TED日本語 - ハンス・ロスリング: 10年の良いニュース?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ハンス・ロスリングは、(ほとんど報告されることのなかった)驚くべき重大な価値あるニュースに光を当て、すばらしい統計グラフによって国連の10年間のデータを再構成します。彼は、その過程において、統計値に対するひとつの欠陥を指摘します。

Script

本日お集まりいただきましたのは、 世界各国の発展のため 国連が開発目標を定めたことを ご説明するためです ミレニアム開発目標といいます この目標の良いところは 8つ定義されているところです 8つの目標がそれぞれあり、 全世界の人々が 良い生活を送るために 何が必要で、何を変えていかなくては いけないのか、国連が示したのです ご覧ください、貧困の撲滅、 教育、ジェンダー、 幼児死亡率、妊婦の健康、 感染症の防止、環境保護、 援助から貿易までのさまざまな面での 国と国との連携が 必要になります

この開発目標の良いところの二つ目は どの目標も数値化されているところです 幼児死亡率を見てみましょう 目的は幼児死亡率の削減で、 1990年から2015年の間に 2/3にすることです 年4パーセントの削減です この数値化によって、 口先だけの政策論議と 実際の国民の生活向上という 重要な仕事とを 区別することができるのです 喜ばしいことに すでに報告書にあるとおり 多くの国で アジアも、中東も、 ラテンアメリカも、東ヨーロッパも、 幼児死亡率が低下しつつあるのです 大国ブラジルであっても、5%の低下です トルコでは7%の低下です とても良いことです 一方で、「アフリカでは進展がない、 アフリカでは何が起きているのか知る術の 統計すら存在しない」と言う人もいます どちらも間違っていることをお見せしましょう

さあ、すてきな統計の世界を覗いてみましょう 私はChildMortality.orgというページを作りました このページでは世界中の国における 5歳未満の子供の死亡数を掲示しています 国連の専門家による数値です たとえばケニアを見てみましょう これがケニアのデータです あわてないで、おちついて、ちゃんと説明していきますよ 大学で統計学が嫌いだった方には これは不快かもしれませんね とはいえ、最初にこのようなグラフの点を見て、 気になることがあるでしょう このデータはどこから来たのか? このデータの元は何か? ケニアでは、医者あるいは専門家が 子供の死亡に立会い、死亡診断書を発行し 統計局に届け出るように、 機能しているものだろうか? だめです、ケニアのような低所得国では そのような組織はまだありません あったとしても、十分に機能していません というのも家庭内での死亡が多くて 家族が立ち会うだけで 記録されていないのです このような不完全なシステムに頼ることなく、 私たちは聞き取り調査を行いました 高度な専門家である 女性が面談したのです アフリカの女性一人ひとりに一時間ずつかけて その人が生んだ子供のことを尋ねたのです 何人子供を生みましたか? 皆さん生きてますか? 死んだとしたら、何年に何歳で死んだのですか? このように、何千人もの女性を対象に 聞き取り調査を行いました その結果をまとめて、 人口保健調査結果として発行したのです しかしこの調査は費用がかかります そのため3年から5年に一度しかできません とはいえ良い精度の数値が得られます これが限界です この色のついた線が調査結果です 調査ごとに色がわけてあります この話は複雑なため、単純にします 調査結果の平均値をみましょう

これが1977年、1988年、 1992年、1997年、 そして2002年です 国連の専門家がこの調査結果を 彼らのデータベースに入力し、 数学の公式を使って導き出した予測は このような曲線です 見てください、この点に最も近い曲線です しかし、注意してください 予測は、あくまで 過去の結果を結んで 未来へ延長したものです 国連はケニアの2008年幼児死亡率を 128と予測しました。 恐ろしいことに 90年代に入って ケニアでは幼児死亡率が 増加してしまったのです 悲惨なことです しかし、6月になって私のところに 人口保健調査のメールがとどきました ケニアの良いデータでした とてもうれしかった これが新しい調査結果に基づく予測です 3か月かかりましたが、 国連がサーバーにデータをいれました 先週の金曜日です、新しい予測曲線が見られます 幼児死亡率が低下しました どうです、いいでしょう、ねえ まさしくその金曜日、私はPCの前にいて 死亡率が128から84に低下した 曲線を朝から見ていました お祝いです

さて、傾向をつかむときに どうやって進捗を計るべきでしょうか くわしく見ていきましょう 国連ではこのようにしています 1990年から初めて、2009年のデータです 「0.9%で進歩が無い」と言われました これはフェアではない 私も教授ですから、申し上げる権利があるでしょう このようなやり方です 10年あれば、傾向をつかむには十分です 二つの調査結果です、何が起きているかわかるでしょう 2.4%でした もし、ケニアの保健省で働いていたなら、 この二つをつなげてみます 申し上げたいことは、 幼児死亡率を知っているということです 最近の動向を知っています ミレニアム開発目標のため 詳しく調べたのです アフリカにとってとても重要なことですが、 90年代は最悪でした ケニアに限らず、アフリカ全土で HIV感染がピークでした 新しいマラリアの薬品が届くまで、古いマラリアの薬による副作用がありました その後、蚊帳を使うようになりました また、社会経済的問題がありましたが、 今ではかなり解決しつつあります この平均値をみてください サハラ以南のアフリカの平均です 国連では 1.8%の低下としています

理論的なように見えますが、 それほど理論的なわけではありません ご存知のとおり経済学者はお金が好きです お金を儲けて、もっともっと増やすことが好きです 経済の年間成長率を%で計算します 私たちは公衆衛生が専門で、子供の死亡が大嫌いです 子供の死亡をもっと、ずっと減らしていきたい 年に何%低下したか計算します 同じように%で表されます もし経済成長が4%なら、 子供の死亡率も4%減ってもよいでしょう 国民がちゃんと関心をもち、 リソースを何に使うかちゃんと把握しさえすれば。 この19年間の統計はフェアといえるでしょうか? 経済学者なら決してしないことです 私なら二つの期間に分けてみます 90年代は、ほんの1.2%でした ほんの1.2% いまではセカンドギアに変速しました アフリカはローギアから セカンドギアに変速しつつあります しかし、それであっても アフリカを正しく表現しているとは言えません 平均値だからです アフリカの幼児死亡率低下スピードの平均です

この、私のグラフをご覧ください ここです 縦軸は1000人当たりの幼児死亡数 横軸は西暦年です MDGよりも広い視点で紹介します 50年前から始めます アフリカの多くの国が独立し始めた頃です コンゴをみてください、こんなに高い、 ガーナは低い、ケニアはさらに低い 時代が変わるとどのようなことが起きるか見てみましょう、さあ始めます 独立して、リテラシーが向上します ワクチン接種も始まります、天然痘を撲滅しました 衛生状態も向上しました、物事が良い方向に向かっています しかし80年代に入って、ここを見てください コンゴでは内戦が起きました このようにレベルが落ちました ガーナは急速に向上しました ケニアでは反動があります、ガーナではありません ケニアもガーナもともに低下しています コンゴだけは取り残されています これが今の世界です 見てのとおり、進歩が無い国と 急速な進歩をする国との平均を取ることは 意味が無いのです 時代は変わりました サハラ以南のアフリカを一地域として捉えることはやめましょう 国によってかなり違いがあります ヨーロッパをひとつの場所だと扱わないことと同様に アフリカもひとつの場所だと認識してはいけません ギリシャ経済とスウェーデン経済とでは大きく違うことは、 みなさんご存知ですよね すべての国が、どんな政策を取るかで評価されるのです

もう少し広い視点で見てみましょう 私の国、スウェーデンです 1800年は、ここでした 私たちは何を間違っていたのか、おかしなことをしていました 子供の死亡率が高ったにも関わらず子供の人口統計は正確にとっていたのです とてもおかしなことです スウェーデンでは、子供の死亡について 何ら対策を講じなかったにもかかわらず 統計だけはちゃんととっていました そして、この期間は、飢餓の年でした この年は最悪でした、国民はスウェーデンに見切りをつけました 私の祖先は、アメリカに移住しました 結局、すぐに、スウェーデンはもっとより良くなったのです ここで教育が良くなり、医療サービスもできました 幼児死亡率も下がりました 戦争を経験することもなく、スウェーデンはずっと平和でした。 しかしご覧ください、スウェーデンにおける 削減スピードは 速くはありませんでした スウェーデンではスタートが早かったから 幼児死亡率の削減もできたのです 初等教育を1842年に 始めました その結果、すばらしい影響がありました 一世代後に女性の識字率が 向上したのです いま行っている投資は、長期間にわたるものだと 理解しておくべきです ほんの5年ではありません 長期間の投資なのです スウェーデンはミレニアム開発目標に到達していません 計算したところ3.1パーセントでした 脱線してしまいましたね、これがスウェーデンです それほど興味はないでしょう 他の国には、私たち以上に良くなってほしい。事実、そうなりつつあります。

タイを見てみましょう よくやっています、1960年代での 高い死亡率から始まって、 スウェーデンと同じぐらいの幼児死亡率に低下しました 他にもエジプトがあります 公衆衛生における隠れた大成功です エジプトは1960年にここです コンゴよりも悪かった ナイル川デルタ地帯は子供にとってひどい場所でした 下痢、マラリア、 無数の問題がありました その後、アスワンダムが作られ、家庭に電気が届きました 教育も進みました プライマリ・ヘルス・ケアが宣言され このように、死亡率は低下しました 安全な水が飲めるようなり、マラリアを撲滅しました まさしく成功そのものです ミレニアム開発目標における幼児死亡率の削減は、 現実的に可能なものです すばらしいことに 現在のガーナでは達成しています エジプトでは最速で成し遂げました ケニアは今、加速しています ここでは問題があります ここの国では問題があって、削減が進んでいません

では、より広く捉えた全体像をごらんいただきましょう 幼児死亡率に関する大きな全体の動きです このグラフで相関をみていただきます 縦軸には、幼児死亡率をとります 縦軸に幼児死亡率です 横軸には家族の人数をとります 幼児死亡率と家族数との相関をみてください 女性一人に子供が、1、2、3、4、 女性一人に6、7、8人の子供です 1960年に戻ります 50年前です 一つ一つの丸が国です 色は、大陸ごとにつけました 紺色はサハラ以南のアフリカです 丸の大きさは人口です ここの国は、 途上国と呼ばれています 高い幼児死亡率、とても高い死亡率です 家族数も6から8です 一方で、こちら側にいる国は 西洋諸国と呼ばれています 幼児死亡率が低くて、 家族数も少ない 何がおきるでしょうか 皆さんの目でよくご覧になってください 幼児死亡率の低下と 家族数の減少との相関を 何も準備は要りません 見るだけで結構です これが現実に起きたことです、はじめますよ 死亡率が減ります、天然痘の撲滅 教育の向上 医療サービス ここに集まります、中国は西洋諸国のところに入ります ほらブラジルも西洋諸国に入ってきました インドも接近中です、アフリカの最初の国が西洋諸国に入りました たくさん隣人が引っ越してきました 長寿命の国へようこそ いらっしゃい、全人類がここに集まってほしいものです これが新しいビジョンです 見てください、アフリカの最初の国が入ってきました これが現在です

西洋諸国も、途上国も、 今では関係ないのです これは、金曜日(2010.9.17)に出たばかりの 国連の報告書です 「子どもの死亡率の推移」、とても良い内容です このページを除いては このページは最悪です 国をカテゴリーで分類しています 途上国と書かれているのは、次のような国です 途上国:大韓民国 えぇ? サムスンの国ですよ、どうして途上国なのでしょうか シンガポールもあります 世界で最も幼児死亡率が低い国です スウェーデンを5年前に追い越しました それでも途上国扱いです カタールもあります アルジャジーラもあり最も裕福な国です なぜこのような国が途上国といえるのでしょうか これはゴミです (拍手) 残りの部分は大丈夫です、良い内容です

データに合う新しい考え方を 持たなくてはなりません すべての国がここに 集ってくることをよく理解しなくてはなりません この関係は重要です 見てください、アフリカです これがアフリカ諸国です 幼児死亡率の減少と家族数の減少との 関係がわかります アフリカにあっても同じです 何が起きているか明白でしょう シアトルにある保健指標・評価研究所から 金曜日に発表された研究結果によると、 幼児死亡率を約50%削減 することが可能とのことです 女性への教育によって 女の子が学校に行き、 15年から20年がたち その結果がでるのです だから私たちは長期間の展望が必要なのです とはいえ10年間ごとに 統計をとります このすべての国で 幼児死亡率を低下させることは可能です そして、ここに集まってくるのです 私たちみんなが一緒に生きていくように

もちろん、幼児死亡率の低下は 人道的な面では、 最重要課題です 今、話題にしているのは、 子供のまともな生活です しかし、未来の全人類への 戦略的投資でもあります なぜなら、環境問題でもあるからです 環境を制御することはできません 恐ろしい天候破壊を逃れることもできません 全世界の人口を安定させなくては。 それをはっきりさせましょう そのためには、 幼児死亡率を下げ、女性の教育がもたらす 家族計画へつなげましょう 必ず可能です、やりましょう

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

We are here today because [ the ] United Nations have defined goals for the progress of countries. They're called Millennium Development Goals. And the reason I really like these goals is that there are eight of them. And by specifying eight different goals, the United Nations has said that there are so many things needed to change in a country in order to get the good life for people. Look here -- you have to end poverty, education, gender, child and maternal health, control infections, protect the environment and get the good global links between nations in every aspect from aid to trade.

There's a second reason I like these development goals, and that is because each and every one is measured. Take child mortality; the aim here is to reduce child mortality by two-thirds, from 1990 to 2015. That's a four percent reduction per year -- and this, with measuring. That's what makes the difference between political talking like this and really going for the important thing, a better life for people. And what I'm so happy about with this is that we have already documented that there are many countries in Asia, in the Middle East, in Latin America and East Europe that [ are ] reducing with this rate. And even mighty Brazil is going down with five percent per year, and Turkey with seven percent per year. So there's good news. But then I hear people saying, "There is no progress in Africa. And there's not even statistics on Africa to know what is happening." I'll prove them wrong on both points.

Come with me to the wonderful world of statistics. I bring you to the webpage, ChildMortality.org, where you can take deaths in children below five years of age for all countries -- it's done by U.N. specialists. And I will take Kenya as an example. Here you see the data. Don't panic -- don't panic now, I'll help you through this. It looks nasty, like in college when you didn't like statistics. But first thing, when you see dots like this, you have to ask yourself: from where do the data come? What is the origin of the data? Is it so that in Kenya, there are doctors and other specialists who write the death certificate at the death of the child and it's sent to the statistical office? No -- low-income countries like Kenya still don't have that level of organization. It exists, but it's not complete because so many deaths occur in the home with the family, and it's not registered. What we rely on is not an incomplete system. We have interviews, we have surveys. And this is highly professional female interviewers who sit down for one hour with a woman and ask her about [ her ] birth history. How many children did you have? Are they alive? If they died, at what age and what year? And then this is done in a representative sample of thousands of women in the country and put together in what used to be called a demographic health survey report. But these surveys are costly, so they can only be done [ in ] three- to five-year intervals. But they have good quality. So this is a limitation. And all these colored lines here are results; each color is one survey. But that's too complicated for today, so I'll simplify it for you, and I give you one average point for each survey.

This was 1977,1988,1992,'97 and 2002. And when the experts in the U.N. have got these surveys in place in their database, then they use advanced mathematical formulas to produce a trend line, and the trend line looks like this. See here -- it's the best fit they can get of this point. But watch out -- they continue the line beyond the last point out into nothing. And they estimated that in 2008, Kenya had per child mortality of 128. And I was sad, because we could see this reversal in Kenya with an increased child mortality in the 90s. It was so tragic. But in June, I got a mail in my inbox from Demographic Health Surveys, and it showed good news from Kenya. I was so happy. This was the estimate of the new survey. Then it just took another three months for [ the ] U.N. to get it into their server, and on Friday we got the new trend line -- it was down here. Isn't it nice -- isn't it nice, yeah? I was actually, on Friday, sitting in front of my computer, and I saw the death rate fall from 128 to 84 just that morning. So we celebrated.

But now, when you have this trend line, how do we measure progress? I'm going into some details here, because [ the ] U.N. do it like this. They start [ in ] 1990 -- they measure to 2009. They say, "0.9 percent, no progress." That's unfair. As a professor, I think I have the right to propose something differently. I would say, at least do this -- 10 years is enough to follow the trend. It's two surveys, and you can see what's happening now. They have 2.4 percent. Had I been in the Ministry of Health in Kenya, I may have joined these two points. So what I'm telling you is that we know the child mortality. We have a decent trend. It's coming into some tricky things then when we are measuring MDGs. And the reason here for Africa is especially important, because '90s was a bad decade, not only in Kenya, but across Africa. The HIV epidemic peaked. There was resistance for the old malaria drugs, until we got the new drugs. We got, later, the mosquito netting. And there was socio-economic problems, which are now being solved at a much better scale. So look at the average here -- this is the average for all of sub-Saharan Africa. And [ the ] U.N. says it's a reduction with 1.8 percent.

Now this sounds a little theoretical, but it's not so theoretical. You know, these economists, they love money, they want more and more of it, they want it to grow. So they calculate the percent annual growth rate of [ the ] economy. We in public health, we hate child death, so we want less and less and less of child deaths. So we calculate the percent reduction per year, but it's sort of the same percentage. If your economy grows with four percent, you ought to reduce child mortality four percent; if it's used well and people are really involved and can get the use of the resources in the way they want it. So is this fair now to measure this over 19 years? An economist would never do that. I have just divided it into two periods. In the 90s, only 1.2 percent, only 1.2 percent. Whereas now, second gear -- it's like Africa had first gear, now they go into second gear. But even this is not a fair representation of Africa, because it's an average, it's an average speed of reduction in Africa.

And look here when I take you into my bubble graphs. Still here, child death per 1,000 on that axis. Here we have [ the ] year. And I'm now giving you a wider picture than the MDG. I start 50 years ago when Africa celebrated independence in most countries. I give you Congo, which was high, Ghana -- lower. And Kenya -- even lower. And what has happened over the years since then? Here we go. You can see, with independence, literacy improved and vaccinations started, smallpox was eradicated, hygiene was improved, and things got better. But then, in the '80s, watch out here. Congo got into civil war, and they leveled off here. Ghana got very ahead, fast. This was the backlash in Kenya, and Ghana bypassed, but then Kenya and Ghana go down together -- still a standstill in Congo. That's where we are today. You can see it doesn't make sense to make an average of this zero improvement and this very fast improvement. Time has come to stop thinking about sub-Saharan Africa as one place. Their countries are so different, and they merit to be recognized in the same way, as we don't talk about Europe as one place. I can tell you that the economy in Greece and Sweden are very different -- everyone knows that. And they are judged, each country, on how they are doing.

So let me show the wider picture. My country, Sweden: 1800, we were up there. What a strange personality disorder we must have, counting the children so meticulously in spite of a high child death rate. It's very strange. It's sort of embarrassing. But we had that habit in Sweden, you know, that we counted all the child deaths, even if we didn't do anything about it. And then, you see, these were famine years. These were bad years, and people got fed up with Sweden. My ancestors moved to the United States. And eventually, soon they started to get better and better here. And here we got better education, and we got health service, and child mortality came down. We never had a war; Sweden was in peace all this time. But look, the rate of lowering in Sweden was not fast. Sweden achieved a low child mortality because we started early. We had primary school actually started in 1842. And then you get that wonderful effect when we got female literacy one generation later. You have to realize that the investments we do in progress are long-term investments. It's not about just five years -- it's long-term investments. And Sweden never reached [ the ] Millennium Development Goal rate,3.1 percent when I calculated. So we are off track -- that's what Sweden is. But you don't talk about it so much. We want others to be better than we were, and indeed, others have been better.

Let me show you Thailand, see what a success story, Thailand from the 1960s -- how they went down here and reached almost the same child mortality levels as Sweden. And I'll give you another story -- Egypt, the most hidden, glorious success in public health. Egypt was up here in 1960, higher than Congo. The Nile Delta was a misery for children with diarrheal disease and malaria and a lot of problems. And then they got the Aswan Dam. They got electricity in their homes, they increased education and they got primary health care. And down they went, you know. And they got safer water, they eradicated malaria. And isn't it a success story. Millennium Development Goal rates for child mortality is fully possible. And the good thing is that Ghana today is going with the same rate as Egypt did at its fastest. Kenya is now speeding up. Here we have a problem. We have a severe problem in countries which are at a standstill.

Now, let me now bring you to a wider picture, a wider picture of child mortality. I'm going to show you the relationship between child mortality on this axis here -- this axis here is child mortality -- and here I have the family size. The relationship between child mortality and family size. One,two,three,four children per woman: six,seven,eight children per woman. This is, once again,1960 -- 50 years ago. Each bubble is a country -- the color, you can see, a continent. The dark blue here is sub-Saharan Africa. And the size of the bubble is the population. And these are the so-called "developing" countries. They had high, or very high, child mortality and family size,six to eight. And the ones over there, they were so-called Western countries. They had low child mortality and small families. What has happened? What I want you [ to do ] now is to see with your own eyes the relation between fall in child mortality and decrease in family size. I just want not to have any room for doubt -- you have to see that for yourself. This is what happened. Now I start the world. Here we come down with the eradication of smallpox, better education, health service. It got down there -- China comes into the Western box here. And here Brazil is in the Western Box. India is approaching. The first African countries coming into the Western box, and we get a lot a new neighbors. Welcome to a decent life. Come on. We want everyone down there. This is the vision we have, isn't it. And look now, the first African countries here are coming in. There we are today.

There is no such thing as a "Western world" and "developing world." This is the report from [ the ] U.N., which came out on Friday. It's very good -- "Levels and Trends in Child Mortality" -- except this page. This page is very bad; it's a categorization of countries. It labels "developing countries," -- I can read from the list here -- developing countries: Republic of Korea -- South Korea. Huh? They get Samsung, how can they be [ a ] developing country? They have here Singapore. They have the lowest child mortality in the world, Singapore. They bypassed Sweden five years ago, and they are labeled a developing country. They have here Qatar. It's the richest country in the world with Al Jazeera. How the heck could they be [ a ] developing country? This is crap. (Applause) The rest here is good -- the rest is good.

We have to have a modern concept, which fits to the data. And we have to realize that we are all going to into this, down to here. What is the importance now with the relations here. Look -- even if we look in Africa -- these are the African countries. You can clearly see the relation with falling child mortality and decreasing family size, even within Africa. It's very clear that this is what happens. And a very important piece of research came out on Friday from the Institute of Health Metrics and Evaluation in Seattle showing that almost 50 percent of the fall in child mortality can be attributed to female education. That is, when we get girls in school, we'll get an impact 15 to 20 years later, which is a secular trend which is very strong. That's why we must have that long-term perspective, but we must measure the impact over 10-year periods. It's fully possible to get child mortality down in all of these countries and to get them down in the corner where we all would like to live together.

And of course, lowering child mortality is a matter of utmost importance from humanitarian aspects. It's a decent life for children, we are talking about. But it is also a strategic investment in the future of all mankind, because it's about the environment. We will not be able to manage the environment and avoid the terrible climate crisis if we don't stabilize the world population. Let's be clear about that. And the way to do that, that is to get child mortality down, get access to family planning and behind that drive female education. And that is fully possible. Let's do it.

Thank you very much.

(Applause)

We are here today/ because [ the ] United Nations have defined goals/ for the progress of countries.//

本日お集まりいただきましたのは、 世界各国の発展のため 国連が開発目標を定めたことを ご説明するためです

They're called Millennium Development Goals.//

ミレニアム開発目標といいます

And the reason/ I really/ like these goals is/ that there are eight of them.//

この目標の良いところは 8つ定義されているところです

And by specifying eight different goals,/ the United Nations has said/ that there are so many things needed to change in a country/ in order to get the good life/ for people.//

8つの目標がそれぞれあり、 全世界の人々が 良い生活を送るために 何が必要で、何を変えていかなくては いけないのか、国連が示したのです

Look here --/ you have to end/ poverty,/ education,/ gender,/ child and maternal health,/ control infections,/ protect the environment/ and get the good global links/ between nations/ in every aspect/ from aid/ to trade.//

ご覧ください、貧困の撲滅、 教育、ジェンダー、 幼児死亡率、妊婦の健康、 感染症の防止、環境保護、 援助から貿易までのさまざまな面での 国と国との連携が 必要になります

There's a second reason/ I like these development goals,/ and that is/ because each and every one is measured.//

この開発目標の良いところの二つ目は どの目標も数値化されているところです

Take child mortality;/ the aim here is to reduce child mortality/ by two-thirds,/ from 1990/ to 2015.//

幼児死亡率を見てみましょう 目的は幼児死亡率の削減で、 1990年から2015年の間に 2/3にすることです

That's a four percent reduction/ per year --/ and this,/ with measuring.//

年4パーセントの削減です この数値化によって、

That's/ what makes the difference/ between political talking/ like this/ and really going/ for the important thing,/ a better life/ for people.//

口先だけの政策論議と 実際の国民の生活向上という 重要な仕事とを 区別することができるのです

And what I'm so happy/ about with this is/ that we have already documented/ that there are many countries/ in Asia,/ in the Middle East,/ in Latin America/ and East Europe/ that [ are ]/ reducing with this rate.//

喜ばしいことに すでに報告書にあるとおり 多くの国で アジアも、中東も、 ラテンアメリカも、東ヨーロッパも、 幼児死亡率が低下しつつあるのです

And even mighty Brazil is going down/ with five percent/ per year,/ and Turkey/ with seven percent/ per year.//

大国ブラジルであっても、5%の低下です トルコでは7%の低下です

So there's good news.//

とても良いことです

But then/ I hear people/ saying,/ "There is no progress/ in Africa.//

一方で、「アフリカでは進展がない、

And there's not even/ statistics/ on Africa/ to know/ what is happening."//

アフリカでは何が起きているのか知る術の 統計すら存在しない」と言う人もいます

I'll prove them wrong/ on both points.//

どちらも間違っていることをお見せしましょう

Come with me/ to the wonderful world of statistics.//

さあ、すてきな統計の世界を覗いてみましょう

I bring you/ to the webpage,/ ChildMortality.org,/ where you can take deaths/ in children/ below five years of age/ for all countries --/ it's done by U.N. specialists.//

私はChildMortality.orgというページを作りました このページでは世界中の国における 5歳未満の子供の死亡数を掲示しています 国連の専門家による数値です

And I will take Kenya/ as an example.//

たとえばケニアを見てみましょう

Here/ you see the data.//

これがケニアのデータです

Don't panic --/ don't panic now,/ I'll help you/ through this.//

あわてないで、おちついて、ちゃんと説明していきますよ

It looks nasty,/ like in college/ when you didn't like statistics.//

大学で統計学が嫌いだった方には これは不快かもしれませんね

But first thing,/ when you see dots/ like this,/ you have to ask/ yourself:/ from where do the data come?//

とはいえ、最初にこのようなグラフの点を見て、 気になることがあるでしょう このデータはどこから来たのか?

What is the origin of the data?//

このデータの元は何か?

Is it/ so that in Kenya,/ there are doctors/ and other specialists/ who write the death certificate/ at the death of the child/ and it's sent to the statistical office?//

ケニアでは、医者あるいは専門家が 子供の死亡に立会い、死亡診断書を発行し 統計局に届け出るように、 機能しているものだろうか?

No --/ low-income countries/ like Kenya still don't have that level of organization.//

だめです、ケニアのような低所得国では そのような組織はまだありません

It exists,/ but it's not complete/ because so many deaths occur in the home/ with the family,/ and it's not registered.//

あったとしても、十分に機能していません というのも家庭内での死亡が多くて 家族が立ち会うだけで 記録されていないのです

What we rely/ on is not an incomplete system.//

このような不完全なシステムに頼ることなく、

We have interviews,/ we have surveys.//

私たちは聞き取り調査を行いました

And this is highly professional female interviewers/ who sit down/ for one hour/ with a woman/ and ask her about [ her ] birth history.//

高度な専門家である 女性が面談したのです アフリカの女性一人ひとりに一時間ずつかけて その人が生んだ子供のことを尋ねたのです

How many children did you have?//

何人子供を生みましたか?

Are they alive?//

皆さん生きてますか?

If they died,/ at what age and what year?//

死んだとしたら、何年に何歳で死んだのですか?

And then/ this is done in a representative sample of thousands of women/ in the country/ and put together/ in what used to be called a demographic health survey report.//

このように、何千人もの女性を対象に 聞き取り調査を行いました その結果をまとめて、 人口保健調査結果として発行したのです

But these surveys are costly,/ so they can only be done [ in ]/ three-/ to five-year intervals.//

しかしこの調査は費用がかかります そのため3年から5年に一度しかできません

But they have good quality.//

とはいえ良い精度の数値が得られます

So this is a limitation.//

これが限界です

And all these colored lines here are results;/ each color is one survey.//

この色のついた線が調査結果です 調査ごとに色がわけてあります

But that's too complicated/ for today,/ so I'll simplify it/ for you,/ and I give you/ one average point/ for each survey.//

この話は複雑なため、単純にします 調査結果の平均値をみましょう

This was 1977,1988,1992,'97 and 2002.//

これが1977年、1988年、 1992年、1997年、 そして2002年です

And when the experts/ in the U.N. have got these surveys/ in place/ in their database,/ then/ they use advanced mathematical formulas/ to produce a trend line,/ and the trend line looks like this.//

国連の専門家がこの調査結果を 彼らのデータベースに入力し、 数学の公式を使って導き出した予測は このような曲線です

See here --/ it's the best fit/ they can get of this point.//

見てください、この点に最も近い曲線です

But watch out --/ they continue the line/ beyond the last point out/ into nothing.//

しかし、注意してください 予測は、あくまで 過去の結果を結んで 未来へ延長したものです

And they estimated/ that in 2008,/ Kenya had per child mortality of 128.//

国連はケニアの2008年幼児死亡率を 128と予測しました。

And I was sad,/ because we could see this reversal/ in Kenya/ with an increased child mortality/ in the 90s.//

恐ろしいことに 90年代に入って ケニアでは幼児死亡率が 増加してしまったのです

It was so tragic.//

悲惨なことです

But in June,/ I got a mail/ in my inbox/ from Demographic Health Surveys,/ and it showed good news/ from Kenya.//

しかし、6月になって私のところに 人口保健調査のメールがとどきました ケニアの良いデータでした

I was so happy.//

とてもうれしかった

This was the estimate of the new survey.//

これが新しい調査結果に基づく予測です

Then/ it just took another three months/ for [ the ]/ U.N./ to get it/ into their server, and on Friday/ we got the new trend line --/ it was down here.//

3か月かかりましたが、 国連がサーバーにデータをいれました 先週の金曜日です、新しい予測曲線が見られます 幼児死亡率が低下しました

Isn't it nice --/ isn't it nice,/ yeah?//

どうです、いいでしょう、ねえ

I was actually,/ on Friday,/ sitting in front of my computer,/ and I saw the death rate fall/ from 128/ to 84 just/ that morning.//

まさしくその金曜日、私はPCの前にいて 死亡率が128から84に低下した 曲線を朝から見ていました

So we celebrated.//

お祝いです

But now,/ when you have this trend line,/ how do we measure progress?//

さて、傾向をつかむときに どうやって進捗を計るべきでしょうか

I'm going/ into some details here,/ because [ the ] U.N. do it/ like this.//

くわしく見ていきましょう 国連ではこのようにしています

They start [ in ]/ 1990 --/ they measure to 2009.//

1990年から初めて、2009年のデータです

They say,/ "0.9 percent,/ no progress."//

「0.9%で進歩が無い」と言われました

That's unfair.//

これはフェアではない

As a professor,/ I think/ I have the right/ to propose something differently.//

私も教授ですから、申し上げる権利があるでしょう

I would say,/ at least do this --/ 10 years is enough/ to follow the trend.//

このようなやり方です 10年あれば、傾向をつかむには十分です

It's two surveys,/ and you can see/ what's happening now.//

二つの調査結果です、何が起きているかわかるでしょう

They have 2.4 percent.//

2.4%でした

Had I been in the Ministry of Health/ in Kenya,/ I may have joined these two points.//

もし、ケニアの保健省で働いていたなら、 この二つをつなげてみます

So/ what I'm telling/ you is/ that we know the child mortality.//

申し上げたいことは、 幼児死亡率を知っているということです

We have a decent trend.//

最近の動向を知っています

It's coming into some tricky things then/ when we are measuring MDGs.//

ミレニアム開発目標のため 詳しく調べたのです

And the reason here/ for Africa is especially important,/ because '90s was a bad decade,/ not only/ in Kenya,/ but across Africa.//

アフリカにとってとても重要なことですが、 90年代は最悪でした ケニアに限らず、アフリカ全土で

The HIV epidemic peaked.//

HIV感染がピークでした

There was resistance/ for the old malaria drugs,/ until we got the new drugs.//

新しいマラリアの薬品が届くまで、古いマラリアの薬による副作用がありました

We got,/ later,/ the mosquito netting.//

その後、蚊帳を使うようになりました

And there was socio-economic problems,/ which are now being solved at a much better scale.//

また、社会経済的問題がありましたが、 今ではかなり解決しつつあります

So look at the average here --/ this is the average/ for all of sub-Saharan Africa.//

この平均値をみてください サハラ以南のアフリカの平均です

And [ the ]/ U.N. says/ it's a reduction/ with 1.8 percent.//

国連では 1.8%の低下としています

Now/ this sounds a little theoretical,/ but it's not so/ theoretical.//

理論的なように見えますが、 それほど理論的なわけではありません

You know,/ these economists,/ they love money,/ they want more and more of it,/ they want it/ to grow.//

ご存知のとおり経済学者はお金が好きです お金を儲けて、もっともっと増やすことが好きです

So they calculate the percent annual growth rate of [ the ] economy.//

経済の年間成長率を%で計算します

We/ in public health,/ we hate child death,/ so we want less and less and less of child deaths.//

私たちは公衆衛生が専門で、子供の死亡が大嫌いです 子供の死亡をもっと、ずっと減らしていきたい

So we calculate the percent reduction/ per year,/ but it's sort of the same percentage.//

年に何%低下したか計算します 同じように%で表されます

If your economy grows with four percent,/ you ought to reduce/ child mortality/ four percent;/ if it's used well/ and people are really involved/ and can get the use of the resources/ in the way/ they want it.//

もし経済成長が4%なら、 子供の死亡率も4%減ってもよいでしょう 国民がちゃんと関心をもち、 リソースを何に使うかちゃんと把握しさえすれば。

So is this fair now/ to measure this/ over 19 years?//

この19年間の統計はフェアといえるでしょうか?

An economist would never do/ that.//

経済学者なら決してしないことです

I have just divided it/ into two periods.//

私なら二つの期間に分けてみます

In the 90s,/ only 1.2 percent,/ only 1.2 percent.//

90年代は、ほんの1.2%でした ほんの1.2%

Whereas now,/ second gear --/ it's like Africa had first gear,/ now/ they go into second gear.//

いまではセカンドギアに変速しました アフリカはローギアから セカンドギアに変速しつつあります

But even this is not a fair representation of Africa,/ because it's an average,/ it's an average speed of reduction/ in Africa.//

しかし、それであっても アフリカを正しく表現しているとは言えません 平均値だからです アフリカの幼児死亡率低下スピードの平均です

And look here/ when I take you/ into my bubble graphs.//

この、私のグラフをご覧ください

Still here,/ child death/ per 1,000/ on that axis.//

ここです 縦軸は1000人当たりの幼児死亡数

Here/ we have [ the ]/ year.//

横軸は西暦年です

And I'm now giving/ you/ a wider picture/ than the MDG.//

MDGよりも広い視点で紹介します

I start 50 years ago/ when Africa celebrated independence/ in most countries.//

50年前から始めます アフリカの多くの国が独立し始めた頃です

I give you/ Congo,/ which was high,/ Ghana --/ lower.// And Kenya --/ even lower.//

コンゴをみてください、こんなに高い、 ガーナは低い、ケニアはさらに低い

And what has happened over the years/ since then?// Here/ we go.//

時代が変わるとどのようなことが起きるか見てみましょう、さあ始めます

You can see,/ with independence,/ literacy improved/ and vaccinations started,/ smallpox was eradicated,/ hygiene was improved,/ and things got better.//

独立して、リテラシーが向上します ワクチン接種も始まります、天然痘を撲滅しました 衛生状態も向上しました、物事が良い方向に向かっています

But then,/ in the '80s,/ watch out/ here.//

しかし80年代に入って、ここを見てください

Congo got into civil war,/ and they leveled off/ here.//

コンゴでは内戦が起きました このようにレベルが落ちました

Ghana got very ahead,/ fast.//

ガーナは急速に向上しました

This was the backlash/ in Kenya,/ and Ghana bypassed,/ but then/ Kenya and Ghana go down/ together --/ still/ a standstill/ in Congo.//

ケニアでは反動があります、ガーナではありません ケニアもガーナもともに低下しています コンゴだけは取り残されています

That's/ where we are today.//

これが今の世界です

You can see/ it doesn't make sense/ to make an average of this zero improvement and this very fast improvement.//

見てのとおり、進歩が無い国と 急速な進歩をする国との平均を取ることは 意味が無いのです

Time has come to stop thinking/ about sub-Saharan Africa/ as one place.//

時代は変わりました サハラ以南のアフリカを一地域として捉えることはやめましょう

Their countries are so different,/ and they merit to be recognized in the same way,/ as we don't talk about Europe/ as one place.//

国によってかなり違いがあります ヨーロッパをひとつの場所だと扱わないことと同様に アフリカもひとつの場所だと認識してはいけません

I can tell you/ that the economy/ in Greece and Sweden are very different --/ everyone knows that.//

ギリシャ経済とスウェーデン経済とでは大きく違うことは、 みなさんご存知ですよね

And they are judged,/ each country,/ on how they are doing.//

すべての国が、どんな政策を取るかで評価されるのです

So let me/ show the wider picture.//

もう少し広い視点で見てみましょう

My country,/ Sweden:/ 1800,/ we were up there.//

私の国、スウェーデンです 1800年は、ここでした

What a strange personality disorder/ we must have,/ counting the children so meticulously/ in spite of a high child death rate.//

私たちは何を間違っていたのか、おかしなことをしていました 子供の死亡率が高ったにも関わらず子供の人口統計は正確にとっていたのです

It's very strange.// It's sort of embarrassing.//

とてもおかしなことです

But we had/ that habit/ in Sweden,/ you know,/ that we counted all the child deaths,/ even if we didn't do anything/ about it.//

スウェーデンでは、子供の死亡について 何ら対策を講じなかったにもかかわらず 統計だけはちゃんととっていました

And then,/ you see,/ these were famine years.//

そして、この期間は、飢餓の年でした

These were bad years,/ and people got fed up/ with Sweden.//

この年は最悪でした、国民はスウェーデンに見切りをつけました

My ancestors moved to the United States.//

私の祖先は、アメリカに移住しました

And eventually,/ soon/ they started to get/ better/ and better here.//

結局、すぐに、スウェーデンはもっとより良くなったのです

And here/ we got better education,/ and we got health service,/ and child mortality came down.//

ここで教育が良くなり、医療サービスもできました 幼児死亡率も下がりました

We never had a war;/ Sweden was in peace/ all this time.//

戦争を経験することもなく、スウェーデンはずっと平和でした。

But look,/ the rate of lowering/ in Sweden was not fast.//

しかしご覧ください、スウェーデンにおける 削減スピードは 速くはありませんでした

Sweden achieved a low child mortality/ because we started early.//

スウェーデンではスタートが早かったから 幼児死亡率の削減もできたのです

We had primary school actually started in 1842.//

初等教育を1842年に 始めました

And then/ you get/ that wonderful effect/ when we got female literacy/ one generation later.//

その結果、すばらしい影響がありました 一世代後に女性の識字率が 向上したのです

You have to realize/ that the investments/ we do in progress are long-term investments.//

いま行っている投資は、長期間にわたるものだと 理解しておくべきです

It's not about/ just five years --/ it's long-term investments.//

ほんの5年ではありません 長期間の投資なのです

And Sweden never reached [ the ]/ Millennium Development Goal rate,/3.1 percent/ when I calculated.//

スウェーデンはミレニアム開発目標に到達していません 計算したところ3.1パーセントでした

So/ we are off track --/ that's/ what Sweden/ is.//

脱線してしまいましたね、これがスウェーデンです

But you don't talk about it so much.//

それほど興味はないでしょう

We want others/ to be better/ than we were,/ and indeed,/ others have been better.//

他の国には、私たち以上に良くなってほしい。事実、そうなりつつあります。

Let me/ show you/ Thailand,/ see/ what a success story,/ Thailand/ from the 1960s --/ how they went down here/ and reached almost the same child mortality levels/ as Sweden.//

タイを見てみましょう よくやっています、1960年代での 高い死亡率から始まって、 スウェーデンと同じぐらいの幼児死亡率に低下しました

And I'll give you/ another story --/ Egypt,/ the most hidden, glorious success/ in public health.//

他にもエジプトがあります 公衆衛生における隠れた大成功です

Egypt was up here/ in 1960,/ higher/ than Congo.//

エジプトは1960年にここです コンゴよりも悪かった

The Nile Delta was a misery/ for children/ with diarrheal disease and malaria and a lot of problems.//

ナイル川デルタ地帯は子供にとってひどい場所でした 下痢、マラリア、 無数の問題がありました

And then/ they got the Aswan Dam.// They got electricity/ in their homes,/ they increased education/ and they got primary health care.//

その後、アスワンダムが作られ、家庭に電気が届きました 教育も進みました プライマリ・ヘルス・ケアが宣言され

And down/ they went,/ you know.//

このように、死亡率は低下しました

And they got safer water,/ they eradicated malaria.//

安全な水が飲めるようなり、マラリアを撲滅しました

And isn't it/ a success story.//

まさしく成功そのものです

ミレニアム開発目標における幼児死亡率の削減は、 現実的に可能なものです

And the good thing is/ that Ghana/ today is going with the same rate/ as Egypt did at its fastest.//

すばらしいことに 現在のガーナでは達成しています エジプトでは最速で成し遂げました

Kenya is now speeding up.//

ケニアは今、加速しています

Here/ we have a problem.//

ここでは問題があります

We have a severe problem/ in countries/ which are at a standstill.//

ここの国では問題があって、削減が進んでいません

Now,/ let me now bring you/ to a wider picture,/ a wider picture of child mortality.//

では、より広く捉えた全体像をごらんいただきましょう 幼児死亡率に関する大きな全体の動きです

I'm going to show/ you/ the relationship/ between child mortality/ on this axis here --/ this axis here is child mortality --/ and here/ I have the family size.//

このグラフで相関をみていただきます 縦軸には、幼児死亡率をとります 縦軸に幼児死亡率です 横軸には家族の人数をとります

The relationship/ between child mortality and family size.//

幼児死亡率と家族数との相関をみてください

One,two,three,four children/ per woman:/ six,seven,eight children/ per woman.//

女性一人に子供が、1、2、3、4、 女性一人に6、7、8人の子供です

This is,/ once again,/1960 --/ 50 years ago.//

1960年に戻ります 50年前です

Each bubble is a country --/ the color,/ you can see,/ a continent.//

一つ一つの丸が国です 色は、大陸ごとにつけました

The dark blue here is sub-Saharan Africa.//

紺色はサハラ以南のアフリカです

And the size of the bubble is the population.//

丸の大きさは人口です

And these are the so-called "developing"/ countries.//

ここの国は、 途上国と呼ばれています

They had high,/ or very high,/ child mortality and family size,/six/ to eight.//

高い幼児死亡率、とても高い死亡率です 家族数も6から8です

And the ones/ over there,/ they were so-called Western countries.//

一方で、こちら側にいる国は 西洋諸国と呼ばれています

They had low child mortality and small families.//

幼児死亡率が低くて、 家族数も少ない

What has happened?//

何がおきるでしょうか

What I want you [ to do ] now is to see with your own eyes/ the relation/ between fall/ in child mortality and decrease/ in family size.//

皆さんの目でよくご覧になってください 幼児死亡率の低下と 家族数の減少との相関を

I just want not to have any room/ for doubt --/ you have to see/ that for yourself.//

何も準備は要りません 見るだけで結構です

This is/ what happened.// Now/ I start the world.//

これが現実に起きたことです、はじめますよ

Here/ we come down/ with the eradication of smallpox,/ better education,/ health service.//

死亡率が減ります、天然痘の撲滅 教育の向上 医療サービス

It got down there --/ China comes into the Western box here.//

ここに集まります、中国は西洋諸国のところに入ります

And here/ Brazil is in the Western Box.//

ほらブラジルも西洋諸国に入ってきました

India is approaching.// The first African countries/ coming into the Western box,/ and we get a lot/ a new neighbors.//

インドも接近中です、アフリカの最初の国が西洋諸国に入りました たくさん隣人が引っ越してきました

Welcome/ to a decent life.//

長寿命の国へようこそ

Come on.// We want everyone down there.//

いらっしゃい、全人類がここに集まってほしいものです

This is the vision/ we have,/ isn't it.//

これが新しいビジョンです

And look now,/ the first African countries here are coming in.//

見てください、アフリカの最初の国が入ってきました

There/ we are today.//

これが現在です

There is no such thing/ as a "Western world"/ and "developing world."//

西洋諸国も、途上国も、 今では関係ないのです

This is the report/ from [ the ] U.N.//,/ which came out/ on Friday.//

これは、金曜日(2010.9.17)に出たばかりの 国連の報告書です

It's very good --/ "Levels and Trends/ in Child Mortality" --/ except this page.//

「子どもの死亡率の推移」、とても良い内容です このページを除いては

This page is very bad;/ it's a categorization of countries.//

このページは最悪です 国をカテゴリーで分類しています

It labels "developing countries,/" --/ I can read from the list here --/ developing countries:/ Republic of Korea --/ South Korea.//

途上国と書かれているのは、次のような国です 途上国:大韓民国

Huh?//

えぇ?

They get Samsung,/ how can they be [ a ] developing country?//

サムスンの国ですよ、どうして途上国なのでしょうか

They have here/ Singapore.//

シンガポールもあります

They have the lowest child mortality/ in the world,/ Singapore.//

世界で最も幼児死亡率が低い国です

They bypassed Sweden/ five years ago,/ and they are labeled a developing country.//

スウェーデンを5年前に追い越しました それでも途上国扱いです

They have here/ Qatar.//

カタールもあります

It's the richest country/ in the world/ with Al Jazeera.//

アルジャジーラもあり最も裕福な国です

How/ the heck could they be [ a ] developing country?//

なぜこのような国が途上国といえるのでしょうか

This is crap.//

これはゴミです

(Applause)/ The rest here is good --/ the rest is good.//

(拍手) 残りの部分は大丈夫です、良い内容です

We have to have/ a modern concept,/ which fits to the data.//

データに合う新しい考え方を 持たなくてはなりません

And we have to realize/ that we are all/ going to/ into this,/ down/ to here.//

すべての国がここに 集ってくることをよく理解しなくてはなりません

What is the importance now/ with the relations here.//

この関係は重要です

Look --/ even if we look in Africa --/ these are the African countries.//

見てください、アフリカです これがアフリカ諸国です

You can clearly see the relation/ with falling child mortality/ and decreasing family size,/ even/ within Africa.//

幼児死亡率の減少と家族数の減少との 関係がわかります アフリカにあっても同じです

It's very clear/ that this is/ what happens.//

何が起きているか明白でしょう

And a very important piece of research came out/ on Friday/ from the Institute of Health Metrics and Evaluation/ in Seattle/ showing/ that almost 50 percent of the fall/ in child mortality can be attributed to female education.//

シアトルにある保健指標・評価研究所から 金曜日に発表された研究結果によると、 幼児死亡率を約50%削減 することが可能とのことです 女性への教育によって

That is,/ when we get girls/ in school,/ we'll get an impact 15 to 20 years later,/ which is a secular trend/ which is very strong.//

女の子が学校に行き、 15年から20年がたち その結果がでるのです

That's/ why we must have/ that long-term perspective,/ but we must measure the impact/ over 10-year periods.//

だから私たちは長期間の展望が必要なのです とはいえ10年間ごとに 統計をとります

It's fully possible/ to get child mortality down/ in all of these countries/ and to get them down/ in the corner/ where we/ all would like to live/ together.//

このすべての国で 幼児死亡率を低下させることは可能です そして、ここに集まってくるのです 私たちみんなが一緒に生きていくように

And of course,/ lowering child mortality is a matter of utmost importance/ from humanitarian aspects.//

もちろん、幼児死亡率の低下は 人道的な面では、 最重要課題です

It's a decent life/ for children,/ we are talking about.//

今、話題にしているのは、 子供のまともな生活です

But it is also a strategic investment/ in the future of all mankind,/ because it's about the environment.//

しかし、未来の全人類への 戦略的投資でもあります なぜなら、環境問題でもあるからです

We will not be able to manage the environment/ and avoid the terrible climate crisis/ if we don't stabilize the world population.//

環境を制御することはできません 恐ろしい天候破壊を逃れることもできません 全世界の人口を安定させなくては。

Let's be clear/ about that.//

それをはっきりさせましょう

And the way to do that,/ that is to get child mortality down,/ get access/ to family planning/ and/ behind that drive female education.//

そのためには、 幼児死亡率を下げ、女性の教育がもたらす 家族計画へつなげましょう

And that is fully possible.// Let's do it.//

必ず可能です、やりましょう

Thank you very much.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

millennium

〈C〉1000年間

《the ~》至福千年(キリストが再臨してこの世を治めるという神聖な1000年間;新約聖書「ヨハネの黙示録」)

《the ~》(待ち望まれる幸福と平和と繁栄の)黄金時代,理想的な時代

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

specify

〈物事〉‘を'明確に述べる

(明細書の中などで)…‘を'指定する,‘の'名をあげる

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

gender

(名詞・代名詞の)性

maternal

母らしい;母の

母方の

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

measured

正確に測った

慎重な,考慮した

韻をふんだ,律動的な

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

Asia

『アジア』

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

Latin America

ラテンアメリカ(中南米諸国;ラテン系言語を話していることから)

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

mighty

《文》『強力な』,勢力のある(powerful)

《文》大きくて強そうに(りっぱに)見える,大した

たいへん,非常に

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

statistic

統計値,統計量

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

statistics

《複数扱》『統計』,統計資料,統計表

《単数扱い》『統計学』

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

specialist

専門家

専門医

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

data

『資料』,事実;情報

panic

〈C〉〈U〉『あわてふためき,恐慌』,ろうばい

〈C〉経済恐慌,パニック

《単数形で》《米俗》とてもおかしなもの,珍無類なもの

あわてふためく,恐慌に陥る

…‘を'あわてさせる

《米俗》〈観客〉‘を'沸きたたせる

nasty

『意地悪な』,卑劣な

『不快な』,いやな(unpleasant)

みだらな,下品な

厄介な,ひどい

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

first thing

まず最初に,朝一番に

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

datum

dataの単数形

既知の事実

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

certificate

『証明書』,証書,証券

『免証状』,認許状,(学位を伴わない)修業証書

statistical

統計の,統計学上の

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

registered

記録された;登録(登記)された

rely

『あてにする』,たよる

incomplete

不完全な;未完成の

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

interviewer

面接する人,会見者;訪問記者

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

demographic

人口統計学の

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

costly

『高価な』;費用のかかる

損害(犠牲)の多い

interval

(事と事の)間の時間,『合い間』;(物と物の)間の空間,間隔

《英》=intermission

音程

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

limitation

〈U〉〈C〉『制限するもの』,制約;《複数形で》(能力などの)限界

〈U〉制限すること(されること)

color line

白人と黒人との差別[の線]

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

complicate

…'を'複雑にする

simplify

…‘を'簡単にする,平易にする,単純にする

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

mathematical

数学の,数学的

(非常に)正確な

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

reversal

(…を)逆にすること,裏返すこと《+『of』+『名』》

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

tragic

悲劇の

悲劇的な,悲惨

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

mail

鎖かたびら,よろい

…‘に'鎖かたびらを着せる,武装させる

server

仕える人,奉仕者;給士人;(ミサで司祭を助ける)侍者

(テニスなどの)サーブをする人

(食事などをのせる)盆

yeah

=yes

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

death rate

死亡率

celebrated

名高い,有名な;(…で)有名な《+『for』+『名』》,(…として)知れ渡った《+『as』+『名』》

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

ministry

〈U〉《the~》牧師の職

《the~》《集合的に》聖職者,牧師(clergy)

〈C〉(英国・欧州諸国・日本などの)『省』;省の建物

〈C〉《通例単数形で》大臣(公使)の職(任期)

〈C〉《しばしばthe M-》『内閣』,閣僚たち

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

decent

(社会・道徳的な規範にかなって)『きちんとした』,ふさわしい

《話》『かなりよい』,まあまあの,そう悪くない

《話》《補語にのみ用いて》親切な,寛大な

tricky

(人が)こうかつな,ずるい

(物事・仕事などが)手の込んだ;慎重を要する,扱いにくい

especially

『特に』,特別に;きわだって

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

decade

『10年間』

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

peaked

先のとがった;前びさしのある

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

malaria

(また『swamp fever』)マラリア

《古》毒気

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

mosquito

『カ』(蚊)

netting

(製品を作る材料としての)網

《集合的に》網細工,網製品

網を編むこと;網打ち

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

economist

経済学者

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

gear

〈C〉(動力を伝動する)『歯車』,ギヤ

〈U〉歯車装置,伝動装置,ギヤ

〈U〉(特定の機能を果たす)装置

〈U〉(ある仕事・活動のための)道具一式

…‘に'ギヤ(伝動装置)を取り付ける

(…に)…‘を'かみ合わせる,連係させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)ギヤがかみ合う《+『into』+『名』》

representation

(…を)『表現(描写)すること』;(…が)表現されていること《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(個々の)説明,申し立て,抗議

〈C〉(個々の)絵画,画像,彫像

〈U〉(立法府などの)代表制

〈U〉《集合的な》代表団,議員団

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

graph

グラフ,図表

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

Congo

コンゴ川(中部あふりか流れ大西洋に注ぐ世界第2の大河)

コンゴ(アフリカ中部にある二つの共和国);コンゴ共和国(1960年フランスから独立;首都Brazzaville);コンゴ民主共和国(1960年ベルギーから独立,Zaire共和国の旧称,首都Kinshasa)

Ghana

ガーナ(西部アフリカの共和国;首都はAccra)

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

literacy

読み書きする能力

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

vaccination

〈C〉〈C〉(…の)種痘,ワクチン接種,予防注射

〈C〉種痘の跡

smallpox

天然痘(とう),ほうそう

eradicate

…を根絶する,完全に取り除く

hygiene

衛生;衛生学,衛生法

civil war

〈C〉内乱,内戦

《the Civil War》(米国の)南北戦争(1861‐65)(英国の)Charles1世と国会との戦争(1642‐49)

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

backlash

激しい反発;急なはね返り,巻き返し

standstill

停止,休止,止まり(stop)

(事態の)行き詰まり

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

merit

〈U〉『価値』,優秀さ;〈C〉《しばしば複数形で》(賞賛・ほうびに値する)功績,手柄,美点

〈C〉《複数形で》(訴訟などで,物事の)理非(問題になっている事柄そのものの良し悪し,ありのままの事実)

〈賞・罰・非難など〉‘に'値する

Greece

『ギリシア』(首都はAthens)

Sweden

スウェーデン(北欧の王国;首都は Stockholm)

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

disorder

〈U〉『無秩序』,混乱,乱雑(confusion)

《しばしば複数形で》(社会的・政治的な)粉争,騒動

〈C〉(肉体的・精神的な)不調,異常,障害

…‘の'秩序を乱す

〈心身〉‘に'異常を起こさせる

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

spite

悪意,意地悪

《a ~》(…への)恨み《+『against』(『at』)+『名』》

〈人〉‘に'意地悪をする,‘を'困らせる

embarrassing

(人を)まごつかせる,困惑させる,きまり悪がらせる

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

famine

『ききん』

(物の)ひどい不足,大欠乏

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

primary school

〈C〉《英》小学校(2年の幼児学校(infant school)と4年の下級学校(junior school)を合わせたもの)

〈U〉《米》elementary schoolの最初の4年間(独立した学学校ない)

〈U〉児童の教育;初級教育

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

long-term

長期の,長い目で見ての

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

calculated

計算された

計画された,故意の

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

Thailand

タイ(東南アジア中部の王国;首都は Bangkok)

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

hidden

隠された,隠れた,秘密の

glorious

『光栄ある』,名誉ある

『壮麗な』,荘厳な

《話》『とても楽しい』;(天気などが)大変すばらしい

《英話》ひどい

Nile

ナイル川(アフリカ東部ビクトリア湖に発し地中海に駐ぐ大河)

delta

デルタ(ギリシア語アルファベットの第4字Δ,δ;英語D,dに相当)

(河口の)三角州,デルタ

三角形をしたもの

misery

〈U〉《しばしば複数形》『みじめさ』,(精神的・肉体的な)非常な不運(苦難,苦痛)

〈C〉(…にとっての)不運(苦痛)のたね《+『to』+『名』》

〈U〉貧困,困窮

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

dam

〈C〉『ダム』,せき

〈U〉ダムでせき止めた水

〈水流など〉'を'『せき止める』《+『up』+『名』,+『up』+『名』》

〈感情など〉'を'むりやり抑える《+『up』(『back』)+『名,』+『名』+『up』》

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

primary

『第一の』,『主要な』

『初期の』,『初等の』,初級の

『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な

《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の

原色(三原色の一つ)

《米》=primary election

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

fully

『十分に』,完全に

まるまる

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

continent

自制した,禁欲的な

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

so-called

いわゆる,名ばかりの

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

relation

(またrelationship)〈U〉『関係』,関連

〈U〉血縁関係,親族関係

〈C〉親類,親戚

《複数形で》(個人・組織・国などの,相互の)利害関係《+『between』(『with』)+『名』》

《文》〈U〉話すこと;〈C〉話,物語

decrease

…'を'『減らす』

『減る』,少なくなる

〈U〉〈C〉(…の)『減少』,縮小《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)減少量(額)《+『in』(『of』)+『名』》

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

eradication

(犯罪・病気などの)絶滅,根絶

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

republic

『共和国』;共和政体

《R-》(フランス革命から喚代までの,フランスの)共和制

Korea

『朝鮮』(現在はthe Republic of Korea大韓民国(南朝鮮)とthe DemocraticPeople's Republic of Korea朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に分かれている)

South Korea

韓国(朝鮮半島の北緯38゜以南の共和国;公式名はthe Republic of Korea(大韓民国);首都Seoul)

huh

ふん,へえ;えっ(驚き・軽べつ・質問などを表し,鼻にかけて発音する)

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

heck

ちぇ,ちくしょう

(強意語として)hellの遠回しの語

crap

〈U〉うんこ,くそ・糞

《a~》うんこをすること

〈U〉ほら,たわごと

〈U〉がらくた,ごみ

うんこをする

ふん,ばかばかしい

applause

『拍手かっさい』;称賛

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

metric

メートル法の

=metrical

evaluation

(物・行為などの)評価;(物の)見積り

Seattle

シアトル(米国Washington州の港市)

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

secular

宗教に関係のない,世俗的な,現世[尊重]の

(聖職者が)修道院に住まない,修道会に所属しない

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

utmost

『最大の』,最高の

『最も遠い』,いちばん端の

(程度・数量・能力などの)最大限度,極限

humanitarian

人道主義的な

人道主義者,博愛家

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

関連動画