TED日本語 - ジュリアン トレジャー: シーッ!音と健康を考える8つのステップ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ジュリアントレジャーによれば、今日の騒がしい世の中は、私たちの心の健康も蝕み、命までも奪います。彼は(安物のイヤホン使用からはじまる)音による攻撃を和らげ、そして私たちの音との関係も修復させる8つのステップを紹介します。

Script

ヒンドゥー語で「ナーダブラーマ」 「世界は音でできている」という意味です 万物は振動しているので ある意味でこれは真実です 実際、ここにいらっしゃるみなさんも振動しています 体のあらゆる部分は別々の周波数で振動しています いわば、みなさんは和音と言えるでしょう それぞれ固有の和音です 健康とは この和音が完全に 響き合う状態といえるでしょう この和音は耳では聞けません でも耳では なんと10オクターブも聞こえます ちなみに眼には1オクターブしか見えません 耳は働きづめで まぶたもなく 寝ている間も動いています 原子4個分だけ鼓膜が動くと 一番小さな音が聞こえます 一番大きい音は その1兆倍も大きいのです

耳は聞くためにあるのではありません 聴くためにあるのです 聴くというのは、積極的なスキルです 聞くことは受動的ですが 聴くときには 自分から働きかけなければなりません 一方で、このスキルは誰かに習うものではありません 例えば、これまで「聴く姿勢」というのを考えたことはあるでしょうか? どのように聴くか?ということです 二つの例をみてみましょう 抽出的リスニングには聴く「目的」があります 関係の無い情報をどんどんそぎ落としていき 本当に必要なものだけを抽出する聴き方です 男性は一般的にこのような聴き方をします 「相談したいことがあるんだ」と言えば 「こうすればいいよ」「どうも」「次っ」 男性は こうじゃないですか?

一方で、発展的なリスニングは 「いっしょに」に聴くという姿勢です 終着点があるわけではなく やりとりを楽しむのです 女性の聴き方は発展的です 二人は 向き合って視線を合わせています 二人同時に話しているかもしれませんが (笑) 男性のみなさん、他のことはともかく 発展的に聴いてみてください 人間関係が変わってきますよ

聴くことの問題点は、身のまわりの多くが 騒音だということです このような騒音はEUによれば ヨーロッパの人口の25%の人々の健康 そして生活の質に 影響を及ぼしているといいます ヨーロッパの人口の2% 1600万人の人々が こうした騒音による 睡眠障害に苦しんでいます 騒音はヨーロッパで 年間20万人を死に至らしめてます 本当に深刻な問題です

子供であれば不快な騒音がしたら、指を耳に突っ込んで ハミングしていればよいでしょう 最近では、同じことをもうちょっとカッコよくできます これをつかえば ヘッドフォンの普及には 3つの深刻な問題があります 第一に、シェーファーの造語で 「音響失調症」です この障害は、見るものと 聞こえるものの不一致から生じます つまり、私たちは生活の中に実際には 自分の周りにない音を作り出したわけです 常に音響失調症の状態で暮らすというのは 本当に不健康なことです

二番目の問題は 音楽データの圧縮により生じるものです 音楽は圧縮されてポケットサイズになりました この圧縮には犠牲が伴います まず圧縮されていない音楽を聞いてみましょう (圧縮されていない音楽) 次に同じ音楽ですが、98%のデータが削除されています (98%のデータが削除された音楽) 少なくとも、みなさんのうちの何人かは この違いに気づかれたことを願います 圧縮された音楽は、人を疲れさせ イライラさせるという代償もあります 考えてもみてください これは、長い目でみると好ましいことではありません

三番目の問題は、難聴です 騒音性難聴 1千万人ものアメリカ人がなんらかの理由でこの障害を抱えてます 特に心配なのは 16% 約6人に1人のアメリカのティーンが ヘッドフォンを間違って使い この障害に遭っています あるアメリカの大学の調査によると 61%もの新入生が ヘッドフォンの誤用から 聴覚に障害が生じているのです 一世代まるごと聴覚障害を抱えることになるかもしれません 本当に深刻な問題です

耳を守る3つのちょっとしたアドバイスをお伝えします ぜひお子さんにも伝えてあげてください まず、専用の耳栓はとても効果があります 私はいつも使ってます 次に、ヘッドフォンを買うなら一番高品質のものを買いましょう 高品質のものはボリュームを上げなくてもよく聞こえます 大声で話かけられても、聞こえないようなら 音が大きすぎるということです 最後に、騒音に囲まれたら 指を耳に突っ込んで、そこから立ち去りましょう こうやって、耳を守るのです

騒音から立ち去って、耳に優しい友達を探し求めましょう WWB 風(Wind)、水(Water)、鳥のさえずり(Birds) 自然界の音は たくさんのランダムな音の組み合わせです これらの音はとても健康的です 長年こんな音とともにずっと進化して来たのです これらの音を聞くようにしてください。そしてこれ 沈黙はすばらしい エリザベス朝時代には、言葉を 装飾された沈黙と表現しました 沈黙から離れるときは 意識して 芸術的な音風景をデザインしましょう 前景も背景もすべて見事に均整のとれた芸術です 音でデザインをするのは楽しいことです もし自分でできないならプロに頼むのもよいでしょう 音風景のデザインには将来性があり 音風景は世の中の音を変える力になるでしょう

駆け足で、8つの応用例を紹介します 健康に役立つ8項目です まず超音波。理学療法としてよく知られています 今ではガン治療にも使われてます 砕石術は強力な音波で結石を粉砕します 毎年 何千人もが手術の代わりに利用します 音によるヒーリングはすばらしい方法で 何千年も前から存在します このヒーリング法を試されるのをお勧めします 今では、自閉症、認知症などの治療にも とても効果的な方法として使われています そして音楽。もし、その音楽が一般的に愛情こめて 善意で作曲されたものならば 聴くだけで良い効果があります 賛美曲、モーツァルトなどいずれもすばらしい 多くの種類の健康によい音楽が たくさんあります

みなさんが実際に行動して 取り組むべき4項目を述べます まず、意識して聴いてください 私のスピーチのあとみなさんが実践されることを願ってます 人生の全く新しい世界が開け、とてもよいことです 次に音を創り出してみてください 音を創造するのです 声はみなさん全てが使う楽器です でも発声法を習ったことはありますか?習って下さい 歌や楽器も習いましょう ミュージシャンの脳は通常より大きい。本当です 演奏は一人でもできるし、グループでもできます 音響失調症に対する防御として 一人でまたはグループでどちらのスタイルでも 演奏するのは素晴らしいことです 身の回りの音を管理しましょう 自分の耳を守る?もちろんです 家庭でも職場でも、身の回りの音の風景を デザインしましょう もし誰かがさきほど流したような騒音で 攻撃してきたら キッパリと断りましょう

音で健康改善するために今すぐできる 7項目を示します 私は美しい音で満たされた世界を願っています ご紹介したことは そこに向けた大きな一歩です ぜひ一歩踏み出してみてください

こういう鳥のさえずりがとてもいいんです みなさんの聴覚の健康をお祈りします

(拍手)

The Hindus say, "Nada brahma," one translation of which is, "The world is sound." And in a way, that's true, because everything is vibrating. In fact, all of you as you sit here right now are vibrating. Every part of your body is vibrating at different frequencies. So you are, in fact, a chord -- each of you an individual chord. One definition of health may be that that chord is in complete harmony. Your ears can't hear that chord; they can actually hear amazing things. Your ears can hear 10 octaves. Incidentally, we see just one octave. Your ears are always on -- you have no ear lids. They work even when you sleep. The smallest sound you can perceive moves your eardrum just four atomic diameters. The loudest sound you can hear is a trillion times more powerful than that.

Ears are made not for hearing, but for listening. Listening is an active skill, whereas hearing is passive, listening is something that we have to work at -- it's a relationship with sound. And yet it's a skill that none of us are taught. For example, have you ever considered that there are listening positions, places you can listen from? Here are two of them. Reductive listening is listening "for." It reduces everything down to what's relevant and it discards everything that's not relevant. Men typically listen reductively. So he's saying, "I've got this problem." He's saying, "Here's your solution. Thanks very much. Next." That's the way we talk, right guys?

Expansive listening, on the other hand, is listening "with," not listening "for." It's got no destination in mind -- it's just enjoying the journey. Women typically listen expansively. If you look at these two, eye contact, facing each other, possibly both talking at the same time. (Laughter) Men, if you get nothing else out of this talk, practice expansive listening, and you can transform your relationships.

The trouble with listening is that so much of what we hear is noise, surrounding us all the time. Noise like this, according to the European Union, is reducing the health and the quality of life of 25 percent of the population of Europe. Two percent of the population of Europe -- that's 16 million people -- are having their sleep devastated by noise like that. Noise kills 200,000 people a year in Europe. It's a really big problem.

Now, when you were little, if you had noise and you didn't want to hear it, you'd stick your fingers in your ears and hum. These days, you can do a similar thing, it just looks a bit cooler. It looks a bit like this. The trouble with widespread headphone use is it brings three really big health issues. The first really big health issue is a word that Murray Schafer coined: "schizophonia." It's a dislocation between what you see and what you hear. So, we're inviting into our lives the voices of people who are not present with us. I think there's something deeply unhealthy about living all the time in schizophonia.

The second problem that comes with headphone abuse is compression. We squash music to fit it into our pocket and there is a cost attached to this. Listen to this -- this is an uncompressed piece of music. (Music) And now the same piece of music with 98 percent of the data removed. (Music) I do hope that some of you at least can hear the difference between those two. There is a cost of compression. It makes you tired and irritable to have to make up all of that data. You're having to imagine it. It's not good for you in the long run.

The third problem with headphones is this: deafness -- noise-induced hearing disorder. Ten million Americans already have this for one reason or another, but really worryingly,16 percent -- roughly one in six -- of American teenagers suffer from noise-induced hearing disorder as a result of headphone abuse. One study at an American university found that 61 percent of college freshmen had damaged hearing as a result of headphone abuse. We may be raising an entire generation of deaf people. Now that's a really serious problem.

I'll give you three quick tips to protect your ears and pass these on to your children, please. Professional hearing protectors are great; I use some all the time. If you're going to use headphones, buy the best ones you can afford because quality means you don't have to have it so loud. If you can't hear somebody talking to you in a loud voice, it's too loud. And thirdly, if you're in bad sound, it's fine to put your fingers in your ears or just move away from it. Protect your ears in that way.

Let's move away from bad sound and look at some friends that I urge you to seek out. WWB: Wind, water, birds -- stochastic natural sounds composed of lots of individual random events, all of it very healthy, all of it sound that we evolved to over the years. Seek those sounds out; they're good for you and so it this. Silence is beautiful. The Elizabethans described language as decorated silence. I urge you to move away from silence with intention and to design soundscapes just like works of art. Have a foreground, a background, all in beautiful proportion. It's fun to get into designing with sound. If you can't do it yourself, get a professional to do it for you. Sound design is the future, and I think it's the way we're going to change the way the world sounds.

I'm going to just run quickly through eight modalities,eight ways sound can improve health. First, ultrasound: we're very familiar with it from physical therapy; it's also now being used to treat cancer. Lithotripsy -- saving thousands of people a year from the scalpel by pulverizing stones with high-intensity sound. Sound healing is a wonderful modality. It's been around for thousands of years. I do urge you to explore this. There are great things being done there, treating now autism, dementia and other conditions. And music, of course. Just listening to music is good for you, if it's music that's made with good intention, made with love, generally. Devotional music, good -- Mozart, good. There are all sorts of types of music that are very healthy.

And four modalities where you need to take some action and get involved. First of all, listen consciously. I hope that that after this talk you'll be doing that. It's a whole new dimension to your life and it's wonderful to have that dimension. Secondly, get in touch with making some sound -- create sound. The voice is the instrument we all play, and yet how many of us are trained in using our voice? Get trained; learn to sing, learn to play an instrument. Musicians have bigger brains -- it's true. You can do this in groups as well. It's a fantastic antidote to schizophonia; to make music and sound in a group of people, whichever style you enjoy particularly. And let's take a stewarding role for the sound around us. Protect your ears? Yes, absolutely. Design soundscapes to be beautiful around you at home and at work. And let's start to speak up when people are assailing us with the noise that I played you early on.

So I'm going to leave you with seven things you can do right now to improve your health with sound. My vision is of a world that sounds beautiful and if we all start doing these things, we will take a very big step in that direction. So I urge you to take that path.

I'm leaving you with a little more birdsong, which is very good for you. I wish you sound health.

(Applause)

The Hindus say,/ "Nada brahma,/"/ one translation of which is,/ "The world is sound."//

ヒンドゥー語で「ナーダブラーマ」 「世界は音でできている」という意味です

And in a way,/ that's true,/ because everything is vibrating.//

万物は振動しているので ある意味でこれは真実です

In fact,/ all of you/ as you sit here right now are vibrating.//

実際、ここにいらっしゃるみなさんも振動しています

Every part of your body is vibrating at different frequencies.//

体のあらゆる部分は別々の周波数で振動しています

So you are,/ in fact,/ a chord --/ each of you/ an individual chord.//

いわば、みなさんは和音と言えるでしょう それぞれ固有の和音です

One definition of health may be/ that that chord is in complete harmony.//

健康とは この和音が完全に 響き合う状態といえるでしょう

Your ears can't hear that chord;/ they can actually hear amazing things.// Your ears can hear 10 octaves.//

この和音は耳では聞けません でも耳では なんと10オクターブも聞こえます

Incidentally,/ we see just one octave.//

ちなみに眼には1オクターブしか見えません

Your ears are always on --/ you have no ear lids.//

耳は働きづめで まぶたもなく

They work even/ when you sleep.//

寝ている間も動いています

The smallest sound/ you can perceive moves/ your eardrum/ just four atomic diameters.//

原子4個分だけ鼓膜が動くと 一番小さな音が聞こえます

The loudest sound/ you can hear/ is a trillion times more powerful/ than that.//

一番大きい音は その1兆倍も大きいのです

Ears are made not for hearing, but/ for listening.//

耳は聞くためにあるのではありません 聴くためにあるのです

Listening is an active skill,/ whereas hearing is passive,/ listening is something/ that we have to work/ at --/ it's a relationship/ with sound.//

聴くというのは、積極的なスキルです 聞くことは受動的ですが 聴くときには 自分から働きかけなければなりません

And yet/ it's a skill/ that none of us are taught.//

一方で、このスキルは誰かに習うものではありません

For example,/ have you ever considered/ that there are listening positions,/ places you can listen from?//

例えば、これまで「聴く姿勢」というのを考えたことはあるでしょうか? どのように聴くか?ということです

Here are two of them.//

二つの例をみてみましょう

Reductive listening is listening "for."//

抽出的リスニングには聴く「目的」があります

It reduces everything down/ to/ what's relevant/ and it discards everything/ that's not relevant.//

関係の無い情報をどんどんそぎ落としていき 本当に必要なものだけを抽出する聴き方です

Men typically listen reductively.//

男性は一般的にこのような聴き方をします

So he's saying,/ "I've got this problem."//

「相談したいことがあるんだ」と言えば

He's saying,/ "Here's your solution.// Thanks very much.// Next."//

「こうすればいいよ」「どうも」「次っ」

That's the way/ we talk,/ right guys?//

男性は こうじゃないですか?

Expansive listening,/ on the other hand,/ is listening "with,/"/ not listening "for."//

一方で、発展的なリスニングは 「いっしょに」に聴くという姿勢です

It's got no destination/ in mind --/ it's just enjoying/ the journey.//

終着点があるわけではなく やりとりを楽しむのです

Women typically listen expansively.//

女性の聴き方は発展的です

If you look at these two,/ eye contact,/ facing each other,/ possibly/ both talking at the same time.//

二人は 向き合って視線を合わせています 二人同時に話しているかもしれませんが

(Laughter)/ Men,/ if you get nothing else/ out of this talk,/ practice expansive listening,/ and you can transform your relationships.//

(笑) 男性のみなさん、他のことはともかく 発展的に聴いてみてください 人間関係が変わってきますよ

The trouble/ with listening is/ that so much of what we hear is noise,/ surrounding us/ all the time.//

聴くことの問題点は、身のまわりの多くが 騒音だということです

Noise/ like this,/ according/ to the European Union,/ is reducing the health and the quality of life of 25 percent of the population of Europe.//

このような騒音はEUによれば ヨーロッパの人口の25%の人々の健康 そして生活の質に 影響を及ぼしているといいます

Two percent of the population of Europe --/ that's 16 million people --/ are having their sleep devastated by noise/ like that.//

ヨーロッパの人口の2% 1600万人の人々が こうした騒音による 睡眠障害に苦しんでいます

Noise kills 200,000 people/ a year/ in Europe.//

騒音はヨーロッパで 年間20万人を死に至らしめてます

It's a really big problem.//

本当に深刻な問題です

Now,/ when you were little,/ if you had noise/ and you didn't want to hear/ it,/ you'd stick your fingers/ in your ears/ and hum.//

子供であれば不快な騒音がしたら、指を耳に突っ込んで ハミングしていればよいでしょう

These days,/ you can do a similar thing,/ it just looks a bit cooler.//

最近では、同じことをもうちょっとカッコよくできます

It looks a bit/ like this.//

これをつかえば

The trouble/ with widespread headphone use is it brings three really big health issues.//

ヘッドフォンの普及には 3つの深刻な問題があります

The first really big health issue is a word/ that Murray Schafer coined:/ "schizophonia."//

第一に、シェーファーの造語で 「音響失調症」です

It's a dislocation/ between what you see/ and what you hear.//

この障害は、見るものと 聞こえるものの不一致から生じます

So,/ we're inviting/ into our lives/ the voices of people/ who are not present/ with us.//

つまり、私たちは生活の中に実際には 自分の周りにない音を作り出したわけです

I think/ there's something deeply unhealthy/ about living all the time/ in schizophonia.//

常に音響失調症の状態で暮らすというのは 本当に不健康なことです

The second problem/ that comes with headphone abuse is compression.//

二番目の問題は 音楽データの圧縮により生じるものです

We squash music/ to fit it/ into our pocket/ and there is a cost attached to this.//

音楽は圧縮されてポケットサイズになりました この圧縮には犠牲が伴います

Listen/ to this --/ this is an uncompressed piece of music.//

まず圧縮されていない音楽を聞いてみましょう

(Music)/ And now/ the same piece of music/ with 98 percent of the data removed.//

(圧縮されていない音楽) 次に同じ音楽ですが、98%のデータが削除されています

(Music)/ I do hope/ that some of you at least can hear the difference/ between those two.//

(98%のデータが削除された音楽) 少なくとも、みなさんのうちの何人かは この違いに気づかれたことを願います

There is a cost of compression.//

圧縮された音楽は、人を疲れさせ

It makes you tired and irritable/ to have to make up/ all of that data.//

イライラさせるという代償もあります

You're having to imagine/ it.//

考えてもみてください

It's not good/ for you/ in the long run.//

これは、長い目でみると好ましいことではありません

The third problem/ with headphones is this:/ deafness --/ noise-induced hearing disorder.//

三番目の問題は、難聴です 騒音性難聴

Ten million Americans already have this/ for one reason or another,/ but really worryingly,/16 percent --/ roughly one/ in six --/ of American teenagers suffer from noise-induced hearing disorder/ as a result of headphone/ abuse.//

1千万人ものアメリカ人がなんらかの理由でこの障害を抱えてます 特に心配なのは 16% 約6人に1人のアメリカのティーンが ヘッドフォンを間違って使い この障害に遭っています

One study/ at an American university found/ that 61 percent of college freshmen had damaged hearing/ as a result of headphone abuse.//

あるアメリカの大学の調査によると 61%もの新入生が ヘッドフォンの誤用から 聴覚に障害が生じているのです

We may be raising an entire generation of deaf people.//

一世代まるごと聴覚障害を抱えることになるかもしれません

Now/ that's a really serious problem.//

本当に深刻な問題です

I'll give you/ three quick tips/ to protect your ears/ and pass these/ on/ to your children,/ please.//

耳を守る3つのちょっとしたアドバイスをお伝えします ぜひお子さんにも伝えてあげてください

Professional hearing protectors are great;/ I use some all the time.//

まず、専用の耳栓はとても効果があります 私はいつも使ってます

If you're going to use/ headphones,/ buy the best ones/ you can afford/ because quality means you don't have to have/ it so loud.//

次に、ヘッドフォンを買うなら一番高品質のものを買いましょう 高品質のものはボリュームを上げなくてもよく聞こえます

If you can't hear somebody/ talking to you/ in a loud voice,/ it's too loud.//

大声で話かけられても、聞こえないようなら 音が大きすぎるということです

And thirdly,/ if you're in bad sound,/ it's fine/ to put your fingers/ in your ears/ or just move away/ from it.//

最後に、騒音に囲まれたら 指を耳に突っ込んで、そこから立ち去りましょう

Protect your ears/ in that way.//

こうやって、耳を守るのです

Let's move away/ from bad sound/ and look at some friends/ that I urge you/ to seek out.//

騒音から立ち去って、耳に優しい友達を探し求めましょう

WWB:/ Wind,/ water,/ birds --/ stochastic natural sounds composed of lots of individual random events,/ all of it very healthy,/ all of it sound/ that we evolved to/ over the years.//

WWB 風(Wind)、水(Water)、鳥のさえずり(Birds) 自然界の音は たくさんのランダムな音の組み合わせです これらの音はとても健康的です 長年こんな音とともにずっと進化して来たのです

Seek/ those sounds out;/ they're good/ for you/ and so/ it/ this.//

これらの音を聞くようにしてください。そしてこれ

Silence is beautiful.//

沈黙はすばらしい

エリザベス朝時代には、言葉を 装飾された沈黙と表現しました

I urge you/ to move away/ from silence/ with intention/ and to design soundscapes/ just like works of art.//

沈黙から離れるときは 意識して 芸術的な音風景をデザインしましょう

Have a foreground,/ a background,/ all/ in beautiful proportion.//

前景も背景もすべて見事に均整のとれた芸術です

It's fun/ to get into designing with sound.//

音でデザインをするのは楽しいことです

If you can't do it/ yourself,/ get a professional/ to do it/ for you.//

もし自分でできないならプロに頼むのもよいでしょう

Sound design is the future,/ and I think/ it's the way/ we're going to change/ the way/ the world sounds.//

音風景のデザインには将来性があり 音風景は世の中の音を変える力になるでしょう

I'm going to just run quickly/ through eight modalities,/eight ways sound can improve health.//

駆け足で、8つの応用例を紹介します 健康に役立つ8項目です

First,/ ultrasound:/ we're very familiar/ with it/ from physical therapy;/ it's also now being used to treat cancer.//

まず超音波。理学療法としてよく知られています 今ではガン治療にも使われてます

Lithotripsy --/ saving thousands of people/ a year/ from the scalpel/ by pulverizing stones/ with high-intensity sound.//

砕石術は強力な音波で結石を粉砕します 毎年 何千人もが手術の代わりに利用します

Sound healing is a wonderful modality.//

音によるヒーリングはすばらしい方法で

It's been around for thousands of years.//

何千年も前から存在します

I do urge you/ to explore this.//

このヒーリング法を試されるのをお勧めします

There are great things/ being done there,/ treating now/ autism,/ dementia and other conditions.//

今では、自閉症、認知症などの治療にも とても効果的な方法として使われています

And music,/ of course.// Just listening/ to music is good/ for you,/ if it's music/ that's made with good intention,/ made with love,/ generally.//

そして音楽。もし、その音楽が一般的に愛情こめて 善意で作曲されたものならば 聴くだけで良い効果があります

Devotional music,/ good --/ Mozart,/ good.//

賛美曲、モーツァルトなどいずれもすばらしい

There are all sorts of types of music/ that are very healthy.//

多くの種類の健康によい音楽が たくさんあります

And four modalities/ where you need to take/ some action/ and get involved.//

みなさんが実際に行動して 取り組むべき4項目を述べます

First of all,/ listen consciously.//

まず、意識して聴いてください

I hope/ that that/ after this talk/ you'll be doing that.//

私のスピーチのあとみなさんが実践されることを願ってます

It's a whole new dimension/ to your life/ and it's wonderful/ to have that dimension.//

人生の全く新しい世界が開け、とてもよいことです

Secondly,/ get/ in touch/ with making some sound --/ create sound.//

次に音を創り出してみてください 音を創造するのです

The voice is the instrument/ we/ all play,/ and yet/ how many of us are trained in using our voice?// Get trained;/ learn to sing, learn to play an instrument.//

声はみなさん全てが使う楽器です でも発声法を習ったことはありますか?習って下さい 歌や楽器も習いましょう

Musicians have bigger brains --/ it's true.//

ミュージシャンの脳は通常より大きい。本当です

You can do this/ in groups/ as well.//

演奏は一人でもできるし、グループでもできます

It's a fantastic antidote/ to schizophonia;/ to make music and sound/ in a group of people,/ whichever style/ you enjoy particularly.//

音響失調症に対する防御として 一人でまたはグループでどちらのスタイルでも 演奏するのは素晴らしいことです

And let's take a stewarding role/ for the sound/ around us.//

身の回りの音を管理しましょう

自分の耳を守る?もちろんです

Design soundscapes to be beautiful/ around you/ at home/ and/ at work.//

家庭でも職場でも、身の回りの音の風景を デザインしましょう

And let's start to speak up/ when people are assailing us/ with the noise/ that I played you/ early on.//

もし誰かがさきほど流したような騒音で 攻撃してきたら キッパリと断りましょう

So I'm going to leave/ you/ with seven things/ you can do right now/ to improve your health/ with sound.//

音で健康改善するために今すぐできる 7項目を示します

My vision is of a world/ that sounds beautiful/ and/ if we/ all start doing/ these things,/ we will take a very big step/ in that direction.//

私は美しい音で満たされた世界を願っています ご紹介したことは そこに向けた大きな一歩です

So I urge you/ to take that path.//

ぜひ一歩踏み出してみてください

I'm leaving/ you/ with a little more birdsong,/ which is very good/ for you.//

こういう鳥のさえずりがとてもいいんです

I wish/ you sound health.//

みなさんの聴覚の健康をお祈りします

(拍手)

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

vibrate

『振動する』,揺れる;振動音を出す,〈音が〉反響する

〈人・心などが〉(…で)『おののく』,どきどきする《+with+名》

…‘を'揺り動かす,振動させる

chord

(楽器の)弦

感情,情緒

和音,コード

=cord4

弦(数学で,円周上の2点を結ぶ直線)

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

harmony

〈U〉(色など)『調和』;(意見などの)一致,和合;(…との)調和《+『with』+『名』》

(音楽ど)和声(音)

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

ca

circa

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

octave

(音程・音階の)オクターブ

(詩)8行連句(特にsonnetの最初の8行)

8個一組

incidentally

付随して

《通例文頭に用いて》ついでながら

lid

『ふた』

まぶた(eyelid)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

perceive

(五感,特に目で)…‘に'『気がつく』

…‘を'『理解する』,『悟る』

eardrum

=tympanic membrane

atomic

『原子の』

原子力の(を用いた)

極微の

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

hearing

〈U〉『聴力』,聴覚〈U〉〈C〉(…を)『聞くこと』,(…の)聞き取り《+『of』+『名』》・〈C〉聞いてもらう機会,聞いてやること・聴取・聴聞会〈C〉(法廷などでの)尋問,審問,;(刑罰の減免を求める)釈明,意見陳述

〈U〉聞こえる距離(範囲)

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

passive

『受動的な』,消極的な

服従的な,言いなりになる

(文法で)受動態の,受身の

《the~》受動態,受身の構文

動詞の受動形

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

taught

teachの過去・過去分詞

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

discard

〈不用品・習慣など〉‘を'『捨てる』,廃棄する

〈人〉‘を'解雇する

(カードゲームで)〈不用の札〉‘を'捨てる

〈C〉捨てられた物)人)

〈U〉廃棄

〈U〉(カードゲームで)手札の投げ出し〈C〉捨て札

men

manの複数形

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

expansive

拡大する,膨張力のある

広い,広大な

(人・熊度などが)打ち解けた,心を開いた

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

laughter

『笑い』,笑い声

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

union

〈U〉(…の,の間の)『結合』,合同,合併;調和,一致《+of(between)+名》

〈C〉『結合したもの』,結合体,統一組識

《the U-》アメリカ合衆国;(南北戦争時に)連邦政府側についた北部諸州

《the U-》英連合王国(1706年イングランドとスコットランドが合併)

〈C〉『労働組合』同盟,ユニオン

〈C〉〈U〉結婚[生活]

〈C〉連合旗章(米国国旗の白星;英国国旗の3本十字の三国連合旗章など)

〈C〉(機械の部品をくなぐ)接合管

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

hum

〈ハチ・機械などが〉『ブンブンいう』,ブーンと鳴る

『鼻歌を歌う』,ハミングスル

(ちゅうちょ・当惑で)ふむふむいう

《話》〈雰囲気・事業などが〉活気がある,活発に動く;(…で)活気づく《+『with』+『名』》

…‘を'『ハミングで歌う』,鼻歌を歌って…‘を'(ある状熊に)する

(ハチ・機械などの)『ブンブン』[『うなる音』];鼻歌

(雑踏などの)ガヤガヤ]いう音],騒音

ふ‐む,う‐ん(ちゅうちょ・当惑・黙考・疑惑・不快などの声)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

cooler

冷却装置;冷却器,クーラー・清涼飲料

《俗》《the cooler》留置場

widespread

(翼など)広げた

広範囲にわたる,行き渡った

headphone

ヘッドフォン(電話・ラジオなどの耳に当てる受信器)

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

dislocation

位置を変えること

脱臼(だっきゅう)

混乱

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

unhealthy

(人が)健康でない,病弱の;健康でないことを示す

(場所・気候などが)健康によくない

道徳上よくない,不健全な

abuse

〈U〉〈C〉(自分の,あるいは人の権利などの)『乱用』,悪用《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》悪習,悪弊

〈U〉『悪口』,悪態,ののしり

〈地位・権力など〉'を'『乱用する』,悪用する

…'を'『虐待する』(maltreat),酷使する

…'を'『ののしる』,‘の'悪口をいう

compression

圧搾,圧傷;要約

squash

…‘を'押しつぶす,ぐしゃぐしゃにする

(…の中に)…‘を'押し込める,詰め込む《+名+into(in)+名》

〈暴動など〉‘を'鎮圧する;《話》〈人〉‘を'やり込めて黙らせる

つぶれる,ぺしゃんこになる

(…の中に)割り込んでいく《+『into』(『in』)+『名』》

《a~》雑踏,群衆(crowd)

〈U〉押しつぶすこと;押しつぶされた状態;〈C〉ペシャッ]とつぶれる音],ペタン]と落ちる音]

〈U〉《英》スカッシュ(果汁(かじゅう)をもとにした清涼飲料)

=squash rackets

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

datum

dataの単数形

既知の事実

removed

(…から)隔った,離れた,遠い(distant)《+『from』+『名』》

関係が離れた;血縁が遠い

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

tired

『疲れた』

《補語にのみ用いて》『飽きた』,うんざりした;(…に)飽きた《+of+名(doing)》

(文句などが)陳腐な

irritable

(人・気質などが)怒りっぽい,短気な,(気分などが)いらいらした

敏感な

(身体・器官などが)刺激を感じる,炎症性の

data

『資料』,事実;情報

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

long run

(映画・演劇の)長期興行

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

freshman

(高校・大学の)新入生,1年生

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

deaf

『耳が遠い』,耳が不自由な

《the deaf;名詞的に》耳が不自合な人々

《補語にのみ用いて》(…を)『聞こうとしない』(…に)むとんじゃくである《+『to』+『名』》

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

protector

(…から)保護する人(物),保護者《+『against』(『of』)+『名』》

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

Elizabethan

エリザベス朝の;エリザベス1世の

エリザベス女王時代の人;(特に)当時の文人

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

decorate

(…で)…'を'『飾る』,飾り立てる《+『名』+『with』+『名』》

〈部屋・建物〉‘に'装飾する

(…に対して)〈人〉‘に'勲章(褒章(ほうしょう))を授ける《+『名』+『for』+『名』》

intention

『意図』,考え,目的

《複数形で》(自分の行動の)心づもり,動機;《話》(…と)結婚する意志《+toward+名》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

foreground

(風景・絵画・写真の)前景

最前面,最も目立つ位置

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

proportion

《the~》(…に対する…の)『割合』,比率《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…との)『調和』,均衡《+『to』+『名』》

〈C〉部分;割り前,分け前

《複数形で》大きさ

〈U〉比例

…‘の'調和をとる;(…に)…‘を'釣り合わせる《+『名』+『to』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

ultrasound

(金属のひずみなどを調べる)超音波

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

physical therapy

物理療法(熱・体操・電気などによる治療法)

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

scalpel

外科用メス,解剖刀

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

autism

(特に児童の)自閉性(症)

dementia

(医学的な)痴呆(ちほう)

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

devotional

信心の,礼拝の,祈りの

Mozart

モーツアルト(『Wolfgang Amadeus』~;1756‐91;オーストリアの作曲家)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

involved

(思想・議論などが)複雑な,(文章・事態などが)込み入った

関係がある;(…と)かかわり合いがある,(性的に)関係している《+『with』+『名』》

consciously

意識して,故意に

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

secondly

第一に,次に(in the second place)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

antidote

(…の)解毒剤,毒消し《+『against』(『for, to』)+『名』》

(…に対する)対抗手段,矯正手段《+『against』(『for, to』)+『名』》

whichever

《関係代名詞》《先行詞を含んで》『…するどれでも』(どちらでも)

《譲歩節を導いて》『どてら(どれ)が(を)…しでも』

《話》《which の強調形として》『いったいどちらが(を)』

《関係形容詞》『どちらの(どの)…でも』

《譲歩前節を導いて》『どちらの(どの)…が(を)…しても』

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

assail

(暴力・武力などで)〈人・物〉'を'激しく攻撃する《+『名』+『with』+『名』》

〈仕事・むずかしい事〉‘に'敢然として取り組む

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画