TED日本語 - テルマ・ゴールデン: 芸術による文化の変革

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ハーレムにあるスタジオ美術館で学芸員をしているテルマ・ゴールデンが、最近行った3つの展覧会を例に、芸術がどのように文化を再定義していくのかを語ります。彼女が関わった「黒人差別後」のアーティスト達は、自分達の作品を使って、人種と文化そして芸術の意味そのものについての新しい対話の機会を生み出しています。

Script

脚本家のエイドリアン ケネディーは 「私の劇の役者達」という 本を書きました 私が本を書くとしたら タイトルはおそらく 「私の展覧会の芸術家達」 私の仕事である 芸術と文化を理解するには 芸術家達に寄り添い その活動の意図や個性に 注目する必要があります ジェイ ジェイの「グッド タイムズ」 (拍手) みなさんには「ダイ ノ マイト」で おなじみかもしれませんが 彼はゴールデン タイムの TVに最初に出演した 黒人アーティストなのです ジャン ミシェル バスキアは リアルタイムで 私に芸術の持つ可能性を 示してくれた 最初の黒人アーティストです

私が主に対象とするのは 黒人アーティストですが 彼らを通じて 芸術がどのように 文化や自分に対する見方を 変える方法を探っています 私が興味を持つのは 歴史を踏まえ 新たにするべく 時代を超えて残る 芸術という世界で 自らを顧みつつ 私達が見て理解すべき 新たな場所を創った人々です 学芸員としてこれから話すことは グレン ライゴンや キャロル ウォーカーの様な 芸術家から思いつきました そもそも私は一体どうしたら 芸術史や世界史の中で 新しい物語を 作り出せるかに 興味がありました そのために私は 芸術家の作品の作り方を見て 彼らの創作現場を 実験室と理解しました そこから考えると 美術館は知識の集積場 そして展覧会は 質問を投げかけ その答えを探し考えるための 白紙の解答用紙なのです

1994年に行った ホイットニー美術館での 「黒人男性」という展覧会は 米国の現代芸術で 人種と性別の交わりを 表現するものでした 展覧会の目的は 芸術表現によって たくさんの争点を持つ 難しいテーマに関する 対話の場を生み出し 美術館でその考えを 競わせることでした この展覧会では 年齢も人種も違う 20人以上の芸術家が 「黒人男性らしさ」を 特定の視点から探りました この展覧会で重要なことは 私が学芸員として そしてつなぎ役として この対話において 果たした役割です 展覧会の最中に 非常にはっきりと 感じたのは 人はイメージに頼って 物事を理解するということです

右がレオン ゴラブ 左がロバート コールスコット この展覧会で 激しい議論を重ねて 芸術の可能性に対する 私の考えは 完全に変わりました 展覧会場で ある女性が 強烈なイメージによって 相手を理解した気になるのを 心配していました 彼女は 左の絵を指して こちらの絵は 今までの 黒人のイメージを描いていて 問題があると思うが 右は メディアで語られてきた イメージに抵抗する 自尊心が感じられる いい作品だと私に言い 自信を持って 作者の人種は 右の作品が 黒人アーティストで 左が白人だと 答えましたが 実際は正反対 ボブは黒人で レオンは白人です その場所で その時に そう言われた私が 知りたくなったのは 伝えたいイメージが 実際どのように伝わるのか 芸術家はどのように 私達が日常からは 想像できない空間を イメージによって創るのかです

私が今いるハーレムは 米国に住む多くの黒人にとって 「黒人らしい」生活ができる 心の故郷であり ハーレム ルネッサンスの地でした またハーレムは 今世紀におけるあり方を探って 過去や未来も見つめています ハーレムが面白いのは 他の都市とは違い 過去と現在と未来を 同時進行で考えていることです ハーレムの今を語るには 過去や未来の話がつき物なのです そう考えていた時に 思いついた疑問が 美術館が 地域のつなぎ役として 地域社会に自らを再認識させる 変化の担い手となる芸術家に 場所を提供できないかです 1月20日のハーレムです とても素晴らしい日でした

現在私はハーレムの スタジオ美術館で展覧会をし 芸術の可能性を発見する意味を 考えています 皆さんはどう思いますか 皆さんと同じような環境で 異文化との対話や 創造的革新的な考えの中で 芸術家が創作できるとしたら? 私はそういう形の支援を目指して 若い黒人の芸術家と仕事をしています 芸術家の仕事は 素晴らしい作品を作る他に 真のつなぎ役をすることです

私の取り組みを語る上で 歴史に触れる事は重要で スタジオ美術館の 1968年の開館は 歴史的な瞬間でした その後の出来事も考慮した上で 現在の私達の特権的な立場を 考えてみましょう そしてこの美術館は 公民権運動が盛んな時代に設立され 米国の芸術史における アフリカ系米国人の 歴史と伝統の持つ意味を ジャコブ ローレンスや ロメール ベアデンの 作品を通じて探り

今日に至ったという事に 思いを馳せて下さい 1975年にモハメド アリが ハーバード大で講演をしました 講演後ある学生から 詩を作って欲しいと頼まれた彼は 「Me,We」と答えました 個人と社会の関係をとらえた 意味深い言葉です 私が芸術家と接しながら 探っているのは 今世紀における 黒人芸術運動の状況であり 現代における 文化的な運動の意味です アリの「Me,We」の言葉は 現代社会に対する 重大な予言でした

私の目標を達成するために 「自由形式」 「頻度」 「流動」の テーマで行った 一連の展覧会について お話ししましょう 展覧会の目的は 現在活躍していて 将来も期待できる 若い黒人アーティストを 発掘することでした この展覧会では特に 現代において 芸術をつなぎ役と とらえる考え方に 疑問を投げかけ 黒人文化に限らず 私達が一般的に 文化を再定義する上で 芸術の持つ意味を 探りました 私は何人かの芸術家を 「ポスト ブラック」と 呼んでいます その芸術家達は 過去の歴史を踏まえたうえで 歴史的一歩を踏み出す人達です

このような中で私が 思いついたことがあります 現在の米国の アフリカ系米国人の立場が どういうものであるのかを 芸術で表現したり みんなで こうした事を 話し合うに ふさわしい 美術館があるのかです 若い芸術家が持っている あり余るパワーを考えると とても わくわくします 芸術家の作品は 自分の心情や意見だけを 革新的な芸術表現として 反映させている ものばかりではありません より大切なことは 芸術作品が コミュニティの議論を活性化し 私達が現状や将来の状況を 理解できることです 人種というテーマが 思いがけないほど 様々な場面で 顔を出すことに いつも驚いています 芸術家達が積極的に そのテーマに取り組んでいるのも 素晴らしいことです 私が芸術に関心を持ち 疑問を投げかけ 展覧会を開くのはこのためです

この展覧会では 8年間で40人の若手作家が 他の世代の人々に 暗に伝えたい事を 深く考えました 作品が世界中を回り 広く世に出ると同時に 私達が直面している問題を 内部の人間として考えることを 芸術家はどう思うのでしょう この展覧会はまた 創造性について考え 米国の都市において どう育むかを考えました

話をまとめましょう この展覧会は私にとって 文化の言説を国際的な文脈で捉え直すためのものでした 展覧会の最後の題材は 「流動性」でした ここで念頭に置いたのは 世界中の芸術家による 本物のネットワークです ハーレムから外を見るのではなく ぐるりと世界を見渡せるように アフリカ出身の芸術家を集めました 私達にもアフリカ大陸が 21世紀に持つ意味は 分かると思います 芸術家や作品を見ると アフリカの事を考えるのです それらは将来について何を語り 私達の広い対話の中に アフリカを含めるために 芸術作品はどのような 可能性を作り出せるのかを 考えるようになりました さて 芸術作品を見て

私が発見するものは? 芸術を考えるとき 私が考えることは? 学芸員の良い所は 新しい作品に会える事や わくわくする作品に会える事 だけではありません 自分自身を発見したり 展覧会を開いて 美しさや権力や 私達自身について お互いに 話し合える場を 私が提供できる楽しさ そのために毎朝目覚めて 現代の芸術家について いろいろと考えているのです

ありがとう

The brilliant playwright, Adrienne Kennedy, wrote a volume called "People Who Led to My Plays." And if I were to write a volume, it would be called, "Artists Who Have Led My Exhibitions" because my work, in understanding art and in understanding culture, has come by following artists, by looking at what artists mean and what they do and who they are. J.J. from "Good Times," (Applause) significant to many people of course because of "Dy-no-mite," but perhaps more significant as the first, really, black artist on primetime TV. Jean-Michel Basquiat, important to me because [ he was ] the first black artist in real time that showed me the possibility of who and what I was about to enter into.

My overall project is about art -- specifically, about black artists -- very generally about the way in which art can change the way we think about culture and ourselves. My interest is in artists who understand and rewrite history, who think about themselves within the narrative of the larger world of art, but who have created new places for us to see and understand. I'm showing two artists here, Glenn Ligon and Carol Walker,two of many who really form for me the essential questions that I wanted to bring as a curator to the world. I was interested in the idea of why and how I could create a new story, a new narrative in art history and a new narrative in the world. And to do this, I knew that I had to see the way in which artists work, understand the artist's studio as a laboratory, imagine, then, reinventing the museum as a think tank and looking at the exhibition as the ultimate white paper -- asking questions, providing the space to look and to think about answers.

In 1994, when I was a curator at the Whitney Museum, I made an exhibition called Black Male. It looked at the intersection of race and gender in contemporary American art. It sought to express the ways in which art could provide a space for dialogue -- complicated dialogue, dialogue with many, many points of entry -- and how the museum could be the space for this contest of ideas. This exhibition included over 20 artists of various ages and races, but all looking at black masculinity from a very particular point of view. What was significant about this exhibition is the way in which it engaged me in my role as a curator, as a catalyst, for this dialogue. One of the things that happened very distinctly in the course of this exhibition is I was confronted with idea of how powerful images can be and people's understanding of themselves and each other.

I'm showing you two works,one on the right by Leon Golub,one on the left by Robert Colescott. And in the course of the exhibition -- which was contentious, controversial and ultimately, for me, life-changing in my sense of what art could be -- a woman came up to me on the gallery floor to express her concern about the nature of how powerful images could be and how we understood each other. And she pointed to the work on the left to tell me how problematic this image was, as it related, for her, to the idea of how black people had been represented. And she pointed to the image on the right as an example, to me, of the kind of dignity that needed to be portrayed to work against those images in the media. She then assigned these works racial identities, basically saying to me that the work on the right, clearly, was made by a black artist, the work on the left, clearly, by a white artist, when, in effect, that was the opposite case: Bob Colescott, African-American artist; Leon Golub, a white artist. The point of that for me was to say -- in that space, in that moment -- that I really, more than anything, wanted to understand how images could work, how images did work, and how artists provided a space bigger than one that we could imagine in our day-to-day lives to work through these images.

Fast-forward and I end up in Harlem; home for many of black America, very much the psychic heart of the black experience, really the place where the Harlem Renaissance existed. Harlem now, sort of explaining and thinking of itself in this part of the century, looking both backwards and forwards ... I always say Harlem is an interesting community because, unlike many other places, it thinks of itself in the past, present and the future simultaneously; no one speaks of it just in the now. It's always what it was and what it can be. And, in thinking about that, then my second project, the second question I ask is: Can a museum be a catalyst in a community? Can a museum house artists and allow them to be change agents as communities rethink themselves? This is Harlem, actually, on January 20th, thinking about itself in a very wonderful way.

So I work now at The Studio Museum in Harlem, thinking about exhibitions there, thinking about what it means to discover art's possibility. Now, what does this mean to some of you? In some cases, I know that many of you are involved in cross-cultural dialogues, you're involved in ideas of creativity and innovation. Think about the place that artists can play in that -- that is the kind of incubation and advocacy that I work towards, in working with young, black artists. Think about artists, not as content providers, though they can be brilliant at that, but, again, as real catalysts.

The Studio Museum was founded in the late 60s. And I bring this up because it's important to locate this practice in history. To look at 1968, in the incredible historic moment that it is, and think of the arc that has happened since then, to think of the possibilities that we are all privileged to stand in today and imagine that this museum that came out of a moment of great protest and one that was so much about examining the history and the legacy of important African-American artists to the history of art in this country like Jacob Lawrence, Norman Lewis, Romare Bearden.

And then, of course, to bring us to today. In 1975, Muhammad Ali gave a lecture at Harvard University. After his lecture, a student got up and said to him, "Give us a poem." And Mohammed Ali said, "Me, we." A profound statement about the individual and the community. The space in which now, in my project of discovery, of thinking about artists, of trying to define what might be black art cultural movement of the 21st century. What that might mean for cultural movements all over this moment, the "me, we" seems incredibly prescient totally important.

To this end, the specific project that has made this possible for me is a series of exhibitions, all titled with an F -- Freestyle, Frequency and Flow -- which have set out to discover and define the young, black artists working in this moment who I feel strongly will continue to work over the next many years. This series of exhibitions was made specifically to try and question the idea of what it would mean now, at this point in history, to see art as a catalyst; what it means now, at this point in history, as we define and redefine culture, black culture specifically in my case, but culture generally. I named this group of artists around an idea, which I put out there called post-black, really meant to define them as artists who came and start their work now, looking back at history but start in this moment, historically.

It is really in this sense of discovery that I have a new set of questions that I'm asking. This new set of questions is: What does it mean, right now, to be African-American in America? What can artwork say about this? Where can a museum exist as the place for us all to have this conversation? Really, most exciting about this is thinking about the energy and the excitement that young artists can bring. Their works for me are about, not always just simply about the aesthetic innovation that their minds imagine, that their visions create and put out there in the world, but more, perhaps, importantly, through the excitement of the community that they create as important voices that would allow us right now to understand our situation, as well as in the future. I am continually amazed by the way in which the subject of race can take itself in many places that we don't imagine it should be. I am always amazed by the way in which artists are willing to do that in their work. It is why I look to art. It's why I ask questions of art. It is why I make exhibitions.

Now, this exhibition, as I said,40 young artists done over the course of eight years, and for me it's about considering the implications. It's considering the implications of what this generation has to say to the rest of us. It's considering what it means for these artists to be both out in the world as their work travels, but in their communities as people who are seeing and thinking about the issues that face us. It's also about thinking about the creative spirit and nurturing it, and imagining, particularly in urban America, about the nurturing of the spirit.

Now, where, perhaps, does this end up right now? For me, it is about re-imagining this cultural discourse in an international context. So the last iteration of this project has been called Flow, with the idea now of creating a real network of artists around the world; really looking, not so much from Harlem and out, but looking across, and Flow looked at artists all born on the continent of Africa. And as many of us think about that continent and think about what if means to us all in the 21st century, I have begun that looking through artists, through artworks, and imagining what they can tell us about the future, what they tell us about our future, and what they create in their sense of offering us this great possibility of watching that continent emerge as part of our bigger dialogue. So, what do I discover

when I look at artworks? What do I think about when I think about art? I feel like the privilege I've had as a curator is not just the discovery of new works, the discovery of exciting works. But, really, it has been what I've discovered about myself and what I can offer in the space of an exhibition, to talk about beauty, to talk about power, to talk about ourselves, and to talk and speak to each other. That's what makes me get up every day and want to think about this generation of black artists and artists around the world.

Thank you. (Applause)

The brilliant playwright,/ Adrienne Kennedy,/ wrote/ a volume called "People/ Who Led to My Plays."//

脚本家のエイドリアン ケネディーは 「私の劇の役者達」という 本を書きました

And/ if I were to write/ a volume,/ it would be called,/ "Artists/ Who Have Led My Exhibitions"/ because my work,/ in understanding art/ and in understanding culture,/ has come by following artists,/ by looking at what artists mean/ and what they do/ and who they are.//

私が本を書くとしたら タイトルはおそらく 「私の展覧会の芸術家達」 私の仕事である 芸術と文化を理解するには 芸術家達に寄り添い その活動の意図や個性に 注目する必要があります

J.J./ from "Good Times,/"/ (Applause) significant/ to many people of course/ because of "Dy-no-mite,/"/ but perhaps more significant/ as the first,/ really,/ black artist/ on primetime TV.//

ジェイ ジェイの「グッド タイムズ」 (拍手) みなさんには「ダイ ノ マイト」で おなじみかもしれませんが 彼はゴールデン タイムの TVに最初に出演した 黒人アーティストなのです

Jean-Michel Basquiat,/ important/ to me/ because [ he was ]/ the first black artist/ in real time/ that showed me/ the possibility of who and what I was/ about to enter into.//

ジャン ミシェル バスキアは リアルタイムで 私に芸術の持つ可能性を 示してくれた 最初の黒人アーティストです

My overall project is about art --/ specifically,/ about black artists --/ very generally/ about the way/ in which art can change the way/ we think about culture/ and ourselves.//

私が主に対象とするのは 黒人アーティストですが 彼らを通じて 芸術がどのように 文化や自分に対する見方を 変える方法を探っています

My interest is in artists/ who understand and rewrite history,/ who think about themselves/ within the narrative of the larger world of art,/ but who have created new places/ for us/ to see and understand.//

私が興味を持つのは 歴史を踏まえ 新たにするべく 時代を超えて残る 芸術という世界で 自らを顧みつつ 私達が見て理解すべき 新たな場所を創った人々です

I'm showing/ two artists here,/ Glenn Ligon and Carol Walker,/two of many/ who really form for me/ the essential questions/ that I wanted to bring/ as a curator/ to the world.//

学芸員としてこれから話すことは グレン ライゴンや キャロル ウォーカーの様な 芸術家から思いつきました

I was interested/ in the idea of why and how/ I could create a new story,/ a new narrative/ in art history and a new narrative/ in the world.//

そもそも私は一体どうしたら 芸術史や世界史の中で 新しい物語を 作り出せるかに 興味がありました

And to do this,/ I knew/ that I had to see/ the way/ in which artists work,/ understand the artist's studio/ as a laboratory,/ imagine,/ then,/ reinventing the museum/ as a think tank/ and looking at the exhibition/ as the ultimate white paper --/ asking questions,/ providing the space to look/ and to think about answers.//

そのために私は 芸術家の作品の作り方を見て 彼らの創作現場を 実験室と理解しました そこから考えると 美術館は知識の集積場 そして展覧会は 質問を投げかけ その答えを探し考えるための 白紙の解答用紙なのです

In 1994,/ when I was a curator/ at the Whitney Museum,/ I made/ an exhibition called Black Male.//

1994年に行った ホイットニー美術館での 「黒人男性」という展覧会は

It looked at the intersection of race and gender/ in contemporary American art.//

米国の現代芸術で 人種と性別の交わりを 表現するものでした

It sought to express/ the ways/ in which art could provide a space/ for dialogue --/ complicated dialogue,/ dialogue/ with many, many points of entry --/ and how the museum could be the space/ for this contest of ideas.//

展覧会の目的は 芸術表現によって たくさんの争点を持つ 難しいテーマに関する 対話の場を生み出し 美術館でその考えを 競わせることでした

This exhibition included over 20 artists of various ages and races,/ but all/ looking at black masculinity/ from a very particular point of view.//

この展覧会では 年齢も人種も違う 20人以上の芸術家が 「黒人男性らしさ」を 特定の視点から探りました

What was significant/ about this exhibition is the way/ in which it engaged me/ in my role/ as a curator,/ as a catalyst,/ for this dialogue.//

この展覧会で重要なことは 私が学芸員として そしてつなぎ役として この対話において 果たした役割です

One of the things/ that happened very distinctly/ in the course of this exhibition is I was confronted with idea of how powerful images can be and people's understanding of themselves and each other.//

展覧会の最中に 非常にはっきりと 感じたのは 人はイメージに頼って 物事を理解するということです

I'm showing/ you/ two works,/one/ on the right/ by Leon Golub,/one/ on the left/ by Robert Colescott.//

右がレオン ゴラブ 左がロバート コールスコット

And/ in the course of the exhibition --/ which was contentious,/ controversial/ and ultimately,/ for me,/ life-changing/ in my sense of what art could be --/ a woman came up/ to me/ on the gallery floor/ to express her concern/ about the nature of how powerful images could be/ and how we understood each other.//

この展覧会で 激しい議論を重ねて 芸術の可能性に対する 私の考えは 完全に変わりました 展覧会場で ある女性が 強烈なイメージによって 相手を理解した気になるのを 心配していました

And she pointed to the work/ on the left/ to tell me how problematic/ this image was,/ as it related,/ for her,/ to the idea of how black people had been represented.//

彼女は 左の絵を指して こちらの絵は 今までの 黒人のイメージを描いていて 問題があると思うが

And she pointed to the image/ on the right/ as an example,/ to me,/ of the kind of dignity/ that needed to be portrayed to work/ against those images/ in the media.//

右は メディアで語られてきた イメージに抵抗する 自尊心が感じられる いい作品だと私に言い

She then assigned these works/ racial identities,/ basically saying/ to me/ that the work/ on the right,/ clearly,/ was made by a black artist,/ the work/ on the left,/ clearly,/ by a white artist,/ when,/ in effect,/ that was the opposite case:/ Bob Colescott,/ African-American artist;/ Leon Golub,/ a white artist.//

自信を持って 作者の人種は 右の作品が 黒人アーティストで 左が白人だと 答えましたが 実際は正反対 ボブは黒人で レオンは白人です

The point of that/ for me was to say --/ in that space,/ in that moment --/ that I really,/ more/ than anything,/ wanted to understand/ how images could work,/ how images did work,/ and how artists provided a space bigger/ than one/ that we could imagine in our day-to-day lives/ to work through these images.//

その場所で その時に そう言われた私が 知りたくなったのは 伝えたいイメージが 実際どのように伝わるのか 芸術家はどのように 私達が日常からは 想像できない空間を イメージによって創るのかです

Fast-forward/ and I end up/ in Harlem;/ home/ for many of black America,/ very much/ the psychic heart of the black experience,/ really/ the place/ where the Harlem Renaissance existed.//

私が今いるハーレムは 米国に住む多くの黒人にとって 「黒人らしい」生活ができる 心の故郷であり ハーレム ルネッサンスの地でした

Harlem now,/ sort of explaining and thinking of itself/ in this part of the century,/ looking both backwards and forwards ...//

またハーレムは 今世紀におけるあり方を探って 過去や未来も見つめています

I always say/ Harlem is an interesting community/ because,/ unlike many other places,/ it thinks of itself/ in the past,/ present/ and the future simultaneously;/ no one speaks of it just/ in the now.//

ハーレムが面白いのは 他の都市とは違い 過去と現在と未来を 同時進行で考えていることです ハーレムの今を語るには

It's always/ what it was/ and what it can be.//

過去や未来の話がつき物なのです

And,/ in thinking about that,/ then/ my second project,/ the second question I ask is:/ Can a museum be a catalyst in a community?//

そう考えていた時に 思いついた疑問が

Can a museum house artists/ and allow them/ to be change agents/ as communities rethink themselves?//

美術館が 地域のつなぎ役として 地域社会に自らを再認識させる 変化の担い手となる芸術家に 場所を提供できないかです

This is Harlem,/ actually,/ on January 20th,/ thinking about itself/ in a very wonderful way.//

1月20日のハーレムです とても素晴らしい日でした

So I work now/ at The Studio Museum/ in Harlem,/ thinking about exhibitions there,/ thinking about what it means to discover/ art's possibility.//

現在私はハーレムの スタジオ美術館で展覧会をし 芸術の可能性を発見する意味を 考えています

Now,/ what does this mean/ to some of you?//

皆さんはどう思いますか

In some cases,/ I know/ that many of you are involved in cross-cultural dialogues,/ you're involved/ in ideas of creativity and innovation.//

皆さんと同じような環境で 異文化との対話や 創造的革新的な考えの中で

Think about the place/ that artists can play in that --/ that is the kind of incubation and advocacy/ that I work towards,/ in working with young, black artists.//

芸術家が創作できるとしたら? 私はそういう形の支援を目指して 若い黒人の芸術家と仕事をしています

Think about artists, not as content providers,/ though they can be brilliant/ at that,/ but,/ again,/ as real catalysts.//

芸術家の仕事は 素晴らしい作品を作る他に 真のつなぎ役をすることです

The Studio Museum was founded in the late 60s.//

私の取り組みを語る上で

And I bring this up/ because it's important/ to locate this practice/ in history.//

歴史に触れる事は重要で スタジオ美術館の

To look at 1968,/ in the incredible historic moment/ that it is,/ and think of the arc/ that has happened since then,/ to think of the possibilities/ that we are all privileged to stand in today and imagine/ that this museum/ that came out of a moment of great protest/ and one/ that was so much/ about examining the history and the legacy of important African-American artists/ to the history of art/ in this country/ like Jacob Lawrence,/ Norman Lewis,/ Romare Bearden.//

1968年の開館は 歴史的な瞬間でした その後の出来事も考慮した上で 現在の私達の特権的な立場を 考えてみましょう そしてこの美術館は 公民権運動が盛んな時代に設立され 米国の芸術史における アフリカ系米国人の 歴史と伝統の持つ意味を ジャコブ ローレンスや ロメール ベアデンの 作品を通じて探り

And then,/ of course,/ to bring us to today.//

今日に至ったという事に 思いを馳せて下さい

In 1975,/ Muhammad Ali gave a lecture/ at Harvard University.//

1975年にモハメド アリが ハーバード大で講演をしました

After his lecture,/ a student got up/ and said to him,/ "Give us/ a poem."//

講演後ある学生から 詩を作って欲しいと頼まれた彼は

And Mohammed Ali said,/ "Me,/ we."//

「Me,We」と答えました

A profound statement/ about the individual and the community.//

個人と社会の関係をとらえた

The space/ in which now,/ in my project of discovery,/ of thinking about artists,/ of trying to define/ what might be black art cultural movement of the 21st century.//

意味深い言葉です 私が芸術家と接しながら 探っているのは 今世紀における 黒人芸術運動の状況であり

What/ that might mean for cultural movements all/ over this moment,/ the "me,/ we"/ seems incredibly prescient totally important.//

現代における 文化的な運動の意味です アリの「Me,We」の言葉は 現代社会に対する 重大な予言でした

To this end,/ the specific project/ that has made this possible/ for me is a series of exhibitions,/ all titled with an F --/ Freestyle, Frequency and Flow --/ which have set out/ to discover and define the young, black artists/ working in this moment/ who I feel/ strongly will continue to work/ over the next many years.//

私の目標を達成するために 「自由形式」 「頻度」 「流動」の テーマで行った 一連の展覧会について お話ししましょう 展覧会の目的は 現在活躍していて 将来も期待できる 若い黒人アーティストを 発掘することでした

This series of exhibitions was made specifically/ to try and question the idea of what it would mean now,/ at this point/ in history,/ to see art/ as a catalyst;/ what it means now,/ at this point/ in history,/ as we define and redefine culture,/ black culture specifically/ in my case,/ but culture generally.//

この展覧会では特に 現代において 芸術をつなぎ役と とらえる考え方に 疑問を投げかけ 黒人文化に限らず 私達が一般的に 文化を再定義する上で 芸術の持つ意味を 探りました

I named this group of artists/ around an idea,/ which I put out/ there called post-black,/ really meant to define/ them/ as artists/ who came and start their work now,/ looking back/ at history/ but start in this moment,/ historically.//

私は何人かの芸術家を 「ポスト ブラック」と 呼んでいます その芸術家達は 過去の歴史を踏まえたうえで 歴史的一歩を踏み出す人達です

It is really in this sense of discovery/ that I have a new set of questions/ that I'm asking.//

このような中で私が 思いついたことがあります

This new set of questions is:/ What does it mean,/ right now,/ to be African-American in America?//

現在の米国の アフリカ系米国人の立場が どういうものであるのかを

What can artwork say about this?//

芸術で表現したり

Where can a museum exist/ as the place/ for us/ all to have this conversation?//

みんなで こうした事を 話し合うに ふさわしい 美術館があるのかです

Really,/ most exciting/ about this is thinking about the energy/ and the excitement/ that young artists can bring.//

若い芸術家が持っている あり余るパワーを考えると とても わくわくします

Their works/ for me are about,/ not always just simply/ about the aesthetic innovation/ that their minds imagine,/ that their visions create/ and put out/ there/ in the world,/ but more,/ perhaps,/ importantly,/ through the excitement of the community/ that they create as important voices/ that would allow us right now/ to understand our situation,/ as well as/ in the future.//

芸術家の作品は 自分の心情や意見だけを 革新的な芸術表現として 反映させている ものばかりではありません より大切なことは 芸術作品が コミュニティの議論を活性化し 私達が現状や将来の状況を 理解できることです

I am continually amazed by the way/ in which the subject of race can take itself/ in many places/ that we don't imagine it should be.//

人種というテーマが 思いがけないほど 様々な場面で 顔を出すことに いつも驚いています

I am always amazed by the way/ in which artists are willing/ to do that/ in their work.//

芸術家達が積極的に そのテーマに取り組んでいるのも 素晴らしいことです

It is/ why I look to art.//

私が芸術に関心を持ち

It's/ why I ask questions of art.//

疑問を投げかけ

It is/ why I make exhibitions.//

展覧会を開くのはこのためです

Now,/ this exhibition,/ as I said,/40 young artists done over the course of eight years,/ and for me/ it's about considering the implications.//

この展覧会では 8年間で40人の若手作家が 他の世代の人々に

It's considering the implications of what this generation has to say/ to the rest of us.//

暗に伝えたい事を 深く考えました

It's considering/ what it means for these artists/ to be both out/ in the world/ as their work travels,/ but in their communities/ as people/ who are seeing/ and thinking about the issues/ that face us.//

作品が世界中を回り 広く世に出ると同時に 私達が直面している問題を 内部の人間として考えることを 芸術家はどう思うのでしょう

It's also/ about thinking about the creative spirit/ and nurturing it,/ and imagining,/ particularly/ in urban America,/ about the nurturing of the spirit.//

この展覧会はまた 創造性について考え 米国の都市において どう育むかを考えました

Now,/ where,/ perhaps,/ does this end up right now?//

話をまとめましょう

For me,/ it is about re-imagining this cultural discourse/ in an international context.//

この展覧会は私にとって 文化の言説を国際的な文脈で捉え直すためのものでした

So the last iteration of this project has been called Flow,/ with the idea now of creating a real network of artists/ around the world;/ really looking,/ not so much/ from Harlem/ and out,/ but looking across,/ and Flow looked at artists all born on the continent of Africa.//

展覧会の最後の題材は 「流動性」でした ここで念頭に置いたのは 世界中の芸術家による 本物のネットワークです ハーレムから外を見るのではなく ぐるりと世界を見渡せるように アフリカ出身の芸術家を集めました

And as many of us think about that continent/ and think about what if means/ to us/ all/ in the 21st century,/ I have begun/ that looking through artists,/ through artworks,/ and imagining/ what they can tell us/ about the future,/ what they tell us/ about our future,/ and what they create in their sense of offering us/ this great possibility of watching that continent emerge as part of our bigger dialogue.//

私達にもアフリカ大陸が 21世紀に持つ意味は 分かると思います 芸術家や作品を見ると アフリカの事を考えるのです それらは将来について何を語り 私達の広い対話の中に アフリカを含めるために 芸術作品はどのような 可能性を作り出せるのかを 考えるようになりました

So,/ what do/ I discover//

さて 芸術作品を見て

when I look at artworks?//

私が発見するものは?

What do I think about when I think about art?//

芸術を考えるとき 私が考えることは?

I feel like the privilege/ I've had as a curator is not just the discovery of new works,/ the discovery of exciting works.//

学芸員の良い所は 新しい作品に会える事や わくわくする作品に会える事

But,/ really,/ it has been/ what I've discovered about myself/ and what I can offer in the space of an exhibition,/ to talk about beauty,/ to talk about power,/ to talk about ourselves,/ and to talk and speak to each other.//

だけではありません 自分自身を発見したり 展覧会を開いて 美しさや権力や 私達自身について お互いに 話し合える場を 私が提供できる楽しさ

That's/ what makes me get up/ every day/ and want to think/ about this generation of black artists and artists/ around the world.//

そのために毎朝目覚めて 現代の芸術家について いろいろと考えているのです

Thank you.// (Applause)//

ありがとう

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

playwright

劇作家,脚本家(dramatist)

Kennedy

ケネディー(『John Fitzgerald~』;1917‐63;米国第35代大統領(1961‐63);Dallasで暗殺される)

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

times

…掛ける

applause

『拍手かっさい』;称賛

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

primetime

(テレビ・ラジオの)ゴールデンアワー

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

rewrite

…‘を'『書き直す』

《米》〈記者からの報告〉‘を'新聞比事に書き直す

書き直されたもの

《米》(書き直された)記事

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

narrative

〈C〉〈U〉『物語』,話(story)

〈U〉話術,語り口

『物語の』

手術の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

carol

祝いの歌,喜びの歌,賛歌

祝歌を歌う

楽しく歌う,喜び歌う《+『away』》

…'を'祝歌で祝う

walker

歩く人(物)

歩行器

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

curator

(博物館・図書館などの)管理者,館長

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

studio

(画家・写真家などの)『仕事場』,アトリエ

(音楽・ダンス・演技などの)練習場

《しばしば複数形で》『映画撮影所』,スタジオ

(ラジオ・テレビの)『放送室』,放送スタジオ

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

museum

『博物館』;美術館

think tank

頭脳集団(各分野の学者から成る総合的研究組織)

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

white paper

(英国政府発行の)公式報告書,白書

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

intersection

〈C〉(特に道路の)交差点

〈U〉交差

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

gender

(名詞・代名詞の)性

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

complicate

…'を'複雑にする

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

entry

〈C〉〈U〉(場所などに)『入ること』,『入場』,登場;(団体・競技などへの)参加,加入(entrance)《+『into』+『名』》

〈C〉《おもに米》(‥への)入り口(entrance),玄関《+『of』(『to』)+『名』》

〈C〉(帳簿・日記・表などの)『記載事項』,項目;(…の)『記入』《+『of』+『名』》

〈C〉(競技・コンテストなどの)『参加者』,参加作品《+『for』(『in』)+『名』》

〈C〉(辞書などの)見出し語

contest

『争い』,闘争

『競争』,競技,コンテスト

(手に入れようと)…'を'『争う』(fight for)

…‘に'異議を唱える,反論する

(…を争って…と)競争する《+『with』(『against』)+『名』》

(…と)議論する《+『with』(『against』)+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

masculinity

男らしさ,男性的なこと

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

catalyst

触媒[剤]

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

distinctly

『はっきりと』,鮮明に,明確に

確かに,まぎれもなく

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

contentious

(人が)争いを好む;議論好きの

(問題などが)論争の原因になる

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

ultimately

最後に,ついに

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

media

mediumの複数形

assign

〈物・仕事など〉'を'『割り当てる』,あてがう,与える

(…のために)〈日時・場所〉'を'『指定する』,決める《+『名』+『for』+『名』》

〈人〉'を'『任命する』,選任する,指名する

(…に)〈原因など〉'を'帰する《+『名』+『to』+『名』》

racial

人種[上]の,民族の,種族の

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

basically

基本的に,根本的に;元来は

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

bob

(はかりの)おもり;(振り子の)玉;(釣りの)浮き

(婦人・子供の)断髪;(犬・馬の)切り尾

…'を'断髪にする;〈犬・馬の尾〉'を'ちょん切る

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

day-to-day

毎日の,毎日起こる(なされる)

その日限りの

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

Harlem

ハーレム(ニューヨーク市マンハッタン島(Manhattan)北部の黒人居住区域)

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

renaissance

{C}復興,復活

〈U〉《the R-》文芸復興,ルネサンス(14‐16世紀にヨーロッパで見られた古典文芸・学術の復興)

(建築・美術などの)ルネサンス式

(14‐16世紀の)文芸復興の期間

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

backward

《名詞の前にのみ用いて》(方向が)『後方への』,もとへの

《名詞の前にのみ用いて》『逆の』,反対からの

進歩(発達)が遅れている

(性格が)内気な(shy),隠っ込み祉案の

『後方へ』,後ろ向きに

(方向・順序・時間が)『逆に』,反対に

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

simultaneously

同時に

no one

『だれも』…『ない』

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

rethink

…‘を'考え直す,再検討する

考え直すこと

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

cross-cultural

異種文化間に共通の,通文化的

creativity

独創性

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

incubation

ふ化

(病気の)潜伏,潜伏期

advocacy

(考え・主義・政策などの)弁護,擁護;唱道

towards

toward

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

provider

供給者

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

locate

…‘の'『位置(場所)を突きとめる』,示す

(ある位置・場所に)…‘を'『置く』,設立する《+『名』+『in』(『on』,『at』)+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》

(…に)居住する,落ち着く

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

historic

『歴史に残る』,歴史的,歴史上有名な

記録のある,歴史時代の

arc

『弧』,円弧

電弧(2点間を弧状に流れる電流)

弧を描く

電弧を生じる

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

legacy

(特に遺言によって相読する)遺産

(祖先・先人から受け継いだ精神的・物質的)遺産

Jacob

ヤコブ(旧約聖書「創世記」でIsaacの子Esauと双生児;その12人の息子がイスラエル12部族の祖となった)

Norman

〈C〉ノルマン人;《the Normans》ノルマン民族

10世紀にノルマンジーを征服した古代スカンジナビア

1066年,英国を征服したフランス人と古代スカンジナビア人の混血の子孫

(フランス北部ノルマンジー地方に住む人)

=Norman French

ノルマンジーの;ノルマン民族の

(建築が)ノルマン式の

Muhammad

マホメット(570?‐632;イスラム教の開祖)

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

poem

(一編の)『詩』

詩的な美しさ(趣き)を持つもの

Mohammed

=Muhammad

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

black art

魔術,魔法(witchcraft)

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

incredibly

信じられないほど

prescient

予測できる,推測可能な

totally

全く,完全に

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

f

farad

forte

freestyle

(水泳・レスリングの)自由型

自由型の

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

strongly

『強く』,激しく

熱心に

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

historically

歴史的に,歴史上

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

exciting

(物事が)『興奮させる』

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

aesthetic

美学の;審美的な

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

importantly

重要性をもって;もったいぶって

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

continually

『ひんぱんに』,たびたび(again and again);絶えず

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

creative

『創造力のある』

『独創的な』

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

urban

都市(都会)の

都市に住む

discourse

〈C〉(…についての)『講演』,講話;説教《+『on』(『upon』)+『名』》

〈U〉会話,談話

〈C〉論説,論考,論文

(…について)講演する,論述する《+『on』(『upon』)+『名』》

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

iteration

反復,繰り返し

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

continent

自制した,禁欲的な

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

関連動画