TED日本語 - ティム・ジャクソン: 経済のリアリティ・チェック

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

世界が不況、気候変動、格差などに直面している中、ティムジャクソンは、確立された経済の原理に対して鋭く切り込み、いかにして危機を助長することなく将来へ向けた投資を開始するべきかを語ります。

Script

繁栄についてお話ししましょう 私たちは 共に末永く 繁栄したいと願っています 私たちだけでなく 世界中で未だ慢性的に栄養失調の 20億人の願いでもあります 繁栄の中心に希望があります ラテン語では「希望」は 「繁栄」の中にあるのです 「Pro-speras」の「speras」が希望のことです 繁栄は我々の希望と期待に応じます 皮肉なことに 私たちの繁栄は 文字通り換金されて お金と経済成長という形になりました そして経済があまりにも成長したため 今 我々は 希望を損ないかねない 危機に直面しています 資源を荒らし 熱帯雨林を伐採し メキシコ湾に油を漏らし 気候を乱し ここ2?30年で炭素排出量は 絶え間なく上昇し続けており これを間接的に鈍らせたのは 不況だけです もちろん景気後退は 希望への処方箋にはなりえないと 実感しているところです 我々はワナに陥っているのです 成長のジレンマというワナです 経済成長は必要だけど 厄介なもの システムを捨てるか地球を壊すか 難しい選択です あまり選択肢がありません このジレンマから脱出する最善の手段は 自らの賢さと技術と効率を ひたすら信じて 効率を改善して行くことなのです 効率化に異論はありません 私たちは賢い と思うこともあります でも数字をチェックして 現実を確かめるべきだと思います

2050年の世界を想像してください 90億人ほどの人々が 西洋並みの収入や ライフスタイルを目指すのです 私は不思議に思います- 給与や所得が毎年2%ずつ増加するというのは 成長を前提にした話です 不思議に思うのです: どの早さで どこまで行くべきなのか どこまで賢くなるべきか? CO2 の目標達成のために どれほどの技術が 世の中に必要か? この図を見てください 現在我々は左側にいます 経済成長を炭素放出量で表すと 現時点の経済は 770グラムに相当します これからの世界では 右端の6グラムのところを 目指さなければなりません これは130倍の改善です これまでの産業発展の 10倍の成果と速度とが求められます なんとかなるかもしれませんし さらに上を行って 空気中の炭素を 減らすような経済に至るかもしれません 今世紀末までには そう出来るようになっているべきです でも最初に確かめておきませんか 今の経済システムが この様な改善を 生み出す可能性が少しでもあるものか

そこで少し システムの仕組みを説明しましょう 少し複雑な話になり申し訳ないので なるべくわかりやすい 言葉に言い換えます こんな具合です 企業は世帯(私たち)のために物を生産し 所得も生み出します これらの収入で私たちは より多くの物やサービスを購入します 経済循環と呼ばれるものです 問題なさそうですね ここで大事な機能として強調したいのは 投資の役割です 近代経済の大半においては 投資は国民所得の 5分の1にすぎませんが まさに不可欠な役割を果たしています 要するに 消費が成長するように 刺激するのです いくつかの方法で行われます 生産性を向上させて 価格を下げ 購入意欲を促します さて 投資の役割の中で 新規性を追求することについて 注目したいと思います 革新的なものを生産して消費することを シュンペーターは 「創造的破壊のプロセス」と名づけました 新規な何かを生産したり増殖させたり 新製品による消費の市場拡大を 追及し続けるプロセスです

ここが面白いところですが 人間というものは 目新しいものを好むようです 私たちは新しいものが大好きです 新しい物だけでなく 新しいアイデアや新しい投機 新しい経験が大好きです モノもまた大事なのです 人類学者が観察した 全ての社会で 物質的存在は ある種の言語として作用しています モノという言語が 象徴的な言語として 互いに物語を伝えます その内容は例えば 地位を示すものです 新しさというメッセージを 求めていくと ステータスを誇示する消費に至るのです ところで 現実のシステムは 社会の論理と経済構造を 結びつけるものなのです 経済の仕組みと人が結びついて 成長の原動力となっています 経済的価値を追求するばかりでなく 物質的資源を取り出していくシステムを 廻し続けさせるのは 我々の飽くなき欲求と 不安感です 200年前にアダムスミスは 人に劣らない生活を 求めることについて語りました その時代に 人並みの生活とは リネンのシャツを意味しました 今日も シャツは必要です でもハイブリッド車も必要で HDTVや 年に2回のバカンスや ネットブックに iPad とリストは増えるばかり 不安によって駆り立てられ 商品の供給は尽きることもなく 欲しくもないのに 買わなければならないのです 買わなければ システムは崩壊します システムを守るため 過去2?30年にわたって 通貨供給量を拡大し 債権債務を拡大し 人々は買い物を続けてきました もちろん その拡大が危機に深く関与していました

さて ここでデータをお見せしましょう イギリスの債権と債務が どんな様子かお見せします 危機の前の15年を示します ここで消費者の債務が急増しています 金融危機の直前の3年間に渡って GDPを上回っています その間 貯蓄は激減しました 貯蓄率と純貯蓄は 2008年半ばでゼロを下回りました 金融危機の直前のことです ゲームから取り残されないためだけに 借金を増やし貯蓄を減らしていたのです 簡単な言葉で言えば あまのじゃくのようですね つまり私たちは どうでもいい人に 長続きもしない 印象を与えるために 持ってもいないお金で 必要もない物を買うのです

(笑)

(拍手)

しかしあきらめるのはまだ早いです これでいいのか考え直してみましょう 「人間ってこんなものか? これは本当に経済学者の行動か?」 そしてすぐに いくつかの異常事態に気づきます まず金融危機そのもの 金融危機や不況のとき 人はどうしようとするでしょう 身をかがめて 未来に期待して 消費を抑えて貯金しようとします でも システム的な観点からすれば 貯金するのは間違いです ケインズの言う「倹約のパラドックス」 貯蓄は景気回復を遅らせます 政治家たちは借金を増やして 貯金もどんどん使うように 呼びかけ続けます これで経済はもとに戻り 経済成長を続けることができます これは異常事態です システムと人である我々が 対立する状況です

もう一つ 全く別の異常事態の話です 気候変動と戦わなければならないことは これほど明白なのに そうしないのはなぜなのでしょう エネルギー効率の良い家電製品を買ったり 省エネのランプに変えたり 電気をまめに消したり 自宅の断熱を良くしたりという 簡単なことです これらのことは炭素を減らしエネルギーを節約します お金も節約できます 経済的には十分に意味があるのに なかなか実行しません 私の個人的な意見ですが 数年前 日曜日の午後 新しい家に 引っ越したばかり -- いや正直言うと 引っ越してかなり経っていました ようやくすきま風(draft)の対策に手をつけて 窓やドア周りに断熱材を施して 隙間風を防ぎました そのとき5歳だったの娘も 5歳児なりのやり方で手伝ってくれました しばらく作業したあとで 娘はまじめな顔で私に向かって 「これで本当にキリン(giraffes)を締め出せるの?」

(笑) これがキリンです 5歳児なりに一生懸命考えました これはここから400マイル北の カンブリア州のバローインファーネスの郊外です 湖水地方の天候でどうやって過せるかは知りませんが 子どもっぽい勘違いが ひっかかりとなって 突如としてわかったのです なぜ我々は明々白々なことをしないか 私たちはキリンの締出しに忙しすぎるのです - 毎朝 子供をバスに乗せたら 遅れないよう仕事に急ぎ メールの洪水や 現場のごたごたを切り抜け かき集めた材料で手早く食事を作り 貴重な夕べのひとときは ゴールデンタイムのテレビか TED オンラインに逃避して こうして1日を終わるのです 今日もキリンは締出せました (笑)

目的は何でしょう? 消費者の目的は何ですか? メアリーダグラスは35年前に書かれた 貧困に関するエッセイで問いかけます 彼女の答えはこうです 「社会的世界をつくり その中に確かな場所を見いだすこと」 これは我々の生活の 極めて人間的な側面です それは 経済モデルの 中心にあるものとは 完全に別のビジョンです さて 私たちは誰ですか? この人たちは何者でしょう? 私たちはこれらの 目新しさを追求する 快楽的 利己的な個人でしょうか? このレンブラントの素敵なスケッチに 描かれたような無私の利他主義者に なることも 時にはあるでしょうか? 心理学はこう言っています そこには葛藤がある 自分を利する行動と 他者を利する行動の間の葛藤である この葛藤は進化に深く根ざしたものです 利己的行動は ある種の状況下では適したものです 闘争逃走反応です

しかし利他的行動は 社会的存在としての 私たちの進化に欠かせないものです たぶん我々の見方からすると 新しい物の追求と伝統や保全の追求との 葛藤が興味深いものです 変化の時代には目新しさの追求が適しており 自分も適応することが必要です 伝統は安定した時代に 家族や社会的なつながりを維持させます ここで突然 人の心の地図を眺めていたと気づき 突如として 問題の核心が 明らかになります これまで 私たちは経済を作り上げ システムを作り上げました そのシステムは体系的に  人間の魂のほんの狭い一郭のみに 特権を与え 奨励し その他を無視しました 同じようにして 解決策も明らかになりました なぜならこれは 人の性質を 変えることではないからです 可能性を抑えこもうというのではありません これは開放を示します 我々自身を自由にします 完全な人間になるため 人間の精神の 深さと広がりを認めて レンブラントが描いた利他行為を 保護する仕組みを作るのです

経済的にどういう意味を持つのでしょう? もし我々が 人間の本性に対する見解を 経済の中心に据えて 人の精神という新たな次元に 経済を伸ばして行くとしたら どんな経済になるか? こういうことかもしれません 過去5年間で英国に続々と出現している  4000社もの社会的企業は 米国では B corp という名前で増えています それは エコロジカルで社会的な目標を 企業理念の 中心に掲げる企業 たとえばこのEcosiaとか 手短に紹介しますと Ecosiaはインターネットの検索エンジンです インターネット検索エンジンは 検索したとき表示されるスポンサーリンクから 収入を得る仕組みです Ecosiaもほぼ同じような仕組みです ここでやってみましょう 短い検索用語をタイプします 我々の居る場所 オックスフォード 表示されました Ecosiaの違うところは Ecosiaの場合 同じ方法で収益を得ますが その収入の80パーセントが アマゾンの熱帯雨林保護プロジェクトに 割り当てられます それでは Naturejobs.ukをクリックしてみましょう 不況のさなかの仕事探しに ぴったりのサイトです これで何が起こるかというと Ecosiaはスポンサーから収益を得 Ecosiaはこの収入の80パーセントを 熱帯雨林保護プロジェクトに寄付します 利益を1つの場所から得て 生態資源の保護に それを割り当てる

これは新たな経済をめざす 全く別種の企業です エコロジー的利他主義の 一つの姿でしょう おそらくこの方向でしょう それが何であれ この新しい経済が何であれ 経済に望む大事なことは 投資が 次の投資を再生産するように 経済の核心部に戻すことです こうして 投資は 絶え間なく 考えなしに 消費の成長だけを追求するものでは なくなります 投資は別の姿を持つべきです 新しい経済の中では 私たちの未来を握る エコロジー的な資産の 保護と育成に投資するべきです 投資によって変化を促すべきです 低炭素の技術や設備に 投資するべきです 事実 私たちは 有意義な豊かさを生み出すアイデアや 人類の豊かな暮らしを支える基盤に 投資をするべきです

もちろん この問題には物質面も含まれます 人々が衣食住を持たずに 繁栄の話しをするのはナンセンスです 豊かさとは衣食住に留まりません これには社会的 心理的目的があります 家族、友情 コミットメント、社会 社会生活への参加 こんなゴールに向かっても 投資が必要です 場所に対する投資もあるでしょう 私たちが交流できる場所 私たちが参加できる場所 共有できるスペース コンサートホール、庭園 市民公園 図書館、博物館、静かなセンター 喜びやお祝いの場所 静けさと熟考の場所、 マイケル・サンデルの 美しい言葉を借りて言えば 「市民の共通基盤を育む」ための拠点です 投資とは結局のところ 現在と未来を関係づける 基本的な経済上の概念に すぎません 共有する現在と共通の未来の関係です 希望を取り戻すためには その関係を反映させなければなりません

希望の話に戻ります 20億人が 近所のカフェのスキムラッテよりも 少ない生活費で 毎日を生きて行こうとしています この人たちに何を提供できるでしょうか? 我々には この人々を貧困から助け出す 責任があることは明らかです 我々には成長の余地を作り出す 責任があることは明らかであり 成長は最貧国においてこそ重要です 豊かな国において 繁栄の意味を定義し直さなければ この責任を果たせないことは明らかです すなわち成長ベースのモデルよりも 物質的ではなく さらに意味のある繁栄の定義です 単に西洋風のポスト唯物主義といった ファンタジーではありません 「成長なしの繁栄」を出版したとき アフリカの哲学者から手紙を受け取りました この繁栄についての見方と アフリカに伝統的に伝わる Ubuntu という 概念とが似ているという指摘でした Ubuntu の言葉です 「私がいるのは みんながいるから」 繁栄は共有の試みです その根は長くて深く その基盤は、私が示そうとしたように すでに私たちの中に 存在しています この見方は 発展を妨げるものではありません 資本主義を打倒する ものでもありません それは人間の本質を 変えようとするのでもありません 我々はここで 目的と合った経済を目指して ほんの数歩歩み始めたところです そして、その経済の中心で、 人間であることの意味について より信頼性があり さらに堅牢で より現実的な見解を示しているのです

どうもありがとうございました

(拍手)

クリスアンダーソン: 少々質問があります 経済学者は感動する話はせず もっと淡々と語ると思っていました (笑) これまで政治家でこれに興味を示した人はいますか? 想像できますか 英国の政治家が立ち上がって 「今年のGDPは2%減 良いニュースだ! 我々の幸福度は増し 国はより美しくなった それに生活も向上した」

ティム:明らかに違いますね 廃れ行くものから新しいものは作らず 私たちの繁栄を語るものから新しいものを作っています 政治家がそうするのを想像できるかって? そういう状況が少し開けたと思います 最初にこの種の仕事を始めたとき 政治家や財務省のスポークスマンは 洞窟暮らしに戻るのかと真っ向から非難しました 実際にいままで 18 年間これに取り組んで来ましたが 金融危機もあって 経済学の専門家にも謙虚さが少し生じ 実際に世界各国のいろんな国で 人々はこの問題に取り組んでいます

クリス:でも主に政治家が取り仕切る必要がありますよね むしろ市民団体や企業のみの取り組みですか?

ティム:企業も市民団体も行うべきです でも政治的なリーダーシップが必要です ひとつの政治課題です 実際に政治家自身が このジレンマに囚われています 成長モデルしか念頭にないからです これまでにない行政や これまでにない政治によって 市民団体や企業が これまでにない運営を行うための 余地を作り出すことが 絶対に不可欠です

クリス: どうにかして 130倍の効率改善や CO2排出量の削減ができると 納得できたとしたら そういう知識を集積した製品による経済成長は あり得ると思われますか?

ティム: 可能だと言うならぜひ知りたいです 大気中から炭素を取り出して 排出量をゼロ以下にしたり 生物多様性の問題を解決し 土地利用の影響を軽減 そして表層土の侵食を防ぎ水質を向上させる これが全部できる解があるというなら 2パーセントの成長もありでしょう

クリス: 非常に重要なお話をしていただきありがとうございます

(拍手)

I want to talk to you today about prosperity, about our hopes for a shared and lasting prosperity. And not just us, but the two billion people worldwide who are still chronically undernourished. And hope actually is at the heart of this. In fact, the Latin word for hope is at the heart of the word prosperity. "Pro-speras," "speras," hope -- in accordance with our hopes and expectations. The irony is, though, that we have cashed-out prosperity almost literally in terms of money and economic growth. And we've grown our economies so much that we now stand in a real danger of undermining hope -- running down resources, cutting down rainforests, spilling oil into the Gulf of Mexico, changing the climate -- and the only thing that has actually remotely slowed down the relentless rise of carbon emissions over the last two to three decades is recession. And recession, of course, isn't exactly a recipe for hope either, as we're busy finding out. So we're caught in a kind of trap. It's a dilemma, a dilemma of growth. We can't live with it; we can't live without it. Trash the system or crash the planet -- it's a tough choice; it isn't much of a choice. And our best avenue of escape from this actually is a kind of blind faith in our own cleverness and technology and efficiency and doing things more efficiently. Now I haven't got anything against efficiency. And I think we are a clever species sometimes. But I think we should also just check the numbers, take a reality check here.

So I want you to imagine a world, in 2050, of around nine billion people, all aspiring to Western incomes, Western lifestyles. And I want to ask the question -- and we'll give them that two percent hike in income, in salary each year as well, because we believe in growth. And I want to ask the question: how far and how fast would be have to move? How clever would we have to be? How much technology would we need in this world to deliver our carbon targets? And here in my chart -- on the left-hand side is where we are now. This is the carbon intensity of economic growth in the economy at the moment. It's around about 770 grams of carbon. In the world I describe to you, we have to be right over here at the right-hand side at six grams of carbon. It's a 130-fold improvement, and that is 10 times further and faster than anything we've ever achieved in industrial history. Maybe we can do it, maybe it's possible -- who knows? Maybe we can even go further and get an economy that pulls carbon out of the atmosphere, which is what we're going to need to be doing by the end of the century. But shouldn't we just check first that the economic system that we have is remotely capable of delivering this kind of improvement?

So I want to just spend a couple of minutes on system dynamics. It's a bit complex, and I apologize for that. What I'll try and do, is I'll try and paraphrase it is sort of human terms. So it looks a little bit like this. Firms produce goods for households -- that's us -- and provide us with incomes, and that's even better, because we can spend those incomes on more goods and services. That's called the circular flow of the economy. It looks harmless enough. I just want to highlight one key feature of this system, which is the role of investment. Now investment constitutes only about a fifth of the national income in most modern economies, but it plays an absolutely vital role. And what it does essentially is to stimulate further consumption growth. It does this in a couple of ways -- chasing productivity, which drives down prices and encourages us to buy more stuff. But I want to concentrate on the role of investment in seeking out novelty, the production and consumption of novelty. Joseph Schumpeter called this "the process of creative destruction." It's a process of the production and reproduction of novelty, continually chasing expanding consumer markets, consumer goods, new consumer goods.

And this, this is where it gets interesting, because it turns out that human beings have something of an appetite for novelty. We love new stuff -- new material stuff for sure -- but also new ideas, new adventures, new experiences. But the materiality matters too, because in every society that anthropologists have looked at, material stuff operates as a kind of language -- a language of goods, a symbolic language that we use to tell each other stories -- stories, for example, about how important we are. Status-driven, conspicuous consumption thrives from the language of novelty. And here, all of a sudden, we have a system that is locking economic structure with social logic -- the economic institutions, and who we are as people, locked together to drive an engine of growth. And this engine is not just economic value; it is pulling material resources relentlessly through the system, driven by our own insatiable appetites, driven in fact by a sense of anxiety. Adam Smith,200 years ago, spoke about our desire for a life without shame. A life without shame: in his day, what that meant was a linen shirt, and today, well, you still need the shirt, but you need the hybrid car, the HDTV,two holidays a year in the sun, the netbook and iPad, the list goes on -- an almost inexhaustible supply of goods, driven by this anxiety. And even if we don't want them, we need to buy them, because, if we don't buy them, the system crashes. And to stop it crashing over the last two to three decades, we've expanded the money supply, expanded credit and debt, so that people can keep buying stuff. And of course, that expansion was deeply implicated in the crisis.

But this -- I just want to show you some data here. This is what it looks like, essentially, this credit and debt system, just for the U.K. This was the last 15 years before the crash, and you can see there, consumer debt rose dramatically. It was above the GDP for three years in a row just before the crisis. And in the mean time, personal savings absolutely plummeted. The savings ratio, net savings, were below zero in the middle of 2008, just before the crash. This is people expanding debt, drawing down their savings, just to stay in the game. This is a strange, rather perverse, story, just to put it in very simple terms. It's a story about us, people, being persuaded to spend money we don't have on things we don't need to create impressions that won't last on people we don't care about.

(Laughter)

(Applause)

But before we consign ourselves to despair, maybe we should just go back and say, "Did we get this right? Is this really how people are? Is this really how economies behave?" And almost straightaway we actually run up against a couple of anomalies. The first one is in the crisis itself. In the crisis, in the recession, what do people want to do? They want to hunker down, they want to look to the future. They want to spend less and save more. But saving is exactly the wrong thing to do from the system point of view. Keynes called this the "paradox of thrift" -- saving slows down recovery. And politicians call on us continually to draw down more debt, to draw down our own savings even further, just so that we can get the show back on the road, so we can keep this growth-based economy going. It's an anomaly, it's a place where the system actually is at odds with who we are as people.

Here's another one -- completely different one: Why is it that we don't do the blindingly obvious things we should do to combat climate change, very, very simple things like buying energy-efficient appliances, putting in efficient lights, turning the lights off occasionally, insulating our homes? These things save carbon, they save energy, they save us money. So is it that, though they make perfect economic sense, we don't do them? Well, I had my own personal insight into this a few years ago. It was a Sunday evening, Sunday afternoon, and it was just after -- actually, to be honest, too long after -- we had moved into a new house. And I had finally got around to doing some draft stripping, installing insulation around the windows and doors to keep out the drafts. And my, then,five year-old daughter was helping me in the way that five year-olds do. And we'd been doing this for a while, when she turned to me very solemnly and said, "Will this really keep out the giraffes?"

(Laughter) "Here they are, the giraffes." You can hear the five-year-old mind working. These ones, interestingly, are 400 miles north of here outside Barrow-in-Furness in Cumbria. Goodness knows what they make of the Lake District weather. But actually that childish misrepresentation stuck with me, because it suddenly became clear to me why we don't do the blindingly obvious things. We're too busy keeping out the giraffes -- putting the kids on the bus in the morning, getting ourselves to work on time, surviving email overload and shop floor politics, foraging for groceries, throwing together meals, escaping for a couple of precious hours in the evening into prime-time TV or TED online, getting from one end of the day to the other, keeping out the giraffes. (Laughter)

What is the objective? "What is the objective of the consumer?" Mary Douglas asked in an essay on poverty written 35 years ago. "It is," she said, "to help create the social world and find a credible place in it." That is a deeply humanizing vision of our lives, and it's a completely different vision than the one that lies at the heart of this economic model. So who are we? Who are these people? Are we these novelty-seeking, hedonistic, selfish individuals? Or might we actually occasionally be something like the selfless altruist depicted in Rembrandt's lovely, lovely sketch here? Well psychology actually says there is a tension -- a tension between self-regarding behaviors and other regarding behaviors. And these tensions have deep evolutionary roots, so selfish behavior is adaptive in certain circumstances -- fight or flight.

But other regarding behaviors are essential to our evolution as social beings. And perhaps even more interesting from our point of view, another tension between novelty-seeking behaviors and tradition or conservation. Novelty is adaptive when things are changing and you need to adapt yourself. Tradition is essential to lay down the stability to raise families and form cohesive social groups. So here, all of a sudden, we're looking at a map of the human heart. And it reveals to us, suddenly, the crux of the matter. What we've done is we've created economies. We've created systems, which systematically privilege, encourage,one narrow quadrant of the human soul and left the others unregarded. And in the same token, the solution becomes clear, because this isn't, therefore, about changing human nature. It isn't, in fact, about curtailing possibilities. It is about opening up. It is about allowing ourselves the freedom to become fully human, recognizing the depth and the breadth of the human psyche and building institutions to protect Rembrandt's fragile altruist within.

What does all this mean for economics? What would economies look like if we took that vision of human nature at their heart and stretched them along these orthogonal dimensions of the human psyche? Well, it might look a little bit like the 4,000 community-interest companies that have sprung up in the U.K. over the last five years and a similar rise in B corporations in the United States, enterprises that have ecological and social goals written into their constitution at their heart -- companies, in fact, like this one, Ecosia. And I just want to, very quickly, show you this. Ecosia is an Internet search engine. Internet search engines work by drawing revenues from sponsored links that appear when you do a search. And Ecosia works in pretty much the same way. So we can do that here -- we can just put in a little search term. There you go, Oxford, that's where we are. See what comes up. The difference with Ecosia though is that, in Ecosia's case, it draws the revenues in the same way, but it allocates 80 percent of those revenues to a rainforest protection project in the Amazon. And we're going to do it. We're just going to click on Naturejobs.uk. In case anyone out there is looking for a job in a recession, that's the page to go to. And what happened then was the sponsor gave revenues to Ecosia, and Ecosia is giving 80 percent of those revenues to a rainforest protection project. It's taking profits from one place and allocating them into the protection of ecological resources.

It's a different kind of enterprise for a new economy. It's a form, if you like, of ecological altruism -- perhaps something along those lines. Maybe it's that. Whatever it is, whatever this new economy is, what we need the economy to do, in fact, is to put investment back into the heart of the model, to re-conceive investment. Only now, investment isn't going to be about the relentless and mindless pursuit of consumption growth. Investment has to be a different beast. Investment has to be, in the new economy, protecting and nurturing the ecological assets on which our future depends. It has to be about transition. It has to be investing in low-carbon technologies and infrastructures. We have to invest, in fact, in the idea of a meaningful prosperity, providing capabilities for people to flourish.

And of course, this task has material dimensions. It would be nonsense to talk about people flourishing if they didn't have food, clothing and shelter. But it's also clear that prosperity goes beyond this. It has social and psychological aims -- family, friendship, commitments, society, participating in the life of that society. And this too requires investment, investment -- for example, in places -- places where we can connect, places where we can participate, shared spaces, concert halls, gardens, public parks, libraries, museums, quiet centers, places of joy and celebration, places of tranquility and contemplation, sites for the "cultivation of a common citizenship," in Michael Sandel's lovely phrase. An investment -- investment, after all, is just such a basic economic concept -- is nothing more nor less than a relationship between the present and the future, a shared present and a common future. And we need that relationship to reflect, to reclaim hope.

So let me come back, with this sense of hope, to the two billion people still trying to live each day on less than the price of a skinny latte from the cafe next door. What can we offer those people? It's clear that we have a responsibility to help lift them out of poverty. It's clear that we have a responsibility to make room for growth where growth really matters in those poorest nations. And it's also clear that we will never achieve that unless we're capable of redefining a meaningful sense of prosperity in the richer nations, a prosperity that is more meaningful and less materialistic than the growth-based model. So this is not just a Western post-materialist fantasy. In fact, an African philosopher wrote to me, when "Prosperity Without Growth" was published, pointing out the similarities between this view of prosperity and the traditional African concept of ubuntu. Ubuntu says, "I am because we are." Prosperity is a shared endeavor. Its roots are long and deep -- its foundations, I've tried to show, exist already, inside each of us. So this is not about standing in the way of development. It's not about overthrowing capitalism. It's not about trying to change human nature. What we're doing here is we're taking a few simple steps towards an economics fit for purpose. And at the heart of that economics, we're placing a more credible, more robust, and more realistic vision of what it means to be human.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: While they're taking the podium away, just a quick question. First of all, economists aren't supposed to be inspiring, so you may need to work on the tone a little. (Laughter) Can you picture the politicians ever buying into this? I mean, can you picture a politician standing up in Britain and saying, "GDP fell two percent this year. Good news! We're actually all happier, and a country's more beautiful, and our lives are better."

Tim Jackson: Well that's clearly not what you're doing. You're not making news out of things falling down. You're making news out of the things that tell you that we're flourishing. Can I picture politicians doing it? Actually, I already am seeing a little bit of it. When we first started this kind of work, politicians would stand up, treasury spokesmen would stand up, and accuse us of wanting to go back and live in caves. And actually in the period through which we've been working over the last 18 years -- partly because of the financial crisis and a little bit of humility in the profession of economics -- actually people are engaging in this issue in all sorts of countries around the world.

CA: But is it mainly politicians who are going to have to get their act together, or is it going to be more just civil society and companies?

TJ: It has to be companies. It has to be civil society. But it has to have political leadership. This is a kind of agenda, which actually politicians themselves are kind of caught in that dilemma, because they're hooked on the growth model themselves. But actually opening up the space to think about different ways of governing, different kinds of politics, and creating the space for civil society and businesses to operate differently -- absolutely vital.

CA: And if someone could convince you that we actually can make the -- what was it? -- the 130-fold improvement in efficiency, of reduction of carbon footprint, would you then actually like that picture of economic growth into more knowledge-based goods?

TJ: I would still want to know that you could do that and get below zero by the end of the century, in terms of taking carbon out of the atmosphere, and solve the problem of biodiversity and reduce the impact on land use and do something about the erosion of topsoils and the quality of water. If you can convince me we can do all that, then, yes, I would take the two percent.

CA: Tim, thank you for a very important talk. Thank you.

(Applause)

I want to talk/ to you/ today/ about prosperity,/ about our hopes/ for a shared and lasting prosperity.//

繁栄についてお話ししましょう 私たちは 共に末永く 繁栄したいと願っています

And not just/ us,/ but the two billion people worldwide/ who are still chronically undernourished.//

私たちだけでなく 世界中で未だ慢性的に栄養失調の 20億人の願いでもあります

And hope actually is at the heart of this.//

繁栄の中心に希望があります

In fact,/ the Latin word/ for hope is at the heart of the word prosperity.//

ラテン語では「希望」は 「繁栄」の中にあるのです

"Pro-speras,/"/ "speras,/"/ hope --/ in accordance/ with our hopes/ and expectations.//

「Pro-speras」の「speras」が希望のことです 繁栄は我々の希望と期待に応じます

The irony is,/ though,/ that we have cashed-out prosperity almost literally/ in terms of money and economic growth.//

皮肉なことに 私たちの繁栄は 文字通り換金されて お金と経済成長という形になりました

And we've grown our economies so much/ that we now stand in a real danger of undermining hope --/ running down/ resources,/ cutting down rainforests,/ spilling oil/ into the Gulf of Mexico,/ changing the climate --/ and the only thing/ that has actually remotely slowed down the relentless rise of carbon emissions/ over the last two to three decades is recession.//

そして経済があまりにも成長したため 今 我々は 希望を損ないかねない 危機に直面しています 資源を荒らし 熱帯雨林を伐採し メキシコ湾に油を漏らし 気候を乱し ここ2?30年で炭素排出量は 絶え間なく上昇し続けており これを間接的に鈍らせたのは 不況だけです

And recession,/ of course,/ isn't exactly/ a recipe/ for hope either,/ as we're busy/ finding out.//

もちろん景気後退は 希望への処方箋にはなりえないと 実感しているところです

So/ we're caught in a kind of trap.//

我々はワナに陥っているのです

It's a dilemma,/ a dilemma of growth.//

成長のジレンマというワナです

We can't live with it;/ we can't live without it.//

経済成長は必要だけど 厄介なもの

Trash the system/ or crash the planet --/ it's a tough choice;/ it isn't much of a choice.//

システムを捨てるか地球を壊すか 難しい選択です あまり選択肢がありません

And our best avenue of escape/ from this actually is a kind of blind faith/ in our own cleverness and technology and efficiency/ and doing things more efficiently.//

このジレンマから脱出する最善の手段は 自らの賢さと技術と効率を ひたすら信じて 効率を改善して行くことなのです

Now/ I haven't got anything/ against efficiency.//

効率化に異論はありません

And I think/ we are a clever species sometimes.//

私たちは賢い と思うこともあります

But I think/ we should also just check the numbers,/ take a reality check here.//

でも数字をチェックして 現実を確かめるべきだと思います

So I want you/ to imagine a world,/ in 2050,/ of around nine billion people,/ all aspiring/ to Western incomes,/ Western lifestyles.//

2050年の世界を想像してください 90億人ほどの人々が 西洋並みの収入や ライフスタイルを目指すのです

And I want to ask/ the question --/ and we'll give them/ that two percent hike/ in income,/ in salary/ each year as well,/ because we believe in growth.//

私は不思議に思います- 給与や所得が毎年2%ずつ増加するというのは 成長を前提にした話です

And I want to ask/ the question:/ how far/ and how fast would be have to move?//

不思議に思うのです: どの早さで どこまで行くべきなのか

How clever would we have to be?//

どこまで賢くなるべきか?

How much technology would we need in this world/ to deliver our carbon targets?//

CO2 の目標達成のために どれほどの技術が 世の中に必要か?

And here/ in my chart --/ on the left-hand side is/ where we are now.//

この図を見てください 現在我々は左側にいます

This is the carbon intensity of economic growth/ in the economy/ at the moment.//

経済成長を炭素放出量で表すと 現時点の経済は

It's around about 770 grams of carbon.//

770グラムに相当します

In the world/ I describe to you,/ we have to be right over here/ at the right-hand side/ at six grams of carbon.//

これからの世界では 右端の6グラムのところを 目指さなければなりません

It's a 130-fold improvement,/ and that is 10 times further and faster/ than anything/ we've ever achieved in industrial history.//

これは130倍の改善です これまでの産業発展の 10倍の成果と速度とが求められます

Maybe/ we can do it,/ maybe/ it's possible --/ who knows?//

なんとかなるかもしれませんし

Maybe/ we can even go further/ and get an economy/ that pulls carbon/ out of the atmosphere,/ which is/ what we're going to need to be doing by the end of the century.//

さらに上を行って 空気中の炭素を 減らすような経済に至るかもしれません 今世紀末までには そう出来るようになっているべきです

But shouldn't we just check first/ that the economic system/ that we have is remotely capable of delivering this kind of improvement?//

でも最初に確かめておきませんか 今の経済システムが この様な改善を 生み出す可能性が少しでもあるものか

So I want to just spend a couple of minutes/ on system dynamics.//

そこで少し システムの仕組みを説明しましょう

It's a bit complex,/ and I apologize for that.//

少し複雑な話になり申し訳ないので

What I'll try and do,/ is I'll try/ and paraphrase it is sort of human terms.//

なるべくわかりやすい 言葉に言い換えます

So it looks a little bit/ like this.//

こんな具合です

Firms produce goods/ for households --/ that's us --/ and provide us/ with incomes,/ and that's even better,/ because we can spend those incomes/ on more goods/ and services.//

企業は世帯(私たち)のために物を生産し 所得も生み出します これらの収入で私たちは より多くの物やサービスを購入します

That's called the circular flow of the economy.//

経済循環と呼ばれるものです

It looks harmless enough.//

問題なさそうですね

I just want to highlight/ one key feature of this system,/ which is the role of investment.//

ここで大事な機能として強調したいのは 投資の役割です

Now investment constitutes only about a fifth of the national income/ in most modern economies,/ but it plays an absolutely vital role.//

近代経済の大半においては 投資は国民所得の 5分の1にすぎませんが まさに不可欠な役割を果たしています

And what it does/ essentially is to stimulate further consumption growth.//

要するに 消費が成長するように 刺激するのです

It does this/ in a couple of ways --/ chasing productivity,/ which drives down/ prices/ and encourages us/ to buy more stuff.//

いくつかの方法で行われます 生産性を向上させて 価格を下げ 購入意欲を促します

But I want to concentrate/ on the role of investment/ in seeking out/ novelty,/ the production and consumption of novelty.//

さて 投資の役割の中で 新規性を追求することについて 注目したいと思います 革新的なものを生産して消費することを

Joseph Schumpeter called this "the process of creative destruction."//

シュンペーターは 「創造的破壊のプロセス」と名づけました

新規な何かを生産したり増殖させたり 新製品による消費の市場拡大を 追及し続けるプロセスです

And this,/ this is/ where it gets interesting,/ because it turns out/ that human beings have something of an appetite/ for novelty.//

ここが面白いところですが 人間というものは 目新しいものを好むようです

We love new stuff --/ new material stuff/ for sure --/ but also/ new ideas,/ new adventures,/ new experiences.//

私たちは新しいものが大好きです 新しい物だけでなく 新しいアイデアや新しい投機 新しい経験が大好きです

But the materiality matters too,/ because in every society/ that anthropologists have looked at,/ material stuff operates as a kind of language --/ a language of goods,/ a symbolic language/ that we use to tell/ each other stories --/ stories,/ for example,/ about how important/ we are.//

モノもまた大事なのです 人類学者が観察した 全ての社会で 物質的存在は ある種の言語として作用しています モノという言語が 象徴的な言語として 互いに物語を伝えます その内容は例えば 地位を示すものです

Status-driven, conspicuous consumption thrives/ from the language of novelty.//

新しさというメッセージを 求めていくと ステータスを誇示する消費に至るのです

And here,/ all of a sudden,/ we have a system/ that is locking economic structure/ with social logic --/ the economic institutions,/ and who we are as people,/ locked together/ to drive an engine of growth.//

ところで 現実のシステムは 社会の論理と経済構造を 結びつけるものなのです 経済の仕組みと人が結びついて 成長の原動力となっています

And this engine is not just economic value;/ it is pulling material resources relentlessly/ through the system,/ driven by our own insatiable appetites,/ driven in fact/ by a sense of anxiety.//

経済的価値を追求するばかりでなく 物質的資源を取り出していくシステムを 廻し続けさせるのは 我々の飽くなき欲求と 不安感です

Adam Smith,/200 years ago,/ spoke about our desire/ for a life/ without shame.//

200年前にアダムスミスは 人に劣らない生活を 求めることについて語りました

A life/ without shame:/ in his day,/ what that meant was a linen shirt,/ and today,/ well,/ you still need the shirt,/ but you need the hybrid car,/ the HDTV,/two holidays/ a year/ in the sun,/ the netbook and iPad,/ the list goes on --/ an almost inexhaustible supply of goods,/ driven by this anxiety.//

その時代に 人並みの生活とは リネンのシャツを意味しました 今日も シャツは必要です でもハイブリッド車も必要で HDTVや 年に2回のバカンスや ネットブックに iPad とリストは増えるばかり 不安によって駆り立てられ 商品の供給は尽きることもなく

And/ even if we don't want them,/ we need to buy/ them,/ because,/ if we don't buy them,/ the system crashes.//

欲しくもないのに 買わなければならないのです 買わなければ システムは崩壊します

And to stop it/ crashing over the last two to three decades,/ we've expanded the money supply,/ expanded credit and debt,/ so that people can keep buying/ stuff.//

システムを守るため 過去2?30年にわたって 通貨供給量を拡大し 債権債務を拡大し 人々は買い物を続けてきました

And of course,/ that expansion was deeply implicated in the crisis.//

もちろん その拡大が危機に深く関与していました

But this --/ I just want to show/ you/ some data here.//

さて ここでデータをお見せしましょう

This is/ what it looks like,/ essentially,/ this credit and debt system,/ just/ for the U.K.//

イギリスの債権と債務が どんな様子かお見せします

This was the last 15 years/ before the crash,/ and you can see there,/ consumer debt rose dramatically.//

危機の前の15年を示します ここで消費者の債務が急増しています

It was above the GDP/ for three years/ in a row just/ before the crisis.//

金融危機の直前の3年間に渡って GDPを上回っています

And/ in the mean time,/ personal savings absolutely plummeted.//

その間 貯蓄は激減しました

The savings ratio,/ net savings,/ were below zero/ in the middle of 2008,/ just/ before the crash.//

貯蓄率と純貯蓄は 2008年半ばでゼロを下回りました 金融危機の直前のことです

This is people/ expanding debt,/ drawing down/ their savings,/ just to stay in the game.//

ゲームから取り残されないためだけに 借金を増やし貯蓄を減らしていたのです

This is a strange, rather perverse, story,/ just to put it/ in very simple terms.//

簡単な言葉で言えば あまのじゃくのようですね

It's a story/ about us,/ people,/ being persuaded to spend money/ we don't have on things/ we don't need to create/ impressions/ that won't last on people/ we don't care/ about.//

つまり私たちは どうでもいい人に 長続きもしない 印象を与えるために 持ってもいないお金で 必要もない物を買うのです

(笑)

(拍手)

But/ before we consign ourselves/ to despair,/ maybe/ we should just go back/ and say,/ "Did we get this right?//

しかしあきらめるのはまだ早いです これでいいのか考え直してみましょう

Is this really/ how people are?//

「人間ってこんなものか?

Is this really/ how economies behave?"//

これは本当に経済学者の行動か?」

And almost straightaway we actually run up/ against a couple of anomalies.//

そしてすぐに いくつかの異常事態に気づきます

The first one is in the crisis itself.//

まず金融危機そのもの

In the crisis,/ in the recession,/ what do people want to do?//

金融危機や不況のとき 人はどうしようとするでしょう

They want to hunker down,/ they want to look/ to the future.//

身をかがめて 未来に期待して

They want to spend/ less/ and save more.//

消費を抑えて貯金しようとします

But saving is exactly the wrong thing/ to do from the system point of view.//

でも システム的な観点からすれば 貯金するのは間違いです

Keynes called this the "paradox of thrift" --/ saving slows down/ recovery.//

ケインズの言う「倹約のパラドックス」 貯蓄は景気回復を遅らせます

And politicians call on us continually/ to draw down/ more debt,/ to draw down/ our own savings even further,/ just/ so that we can get the show back/ on the road,/ so we can keep this growth-based economy/ going.//

政治家たちは借金を増やして 貯金もどんどん使うように 呼びかけ続けます これで経済はもとに戻り 経済成長を続けることができます

It's an anomaly,/ it's a place/ where the system actually is at odds/ with who we are as people.//

これは異常事態です システムと人である我々が 対立する状況です

Here's another one --/ completely different one:/ Why is it/ that we don't do the blindingly obvious things/ we should do to combat climate change,/ very,/ very simple things/ like buying energy-efficient appliances,/ putting in efficient lights,/ turning the lights off occasionally,/ insulating our homes?//

もう一つ 全く別の異常事態の話です 気候変動と戦わなければならないことは これほど明白なのに そうしないのはなぜなのでしょう エネルギー効率の良い家電製品を買ったり 省エネのランプに変えたり 電気をまめに消したり 自宅の断熱を良くしたりという 簡単なことです

These things save carbon,/ they save energy,/ they save us/ money.//

これらのことは炭素を減らしエネルギーを節約します お金も節約できます

So is it/ that,/ though they make perfect economic sense,/ we don't do them?//

経済的には十分に意味があるのに なかなか実行しません

Well,/ I had my own personal insight/ into this a few years/ ago.//

私の個人的な意見ですが 数年前

It was a Sunday evening,/ Sunday afternoon,/ and it was just after --/ actually,/ to be honest,/ too long after --/ we had moved into a new house.//

日曜日の午後 新しい家に 引っ越したばかり -- いや正直言うと 引っ越してかなり経っていました

And I had finally got around/ to doing some draft stripping,/ installing insulation/ around the windows and doors to keep out/ the drafts.//

ようやくすきま風(draft)の対策に手をつけて 窓やドア周りに断熱材を施して 隙間風を防ぎました

And my,/ then,/five year-old daughter was helping me/ in the way that/ five year-olds do.//

そのとき5歳だったの娘も 5歳児なりのやり方で手伝ってくれました

And we'd been doing this/ for a while,/ when she turned to me very solemnly/ and said,/ "Will this really keep out/ the giraffes?"//

しばらく作業したあとで 娘はまじめな顔で私に向かって 「これで本当にキリン(giraffes)を締め出せるの?」

(Laughter) "Here/ they are,/ the giraffes."//

(笑) これがキリンです

You can hear the five-year-old mind working.//

5歳児なりに一生懸命考えました

These ones,/ interestingly,/ are 400 miles/ north of here/ outside Barrow-in-Furness/ in Cumbria.//

これはここから400マイル北の カンブリア州のバローインファーネスの郊外です

Goodness knows/ what they make of the Lake District weather.//

湖水地方の天候でどうやって過せるかは知りませんが

But actually/ that childish misrepresentation stuck with me,/ because it suddenly became clear/ to me/ why we don't do the blindingly obvious things.//

子どもっぽい勘違いが ひっかかりとなって 突如としてわかったのです なぜ我々は明々白々なことをしないか

We're too busy/ keeping out/ the giraffes --/ putting the kids/ on the bus/ in the morning,/ getting ourselves to work on time,/ surviving email overload and shop floor politics,/ foraging for groceries,/ throwing together meals,/ escaping for a couple of precious hours/ in the evening/ into prime-time TV or TED online,/ getting from one end of the day/ to the other,/ keeping out/ the giraffes.//

私たちはキリンの締出しに忙しすぎるのです - 毎朝 子供をバスに乗せたら 遅れないよう仕事に急ぎ メールの洪水や 現場のごたごたを切り抜け かき集めた材料で手早く食事を作り 貴重な夕べのひとときは ゴールデンタイムのテレビか TED オンラインに逃避して こうして1日を終わるのです 今日もキリンは締出せました

(笑)

What is the objective?//

目的は何でしょう?

"What is the objective of the consumer?"//

消費者の目的は何ですか?

Mary Douglas asked in an essay/ on poverty written 35 years ago.//

メアリーダグラスは35年前に書かれた 貧困に関するエッセイで問いかけます

"It is,/"/ she said,/ "to help create the social world/ and find a credible place/ in it."//

彼女の答えはこうです 「社会的世界をつくり その中に確かな場所を見いだすこと」

That is a deeply humanizing vision of our lives,/ and it's a completely different vision/ than the one/ that lies at the heart of this economic model.//

これは我々の生活の 極めて人間的な側面です それは 経済モデルの 中心にあるものとは 完全に別のビジョンです

So/ who are we?//

さて 私たちは誰ですか?

Who are these people?//

この人たちは何者でしょう?

Are we/ these novelty-seeking, hedonistic, selfish individuals?//

私たちはこれらの 目新しさを追求する 快楽的 利己的な個人でしょうか?

Or might/ we actually occasionally be something/ like the selfless altruist depicted in Rembrandt's lovely, lovely sketch here?//

このレンブラントの素敵なスケッチに 描かれたような無私の利他主義者に なることも 時にはあるでしょうか?

Well psychology actually says/ there is a tension --/ a tension/ between self-regarding behaviors and other regarding behaviors.//

心理学はこう言っています そこには葛藤がある 自分を利する行動と 他者を利する行動の間の葛藤である

And these tensions have deep evolutionary roots,/ so/ selfish behavior is adaptive/ in certain circumstances --/ fight or flight.//

この葛藤は進化に深く根ざしたものです 利己的行動は ある種の状況下では適したものです 闘争逃走反応です

But other regarding behaviors are essential/ to our evolution/ as social beings.//

しかし利他的行動は 社会的存在としての 私たちの進化に欠かせないものです

And perhaps even more interesting/ from our point of view,/ another tension/ between novelty-seeking behaviors and tradition or conservation.//

たぶん我々の見方からすると 新しい物の追求と伝統や保全の追求との 葛藤が興味深いものです

Novelty is adaptive/ when things are changing/ and you need to adapt/ yourself.//

変化の時代には目新しさの追求が適しており 自分も適応することが必要です

Tradition is essential/ to lay down/ the stability/ to raise families/ and form cohesive social groups.//

伝統は安定した時代に 家族や社会的なつながりを維持させます

So here,/ all of a sudden,/ we're looking/ at a map of the human heart.//

ここで突然 人の心の地図を眺めていたと気づき

And it reveals to us,/ suddenly,/ the crux of the matter.//

突如として 問題の核心が 明らかになります

What we've done/ is we've created economies.//

これまで 私たちは経済を作り上げ

We've created systems,/ which systematically privilege,/ encourage,/one narrow quadrant of the human soul/ and left the others unregarded.//

システムを作り上げました そのシステムは体系的に  人間の魂のほんの狭い一郭のみに 特権を与え 奨励し その他を無視しました

And in the same token,/ the solution becomes clear,/ because this isn't,/ therefore,/ about changing human nature.//

同じようにして 解決策も明らかになりました なぜならこれは 人の性質を 変えることではないからです

It isn't,/ in fact,/ about curtailing possibilities.//

可能性を抑えこもうというのではありません

It is about opening up.//

これは開放を示します

It is about allowing ourselves/ the freedom/ to become fully human,/ recognizing the depth/ and the breadth of the human psyche and building institutions to protect Rembrandt's fragile altruist within.//

我々自身を自由にします 完全な人間になるため 人間の精神の 深さと広がりを認めて レンブラントが描いた利他行為を 保護する仕組みを作るのです

What does all this mean/ for economics?//

経済的にどういう意味を持つのでしょう?

What would economies look like if we took/ that vision of human nature/ at their heart/ and stretched them/ along these orthogonal dimensions of the human psyche?//

もし我々が 人間の本性に対する見解を 経済の中心に据えて 人の精神という新たな次元に 経済を伸ばして行くとしたら どんな経済になるか?

Well,/ it might look a little bit/ like the 4,000 community-interest companies/ that have sprung up/ in the U.K./ over the last five years and a similar rise/ in B corporations/ in the United States,/ enterprises/ that have/ ecological and social goals written into their constitution/ at their heart --/ companies,/ in fact,/ like this one,/ Ecosia.//

こういうことかもしれません 過去5年間で英国に続々と出現している  4000社もの社会的企業は 米国では B corp という名前で増えています それは エコロジカルで社会的な目標を 企業理念の 中心に掲げる企業 たとえばこのEcosiaとか

And I just want to,/ very quickly,/ show you this.//

手短に紹介しますと

Ecosia is an Internet search engine.//

Ecosiaはインターネットの検索エンジンです

Internet search engines work/ by drawing revenues/ from sponsored links/ that appear/ when you do a search.//

インターネット検索エンジンは 検索したとき表示されるスポンサーリンクから 収入を得る仕組みです

And Ecosia works in pretty much the same way.//

Ecosiaもほぼ同じような仕組みです

So/ we can do that here --/ we can just put in a little search term.//

ここでやってみましょう 短い検索用語をタイプします

There/ you go,/ Oxford,/ that's/ where we are.// See/ what comes up.//

我々の居る場所 オックスフォード 表示されました

The difference/ with Ecosia/ though is/ that,/ in Ecosia's case,/ it draws the revenues/ in the same way,/ but it allocates 80 percent of those revenues/ to a rainforest protection project/ in the Amazon.//

Ecosiaの違うところは Ecosiaの場合 同じ方法で収益を得ますが その収入の80パーセントが アマゾンの熱帯雨林保護プロジェクトに 割り当てられます

And we're going to do/ it.//

それでは

We're just going to click/ on Naturejobs.uk.//

Naturejobs.ukをクリックしてみましょう

In case anyone/ out there is looking for a job/ in a recession,/ that's the page/ to go to.//

不況のさなかの仕事探しに ぴったりのサイトです

And what happened/ then was the sponsor gave revenues/ to Ecosia,/ and Ecosia is giving 80 percent of those revenues/ to a rainforest protection project.//

これで何が起こるかというと Ecosiaはスポンサーから収益を得 Ecosiaはこの収入の80パーセントを 熱帯雨林保護プロジェクトに寄付します

It's taking profits/ from one place/ and allocating them/ into the protection of ecological resources.//

利益を1つの場所から得て 生態資源の保護に それを割り当てる

It's a different kind of enterprise/ for a new economy.//

これは新たな経済をめざす 全く別種の企業です

It's a form,/ if you like,/ of ecological altruism --/ perhaps/ something/ along those lines.// Maybe/ it's that.//

エコロジー的利他主義の 一つの姿でしょう おそらくこの方向でしょう

Whatever it is,/ whatever this new economy is,/ what we need the economy/ to do,/ in fact,/ is to put investment back/ into the heart of the model,/ to re-conceive investment.//

それが何であれ この新しい経済が何であれ 経済に望む大事なことは 投資が 次の投資を再生産するように 経済の核心部に戻すことです

Only now,/ investment isn't going to be about the relentless and mindless pursuit of consumption growth.//

こうして 投資は 絶え間なく 考えなしに 消費の成長だけを追求するものでは なくなります

Investment has to be a different beast.//

投資は別の姿を持つべきです

Investment has to be,/ in the new economy,/ protecting and nurturing the ecological assets/ on which our future depends.//

新しい経済の中では 私たちの未来を握る エコロジー的な資産の 保護と育成に投資するべきです

It has to be about transition.//

投資によって変化を促すべきです

It has to be investing in low-carbon technologies/ and infrastructures.//

低炭素の技術や設備に 投資するべきです

We have to invest,/ in fact,/ in the idea of a meaningful prosperity,/ providing capabilities/ for people to flourish.//

事実 私たちは 有意義な豊かさを生み出すアイデアや 人類の豊かな暮らしを支える基盤に 投資をするべきです

And of course,/ this task has material dimensions.//

もちろん この問題には物質面も含まれます

It would be nonsense/ to talk about people/ flourishing/ if they didn't have food, clothing and shelter.//

人々が衣食住を持たずに 繁栄の話しをするのはナンセンスです

But it's also clear/ that prosperity goes beyond this.//

豊かさとは衣食住に留まりません

It has social and psychological aims --/ family,/ friendship,/ commitments,/ society,/ participating in the life of that society.//

これには社会的 心理的目的があります 家族、友情 コミットメント、社会 社会生活への参加

And this too requires investment,/ investment --/ for example,/ in places --/ places/ where we can connect,/ places/ where we can participate,/ shared spaces,/ concert halls,/ gardens,/ public parks,/ libraries,/ museums,/ quiet centers,/ places of joy and celebration,/ places of tranquility and contemplation,/ sites/ for the "cultivation of a common citizenship,/"/ in Michael Sandel's lovely phrase.//

こんなゴールに向かっても 投資が必要です 場所に対する投資もあるでしょう 私たちが交流できる場所 私たちが参加できる場所 共有できるスペース コンサートホール、庭園 市民公園 図書館、博物館、静かなセンター 喜びやお祝いの場所 静けさと熟考の場所、 マイケル・サンデルの 美しい言葉を借りて言えば 「市民の共通基盤を育む」ための拠点です

An investment --/ investment,/ after all,/ is just such a basic economic concept --/ is nothing more nor less/ than a relationship/ between the present and the future,/ a shared present and a common future.//

投資とは結局のところ 現在と未来を関係づける 基本的な経済上の概念に すぎません 共有する現在と共通の未来の関係です

And we need/ that relationship/ to reflect,/ to reclaim hope.//

希望を取り戻すためには その関係を反映させなければなりません

So let me/ come back,/ with this sense of hope,/ to the two billion people still trying to live/ each day/ on less/ than the price of a skinny latte/ from the cafe next door.//

希望の話に戻ります 20億人が 近所のカフェのスキムラッテよりも 少ない生活費で 毎日を生きて行こうとしています

What can we offer those people?//

この人たちに何を提供できるでしょうか?

It's clear/ that we have a responsibility/ to help lift them/ out of poverty.//

我々には この人々を貧困から助け出す 責任があることは明らかです

It's clear/ that we have a responsibility/ to make room/ for growth/ where growth really matters in those poorest nations.//

我々には成長の余地を作り出す 責任があることは明らかであり 成長は最貧国においてこそ重要です

And it's also clear/ that we will never achieve/ that unless we're capable of redefining a meaningful sense of prosperity/ in the richer nations,/ a prosperity/ that is more meaningful and less materialistic/ than the growth-based model.//

豊かな国において 繁栄の意味を定義し直さなければ この責任を果たせないことは明らかです すなわち成長ベースのモデルよりも 物質的ではなく さらに意味のある繁栄の定義です

So this is not just a Western post-materialist fantasy.//

単に西洋風のポスト唯物主義といった ファンタジーではありません

In fact,/ an African philosopher wrote to me,/ when "Prosperity/ Without Growth"/ was published,/ pointing out/ the similarities/ between this view of prosperity and the traditional African concept of ubuntu.//

「成長なしの繁栄」を出版したとき アフリカの哲学者から手紙を受け取りました この繁栄についての見方と アフリカに伝統的に伝わる Ubuntu という 概念とが似ているという指摘でした

Ubuntu says,/ "I am/ because we are."//

Ubuntu の言葉です 「私がいるのは みんながいるから」

Prosperity is a shared endeavor.//

繁栄は共有の試みです

Its roots are long and deep --/ its foundations,/ I've tried to show, exist already,/ inside each of us.//

その根は長くて深く その基盤は、私が示そうとしたように すでに私たちの中に 存在しています

So this is not about standing in the way of development.//

この見方は 発展を妨げるものではありません

It's not about overthrowing capitalism.//

資本主義を打倒する ものでもありません

It's not about trying to change/ human nature.//

それは人間の本質を 変えようとするのでもありません

What we're doing/ here is we're taking a few simple steps/ towards an economics fit/ for purpose.//

我々はここで 目的と合った経済を目指して ほんの数歩歩み始めたところです

And at the heart of that economics,/ we're placing/ a more credible, more robust,/ and more realistic vision of what it means to be human.//

そして、その経済の中心で、 人間であることの意味について より信頼性があり さらに堅牢で より現実的な見解を示しているのです

Thank you very much.//

どうもありがとうございました

(拍手)

Chris Anderson:/ While they're taking/ the podium away,/ just a quick question.//

クリスアンダーソン: 少々質問があります

First of all,/ economists aren't supposed to be inspiring,/ so you may need to work/ on the tone a little.//

経済学者は感動する話はせず もっと淡々と語ると思っていました

(Laughter) Can you picture the politicians ever buying/ into this?//

(笑) これまで政治家でこれに興味を示した人はいますか?

I mean,/ can/ you picture a politician/ standing up/ in Britain/ and saying,/ "GDP fell two percent/ this year.// Good news!//

想像できますか 英国の政治家が立ち上がって 「今年のGDPは2%減 良いニュースだ!

We're actually/ all happier,/ and a country's more beautiful,/ and our lives are better."//

我々の幸福度は増し 国はより美しくなった それに生活も向上した」

Tim Jackson:/ Well/ that's clearly not/ what you're doing.//

ティム:明らかに違いますね

You're not making/ news/ out of things/ falling down.//

廃れ行くものから新しいものは作らず

You're making/ news/ out of the things/ that tell you/ that we're flourishing.//

私たちの繁栄を語るものから新しいものを作っています

Can I picture politicians doing it?//

政治家がそうするのを想像できるかって?

Actually,/ I already am seeing a little bit of it.//

そういう状況が少し開けたと思います

When we first started this kind of work,/ politicians would stand up,/ treasury spokesmen would stand up,/ and accuse us of wanting to go back/ and live in caves.//

最初にこの種の仕事を始めたとき 政治家や財務省のスポークスマンは 洞窟暮らしに戻るのかと真っ向から非難しました

And actually/ in the period/ through which we've been working over the last 18 years --/ partly/ because of the financial crisis and a little bit of humility/ in the profession of economics --/ actually/ people are engaging in this issue/ in all sorts of countries/ around the world.//

実際にいままで 18 年間これに取り組んで来ましたが 金融危機もあって 経済学の専門家にも謙虚さが少し生じ 実際に世界各国のいろんな国で 人々はこの問題に取り組んでいます

CA:/ But is it mainly/ politicians/ who are going to have to get/ their act together,/ or is it going to be more just civil society and companies?//

クリス:でも主に政治家が取り仕切る必要がありますよね むしろ市民団体や企業のみの取り組みですか?

TJ:/ It has to be companies.// It has to be civil society.//

ティム:企業も市民団体も行うべきです

But it has to have/ political leadership.//

でも政治的なリーダーシップが必要です

This is a kind of agenda,/ which actually/ politicians/ themselves are kind of caught in that dilemma,/ because they're hooked on the growth model themselves.//

ひとつの政治課題です 実際に政治家自身が このジレンマに囚われています 成長モデルしか念頭にないからです

But actually/ opening up/ the space to think about different ways of governing,/ different kinds of politics,/ and creating the space/ for civil society and businesses to operate differently --/ absolutely vital.//

これまでにない行政や これまでにない政治によって 市民団体や企業が これまでにない運営を行うための 余地を作り出すことが 絶対に不可欠です

CA:/ And/ if someone could convince you/ that we actually can make the --/ what was it?// --/ the 130-fold improvement/ in efficiency,/ of reduction of carbon footprint,/ would you then actually/ like that picture of economic growth/ into more knowledge-based goods?//

クリス: どうにかして 130倍の効率改善や CO2排出量の削減ができると 納得できたとしたら そういう知識を集積した製品による経済成長は あり得ると思われますか?

TJ:/ I would still want to know/ that you could do that/ and get below zero/ by the end of the century,/ in terms of taking carbon/ out of the atmosphere,/ and solve the problem of biodiversity/ and reduce the impact/ on land use/ and do something/ about the erosion of topsoils and the quality of water.//

ティム: 可能だと言うならぜひ知りたいです 大気中から炭素を取り出して 排出量をゼロ以下にしたり 生物多様性の問題を解決し 土地利用の影響を軽減 そして表層土の侵食を防ぎ水質を向上させる

If you can convince me/ we can do all that,/ then,/ yes,/ I would take the two percent.//

これが全部できる解があるというなら 2パーセントの成長もありでしょう

CA:/ Tim,/ thank you/ for a very important talk.// Thank you.//

クリス: 非常に重要なお話をしていただきありがとうございます

(拍手)

prosperity

『繁栄』,成功

lasting

『永続する』;長持ちする

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

chronically

慢性的に

常習で絶えず

undernourished

栄養不足(不良)の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

Latin

〈U〉(古代ローマで用いた)『ラテン語』

〈C〉(古代ローマに住んでいた)ラティウム人,古代ローマ人

〈C〉ラテン[系]民族の人

『ラテン語の』

ラテン系民族の;ロマンス語族の言語を使う民族(諸国)の

accordance

一致,調和,適合

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

irony

〈U〉『皮肉』,『風刺』;反語[法]

〈C〉(運命の)皮肉,(具体的な事例としての)皮肉な成り行き

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

economic

『経済の』

『経済学の』

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

undermine

…‘の'下を掘る,下に穴(トンネル)を掘る

(浸食作用で)…‘の'土台を壊す(削る)

〈健康・名声など〉‘を'知らないうちに(徐々に)害する,弱める

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

rainforest

熱帯雨林

雨林、降雨林、多雨林

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

Mexico

メキシコ合衆国

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

relentless

無情な,容赦しない

絶え間ない,執ような

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

emission

〈U〉〈C〉(光・熱・液体などの)放射,放出

〈C〉放射物,放出物

decade

『10年間』

recession

〈U〉奥に引っ込むこと,後退

〈C〉景気後退

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

dilemma

『板ばさみ』,抜きさしならない羽目,窮地

(論理学で)両刀論法

ca

circa

trash

価値のないもの,役に立たないもの

《米》廃品,くず,ごみ

くだらない話,駄作,ばかげた考え

《米》人間のくず,役立たず

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

crash

『ガラガラ』,『ドシン』(物が倒れたり砕けたりするときの音)

(飛行機の)『墜落』;(車の)『衝突』

(事業・相場などの)崩壊,破産

『ガチャン』(『ドシン』,『ガラガラ』)『と大きな音をたてる』

(…に)ガチャン(ドシン)と衝突する《+『into』(『against』)+『名』》

大きな音をたてて動く

〈飛行機が〉墜落する

〈事業などが〉つぶれる

(…にぶつけて)…'を'『ガチャン』(ドシン),『ガラガラ』)『と壊す』《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》

〈飛行機・車など〉'を'衝突させる

《話》(またgatecrash)(招待状・切符なしで)…‘に'押し掛ける・もぐり込む

応急の

planet

『惑星』,遊星

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

income

(一定の)『収入』,所得

lifestyle

生き方,生きざま

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

hike

『ハイキング』(『徒歩旅行』)『する』

…‘を'ぐいと引っ張り上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物価など〉‘を'引き上げる

『ハイキング』,徒歩旅行

《米話》(物価などの)引き上げ

salary

給料・俸給(を与える、払う)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

left-hand

《名詩の前にのみ用いて》

左側の,左方の

左手による,左手の

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

intensity

(感情・行動・熱・色などの)『強烈さ』,熱烈さ,強度

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

dynamics

〈U〉《単数扱い》『力学』,動力学

《複数扱い》(一般的な意味で)『動力』,原動力

《複数扱い》(音楽の)強弱法

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

paraphrase

(原文を)別の言葉で置き換えること,言い換え

(説明するために)〈文章・語句など〉‘を'言い換える,やさしい言葉に置き換える

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

circular

『円形の』,丸い

回転して動く

循環的な,旋回する;回遊する

(公衆に配布する)案内状,広告ビラ

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

harmless

『無害の』

悪意のない,無邪気な

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

highlight

(絵画・写真などの)最も明るい部分,ハイライト

(事件・勝負・ニュースなどの)最も目立つ部長,最高潮の場面,呼び物

〈絵画・写真などの部分〉‘に'ハイライトを置く,…‘を'最も明るくする

…‘を'強調する

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

constitute

《しばしば受動体で》〈物〉'を'『構成する』,〈人の本質・体質〉'を'作っている(進行形にできない)

《『constitute』+『名』〈目〉+『名』〈補〉》〈人〉'を'(役目・職務なとに)『任命する』,選定する:〈制度など〉'を'『制定する』,〈機関など〉'を'設立する

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

stimulate

…を『刺激する』,励ます,元気づける

刺激[剤]となる

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

productivity

生産力,生産性

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

novelty

〈U〉『新奇さ』,『珍しつ』,ざん新さ(newness)

〈C〉『珍しいもの』,珍しいこと

〈C〉《複数形で》(装飾品やおもちゃなどの)珍奇な商品,新型商品

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

Joseph

ヨセフ(Jacobの子;;旧約聖書「創世記」)

聖ヨセフ(聖雑マリアの夫;新約聖書「マタイによる福音書」)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

reproduction

〈U〉繁殖,生殖[作用]

〈U〉(…を)再生(再現)すること;模写(複製)すること《+『of』+『名』》

〈C〉再生(再現)された物,複写(複製)した物

continually

『ひんぱんに』,たびたび(again and again);絶えず

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

goods

(不動産以外の)財産,(金・証券以外の)動産

『商品』,品物

《米》反物,織物

《英》(鉄道で運ばれる)貨物

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

human being

人,人間

appetite

『食欲』

(…に対する)『欲求』,切望(desire)《+『for』+『名』》

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

anthropologist

人類学者

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

conspicuous consumption

社会的地位を誇示するためのぜいたく(浪費)

thrive

〈物事が〉『成功する』,栄える,繁栄する

〈人・動植物が〉『よく成長する』,健康である

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

relentlessly

無情にも,容赦なく;執拗に

insatiable

飽くことのない,満足することを知らない

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

anxiety

〈U〉(…についての)『心配』,不安,気がかり《+『about(for)』+『名』》

〈C〉心配事,心配の種

〈U〉《話》『切望』,熱望;〈C〉切望する事(物)

Adam

アダム(聖書によれば,神が天地を創造したとき,最初Adamをつくり,そのろっ骨の1本から最初の女Eveを造ったという)

smith

かじ屋;金属細工人

製造(製作)人

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

meant

meanの過去・過去分詞

linen

『リネン』,亜麻布;リネン糸

《しばしば複数形で;単数扱い》リネン製品(特に敷布)

リネンノ;リネン製の

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

hybrid

(動物植の)雑種,(物の)混成物

混種語(語源の異なる二つ以上の要素から成る語;たとえばshortageは英語(short)とフランス語(hybridage)の混種語)

雑種(混成)の

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

inexhaustible

使いきれない,無尽蔵の

疲れを知らない,根気のよい

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

money supply

需要額(当座預金額と通貨流通額)

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

debt

〈U〉〈C〉『借金』;負債

〈C〉『恩義』,義理(obligation)

expansion

〈U〉『拡大』,『拡張』;展開

〈C〉拡大(拡張)されたもの

〈U〉〈C〉(数字で)展開[式]

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

implicate

〈証言・容疑者などが〉(犯罪などに)〈他の人〉‘を'巻き込む,関係させる《+『名』+『in』+『名』》

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

datum

dataの単数形

既知の事実

dramatically

劇的に,非常に効果的に

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

saving

《名試の前にのみ用いて》欠点を補う,埋め合わせとなる

節約する,倹約する,つましい

《複数形で》貯金,(特に,銀行への)預金

〈U〉〈C〉節約したもの,節約量

〈U〉《時にa~》(…の)節約,倹約《+『of』+『名』》

ratio

『比』,比率,『割合』;『比例』

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

perverse

(人・人の考え方が)ひねくれた,片意地な・つむじ曲りの, 強情な; あいにくの; 邪悪な・(情況・運命などが)思い通りにならない,不利な・(行為が)道理に反する,誤った

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

persuade

〈人〉‘を'『説得する』

〈人〉‘に'『信じさせる』

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

consign

《文》(…に)'を'引き渡す,ゆだねる,任せる,預ける《+『名』+『to』+『名』》

(ある目的・用途に)…'を'当てる,取っておく《+『名』+『to』+『名』》

〈商品〉'を'発送する,託送する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

despair

〈U〉『絶望』,失望

〈C〉絶望のもと;見放されたもの

(…の)『望みを失う』,(…に)『絶望する』《+『of』+『名』(do『ing』)》

behave

《状態を表す副詞[句]を伴って》(…に)『ふるまう』

『行儀よくする』,ちゃんとしている

《状態を表す副詞[句]を伴って》〈船・車・機械などが〉(…にように)動く,作動する

〈自分自身〉'を'(…のように)ふるまう

straightaway

一直線の

一直線の道,直線コース

すぐに,直ちに

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

hunker

しゃがむ

尻(しり)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

thrift

倹約,節約(frugality)・【植】ハマカンザシ

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

anomaly

〈U〉〈C〉変則,例外;異常

〈C〉変則的な事態,異例な人(物)

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

completely

『完全に』,全く,十分に

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

combat

『戦い』,戦闘;格闘

〈敵・悪など〉‘と'『戦う』,闘争する

(…のために…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』+『for』+『名』》

appliance

(特に家庭で用いる)器具,機械,装置

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

occasionally

『たまに』,時おり

insulate

〈電線など〉‘を'絶縁する

…‘を'分離する,隔離する

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

insulation

(熱・電気・音などの)絶縁,絶縁体,絶縁材

隔離,孤立

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

solemnly

厳粛に,荘厳に

まじめに

giraffe

ジラフ,キリン

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

district

(特別な目的のために区分された州・都市などの)『地区』,区域

(ある特色・機能をもつ)『地域』,地方

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

childish

『子供の』;子供らしい

『幼稚な』

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

suddenly

『突然に』,だしぬけに

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

overload

…‘に'荷を積み過ぎる(負わせ過ぎる)

〈バッテリー・変圧器など〉‘に'充電し過ぎる;〈銃砲〉‘に'装薬し過ぎる

〈C〉〈U〉積み過ぎ;〈U〉過充電;過負荷

shop floor

(管理職ではなく)一般労働者の仕事場,現場 作業現場 生産現場 労働者

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

forage

〈U〉(牛馬の)飼料,かいば,まぐさ

〈U〉《a~》食糧あさり

〈動物などが〉食糧をあさる

(…を)捜し回る《+『about』+『名』》

〈食べ物〉‘を'あさる

〈ある場所〉‘から'食糧を入手する

grocery

〈C〉《米》『食料品』[『雑貨』]『店』(《英》ではgrocer's, grocery shopなどが普通)

《複数形で》『食料』[『雑貨』]『品類』,乾物類

〈U〉食料品[雑貨]販売業

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

precious

『高価な』;『貴重な』,大切な

『かけがえのない』,無駄にできない

『愛する』,いとしい(dear・beloved)

《話》《名詞の前にのみ用いて》《強調・皮肉に》とびきりの,大した

いやに気取った,凝り過ぎの

とても,非常に

かわいい人

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

Mary

聖母マリア(また『Virgin Mary, Saint Mary』)

essay

(ある論題・問題に関する)『小論』,評論;『随筆』,エッセイ《+『on』(『upon』)+『名』》

《文》試み[ること],企て(attempt)

…‘を'試みる;…しようとする《+『to』 do》

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

credible

信用できる,確実な

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

hedonistic

快楽主義の,快楽的な

selfish

(人・言動などが)『利己的な』,自分本位の

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

selfless

私心(私欲)のない

altruist

利他(愛他)主義者

depict

(絵・言葉などで)…‘を'描き表す,描写する

Rembrandt

レンブラント(1606‐69;オランダの画家)

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

regard

《『regard』+『名』+『as』+『名』(『形』[『句』])》(…と)〈人・物事など〉‘を'『みなす』,考える(consider)

《文》《副詞[句]を伴って》(ある感情・態度で)…‘を'見る,注視する

…‘を'『尊重する』

《副詞[句]を伴って》…‘を'評価する

《文》《通例否定文で》〈意見・希望など〉‘を'『考慮にいれる』,‘に'注意を払う

〈物事が〉…‘に'関係する,関連する

〈U〉(…に対する)『考慮』,注意,関心《+『for』)『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『敬意』,尊敬,好意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉《おもに文》注視,凝視

〈U〉(ある特別な)点,関係,関連

《複数形で》(敬意・愛情を表す)あいさつ(greetings),よろしくとの伝言(best wishes)

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

adaptive

適応できる,適応性のある

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

being

〈U〉存在,実在(existence);生命(life)

〈U〉本質,本性(nature)

〈C〉生き物

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

conservation

保存,(特に自然環境の)保護

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

stability

『安定』,確固,不動;安定性

(人・意志などの)着実,強固,不変

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

cohesive

粘着性のある,結合力のある

凝集力のある

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

crux

最も重要な点

難問,なぞ

systematically

系統的に,体系的に,組織的に

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

quadrant

四分円弧;四分円;象限(しょうげん)

四分円形のもの

(天文観測の)四分儀;象限儀

soul

〈C〉〈U〉『魂』,霊魂;『心』,精神(spirit)

〈U〉『情』,感情,情緒

〈U〉(物事の)生命,精髄;《話》生気,迫力

〈C〉『人』,人間

〈C〉(…の)権化,典型,化身《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)指導者,中心人物《+『of』+『名』》

米国黒人[文化]の,米国黒人[文化]特有の,米国黒人[文化]に由来する

token

(…の)『しるし』,象徴《+of+名》

(…の)『記念品』,形見《+of+名》

(また token coin)代用硬貨(バスや地下鉄などで切符の代りに用いられるもの)

名(形)ばかりの,ほんのわずかの

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

curtail

…'を'削り取る,切り詰める

《文》《しばしば受動態で》(…の一部を)〈人〉‘から'奪い取る,削減する《+『名』+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

fully

『十分に』,完全に

まるまる

depth

〈U〉〈C〉《通例単数形で》『深さ』;奥行き

〈U〉(知識・知性などの)『深遠さ』,深さ

〈U〉(声・音などの調子の)『低さ』;(色の)濃さ

〈C〉《複数形で》『奥まった場所』,奥地

〈C〉深い所,深み

〈U〉〈C〉《時に複数形で》最中

breadth

『幅』,広さ(breadth)

(心などの)広さ,大きさ;寛容

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

orthogonal

直角の,直交の

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

corporation

『社団法人』,『法人』(《略》『corp.,Corp.』)

地方議会

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

ecological

生態学の

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

allocate

(…に)…'を'配分する,割り当てる《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

altruism

利他(愛他)主義

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

mindless

《補語にのみ用いて》(…に)気をつけない,注意を払わない

思慮のない,頭を使わない

pursuit

〈U〉(…を)『追うこと』,(…の)追跡《+『of』+『名』》

〈U〉(目的・快楽などの)『追求』《+『of』+『名』》

〈C〉(一般に)仕事,趣味

beast

《文》(人間以外の)『動物』,(特に鳥・魚に対して)四足獣;(人間に対する)『けもの』,畜生

(けもののように)粗暴な人

《英話》《~a》(…の)とてもいやなこと(物)《+『of』+『名』》

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

transition

(…から…へ)移り変わること,変遷;(…から…への)過渡期《+from+名+to+名》

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

meaningful

有意義な,意義のある

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

flourish

〈文化などが〉『栄える』;〈商売などが〉繁盛する(prosper);〈植物などが〉繁茂する(thrive)

〈人が〉元気である;〈人が〉(ある時代に)生きて活躍する

(…に向けて)…‘を'振る,振り回す《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'見せびらかす,誇示する;…‘を'飾りたてる

(…を)振り回すこと《+『of』+『名』》

見せびらかし

飾り書き,装飾文字

文飾,華麗な表現

(要人の入場などの際の)華やかな音楽;トランペットの華麗などの吹奏;装飾楽句(節)

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

nonsense

『無意味な言葉』(『行為』),たわごと;ばかげた考え(振舞い)

くだらないこと(もの)(trifles)

ばかな,くだらん

clothing

『衣類』,衣料品

shelter

〈U〉(雨・風,攻撃などからの)『保護』,避難

〈C〉(…からの)『避難所』,隠れ場所《+『from』+『名』》

(…から)…‘を'『おおい隠す』《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'保護する,かばう《+『名』+『from』+『名』》

(…から)『避難する』,避ける,隠れる《+『from』+『名』》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

friendship

〈U〉友情,親交

〈C〉交友,交際

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

concert

〈C〉(公開の)『演奏会』,音楽会

〈U〉協調,協力

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

museum

『博物館』;美術館

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

celebration

『祝賀』,祝典(儀式)の挙行;〈C〉祝典,祭典,祝賀会

contemplation

(…を)じっと見つめること《+『of』+『名』》

熟考,(特に)瞑想(めいそう)

期待,予期,意図

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

cultivation

耕作;栽培;養殖

養成,教化,修養

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

citizenship

市民権,公民権

Michael

天使長ミカエル(旧約聖書「ダニエル書」)

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

nor

《neither…nor,で》…『も』,『も』…『ない』,また…ない(or not)

《not,no,neverなどを含む否定節の後で,さらに次に続く内容を否定して》…『もまた』…『ない』

《肯定文の後,または文頭に置いて,次に続く内容を否定して》『そしてまた』…『ない』(and not)

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

reclaim

(…から)〈土地など〉‘を'造成する《+『名』+『from』+『名』》

(廃物から)〈物〉‘を'再生する《+『名』+『from』+『名』》

(悪などから)〈人〉‘を'改心させる矯正する《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

skinny

骨と皮ばかりの,やせこけた

cafe

〈C〉『喫茶店』(coffeehouse),小レストラン);《英》(酒類を出さない)『軽食堂』

〈C〉バー,キャバレー,ナイトクラブ

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

materialistic

唯物論の;唯物論者の;唯物主義の

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

similarity

〈U〉類似,相似(resemblance)

〈C〉類似点

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

overthrow

〈政府など〉‘を'『倒す』,打倒する,廃する

〈物〉‘を'『ひっくり返す』(overturn)

(野球などで)…‘より'遠くにボールを投げる,‘に'高投する

《the ~》(…の)打倒,転覆《+『of』+『名』》

(ボールの)高投

capitalism

資本主義

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

towards

toward

economics

《単数扱い》『経済学』

《複数扱い》(国・人の)経済状態

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

realistic

『現実主義の』,現実的(実際的)な

写実的な,写実主義の

実在論の

podium

指揮台,演壇

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

economist

経済学者

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

tone

〈C〉(高さ・音色・長さ・音量の点から見た)『音』

〈C〉〈U〉音質

〈C〉楽音;全音程

〈C〉《しばしば複数形で》『言い方,書き方』,口調,語調

〈C〉支配的な(一般的な)風潮(傾向)

〈U〉(筋肉などの緊張の)『正常な状態』

〈C〉『色調』,色合い,濃淡,明暗

(音・色などで)…‘に'『ある調子(口調,色合い)をつける』

…‘の'色を変える,色を補正する

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

treasury

(特に昔,政府の金を備蓄・運用した)『国庫』,(政府・公共団体・会社などの)基金,資金

(…の)貴重な収集,宝庫,宝典,名作集《+of+名》

《the Treasury》《米》財務省

spokesman

スポークスマン,代弁者

accuse

(…の罪で)〈人〉'を'『告発する』,告訴する《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

(…であると)〈人〉'を'『非難する』,責める《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

cave

『ほら穴』,(特に)横穴

〈地盤などが〉陥没する

〈帽子など〉'を'へこます

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

humility

謙そん,卑下;〈C〉《複数形で》謙虚な行為

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

hook

(物を引っ掛けたり,つるしたりするための)『掛けくぎ』;『留め金』,ホック

つり針(fishhook)

かぎ状の物(引用符(‘'),音符のひげの部分など);かぎ形の道具(かまなど)

川の湾曲;かぎ形の岬;(動・植物の)かぎ形の器官(突起)

(野球・ボウリング・ゴルフなどの)フックボール(きき腕と反対方向へカーブする)

(ボクシングの)フック(腕をかぎ形にして横から打つ打ち方)

(かぎなどで)…‘を'引っ掛ける,留める,つるす;〈魚〉‘を'釣る

…‘を'かぎ状に曲げる

〈人〉‘を'引っ掛ける,だます

(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'フックで投げる(打つ)

(ボクシングで)…‘を'フックで打つ

かぎで掛かる,ホックで留まる;(かぎのように)引っ掛かる

〈ボールが〉かぎ形に曲がる

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

footprint

足跡

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

erosion

(酸などによる)腐食;(風・水・波・氷河などによる)浸食[作用]

topsoil

表土

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

関連動画