TED日本語 - ブレネー・ブラウン: 恥について考えましょう

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

恥は語られることのない病であり、私たちを苦しめる様々な行動を引き起こしています。前回の“無防備さ”についての TEDTalk がバイラルな大ヒットとなったブレネー・ブラウンが、恥に真っ向から向き合った時に何が起きるのかを探っています。ブレネーのユーモア、人間性、そして“無防備さ”が一言一言の中に光っています。

Script

まずは TEDxHouston で行った講演について 少しお話します あの講演の翌朝 最悪の“無防備さ”の悪酔いとともに 目を覚ましました 非常にひどかったので 3日間も家に こもっていました

その後やっとのことで家を出たのは 友達とお昼の約束をしていたためでした 店に入ると 彼女はもう席にいて 私が座ると 彼女は 「もう ひどい顔してるよ」と切り出し 私は「そうでしょう? 今は? 何も考えられないわ」と答えました 彼女が「何があったの?」と聞くので 私はこう答えました 「自分が研究者になったのは “無防備さ”を避けようと してのことだけど 研究していく中で “無防備さ”というのは 誠実に生きるために絶対不可欠と分かって そのことで自分は 大きな 挫折を経験した と 500人を前に話してしまったの 大きく『挫折』と書いたスライドまで付けて 何でそれが良い考えだと思ったのか自分でも気が知れない」 (笑)

彼女は「講演のライブ配信を見たわ あなたらしくはなかったし いつもとは少し違ってたけど すごくよかったわよ」と言い

私は「でも受け入れがたいわ YouTube よ YouTube で あれを公開しようとしていて 600人とか700人という人があれを見ることになるのよ」 (笑) 彼女は「まぁ でももう遅いわね」と言いました 私は「ちょっと聞くけどさ」と言い 彼女は「ええ」と答え 私は「大学時代の私達って もう めちゃくちゃで バカやってたじゃない?」 彼女は「ええ」と言い 私は「ひどい伝言を元カレの 留守電に残したの覚えてる? その後 寮の部屋に忍び込んで 伝言消したことあったわよね?」 (笑) 彼女は「・・・・・ないわ」 (笑) もちろん咄嗟に答えました 「そりゃそうよ 私だってそんなことない・・・」

心の中でこう思いました 「私って いったい何考えてるの? こんな話をして? 気でも狂った? そんな話は妹にでもすればいいじゃない」 気を取り直して 彼女を見ると彼女がこう言いました 「本気で忍び込んでビデオを 盗んでこようと思ってる? YouTube に上げられる前に?」 「ちょっと考えてみただけよ」

(笑) 彼女は「“無防備さ”のロールモデルとしちゃ最悪ね」と言いました (笑) その時はちょっと大げさに 言ったつもりだったけど 後から思うと予言のようなことを 言いました 「もし 500人が1,000人や2,000人に なったとしたら もう私の人生は終わりよ」 (笑) 400万人に備えるなんて考えもしませんでした・・・ (笑)

まぁ その通り多くの人が見て 人生終わりました 人生の終わっていく中で おそらく もっともつらかったのは 自分自身の認めたくないところに気づいたことで それは 研究成果を世に出せず 苛立つのと 同じくらい 小さくまとまって 目立つまいとすることに一生懸命な 自分がいるということです でも何が分かったか話します

去年分かったことが2つあります 1つ目は “無防備さ”は弱さでないということです “無防備さ”が弱さだという思い込みは 非常に危険なものです 正直に答えてください 念のために言っておきますと 私はセラピストとして訓練を受けているので いくらでも辛抱強く待てますけど 手を挙げて答えていただけると助かります 正直に 手を挙げてください “無防備な”ことをしようと思うとき あるいは“無防備な”話をする時 「“無防備”は弱さだ 正にそうだ」と “無防備さ”と弱さは同じ意味だと思う人は? 大部分ですね 次に この質問です 今週の TED で このステージで“無防備さ”を目にして それを純粋な勇気だと思った人は? “無防備さ”は弱さではないのです 私は“無防備さ”を 感情面のリスク 傷つく可能性 不確実さであると定義します “無防備さ”は日々の生活の原動力です 私は12年の研究を通して こう信じるようになりました “無防備さ”は 勇気を示す 最も正確な指標なのです “無防備”に自分をさらけ出し 正直であるという勇気です

あの TEDTalk の“爆発的”ヒットの― 後に起きた奇妙なことのひとつは 全国から講演依頼が来るようになったことでした その中には 学校や保護者会から フォーチュン500企業まで様々なところがありました 多くの依頼はこんな感じでした 「ブラウン先生 素晴らしい講演でした 是非 いらして講演をしてください 話の内容ですが “無防備さ”や“恥”には触れないでいただけると幸いです」 (笑) では何を話してほしいのでしょうか? 多いのは3つです たいてい企業からの依頼ですが イノベーション 創造性 変革です イノベーション 創造性 変革です 記録に残るようにここで 言わせていただきたいと思います “無防備さ”からこそ イノベーション 創造性 変革は生まれるのです (拍手) 創造というのはこれまでに存在していない 何かを作るということです これ以上に“無防備”なことはありません 変化に適応できるというのは “無防備”になれるということです

去年分かった 2つ目? 1つ目の“無防備さ”と勇気の関係を理解したことに続いて― 1つ目の“無防備さ”と勇気の関係を理解したことに続いて― 2つ目に分かったのは 恥について話さないといけないことです 本当のところを正直に言います 私が“無防備さの研究者”になり “無防備さ”を研究の中心にするようになったのは あのTEDTalkがきっかけでした 冗談ではなく本当の話で

その1例をお話しします 3か月程前 スポーツ用品店で ゴーグルやサポーターやら 親が買うようなものを買い物していた時のことです 30メートルくらい離れたところから こんな声が聞こえました 「無防備TED! 無防備TED!」

(笑) 私は5代続くテキサスの住人で わが家のモットーは「銃に弾込めろ」ですよ 生まれもっての“無防備さの研究者”ではないんです だから気にしないように歩き続けました 敵は6時の方向と意識しつつです (笑) そしたら すぐ背後で「無防備TED!」という声がしました 振り向いて 「どうも」と言いました 彼女はすぐ目の前にいて 「あなた 挫折した恥の研究者でしょう?」 (笑) こうなった頃には 周りにいた親たちは 子供を引き寄せて 「見ちゃだめよ」って言ってました 人生のこの時は疲れ切っていたので ガンと見て 言っちゃっいました 「あれはスピリチュアルな目覚めだったわ」 (笑)

(拍手)

相手はこんな仕草をしながら 「わかってるって」と言いました そしてこう続けました 「読書クラブで あの TEDTalk を見て それから あなたの本を読んで 私達自身をこう呼ぶことにしたの 挫折女子って」 そして「決めのセリフは バラバラに崩れ去って すっごく最高の気分」だそうです (笑) 大学の学部会議が どんなものになったか 想像できるでしょう?

ニンジャ・バービーみたいな アクションフィギュアでもあるかのように 「無防備TED」に私がなったとき 恥の研究は もうやめようと思っていました “無防備さ”について執筆したり講演するようになる前に 恥の研究をもう6年もやっていましたし それはもう ひどい話題ですから 誰も話したがりません 飛行機で隣の人を黙らせるのにも一番効きます 「お仕事は?」「恥の研究を」「おっと・・・」 (笑) もちろん あなたの心も丸見えですから (笑)

しかし 去年のことを乗り越える中で 重要で基本的なルールを思い出させられました 研究上のルールではなく 子どもの頃から教えられてきた 道徳的なルールです 「誘ってくれたヤツと踊るもんだ」 私が“無防備さ”や 勇気や 創造性やイノベーションについて学べたのは “無防備さ”を研究したからではありません 恥の研究を通して 学んだのです そういうわけなので 恥の世界へご案内いたします ユング派の精神分析者は 恥を「魂のぬかるみ」と呼びます 今からそこに足を踏み入れましょう 目的は 沼に浸かって 家を建てて住むためじゃないですよ そうじゃなく 雨靴をはいて 歩いてみて どんなところか見てくるのです 理由はこうです

この国で あるいは世界的にも 人種問題への取り組みを求める これ以上はない程に説得力のある 訴えを聞きました どうです? 皆さん 聞きましたよね? 恥を感じずには この話題について話せませんよね 特権に触れずに人種問題について話せません 特権のことを話すとすれば 恥で凍りついてしまいます また手術で患者を間違って死なせない 単純で素晴らしい解決策を聞きました チェックリストを使う方法です 恥のことを語らずには この手術の問題は解決できません 手術で縫い合わせる方法を教えるのと同時に 全能になるべく自尊心を縫い合わせる方法も 教えているからです 全能になれば チェックリストは要らないというわけです

あと このTEDフェローの話です 名前を間違えないようにメモしてきました ミシュキン・インガワレ 正しく言えましたかね (拍手) 初日に TEDフェローの講演を見ました 彼はステージで どんな経緯から 貧血検査の技術を開発する? ことになったのか説明しました 人々が無駄に亡くなっていたからです 彼は「必要だと感じて どうしたでしょう? 作っちゃいました」と言うと 聴衆はすぐさま「よくやった」と拍手喝采しましたが 彼は「でも うまく検査できませんでした」と言い 「だから 32回試作を繰り返して そして やっと 検査できるようになりました」と続けました

TED の最大の秘密ってなんだと思います? 言いたくてうウズウズしているので 答えを待たずに言ってしまいます (笑) TED は失敗コンファレンスみたいです 冗談じゃなく 失敗コンファレンスです (拍手) TED がなぜ素晴らしいかわかります? 登壇する人のほとんどが 失敗を恐れてないからです 私が見ている限りでは 登場する人で失敗していない人なんていません 私は何度もみじめな失敗をしてます 恥が邪魔していて 世の中はこのことを 分かっていません

去年私を救ってくれたのは ルーズベルトの言葉でした 「競技場に立つ人」として有名な言葉です こんな言葉です 「批判する人に価値は無い 観客席から行動した人間を指して どうすれば良かったとか どんな風に躓き失敗したのかと 指摘するだけの人に価値は無い 埃と血と汗にまみれて努力した 競技場に立つ人に 名誉は与えられるのだ 競技場に立つ人は うまくいけば勝利を得るし 失敗すれば敗北を喫する しかし失敗し 敗北したとしても それは果敢に挑んだ結果なのだ」

私にとっては これこそがこのカンファレンスの意義です 果敢に挑み 競技場に立つこと これこそが人生の意義です 競技場に向い 入口に手をかけて こう考えます 「さぁやるぞ これをやってみよう」 しかし恥が悪さをして こんな風に言うのです「おいおい できると思ってるの? MBA も取ってない 女房には見限られた 親父がいたのは ルクセンブルグじゃなくって シンシン刑務所だ 育ちがよくないのを知ってるぞ そんなに綺麗でも 賢くもない 才能もなければ力もないって 自分でわかってるだろ? CFO になったときでさえ 親父は全く気にかけてなかっただろう?」 恥とはこういうものです

そういう声を押さえ込んで 競技場に入り 「さぁやるぞ」と思い 目を上げて 指差し笑っている批評家を見ると それは誰でしょう? 99パーセントの場合? 自分自身です 恥はこんな2つのレッテルで縛ります 「お前は十分じゃない」 それを攻略できたら 次は 「何様のつもりだい?」 恥で理解すべきなのは罪悪感との違いです 恥はその人自身に 罪悪感は行為に焦点があります 恥は「私が悪い」 罪悪感は「私は悪いことをした」 皆さんが私に何か 害があることをしたとして 「ごめんなさい 私の間違いです」 と言える人はどれくらいいますか? 手を挙げてください 罪悪感は「ごめんなさい 私の間違いです」ということで 恥は「ごめんなさい 私みたいな人間は間違です」ということです

恥と罪悪感は大きく違います 知っておかなければならないのは 恥は様々な問題と高い相関性があることです 依存症 うつ状態 暴力 攻撃性 いじめ 自殺 摂食障害 さらに知っておかないといけないのは 罪悪感が これらの問題と逆相関していることです 誤った行いや失敗した行いを意識し ありたい姿と 比較して振り返る能力は 驚くほど適応力が高いのです 居心地悪くとも 適応していけるのです

恥について知るべき もう一つのことは 何が恥かはジェンダー次第で決まるということです 恥が私やクリスの心をよぎるとしたら 2人とも同じように感じるはずです ここにいる皆さんも 恥の感覚はご存知のはずです 恥を感じたことがないなんて人は 人間関係を持てない人や同情心を 持ち合わせていない人くらいでしょう つまり 恥を知っているか 社会病質者のどちらかということです だから皆さんは恥を知っているものとします 男性も女性も同じように恥を感じますが 何が恥かはジェンダーで決まります

女性にとっての恥の 一番良い例は エンジョリの香水の コマーシャルでしょう 「女は 洗濯物を干して みんなの弁当を作って キスで みんなを送り出し 9時5時で働いて ペーコンを買ってきて 料理をしながらも 女らしさを 漂わせ いつでもあなたが男だって思わせてあげる」 女性にとっての恥は 全てを完璧に こなしながらも なんなくやっている? ように見せられるかどうかにかかっています このコマーシャルで香水がどれだけ売れたか知りませんが 抗うつ薬や抗不安薬はきっと たくさん売れたことでしょう (笑) 女性にとって恥は「女性はこうあるべき」という 達成し得ない 矛盾に満ち 相反する 期待に取り巻かれた状態です まるで拘束衣のようです

男性にとっての恥は 矛盾に満ちた相反する期待ではなく 恥はただ1つのこと こうとだけは絶対思われたくないこと それは何でしょう? 「弱い」ということです 研究し始めの4年間は 男性を対象にしていませんでした 本のサイン会で男性がこう言うまでは・・・ 「恥についてのお話大変興味深いです でも男性の場合がないのはどうしてです?」 私が「男性は研究してないんです」と言うと 彼は 「それは助かります」と言いました (笑) 私が「どうして?」と言うと 彼は「だって あなたはこの本で 手を差し伸べて 自分のことを話し 弱さを見せ“無防備”になれと言うわけでしょう? 本にサインしてもらったのは 妻と娘たちのためだってわかりますよね?」 私は「ええ」と言いました 「家族は 私が英雄のように戦って死ぬ方が 落馬して生きているよりもいいと思っていますよ もし救いを求めて弱いところを見せたりしたら 叩きのめされます 男や コーチや 父親に 弱さを見せろなんてことは書かないようにしてくださいよ 私の人生で妻や娘ほど厳しい人間はいないのですから」

この時から男性からも聞き取りをし 研究対象にするようになりました 研究から分かったのはこんな答えです もし男が本当の弱さや恐れを 話し合えるような女性がいるなら これは信じられないくらいの偉業を成し遂げた女性ということです もし 女性が完璧にこなす日々に? 疲れてしまった時 そばにいて 話し合えるような男性がいるなら・・・いやいや家事をして こんな風に言う男性じゃないですよ 「食洗機から 皿出して片づけたから もういいだろう!」 よく話を聞いてくれるような男性がいるなら? それが必要なすべてなんです? これは偉業を成し遂げた男性ということです

恥は私たちの文化に蔓延しています この取り巻かれた状態から逃れて 支え合えるようになるためには 恥が私たちにどう影響するのか 私たちの子育てのやり方にどう影響するのか 私たちの働き方や お互いを見る見方にどう影響するのか 理解する必要があります ボストンカレッジのマハリク博士の研究を駆け足で説明しますが 彼は 女性が女性らしくある為にすべきことは何か尋ねました この国で最も多かった回答は 感じ良く 痩せていて 控え目で あらゆる手を尽くして 容姿に気を使うことです 男性について 男性らしくあるために どうするべきか尋ねると 主な回答は 常に感情を抑え 仕事第一で 高い地位を求め 暴力的であることです

もし 支え合う方法を見つけようとするなら 共感を理解し どう共感を示すか知らなければなりません 共感は恥への解毒剤だからです シャーレに入れた恥が 爆発的に増殖するには 3つのものが必要です 秘密 沈黙 判定 です 同じ量の恥をシャーレに入れ 共感に浸したなら 恥は増殖できず生き残れません 苦しんでいる時に最も強力な言葉は 「私も そう」という言葉です

最後に この考えをお話しして締めくくります もし 支え合う方法を 見つけようとするなら “無防備さ”こそが通るべき道です 競技場の外にいたいのはわかります これまでの人生でそうしてきたし こんな風に考えるからです 「弾を跳ね返せるぐらい 完璧になったら 競技場に乗り込んでガツンと言わせやろう」 これには惹かれます しかし 現実には そんな状態にはなれません たとえ最高に完璧になれ どんな弾も跳ね返せるようになって 競技場に登場したとしても そんな完璧な姿をみんな見たいわけではないのです ただ競技場に足を踏み入れ 一緒に向き合いたいのです みんな ただ自分自身や 自分が気にかける人や 一緒に働く人のために 果敢に挑みたいだけなのです

ありがとうございました お話できて とても感謝しています

(拍手)

I'm going to tell you a little bit about my TEDxHouston Talk. I woke up the morning after I gave that Talk with the worst vulnerability hangover of my life. And I actually didn't leave my house for about three days.

The first time I left was to meet a friend for lunch. And when I walked in, she was already at the table. And I sat down, and she said, "God, you look like hell." I said, "Thanks. I feel really -- I'm not functioning." And she said, "What's going on?" And I said, "I just told 500 people that I became a researcher to avoid vulnerability. And that when being vulnerable emerged from my data, as absolutely essential to whole-hearted living, I told these 500 people that I had a breakdown. I had a slide that said Breakdown. At what point did I think that was a good idea?" (Laughter)

And she said, "I saw your Talk live-streamed. It was not really you. It was a little different than what you usually do. But it was great."

And I said, "This can't happen. YouTube, they're putting this thing on YouTube. And we're going to be talking about 600,700 people." (Laughter) And she said, "Well, I think it's too late." And I said, "Let me ask you something." And she said, "Yeah." And I said, "Do you remember when we were in college and really wild and kind of dumb?" And she said, "Yeah." And I said, "Remember when we'd leave a really bad message on our ex-boyfriend's answering machine? Then we'd have to break into his dorm room and then erase the tape?" (Laughter) And she goes, "Uh ... no." (Laughter) So of course, the only thing I could think of to say at that point was, "Yeah, me neither. That ... me neither."

And I'm thinking to myself, "Brene, what are you doing? What are you doing? Why did you bring this up? Have you lost your mind? Your sisters would be perfect for this." So I looked back up and she said, "Are you really going to try to break in and steal the video before they put it on YouTube?" And I said, "I'm just thinking about it a little bit."

(Laughter) She said, "You're like the worst vulnerability role model ever." (Laughter) And then I looked at her and I said something that at the time felt a little dramatic, but ended up being more prophetic than dramatic. I said, "If 500 turns into 1,000 or 2,000, my life is over." (Laughter) I had no contingency plan for four million. (Laughter)

And my life did end when that happened. And maybe the hardest part about my life ending is that I learned something hard about myself, and that was that, as much as I would frustrated about not being able to get my work out to the world, there was a part of me that was working very hard to engineer staying small, staying right under the radar. But I want to talk about what I've learned.

There's two things that I've learned in the last year. The first is vulnerability is not weakness. And that myth is profoundly dangerous. Let me ask you honestly -- and I'll give you this warning, I'm trained as a therapist, so I can out-wait you uncomfortably -- so if you could just raise your hand that would be awesome -- how many of you honestly, when you're thinking about doing something vulnerable or saying something vulnerable, think, "God, vulnerability's weakness. This is weakness?" How many of you think of vulnerability and weakness synonymously? The majority of people. Now let me ask you this question: This past week at TED, how many of you, when you saw vulnerability up here, thought it was pure courage? Vulnerability is not weakness. I define vulnerability as emotional risk, exposure, uncertainty. It fuels our daily lives. And I've come to the belief -- this is my 12th year doing this research -- that vulnerability is our most accurate measurement of courage -- to be vulnerable, to let ourselves be seen, to be honest.

One of the weird things that's happened is, after the TED explosion, I got a lot of offers to speak all over the country -- everyone from schools and parent meetings to Fortune 500 companies. And so many of the calls went like this, "Hey, Dr. Brown. We loved your TEDTalk. We'd like you to come in and speak. We'd appreciate it if you wouldn't mention vulnerability or shame." (Laughter) What would you like for me to talk about? There's three big answers. This is mostly, to be honest with you, from the business sector: innovation, creativity and change. So let me go on the record and say, vulnerability is the birthplace of innovation, creativity and change. (Applause) To create is to make something that has never existed before. There's nothing more vulnerable than that. Adaptability to change is all about vulnerability.

The second thing, in addition to really finally understanding the relationship between vulnerability and courage, the second thing I learned is this: We have to talk about shame. And I'm going to be really honest with you. When I became a "vulnerability researcher" and that became the focus because of the TEDTalk -- and I'm not kidding.

I'll give you an example. About three months ago, I was in a sporting goods store buying goggles and shin guards and all the things that parents buy at the sporting goods store. About from a hundred feet away, this is what I hear: "Vulnerability TED! Vulnerability TED!"

(Laughter) I'm a fifth generation Texan. Our family motto is "Lock and load." I am not a natural vulnerability researcher. So I'm like, just keep walking, she's on my six. (Laughter) And then I hear, "Vulnerability TED!" I turn around, I go, "Hi." She's right here and she said, "You're the shame researcher who had the breakdown." (Laughter) At this point parents are, like, pulling their children close. "Look away." And I'm so worn out at this point in my life, I look at her and I actually say, "It was a frickin' spiritual awakening." (Laughter)

(Applause)

And she looks back and does this, "I know." And she said, "We watched your TEDTalk in my book club. Then we read your book and we renamed ourselves 'The Breakdown Babes.'" And she said, "Our tagline is: 'We're falling apart and it feels fantastic.'" (Laughter) You can only imagine what it's like for me in a faculty meeting.

So when I became Vulnerability TED, like an action figure -- like Ninja Barbie, but I'm Vulnerability TED -- I thought, I'm going to leave that shame stuff behind, because I spent six years studying shame before I really started writing and talking about vulnerability. And I thought, thank God, because shame is this horrible topic, no one wants to talk about it. It's the best way to shut people down on an airplane. "What do you do?" "I study shame." "Oh." (Laughter) And I see you. (Laughter)

But in surviving this last year, I was reminded of a cardinal rule -- not a research rule, but a moral imperative from my upbringing -- you've got to dance with the one who brung ya. And I did not learn about vulnerability and courage and creativity and innovation from studying vulnerability. I learned about these things from studying shame. And so I want to walk you in to shame. Jungian analysts call shame the swampland of the soul. And we're going to walk in. And the purpose is not to walk in and construct a home and live there. It is to put on some galoshes and walk through and find our way around. Here's why.

We heard the most compelling call ever to have a conversation in this country, and I think globally, around race, right? Yes? We heard that. Yes? Can not have that conversation without shame, because you can not talk about race without talking about privilege. And when people start talking about privilege, they get paralyzed by shame. We heard a brilliant simple solution to not killing people in surgery, which is have a checklist. You can't fix that problem without addressing shame, because when they teach those folks how to suture, they also teach them how to stitch their self-worth to being all-powerful. And all-powerful folks don't need checklists.

And I had to write down the name of this TED Fellow so I didn't mess it up here. Myshkin Ingawale, I hope I did right by you. (Applause) I saw the TED Fellows my first day here. And he got up and he explained how he was driven to create some technology to help test for anemia because people were dying unnecessarily. And he said, "I saw this need. So you know what I did? I made it." And everybody just burst into applause, and they were like "Yes!" And he said, "And it didn't work. And then I made it 32 more times, and then it worked."

You know what the big secret about TED is? I can't wait to tell people this. I guess I'm doing it right now. (Laughter) This is like the failure conference. No, it is. (Applause) You know why this place is amazing? Because very few people here are afraid to fail. And no one who gets on the stage, so far that I've seen, has not failed. I've failed miserably, many times. I don't think the world understands that because of shame.

There's a great quote that saved me this past year by Theodore Roosevelt. A lot of people refer to it as the "Man in the Arena" quote. And it goes like this: "It is not the critic who counts. It is not the man who sits and points out how the doer of deeds could have done things better and how he falls and stumbles. The credit goes to the man in the arena whose face is marred with dust and blood and sweat. But when he's in the arena, at best he wins, and at worst he loses, but when he fails, when he loses, he does so daring greatly."

And that's what this conference, to me, is about. That's what life is about, about daring greatly, about being in the arena. When you walk up to that arena and you put your hand on the door, and you think, "I'm going in and I'm going to try this," shame is the gremlin who says, "Uh, uh. You're not good enough. You never finished that MBA. Your wife left you. I know your dad really wasn't in Luxembourg, he was in Sing Sing. I know those things that happened to you growing up. I know you don't think that you're pretty enough or smart enough or talented enough or powerful enough. I know your dad never paid attention, even when you made CFO." Shame is that thing.

And if we can quiet it down and walk in and say, "I'm going to do this," we look up and the critic that we see pointing and laughing,99 percent of the time is who? Us. Shame drives two big tapes -- "never good enough" and, if you can talk it out of that one, "who do you think you are?" The thing to understand about shame is it's not guilt. Shame is a focus on self, guilt is a focus on behavior. Shame is "I am bad." Guilt is "I did something bad." How many of you, if you did something that was hurtful to me, would be willing to say, "I'm sorry. I made a mistake?" How many of you would be willing to say that? Guilt: I'm sorry. I made a mistake. Shame: I'm sorry. I am a mistake.

There's a huge difference between shame and guilt. And here's what you need to know. Shame is highly, highly correlated with addiction, depression, violence, aggression, bullying, suicide, eating disorders. And here's what you even need to know more. Guilt, inversely correlated with those things. The ability to hold something we've done or failed to do up against who we want to be is incredibly adaptive. It's uncomfortable, but it's adaptive.

The other thing you need to know about shame is it's absolutely organized by gender. If shame washes over me and washes over Chris, it's going to feel the same. Everyone sitting in here knows the warm wash of shame. We're pretty sure that the only people who don't experience shame are people who have no capacity for connection or empathy. Which means, yes, I have a little shame; no, I'm a sociopath. So I would opt for, yes, you have a little shame. Shame feels the same for men and women, but it's organized by gender.

For women, the best example I can give you is Enjoli the commercial: "I can put the wash on the line, pack the lunches, hand out the kisses and be at work at five to nine. I can bring home the bacon, fry it up in the pan and never let you forget you're a man." For women, shame is do it all, do it perfectly and never let them see you sweat. I don't know how much perfume that commercial sold, but I guarantee you, it moved a lot of antidepressants and anti-anxiety meds. (Laughter) Shame, for women, is this web of unobtainable, conflicting, competing expectations about who we're supposed to be. And it's a straight-jacket.

For men, shame is not a bunch of competing, conflicting expectations. Shame is one, do not be perceived as what? Weak. I did not interview men for the first four years of my study. And it wasn't until a man looked at me one day after a book signing, said, "I love what you have to say about shame, I'm curious why you didn't mention men." And I said, "I don't study men." And he said, "That's convenient." (Laughter) And I said, "Why?" And he said, "Because you say to reach out, tell our story, be vulnerable. But you see those books you just signed for my wife and my three daughters?" I said, "Yeah." "They'd rather me die on top of my white horse than watch me fall down. When we reach out and be vulnerable we get the shit beat out of us. And don't tell me it's from the guys and the coaches and the dads, because the women in my life are harder on me than anyone else."

So I started interviewing men and asking questions. And what I learned is this: You show me a woman who can actually sit with a man in real vulnerability and fear, I'll show you a woman who's done incredible work. You show me a man who can sit with a woman who's just had it, she can't do it all anymore, and his first response is not, "I unloaded the dishwasher," but he really listens -- because that's all we need -- I'll show you a guy who's done a lot of work.

Shame is an epidemic in our culture. And to get out from underneath it, to find our way back to each other, we have to understand how it affects us and how it affects the way we're parenting, the way we're working, the way we're looking at each other. Very quickly, some research by Mahalik at Boston College. He asked, what do women need to do to conform to female norms? The top answers in this country: nice, thin, modest and use all available resources for appearance. When he asked about men, what do men in this country need to do to conform with male norms, the answers were: always show emotional control, work is first, pursue status and violence.

If we're going to find our way back to each other, we have to understand and know empathy, because empathy's the antidote to shame. If you put shame in a Petri dish, it needs three things to grow exponentially: secrecy, silence and judgment. If you put the same amount of shame in a Petri dish and douse it with empathy, it can't survive. The two most powerful words when we're in struggle: me too.

And so I'll leave you with this thought. If we're going to find our way back to each other, vulnerability is going to be that path. And I know it's seductive to stand outside the arena, because I think I did it my whole life, and think to myself, I'm going to go in there and kick some ass when I'm bulletproof and when I'm perfect. And that is seductive. But the truth is that never happens. And even if you got as perfect as you could and as bulletproof as you could possibly muster when you got in there, that's not what we want to see. We want you to go in. We want to be with you and across from you. And we just want, for ourselves and the people we care about and the people we work with, to dare greatly.

So thank you all very much. I really appreciate it.

(Applause)

I'm going to tell/ you/ a little bit/ about my TEDxHouston Talk.//

まずは TEDxHouston で行った講演について 少しお話します

I woke up/ the morning/ after I gave/ that Talk/ with the worst vulnerability hangover of my life.//

あの講演の翌朝 最悪の“無防備さ”の悪酔いとともに 目を覚ましました

And I actually didn't leave my house/ for about three days.//

非常にひどかったので 3日間も家に こもっていました

The first time/ I left/ was to meet a friend/ for lunch.//

その後やっとのことで家を出たのは 友達とお昼の約束をしていたためでした

And when I walked in,/ she was already at the table.//

店に入ると 彼女はもう席にいて

And I sat down,/ and she said,/ "God,/ you look like hell."//

私が座ると 彼女は 「もう ひどい顔してるよ」と切り出し

I said,/ "Thanks.// I feel really --/ I'm not functioning."//

私は「そうでしょう? 今は? 何も考えられないわ」と答えました

And she said,/ "What's going on?"//

彼女が「何があったの?」と聞くので

And I said,/ "I just told 500 people/ that I became a researcher/ to avoid vulnerability.//

私はこう答えました 「自分が研究者になったのは “無防備さ”を避けようと してのことだけど

And/ that/ when being vulnerable emerged from my data,/ as absolutely essential/ to whole-hearted living,/ I told these 500 people/ that I had a breakdown.//

研究していく中で “無防備さ”というのは 誠実に生きるために絶対不可欠と分かって そのことで自分は 大きな 挫折を経験した と 500人を前に話してしまったの

I had a slide/ that said Breakdown.//

大きく『挫折』と書いたスライドまで付けて

At/ what point did I think that was a good idea?"//

何でそれが良い考えだと思ったのか自分でも気が知れない」

(笑)

And she said,/ "I saw your Talk live-streamed.//

彼女は「講演のライブ配信を見たわ

It was not really you.//

あなたらしくはなかったし

It was a little different/ than what you usually do.//

いつもとは少し違ってたけど

But it was great."//

すごくよかったわよ」と言い

And I said,/ "This can't happen.//

私は「でも受け入れがたいわ YouTube よ YouTube で

YouTube,/ they're putting/ this thing/ on YouTube.//

あれを公開しようとしていて

And we're going to be talking about 600,700 people."//

600人とか700人という人があれを見ることになるのよ」

(Laughter)/ And she said,/ "Well,/ I think/ it's too late."//

(笑) 彼女は「まぁ でももう遅いわね」と言いました

And I said,/ "Let me/ ask you something."//

私は「ちょっと聞くけどさ」と言い

And she said,/ "Yeah."//

彼女は「ええ」と答え

And I said,/ "Do you remember/ when we were in college and really wild and kind of dumb?"//

私は「大学時代の私達って もう めちゃくちゃで バカやってたじゃない?」

And she said,/ "Yeah."//

彼女は「ええ」と言い

And I said,/ "Remember/ when we'd leave a really bad message/ on our ex-boyfriend's answering machine?//

私は「ひどい伝言を元カレの 留守電に残したの覚えてる?

Then/ we'd have to break/ into his dorm room/ and then erase the tape?"//

その後 寮の部屋に忍び込んで 伝言消したことあったわよね?」

(Laughter)/ And she goes,/ "Uh ...// no."//

(笑) 彼女は「・・・・・ないわ」

(Laughter) So of course,/ the only thing/ I could think of to say at that point was,/ "Yeah,/ me neither.//

(笑) もちろん咄嗟に答えました 「そりゃそうよ

That ...// me neither."//

私だってそんなことない・・・」

And I'm thinking/ to myself,/ "Brene,/ what are you doing?// What are you doing?//

心の中でこう思いました 「私って いったい何考えてるの?

Why did you bring this up?// Have you lost your mind?//

こんな話をして? 気でも狂った?

Your sisters would be perfect/ for this."//

そんな話は妹にでもすればいいじゃない」

So I looked back up/ and she said,/ "Are you really going to try to break in/ and steal the video/ before they put it/ on YouTube?"//

気を取り直して 彼女を見ると彼女がこう言いました 「本気で忍び込んでビデオを 盗んでこようと思ってる? YouTube に上げられる前に?」

And I said,/ "I'm just thinking/ about it/ a little bit."//

「ちょっと考えてみただけよ」

(Laughter)/ She said,/ "You're like the worst vulnerability role model/ ever."//

(笑) 彼女は「“無防備さ”のロールモデルとしちゃ最悪ね」と言いました

(Laughter)/ And then/ I looked at her and I said something/ that at the time felt a little dramatic,/ but ended up/ being more prophetic/ than dramatic.//

(笑) その時はちょっと大げさに 言ったつもりだったけど 後から思うと予言のようなことを

I said,/ "If 500 turns/ into 1,000 or 2,000,/ my life is over."//

言いました 「もし 500人が1,000人や2,000人に なったとしたら もう私の人生は終わりよ」

(Laughter)/ I had no contingency plan/ for four million.//

(笑) 400万人に備えるなんて考えもしませんでした・・・

(笑)

And my life did end/ when/ that happened.//

まぁ その通り多くの人が見て 人生終わりました

And maybe/ the hardest part/ about my life ending is/ that I learned something hard/ about myself,/ and that was/ that,/ as much/ as I would frustrated about not being able to get my work/ out/ to the world,/ there was a part of me/ that was working very hard/ to engineer staying small,/ staying right/ under the radar.//

人生の終わっていく中で おそらく もっともつらかったのは 自分自身の認めたくないところに気づいたことで それは 研究成果を世に出せず 苛立つのと 同じくらい 小さくまとまって 目立つまいとすることに一生懸命な 自分がいるということです

But I want to talk/ about what I've learned.//

でも何が分かったか話します

There's two things/ that I've learned in the last year.//

去年分かったことが2つあります

The first is vulnerability is not weakness.//

1つ目は “無防備さ”は弱さでないということです

And that myth is profoundly dangerous.//

“無防備さ”が弱さだという思い込みは 非常に危険なものです

Let me ask you honestly --/ and I'll give you/ this warning,/ I'm trained as a therapist,/ so I can out-wait you uncomfortably --/ so if you could just raise your hand/ that would be awesome --/ how many of you honestly,/ when you're thinking/ about doing something vulnerable/ or saying something vulnerable,/ think,/ "God,/ vulnerability's weakness.// This is weakness?"//

正直に答えてください 念のために言っておきますと 私はセラピストとして訓練を受けているので いくらでも辛抱強く待てますけど 手を挙げて答えていただけると助かります 正直に 手を挙げてください “無防備な”ことをしようと思うとき あるいは“無防備な”話をする時 「“無防備”は弱さだ 正にそうだ」と

How many of you think of vulnerability and weakness synonymously?//

“無防備さ”と弱さは同じ意味だと思う人は?

The majority of people.//

大部分ですね

Now let me/ ask you/ this question:/ This past week/ at TED,/ how many of you,/ when you saw vulnerability up here,/ thought it was pure courage?//

次に この質問です 今週の TED で このステージで“無防備さ”を目にして それを純粋な勇気だと思った人は?

“無防備さ”は弱さではないのです

私は“無防備さ”を 感情面のリスク 傷つく可能性 不確実さであると定義します

It fuels our daily lives.//

“無防備さ”は日々の生活の原動力です

And I've come to the belief --/ this is my 12th year/ doing this research --/ that vulnerability is our most accurate measurement of courage --/ to be vulnerable,/ to let ourselves be seen,/ to be honest.//

私は12年の研究を通して こう信じるようになりました “無防備さ”は 勇気を示す 最も正確な指標なのです “無防備”に自分をさらけ出し 正直であるという勇気です

One of the weird things/ that's happened/ is,/ after the TED explosion,/ I got a lot of offers/ to speak all/ over the country --/ everyone/ from schools and parent meetings/ to Fortune/ 500 companies.//

あの TEDTalk の“爆発的”ヒットの― 後に起きた奇妙なことのひとつは 全国から講演依頼が来るようになったことでした その中には 学校や保護者会から フォーチュン500企業まで様々なところがありました

And so many of the calls went like this,/ "Hey,/ Dr.// Brown.// We loved your TEDTalk.//

多くの依頼はこんな感じでした 「ブラウン先生 素晴らしい講演でした

We'd like you/ to come in/ and speak.//

是非 いらして講演をしてください

We'd appreciate it/ if you wouldn't mention vulnerability or shame."//

話の内容ですが “無防備さ”や“恥”には触れないでいただけると幸いです」

(Laughter)/ What would you like for me/ to talk about?//

(笑) では何を話してほしいのでしょうか?

There's three big answers.//

多いのは3つです

This is mostly,/ to be honest/ with you,/ from the business sector:/ innovation, creativity and change.//

たいてい企業からの依頼ですが イノベーション 創造性 変革です イノベーション 創造性 変革です

So let me/ go on the record/ and say,/ vulnerability is the birthplace of innovation,/ creativity and change.//

記録に残るようにここで 言わせていただきたいと思います “無防備さ”からこそ イノベーション 創造性 変革は生まれるのです

(Applause) To create is to make something/ that has never existed before.//

(拍手) 創造というのはこれまでに存在していない 何かを作るということです

There's nothing more vulnerable/ than that.//

これ以上に“無防備”なことはありません

変化に適応できるというのは “無防備”になれるということです

The second thing,/ in addition/ to really finally understanding/ the relationship/ between vulnerability and courage,/ the second thing/ I learned/ is this:/ We have to talk/ about shame.//

去年分かった 2つ目? 1つ目の“無防備さ”と勇気の関係を理解したことに続いて― 1つ目の“無防備さ”と勇気の関係を理解したことに続いて― 2つ目に分かったのは 恥について話さないといけないことです

And I'm going to be really honest/ with you.//

本当のところを正直に言います

When I became a "vulnerability researcher"/ and that became the focus/ because of the TEDTalk --/ and I'm not kidding.//

私が“無防備さの研究者”になり “無防備さ”を研究の中心にするようになったのは あのTEDTalkがきっかけでした 冗談ではなく本当の話で

I'll give you/ an example.//

その1例をお話しします

About three months ago,/ I was in a sporting goods store buying goggles/ and shin guards/ and all the things/ that parents buy at the sporting goods store.//

3か月程前 スポーツ用品店で ゴーグルやサポーターやら 親が買うようなものを買い物していた時のことです

About/ from a hundred feet away,/ this is/ what I hear:/ "Vulnerability TED!// Vulnerability TED!"//

30メートルくらい離れたところから こんな声が聞こえました 「無防備TED! 無防備TED!」

(Laughter)/ I'm a fifth generation Texan.//

(笑) 私は5代続くテキサスの住人で

Our family motto is "Lock and load."//

わが家のモットーは「銃に弾込めろ」ですよ

生まれもっての“無防備さの研究者”ではないんです

So I'm like,/ just keep walking,/ she's on my six.//

だから気にしないように歩き続けました 敵は6時の方向と意識しつつです

(Laughter)/ And then/ I hear,/ "Vulnerability TED!"//

(笑) そしたら すぐ背後で「無防備TED!」という声がしました

I turn around,/ I go,/ "Hi."//

振り向いて 「どうも」と言いました

She's right here/ and she said,/ "You're the shame researcher/ who had the breakdown."//

彼女はすぐ目の前にいて 「あなた 挫折した恥の研究者でしょう?」

(Laughter)/ At this point parents are,/ like,/ pulling their children close.//

(笑) こうなった頃には 周りにいた親たちは 子供を引き寄せて

"Look away."//

「見ちゃだめよ」って言ってました

And I'm so worn out/ at this point/ in my life,/ I look at her and I actually say,/ "It was a frickin/' spiritual awakening."//

人生のこの時は疲れ切っていたので ガンと見て 言っちゃっいました 「あれはスピリチュアルな目覚めだったわ」

(笑)

(拍手)

And she looks back/ and does this,/ "I know."//

相手はこんな仕草をしながら 「わかってるって」と言いました

And she said,/ "We watched your TEDTalk/ in my book club.//

そしてこう続けました 「読書クラブで あの TEDTalk を見て

Then/ we read your book/ and we renamed ourselves/ 'The Breakdown Babes.'//"/ And she said,/ "Our tagline is:/ 'We're falling/ apart/ and it feels fantastic.'//"/ (Laughter)/ You can only imagine/ what it's like for me/ in a faculty meeting.//

それから あなたの本を読んで 私達自身をこう呼ぶことにしたの 挫折女子って」 そして「決めのセリフは バラバラに崩れ去って すっごく最高の気分」だそうです (笑) 大学の学部会議が どんなものになったか 想像できるでしょう?

So/ when I became Vulnerability TED,/ like an action figure --/ like Ninja Barbie,/ but I'm/ Vulnerability TED --/ I thought,/ I'm going to leave/ that shame stuff behind,/ because I spent six years/ studying shame/ before I really started writing and talking/ about vulnerability.//

ニンジャ・バービーみたいな アクションフィギュアでもあるかのように 「無防備TED」に私がなったとき 恥の研究は もうやめようと思っていました “無防備さ”について執筆したり講演するようになる前に 恥の研究をもう6年もやっていましたし

And I thought,/ thank God,/ because shame is this horrible topic,/ no one wants to talk/ about it.//

それはもう ひどい話題ですから 誰も話したがりません

It's the best way/ to shut people down/ on an airplane.//

飛行機で隣の人を黙らせるのにも一番効きます

"What do you do?"// "I study shame."// "Oh."//

「お仕事は?」「恥の研究を」「おっと・・・」

(Laughter)/ And I see you.//

(笑) もちろん あなたの心も丸見えですから

(笑)

But in surviving this last year,/ I was reminded of a cardinal rule --/ not a research rule,/ but a moral imperative/ from my/ upbringing --/ you've got to dance/ with the one/ who brung ya.//

しかし 去年のことを乗り越える中で 重要で基本的なルールを思い出させられました 研究上のルールではなく 子どもの頃から教えられてきた 道徳的なルールです 「誘ってくれたヤツと踊るもんだ」

And I did not learn about vulnerability and courage and creativity and innovation/ from studying vulnerability.//

私が“無防備さ”や 勇気や 創造性やイノベーションについて学べたのは “無防備さ”を研究したからではありません

I learned about these things/ from studying shame.//

恥の研究を通して 学んだのです

And so/ I want to walk/ you in/ to shame.//

そういうわけなので 恥の世界へご案内いたします

Jungian analysts call shame/ the swampland of the soul.//

ユング派の精神分析者は 恥を「魂のぬかるみ」と呼びます

And we're going to walk/ in.//

今からそこに足を踏み入れましょう

And the purpose is not to walk in/ and construct a home/ and live there.//

目的は 沼に浸かって 家を建てて住むためじゃないですよ

It is to put on/ some galoshes/ and walk through/ and find our way around.//

そうじゃなく 雨靴をはいて 歩いてみて どんなところか見てくるのです

Here's why.//

理由はこうです

We heard the most compelling call ever/ to have a conversation/ in this country,/ and I think globally,/ around race,/ right?//

この国で あるいは世界的にも 人種問題への取り組みを求める これ以上はない程に説得力のある 訴えを聞きました

Yes?// We heard that.//

どうです? 皆さん

Yes?//

聞きましたよね?

Can not have that conversation/ without shame,/ because you can not talk about race/ without talking about privilege.//

恥を感じずには この話題について話せませんよね 特権に触れずに人種問題について話せません

And when people start talking/ about privilege,/ they get paralyzed by shame.//

特権のことを話すとすれば 恥で凍りついてしまいます

We heard a brilliant simple solution/ to not killing/ people/ in surgery,/ which is have a checklist.//

また手術で患者を間違って死なせない 単純で素晴らしい解決策を聞きました チェックリストを使う方法です

You can't fix that problem/ without addressing shame,/ because/ when they teach those folks/ how to suture,/ they also teach them/ how to stitch their self-worth/ to being all-powerful.//

恥のことを語らずには この手術の問題は解決できません 手術で縫い合わせる方法を教えるのと同時に 全能になるべく自尊心を縫い合わせる方法も 教えているからです

And all-powerful folks don't need checklists.//

全能になれば チェックリストは要らないというわけです

And I had to write down/ the name of this TED Fellow/ so I didn't mess it up here.//

あと このTEDフェローの話です 名前を間違えないようにメモしてきました

Myshkin Ingawale,/ I hope/ I did right/ by you.//

ミシュキン・インガワレ 正しく言えましたかね

(Applause)/ I saw/ the TED Fellows my first day here.//

(拍手) 初日に TEDフェローの講演を見ました

And he got up/ and he explained/ how he was driven to create/ some technology/ to help test/ for anemia/ because people were dying unnecessarily.//

彼はステージで どんな経緯から 貧血検査の技術を開発する? ことになったのか説明しました 人々が無駄に亡くなっていたからです

And he said,/ "I saw this need.//

彼は「必要だと感じて

So you know/ what I did?// I made it."//

どうしたでしょう? 作っちゃいました」と言うと

And everybody just burst/ into applause,/ and they were like "Yes!"//

聴衆はすぐさま「よくやった」と拍手喝采しましたが

And he said,/ "And it didn't work.//

彼は「でも うまく検査できませんでした」と言い

And then/ I made it/ 32 more times,/ and then/ it worked."//

「だから 32回試作を繰り返して そして やっと 検査できるようになりました」と続けました

You know/ what the big secret/ about TED is?//

TED の最大の秘密ってなんだと思います?

I can't wait to tell/ people/ this.//

言いたくてうウズウズしているので

I guess/ I'm doing/ it right now.//

答えを待たずに言ってしまいます

(Laughter)/ This is like the failure conference.//

(笑) TED は失敗コンファレンスみたいです

No, it/ is.//

冗談じゃなく 失敗コンファレンスです

(Applause)/ You know/ why this place is amazing?//

(拍手) TED がなぜ素晴らしいかわかります?

Because very few people here are afraid/ to fail.//

登壇する人のほとんどが 失敗を恐れてないからです

And no one/ who gets on the stage,/ so far/ that I've seen,/ has not failed.//

私が見ている限りでは 登場する人で失敗していない人なんていません

I've failed miserably,/ many times.//

私は何度もみじめな失敗をしてます

I don't think/ the world understands/ that because of shame.//

恥が邪魔していて 世の中はこのことを 分かっていません

There's a great quote/ that saved me/ this past year/ by Theodore Roosevelt.//

去年私を救ってくれたのは ルーズベルトの言葉でした

A lot of people refer to it/ as the "Man/ in the Arena"/ quote.//

「競技場に立つ人」として有名な言葉です

And it goes like this:/ "It is not the critic/ who counts.//

こんな言葉です 「批判する人に価値は無い

It is not the man/ who sits and points out/ how the doer of deeds could have done things better/ and how he falls and stumbles.//

観客席から行動した人間を指して どうすれば良かったとか どんな風に躓き失敗したのかと 指摘するだけの人に価値は無い

The credit goes to the man/ in the arena/ whose face is marred with dust and blood and sweat.//

埃と血と汗にまみれて努力した 競技場に立つ人に 名誉は与えられるのだ

But when he's in the arena,/ at best/ he wins,/ and at worst/ he loses,/ but when he fails,/ when he loses,/ he does so daring greatly."//

競技場に立つ人は うまくいけば勝利を得るし 失敗すれば敗北を喫する しかし失敗し 敗北したとしても それは果敢に挑んだ結果なのだ」

And that's/ what this conference,/ to me,/ is about.//

私にとっては これこそがこのカンファレンスの意義です

That's/ what life is about,/ about daring greatly,/ about being in the arena.//

果敢に挑み 競技場に立つこと これこそが人生の意義です

When you walk up/ to that arena/ and you put your hand/ on the door,/ and you think,/ "I'm going in/ and I'm going to try/ this,/"/ shame is the gremlin/ who says,/ "Uh,/ uh.//

競技場に向い 入口に手をかけて こう考えます 「さぁやるぞ これをやってみよう」 しかし恥が悪さをして こんな風に言うのです「おいおい

You're not good enough.//

できると思ってるの?

You never finished/ that MBA.// Your wife left you.//

MBA も取ってない 女房には見限られた

I know your dad really wasn't in Luxembourg,/ he was in Sing Sing.//

親父がいたのは ルクセンブルグじゃなくって シンシン刑務所だ

I know those things/ that happened to you/ growing up.//

育ちがよくないのを知ってるぞ

I know/ you don't think/ that you're pretty enough/ or smart enough/ or talented enough or powerful enough.//

そんなに綺麗でも 賢くもない 才能もなければ力もないって 自分でわかってるだろ?

I know your dad never paid attention,/ even when/ you made CFO."//

CFO になったときでさえ 親父は全く気にかけてなかっただろう?」

Shame is/ that thing.//

恥とはこういうものです

And/ if we can quiet it down/ and walk/ in and say,/ "I'm going to do/ this,/"/ we look up/ and the critic/ that we see pointing and laughing,/99 percent of the time is/ who?//

そういう声を押さえ込んで 競技場に入り 「さぁやるぞ」と思い 目を上げて 指差し笑っている批評家を見ると それは誰でしょう? 99パーセントの場合?

Us.//

自分自身です

Shame drives two big tapes --/ "never good enough"/ and,/ if you can talk it/ out of that one,/ "who do you think you are?"//

恥はこんな2つのレッテルで縛ります 「お前は十分じゃない」 それを攻略できたら 次は 「何様のつもりだい?」

The thing to understand about shame is it's not guilt.//

恥で理解すべきなのは罪悪感との違いです

Shame is a focus/ on self,/ guilt is a focus/ on behavior.//

恥はその人自身に 罪悪感は行為に焦点があります

Shame is "I am bad."//

恥は「私が悪い」

Guilt is "I did something bad."//

罪悪感は「私は悪いことをした」

How many of you,/ if you did something/ that was hurtful/ to me,/ would be willing/ to say,/ "I'm sorry.// I made a mistake?"//

皆さんが私に何か 害があることをしたとして 「ごめんなさい 私の間違いです」

How many of you would be willing to say that?//

と言える人はどれくらいいますか? 手を挙げてください

Guilt:/ I'm sorry.// I made a mistake.//

罪悪感は「ごめんなさい 私の間違いです」ということで

Shame:/ I'm sorry.// I am a mistake.//

恥は「ごめんなさい 私みたいな人間は間違です」ということです

There's a huge difference/ between shame and guilt.//

恥と罪悪感は大きく違います

And here's/ what you need to know.//

知っておかなければならないのは

恥は様々な問題と高い相関性があることです 依存症 うつ状態 暴力 攻撃性 いじめ 自殺 摂食障害

And here's/ what you even need to know/ more.//

さらに知っておかないといけないのは

Guilt,/ inversely correlated with those things.//

罪悪感が これらの問題と逆相関していることです

The ability to hold something/ we've done or failed to do up/ against who we want to be is incredibly adaptive.//

誤った行いや失敗した行いを意識し ありたい姿と 比較して振り返る能力は 驚くほど適応力が高いのです

It's uncomfortable,/ but it's adaptive.//

居心地悪くとも 適応していけるのです

The other thing/ you need to know/ about shame is it's absolutely organized by gender.//

恥について知るべき もう一つのことは 何が恥かはジェンダー次第で決まるということです

If shame washes/ over me/ and washes over Chris,/ it's going to feel/ the same.//

恥が私やクリスの心をよぎるとしたら 2人とも同じように感じるはずです

Everyone/ sitting in here knows the warm wash of shame.//

ここにいる皆さんも 恥の感覚はご存知のはずです

We're pretty sure/ that the only people/ who don't experience shame are people/ who have no capacity/ for connection or empathy.//

恥を感じたことがないなんて人は 人間関係を持てない人や同情心を 持ち合わせていない人くらいでしょう

Which means,/ yes,/ I have a little shame;/ no,/ I'm a sociopath.//

つまり 恥を知っているか 社会病質者のどちらかということです

So/ I would opt for,/ yes,/ you have a little shame.//

だから皆さんは恥を知っているものとします

Shame feels the same/ for men and women,/ but it's organized by gender.//

男性も女性も同じように恥を感じますが 何が恥かはジェンダーで決まります

For women,/ the best example/ I can give/ you is Enjoli/ the commercial:/ "I can put the wash/ on the line,/ pack the lunches,/ hand out/ the kisses/ and be at work/ at five to nine.//

女性にとっての恥の 一番良い例は エンジョリの香水の コマーシャルでしょう 「女は 洗濯物を干して みんなの弁当を作って キスで みんなを送り出し 9時5時で働いて

I can bring home/ the bacon,/ fry it up/ in the pan/ and never let you forget you're a man."//

ペーコンを買ってきて 料理をしながらも 女らしさを 漂わせ いつでもあなたが男だって思わせてあげる」

For women,/ shame is do it/ all,/ do it perfectly/ and never let them see you sweat.//

女性にとっての恥は 全てを完璧に こなしながらも なんなくやっている? ように見せられるかどうかにかかっています

I don't know how much perfume/ that commercial sold,/ but I guarantee you,/ it moved a lot of antidepressants and anti-anxiety meds.//

このコマーシャルで香水がどれだけ売れたか知りませんが 抗うつ薬や抗不安薬はきっと たくさん売れたことでしょう

(Laughter)/ Shame,/ for women,/ is this web of unobtainable,/ conflicting,/ competing expectations/ about who we're supposed to be.//

(笑) 女性にとって恥は「女性はこうあるべき」という 達成し得ない 矛盾に満ち 相反する 期待に取り巻かれた状態です

And it's a straight-jacket.//

まるで拘束衣のようです

For men,/ shame is not a bunch of competing,/ conflicting expectations.//

男性にとっての恥は 矛盾に満ちた相反する期待ではなく

Shame is one,/ do not be perceived as what?//

恥はただ1つのこと こうとだけは絶対思われたくないこと それは何でしょう?

「弱い」ということです

I did not interview men/ for the first four years of my study.//

研究し始めの4年間は 男性を対象にしていませんでした

And it wasn't/ until a man looked at me/ one day/ after a book signing,/ said,/ "I love/ what you have to say/ about shame,/ I'm curious/ why you didn't mention men."//

本のサイン会で男性がこう言うまでは・・・ 「恥についてのお話大変興味深いです でも男性の場合がないのはどうしてです?」

And I said,/ "I don't study men."//

私が「男性は研究してないんです」と言うと 彼は

And he said,/ "That's convenient."//

「それは助かります」と言いました

(Laughter)/ And I said,/ "Why?"//

(笑) 私が「どうして?」と言うと

And he said,/ "Because you say to reach out,/ tell our story,/ be vulnerable.//

彼は「だって あなたはこの本で 手を差し伸べて 自分のことを話し 弱さを見せ“無防備”になれと言うわけでしょう?

But you see those books/ you just signed for my wife and my three daughters?"//

本にサインしてもらったのは 妻と娘たちのためだってわかりますよね?」

I said,/ "Yeah."//

私は「ええ」と言いました

"They'd rather/ me die on top of my white horse/ than watch me fall down.//

「家族は 私が英雄のように戦って死ぬ方が 落馬して生きているよりもいいと思っていますよ

When we reach out/ and be vulnerable/ we get the shit beat/ out of us.//

もし救いを求めて弱いところを見せたりしたら 叩きのめされます

And don't tell me/ it's from the guys and the coaches and the dads,/ because the women/ in my life are harder on me/ than anyone else."//

男や コーチや 父親に 弱さを見せろなんてことは書かないようにしてくださいよ 私の人生で妻や娘ほど厳しい人間はいないのですから」

So I started interviewing/ men/ and asking questions.//

この時から男性からも聞き取りをし 研究対象にするようになりました

And what I learned/ is this:/ You show me/ a woman/ who can actually sit with a man/ in real vulnerability and fear,/ I'll show you/ a woman/ who's done incredible work.//

研究から分かったのはこんな答えです もし男が本当の弱さや恐れを 話し合えるような女性がいるなら これは信じられないくらいの偉業を成し遂げた女性ということです

You show me/ a man/ who can sit with a woman/ who's just had it,/ she can't do it all anymore,/ and his first response is not,/ "I unloaded the dishwasher,/"/ but he really listens --/ because that's all we need --/ I'll show you/ a guy/ who's done a lot of work.//

もし 女性が完璧にこなす日々に? 疲れてしまった時 そばにいて 話し合えるような男性がいるなら・・・いやいや家事をして こんな風に言う男性じゃないですよ 「食洗機から 皿出して片づけたから もういいだろう!」 よく話を聞いてくれるような男性がいるなら? それが必要なすべてなんです? これは偉業を成し遂げた男性ということです

Shame is an epidemic/ in our culture.//

恥は私たちの文化に蔓延しています

And to get out/ from underneath it,/ to find our way back/ to each other,/ we have to understand/ how it affects us/ and how it affects the way/ we're parenting,/ the way/ we're working,/ the way/ we're looking/ at each other.//

この取り巻かれた状態から逃れて 支え合えるようになるためには 恥が私たちにどう影響するのか 私たちの子育てのやり方にどう影響するのか 私たちの働き方や お互いを見る見方にどう影響するのか 理解する必要があります

Very quickly,/ some research/ by Mahalik/ at Boston College.//

ボストンカレッジのマハリク博士の研究を駆け足で説明しますが

He asked,/ what do women need to do to conform to female norms?//

彼は 女性が女性らしくある為にすべきことは何か尋ねました

The top answers/ in this country:/ nice, thin, modest/ and use all available resources/ for appearance.//

この国で最も多かった回答は 感じ良く 痩せていて 控え目で あらゆる手を尽くして 容姿に気を使うことです

When he asked about men,/ what do men/ in this country need to do/ to conform with male norms,/ the answers were:/ always show emotional control,/ work is first, pursue status and violence.//

男性について 男性らしくあるために どうするべきか尋ねると 主な回答は 常に感情を抑え 仕事第一で 高い地位を求め 暴力的であることです

If we're going to find/ our way back/ to each other,/ we have to understand and know empathy,/ because empathy's the antidote/ to shame.//

もし 支え合う方法を見つけようとするなら 共感を理解し どう共感を示すか知らなければなりません 共感は恥への解毒剤だからです

If you put shame/ in a Petri dish,/ it needs three things/ to grow exponentially:/ secrecy, silence and judgment.//

シャーレに入れた恥が 爆発的に増殖するには 3つのものが必要です 秘密 沈黙 判定 です

If you put the same amount of shame/ in a Petri dish/ and douse it/ with empathy,/ it can't survive.//

同じ量の恥をシャーレに入れ 共感に浸したなら 恥は増殖できず生き残れません

The two most powerful words/ when we're in struggle:/ me too.//

苦しんでいる時に最も強力な言葉は 「私も そう」という言葉です

And/ so I'll leave you/ with this thought.//

最後に この考えをお話しして締めくくります

If we're going to find/ our way back/ to each other,/ vulnerability is going to be/ that path.//

もし 支え合う方法を 見つけようとするなら “無防備さ”こそが通るべき道です

And I know/ it's seductive/ to stand outside the arena,/ because I think/ I did it/ my whole life,/ and think to myself,/ I'm going to go/ in there/ and kick some ass/ when I'm bulletproof/ and when I'm perfect.//

競技場の外にいたいのはわかります これまでの人生でそうしてきたし こんな風に考えるからです 「弾を跳ね返せるぐらい 完璧になったら 競技場に乗り込んでガツンと言わせやろう」

And that is seductive.//

これには惹かれます

But the truth is/ that never happens.//

しかし 現実には そんな状態にはなれません

And/ even if you got as perfect/ as you could/ and as bulletproof/ as you could possibly muster/ when you got in there,/ that's not/ what we want to see.//

たとえ最高に完璧になれ どんな弾も跳ね返せるようになって 競技場に登場したとしても そんな完璧な姿をみんな見たいわけではないのです

We want you/ to go in.//

ただ競技場に足を踏み入れ

We want to be with you and across from you.//

一緒に向き合いたいのです

And we just want,/ for ourselves/ and the people/ we care about and the people/ we work with,/ to dare greatly.//

みんな ただ自分自身や 自分が気にかける人や 一緒に働く人のために 果敢に挑みたいだけなのです

So thank you all very much.// I really appreciate it.//

ありがとうございました お話できて とても感謝しています

(拍手)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

vulnerability

傷つきやすいこと,(批判・皮肉などに)弱いこと

hangover

二日酔い

残存[物],遺物

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

days

たいてい昼間は

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

researcher

研究者,調査員

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

datum

dataの単数形

既知の事実

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

breakdown

(列車・機械などの)故障,破損

病気で倒れること,衰弱

分析

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

laughter

『笑い』,笑い声

ca

circa

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

yeah

=yes

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

dumb

『物の言えない』,口をきくことができない

口をつぐんでいる,黙っている(silent)

《名詞的にthe~》口のきけない人々

《話》頭の悪い,ばかな

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

dorm

=dormitory

erase

(…から)〈文字など〉‘を'『ふいて消す』,削除する,取り消す《+『名』+『from』+『名』》

…‘の'文字(絵など)を消す

(記憶などから)…‘を'消し去る,ぬぐい去る《+『名』+『from』+『名』》

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

uh

あの‐ええその‐(ちゅうちょうなどで次の言葉が出ないときのつなぎ語)

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

contingency

〈C〉偶発事件,不慮の事故;(ある事に)伴う事件

〈U〉偶然,偶発性

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

ending

終り,終了;(物語・映画などの)結末

(文の)語尾

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

radar

電波探知法;〈C〉電波探知機,レーダー[radio detecting and rangingの略]

learned

『学問のある』,博学な

学問的な,学術的な

《名詞的に;the~》学者たち

weakness

〈U〉(体・心・性格か)『弱いこと』《+of+名》

〈C〉『弱点』,短所

〈C〉(特に良くないものに対する)特別な好み,愛好《+for+名》

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

profoundly

深く

十分に

心から

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

warning

〈U〉〈C〉『警告』,戒め

〈C〉(…への)警告となるもの《+to+名》;(…について)注意を俗すもの《OF+名》

〈U〉《古》(雇用契約を解除する)予告,通告

therapist

治療専門家

uncomfortably

心地よくなく,不愉快に

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

courage

『勇気』,度胸

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

lives

lifeの複数形

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

accurate

『正確な』,的確な,精密な

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

creativity

独創性

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

birthplace

出生地,故郷

applause

『拍手かっさい』;称賛

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

adaptability

適応性,順応性

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

sporting

《名詞の前にのみ用いて》スポーツの(に関する,用の)

スポーツマンらしい,正々堂々とした

勝ち負け五分五分の,いちかばちかの

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

goggle

(…に)目をぎょろつかせる,(…を)目を丸くして見る《+『at』+『名』》

〈C〉(目を丸くした)凝視

《複数形で》ゴーグル(オートバイやスキーなどのときにかける防塵(ぼうじん)めがね

shin

むこうずね

(動物の)すね,掌骨

(両手・両足を使って)(…を)よじ登る《+『up』+『名』》

guard

〈C〉『見張り』,番人;歩哨(ほしょう),番兵;護衛兵

〈U〉(…を)見張ること,監視すること《+『over』+『名』》;(…を)警戒(用心)すること《+『against』+『名』》

〈C〉《英》(列車・電車の)『車掌』(《米》conductor)

《the Guards》《英》近衛(このえ)連隊

〈U〉〈C〉(ボクシング・フェンシングなどで,相手の攻撃に対する)ガード,防御

〈C〉(米式フットボール・バスケットボールの)ガード

〈C〉《しばしば複合語を作って》「(危険などを)防止する物,保護物」の輔を表す

…‘を'『見張る』,環視する

(…から)…‘を'『警戒する』,守る《+『against』(『from』)+『名』》

(…に備えて)『警戒する』,用心する《+『against』+『名』(do『ing』)》

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

motto

『モットー』,教え(戒め)とする言葉,座右の銘

(器物・貨幣・記念碑などにしるす)題句,題銘 処世訓 金言 標語

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

awakening

(…に)目ざめること,気づくこと《+『to』+『名』》

目ざめさせる,目ざめつつある

book club

ブッククラブ(会員に割引で本を売る組織)

rename

…‘の'名を付け替える,‘に'新しい名前を付ける

babe

《文》赤ん坊

うぶな人,世間知らず

《米俗》=baby4

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

faculty

〈C〉(…の)『才能』,能力《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(身体器官の)『機能』(function);(精神的)能力・〈C〉(大学の)『学部』

(大学の学部の)『教授団』・(大学の)全教職員

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

no one

『だれも』…『ない』

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

airplane

『飛行機』(《英》aeroplane)

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

cardinal

『基本的な』;主要な

深紅(しんこう)色の

〈C〉枢機卿(教皇の最高顧問;その数は70人で深紅色の衣装をまとう)

〈U〉深紅色

〈C〉=cardinal number

(また『cardinal bird』)〈C〉(北米産の)ショウジョウコウカンチョウ

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

imperative

『命令的な』,断固とした

(行動などが)‐避けられない』,のっぴきならない

(文法で動詞が)命令法の

(文法で)命令法;〈C〉命令文

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

analyst

(状況などの)分析者,解説者

(科学・経済・政治の)分析者

《米》精神分析家(医)(psychoanalyst)

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

construct

(一定の計画・設計に従って)…'を'『組み立てる』,建造する,建設する

〈文・理論など〉'を'構成する,考案する

(幾何で)〈図形〉'を'描く,作図する

(心の中の)複合概念

galosh

ガロッシュ(《米》くるぶしの上までくるゴム製の雨天用オーバーシューズ;《英》雨天用の低いオーバーシューズ)

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

checklist

照合表;目録(catalog)

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

suture

〈U〉(傷口などの)縫合

〈C〉縫合糸;(傷口などの)縫い目

stitch

〈C〉(縫い物・外科手術などの)『一針』,(編み物の)一編み

〈C〉針目,縫い目,編み目

〈C〉縫い方,編み方

〈U〉《しばしばa~》(わき腹・背などの)激痛,差し込み

〈C〉《話》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』》

…‘を'縫う,縫い付ける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

縫う

all-powerful

全能の

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

unnecessarily

不必要に,無用に,よけいに

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

miserably

みじめに,哀れに,見る影もなく;貧弱に,粗末に

times

…掛ける

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

Roosevelt

(『Franklin Delano』~;1882‐1945;米国第32代の大統領;在職1933‐45)

(『Theodore』~;1858‐1919;米国第26代の大統領;在職1901‐09)

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

arena

(古代ローマ時代の円形劇場の中央にある)闘技場

(一般にスポーツなどの)競技場,競演場

競争の場,活躍の舞台

critic

(特に文学・美術・音楽の)『評論家』,『批評家』

あら捜しをする人,酷評する人

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

doer

(思索型の人に対して)実行家,行動家

deed

『行為』,行動

(正式の)捺印証書,権利書

…'を'証書を作製して譲渡する

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

sweat

〈U〉『汗』

〈U〉(一般に,物の表面にできる)湿気,露,水滴

〈U〉《しばしばa ~》発汗[状態];〈C〉発汗作用

〈U〉《しばしばa ~》《話》心配(いらだち,怒り)の状態

〈U〉《しばしばa ~》骨折り,つらい労働

『汗をかく』

(一般に,物の表面が)湿気を帯びる,汗をかく

《話》汗水流して働く

〈水分〉‘を'毛穴などから出す

…‘に'汗をかかせる

〈体重など〉‘を'汗を流して減らす《+away(off)+名,+away(off)+名》

…から水分を出させる

〈人・馬など〉‘を'汗水流して働かせる,酷使する

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

daring

大胆な,ずぶとい(bold)

思いきった,ざん新な

{名}〈U〉

大胆不敵,勇敢さ

greatly

『大いに,非常に』

dare

『あえて…る』

《『dare to』 do》『思いきって…する』,…する勇がある

〈危険など〉‘に'『立ち向かう』

〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する(challenge)

挑戦[すること](challenge)

gremlin

グレムリン(第二次大戦中,飛行機のエンジンに故障を起こさせると言われた小悪魔)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

dad

『おとうちゃん』

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

laughing

笑っている;笑っているように見える(聞こえる)

笑いを誘う(laughable)

笑い,笑い声(laughter)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

guilt

『有罪』;『罪』;犯罪[行為]

罪の意識,やましさ

self

(他人と区別して)『自己』,自分,自身

〈C〉(人・物の)本質,個性;性格の一面

〈U〉私利,私欲,私心

同じ材料でできた,共ぎれの

hurtful

(精神的・肉体的に)苦痛を与える,傷つける

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

correlate

…‘に'相互関係を持たせる;…'を'(…と)関連させる《+『名』+『with』+『名』》

相互に関連がある;(…と)関連がある《+『with』+『名』》

相互関係にあるもの

addiction

(物事に)熱中すること《+『to』+『名』》

(麻薬などの)常用《+『to』+『名』》

depression

〈C〉『くぼ地』,くぼみ

〈U〉〈C〉『意気消沈』,憂うつ;うつ病

〈C〉『不景気』,不況

〈U〉押し下げること,降下,低下

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

aggression

〈U〉〈C〉(武力による他国への)侵略,攻撃

〈U〉〈C〉(他人の権利などへの)侵害

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

incredibly

信じられないほど

adaptive

適応できる,適応性のある

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

gender

(名詞・代名詞の)性

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

empathy

(心理学で)感情移入,共感

sociopath

反社会的な人

opt

(・・・を)選ぶ《+『for』+『名』》;(・・・するほうを)選ぶ《+『to』 do》

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

kiss

…‘に'『口づけする』,『キスする』

…‘に'軽く触れる

口づけする,キスをする

《俗》(前の車に)追突する

『口づけ,キス』

軽く触れること

(1個ずつ紙・銀紙に包まれたチョコレートなどの)小さなキャンデー

bacon

『ベーコン』

fry

…‘を'『油で揚げる』,油でいためる

揚げ物になる,揚がる

《話》(日光浴などして)焼く,日焼けする

(野外で行う)揚げ物の会食

pan

(通例ふたのない片柄の)『平なべ』

平なべ状の物;(はかりなどの)皿;(砂金などを砂利から分ける)選鉱なべ

硬質地層

…‘を'平なべで煮る

〈砂金など〉‘を'えり分ける,選鉱する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

《話》…‘を'こきおろす,酷評する

(…を得るために)選鉱なべで洗う《+『for』+『名』》

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

perfume

〈U〉『香り』,よいにおい,芳香

〈C〉〈U〉『香水』,香料

…‘に'香水をつける

…‘を'いい香りでいっぱいにする

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

antidepressant

抗抑鬱(うつ)剤(鬱病の治療薬)

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

men

manの複数形

convenient

(物事が)『便利な』,使いやすい

《補語にのみ用いて》(場所が)(…に)近い,近くて便利な《+『to』(『for』)+『名』》

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

white horse

白くあわ立ってくだける波頭,白波

shit

くそをする,大便をする

…‘を'大便をして汚す

くそ,大便;《しばしばa ~》くそをすること

たわごと

(怒り・嫌悪などを表して)ちぇっ,くそっ

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

coach

(箱形・屋根付き)『大型四輪馬車』;(鉄道以前の)駅馬車

(sleeping car, parlor carと区別して)普通客車

《米》大型バス;《英》長距離バス

(また『coacher』)(競技車・チームなどの)『コーチ』,監督;(野球で)(1塁・3塁の)走塁コーチ;(歌手・俳優などの)指導者;(受験指導の)家庭教師

〈米〉(飛行機・列車・バスなどの)普通席

〈チーム・学生など〉'を'『指導する』;…‘に'(…の)指導をする《+『名』+『for』+『名』

+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

指導をする,コーチをする

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

unload

(…から)〈荷・乗客〉‘を'『降ろす』《+名+from+名》

〈船.車など〉‘の'積み荷お降ろす

〈銃.大砲など〉‘から'弾丸お抜く

(また《英》off-load)〈悩みなど〉‘を'口にする;(人)〈悩みなど〉‘を'打ち明ける《+名+to(on)+名〈人〉》

《話》〈不用品など〉'を'処分する

〈船などが〉積み荷お降ろす

dishwasher

(食堂の)皿洗い[人]

[自動]皿洗い機

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

conform

(慣例・規範などに)『従って行動する』(『考える』)《+『to』(『with』)+『名』》・〈物事が〉(…と)一鋳する,符合する《+『to』+『名』》・(…に)…'を'一致させる,適応させる《+『名』+『to』+『名』》

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

modest

『謙そんした』,謙虚な;控え目な

(特に女性について)品のいい,しとやかな

じみな,質素な(simple)

(量・規模・程度が)中ぐらいの,並の(moderate)

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

antidote

(…の)解毒剤,毒消し《+『against』(『for, to』)+『名』》

(…に対する)対抗手段,矯正手段《+『against』(『for, to』)+『名』》

Petri dish

ペトリ皿(細菌培養などに用いる,ゆるいふたの付いた浅いガラス製またはプラスチック製の透明な皿)

secrecy

『秘密』[の状態]

『秘密を守ること』,秘密厳守

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

douse

…‘を'水中に突っ込む;…‘を'ずぶぬれにする

《話》〈火・燈火〉‘を'消す

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

seductive

人を引きつける,魅惑的な

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

ass

ロバ

ばか者

bulletproof

弾丸の通らない,防弾の

…'を'防弾にする

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

muster

〈人・物〉‘を'集める;(戦闘・点呼などで)〈兵〉‘を'召集する

〈勇気など〉‘を'呼び集める,奮い起こす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

集まる

召集,人員点呼;検閲

(人・物の)集合,群れ

人員名簿,点呼名簿

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

関連動画