TED日本語 - ガブリエル・バルシア=コロンボ: 思い出をビデオアートに詰め込んで

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アーティストであるガブリエル・バルシア=コロンボは、思い出や交友をビデオマッピングとビデオプロジェクションを用いて記録し、シェアします。TED Fellow Talks にて瓶、スーツケース、そしてミキサーに詰め込んだ彼の魅力的で想像豊かな作品が公開されます。

Script

私は収集が大好きです 子どもの頃から膨大なコレクションを持っていました 世界中の辛いソースやら 捕まえた昆虫を入れた瓶など さまざまな物を集めていました

私は収集が好きですし 自然史博物館や 動物の剥製が大好きなのは 秘密でも何でもありません 剥製のジオラマは私にとって 目で見られる 生きた彫刻のようなものです 動物の歴史の 特定の一コマを 再現してくれます

自分自身の歴史はどうかと考えました どのようにして私の歴史を 後世に伝えていくのか (笑) それと友人の歴史も... ただ問題となるのは どうも友人たちは 剥製という方法が嫌なようです (笑)

そこで私が注目したのはビデオです 特定の時間と人物を記録しておくのに ビデオは剥製に次ぐ優れた方法です 6 人の友人を映した動画を ビデオマッピングとビデオプロジェクションで編集して ビデオ彫刻を作りました そして友人を瓶の中に入れちゃいました (笑) こうして持ち歩ける 友達コレクションができたわけです ラテン語の学名分類法に基づいて この作品には「人間」を意味する 「アニマリア コルダータ」と名付けました 彼らは思い出を想起させてくれますし なんと実際に動き回ります

これはこれで面白いのですが 少し人間味に欠けていました (笑) せっかくのデジタル彫刻なので インタラクションが欲しいと思い 近接センサーを追加しました 近づくとさまざまな反応をします 道端で他人に近づき過ぎた時のような反応をします 道端で他人に近づき過ぎた時のような反応をします おびえるやつもいますし (笑) 助けを求めるやつもいれば 隠れるやつもいます

ビデオというものを画面上から取り出し 実生活の中に落とし込み インタラクションを 付与するというのは非常に面白いアイディアです この作品以降 他にも 40 人の友達を 記録し 瓶の中に入れました それらで「ガーデン」という 文字通り人間のガーデンを作り上げました

ですが最初の作品で用いた 芸術とのインタラクションというアイディアが 頭から離れずにいました 人々が試行錯誤しながら作品と やりとりするというアイディアが好きでした 私は人々が見て遊べる 新しい作品を作り出したかったのです そこから実際にできあがったのは ミキサーに入った 1950 年代の奥さんです (笑) この作品の名前は「ブレンド」です 人を芸術という作品に引き込みます 一人で全てを体験し尽くすことはできないでしょう 放っておくこともできますし 見つめ合うこともできます あるいはインタラクトすることも可能です つまりもし皆さんがインタラクトすることにして ミキサーのボタンを押せば 中のキャラクターを この主婦をぐるぐると回すこともできます そうすることで皆さんが私の作品の一部となるのです 私の作品に囚われた人々のように (ミキサーの音 - 笑) 私の作品の一部となるのです (笑) (拍手)

ですが これでは少し不公平ですよね? 友人を瓶に入れ 絶滅危惧種のような このキャラクターをミキサーに入れましたが 私自身には何もしていませんでしたからね ですので自画像的作品を作ることにしました これは一種の自己剥製タイムカプセル的作品で これは一種の自己剥製タイムカプセル的作品で 「過ぎ去ったあの瞬間」という作品です 私自身をタイムカードレコーダーに投影したものです 遊び方は自由です タイムカードを押せば 私の年齢をいじることができます つまり赤ん坊の私から始まり タイムカードを押せば幼児となり そこからティーネイジャーへと成長し ティーネイジャーから現在の私になり 次に中年の私になり そして老年の私になります タイムカードを一日に百回と押していると 作品は真っ黒になり 翌日までリセットされなくなります この作品の一部となった皆さんが パンチをするごとに私の人生から 時間を消してしまっているんです

インタラクティブビデオ彫刻が好きな理由は 実際にインタラクトできること 皆が作品に触れられること 更には作品の一部となれることです いつの日か皆さん全員を 私の瓶に入れられたらなと思っています (笑)

ありがとうございました (拍手)

I love to collect things. Ever since I was a kid, I've had massive collections of random stuff, everything from bizarre hot sauces from all around the world to insects that I've captured and put in jars.

Now, it's no secret, because I like collecting things, that I love the Natural History Museum and the collections of animals at the Natural History Museum in dioramas. These, to me, are like living sculptures, right, that you can go and look at, and they memorialize a specific point of time in this animal's life.

So I was thinking about my own life, and how I'd like to memorialize my life, you know, for the ages, and also - (Laughter) - the lives of my friends, but the problem with this is that my friends aren't quite keen on the idea of me taxidermy-ing them. (Laughter)

So instead, I turned to video, and video is the next best way to preserve and memorialize someone and to capture a specific moment in time. So what I did was, I filmed six of my friends and then, using video mapping and video projection, I created a video sculpture, which was these six friends projected into jars. (Laughter) So now I have this collection of my friends I can take around with me whenever I go, and this is called Animalia Chordata, from the Latin nomenclature for human being, classification system. So this piece memorializes my friends in these jars, and they actually move around. (Laughter)

So, this is interesting to me, but it lacked a certain human element. (Laughter) It's a digital sculpture, so I wanted to add an interaction system. So what I did was, I added a proximity sensor, so that when you get close to the people in jars, they react to you in different ways. You know, just like people on the street when you get too close to them. Some people reacted in terror. (Laughter) Others reacted in asking you for help, and some people hide from you.

So this was really interesting to me, this idea of taking video off the screen and putting it in real life, and also adding interactivity to sculpture. So over the next year, I documented 40 of my other friends and trapped them in jars as well and created a piece known as Garden, which is literally a garden of humanity.

But something about the first piece, the Animali Chordata piece, kept coming back to me, this idea of interaction with art, and I really liked the idea of people being able to interact, and also being challenged by interacting with art. So I wanted to create a new piece that actually forced people to come and interact with something, and the way I did this was actually by projecting a 1950s housewife into a blender. (Laughter) This is a piece called Blend, and what it does is it actually makes you implicit in the work of art. You may never experience the entire thing yourself. You can walk away, you can just watch as this character stands there in the blender and looks at you, or you can actually choose to interact with it. So if you do choose to interact with the piece, and you press the blender button, it actually sends this character into this dizzying disarray of dishevelment. By doing that, you are now part of my piece. You, like the people that are trapped in my work - (Blender noises, laughter) - have become part of my work as well. (Laughter) (Laughter) (Applause)

But, but this seems a bit unfair, right? I put my friends in jars, I put this character, this sort of endangered species character in a blender. But I'd never done anything about myself. I'd never really memorialized myself. So I decided to create a piece which is a self-portrait piece. This is sort of a self-portrait taxidermy time capsule piece called A Point Just Passed, in which I project myself on top of a time card punch clock, and it's up to you. If you want to choose to punch that punch card clock, you actually age me. So I start as a baby, and then if you punch the clock, you'll actually transform the baby into a toddler, and then from a toddler I'm transformed into a teenager. From a teenager, I'm transformed into my current self. From my current self, I'm turned into a middle-aged man, and then, from there, into an elderly man. And if you punch the punch card clock a hundred times in one day, the piece goes black and is not to be reset until the next day. So, in doing so, you're erasing time. You're actually implicit in this work and you're erasing my life.

So I like this about interactive video sculpture, that you can actually interact with it, that all of you can actually touch an artwork and be part of the artwork yourselves, and hopefully,one day, I'll have each and every one of you trapped in one of my jars. (Laughter)

Thank you. (Applause)

I love to collect things.//

私は収集が大好きです

Ever/ since I was a kid,/ I've had massive collections of random stuff,/ everything/ from bizarre hot sauces/ from all/ around the world/ to insects/ that I've captured/ and put in jars.//

子どもの頃から膨大なコレクションを持っていました 世界中の辛いソースやら 捕まえた昆虫を入れた瓶など さまざまな物を集めていました

Now,/ it's no secret,/ because I like collecting/ things,/ that I love the Natural History Museum and the collections of animals/ at the Natural History Museum/ in dioramas.//

私は収集が好きですし 自然史博物館や 動物の剥製が大好きなのは 秘密でも何でもありません

These,/ to me,/ are like living sculptures,/ right,/ that you can go/ and look at,/ and they memorialize a specific point of time/ in this animal's life.//

剥製のジオラマは私にとって 目で見られる 生きた彫刻のようなものです 動物の歴史の 特定の一コマを 再現してくれます

So I was thinking about my own life,/ and how I'd like to memorialize/ my life,/ you know,/ for the ages,/ and also - (Laughter) -/ the lives of my friends,/ but the problem/ with this is/ that my friends aren't quite keen/ on the idea of me/ taxidermy-ing them.// (Laughter)//

自分自身の歴史はどうかと考えました どのようにして私の歴史を 後世に伝えていくのか (笑) それと友人の歴史も... ただ問題となるのは どうも友人たちは 剥製という方法が嫌なようです (笑)

So instead,/ I turned to video,/ and video is the next best way/ to preserve and memorialize someone/ and to capture a specific moment/ in time.//

そこで私が注目したのはビデオです 特定の時間と人物を記録しておくのに ビデオは剥製に次ぐ優れた方法です

So/ what I did/ was,/ I filmed six of my friends/ and then,/ using video mapping and video projection,/ I created a video sculpture,/ which was these six friends projected into jars.// (Laughter) So now/ I have this collection of my friends/ I can take around/ with me/ whenever I go,/ and this is called Animalia Chordata,/ from the Latin nomenclature/ for human being,/ classification system.//

6 人の友人を映した動画を ビデオマッピングとビデオプロジェクションで編集して ビデオ彫刻を作りました そして友人を瓶の中に入れちゃいました (笑) こうして持ち歩ける 友達コレクションができたわけです ラテン語の学名分類法に基づいて この作品には「人間」を意味する 「アニマリア コルダータ」と名付けました

So this piece memorializes my friends/ in these jars,/ and they actually move around.// (Laughter)//

彼らは思い出を想起させてくれますし なんと実際に動き回ります

So,/ this is interesting/ to me,/ but it lacked a certain human element.// (Laughter)/ It's a digital sculpture,/ so I wanted to add/ an interaction system.// So/ what I did/ was,/ I added a proximity sensor,/ so that/ when you get close/ to the people/ in jars,/ they react to you/ in different ways.//

これはこれで面白いのですが 少し人間味に欠けていました (笑) せっかくのデジタル彫刻なので インタラクションが欲しいと思い 近接センサーを追加しました 近づくとさまざまな反応をします

You know,/ just like people/ on the street/ when you get too close/ to them.//

道端で他人に近づき過ぎた時のような反応をします 道端で他人に近づき過ぎた時のような反応をします

Some people reacted in terror.// (Laughter)/ Others reacted in asking you/ for help,/ and some people hide from you.//

おびえるやつもいますし (笑) 助けを求めるやつもいれば 隠れるやつもいます

So this was really interesting/ to me,/ this idea of taking video/ off the screen/ and putting it/ in real life,/ and also/ adding interactivity to sculpture.//

ビデオというものを画面上から取り出し 実生活の中に落とし込み インタラクションを 付与するというのは非常に面白いアイディアです

So/ over the next year,/ I documented 40 of my other friends/ and trapped them/ in jars as well/ and created a piece known as Garden,/ which is literally a garden of humanity.//

この作品以降 他にも 40 人の友達を 記録し 瓶の中に入れました それらで「ガーデン」という 文字通り人間のガーデンを作り上げました

But something/ about the first piece,/ the Animali Chordata piece,/ kept coming/ back/ to me,/ this idea of interaction/ with art,/ and I really liked the idea of people/ being able to interact,/ and also being challenged by interacting with art.//

ですが最初の作品で用いた 芸術とのインタラクションというアイディアが 頭から離れずにいました 人々が試行錯誤しながら作品と やりとりするというアイディアが好きでした

So I wanted to create/ a new piece/ that actually forced people/ to come/ and interact with something,/ and the way/ I did/ this was actually by projecting a 1950s housewife/ into a blender.// (Laughter)/ This is a piece called Blend,/ and what it does is it actually makes you implicit in the work of art.//

私は人々が見て遊べる 新しい作品を作り出したかったのです そこから実際にできあがったのは ミキサーに入った 1950 年代の奥さんです (笑) この作品の名前は「ブレンド」です 人を芸術という作品に引き込みます

You may never experience the entire thing yourself.//

一人で全てを体験し尽くすことはできないでしょう

You can walk away,/ you can just watch/ as this character stands there/ in the blender/ and looks at you,/ or you can actually choose to interact/ with it.//

放っておくこともできますし 見つめ合うこともできます あるいはインタラクトすることも可能です

So/ if you do choose to interact/ with the piece,/ and you press the blender button,/ it actually sends this character/ into this dizzying disarray of dishevelment.//

つまりもし皆さんがインタラクトすることにして ミキサーのボタンを押せば 中のキャラクターを この主婦をぐるぐると回すこともできます

By doing/ that,/ you are now part of my piece.//

そうすることで皆さんが私の作品の一部となるのです

You,/ like the people/ that are trapped in my work - (Blender noises,/ laughter)/ - have become part of my work/ as well.// (Laughter) (Laughter) (Applause)//

私の作品に囚われた人々のように (ミキサーの音 - 笑) 私の作品の一部となるのです (笑) (拍手)

But,/ but this seems a bit unfair, right?//

ですが これでは少し不公平ですよね?

I put my friends/ in jars,/ I put this character,/ this sort of endangered species character/ in a blender.//

友人を瓶に入れ 絶滅危惧種のような このキャラクターをミキサーに入れましたが

But I'd never done anything/ about myself.//

私自身には何もしていませんでしたからね

I'd never really memorialized myself.//

ですので自画像的作品を作ることにしました

So I decided to create/ a piece/ which is a self-portrait piece.//

これは一種の自己剥製タイムカプセル的作品で

This is sort of a self-portrait taxidermy time capsule piece called A Point Just Passed,/ in which I project myself/ on top of a time card punch clock,/ and it's up/ to you.//

これは一種の自己剥製タイムカプセル的作品で 「過ぎ去ったあの瞬間」という作品です 私自身をタイムカードレコーダーに投影したものです 遊び方は自由です

If you want to choose to punch/ that punch card clock,/ you actually age me.//

タイムカードを押せば 私の年齢をいじることができます

So I start as a baby,/ and then/ if you punch the clock,/ you'll actually transform the baby/ into a toddler,/ and then/ from a toddler/ I'm transformed into a teenager.//

つまり赤ん坊の私から始まり タイムカードを押せば幼児となり そこからティーネイジャーへと成長し

From a teenager,/ I'm transformed into my current self.//

ティーネイジャーから現在の私になり

From my current self,/ I'm turned into a middle-aged man,/ and then,/ from there,/ into an elderly man.//

次に中年の私になり そして老年の私になります

And/ if you punch/ the punch card clock a hundred times/ in one day,/ the piece goes black/ and is not to be reset until the next day.//

タイムカードを一日に百回と押していると 作品は真っ黒になり 翌日までリセットされなくなります

So,/ in doing so,/ you're erasing/ time.//

この作品の一部となった皆さんが

You're actually implicit/ in this work/ and you're erasing/ my life.//

パンチをするごとに私の人生から 時間を消してしまっているんです

So I like this/ about interactive video sculpture,/ that you can actually interact with it,/ that all of you can actually touch an artwork/ and be part of the artwork/ yourselves,/ and hopefully,/one day,/ I'll have each/ and every one of you trapped in one of my jars.// (Laughter)//

インタラクティブビデオ彫刻が好きな理由は 実際にインタラクトできること 皆が作品に触れられること 更には作品の一部となれることです いつの日か皆さん全員を 私の瓶に入れられたらなと思っています (笑)

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございました (拍手)

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

bizarre

一風変わった,変な(odd);奇怪な,異様な(grotesque)

sauce

〈U〉〈C〉『ソース』

〈U〉果物の砂糖煮

《話》=sass

…‘を'ソースで味つけする;…‘に'ソースをかける

《話》=sass

insect

『昆虫』;(一般に)虫

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

jar

(広口の)『つぼ』,かめ,びん,ジャー

一つぼ(びん)(の…)《+『of』+『名』》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

natural history

博物学(動物学・植物学・鉱物学など自然物の研究を扱う)

museum

『博物館』;美術館

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

diorama

ジオラマ,透視画,立体模型;立体模型館

sculpture

〈U〉『彫刻』,彫刻術

〈C〉『彫刻品』,《集合的に》彫刻作品

〈石・柱など〉‘に'彫刻する,‘を'彫刻で飾る

…‘を'像(模様など)を作る

(浸食で)〈岩など〉‘を'彫刻したように変形させる

彫刻する

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

laughter

『笑い』,笑い声

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

keen

(刃物などが)『鋭い』

(寒さなどが)『厳しい』;(痛みなどが)『激しい』;(音などが)耳をつんざく;(言葉などが)人の心を刺す

(感覚・判断力などが)『鋭敏な』,鋭い

(感情・欲求などが)激しい,強烈な;(競争など)し烈な

熱心な

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

instead

『その代りとして』,それよりも

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

mapping

(数学で)関数

地図製作

(時間の)割当て

projection

〈U〉突き出[させ]ること;〈C〉突起

(影・映像などの)透写;◇映画・スライドの)映写;〈C〉投影図,投射図

〈U〉発射,射出

〈C〉予測,予知

〈U〉〈C〉(自分の考え・感情を)人に投影すること

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

Latin

〈U〉(古代ローマで用いた)『ラテン語』

〈C〉(古代ローマに住んでいた)ラティウム人,古代ローマ人

〈C〉ラテン[系]民族の人

『ラテン語の』

ラテン系民族の;ロマンス語族の言語を使う民族(諸国)の

nomenclature

(各分野で用いる)専門用語法

(体系に基づく)科学的命名法

human being

人,人間

classification

〈U〉〈C〉分類[作業];分類法;分類結果

〈U〉(生物学上の)分類

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

proximity

(場所・時間・血族関係など)(…に)近いこと,近接《+『to』+『名』》

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

terror

〈U〉〈C〉(身に迫る)『恐怖』

〈C〉『恐ろしい人(物・事)』

〈C〉《話》やっかいな人,手に負えない物

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

housewife

『家庭の主婦』

《おもに英》針箱

blender

《おもに米》(料理用の)ミキサー

混ぜ合わせる人(物)

blend

(分離できないほどに)…'を'『混ぜ合わせる』;(…に)…'を'混ぜる《+『名』+『with』+『名』》

『混じる』;溶け合う

(…と)『調和する』《+『with』+『名』》(harmonize)

『混合』,調合;〈C〉『混合物』

implicit

(同意・反対などが)暗に示された,暗黙の

無条件の,絶対の

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

disarray

混乱,乱雑;服装の乱れ

…‘を'乱す,混乱させる

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

applause

『拍手かっさい』;称賛

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

endanger

〈生命・富・健康・計画など〉‘を'危うくする,危険にさらす

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

self-portrait

自画像

taxidermy

剥製(はくせい)術

capsule

小容器;(薬の)カプセル

(植物の)さく

(生物体の)被のう,被膜

(宇宙ロケットの)カプセル

小型の;簡約した

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

punch card

(電子計算機などで使う)パンチカード

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

toddler

よちよち歩きをしはじめた幼児

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

self

(他人と区別して)『自己』,自分,自身

〈C〉(人・物の)本質,個性;性格の一面

〈U〉私利,私欲,私心

同じ材料でできた,共ぎれの

middle-aged

中年の;中年特有の

elderly

かなり年配の,初老の

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

reset

…‘を'置き直す,並べ直す;〈ボウリングのピン〉‘を'置き直す

erase

(…から)〈文字など〉‘を'『ふいて消す』,削除する,取り消す《+『名』+『from』+『名』》

…‘の'文字(絵など)を消す

(記憶などから)…‘を'消し去る,ぬぐい去る《+『名』+『from』+『名』》

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

yourselves

yourself の複数形

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

関連動画