

got ta

=have got to

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

actionable

起訴できる

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

pervasive

広がる,みなぎる;普及する

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

dramatically

劇的に,非常に効果的に

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

miserable

(人が)『みじめな』,ひどく不幸な

(物事が)人の気をめいらせるような,哀れな;ひどく不快な

《名詞の前にのみ用いて》貧弱な,みすぼらしい,程度の低い

wound

windの過去・過去分詞

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

moderator

仲裁者,調停者

(特に)(討論などの)司会者(chairman)

調整器

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

participant

(…の)関係者,(…への)参加者《+『in』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

wreck

《しばしば受動態で》〈乗り物など〉‘を'『江破(難破)させる』,破壊する

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'遭難させる

(一般に)…‘を'『だめにする』,台なしにする;取り壊す

〈U〉(…の)『大破』,破壊,難破;破滅,崩壊《+of+名》

〈C〉(乗り物・建物などの)『残がい』

〈C〉やせ衰えた人,打ちひしがれた人

〈C〉壊れたもの,故障品

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

angry

『おこった』,腹を立てた

(海・波・風などが)おこったような,激しい

(傷が)炎症を起こした

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

agreement

〈U〉(意見・感情などの)(…についての)『一致』,調和,同意《+『on』(『upon,about,with』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈C〉(2者以上の間で結ばれた)『協定』,協約

〈U〉(人称・性・格の)一致(concord)

proposal

〈U〉『提案すること』;〈C〉『提案されたこと』

〈C〉結婚の申し込み,プロポーズ

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

skip

《副詞[句]を伴って》『軽く』(ぴょんぴょん)『跳ねる』,ぴょんと跳ぶ

《英》なわ跳びをする

《副詞[句]を伴って》(論点などが)飛ぶ,移る

『省く』,抜かす,飛ばして読む(話す,書く);(…を)省く《+『over』(『through』)+『名』》

(‥の)表面をはずみながら(かすめて)飛ぶ《+『along』(『over』)+『名』》

《話》急いでそっと立ち去る《+『off』(『out』)》

…‘を'『軽く跳び越える』

…‘を'『省く』,抜かす,飛ばして読む(話す,書く)

…‘を'休む,…‘に'出席しない

〈石など〉‘を'水面をはずませながら(かすめて)飛ばす(skim)

《話》〈ある場所〉‘を'急いでそっと立ち去る

軽く跳ぶ(はねる)こと

省略すること,飛ばすこと

roll call

点呼,出席調査

gon na

going toの縮約形

dive

(…から水中などに)『頭から飛び込む』《+『from』(『off』)+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…を取ろうと)『潜る』,潜水する《+『down for』+『名』》

(…へ向かって)急降下する,急潜航する《+『down toward』+『名』》

(…に)駆け込む,逃げ込む《+『into』+『名』》

(…に)手を突っ込む《+『in』(『into』)+『名』》

(仕事・問題などに)飛び込む《+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'急降下させる,急潜航させる

『飛び込み』

(飛行機の)急降下;(潜水艦・潜水夫などの)急潜航

《話》怪しげなナイトクラブ,いんちき酒場

beep

(車の警笛,ラジオの時報;無線の発信音などの)ビーという音

〈車などが〉警笛を鳴らす;〈無線受信器が〉ビーという発信音を出す

〈警笛〉を鳴らす《+『out』+『名』+『out』》

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

permission

『許可』,承諾

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

eerily

無気味に

sadly

『悲しそうに』

ひどく

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

cried

cryの過去・過去分詞

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

retirement

(…からの)引退,退職《+『from』+『名』》

引きもること,引きこもり

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

sigh

(悲しみ・疲れ・安心などで)『ため息をつく』《+『with』+『名』》;(…を)嘆いてため息をつく《+『over』+『名』》

〈風などが〉ため息をつくような音を立てる

《文》(…を)思って(あこがれて)ため息をつく《+『for(after)』+『名』》

『ため息』

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

powerless

力の無い,無能な

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

poorly

『貧しく』,乏しく,不十分に

『へたに』,まずく

健康がすぐれない,病身な

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

fingertip

指先

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

Spanish

《the ~》《集合的に》『スペイン人』

『スペイン語』

『スペイン』[人]『の』;スペイン語の

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

tentative

試験的な,仮の;一時的な

ためらいがちな

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

respectfully

敬意を表して,礼儀正しく

thoughtful

『思いやりのある』,配慮の行き届いた,親切な

『考え込んでいる』,物思いにふけった

《補語にのみ用いて》《be thoughtful of+名》(‥に対して)『考え深い』,注意深い(careful)

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画