TED日本語 - ジェームズ・B・グラットフェルダー: 世界をコントロールしているのは誰か?

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ジェームズ・グラットフェルダーの研究分野は「複雑系」です。例えば鳥の群れのように相互につながった要素を持つシステムでは、全体がどのように部分の集合以上になるかということを研究しています。そこで明らかになってきたのは、複雑系の理論を通して経済の仕組みが解明できるということです。 グラットフェルダーの革新的な研究で、支配力がグローバル経済の中でどのように移動するか、そして少数の手に権力が集中することで、どれだけ私達が危険にさらされるかということが明らかになります。(TEDxZurich)

Script

「危機的な状況に陥ると 現状の経済 金融モデルに 深刻な問題があることがすぐに明らかになる」― 「粗悪で単純 自信過剰な経済学が 危機を助長した という考え方には 私も賛成だ」―

資本主義に懐疑的な人が こんな批判をするのを聞いたことがあるでしょう でも今 挙げた言葉は 金融の中心にいる人達の声です 始めの言葉は当時の欧州中央銀行総裁 ― ジャン=クロード・トリシェ その次はイギリス金融庁の 長官の言葉です 彼らが言いたいのは 現代社会の原動力である経済システムを 我々が理解していないということでしょうか? さらに厳しい指摘が続きます 「私達は何十億ドルもかけて 宇宙の起源を探っているのに 社会が安定して経済も機能し ― 平和が成立する条件すら まだわかっていない」

どうしてこんなことが起こるのでしょうか? 人間社会の仕組みよりも 物理世界の仕組みの方が よくわかっているということでしょうか? 残念ながらその通りです そこで面白い解決策を提案するのが 「複雑性の科学」です

その意義と内容を説明するために 少しさかのぼってお話しします 私が物理学を学んだのは偶然でした 若い頃 たまたまかじったのです 目の前の現実を 物理学が非常にうまく 説明するのを見ると感心してしまいます 物理学の核心とは 自然現象の一部を取り上げて 数学で記述することです 現実を方程式に置き換えるのです これで予測が検証できるようになります これは大きな助けですさもなければ ただ頭の中で考えた事が 実際 なぜ宇宙の仕組みにつながるか説明がつかないからです これはうまく行っていますが物理学にも制限があります 先程の引用にある通り ― 私達は複雑性を理解していません 私達を取り巻いているのに 私が複雑系に関心をもったのはこの矛盾がきっかけです 複雑系は 多数のパーツが 相互に つながり作用してできています 例えば 鳥や魚の大群アリのコロニー ― 生態系や脳金融マーケットもそうです これでもまだほんの一部です 複雑系は 数学的な方程式に 置き換えることが非常に難しい 一般的な物理学のアプローチではうまくいきません

では複雑系で分かっていることは何か? 複雑な振る舞いに見えたとしても 実は 相互作用に関する いくつかの単純なルールの結果に過ぎません つまり方程式は忘れて相互作用そのものを観察すれば システムを理解する手がかりが得られます 方程式は無視して 相互作用を捉えるのです さらに面白いことにほとんどの複雑系が 「創発」という驚くべき性質を備えています 創発とは 個々の要素を観察しても 理解や予測ができない振る舞いが システム全体に突如 生じることです このとき 全体は部分の集合を超えています システム内の個々の要素は どれほど複雑であっても無視してよいということになります 細胞でもシロアリでも鳥でも 相互作用のルールに注目すればいいのです

複雑系を最もよく表すのは ネットワークです ネットワークにおけるノードは システムの要素で リンクは要素の相互作用です 物理学における方程式に当たるのが 複雑系の研究ではネットワークです

この方法は 物理学や生物学 ― コンピュータ科学や社会科学における ― 様々な複雑系について成功を収めています では 経済学はどうでしょうか 経済のネットワークはどこにあるのでしょう 実は この分野は明らかに研究が遅れています 私達が2011年に発表した ― 「世界的企業コントロールのネットワーク」という論文は 経済のネットワークを初めて詳細に分析したものです この研究はネット上で 大きな反響を呼び各国メディアが注目しました 驚くべきことですどうして今まで 誰も ― 着目していなかったのか? 似たデータは以前からあったというのに

私達が分析したのは所有権のネットワークです このノードは人や企業 ― 政府や財団などを表しています ノードをつなぐ線は株式保有の関係です 株主Aは 会社Bの株式をx% 保有する といった関係です また この会社に対して 営業収益に基づく価値を与えます すると株式保有の関係が所有ネットワークから 明らかになるのです この例では いくつかの金融機関と 一部のリンクを強調しています

これまで 所有ネットワークの研究が 注目されなかったのは 退屈に思えるからかも知れません 実は 所有権はコントロールと関係があるので ― 所有ネットワークを通して様々なことがわかるのです キー・プレーヤーは誰か どう組織されているか単独か つながっているか 支配力の分布はどうなっているか つまり誰が世界をコントロールしているか? 興味深い問いです

システム上のリスクもわかります システムがどの程度ぜい弱かがわかるのです つながりが密接だと 安定が損なわれます 高密度の関係では負荷が伝染病のように 広がってしまいます

科学者が批判してきたのは 経済学者が データよりも思想や概念を重視する点です 科学の基本方針は 「データで示す」これに従いましょう

まず私達は2007年以降の 1,300万の所有関係からなるデータベースを使いました 「誰が世界を支配しているか」を知るために 大量のデータの中で 注目したのは多国籍企業です 2つ以上の国で事業を展開している企業のことです 多国籍企業は43,000ありました 次に企業群を基にしたネットワークを作るために 多国籍企業の株主や 株主の株主といった関係を まるごと取り上げて 60万のノードと100万のリンクからなるネットワークを 構築しました これが私達が分析した多国籍企業のネットワークです

分析の結果 構造がわかりました ネットワークには周辺と中心があり 全企業の75%が中心に属します 中心には つながりがより密接な ― 少数の企業からなる支配的中核部が存在します 都市圏に例えると 分かりやすいでしょう 郊外や周辺部があり ― 金融街のような中心部があり ― 中核部には 高層ビルが建ち並びます すでに仕組みが見え始めています 中核となる36%の多国籍企業が 全ての多国籍企業の営業収益の95%を 占めています

構造はわかりましたが これがコントロールとどう関係しているのでしょう 所有権があれば株主は議決権を持つ ― これがコントロールの普通の捉え方です 別のモデルでは所有権から生じる ― 支配力を計算できます 過半数の株式を所有すれば 企業をコントロールできますが 通常は 株式全体の相対的な分布によって決まります ここでネットワークが重要になります 10年程前にプロヴェーラ氏は 小さな企業を所有し支配していました この企業は より大きな企業を所有し支配しました 分かったでしょう 結局 彼はテレコム・イタリアを支配しました レバレッジは26倍です プロヴェーラ氏は連鎖的な所有関係を使って 1ユーロ投資する度に26ユーロ分の市場価値を 動かす事ができたということです

この研究で私達が計算したのは 多国籍企業の価値に対する支配力です こうすることで一定の影響力を 株主それぞれに割り当てられます これはマックス・ウェーバーの 潜在力の考え方そのものです つまり他者の反対を押し切って 自分の意志を貫ける可能性です

所有ネットワークにおける影響力の流れは こう計算します 見た目ほど難しくはありません たとえ話をしましょう パイプに水が通っているとします パイプの太さはまちまちです 支配力も同じように所有ネットワークを流れ ― ノードに溜まります ネットワークを支配する力を計算してわかったことは 737の大株主が 多国籍企業の価値の80%を コントロールする力を持つということです ノードの総数は60万でしたから 737という大株主の数は 全体の0.1%程度です アメリカとイギリスの金融機関がほとんどを占めます さらに言うと 中核部には146の株主がいますが これが多国籍企業の価値の 40%をコントロールできるのです

この事実からわかることは何でしょうか ご覧頂いたコントロールの集中は どう見ても行き過ぎです 中核部にいる株主が 過度に集中すると 世界経済に重大なシステム上のリスクが生じます 多国籍企業のネットワークはいくつかの単純なルールで 簡単に再現できました 自己組織化の結果として 構造が生じたからです これはシステムの相互作用のルールから 創発した性質です だから たぶん地球規模の陰謀論のような ― トップダウンの構造から生じたものではないでしょう

私達の研究は詳細な地図というよりは 大まかな見取図です だから この研究で出した数字を 鵜呑みにしないでください それでも金融の新しい姿を 垣間見ることはできます これがきっかけになって方向性を共にする研究が増え 未知の領域の調査が進むことを期待します ゆっくりとですが 試みは始まっていますネットワーク化した世界を 複雑性という視点から理解しようとする ― 長期に渡る 予算も十分な研究プログラムが出現しつつあります でも探究は始まったばかりです 結果が出るまでには時間が必要です

私はまだ重要な課題が残されていると思います 金融 経済 政治 社会に関する考え方には しばしば個人的なイデオロギーが まとわりついています だから複雑性の視点が 共通の基盤を与えることを期待しているのです 対立するアイデアが行き詰まりを生み グローバル化する世界の重荷になっています その解消に手を貸せたら素晴らしいと思います 現実は とても複雑です一つの教義に縛られてはいけません ただ これも個人的なイデオロギーなのですが

ありがとうございました

(拍手)

"When the crisis came, the serious limitations of existing economic and financial models immediately became apparent." "There is also a strong belief, which I share, that bad or oversimplistic and overconfident economics helped create the crisis."

Now, you've probably all heard of similar criticism coming from people who are skeptical of capitalism. But this is different. This is coming from the heart of finance. The first quote is from Jean-Claude Trichet when he was governor of the European Central Bank. The second quote is from the head of the U.K. Financial Services Authority. Are these people implying that we don't understand the economic systems that drive our modern societies? It gets worse. "We spend billions of dollars trying to understand the origins of the universe while we still don't understand the conditions for a stable society, a functioning economy, or peace."

What's happening here? How can this be possible? Do we really understand more about the fabric of reality than we do about the fabric which emerges from our human interactions? Unfortunately, the answer is yes. But there's an intriguing solution which is coming from what is known as the science of complexity.

To explain what this means and what this thing is, please let me quickly take a couple of steps back. I ended up in physics by accident. It was a random encounter when I was young, and since then, I've often wondered about the amazing success of physics in describing the reality we wake up in every day. In a nutshell, you can think of physics as follows. So you take a chunk of reality you want to understand and you translate it into mathematics. You encode it into equations. Then predictions can be made and tested. We're actually really lucky that this works, because no one really knows why the thoughts in our heads should actually relate to the fundamental workings of the universe. Despite the success, physics has its limits. As Dirk Helbing pointed out in the last quote, we don't really understand the complexity that relates to us, that surrounds us. This paradox is what got me interested in complex systems. So these are systems which are made up of many interconnected or interacting parts: swarms of birds or fish, ant colonies, ecosystems, brains, financial markets. These are just a few examples. Interestingly, complex systems are very hard to map into mathematical equations, so the usual physics approach doesn't really work here.

So what do we know about complex systems? Well, it turns out that what looks like complex behavior from the outside is actually the result of a few simple rules of interaction. This means you can forget about the equations and just start to understand the system by looking at the interactions, so you can actually forget about the equations and you just start to look at the interactions. And it gets even better, because most complex systems have this amazing property called emergence. So this means that the system as a whole suddenly starts to show a behavior which can not be understood or predicted by looking at the components of the system. So the whole is literally more than the sum of its parts. And all of this also means that you can forget about the individual parts of the system, how complex they are. So if it's a cell or a termite or a bird, you just focus on the rules of interaction.

As a result, networks are ideal representations of complex systems. The nodes in the network are the system's components and the links are given by the interactions. So what equations are for physics, complex networks are for the study of complex systems.

This approach has been very successfully applied to many complex systems in physics, biology, computer science, the social sciences, but what about economics? Where are economic networks? This is a surprising and prominent gap in the literature. The study we published last year called "The Network of Global Corporate Control" was the first extensive analysis of economic networks. The study went viral on the Internet and it attracted a lot of attention from the international media. This is quite remarkable, because, again, why did no one look at this before? Similar data has been around for quite some time.

What we looked at in detail was ownership networks. So here the nodes are companies, people, governments, foundations, etc. And the links represent the shareholding relations, so Shareholder A has x percent of the shares in Company B. And we also assign a value to the company given by the operating revenue. So ownership networks reveal the patterns of shareholding relations. In this little example, you can see a few financial institutions with some of the many links highlighted.

Now you may think that no one's looked at this before because ownership networks are really, really boring to study. Well, as ownership is related to control, as I shall explain later, looking at ownership networks actually can give you answers to questions like, who are the key players? How are they organized? Are they isolated? Are they interconnected? And what is the overall distribution of control? In other words, who controls the world? I think this is an interesting question.

And it has implications for systemic risk. This is a measure of how vulnerable a system is overall. A high degree of interconnectivity can be bad for stability, because then the stress can spread through the system like an epidemic.

Scientists have sometimes criticized economists who believe ideas and concepts are more important than empirical data, because a foundational guideline in science is: Let the data speak. Okay. Let's do that.

So we started with a database containing 13 million ownership relations from 2007. This is a lot of data, and because we wanted to find out who rules the world, we decided to focus on transnational corporations, or TNCs for short. These are companies that operate in more than one country, and we found 43,000. In the next step, we built the network around these companies, so we took all the TNCs' shareholders, and the shareholders' shareholders, etc., all the way upstream, and we did the same downstream, and ended up with a network containing 600,000 nodes and one million links. This is the TNC network which we analyzed.

And it turns out to be structured as follows. So you have a periphery and a center which contains about 75 percent of all the players, and in the center there's this tiny but dominant core which is made up of highly interconnected companies. To give you a better picture, think about a metropolitan area. So you have the suburbs and the periphery, you have a center like a financial district, then the core will be something like the tallest high rise building in the center. And we already see signs of organization going on here. Thirty-six percent of the TNCs are in the core only, but they make up 95 percent of the total operating revenue of all TNCs.

Okay, so now we analyzed the structure, so how does this relate to the control? Well, ownership gives voting rights to shareholders. This is the normal notion of control. And there are different models which allow you to compute the control you get from ownership. If you have more than 50 percent of the shares in a company, you get control, but usually it depends on the relative distribution of shares. And the network really matters. About 10 years ago, Mr. Tronchetti Provera had ownership and control in a small company, which had ownership and control in a bigger company. You get the idea. This ended up giving him control in Telecom Italia with a leverage of 26. So this means that, with each euro he invested, he was able to move 26 euros of market value through the chain of ownership relations.

Now what we actually computed in our study was the control over the TNCs' value. This allowed us to assign a degree of influence to each shareholder. This is very much in the sense of Max Weber's idea of potential power, which is the probability of imposing one's own will despite the opposition of others.

If you want to compute the flow in an ownership network, this is what you have to do. It's actually not that hard to understand. Let me explain by giving you this analogy. So think about water flowing in pipes where the pipes have different thickness. So similarly, the control is flowing in the ownership networks and is accumulating at the nodes. So what did we find after computing all this network control? Well, it turns out that the 737 top shareholders have the potential to collectively control 80 percent of the TNCs' value. Now remember, we started out with 600,000 nodes, so these 737 top players make up a bit more than 0.1 percent. They're mostly financial institutions in the U.S. and the U.K. And it gets even more extreme. There are 146 top players in the core, and they together have the potential to collectively control 40 percent of the TNCs' value.

What should you take home from all of this? Well, the high degree of control you saw is very extreme by any standard. The high degree of interconnectivity of the top players in the core could pose a significant systemic risk to the global economy and we could easily reproduce the TNC network with a few simple rules. This means that its structure is probably the result of self-organization. It's an emergent property which depends on the rules of interaction in the system, so it's probably not the result of a top-down approach like a global conspiracy.

Our study "is an impression of the moon's surface. It's not a street map." So you should take the exact numbers in our study with a grain of salt, yet it "gave us a tantalizing glimpse of a brave new world of finance." We hope to have opened the door for more such research in this direction, so the remaining unknown terrain will be charted in the future. And this is slowly starting. We're seeing the emergence of long-term and highly-funded programs which aim at understanding our networked world from a complexity point of view. But this journey has only just begun, so we will have to wait before we see the first results.

Now there is still a big problem, in my opinion. Ideas relating to finance, economics, politics, society, are very often tainted by people's personal ideologies. I really hope that this complexity perspective allows for some common ground to be found. It would be really great if it has the power to help end the gridlock created by conflicting ideas, which appears to be paralyzing our globalized world. Reality is so complex, we need to move away from dogma. But this is just my own personal ideology.

Thank you.

(Applause)

「危機的な状況に陥ると 現状の経済 金融モデルに 深刻な問題があることがすぐに明らかになる」―

"There is also a strong belief,/ which I share,/ that bad or oversimplistic and overconfident economics helped create the crisis."//

「粗悪で単純 自信過剰な経済学が 危機を助長した という考え方には 私も賛成だ」―

Now,/ you've probably/ all heard of similar criticism/ coming from people/ who are skeptical of capitalism.//

資本主義に懐疑的な人が こんな批判をするのを聞いたことがあるでしょう

But this is different.//

でも今 挙げた言葉は 金融の中心にいる人達の声です

This is coming from the heart of finance.//

The first quote is from Jean-Claude Trichet/ when he was governor of the European Central Bank.//

始めの言葉は当時の欧州中央銀行総裁 ― ジャン=クロード・トリシェ

The second quote is from the head of the U.K.// Financial Services Authority.//

その次はイギリス金融庁の 長官の言葉です

Are these people implying/ that we don't understand the economic systems/ that drive our modern societies?//

彼らが言いたいのは 現代社会の原動力である経済システムを 我々が理解していないということでしょうか?

It gets worse.//

さらに厳しい指摘が続きます

"We spend billions of dollars/ trying to understand/ the origins of the universe/ while we still don't understand the conditions/ for a stable society,/ a functioning economy,/ or peace."//

「私達は何十億ドルもかけて 宇宙の起源を探っているのに 社会が安定して経済も機能し ― 平和が成立する条件すら まだわかっていない」

What's happening here?// How can this be possible?//

どうしてこんなことが起こるのでしょうか?

Do we really understand more/ about the fabric of reality/ than we do about the fabric/ which emerges from our human interactions?//

人間社会の仕組みよりも 物理世界の仕組みの方が よくわかっているということでしょうか?

Unfortunately,/ the answer is yes.//

残念ながらその通りです

But there's an intriguing solution/ which is coming from what is known as the science of complexity.//

そこで面白い解決策を提案するのが 「複雑性の科学」です

To explain/ what this means/ and what this thing is,/ please let me quickly take a couple of steps back.//

その意義と内容を説明するために 少しさかのぼってお話しします

I ended up/ in physics/ by accident.//

私が物理学を学んだのは偶然でした

It was a random encounter/ when I was young,/ and since then,/ I've often wondered about the amazing success of physics/ in describing the reality/ we wake up/ in every day.//

若い頃 たまたまかじったのです 目の前の現実を 物理学が非常にうまく 説明するのを見ると感心してしまいます

In a nutshell,/ you can think of physics/ as follows.//

物理学の核心とは

So you take a chunk of reality/ you want to understand/ and you translate it/ into mathematics.//

自然現象の一部を取り上げて 数学で記述することです

You encode it/ into equations.//

現実を方程式に置き換えるのです

Then predictions can be made/ and tested.//

これで予測が検証できるようになります

We're actually really lucky/ that this works,/ because no one really knows/ why the thoughts/ in our heads should actually relate to the fundamental workings of the universe.//

これは大きな助けですさもなければ ただ頭の中で考えた事が 実際 なぜ宇宙の仕組みにつながるか説明がつかないからです

Despite the success,/ physics has its limits.//

これはうまく行っていますが物理学にも制限があります

As Dirk Helbing pointed out/ in the last quote,/ we don't really understand the complexity/ that relates to us,/ that surrounds us.//

先程の引用にある通り ― 私達は複雑性を理解していません 私達を取り巻いているのに

This paradox is/ what got me interested/ in complex systems.//

私が複雑系に関心をもったのはこの矛盾がきっかけです

So/ these are systems/ which are made up/ of many interconnected or interacting parts:/ swarms of birds or fish,/ ant colonies,/ ecosystems,/ brains,/ financial markets.//

複雑系は 多数のパーツが 相互に つながり作用してできています 例えば 鳥や魚の大群アリのコロニー ― 生態系や脳金融マーケットもそうです

These are just a few examples.//

これでもまだほんの一部です

Interestingly,/ complex systems are very hard/ to map into mathematical equations,/ so the usual physics approach doesn't really work here.//

複雑系は 数学的な方程式に 置き換えることが非常に難しい 一般的な物理学のアプローチではうまくいきません

So/ what do we know about complex systems?//

では複雑系で分かっていることは何か?

Well,/ it turns out/ that/ what looks like complex behavior/ from the outside is actually the result of a few simple rules of interaction.//

複雑な振る舞いに見えたとしても 実は 相互作用に関する いくつかの単純なルールの結果に過ぎません

This means/ you can forget about the equations/ and just start to understand/ the system/ by looking at the interactions,/ so you can actually forget about the equations/ and you just start to look/ at the interactions.//

つまり方程式は忘れて相互作用そのものを観察すれば システムを理解する手がかりが得られます 方程式は無視して 相互作用を捉えるのです

And it gets even better,/ because most complex systems have/ this amazing property called emergence.//

さらに面白いことにほとんどの複雑系が 「創発」という驚くべき性質を備えています

So this means/ that the system/ as a whole suddenly starts to show/ a behavior/ which can not be understood or predicted by looking at the components of the system.//

創発とは 個々の要素を観察しても 理解や予測ができない振る舞いが システム全体に突如 生じることです

So the whole is literally more/ than the sum of its parts.//

このとき 全体は部分の集合を超えています

And all of this also means/ that you can forget about the individual parts of the system,/ how complex/ they are.//

システム内の個々の要素は どれほど複雑であっても無視してよいということになります

So/ if it's a cell or a termite or a bird,/ you just focus on the rules of interaction.//

細胞でもシロアリでも鳥でも 相互作用のルールに注目すればいいのです

複雑系を最もよく表すのは ネットワークです

The nodes/ in the network are the system's components/ and the links are given by the interactions.//

ネットワークにおけるノードは システムの要素で リンクは要素の相互作用です

So/ what equations are for physics,/ complex networks are for the study of complex systems.//

物理学における方程式に当たるのが 複雑系の研究ではネットワークです

This approach has been very successfully applied to many complex systems/ in physics,/ biology,/ computer science,/ the social sciences,/ but what about economics?//

この方法は 物理学や生物学 ― コンピュータ科学や社会科学における ― 様々な複雑系について成功を収めています では 経済学はどうでしょうか

Where are economic networks?//

経済のネットワークはどこにあるのでしょう

This is a surprising and prominent gap/ in the literature.//

実は この分野は明らかに研究が遅れています

The study/ we published/ last year called "The Network of Global Corporate Control"/ was the first extensive analysis of economic networks.//

私達が2011年に発表した ― 「世界的企業コントロールのネットワーク」という論文は 経済のネットワークを初めて詳細に分析したものです

The study went viral/ on the Internet/ and it attracted a lot of attention/ from the international media.//

この研究はネット上で 大きな反響を呼び各国メディアが注目しました

This is quite remarkable,/ because,/ again,/ why did no one look/ at this/ before?//

驚くべきことですどうして今まで 誰も ― 着目していなかったのか?

Similar data has been around for quite some time.//

似たデータは以前からあったというのに

What we looked at in detail was ownership networks.//

私達が分析したのは所有権のネットワークです

So here/ the nodes are companies,/ people,/ governments,/ foundations, etc.//

このノードは人や企業 ― 政府や財団などを表しています

And the links represent the shareholding relations,/ so Shareholder A has x percent of the shares/ in Company B.//

ノードをつなぐ線は株式保有の関係です 株主Aは 会社Bの株式をx% 保有する といった関係です

And we also assign a value/ to the company given by the operating revenue.//

また この会社に対して 営業収益に基づく価値を与えます

So ownership networks reveal the patterns of shareholding relations.//

すると株式保有の関係が所有ネットワークから 明らかになるのです

In this little example,/ you can see a few financial institutions/ with some of the many links highlighted.//

この例では いくつかの金融機関と 一部のリンクを強調しています

Now/ you may think/ that no one's looked at this/ before/ because ownership networks are really,/ really boring to study.//

これまで 所有ネットワークの研究が 注目されなかったのは 退屈に思えるからかも知れません

Well,/ as ownership is related/ to control,/ as I shall explain later,/ looking at ownership networks actually can give you/ answers/ to questions like,/ who are the key players?//

実は 所有権はコントロールと関係があるので ― 所有ネットワークを通して様々なことがわかるのです キー・プレーヤーは誰か

How are they organized?// Are they isolated?//

どう組織されているか単独か つながっているか

Are they interconnected?//

And what is the overall distribution of control?//

支配力の分布はどうなっているか

In other words,/ who controls the world?//

つまり誰が世界をコントロールしているか?

I think/ this is an interesting question.//

興味深い問いです

And it has implications/ for systemic risk.//

システム上のリスクもわかります

This is a measure of how vulnerable/ a system is overall.//

システムがどの程度ぜい弱かがわかるのです

A high degree of interconnectivity can be bad/ for stability,/ because then/ the stress can spread through the system/ like an epidemic.//

つながりが密接だと 安定が損なわれます 高密度の関係では負荷が伝染病のように 広がってしまいます

Scientists have sometimes criticized economists/ who believe ideas and concepts are more important/ than empirical data,/ because a foundational guideline/ in science is:/ Let the data speak.// Okay.// Let's do/ that.//

科学者が批判してきたのは 経済学者が データよりも思想や概念を重視する点です 科学の基本方針は 「データで示す」これに従いましょう

So we started with a database/ containing 13 million ownership relations/ from 2007.//

まず私達は2007年以降の 1,300万の所有関係からなるデータベースを使いました

This is a lot of data,/ and/ because we wanted to find out/ who rules the world,/ we decided to focus/ on transnational corporations,/ or TNCs/ for short.//

「誰が世界を支配しているか」を知るために 大量のデータの中で 注目したのは多国籍企業です

These are companies/ that operate in more than one country,/ and we found 43,000.//

2つ以上の国で事業を展開している企業のことです 多国籍企業は43,000ありました

In the next step,/ we built the network/ around these companies,/ so we took all the TNCs/' shareholders,/ and the shareholders/' shareholders, etc.//,/ all the way upstream,/ and we did the same downstream,/ and ended up/ with a network/ containing 600,000 nodes and one million links.//

次に企業群を基にしたネットワークを作るために 多国籍企業の株主や 株主の株主といった関係を まるごと取り上げて 60万のノードと100万のリンクからなるネットワークを 構築しました

This is the TNC network/ which we analyzed.//

これが私達が分析した多国籍企業のネットワークです

And it turns out/ to be structured as follows.//

分析の結果 構造がわかりました

So you have a periphery/ and a center/ which contains about 75 percent of all the players,/ and in the center/ there's this tiny but dominant core/ which is made up/ of highly interconnected companies.//

ネットワークには周辺と中心があり 全企業の75%が中心に属します 中心には つながりがより密接な ― 少数の企業からなる支配的中核部が存在します

To give you/ a better picture,/ think about a metropolitan area.//

都市圏に例えると 分かりやすいでしょう

So you have the suburbs and the periphery,/ you have a center/ like a financial district,/ then/ the core will be something/ like the tallest high rise building/ in the center.//

郊外や周辺部があり ― 金融街のような中心部があり ― 中核部には 高層ビルが建ち並びます

And we already see signs of organization/ going on here.//

すでに仕組みが見え始めています

Thirty-six percent of the TNCs are in the core only,/ but they make up/ 95 percent of the total operating revenue of all TNCs.//

中核となる36%の多国籍企業が 全ての多国籍企業の営業収益の95%を 占めています

Okay,/ so now/ we analyzed the structure,/ so/ how does this relate/ to the control?//

構造はわかりましたが これがコントロールとどう関係しているのでしょう

Well,/ ownership gives voting/ rights/ to shareholders.//

所有権があれば株主は議決権を持つ ―

This is the normal notion of control.//

これがコントロールの普通の捉え方です

And there are different models/ which allow you/ to compute the control/ you get from ownership.//

別のモデルでは所有権から生じる ― 支配力を計算できます

If you have more than 50 percent of the shares/ in a company,/ you get control,/ but usually/ it depends on the relative distribution of shares.//

過半数の株式を所有すれば 企業をコントロールできますが 通常は 株式全体の相対的な分布によって決まります

And the network really/ matters.//

ここでネットワークが重要になります

About 10 years ago,/ Mr.// Tronchetti Provera had ownership and control/ in a small company,/ which had ownership and control/ in a bigger company.//

10年程前にプロヴェーラ氏は 小さな企業を所有し支配していました この企業は より大きな企業を所有し支配しました

You get the idea.//

分かったでしょう

This ended up/ giving him/ control/ in Telecom Italia/ with a leverage of 26.//

結局 彼はテレコム・イタリアを支配しました レバレッジは26倍です

So this means/ that,/ with each euro/ he invested,/ he was able to move 26 euros of market value/ through the chain of ownership relations.//

プロヴェーラ氏は連鎖的な所有関係を使って 1ユーロ投資する度に26ユーロ分の市場価値を 動かす事ができたということです

Now/ what we actually computed in our study was the control/ over the TNCs/' value.//

この研究で私達が計算したのは 多国籍企業の価値に対する支配力です

This allowed us/ to assign a degree of influence/ to each shareholder.//

こうすることで一定の影響力を 株主それぞれに割り当てられます

This is very much/ in the sense of Max Weber's idea of potential power,/ which is the probability of imposing one's own will despite the opposition of others.//

これはマックス・ウェーバーの 潜在力の考え方そのものです つまり他者の反対を押し切って 自分の意志を貫ける可能性です

If you want to compute/ the flow/ in an ownership network,/ this is/ what you have to do.//

所有ネットワークにおける影響力の流れは こう計算します

It's actually not that hard/ to understand.//

見た目ほど難しくはありません

Let me explain by giving you/ this analogy.//

たとえ話をしましょう

So think about water flowing/ in pipes/ where the pipes have different thickness.//

パイプに水が通っているとします パイプの太さはまちまちです

So similarly,/ the control is flowing in the ownership networks/ and is accumulating at the nodes.//

支配力も同じように所有ネットワークを流れ ― ノードに溜まります

So/ what did we find after computing all this network control?//

ネットワークを支配する力を計算してわかったことは

Well,/ it turns out/ that the 737 top shareholders have the potential/ to collectively control 80 percent of the TNCs/' value.//

737の大株主が 多国籍企業の価値の80%を コントロールする力を持つということです

Now remember,/ we started out/ with 600,000 nodes,/ so these 737 top players make up/ a bit/ more than 0.1 percent.//

ノードの総数は60万でしたから 737という大株主の数は 全体の0.1%程度です

They're mostly financial institutions/ in the U.S. and the U.K.//

アメリカとイギリスの金融機関がほとんどを占めます

And it gets even more extreme.//

さらに言うと

There are 146 top players/ in the core,/ and they together have the potential/ to collectively control 40 percent of the TNCs/' value.//

中核部には146の株主がいますが これが多国籍企業の価値の 40%をコントロールできるのです

What should you take home/ from all of this?//

この事実からわかることは何でしょうか

Well,/ the high degree of control/ you saw/ is very extreme/ by any standard.//

ご覧頂いたコントロールの集中は どう見ても行き過ぎです

The high degree of interconnectivity of the top players/ in the core could pose a significant systemic risk/ to the global economy/ and we could easily reproduce the TNC network/ with a few simple rules.//

中核部にいる株主が 過度に集中すると 世界経済に重大なシステム上のリスクが生じます 多国籍企業のネットワークはいくつかの単純なルールで 簡単に再現できました

This means/ that its structure is probably the result of self-organization.//

自己組織化の結果として 構造が生じたからです

It's an emergent property/ which depends on the rules of interaction/ in the system,/ so it's probably not the result of a top-down approach/ like a global conspiracy.//

これはシステムの相互作用のルールから 創発した性質です だから たぶん地球規模の陰謀論のような ― トップダウンの構造から生じたものではないでしょう

Our study "is an impression of the moon's surface.//

私達の研究は詳細な地図というよりは

It's not a street map."//

大まかな見取図です

So you should take the exact numbers/ in our study/ with a grain of salt,/ yet/ it "gave us/ a tantalizing glimpse of a brave new world of finance."//

だから この研究で出した数字を 鵜呑みにしないでください それでも金融の新しい姿を 垣間見ることはできます

We hope to have opened the door/ for more such research/ in this direction,/ so the remaining unknown terrain will be charted in the future.//

これがきっかけになって方向性を共にする研究が増え 未知の領域の調査が進むことを期待します

And this is slowly starting.//

ゆっくりとですが

We're seeing/ the emergence of long-term and highly-funded programs/ which aim at understanding our networked world/ from a complexity point of view.//

試みは始まっていますネットワーク化した世界を 複雑性という視点から理解しようとする ― 長期に渡る 予算も十分な研究プログラムが出現しつつあります

But this journey has only just begun,/ so we will have to wait/ before we see the first results.//

でも探究は始まったばかりです 結果が出るまでには時間が必要です

Now/ there is still a big problem,/ in my opinion.//

私はまだ重要な課題が残されていると思います

Ideas/ relating to finance,/ economics,/ politics,/ society,/ are very often tainted by people's personal ideologies.//

金融 経済 政治 社会に関する考え方には しばしば個人的なイデオロギーが まとわりついています

I really hope/ that this complexity perspective allows for some common ground/ to be found.//

だから複雑性の視点が 共通の基盤を与えることを期待しているのです

It would be really great/ if it has the power/ to help end the gridlock created by conflicting ideas,/ which appears to be paralyzing our globalized world.//

対立するアイデアが行き詰まりを生み グローバル化する世界の重荷になっています その解消に手を貸せたら素晴らしいと思います

Reality is so complex,/ we need to move away/ from dogma.//

現実は とても複雑です一つの教義に縛られてはいけません

But this is just my own personal ideology.//

ただ これも個人的なイデオロギーなのですが

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

economic

『経済の』

『経済学の』

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

apparent

『明白な』,はっきりした

『外見上の』,見かけの,うわべの

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

probably

『たぶん』,『おそらく』

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

criticism

〈U〉〈C〉(文学・芸術・一般的な事の)『批評』;〈C〉批評文,評論

〈U〉〈C〉『酷評』,非難,あら捜し

skeptical

疑い深い,懐疑的な

capitalism

資本主義

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

governor

(米国の州の)『知事』

(植民地・属領などの)『総督』

(協会・銀行などの)総裁,理事;(公共施設・病院などの)長,管理者

(燃料の供給を加減してエンジンの速度を調節する)調速機

《英話》部(課)長,上役(boss);おやじ

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

imply

…‘を'『ほのめかす』,暗に示す

…‘を'意味を含む,…[の存在]‘を'当然の前提とする

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

nutshell

(クルミなどの)穀(から)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

chunk

(…の)厚切り,厚いかたまり《+『of』+『名』》

かなりの量(額,部分)

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

mathematics

(また《米話》math,《英話》maths)《単数扱い》『数学』

《複数扱い》数学的処理,計算

encode

…‘を'暗号化する

equation

等式; 方程式

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

no one

『だれも』…『ない』

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

despite

…『にもかかわらず』

physics

『物理学』

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

dirk

(昔スコットランドで用いた)短剣

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

swarm

(大きな一団となって飛んで(動いて)いる昆虫などの)『群れ』《+of+名》

(人・動物・物の)『群れ』,多数《+of+名》

〈ミツバチが〉巣分かれする,分封する

『群れをなして動く』

〈場所が〉(で…)一杯になる,あふれる《+with+名》

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

ant

『アリ』

colony

『植民地』

植民団,居留民;(外国人の)集団居留地

(同ど人種・宗教・職業などの人たちが住む)『集団』,部落

(動物・鳥・虫などの)集団;(生物の)群体,群落《+『of』+『名』》

《the Colonies》アメリカ合衆国を形成した13州のイギリス植民地

ecosystem

生態系

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

usual

『いつもの』,通例の,おきまりの

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

property

動産

emergence

出現

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

suddenly

『突然に』,だしぬけに

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

component

構成している,成分の

構成要素,成分

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

termite

シロアリ

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

ideal

『理想』,究極の目的

理想の人物(物),(理想とすべき)手本

『理想的な』,申し分のない

(実在ではなく)観念的な,頭の中だけの;想標上の

representation

(…を)『表現(描写)すること』;(…が)表現されていること《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(個々の)説明,申し立て,抗議

〈C〉(個々の)絵画,画像,彫像

〈U〉(立法府などの)代表制

〈U〉《集合的な》代表団,議員団

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

biology

『生物学』

computer

『計算機』;『電子計算機』

social science

社会科学(歴史・経済学・政治学・社会学・人類学など)

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

prominent

『突き出た』,隆起した

目立った,すぐ目につく

『著名な』;卓越した,傑出した

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

extensive

(場所などが)広い,広大な

(領域・効果などが)広範囲にわたる;手広い

(量・額・程度・数などが)大きい,膨大な

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

viral

ウィルスの;ウィルスが原因の

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

media

mediumの複数形

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

datum

dataの単数形

既知の事実

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

ownership

所有者であること,所有;所有権

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

relation

(またrelationship)〈U〉『関係』,関連

〈U〉血縁関係,親族関係

〈C〉親類,親戚

《複数形で》(個人・組織・国などの,相互の)利害関係《+『between』(『with』)+『名』》

《文》〈U〉話すこと;〈C〉話,物語

shareholder

株主

x

x-axis

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

assign

〈物・仕事など〉'を'『割り当てる』,あてがう,与える

(…のために)〈日時・場所〉'を'『指定する』,決める《+『名』+『for』+『名』》

〈人〉'を'『任命する』,選任する,指名する

(…に)〈原因など〉'を'帰する《+『名』+『to』+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

bore

bear(実をつける)の過去形

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

systemic

(身体・言語のように)体系の,組織の

全身の,全身的

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

economist

経済学者

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

empirical

経験を基礎とする,実験に基づいた

guideline

(未来の行動の)指針,誘指標《+『of』(『for』)+『名』》

okay

=OK,O.K.

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

transnational

国境を越えた

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

upstream

上流に,流れおさかのぼって

上流の

downstream

流れを下って,下流に

下流の,川下の

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

periphery

(区域・領域内の)周辺部,末端部

(区域の)すぐ外側の地域,外辺部

(特に円の)円周外辺

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

metropolitan

首都の,首都に似た,首都に属する

大都市とその周辺地域より成る(を講成する)

首都の住民,大都市の人

《しばしばM-》(東方教会の)府主教;(カトリック教会の)首都大司教;(英国国教会の)大主教

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

suburb

〈C〉(都市の近くの住宅地区としての)『郊外』,近郊

《the suburbs》《集合的に》(中心街に対して都市の)郊外[住宅地]

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

leverage

てこの作用(力)

てこ入れ,影響力

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

probability

〈U〉『ありそうなこと』,起こりそうなこと,見込み,公算(likelihood)

〈C〉ありそうな(起こりそうな)事件(結果)

〈U〉(数学で)確率;(哲学で)蓋然(がいぜん)性

impose

(人・物に)〈重荷・税金など〉‘を'『課する』,負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人・物〉》

(人に)〈考えなど〉‘を'『押しつける』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

flowing

流れる

流ちょうな

ゆるやにかに垂れた

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

thickness

〈U〉〈C〉厚さ,太さ,濃さ,密集,繁茂

〈C〉層,重ね(layer)

similarly

類似して

《文修飾語に用いて》同様に

accumulate

…'を'『蓄積する』,ためる

『たまる』,ふえる

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

collectively

集合的に;集団的に

(文法で,名詞が)集合的に

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

reproduce

〈場面など〉‘を'『再現する』,〈音など〉‘を'再生する

…‘を'『複製する』,『複写する』

〈動物が〉〈子孫〉‘を'生む,〈植物が〉〈同類〉‘を'繁殖させる

〈動植物が〉繁殖する

〈芸術作品などが〉複製(再生)できる

emergent

見えてくる,現れる

conspiracy

陰謀,たくらみ;陰謀団

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

grain

〈C〉(穀類の)『粒』《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『穀物』,穀類

〈C〉(砂・塩などの)粒《+『of』+『名』》

〈C〉《おもに否定文で》『ごく少量』,ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉グレーン(最小の重量単位で約0.0648グラム;《略》『gr.』,『g.』)

〈U〉(木・石などの)きめ,はだ,木目(もくめ),石目

salt

〈U〉『塩』食塩

〈U〉(化学で)塩

《複数形で》薬用塩類(Epsom salt[s],smelling salts)

〈U〉生気(刺激,興趣)を与えるもの

〈C〉《話》(特に老練な)水夫

塩の,塩を含んでいる;塩気のある,塩辛い

塩漬けにした

(土地が)塩につかった

塩信でできた,塩水の中で育つ

〈食べ物〉‘を'塩で味をつける;〈肉・魚など〉‘を'塩漬けにして保存する《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

《受動態で》(…で)〈言葉・話なで〉‘を'ぴりっとさせる,‘に'味をつける《+『名』+『with』+『名』》

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

brave

『勇敢な,勇ましい』

《文》はなやかな…みごとな

勇士

北市インディアンの戦士

〈困難など〉‘に'勇敢に立ち向かう,〈危険〉'を'ものともしない

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

terrain

(軍事・農耕などから見た)地形,地勢,地勢

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

long-term

長期の,長い目で見ての

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

taint

汚点,汚れ

腐敗;堕前

(病気などの)気味,痕跡《+of+名》

…‘を'汚す

…‘を'腐らせる;…‘を'堕前させる

汚れる,腐る,堕落する

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

common ground

共通理念,共通利害,共通基盤

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

dogma

〈C〉〈U〉(教会などの)『教義』,教理,信条

〈C〉独断的な説(主張)

ideology

〈C〉イデオロギー(社会・政党などが持つ典型的な思考形態)

〈U〉《軽蔑して》空理,空論

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画