TED日本語 - ロバート・グプタ: 音楽に救われた魂

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ロサンジェルスフィルのバイオリニストであるロバート・グプタが、統合失調症の優れた音楽家を相手にレッスンしたときのこと、そこから学んだことを話します。講演の後再びステージに呼び戻された彼は、バッハのチェロ組曲第一番から、自らの編曲になるプレリュードを演奏します。

Script

ある日 LAタイムズのコラムニスト スティーブ ロペスが ロスのダウンタウンを歩いていると 美しい音楽の調べを耳にしました 音の主は アフリカ系アメリカ人の男で 感じの良い無骨なホームレスでした 彼は弦がたったの2本しかないバイオリンを弾いていました

この話をご存じの方も多いと思います スティーブのコラムは本になり さらに映画化もされたからです ロバート ダウニーJrがスティーブ役で ジェイミー フォックスがナサニエル エアーズを演じました ジュリアード音楽院で教育を受ける コントラバス奏者だった彼の約束されていた将来は 妄想型統合失調症という悲劇的な病気のために断たれました ジュリアードを退学し すっかり破綻し 30年後 ロスのダウンタウンの スキッドロウ地区で ホームレスとして暮らしていました みなさんに是非スティーブの本をお読みになるか 映画をご覧になるようお勧めします 2人の間の絆がいかに築かれたのか 音楽がその絆を作る上でいかに力になったのか そして最終的にはナサニエルをどのように 路上の生活から救い出すことになったのか知ることができます

私が彼に出会ったのは 2年前 ウォルト ディズニー ホールでのことです ベートーベンの交響曲の1番と4番を聞いた後 彼は舞台裏にやって来たのです 彼はとても生き生きと 社交的に話していました ヨーヨーマやヒラリー クリントンのこと さらにはドジャースが ワールドシリーズで勝てないだろうと… それもすべて ベートーベンの交響曲第4番の 気まぐれなバイオリンの旋律が効果を上げていたからです その後何日かして スティーブからメールをもらい ナサニエルが私のバイオリンレッスンを受けたがっていると聞きました

ひとつ申し上げておくと 彼は治療を拒んでいました 彼が以前治療を受けたとき それはショック療法と ソラジン(抗精神病薬)と 手錠を使うものでした そしてその傷を その後ずっと引きずることになったのです そのため統合失調症の 発作を起こしがちでした 最悪の発作が起こると 彼は暴発し その後何日も姿を消し スキッドロウの通りをさまよい歩き 絶えず恐怖にさらされ 彼の心の中の苦痛がそのまま 外に現れ出ました

私たちがディズニー ホールで最初のレッスンを始めた時 彼はそのような興奮状態にありました 目は不自然な光りをたたえ 心を失っていました 見えない悪魔や 煙や 眠っている間に毒を盛られたという話をしていました

私は怖れました 自分のことではありません 彼を失ってしまうかもしれないと怖れたのです 彼の状態は悪化しつつあり もし私がそこで音階やらアルペジオみたいなものを 説教じみた教授法で教え始めたら きっと彼のバイオリンとの関係を 壊してしまうと思いました (笑) それで直ぐさま弾き始めることにしました ベートーベンのバイオリン協奏曲の第1楽章を弾きました

弾きながら ナサニエルの目にはっきりした変化が 現れるのがわかりました 私の演奏した音楽が契機となって 何か目に見えない薬のような化学反応が 起きたかのようでした ナサニエルの病的な怒りは 理解と 落ち着いた興味と 品の良さに置き換わりました そして奇跡のように 自分のバイオリンを取り上げた彼は 聞き覚えているバイオリン協奏曲の断片を弾き始め 私に直してくれるように頼みました メンデルスゾーンに チャイコフスキーに シベリウスを弾きました それから音楽について話しました バッハ、ベートーベン、ブラームス、ブルックナー バルトークからエサ=ペッカ サロネンまで Bで始まる作曲家ばかり取り上げました

彼は百科事典的な 音楽の知識を持つばかりでなく 私的なレベルで音楽と深く結び付いているのがわかりました 彼は情熱と理解をもって音楽を語っており それは私がオケの仲間達と 共有しているものと変わりません そして音楽を演奏し 音楽について語るうちに 彼は違う人間になっていました ロスのダウンタウンの路上から やってきたばかりの 偏執的な精神障害者から 魅力的で博識な ジュリアードの教育を受けた素晴らしい音楽家へと変わっていたのです

音楽は薬です 音楽は私たちを変えます ナサニエルには 心を取り戻してくれるものです 音楽は彼の思考と 妄想を取り出して 想像力とクリエイティビティを通じて 現実の形にするのです それが彼を 苛まれた状態から解放します 私はこれこそ芸術の本質なのだと思います これこそ私たちが音楽を作る理由です 私たちみんなの中にある とても基本的なもの 感情を取り出し 芸術のレンズを通し クリエイティビティを通して その感情を現実の形へと変えるのです そしてその表現のリアリティが 私たちみんなに伝わり 感動させ 触発し 私たちを1つにするのです

ナサニエルにとっては 音楽は友達の元へと引き戻してくれるものでもあります 音楽の救いの力が 彼を理解し 才能を認め 敬意を払ってくれる 音楽家仲間の元へと 彼を連れ戻したのです 私はいつだってナサニエルと一緒に音楽を奏でるでしょう そこがディズニー ホールだろうと スキッドロウだろうと 彼は私に なぜ自分が音楽家になったのかを思い出させてくれるからです どうもありがとうございました (拍手)

どうもありがとう どうも ロバート グプタでした (拍手)

恥ずかしげもなくチェリスト達から盗んだ曲を弾かせていただきます どうぞご容赦ください

(笑) (音楽) (拍手)

One day, Los Angeles Times columnist Steve Lopez was walking along the streets of downtown Los Angeles when he heard beautiful music. And the source was a man, an African-American man, charming, rugged, homeless, playing a violin that only had two strings.

And I'm telling a story that many of you know, because Steve's columns became the basis for a book, which was turned into a movie, with Robert Downey Jr. acting as Steve Lopez, and Jamie Foxx as Nathaniel Anthony Ayers, the Juilliard-trained double bassist whose promising career was cut short by a tragic affliction with paranoid schizophrenia. Nathaniel dropped out of Juilliard, he suffered a complete breakdown, and 30 years later he was living homeless on the streets of Skid Row in downtown Los Angeles. I encourage all of you to read Steve's book or to watch the movie to understand not only the beautiful bond that formed between these two men, but how music helped shape that bond, and ultimately was instrumental -- if you'll pardon the pun -- in helping Nathaniel get off the streets.

I met Mr. Ayers in 2008,two years ago, at Walt Disney Concert Hall. He had just heard a performance of Beethoven's First and Fourth symphonies, and came backstage and introduced himself. He was speaking in a very jovial and gregarious way about Yo-Yo Ma and Hillary Clinton and how the Dodgers were never going to make the World Series, all because of the treacherous first violin passage work in the last movement of Beethoven's Fourth Symphony. And we got talking about music, and I got an email from Steve a few days later saying that Nathaniel was interested in a violin lesson with me.

Now, I should mention that Nathaniel refuses treatment because when he was treated it was with shock therapy and Thorazine and handcuffs, and that scar has stayed with him for his entire life. But as a result now, he is prone to these schizophrenic episodes, the worst of which can manifest themselves as him exploding and then disappearing for days, wandering the streets of Skid Row, exposed to its horrors, with the torment of his own mind unleashed upon him.

And Nathaniel was in such a state of agitation when we started our first lesson at Walt Disney Concert Hall -- he had a kind of manic glint in his eyes, he was lost. And he was talking about invisible demons and smoke, and how someone was poisoning him in his sleep.

And I was afraid, not for myself, but I was afraid that I was going to lose him, that he was going to sink into one of his states, and that I would ruin his relationship with the violin if I started talking about scales and arpeggios and other exciting forms of didactic violin pedagogy. (Laughter) So, I just started playing. And I played the first movement of the Beethoven Violin Concerto.

And as I played, I understood that there was a profound change occurring in Nathaniel's eyes. It was as if he was in the grip of some invisible pharmaceutical, a chemical reaction, for which my playing the music was its catalyst. And Nathaniel's manic rage was transformed into understanding, a quiet curiosity and grace. And in a miracle, he lifted his own violin and he started playing, by ear, certain snippets of violin concertos which he then asked me to complete -- Mendelssohn, Tchaikovsky, Sibelius. And we started talking about music, from Bach to Beethoven and Brahms, Bruckner, all the B's, from Bartok, all the way up to Esa-Pekka Salonen.

And I understood that he not only had an encyclopedic knowledge of music, but he related to this music at a personal level. He spoke about it with the kind of passion and understanding that I share with my colleagues in the Los Angeles Philharmonic. And through playing music and talking about music, this man had transformed from the paranoid, disturbed man that had just come from walking the streets of downtown Los Angeles to the charming, erudite, brilliant, Juilliard-trained musician.

Music is medicine. Music changes us. And for Nathaniel, music is sanity. Because music allows him to take his thoughts and delusions and shape them through his imagination and his creativity, into reality. And that is an escape from his tormented state. And I understood that this was the very essence of art. This was the very reason why we made music, that we take something that exists within all of us at our very fundamental core, our emotions, and through our artistic lens, through our creativity, we're able to shape those emotions into reality. And the reality of that expression reaches all of us and moves us, inspires and unites us.

And for Nathaniel, music brought him back into a fold of friends. The redemptive power of music brought him back into a family of musicians that understood him, that recognized his talents and respected him. And I will always make music with Nathaniel, whether we're at Walt Disney Concert Hall or on Skid Row, because he reminds me why I became a musician. Thank you. (Applause)

Bruno Giussani: Thank you. Thanks. Robert Gupta. (Applause)

Robert Gupta: I'm going to play something that I shamelessly stole from cellists. So, please forgive me.

(Laughter) (Music) (Applause)

One day,/ Los Angeles Times columnist Steve Lopez was walking along the streets of downtown Los Angeles/ when he heard beautiful music.//

ある日 LAタイムズのコラムニスト スティーブ ロペスが ロスのダウンタウンを歩いていると 美しい音楽の調べを耳にしました

And the source was a man,/ an African-American man,/ charming,/ rugged,/ homeless,/ playing a violin/ that only had two strings.//

音の主は アフリカ系アメリカ人の男で 感じの良い無骨なホームレスでした 彼は弦がたったの2本しかないバイオリンを弾いていました

And I'm telling/ a story/ that many of you know,/ because Steve's columns became the basis/ for a book,/ which was turned into a movie,/ with Robert Downey Jr./ acting as Steve Lopez,/ and Jamie Foxx/ as Nathaniel Anthony Ayers,/ the Juilliard-trained double bassist/ whose promising career was cut short/ by a tragic affliction/ with paranoid schizophrenia.//

この話をご存じの方も多いと思います スティーブのコラムは本になり さらに映画化もされたからです ロバート ダウニーJrがスティーブ役で ジェイミー フォックスがナサニエル エアーズを演じました ジュリアード音楽院で教育を受ける コントラバス奏者だった彼の約束されていた将来は 妄想型統合失調症という悲劇的な病気のために断たれました

Nathaniel dropped out of Juilliard,/ he suffered a complete breakdown,/ and 30 years later/ he was living homeless/ on the streets of Skid Row/ in downtown Los Angeles.//

ジュリアードを退学し すっかり破綻し 30年後 ロスのダウンタウンの スキッドロウ地区で ホームレスとして暮らしていました

I encourage all of you/ to read Steve's book/ or to watch the movie/ to understand not only/ the beautiful bond/ that formed between these two men,/ but how music helped shape that bond,/ and ultimately was instrumental --/ if you'll pardon the pun --/ in helping Nathaniel get off/ the streets.//

みなさんに是非スティーブの本をお読みになるか 映画をご覧になるようお勧めします 2人の間の絆がいかに築かれたのか 音楽がその絆を作る上でいかに力になったのか そして最終的にはナサニエルをどのように 路上の生活から救い出すことになったのか知ることができます

I met Mr.// Ayers/ in 2008,two years ago,/ at Walt Disney Concert Hall.//

私が彼に出会ったのは 2年前 ウォルト ディズニー ホールでのことです

He had just heard a performance of Beethoven's First and Fourth symphonies,/ and came backstage/ and introduced himself.//

ベートーベンの交響曲の1番と4番を聞いた後 彼は舞台裏にやって来たのです

He was speaking in a very jovial and gregarious way/ about Yo-Yo Ma/ and Hillary Clinton/ and how the Dodgers were never going to make/ the World Series,/ all/ because of the treacherous first violin passage work/ in the last movement of Beethoven's Fourth Symphony.//

彼はとても生き生きと 社交的に話していました ヨーヨーマやヒラリー クリントンのこと さらにはドジャースが ワールドシリーズで勝てないだろうと… それもすべて ベートーベンの交響曲第4番の 気まぐれなバイオリンの旋律が効果を上げていたからです

And we got talking/ about music,/ and I got an email/ from Steve/ a few days later saying/ that Nathaniel was interested/ in a violin lesson/ with me.//

その後何日かして スティーブからメールをもらい ナサニエルが私のバイオリンレッスンを受けたがっていると聞きました

Now,/ I should mention/ that Nathaniel refuses treatment/ because/ when he was treated it was with shock therapy and Thorazine and handcuffs,/ and/ that scar has stayed with him/ for his entire life.//

ひとつ申し上げておくと 彼は治療を拒んでいました 彼が以前治療を受けたとき それはショック療法と ソラジン(抗精神病薬)と 手錠を使うものでした そしてその傷を その後ずっと引きずることになったのです

But as a result now,/ he is prone/ to these schizophrenic episodes,/ the worst of which can manifest themselves/ as him/ exploding/ and then/ disappearing for days,/ wandering the streets of Skid Row,/ exposed to its horrors,/ with the torment of his own mind unleashed/ upon him.//

そのため統合失調症の 発作を起こしがちでした 最悪の発作が起こると 彼は暴発し その後何日も姿を消し スキッドロウの通りをさまよい歩き 絶えず恐怖にさらされ 彼の心の中の苦痛がそのまま 外に現れ出ました

And Nathaniel was in such a state of agitation/ when we started our first lesson/ at Walt Disney Concert Hall --/ he had a kind of manic glint/ in his eyes,/ he was lost.//

私たちがディズニー ホールで最初のレッスンを始めた時 彼はそのような興奮状態にありました 目は不自然な光りをたたえ 心を失っていました

And he was talking about invisible demons and smoke,/ and how someone was poisoning him/ in his sleep.//

見えない悪魔や 煙や 眠っている間に毒を盛られたという話をしていました

And I was afraid, not for myself,/ but I was afraid/ that I was going to lose/ him,/ that he was going to sink/ into one of his states,/ and/ that I would ruin his relationship/ with the violin/ if I started talking/ about scales and arpeggios and other exciting forms of didactic violin pedagogy.//

私は怖れました 自分のことではありません 彼を失ってしまうかもしれないと怖れたのです 彼の状態は悪化しつつあり もし私がそこで音階やらアルペジオみたいなものを 説教じみた教授法で教え始めたら きっと彼のバイオリンとの関係を 壊してしまうと思いました

(Laughter) So,/ I just started playing.//

(笑) それで直ぐさま弾き始めることにしました

And I played the first movement of the Beethoven Violin Concerto.//

ベートーベンのバイオリン協奏曲の第1楽章を弾きました

And/ as I played,/ I understood/ that there was a profound change/ occurring in Nathaniel's eyes.//

弾きながら ナサニエルの目にはっきりした変化が 現れるのがわかりました

It was/ as if he was in the grip of some invisible pharmaceutical,/ a chemical reaction,/ for which my/ playing the music was its catalyst.//

私の演奏した音楽が契機となって 何か目に見えない薬のような化学反応が 起きたかのようでした

And Nathaniel's manic rage was transformed into understanding,/ a quiet curiosity and grace.//

ナサニエルの病的な怒りは 理解と 落ち着いた興味と 品の良さに置き換わりました

And in a miracle,/ he lifted his own violin/ and he started playing,/ by ear,/ certain snippets of violin concertos/ which he then asked me/ to complete --/ Mendelssohn,/ Tchaikovsky,/ Sibelius.//

そして奇跡のように 自分のバイオリンを取り上げた彼は 聞き覚えているバイオリン協奏曲の断片を弾き始め 私に直してくれるように頼みました メンデルスゾーンに チャイコフスキーに シベリウスを弾きました

And we started talking/ about music,/ from Bach/ to Beethoven and Brahms,/ Bruckner,/ all the B's,/ from Bartok,/ all the way/ up/ to Esa-Pekka Salonen.//

それから音楽について話しました バッハ、ベートーベン、ブラームス、ブルックナー バルトークからエサ=ペッカ サロネンまで Bで始まる作曲家ばかり取り上げました

And I understood/ that he not only had an encyclopedic knowledge of music,/ but he related to this music/ at a personal level.//

彼は百科事典的な 音楽の知識を持つばかりでなく 私的なレベルで音楽と深く結び付いているのがわかりました

He spoke about it/ with the kind of passion and understanding/ that I share with my colleagues/ in the Los Angeles Philharmonic.//

彼は情熱と理解をもって音楽を語っており それは私がオケの仲間達と 共有しているものと変わりません

And/ through playing music/ and talking about music,/ this man had transformed from the paranoid,/ disturbed man/ that had just come from walking the streets of downtown Los Angeles/ to the charming,/ erudite,/ brilliant, Juilliard-trained musician.//

そして音楽を演奏し 音楽について語るうちに 彼は違う人間になっていました ロスのダウンタウンの路上から やってきたばかりの 偏執的な精神障害者から 魅力的で博識な ジュリアードの教育を受けた素晴らしい音楽家へと変わっていたのです

Music is medicine.// Music changes us.//

音楽は薬です 音楽は私たちを変えます

And for Nathaniel,/ music is sanity.//

ナサニエルには 心を取り戻してくれるものです

Because music allows him/ to take his thoughts and delusions/ and shape them/ through his imagination and his creativity,/ into reality.//

音楽は彼の思考と 妄想を取り出して 想像力とクリエイティビティを通じて 現実の形にするのです

And that is an escape/ from his tormented state.//

それが彼を 苛まれた状態から解放します

And I understood/ that this was the very essence of art.//

私はこれこそ芸術の本質なのだと思います

This was the very reason/ why we made music,/ that we take something/ that exists within all of us/ at our very fundamental core,/ our emotions, and/ through our artistic lens,/ through our creativity,/ we're able/ to shape those emotions/ into reality.//

これこそ私たちが音楽を作る理由です 私たちみんなの中にある とても基本的なもの 感情を取り出し 芸術のレンズを通し クリエイティビティを通して その感情を現実の形へと変えるのです

And the reality of that expression reaches all of us/ and moves us,/ inspires and unites us.//

そしてその表現のリアリティが 私たちみんなに伝わり 感動させ 触発し 私たちを1つにするのです

And for Nathaniel,/ music brought him back/ into a fold of friends.//

ナサニエルにとっては 音楽は友達の元へと引き戻してくれるものでもあります

The redemptive power of music brought him back/ into a family of musicians/ that understood him,/ that recognized his talents/ and respected him.//

音楽の救いの力が 彼を理解し 才能を認め 敬意を払ってくれる 音楽家仲間の元へと 彼を連れ戻したのです

And I will always make music/ with Nathaniel,/ whether we're at Walt Disney Concert Hall/ or/ on Skid Row,/ because he reminds me/ why I became a musician.//

私はいつだってナサニエルと一緒に音楽を奏でるでしょう そこがディズニー ホールだろうと スキッドロウだろうと 彼は私に なぜ自分が音楽家になったのかを思い出させてくれるからです

Thank you.//

どうもありがとうございました

(拍手)

Bruno Giussani:/ Thank you.// Thanks.//

どうもありがとう どうも

Robert Gupta.//

ロバート グプタでした

(拍手)

Robert Gupta:/ I'm going to play/ something/ that I shamelessly stole from cellists.//

恥ずかしげもなくチェリスト達から盗んだ曲を弾かせていただきます

So,/ please forgive me.//

どうぞご容赦ください

(Laughter) (Music) (Applause)//

(笑) (音楽) (拍手)

Los Angeles

『ロサンゼルス』(米国California州南部の都市;《略》『L.A.』)

times

…掛ける

columnist

(新聞・雑誌などの)コラムニスト,特約寄稿家

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

downtown

(都市の中心の)商業地区へ(で),町の中心街へ(で)

商業地区の(にある),町の中心街の(にある)

(市の中心街をなす)商業地区,下町

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

charming

『魅力的な』,美しい;楽しい

homeless

家のない

violin

『バイオリン』

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

column

(柱頭・台座のついた)『円柱』

(…の)『円柱状の物』,柱《+『of』+『名』》

(新聞などの)『欄』,段;(積み重ねた数字の)縦行;(印刷の)縦段

コラム(署名した筆者による定期的寄稿欄)

(軍隊の)縦隊;(艦船・飛行機などの)縦列

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

bassist

低音楽器(特に,ダブルベース)の奏者

promising

『前途有望な』,見込みのある,期待できる

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

affliction

(心身の)苦悩,難儀

苦悩(悩み)を引き起こすもの

paranoid

偏執病患者の,偏執病患者のような

偏執病患者

schizophrenia

精神分裂症

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

breakdown

(列車・機械などの)故障,破損

病気で倒れること,衰弱

分析

skid row

どや街(浮浪者などの集まる場所)

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

ultimately

最後に,ついに

instrumental

役立つ;(…をするのに)役立つ《+『in』 do『ing』》

楽器の,器楽の

pardon

〈罪・過失など〉'を'『許す』,〈質問・妨害など〉'を'大目に見る;〈人〉'を'許す

〈刑罰〉‘を'免除する,軽減する

〈U〉〈C〉(…を)許すこと,容赦すること《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉恩赦,赦免

=indulgence

pun

駄じゃれ,しゃれ,語呂(ころ)合わせ

しゃれ(語呂合わせ)を言う

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

Beethoven

ベートーベン(Ludwig van~;1770‐1827;ドイツの作曲家)

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

symphony

『交響楽』,シンフォニー

=symphony orchestra

backstage

舞台裏で,楽屋で

内密に,ひそかに

舞台裏の,舞台裏で行われる

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

jovial

陽気な,愉快な,快活な

gregarious

(動物が)群居性の;(植物が)群生の

社交的な,社交好きの

ma

《M-》《話》おかあちゃん(mamma)

dodger

《話》責任逃れをする人,ずるい人

《おもに米》(とうもろこしの粉で作った)堅焼きパン,揚げケーキ

《おもに米》ちらし,広告ビラ

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

treacherous

『裏切る』,反逆の

あてにならない,頼りにならない

危険な

first violin

(菅弦楽・室内楽の)第一バイオリン[奏者]

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

shock therapy

ショック療法(精神病治療法の一種)

handcuff

手錠

…‘に'手錠を掛ける

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

prone

《補語にのみ用いて》傾向がある

うつぶせの,平伏した

schizophrenic

精神分裂症の

精神分裂症患者

episode

挿話的なでき事(人生の特殊な経験など)

(小説・劇などの中の本筋と直接関係のない)挿話的な事件

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

manifest

『明白な』,はっきりした(clear)

…‘を'『はっきり表す』(『示す』),表明する・(税関に提出するための船・飛行機の)積み荷目録;乗客名簿・宣言・声明書・檄文・特に,共産党宣言・政策綱領(イギリスの選挙で政党から公表されるもので,具体性を欠く選挙スローガンや公約と異なり,政策の数値目標,実施期限,財源などを明示する)

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

explode

〈火薬など爆発物が〉『爆発する』,破裂する

(怒り・笑いなどで)〈人が〉爆発する《+『with』(『in』)+『名』》

〈人口などが〉急激に増す

〈物〉‘を'破裂させる;〈火薬など〉‘を'爆発させる

〈習慣・迷信・学説など〉‘を'くつがえす,‘が'誤りであることを証明する

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

torment

〈痛み・悩みなどが〉(精神的・肉体的に)〈人〉‘を'『苦しめる』

(…で)…‘を'悩ませる,困らせる《+名+with+名》,(…して)…‘を'困らせる《+名+by doing》

〈U〉《時に複数形で》『激しい苦痛(苦悩)』

〈C〉悩みの種

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

upon

『…の上に』

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

agitation

〈U〉(激しく)ゆり動かすこと,かき混ぜること

〈U〉(心の)動揺

〈C〉〈U〉扇動,アジ

manic

躁病(そうびょう)の,躁病にかかっている

glint

きらり(ぴかり)と光る

きらめき,きらりとした光

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

lost

loseの過去・渦去分詞

『失った』,なくなった,紛失した

『負けた』;(賞などを)取りそこなった

(時間・労力などが)『浪費された』・破壊された(destroyed)

《補語にのみ用いて》(…に)夢中になった,没頭した《+『in』+『名』》

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

demon

悪霊;悪魔

悪魔(鬼)のように残酷な人;(悪などの)権化

《話》(超人的な)精力家,名人,鬼才

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

poison

『毒』毒薬

(…に)害になるもの,害毒《+『to』+『名』》;《俗》酒

〈人・動物など〉‘を'『毒殺する』;…‘に'毒を入れる

…‘を'毒する,汚染する

(精神的に)…‘を'だめにする,害する

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

sink

(水平面下に)〈船・太陽などが〉『沈む』・(…に)『下降する』,落ちる《+『into』(『to』)+『名』》・『量』(『勢い』,『程度など』)『が減る』,弱まる,下がる・〈健康・士気・名声・地位などが〉悪化する,衰える,下がる・(…の状態に)次第に落ち込む,陥る《+『in』(『into』)+『名』(do『ing』)》・(…に)深く入る,しみ込む《+『in』(『into』)+『名』》・〈船など〉‘を'『沈める』・…‘の'水平面の高さを下げる,‘を'低くする・(…まで)…‘の'『量(勢い,程度)を減らす』,‘を'弱める《+『名』+『to』+『名』》・〈井戸・穴など〉‘を'掘る・(…に)…‘を'沈み込ませる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》・(…に)〈資本・労力など〉‘を'投ずる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

…‘を'隠す;…‘を'無視する・《話》《しばしば受動態で》…‘を'だめにする,滅ぼす;失う・(バスケットボールで)〈球〉‘を'バスケットに入れる・(ゴルフで)〈球〉‘を'ホールに入れる・(台所・洗濯場・洗面所などの)『流し』・《米》洗面器(washbasin, washbowl) ・下水溝,下水だめ

ruin

〈U〉(…の)『破滅』,崩壊,没落;破産《+『of』+『名』》

〈C〉崩壊(荒廃)した物,残がい;《複数形で》『廃墟』(はいきょ)

《単数形で》破滅(崩壊)させるもの(原因)

…‘を'『波滅させる』,崩壊させる,荒壊させる,〈人・会社など〉‘を'破産させる

…‘を'台なしにする,だめにする

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

arpeggio

アルペジオ(同一和音に属する各音を連続急速に演奏すること)

exciting

(物事が)『興奮させる』

didactic

教訓的な

説教好きの

pedagogy

教育学,教授法

教育,教授

laughter

『笑い』,笑い声

concerto

協奏曲・コンチェルト

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

grip

《単数形で》(…を)『しっかり握る』(『つかむ』)『こと』《+『on』+『名』》

(特にスポーツ用具などの)握り方;握力

(…に対する)支配力,制御力《+『on』+『名』》

《単数形で》(…に対する)『理解力』《+『on』(『of』)+『名』》

(道具・機械などの)『握り』,取っ手,柄

《おもに米》小型の手さげ旅行かばん

=grippe

…‘を'『しっかりつかむ』(『握る』)

〈人・物・事が〉〈人・関心・注意など〉‘を'つかむ,引きつける

〈人が〉〈意味・要点など〉‘を'つかむ,理解する

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

catalyst

触媒[剤]

rage

〈U〉〈C〉『激怒』,憤激

〈U〉〈C〉《おもに文》(風・波などの)『猛威』,激しさ《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情・欲望などの)激しさ,強烈さ《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)熱望,熱情《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《話》(一時的に)『大流行しているもの』

(…に)『激怒する』,憤激する《+『against』(『about,at,over』)+『名』(do『ing』)》

〈風・波などが〉『荒れ狂う』,猛威をふるう

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

snippet

切れ端;断片,小片

《複数形で》わずかな情報(ニュース)

Mendelssohn

メンデルスゾーン(『Felix』 ~;1809‐47;ドイツの作曲家)

Tchaikovsky

チャイコフスキー

Bach

ハッハ(『Johann Sebastian』~;1685‐1750;ドイツの作曲家)

Brahms

ブラームス(Johannes Brahms;1833‐97;ドイツの作曲家)

encyclopedic

百科事典的な;博学の

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

philharmonic

音楽を愛する

音楽協会の;交響楽団の

交響楽団;音楽協会;(音楽協会の催す)音楽会

disturbed

神経症の,いらいらした,不安な

erudite

(人が)学識のある,博学な;(書物・論文などが)学識の深さを示す

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

sanity

正気,気の確かさ;

(考え方・判断などの)健全さ,穏健さ《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

delusion

〈U〉〈C〉思い違い;錯覚;誤った考え;(…という)思い違い《+『that節』》

〈U〉余わすこと,だますこと;だまされること

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

creativity

独創性

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

essence

〈U〉(…の)『本質』,真髄《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(植物・薬物などから抽出された)精,エキス《+『of』+『名』》

〈U〉香水(perfume)

〈U〉本質,実在;〈C〉(特に)霊的実在

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

unite

…‘を'『結合させる』,一つにする

(結婚によって)…‘を'結びつける《+名+in+名》

〈性質・才能などを〉兼ね備える,あわせ持つ

結合する

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

redemptive

(特にキリスト教で)償いの,罪を償う

買い戻しの,身請けの

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

applause

『拍手かっさい』;称賛

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

stole

ストール(牧師が肩からたらす絹のけさ)

(婦人用の)肩掛け,ストール

cellist

チェロ奏者

forgive

〈人・罪など〉‘を'『許す』,大目に見る

〈義務など〉‘を'免除する

許す

関連動画