TED日本語 - JR: アートを通して世界をひっくり返す

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

JRは半匿名のフランスのストリート・アーティストです。彼はカメラを使って世界の真の顔を、人々の顔写真を巨大なキャンバス上に貼ることによって表現します。TED2011において、彼は「アートを通して、世界をひっくり返す」という大胆なTED Prize Wishについて話します。彼の作品をもっと知って、insideoutproject.netを通してどのように彼の活動に参加するか知りましょう。

Script

二週間前 パリにある自分のスタジオにいると 電話が鳴って 「ちょっと JR TED Prize 2011受賞だって 世界を救おうって願いを伝えるのよ」 戸惑いました 世界なんて救えない だれにも出来ない この世界はめちゃくちゃです 独裁者が世界を支配 人口は100万単位で増える 魚は海に全然いない 北極は溶けている 前回のTED Prize受賞者は だれもが肥満だと言う (笑) たぶんフランス人以外ですが それは置いといて 電話をかけ直して 彼女に伝えました 「TEDの人には 行かないって伝えといて 世界なんて救えないよ」 彼女は「ねえ JR 救う気はなくても 変える気はあるでしょ」 「ああ そうだね」 (笑) 「それならクールだ」 技術や政治やビジネスは 実際に世界を変えます いつも正しいわけじゃないけど じゃあアートは? アートは世界を変えられるのか?

アートを始めたのは15歳 世界を変えようなんて考えもせず 落書きするだけでした 自分の名前を書きまくり 街中をキャンバスにしました パリのトンネルに入ったり 友人と屋上に登ったり どれも遠足の様で まさにアドベンチャーでした 社会に足跡を残して 「俺はここにいた」とビルの上から伝える旅です

地下鉄で安物のカメラを見つけてからは 友人と このアドベンチャーを写真に収めて 写真のコピーを残していくようになりました このくらいの 本当に小さな写真です そんな経緯で 17歳から 写真を貼り始めて 初めて "expo de rue" を開きました 「歩道のギャラリー」です 写真の周りを 額のように色付けして 広告に間違われないようにしました 私にとって 街は最高のギャラリーです 作品集を用意してギャラリーに持ち込む必要などなく 人様に見せられる作品か 判断を仰ぐ必要もありません 道で会う人々と 直接向き合います

これはパリです 場所によって 展示のタイトルは 変わります これはシャンゼリゼ通りです これは自信作です まだ18歳で シャンゼリゼ通りに展示できたからです 写真がなくなっても 額は残っていました

(笑)

2005年11月 道が燃えていました 大きな暴動のうねりが パリの郊外の公団へ突入しました 皆がテレビに釘付けで 街の隅から撮られた 心をかき乱す 恐ろしい映像を見ていました 子供たちが 野放図に 火炎ビンを投げたり 警官や消防隊を攻撃して 商品を奪い尽くしていました 彼らは犯罪者で 悪党で 危険で 自分の置かれた状況に乗るやつらです

その時 見た光景に まさかと思いました 私が壁に貼った写真が 車の炎で浮かび上がったのです 一年前に貼った写真です 違法な作品ですが 残っていました 「友人の顔じゃないか 知っている奴らだ 天使じゃないけど モンスターでもないんだ」 写真に写った目が テレビから見つめ返しているのは 何とも奇妙でした

私は 28mmレンズを持って その場所に向かいました それしかなかったのですが そのレンズだと 被写体に25cmまで近づかないといけません 信頼がないと撮影できません ル・ボスケで4枚のポートレイトを撮りました 怖い顔を作って 自分を風刺しています 巨大なポスターにして パリの富裕層地域で 至る所に貼りました 彼らの名前 年齢 住所まで書いてあります

一年後 パリ市庁舎の前に展示されました かつて 彼らのイメージといえば メディアがかすめ取って歪めたものでしたが ここでは誇りを持って自らイメージを掲げています そこで気がつきました 紙と糊の力です アートは世界を変えられるのか? 一年後 中東紛争の話題に 耳を傾けていました 当時耳にしたのは イスラエルとパレスチナの紛争ばかりでした そこで友人のマルコと 現地に行って 真のパレスチナ人と真のイスラエル人に会うことにしました そんなに違うのでしょうか? 現地に着くと 通りに出て あちこちで いろんな人に話しかけました そうするうちに気付きました メディアの伝える情報とは違っているのです そこで 同じ仕事をしている パレスチナ人とイスラエル人の ポートレイトを撮ることにしました タクシー運転手 弁護士 料理人などです 必ず表情を作るようにお願いしました 笑顔では 人柄や気持ちが 伝わらないので駄目です 対立国の人と並べて貼ることに だれもが同意してくれました イスラエルとパレスチナの 8つの街に貼ることにしました 壁の両側です 史上最大の違法アート展の開幕です 「Face 2 Face」と名付けました

専門家は言います「やめとけ だれも受け入れてくれないよ 軍に撃たれてハマスに監禁される」 私たちの気持ちは「OK やれるとこまでやろう」 こんな質問は大好きです 「どのくらい大きくなるの?」 「あなたの家と同じくらいだよ」 パレスチナで壁に貼ろうと思って はしごを持って行ったら 高さが足りませんでした するとパレスチナの人が 「大丈夫 すぐ解決できるよ」と言って 降誕教会に行って 古いはしごを持ってきました そのはしごはキリスト誕生を見たかもしれません (笑) 「Face 2 Face」をやるのは たった6人の友人と 2つのはしご 2つのブラシ 1台のレンタカーと 1台のカメラ そして約2,000平方メートルの紙です あらゆる人々から いろんな支援を受けました

これはパレスチナのラマッラーで ポートレイトを貼る様子です にぎわう市場の通りに 両国民の写真を貼るのです 人が集まって 尋ねてきます 「ここで何をしてるの?」 「アートプロジェクトだよ 同じ職業のイスラエル人とパレスチナ人を貼るんだ これは二人ともタクシー運転手なんだ」 すると いつも沈黙があってから 「つまり イスラエル人の顔を -- そこに 貼ってるわけ?」 「そうそう それがこのプロジェクトの一環だから」 そして 少し間を置いてから 必ずこう聞くことにしています 「どちらの国民か見分けられる?」 だれも答えられないのです

(拍手)

イスラエルの監視棟にも貼りましたが 何もされませんでした 使うのは 紙と糊だけです やぶけるし 落書きできるし おしっこもかけられます とどかない所もありますが でもストリートにいる人たちが 学芸員なのです 雨や風ではがれますが それでいいのです でも ちょうど4年たった今でも ほとんどの写真が残っています 「Face 2 Face」が実証したのは 不可能に思えたことが 実は可能だったことです むしろ簡単でした 境界を広げたわけではなく 想像より遠くへ行けることを証明しただけです

中東では 美術館のない場所で制作しました 道に作品を展示するという方向性が 面白いと感じたので 更に突き進めようと思って 美術館が一つもない地域へ行くことにしました このような発展途上の社会へ行くと 女性がそのコミュニティーの中心的な存在ですが それでもストリートを仕切っているのは男性です そこに私たちは触発されて 女性たちの写真を貼ることで 男性から女性に 感謝の気持ちを表すプロジェクトを始めました プロジェクト名は「Women Are Heroes」です さまざまな大陸に行って いろいろな話を聞いても 彼らの複雑な葛藤を いつも理解できるわけではありませんでした ただ傍観するしかなく 言葉も出ず 意見も言えず 涙を流すしかないこともありました 彼らの写真を撮って 貼るだけです

「Women Are Heroes」は世界中を巡りました 行き先のほとんどは メディアで聞いたことがある という理由で選びました 例えば 2008年6月に パリでテレビを見ている時 リオ・デ・ジャネイロで起きていた ひどい状況を知りました プロヴィデンシアというブラジル初のファヴェーラ(貧民街)で 三人の学生が 軍に拘束されました 身分証明を持っていなかったからです 学生たちは 警察署ではなく 敵のファヴェーラへ連行されて 切り刻まれてしまいました ショックでした ブラジル中が衝撃を受けました 一番暴力的なファヴェーラといわれ 最大の麻薬組織が牛耳っていました 私はそこに行くことにしました

到着しても NGOに接触することはありませんでした 観光客も NGOも だれもいないのです 目撃者がいないのです 歩き回るうちに 一人の女性に会ったので 私の本を見せると 彼女はこう言いました 「文化に飢えてるの ここには文化が必要だわ」 まずは子供たちから始めました 子供たちの写真を何枚か撮って 次の日 ポスターにして貼りました その次の日には 傷がありましたが それでいいんです 自分たちのアートだと感じて欲しいのです

その次の日に 広場でミーティングを開くと 何人かの女性が来ました 殺された三人の学生につながりのある人たちです 母親や 祖母や 親友もいて 事件のことを声高に訴えていました その日から ファーベラに受け入れられて 撮影も進み プロジェクトが動き出しました 麻薬密売組織のボスは そこでの撮影を危惧していたので こう言いました 「暴力や武器を撮る気はない メディアで十分見たからね 私は素晴らしい人々を見せたいんだ この数日間 目の当たりにしてきたんだ」 これはとてもシンボリックな作品です 初めて中心街から見えない作品を作ったのです 三人の学生が拘束された場所です 写真は 一人の学生の祖母です この階段には いつも売人が立っていて よく銃撃が交わされています だれもがプロジェクトを理解してくれて 丘一面に作品を貼ることができました

(拍手)

面白いことにメディアは入れません つまり ヘリコプターで遠くから 望遠レンズを使って撮影しなければならなかったのです 私たちはテレビで 自分たちの貼る作業を見たものです テロップには「何をしているか ご存じの方は お電話を」 プロジェクトを終えると 私たちは立ち去ったので メディアは知る由もありませんでした プロジェクトについて知るには 現地で女性たちを見つけて 説明を求めるしかありません このプロジェクトが メディアと 名も知れぬ女性たちとの架け橋になったのです

私たちは旅を続けました アフリカ スーダン シエラレオネ リベリア ケニア 戦争で荒れたモンロビアもです 人々はまっすぐにやってきて 何をしてるのか知りたがります 「どうして こんなプロジェクトをやっているの? NGOなの? メディアなの?」 「アートだよ アートをやってるだけ」 「なんで白黒なの? フランスにカラーは無いの?」 (笑) 「みんな死んだ人たち?」 プロジェクトを理解した人は ほかの人に教えていました ある人は 理解できない男に こう説明していました 「なあ 君はここで数時間もこうして 理解しようと 話し合ってるだろう その間 君はきっと 明日の食事なんて考えてない それがアートなんだ」 プロジェクトに人を引き込む -- モチベーションになっているのは 人々の好奇心だと思います さらに それが大きくなって 欲望になり 必要なものとなるのです モンロビアの橋で 元反乱軍兵士が手伝ってくれました 戦争中にレイプされたとされる女性の写真です 女性はいつでも 紛争の最初の犠牲者となります

ここはケニアにあるキベラです アフリカで一番大きなスラムの一つです 選挙後の暴動を見たことがあるかと思います 2008年に ここで起こった事件です 屋根の上に貼りました でも紙は使いませんでした 家の中まで雨漏りするのを 紙では防げないからです でもビニールなら防げます アートが実用的になったのです だから残っているのです 面白い事があって 一番大きな目が見えますね 中に家がたくさんあるのですが 数ヶ月前に また訪ねてみると 写真はあるのですが 一部が欠けていました どうしたのかと聞くと 「ああ 彼なら引っ越したよ」 (笑) 屋根を覆うと ある女性がジョークを言いました 「神様が見つけてくれるわ」 キベラを見ると キベラも見つめ返します

では インドです 言っておきますが どこへ行くにも ガイドは付けずに 現地を訪れた仲間で 部隊のようなものを作って 壁に写真を貼っています でも壁に写真を貼れない地域もあります インドがそうです 文化的にも法律的にもいけないようで 貼ったらすぐに逮捕されるので 白い紙を貼ることにしました 白だけです 白人の男が 白い紙を貼っていると こう尋ねてきます 「ねえ そこで何してるの?」 「ああ アートをやってるだけだよ」「アート?」 よくのみ込めないようでした インドの道には 砂がつもっているので たくさんの砂ぼこりが 舞い上がります うっすら見えていますが 白い紙には ステッカーの裏のように 接着剤が塗ってあるので 砂ぼこりが舞うごとに 写真が浮かび上がってきます 貼った後 何日か歩き回るだけで 写真が自然と現れるのです (拍手) ありがとう だから 逮捕されずにすみました

この映像は 「Women Are Heroes」を撮影したものです (音楽) OK プロジェクトのたびに 映像を作ります これは「Women Are Heroes」の紹介ビデオの一部です ご覧いただいているものは ほとんどが 時の流れに沿って撮影した写真です 私たちがいなくても 写真は旅を続けています (笑) (拍手) ぜひ この映像を見て プロジェクトの意図をつかんで 現地の感情をくみ取ってください それもプロジェクトにとって大事な要素です どの写真にも 多くのストーリーが隠されています

「Women Are Heroes」がコミュニティーに 新たな潮流をもたらして 私たちが去った後も 女性たちが受け継いでいます 例えば 私たちは非売品の本を作りました どのコミュニティーも入手できますが 写真の女性からサインをもらうことが条件です どの地域でもやりました 定期的に戻ることもしています 例えば プロビデンシアのファヴェーラには 管理事務所を設置しました キベラでは年々 貼る屋根が増えます 私たちが立ち去る時に 近くに住む人たちが 尋ねるのです「ねえ 私の屋根は?」 だから 翌年も行くことになっていて プロジェクトが続いているのです

重要なのは ブランドや企業スポンサーに頼らないことです だから責任がありません 責任があるのは 自分と 被写体に対してだけです (拍手) それが 作品作りにおいて 一番大事なことの一つです どうやるかが 結果と同じくらい重要です それが いつも作品作りの中核になっています 面白いことに 単なる画像と 広告との境界はあいまいです 先週 ある別のプロジェクトで ロサンゼルスで写真を貼りました MOCA美術館を覆うという誘いも受けました でも昨日 市から電話が来ました 「広告と誤認されるので はがさないといけなくなります 法律で決まっていますから やめてください」 いったい 何の広告だっていうのでしょう?

被写体の皆さんは 参加することも コミュニティーの中に貼られることも 誇りに思っていますが お願いされたことがあります 「私たちのストーリーも一緒に広めてください」 だからそうしています これはパリです これはリオ どこでもストーリーを交えて展示するので ストーリーも広まって プロジェクトの意図が伝わります これはロンドンです ニューヨーク 今日は ここロングビーチに参加しています

最近 あるパブリックアートを始めました 私の作品は使っていません マン・レイ ヘレン・レヴィット ジャコメリなどの作品を使います 今日では 自分の写真かどうかは関係ありません その写真を使って 何をするかが大事なのです 貼る場所が 主張を伝えます 例えば ミナレットの写真を スイスで貼りました 建設禁止を支持する国民投票があった数週間後です (拍手) ガスマスクをした三人の男の写真は チェルノブイリで撮影されたものですが 貼った場所は 南イタリアです マフィアがときどきゴミを埋める場所です

アートは世界を変えます アートは直接的に物事を 変えるわけではありませんが ものの見方を変えます アートが変えるのは 世界の見方です アートは比喩となります アートは物事を変えられないからこそ 意見を交換して議論する -- 中立な場を提供してくれるのです その結果として 世界を変えることができます 作品を作っていると 二種類の反応があります 「イラクやアフガニスタンに行ったら? とても役に立つよ」と言う人と 「何か手伝える?」と言う人 皆さんは きっと後者でしょう その方がいい このプロジェクトとしては 写真を撮って貼ることを お願いしたいからです

私の願いは -- (ドラムロールの真似) (笑) 何か思うところがあるなら 解決のために立ち上がってください グローバル・アート・プロジェクトに参加してください そうすれば 一緒に世界をひっくり返すことができます この場から始まります ここにいる皆さん 集まった皆さんが始めるのです まさに今ここから 始めて欲しいのです 情熱を持っているテーマや 伝えたい人のこと 自分の写真でも結構です 主張を聞かせてください ポートレイトを撮って アップロードしてください -- やり方は説明します -- そうすれば ポスターを返送します グループに分かれて 世界に発信しましょう データはすべてウェブサイト上にあります 「insideoutproject.net」 今日から始動します

目にするものが 人を変えます 共に行動すれば 全体は 単なる足し算より大きくなります 世界の歴史に残るものを 一緒に作り上げたいのです ここがスタートです そして 皆さんに懸かっているのです

ありがとう

(拍手)

ありがとう

(拍手)

Two weeks ago I was in my studio in Paris, and the phone rang and I heard, "Hey, JR, you won the TED Prize 2011. You have to make a wish to save the world." I was lost. I mean, I can't save the world. Nobody can. The world is fucked up. Come on, you have dictators ruling the world, population is growing by millions, there's no more fish in the sea, the North Pole is melting and as the last TED Prize winner said, we're all becoming fat. (Laughter) Except maybe French people. Whatever. So I called back and I told her, "Look, Amy, tell the TED guys I just won't show up. I can't do anything to save the world." She said, "Hey, JR, your wish is not to save the world, but to change the world." "Oh, all right." (Laughter) "That's cool." I mean, technology, politics, business do change the world -- not always in a good way, but they do. What about art? Could art change the world?

I started when I was 15 years old. And at that time, I was not thinking about changing the world. I was doing graffiti -- writing my name everywhere, using the city as a canvas. I was going in the tunnels of Paris, on the rooftops with my friends. Each trip was an excursion, was an adventure. It was like leaving our mark on society, to say, "I was here," on the top of a building.

So when I found a cheap camera on the subway, I started documenting those adventures with my friends and gave them back as photocopies -- really small photos just that size. That's how, at 17 years old, I started pasting them. And I did my first "expo de rue," which means sidewalk gallery. And I framed it with color so you would not confuse it with advertising. I mean, the city's the best gallery I could imagine. I would never have to make a book and then present it to a gallery and let them decide if my work was nice enough to show it to people. I would control it directly with the public in the streets.

So that's Paris. I would change -- depending on the places I would go -- the title of the exhibition. That's on the Champs-Elysees. I was quite proud of that one. Because I was just 18 and I was just up there on the top of the Champs-Elysees. Then when the photo left, the frame was still there.

(Laughter)

November 2005: the streets are burning. A large wave of riots had broken into the first projects of Paris. Everyone was glued to the TV, watching disturbing, frightening images taken from the edge of the neighborhood. I mean, these kids, without control, throwing Molotov cocktails, attacking the cops and the firemen, looting everything they could in the shops. These were criminals, crooks, dangerous, pursuing their own environment.

And then I saw it -- could it be possible? -- my photo on a wall revealed by a burning car -- a pasting I'd done a year earlier -- an illegal one -- still there. I mean, these were the faces of my friends. I know those guys. All of them are not angels, but they're not monsters either. So it was kind of weird to see those images and those eyes stare back at me through a television.

So I went back there with a 28 mm lens. It was the only one I had at that time. But with that lens, you have to be as close as 10 inches from the person. So you can do it only with their trust. So I took four portraits of people from Le Bosquet. They were making scary faces to play the caricature of themselves. And then I pasted huge posters everywhere in the bourgeois area of Paris with the name, age, even building number of these guys.

A year later, the exhibition was displayed in front of the city hall of Paris. And we go from took images, who've been stolen and distorted by the media, who's now proudly taking over his own image. That's where I realized the power of paper and glue. So could art change the world? A year later, I was listening to all the noise about the Middle East conflict. I mean, at that time, trust me, they were only referring to the Israeli and Palestinian conflict. So with my friend Marco, we decided to go there and see who are the real Palestinians and who are the real Israelis. Are they so different? When we got there, we just went in the street, started talking with people everywhere, and we realized that things were a bit different from the rhetoric we heard in the media. So we decided to take portraits of Palestinians and Israelis doing the same jobs -- taxi-driver, lawyer, cooks. Asked them to make a face as a sign of commitment. Not a smile -- that really doesn't tell about who you are and what you feel. They all accepted to be pasted next to the other. I decided to paste in eight Israeli and Palestinian cities and on both sides of the wall. We launched the biggest illegal art exhibition ever. We called the project Face 2 Face.

The experts said, "No way. The people will not accept. The army will shoot you, and Hamas will kidnap you." We said, "Okay, let's try and push as far as we can." I love the way that people will ask me, "How big will my photo be?" "It will be as big as your house." When we did the wall, we did the Palestinian side. So we arrived with just our ladders and we realized that they were not high enough. And so Palestinians guys say, "Calm down. No wait. I'm going to find you a solution." So he went to the Church of Nativity and brought back an old ladder that was so old that it could have seen Jesus being born. (Laughter) We did Face 2 Face with only six friends,two ladders,two brushes, a rented car, a camera and 20,000 square feet of paper. We had all sorts of help from all walks of life.

Okay, for example, that's Palestine. We're in Ramallah right now. We're pasting portraits -- so both portraits in the streets in a crowded market. People come around us and start asking, "What are you doing here?" "Oh, we're actually doing an art project and we are placing an Israeli and a Palestinian doing the same job. And those ones are actually two taxi-drivers." And then there was always a silence. "You mean you're pasting an Israeli face -- doing a face -- right here?" "Well, yeah, yeah, that's part of the project." And I would always leave that moment, and we would ask them, "So can you tell me who is who?" And most of them couldn't say.

(Applause)

We even pasted on Israeli military towers, and nothing happened. When you paste an image, it's just paper and glue. People can tear it, tag on it, or even pee on it -- some are a bit high for that, I agree -- but the people in the street, they are the curator. The rain and the wind will take them off anyway. They are not meant to stay. But exactly four years after, the photos, most of them are still there. Face 2 Face demonstrated that what we thought impossible was possible -- and, you know what, even easy. We didn't push the limit; we just showed that they were further than anyone thought.

In the Middle East, I experienced my work in places without [ many ] museums. So this direction in the street were kind of interesting. So I decided to go further in this direction and go in places where there were zero museums. When you go in these developing societies, women are the pillars of their community, but the men are still the ones holding the streets. So we were inspired to create a project where men will pay tribute to women by posting their photos. I called that project Women Are Heroes. When I listened to all the stories everywhere I went on the continents, I couldn't always understand the complicated circumstances of their conflict. I just observed. Sometimes there was no words, no sentence, just tears. I just took their pictures and pasted them.

Women Are Heroes took me around the world. Most of the places I went to, I decided to go there because I've heard about it through the media. So for example, in June 2008, I was watching TV in Paris, and then I heard about this terrible thing that happened in Rio de Janeiro -- the first favela of Brazil named Providencia. Three kids -- that was three students -- were [ detained ] by the army because they were not carrying their papers. And the army took them, and instead of bringing them to the police station, they brought them to an enemy favela where they get chopped into pieces. I was shocked. All Brazil was shocked. I heard it was one of the most violent favelas, because the largest drug cartel controls it. So I decided to go there.

When I arrived -- I mean, I didn't have any contact with any NGO. There was none in place -- no tourist agent, no NGOs, nothing -- no eyewitnesses. So we just walked around, and we met a woman, and I showed her my book. And she said, "You know what? We're hungry for culture. We need culture out there." So I went out and I started with the kids. I just took a few photos of the kids, and the next day I came with the posters and we pasted them. The day after, I came back and they were already scratched. But that's okay. I wanted them to feel that this art belongs to them.

Then the next day, I held a meeting on the main square and some women came. They were all linked to the three kids that got killed. There was the mother, the grandmother, the best friend -- they all wanted to shout the story. After that day, everyone in the favela gave me the green light. I took more photos, and we started the project. The drug lords were kind of worried about us filming in the place, so I told them, "You know what? I'm not interested in filming the violence and the weapons. You see that enough in the media. What I want to show is the incredible life. And actually I've been seeing it around me the last few days." So that's a really symbolic pasting, because that's the first one we did that you couldn't see from the city. And that's where the three kids got arrested, and that's the grandmother of one of them. And on that stairs, that's where the traffickers always stand and there's a lot of exchange of fire. Everyone there understood the project. And then we pasted everywhere -- the whole hill.

(Applause)

What was interesting is that the media couldn't get in. I mean, you should see that. They would have to film us from a really long distance by helicopter and then have a really long lens, and we would see ourselves, on TV, pasting. And they would put a number: "Please call this number if you know what's going on in Providencia." We just did a project and then left so the media wouldn't know. So how can we know about the project? So they had to go and find the women and get an explanation from them. So you create a bridge between the media and the anonymous women.

We kept traveling. We went to Africa, Sudan, Sierra Leone, Liberia, Kenya. In war-torn places like Monrovia, people come straight to you. I mean, they want to know what you're up to. They kept asking me, "What is the purpose of your project? Are you an NGO? Are you the media?" Art. Just doing art. Some people question, "Why is it in black and white? Don't you have color in France?" (Laughter) Or they tell you, "Are these people all dead?" Some who understood the project would explain it to others. And to a man who did not understand, I heard someone say, "You know, you've been here for a few hours trying to understand, discussing with your fellows. During that time, you haven't thought about what you're going to eat tomorrow. This is art." I think it's people's curiosity that motivates them to come into the projects. And then it becomes more. It becomes a desire, a need, an armor. On this bridge that's in Monrovia, an ex-rebel soldier helped us pasting a portrait of a woman that might have been raped during the war. Women are always the first ones targeted during conflict.

This is Kibera, Kenya,one of the largest slums of Africa. You might have seen images about the post-election violence that happened there in 2008. This time we covered the roofs of the houses, but we didn't use paper, because paper doesn't prevent the rain from leaking inside the house -- vinyl does. Then art becomes useful. So the people kept it. You know what I love is, for example, when you see the biggest eye there, there are so [ many ] houses inside. And I went there a few months ago -- photos are still there -- and it was missing a piece of the eye. So I asked the people what happened. "Oh, that guy just moved." (Laughter) When the roofs were covered, a woman said as a joke, "Now God can see me." When you look at Kibera now, they look back.

Okay, India. Before I start that, just so you know, each time we go to a place, we don't have a tourist agent, so we set up like commandos -- we're a group of friends who arrive there, and we try to paste on the walls. But there are places where you just can't paste on a wall. In India it was just impossible to paste. I heard culturally and because of the law, they would just arrest us at the first pasting. So we decided to paste white, white on the walls. So imagine white guys pasting white papers. So people would come to us and ask us, "Hey, what are you up to?" "Oh, you know, we're just doing art." "Art?" Of course, they were confused. But you know how India has a lot of dust in the streets, and the more dust you would have going up in the air, on the white paper you can almost see, but there is this sticky part like when you reverse a sticker. So the more dust you have, the more it will reveal the photo. So we could just walk in the street during the next days and the photos would get revealed by themselves. (Applause) Thank you. So we didn't get caught this time.

Each project -- that's a film from Women Are Heroes. (Music) Okay. For each project we do a film. And most of what you see -- that's a trailer from "Women Are Heroes" -- its images, photography, taken one after the other. And the photo kept traveling even without us. (Laughter) (Applause) Hopefully, you'll see the film, and you'll understand the scope of the project and what the people felt when they saw those photos. Because that's a big part of it. There's layers behind each photo. Behind each image is a story.

Women Are Heroes created a new dynamic in each of the communities, and the women kept that dynamic after we left. For example, we did books -- not for sale -- that all the community would get. But to get it, they would have to [ get ] it signed by one of the women. We did that in most of the places. We go back regularly. And so in Providencia, for example, in the favela, we have a controlled center running there. In Kibera, each year we cover more roofs. Because of course, when we left, the people who were just at the edge of the project said, "Hey, what about my roof?" So we decided to come the year after and keep doing the project.

A really important point for me is that I don't use any brand or corporate sponsors. So I have no responsibility to anyone but myself and the subjects. (Applause) And that is for me one of the more important things in the work. I think, today, as important as the result is the way you do things. And that has always been a certain part of the work. And what's interesting is that fine line that I have with images and advertising. We just did some pasting in Los Angeles on another project in the last weeks. And I was even invited to cover the MOCA museum. But yesterday the city called them and said, "Look, we're going to have to tear it down. Because this can be taken for advertising, and because of the law, it has to be taken down." But tell me, advertising for what?

The people I photograph were proud to participate in the project and to have their photo in the community. But they asked me for a promise basically. They asked me, "Please, make our story travel with you." So I did. That's Paris. That's Rio. In each place, we built exhibitions with a story, and the story traveled. You understand the full scope of the project. That's London. New York. And today, they are with you in Long Beach.

All right, recently I started a public art project where I don't use my artwork anymore. I use Man Ray, Helen Levitt, Giacomelli, other people's artwork. It doesn't matter today if it's your photo or not. The importance is what you do with the images, the statement it makes where it's pasted. So for example, I pasted the photo of the minaret in Switzerland a few weeks after they voted the law forbidding minarets in the country. (Applause) This image of three men wearing gas masks was taken in Chernobyl originally, and I pasted it in Southern Italy, where the mafia sometimes bury the garbage under the ground.

In some ways, art can change the world. Art is not supposed to change the world, to change practical things, but to change perceptions. Art can change the way we see the world. Art can create an analogy. Actually the fact that art can not change things makes it a neutral place for exchanges and discussions, and then enables you to change the world. When I do my work, I have two kinds of reactions. People say, "Oh, why don't you go in Iraq or Afghanistan. They would be really useful." Or, "How can we help?" I presume that you belong to the second category, and that's good, because for that project, I'm going to ask you to take the photos and paste them.

So now my wish is: (mock drum roll) (Laughter) I wish for you to stand up for what you care about by participating in a global art project, and together we'll turn the world inside out. And this starts right now. Yes, everyone in the room. Everyone watching. I wanted that wish to actually start now. So a subject you're passionate about, a person who you want to tell their story or even your own photos -- tell me what you stand for. Take the photos, the portraits, upload it -- I'll give you all the details -- and I'll send you back your poster. Join by groups and reveal things to the world. The full data is on the website -- insideoutproject.net -- that is launching today.

What we see changes who we are. When we act together, the whole thing is much more than the sum of the parts. So I hope that, together, we'll create something that the world will remember. And this starts right now and depends on you.

Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

Two weeks ago/ I was in my studio/ in Paris,/ and the phone rang/ and I heard,/ "Hey,/ JR,/ you won the TED Prize/ 2011.//

二週間前 パリにある自分のスタジオにいると 電話が鳴って 「ちょっと JR TED Prize 2011受賞だって

You have to make/ a wish/ to save the world."//

世界を救おうって願いを伝えるのよ」

I was lost.//

戸惑いました

I mean,/ I can't save the world.// Nobody can.//

世界なんて救えない だれにも出来ない

The world is fucked up.//

この世界はめちゃくちゃです

Come on,/ you have dictators/ ruling the world,/ population is growing by millions,/ there's no more fish/ in the sea,/ the North Pole is melting/ and as the last TED Prize winner said,/ we're all becoming fat.//

独裁者が世界を支配 人口は100万単位で増える 魚は海に全然いない 北極は溶けている 前回のTED Prize受賞者は だれもが肥満だと言う

(笑) たぶんフランス人以外ですが

それは置いといて

So I called back/ and I told her,/ "Look,/ Amy,/ tell/ the TED guys I just won't show up.//

電話をかけ直して 彼女に伝えました 「TEDの人には 行かないって伝えといて

I can't do anything/ to save the world."//

世界なんて救えないよ」

She said,/ "Hey,/ JR,/ your wish is not to save the world,/ but to change the world."//

彼女は「ねえ JR 救う気はなくても 変える気はあるでしょ」

"Oh,/ all right."//

「ああ そうだね」

(Laughter) "That's cool."//

(笑) 「それならクールだ」

I mean,/ technology,/ politics,/ business do change the world --/ not always/ in a good way,/ but they do.//

技術や政治やビジネスは 実際に世界を変えます いつも正しいわけじゃないけど

What about art?//

じゃあアートは?

Could art change the world?//

アートは世界を変えられるのか?

I started/ when I was 15 years old.//

アートを始めたのは15歳

And at that time,/ I was not thinking about changing the world.//

世界を変えようなんて考えもせず

I was doing graffiti --/ writing my name everywhere,/ using the city/ as a canvas.//

落書きするだけでした 自分の名前を書きまくり 街中をキャンバスにしました

I was going in the tunnels of Paris,/ on the rooftops/ with my friends.//

パリのトンネルに入ったり 友人と屋上に登ったり

Each trip was an excursion,/ was an adventure.//

どれも遠足の様で まさにアドベンチャーでした

It was like leaving our mark/ on society,/ to say,/ "I was here,/"/ on the top of a building.//

社会に足跡を残して 「俺はここにいた」とビルの上から伝える旅です

So/ when I found a cheap camera/ on the subway,/ I started documenting/ those adventures/ with my friends/ and gave them back/ as photocopies --/ really/ small photos/ just that size.//

地下鉄で安物のカメラを見つけてからは 友人と このアドベンチャーを写真に収めて 写真のコピーを残していくようになりました このくらいの 本当に小さな写真です

That's/ how,/ at 17 years old,/ I started pasting/ them.//

そんな経緯で 17歳から 写真を貼り始めて

And I did my first "expo de rue,/"/ which means sidewalk gallery.//

初めて "expo de rue" を開きました 「歩道のギャラリー」です

And I framed it/ with color so/ you would not confuse it/ with advertising.//

写真の周りを 額のように色付けして 広告に間違われないようにしました

I mean,/ the city's the best gallery/ I could imagine.//

私にとって 街は最高のギャラリーです

I would never have to make/ a book/ and then present it/ to a gallery/ and let them decide/ if my work was nice enough/ to show it/ to people.//

作品集を用意してギャラリーに持ち込む必要などなく 人様に見せられる作品か 判断を仰ぐ必要もありません

I would control it directly/ with the public/ in the streets.//

道で会う人々と 直接向き合います

So that's Paris.//

これはパリです

I would change --/ depending on the places/ I would go --/ the title of the exhibition.//

場所によって 展示のタイトルは 変わります

That's on the Champs-Elysees.//

これはシャンゼリゼ通りです

I was quite proud of that one.//

これは自信作です

Because I was just 18/ and I was just up there/ on the top of the Champs-Elysees.//

まだ18歳で シャンゼリゼ通りに展示できたからです

Then/ when the photo left,/ the frame was still there.//

写真がなくなっても 額は残っていました

(笑)

November 2005:/ the streets are burning.//

2005年11月 道が燃えていました

A large wave of riots had broken into the first projects of Paris.//

大きな暴動のうねりが パリの郊外の公団へ突入しました

Everyone was glued to the TV,/ watching disturbing,/ frightening images taken from the edge of the neighborhood.//

皆がテレビに釘付けで 街の隅から撮られた 心をかき乱す 恐ろしい映像を見ていました

I mean,/ these kids,/ without control,/ throwing Molotov cocktails,/ attacking the cops and the firemen,/ looting everything/ they could in the shops.//

子供たちが 野放図に 火炎ビンを投げたり 警官や消防隊を攻撃して 商品を奪い尽くしていました

彼らは犯罪者で 悪党で 危険で 自分の置かれた状況に乗るやつらです

And then/ I saw it --/ could it be possible?// --/ my photo/ on a wall revealed by a burning car --/ a pasting/ I'd done a year earlier --/ an illegal one --/ still there.//

その時 見た光景に まさかと思いました 私が壁に貼った写真が 車の炎で浮かび上がったのです 一年前に貼った写真です 違法な作品ですが 残っていました

I mean,/ these were the faces of my friends.//

「友人の顔じゃないか

I know those guys.//

知っている奴らだ

All of them are not angels,/ but they're not monsters either.//

天使じゃないけど モンスターでもないんだ」

So it was kind of weird/ to see those images/ and those eyes stare back/ at me/ through a television.//

写真に写った目が テレビから見つめ返しているのは 何とも奇妙でした

So I went back there/ with a 28 mm lens.//

私は 28mmレンズを持って その場所に向かいました

It was the only one/ I had at that time.//

それしかなかったのですが

But/ with that lens,/ you have to be as close/ as 10 inches/ from the person.//

そのレンズだと 被写体に25cmまで近づかないといけません

So/ you can do it only/ with their trust.//

信頼がないと撮影できません

So I took four portraits of people/ from Le Bosquet.//

ル・ボスケで4枚のポートレイトを撮りました

They were making scary faces/ to play the caricature of themselves.//

怖い顔を作って 自分を風刺しています

And then/ I pasted huge posters everywhere/ in the bourgeois area of Paris/ with the name,/ age,/ even building number of these guys.//

巨大なポスターにして パリの富裕層地域で 至る所に貼りました 彼らの名前 年齢 住所まで書いてあります

A year later,/ the exhibition was displayed in front of the city hall of Paris.//

一年後 パリ市庁舎の前に展示されました

And we go from took images,/ who've been stolen and distorted by the media,/ who's now proudly taking over/ his own image.//

かつて 彼らのイメージといえば メディアがかすめ取って歪めたものでしたが ここでは誇りを持って自らイメージを掲げています

That's/ where I realized the power of paper and glue.//

そこで気がつきました 紙と糊の力です

So could art change the world?//

アートは世界を変えられるのか?

A year later,/ I was listening to all the noise/ about the Middle East conflict.//

一年後 中東紛争の話題に 耳を傾けていました

I mean,/ at that time,/ trust me,/ they were only referring to the Israeli and Palestinian conflict.//

当時耳にしたのは イスラエルとパレスチナの紛争ばかりでした

So/ with my friend Marco,/ we decided to go there/ and see/ who are the real Palestinians/ and who are the real Israelis.//

そこで友人のマルコと 現地に行って 真のパレスチナ人と真のイスラエル人に会うことにしました

Are they so different?//

そんなに違うのでしょうか?

When we got there,/ we just went in the street,/ started talking/ with people everywhere,/ and we realized/ that things were a bit different/ from the rhetoric/ we heard in the media.//

現地に着くと 通りに出て あちこちで いろんな人に話しかけました そうするうちに気付きました メディアの伝える情報とは違っているのです

So/ we decided to take/ portraits of Palestinians and Israelis/ doing the same jobs --/ taxi-driver,/ lawyer,/ cooks.//

そこで 同じ仕事をしている パレスチナ人とイスラエル人の ポートレイトを撮ることにしました タクシー運転手 弁護士 料理人などです

Asked them/ to make a face/ as a sign of commitment.//

必ず表情を作るようにお願いしました

Not a smile --/ that really doesn't tell about who you are/ and what you feel.//

笑顔では 人柄や気持ちが 伝わらないので駄目です

They/ all accepted to be pasted next/ to the other.//

対立国の人と並べて貼ることに だれもが同意してくれました

I decided to paste/ in eight Israeli and Palestinian cities/ and/ on both sides of the wall.//

イスラエルとパレスチナの 8つの街に貼ることにしました 壁の両側です

We launched the biggest illegal art exhibition ever.//

史上最大の違法アート展の開幕です

We called the project Face 2 Face.//

「Face 2 Face」と名付けました

The experts said,/ "No way.//

専門家は言います「やめとけ

The people will not accept.//

だれも受け入れてくれないよ

The army will shoot you,/ and Hamas will kidnap you."//

軍に撃たれてハマスに監禁される」

We said,/ "Okay,/ let's try and push as far/ as we can."//

私たちの気持ちは「OK やれるとこまでやろう」

I love the way/ that people will ask me,/ "How big will my photo be?"//

こんな質問は大好きです 「どのくらい大きくなるの?」

"It will be as big/ as your house."//

「あなたの家と同じくらいだよ」

When we did the wall,/ we did the Palestinian side.//

パレスチナで壁に貼ろうと思って

So we arrived with just our ladders/ and we realized/ that they were not high enough.//

はしごを持って行ったら 高さが足りませんでした

And so Palestinians guys say,/ "Calm down.// No wait.// I'm going to find/ you/ a solution."//

するとパレスチナの人が 「大丈夫 すぐ解決できるよ」と言って

So he went to the Church of Nativity/ and brought back/ an old ladder/ that was so old/ that it could have seen Jesus/ being born.//

降誕教会に行って 古いはしごを持ってきました そのはしごはキリスト誕生を見たかもしれません

(Laughter)/ We did Face 2/ Face/ with only six friends,/two ladders,/two brushes,/ a rented car,/ a camera and 20,000 square feet of paper.//

(笑) 「Face 2 Face」をやるのは たった6人の友人と 2つのはしご 2つのブラシ 1台のレンタカーと 1台のカメラ そして約2,000平方メートルの紙です

We had all sorts of help/ from all walks of life.//

あらゆる人々から いろんな支援を受けました

Okay,/ for example,/ that's Palestine.//

これはパレスチナのラマッラーで

We're in Ramallah right now.//

ポートレイトを貼る様子です

We're pasting/ portraits --/ so both portraits/ in the streets/ in a crowded market.//

にぎわう市場の通りに 両国民の写真を貼るのです

People come around us/ and start asking,/ "What are you doing here?"//

人が集まって 尋ねてきます 「ここで何をしてるの?」

"Oh,/ we're actually doing/ an art project/ and we are placing an Israeli/ and a Palestinian/ doing the same job.//

「アートプロジェクトだよ 同じ職業のイスラエル人とパレスチナ人を貼るんだ

And those ones are actually two taxi-drivers."//

これは二人ともタクシー運転手なんだ」

And then/ there was always a silence.//

すると いつも沈黙があってから

"You mean/ you're pasting/ an Israeli face --/ doing a face --/ right here?"//

「つまり イスラエル人の顔を -- そこに 貼ってるわけ?」

"Well,/ yeah,/ yeah,/ that's part of the project."//

「そうそう それがこのプロジェクトの一環だから」

And I would always leave that moment,/ and we would ask them,/ "So can you tell me/ who is/ who?"//

そして 少し間を置いてから 必ずこう聞くことにしています 「どちらの国民か見分けられる?」

And most of them couldn't say.//

だれも答えられないのです

(拍手)

We even pasted on Israeli military towers,/ and nothing happened.//

イスラエルの監視棟にも貼りましたが 何もされませんでした

When you paste an image,/ it's just paper and glue.//

使うのは 紙と糊だけです

People can tear it,/ tag/ on it,/ or even pee on it --/ some are a bit high/ for that,/ I agree --/ but the people/ in the street,/ they are the curator.//

やぶけるし 落書きできるし おしっこもかけられます とどかない所もありますが でもストリートにいる人たちが 学芸員なのです

The rain/ and the wind will take them off anyway.//

雨や風ではがれますが

They are not meant to stay.//

それでいいのです

But exactly four years/ after,/ the photos,/ most of them are still there.//

でも ちょうど4年たった今でも ほとんどの写真が残っています

Face 2 Face demonstrated/ that/ what we thought impossible was possible --/ and,/ you know/ what,/ even easy.//

「Face 2 Face」が実証したのは 不可能に思えたことが 実は可能だったことです むしろ簡単でした

We didn't push the limit;/ we just showed/ that they were further than anyone thought.//

境界を広げたわけではなく 想像より遠くへ行けることを証明しただけです

In the Middle East,/ I experienced my work/ in places/ without [ many ] museums.//

中東では 美術館のない場所で制作しました

So this direction/ in the street were kind of interesting.//

道に作品を展示するという方向性が 面白いと感じたので

So I decided to go further/ in this direction/ and go in places/ where there were zero museums.//

更に突き進めようと思って 美術館が一つもない地域へ行くことにしました

When you go in these developing societies,/ women are the pillars of their community,/ but the men are still the ones/ holding the streets.//

このような発展途上の社会へ行くと 女性がそのコミュニティーの中心的な存在ですが それでもストリートを仕切っているのは男性です

So/ we were inspired to create a project/ where men will pay tribute/ to women/ by posting their photos.//

そこに私たちは触発されて 女性たちの写真を貼ることで 男性から女性に 感謝の気持ちを表すプロジェクトを始めました

I called/ that project Women Are Heroes.//

プロジェクト名は「Women Are Heroes」です

When I listened to all the stories everywhere/ I went on the continents,/ I couldn't always understand the complicated circumstances of their conflict.//

さまざまな大陸に行って いろいろな話を聞いても 彼らの複雑な葛藤を いつも理解できるわけではありませんでした

I just observed.//

ただ傍観するしかなく

Sometimes/ there was no words,/ no sentence,/ just tears.//

言葉も出ず 意見も言えず 涙を流すしかないこともありました

I just took their pictures/ and pasted them.//

彼らの写真を撮って 貼るだけです

Women Are/ Heroes took me/ around the world.//

「Women Are Heroes」は世界中を巡りました

Most of the places/ I went to,/ I decided to go there/ because I've heard about it/ through the media.//

行き先のほとんどは メディアで聞いたことがある という理由で選びました

So/ for example,/ in June 2008,/ I was watching TV/ in Paris,/ and then/ I heard about this terrible thing/ that happened in Rio de Janeiro --/ the first favela of Brazil named Providencia.//

例えば 2008年6月に パリでテレビを見ている時 リオ・デ・ジャネイロで起きていた ひどい状況を知りました プロヴィデンシアというブラジル初のファヴェーラ(貧民街)で

Three kids --/ that was three students --/ were [ detained ]/ by the army/ because they were not carrying their papers.//

三人の学生が 軍に拘束されました 身分証明を持っていなかったからです

And the army took them,/ and instead of bringing them/ to the police station,/ they brought them/ to an enemy favela/ where they get chopped into pieces.//

学生たちは 警察署ではなく 敵のファヴェーラへ連行されて 切り刻まれてしまいました

I was shocked.//

ショックでした

All Brazil was shocked.//

ブラジル中が衝撃を受けました

I heard/ it was one of the most violent favelas,/ because the largest drug cartel controls it.//

一番暴力的なファヴェーラといわれ 最大の麻薬組織が牛耳っていました

So/ I decided to go there.//

私はそこに行くことにしました

When I arrived --/ I mean,/ I didn't have any contact/ with any NGO.//

到着しても NGOに接触することはありませんでした

There was none/ in place --/ no tourist agent,/ no NGOs,/ nothing --/ no eyewitnesses.//

観光客も NGOも だれもいないのです 目撃者がいないのです

So we just walked around,/ and we met a woman,/ and I showed her/ my book.//

歩き回るうちに 一人の女性に会ったので 私の本を見せると

And she said,/ "You know/ what?//

彼女はこう言いました

We're hungry/ for culture.//

「文化に飢えてるの

We need culture out there."//

ここには文化が必要だわ」

So I went out/ and I started with the kids.//

まずは子供たちから始めました

I just took a few photos of the kids,/ and the next day/ I came with the posters/ and we pasted them.//

子供たちの写真を何枚か撮って 次の日 ポスターにして貼りました

The day after,/ I came back/ and they were already scratched.//

その次の日には 傷がありましたが

But that's okay.//

それでいいんです

I wanted them/ to feel/ that this art belongs to them.//

自分たちのアートだと感じて欲しいのです

Then/ the next day,/ I held a meeting/ on the main square/ and some women came.//

その次の日に 広場でミーティングを開くと 何人かの女性が来ました

They were all linked to the three kids/ that got killed.//

殺された三人の学生につながりのある人たちです

There was the mother,/ the grandmother,/ the best friend --/ they all wanted to shout/ the story.//

母親や 祖母や 親友もいて 事件のことを声高に訴えていました

After that day,/ everyone/ in the favela gave me/ the green light.//

その日から ファーベラに受け入れられて

I took more photos,/ and we started the project.//

撮影も進み プロジェクトが動き出しました

The drug lords were kind of worried about us/ filming in the place,/ so I told them,/ "You know/ what?//

麻薬密売組織のボスは そこでの撮影を危惧していたので こう言いました

I'm not interested/ in filming the violence and the weapons.//

「暴力や武器を撮る気はない

You see that enough/ in the media.//

メディアで十分見たからね

What I want to show/ is the incredible life.//

私は素晴らしい人々を見せたいんだ

And actually/ I've been seeing it/ around me/ the last few days."//

この数日間 目の当たりにしてきたんだ」

So that's a really symbolic pasting,/ because that's the first one/ we did/ that you couldn't see from the city.//

これはとてもシンボリックな作品です 初めて中心街から見えない作品を作ったのです

And that's/ where the three kids got arrested,/ and that's the grandmother of one of them.//

三人の学生が拘束された場所です 写真は 一人の学生の祖母です

And/ on that stairs,/ that's/ where the traffickers always stand/ and there's a lot of exchange of fire.//

この階段には いつも売人が立っていて よく銃撃が交わされています

Everyone/ there understood the project.//

だれもがプロジェクトを理解してくれて

And then/ we pasted everywhere --/ the whole hill.//

丘一面に作品を貼ることができました

(拍手)

What was interesting is/ that the media couldn't get in.//

面白いことにメディアは入れません

I mean,/ you should see/ that.//

つまり ヘリコプターで遠くから

They would have to film/ us/ from a really long distance/ by helicopter/ and then have a really long lens,/ and we would see ourselves,/ on TV,/ pasting.//

望遠レンズを使って撮影しなければならなかったのです 私たちはテレビで 自分たちの貼る作業を見たものです

And they would put a number:/ "Please call this number/ if you know/ what's going on/ in Providencia."//

テロップには「何をしているか ご存じの方は お電話を」

We just did a project/ and then left/ so the media wouldn't know.//

プロジェクトを終えると 私たちは立ち去ったので メディアは知る由もありませんでした

So/ how can we know about the project?//

プロジェクトについて知るには

So they had to go and find the women/ and get an explanation/ from them.//

現地で女性たちを見つけて 説明を求めるしかありません

So you create a bridge/ between the media and the anonymous women.//

このプロジェクトが メディアと 名も知れぬ女性たちとの架け橋になったのです

We kept traveling.//

私たちは旅を続けました

We went to Africa,/ Sudan,/ Sierra Leone,/ Liberia,/ Kenya.//

アフリカ スーダン シエラレオネ リベリア ケニア

In war-torn places/ like Monrovia,/ people come straight/ to you.//

戦争で荒れたモンロビアもです 人々はまっすぐにやってきて

I mean,/ they want to know/ what you're up/ to.//

何をしてるのか知りたがります

They kept asking/ me,/ "What is the purpose of your project?//

「どうして こんなプロジェクトをやっているの?

Are you an NGO?// Are you the media?"//

NGOなの? メディアなの?」

Art.// Just/ doing art.//

「アートだよ アートをやってるだけ」

Some people question,/ "Why is it in black and white?//

「なんで白黒なの?

Don't you have color/ in France?"//

フランスにカラーは無いの?」

(Laughter)/ Or they tell you,/ "Are these people all dead?"//

(笑) 「みんな死んだ人たち?」

Some/ who understood/ the project would explain it/ to others.//

プロジェクトを理解した人は ほかの人に教えていました

And to a man/ who did not understand,/ I heard/ someone say,/ "You know,/ you've been here for a few hours/ trying to understand,/ discussing with your fellows.//

ある人は 理解できない男に こう説明していました 「なあ 君はここで数時間もこうして 理解しようと 話し合ってるだろう

During that time,/ you haven't thought about what you're going to eat/ tomorrow.//

その間 君はきっと 明日の食事なんて考えてない

This is art."//

それがアートなんだ」

I think/ it's people's curiosity/ that motivates them/ to come into the projects.//

プロジェクトに人を引き込む -- モチベーションになっているのは 人々の好奇心だと思います

And then/ it becomes more.//

さらに それが大きくなって

It becomes a desire,/ a need,/ an armor.//

欲望になり 必要なものとなるのです

On this bridge/ that's in Monrovia,/ an ex-rebel soldier helped us/ pasting a portrait of a woman/ that might have been raped during the war.//

モンロビアの橋で 元反乱軍兵士が手伝ってくれました 戦争中にレイプされたとされる女性の写真です

Women are always the first ones targeted during conflict.//

女性はいつでも 紛争の最初の犠牲者となります

This is Kibera,/ Kenya,/one of the largest slums of Africa.//

ここはケニアにあるキベラです アフリカで一番大きなスラムの一つです

You might have seen images/ about the post-election violence/ that happened there/ in 2008.//

選挙後の暴動を見たことがあるかと思います 2008年に ここで起こった事件です

This time/ we covered the roofs of the houses,/ but we didn't use paper,/ because paper doesn't prevent the rain/ from leaking inside the house --/ vinyl does.//

屋根の上に貼りました でも紙は使いませんでした 家の中まで雨漏りするのを 紙では防げないからです でもビニールなら防げます

Then art becomes useful.//

アートが実用的になったのです

So the people kept it.//

だから残っているのです

You know/ what I love is,/ for example,/ when you see the biggest eye there,/ there are so [ many ] houses/ inside.//

面白い事があって 一番大きな目が見えますね 中に家がたくさんあるのですが

And I went there/ a few months ago --/ photos are still there --/ and it was missing a piece of the eye.//

数ヶ月前に また訪ねてみると 写真はあるのですが 一部が欠けていました

So I asked the people/ what happened.//

どうしたのかと聞くと

"Oh,/ that guy just moved."//

「ああ 彼なら引っ越したよ」

(Laughter)/ When the roofs were covered,/ a woman said as a joke,/ "Now/ God can see me."//

(笑) 屋根を覆うと ある女性がジョークを言いました 「神様が見つけてくれるわ」

When you look at Kibera now,/ they look back.//

キベラを見ると キベラも見つめ返します

では インドです

Before I start/ that,/ just so you know,/ each time/ we go to a place,/ we don't have a tourist agent,/ so we set up/ like commandos --/ we're a group of friends/ who arrive there,/ and we try to paste/ on the walls.//

言っておきますが どこへ行くにも ガイドは付けずに 現地を訪れた仲間で 部隊のようなものを作って 壁に写真を貼っています

But there are places/ where you just can't paste on a wall.//

でも壁に写真を貼れない地域もあります

In India/ it was just impossible/ to paste.//

インドがそうです

I heard culturally and/ because of the law,/ they would just arrest us/ at the first pasting.//

文化的にも法律的にもいけないようで 貼ったらすぐに逮捕されるので

So/ we decided to paste/ white,/ white/ on the walls.//

白い紙を貼ることにしました 白だけです

白人の男が 白い紙を貼っていると

So people would come to us/ and ask us,/ "Hey,/ what are you up/ to?"//

こう尋ねてきます 「ねえ そこで何してるの?」

"Oh,/ you know,/ we're just doing/ art."// "Art?"//

「ああ アートをやってるだけだよ」「アート?」

Of course,/ they were confused.//

よくのみ込めないようでした

But you know/ how India has a lot of dust/ in the streets,/ and the more dust/ you would have going/ up/ in the air,/ on the white paper/ you can almost see,/ but there is this sticky part/ like when you reverse a sticker.//

インドの道には 砂がつもっているので たくさんの砂ぼこりが 舞い上がります うっすら見えていますが 白い紙には ステッカーの裏のように 接着剤が塗ってあるので

So the more dust/ you have,/ the more/ it will reveal the photo.//

砂ぼこりが舞うごとに 写真が浮かび上がってきます

So/ we could just walk in the street/ during the next days/ and the photos would get revealed by themselves.//

貼った後 何日か歩き回るだけで 写真が自然と現れるのです

(Applause)/ Thank you.//

(拍手) ありがとう

So/ we didn't get caught this time.//

だから 逮捕されずにすみました

Each project --/ that's a film/ from Women Are Heroes.//

この映像は 「Women Are Heroes」を撮影したものです

(Music)/ Okay.//

(音楽) OK

For each project/ we do a film.//

プロジェクトのたびに 映像を作ります

And most of what you see --/ that's a trailer/ from "Women Are Heroes" --/ its images,/ photography,/ taken one/ after the other.//

これは「Women Are Heroes」の紹介ビデオの一部です ご覧いただいているものは ほとんどが 時の流れに沿って撮影した写真です

And the photo kept traveling/ even/ without us.//

私たちがいなくても 写真は旅を続けています

(Laughter) (Applause) Hopefully,/ you'll see the film,/ and you'll understand the scope of the project/ and what the people felt/ when they saw those photos.//

(笑) (拍手) ぜひ この映像を見て プロジェクトの意図をつかんで 現地の感情をくみ取ってください

Because that's a big part of it.// There's layers/ behind each photo.//

それもプロジェクトにとって大事な要素です

Behind each image is a story.//

どの写真にも 多くのストーリーが隠されています

Women Are/ Heroes created a new dynamic/ in each of the communities,/ and the women kept/ that dynamic/ after we left.//

「Women Are Heroes」がコミュニティーに 新たな潮流をもたらして 私たちが去った後も 女性たちが受け継いでいます

For example,/ we did books --/ not for sale --/ that all the community would get.//

例えば 私たちは非売品の本を作りました どのコミュニティーも入手できますが

But to get it,/ they would have to [ get ]/ it signed by one of the women.//

写真の女性からサインをもらうことが条件です

We did/ that in most of the places.//

どの地域でもやりました

We go back regularly.//

定期的に戻ることもしています

And so/ in Providencia,/ for example,/ in the favela,/ we have a controlled center/ running there.//

例えば プロビデンシアのファヴェーラには 管理事務所を設置しました

In Kibera,/ each year/ we cover more roofs.//

キベラでは年々 貼る屋根が増えます

Because of course,/ when we left,/ the people/ who were just at the edge of the project said,/ "Hey,/ what about my roof?"//

私たちが立ち去る時に 近くに住む人たちが 尋ねるのです「ねえ 私の屋根は?」

So we decided to come/ the year/ after and keep doing/ the project.//

だから 翌年も行くことになっていて プロジェクトが続いているのです

A really important point/ for me is/ that I don't use any brand or corporate sponsors.//

重要なのは ブランドや企業スポンサーに頼らないことです

So I have no responsibility/ to anyone but myself and the subjects.//

だから責任がありません 責任があるのは 自分と 被写体に対してだけです

(Applause)/ And that is for me/ one of the more important things/ in the work.//

(拍手) それが 作品作りにおいて 一番大事なことの一つです

I think,/ today,/ as important/ as the result is the way/ you do things.//

どうやるかが 結果と同じくらい重要です

And that has always been a certain part of the work.//

それが いつも作品作りの中核になっています

And what's interesting is/ that fine line/ that I have with images/ and advertising.//

面白いことに 単なる画像と 広告との境界はあいまいです

We just did some pasting/ in Los Angeles/ on another project/ in the last weeks.//

先週 ある別のプロジェクトで ロサンゼルスで写真を貼りました

And I was even invited to cover the MOCA museum.//

MOCA美術館を覆うという誘いも受けました

But yesterday/ the city called them/ and said,/ "Look,/ we're going to have to tear/ it down.//

でも昨日 市から電話が来ました 「広告と誤認されるので

Because this can be taken for advertising,/ and because of the law,/ it has to be taken down."//

はがさないといけなくなります 法律で決まっていますから やめてください」

But tell me,/ advertising for what?//

いったい 何の広告だっていうのでしょう?

The people/ I photograph/ were proud/ to participate in the project/ and to have their photo/ in the community.//

被写体の皆さんは 参加することも コミュニティーの中に貼られることも 誇りに思っていますが

But they asked me/ for a promise basically.//

お願いされたことがあります

They asked me,/ "Please, make our story travel/ with you."//

「私たちのストーリーも一緒に広めてください」

So I did.// That's Paris.//

だからそうしています これはパリです

That's Rio.//

これはリオ

In each place,/ we built exhibitions/ with a story,/ and the story traveled.//

どこでもストーリーを交えて展示するので ストーリーも広まって

You understand the full scope of the project.//

プロジェクトの意図が伝わります

That's London.//

これはロンドンです

ニューヨーク

And/ today,/ they are with you/ in Long Beach.//

今日は ここロングビーチに参加しています

All right,/ recently/ I started a public art project/ where I don't use my artwork anymore.//

最近 あるパブリックアートを始めました 私の作品は使っていません

I use Man Ray,/ Helen Levitt,/ Giacomelli,/ other people's artwork.//

マン・レイ ヘレン・レヴィット ジャコメリなどの作品を使います

It doesn't matter today/ if it's your photo/ or not.//

今日では 自分の写真かどうかは関係ありません

The importance is/ what you do with the images,/ the statement/ it makes/ where it's pasted.//

その写真を使って 何をするかが大事なのです 貼る場所が 主張を伝えます

So/ for example,/ I pasted the photo of the minaret/ in Switzerland/ a few weeks/ after they voted the law/ forbidding minarets/ in the country.//

例えば ミナレットの写真を スイスで貼りました 建設禁止を支持する国民投票があった数週間後です

(Applause)/ This image of three men/ wearing gas masks was taken in Chernobyl originally,/ and I pasted it/ in Southern Italy,/ where the mafia sometimes bury the garbage/ under the ground.//

(拍手) ガスマスクをした三人の男の写真は チェルノブイリで撮影されたものですが 貼った場所は 南イタリアです マフィアがときどきゴミを埋める場所です

In some ways,/ art can change the world.//

アートは世界を変えます

Art is not supposed to change/ the world,/ to change practical things,/ but to change perceptions.//

アートは直接的に物事を 変えるわけではありませんが ものの見方を変えます

Art can change the way/ we see the world.//

アートが変えるのは 世界の見方です

アートは比喩となります

Actually/ the fact/ that art can not change/ things makes it/ a neutral place/ for exchanges and discussions,/ and then enables you/ to change the world.//

アートは物事を変えられないからこそ 意見を交換して議論する -- 中立な場を提供してくれるのです その結果として 世界を変えることができます

When I do my work,/ I have two kinds of reactions.//

作品を作っていると 二種類の反応があります

People say,/ "Oh,/ why don't you go in Iraq or Afghanistan.//

「イラクやアフガニスタンに行ったら?

They would be really useful."//

とても役に立つよ」と言う人と

Or,/ "How can we help?"//

「何か手伝える?」と言う人

I presume/ that you belong to the second category,/ and that's good,/ because for that project,/ I'm going to ask/ you/ to take the photos and paste them.//

皆さんは きっと後者でしょう その方がいい このプロジェクトとしては 写真を撮って貼ることを お願いしたいからです

So now/ my wish is:/ (mock drum roll) (Laughter)/ I wish/ for you/ to stand up/ for what you care about by participating in a global art project,/ and together/ we'll turn the world/ inside out.//

私の願いは -- (ドラムロールの真似) (笑) 何か思うところがあるなら 解決のために立ち上がってください グローバル・アート・プロジェクトに参加してください そうすれば 一緒に世界をひっくり返すことができます

And this starts right now.//

この場から始まります

Yes, everyone/ in the room.//

ここにいる皆さん

Everyone watching.//

集まった皆さんが始めるのです

I wanted/ that wish/ to actually start now.//

まさに今ここから 始めて欲しいのです

So a subject/ you're passionate about,/ a person/ who you want to tell/ their story/ or even/ your own photos --/ tell me/ what you stand for.//

情熱を持っているテーマや 伝えたい人のこと 自分の写真でも結構です 主張を聞かせてください

Take the photos,/ the portraits,/ upload it --/ I'll give you/ all the details --/ and I'll send/ you back your poster.// Join/ by groups/ and reveal things/ to the world.//

ポートレイトを撮って アップロードしてください -- やり方は説明します -- そうすれば ポスターを返送します グループに分かれて 世界に発信しましょう

The full data is on the website --/ insideoutproject.net --/ that is launching today.//

データはすべてウェブサイト上にあります 「insideoutproject.net」 今日から始動します

What we see changes/ who we are.//

目にするものが 人を変えます

When we act together,/ the whole thing is much more/ than the sum of the parts.//

共に行動すれば 全体は 単なる足し算より大きくなります

So I hope/ that,/ together,/ we'll create something/ that the world will remember.//

世界の歴史に残るものを 一緒に作り上げたいのです

And this starts right now/ and depends on you.//

ここがスタートです そして 皆さんに懸かっているのです

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

studio

(画家・写真家などの)『仕事場』,アトリエ

(音楽・ダンス・演技などの)練習場

《しばしば複数形で》『映画撮影所』,スタジオ

(ラジオ・テレビの)『放送室』,放送スタジオ

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

rang

ringの過去

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

lost

loseの過去・渦去分詞

『失った』,なくなった,紛失した

『負けた』;(賞などを)取りそこなった

(時間・労力などが)『浪費された』・破壊された(destroyed)

《補語にのみ用いて》(…に)夢中になった,没頭した《+『in』+『名』》

ca

circa

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

fuck

性交する

[男性が]…‘と'性交する

性交

性交するためだけの女

いらいらする時などに発する強勢語

dictator

独裁者,専制者

口述者

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

North Pole

北極

melt

(熱・水などによって)『溶ける』,溶解する

〈人・心気持ちなどが〉『しだいに和らぐ』

〈色・音などが〉(…に)しだいに変わっていく《+『into』+『名』》

溶けてしだいに小さくなる(少なくなる,消おていく)《+『away』》

(熱・水などによって)(…に)〈物〉‘を'『溶かす』,溶解する《+『名』+『in』+『名』》

〈心・気持ちなど〉‘を'しだいに和らげる

…‘を'しだいに無くする

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

laughter

『笑い』,笑い声

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

graffito

(特に,壁・便所などの)落書き

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

canvas

〈U〉『ズック』,帆布

〈U〉『カンバス』,画布;〈C〉(1つの)カンバス

〈C〉(カンバスに描いた)油絵

〈U〉《集合的に》テント,帆

tunnel

『トンネル』,地下道,坑道

〈山など〉‘に'トンネルを掘る

〈トンネルなど〉‘を'掘る

トンネルを掘る

rooftop

屋根;屋上

excursion

(特定の目的おもった団体の)『小旅行』,遠足

(特別割引料金の)周遊旅行

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

subway

《米》『地下鉄』(《英》underground, tube)

地下道(underpass)

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

photocopy

〈文書など〉‘を'写真複写する,コピーする

写真複写

photo

『写真』[photographの短縮形]

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

paste

(接着用の)『のり』

(一般に)のり状のもの

(菓子を作るための)練り粉,ペースト

(人造宝石用材料の)鉛ガラス;模造宝石

(…に)…‘を'『のりではる』《+『down』+『名』+『in(on)』+『名』》

(…を)…‘に'のりではり付ける《+『名』+『with』+『名』》

《俗》<顔・体など>‘を'強打する,なぐりつける

rue

…‘を'後悔する,残念に思う

後悔

sidewalk

『歩道』

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

exhibition

〈U〉《an~》(感情などを)『表すこと』,示すこと,(能力などの)『発揮』《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『展覧会』,展示会《+『of』+『名』》

〈C〉《英》奨学金

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

November

11月(《略》Nov.)

burning

燃えている,焼けている

燃えるように熱い;強烈な

火急の,差し迫った

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

riot

〈C〉『暴動』,騒動;騒擾(そうじょう)

《a~》(色・音などの)『多彩』,はなやかさ;(感情・想像などの)ほとばしり,奔放《+『of』+『名』》

〈C〉《話》非常に愉快な(おもしろい)人(事,物)

暴動(騒動)に加わる,暴動を起こす

(…に)ふける,おぼれる《+『in』+『名』(do『ing』)》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

glue

『にかわ』,にかわ剤;(一般に)接着剤

…‘を'にかわで付ける

《しばしば受動態で》(…に)…‘を'くっ付けて離さない(離れない),〈視線など〉‘を'くぎ付けにする《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

disturb

…‘を'『かき乱す』,騒がしくする

〈人〉‘を'『不安にする』,心配させる

〈人・行動・安眠など〉‘を'『邪魔をする』,妨害する(bother)

frighten

(突然)…‘を'ひどく驚かせる,おびえさせる

ひどく怖がる,おびえる

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

Molotov cocktail

モロトフカクテル(火炎びんの一種)

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

cop

警官,ポリ公

fireman

消防士

(機関車などの)火夫,かまたき(stoker),ボイラーマン

(米海軍の)機関兵

loot

戦利品;略奪物;(官吏などの)不正所得

…‘を'略奪する;…‘を'荒らす

略奪行為をする;不正利得をする

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

crook

曲がったもの(道具),かぎ;曲がった部分

(川・道路などの)屈曲[部],湾曲[部]

(羊飼いが持つ)一端がかぎ状に曲がった杖(羊の後脚を引っ掛けるのに用いる)

《話》詐欺(さぎ)師,どろぼう

…'を'屈曲(湾曲)させる,曲げる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

屈曲(湾曲)する,曲がる

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

pasting

(激しく)打つこと,たたくこと

(スポーツなどの)完敗

illegal

『不法の』,違法の

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

angel

『天使』

(美しさ・親切さなどで)天使のような人

守護神,守り神

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

portrait

(…の)『肖像画』,肖像(人物)写真《+『of』+『名』》

(人物などの)言葉による描写《+『of』+『名』》

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

caricature

〈C〉風刺漫画,漫画;風刺文

〈U〉〈C〉風刺画法(描写),漫画化

〈C〉声帯模写,物まね

…'を'風刺的に描く,漫画化する

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

poster

ポスター,びら

bourgeois

『中産階級の市民』;有産階級者,ブルジョア

『中産階級の』;有産階級の,ブルジョアの;中産市民的な

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

city hall

市庁舎,市役所

市当局

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

distort

〈形〉‘を'ゆがめる,ねじる

〈事実・真実など〉‘を'曲げる,ゆがめる

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

proudly

威張って

誇りをもって

堂々と

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

Israeli

(現在の)イスラエル人

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

rhetoric

修辞学;演説法

美辞麗句で飾った言葉

media

mediumの複数形

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

lawyer

『弁護士』;法律学者

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

commitment

〈U〉委託,委任

〈U〉〈C〉(刑務所などへの)抱留,(病院などへの)収容《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への…する)公約,約束《+『to』+『名』+『to』do》

〈C〉(…への)かかわり合い;専心,傾倒《+『to』+『名』》

smile

『ほほえむ』,にっこりする・〈好運・神などが〉(…に)好意を示す《+『on』(『upon』)+『名』》・《a+形容詞+smileを目的語にして》…‘な'笑い方をする・…‘を'ほほえんで示す・〈人〉‘に'ほほえみかけて(…)させる(させない)《+『名』〈人〉+『into』(『out of』)+『名』(do『ing』)》・『ほほえみ』,微笑

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

kidnap

〈人〉‘を'誘拐する

okay

=OK,O.K.

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

ladder

『はしご』

(立身出世の)手段,手づる

《英》(靴下・編み物などの)伝線,ほつれ(《米》run)

(はしごで)…‘を'登る,‘に'はしごをかける

《英》〈靴下〉‘を'ほつれさせる,伝線させる

〈靴下などが〉ほつれる,伝線する(《米》run)

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

nativity

〈U〉〈C〉出生(birth)

《the N-》キリストの降誕;キリスト降誕の図;キリスト降誕祭,クリスマス(Christmas)

Jesus

『イエス』(キリスト)

これは驚いた,ちくしょう

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

brush

『ブラシ』,『はけ』,毛筆,画筆

ブラシをかけること;絵筆を使うこと,画法

ブラシに似た物;キツネのしっぽなど

小ぜり合い,いざこざ

(…が)さっとかすること《+『of』+『名』》

(モーターの)ブラシ,刷子

…‘に'『ブラシをかける』,'を'ブラシでこする(みがく,払う)

(ブラシをかけるようにして,手で)…'を'払いのける

(通りすがりに)…'を'さっとかする

(…を)かすめて通る,かする《+『past』(『by』,『against』)+『名』》

rent

(…の)ほころび;裂け目;嶺れ目,割れ目《+『in』+『名』》

(…の)分裂,不和《+『in』+『名』》

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

walk of life

地位,職業 社会的階級 身分 階層

Palestine

パレスチナ(地中海東岸にあった古代イスラエルの国土でキリスト教の聖地;聖書名はCanaan;1948年にイスラエルとヨルダンに分割)

crowded

(人で)込み合った,満員の;(物事で)ぎっしり詰まった,いっぱいの

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

yeah

=yes

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

applause

『拍手かっさい』;称賛

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

tower

『塔』,タワー

(…の上に)ひときわ高くそびえる,(力・才能などが)ぬきんでている《+above(over)+名》

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

pee

《俗》小便する,放尿する

《a~》《俗》小便すること

〈U〉小便

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

curator

(博物館・図書館などの)管理者,館長

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

anyway

=anyhow

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

museum

『博物館』;美術館

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

pillar

『柱』;『記念柱』

柱(状の…)《+『of』+『名』》

(…の)柱となる人,大黒柱《+『of』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

tribute

(…に対する)『感謝』(賞賛,尊敬)『の印』(贈り物,ささげ物,記念品,賛辞など)《+to+名》

(保護・安全のための,他君主・他国への)『貢物』,納付金;進貢の義務《+to+名》

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

continent

自制した,禁欲的な

complicate

…'を'複雑にする

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

Rio de Janeiro

リオデジャネイロ(Brazilの旧首都で海港)

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

detain

…‘を'引き留める,待たせておく

〈人〉‘を'監禁する,留置する

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

instead

『その代りとして』,それよりも

police station

警察署

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

chop

(なた・おのなどで)…'を'『たたき切る』,ぶった切る

…'を'たたき切って(切り開いて)作る

…'を'切り刻む《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'切って短くする

(テニス・クリケットで)〈ボール〉'を'切る

(…を)たたき切る,(…に)打ってかかる《+『at』+『名』》

(テニス・クリケットで)ボールを切る

『たたき切ること』,ぶった切り

切り取った物;(骨つきの)厚切りの肉

小さく立ち騒ぐ波,逆波

チョップ(テニス・クリケットで切りつけるように打つこと)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

cartel

カルテル,企業連合

(交戦国間の)捕慮交換協定書

(政党が共通の目的のために結ぶ)党派連合

(決闘の)挑戦状,果たし状

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

tourist

[観光]旅行者,観光客

観光旅行[用]の

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

grandmother

『祖母』

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

green light

(計画実施の)許可,公認

lord

〈C〉『主人』,支配者;(封建時代の)『君主』,領主

〈U〉《the Lord, our Lord》『主』)しゅ)

《Lord》《呼びかけや感嘆の表現に用いて》

〈C〉『貴族』;《Lords》(英国の)上院議員たち

〈U〉《Lord》…卿(きょう)(英国の貴族および高位の官職の尊称)

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

days

たいてい昼間は

arrest

(…の罪で)…'を'『逮捕する』,検挙する《+『名』+『for』+『名』》

〈進歩など〉'を'止める

〈注意など〉'を'ひく

逮捕,検挙

止めること,阻止,停止

stair

〈C〉(階段の一つの)『段』

《複数形で》『階段』

trafficker

(…を)不正に取り引きする者《+in+名》

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

long distance

長距離電話

長距離電話の交換局(交換手), 長距離

helicopter

『ヘリコプター』

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

explanation

〈U〉〈C〉(…の)『説明』,解説,弁明《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)説明(弁明)となる事(物)《+『of』(『for』)+『名』》

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

women

woman の複数形

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

Sudan

アフリカ北東部の共和国;首都Khartoum

アフリカのサハラ砂ばくの南部地方名

Sierra Leone

シエラレオネ(大西洋に面したアフリカ西部の国)

Liberia

リベリア(アフリカ西海岸の共和国;首都はMonrovia)

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

black and white

〈U〉書き物,印刷

〈C〉白黒写真;ペン画

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

curiosity

〈U〉《ときにa~》『好奇心』,物好き

〈C〉『珍しい物』,『こっとう品』

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

rap

(…を)『コツン』(『トン』)『とたたくこと』(『音』)《+『on』(『at』)+『名』》

《話》(人のしたことに対する)非難,とがめ《+『for』+『名』》

《俗》おしゃべり

…‘を'コツン(トン)とたたく

〈命令など〉‘を'びしゃりと言う《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)コツン(トン)とたたく《+『at』(on)+『名』》

《俗》互いに気持ちよく話す・〔俗〕 非難(する); 叱る; 〔俗〕 告訴[処罰,逮捕](する); 〔俗〕 おしゃべり(する); 〔米俗〕 ラップ(ミュージック); 〔米俗〕 ラップで歌う・「take the rap」で「甘んじて罰を受ける」

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

slum

《しばしばthe slums》貧民くつ,貧民街,スラム

《話》汚らしい場所

(好奇心・慈善のために)貧民街を訪れる

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

leak

〈U〉〈C〉(水・空気・ガス・光などが)漏れること

〈C〉『漏れ口』,漏れ穴

〈C〉(秘密などの)漏えい《+『of』+『名』》

〈船・屋根・容器などが〉漏る

(…から,…の中へ)〈水・空気・ガス・光など〉漏れる《+『from』(『into』)+『名』》

〈秘密などが〉漏えいする《+『out』》

〈水・空気・ガス・光など〉‘を'漏らす

(…に)〈秘密など〉‘を'漏らす《+『名』+『to』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

vinyl

ビニール

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

commando

(第二次世界大戦で連合軍の)特別奇襲隊[員]

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

white paper

(英国政府発行の)公式報告書,白書

confused

困惑した,まごついた

ごっちゃになった,混乱した;(思考・言葉など)支離滅裂の

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

sticky

ねばねばした

接着剤のついた

(天候が)蒸し暑い

《話》(物が)扱いにくい,(人が)気むずかしい

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

sticker

ステッカー,のり付きラベル

《米》いが;とげ

《話》粘り強い人

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

trailer

トレーラー(トラクター・トラックに引かれる大きな輸送車)

《米》(自動車・トラックに引かれる)移動家屋(《英》caravan)

後に続く人(もの)

つる草

(映画の)予告編

トレーラーで旅行する,トレーラーの中で生活する

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

photography

写真術

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

scope

(物事の及ぶ)『範囲』

(人の理解・行動する)『能力の限界』,視野

(表現・発達・活動する)機会,余地《+『for』+『名』》

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

sale

〈U〉〈C〉(…の)『販売』,売却,売れ行き,需要《+『of』(『for』)+『名』》

〈C〉『特売』,安売り

《複数形で》販売[の仕事];売り上げ[高]

regularly

規則正しく,一様に;正式に;定期的に

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

Los Angeles

『ロサンゼルス』(米国California州南部の都市;《略》『L.A.』)

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

advertise

…'を'『広告する』,宣伝する;…'を'言いふらす

宣伝する

(…を求めて)広告を出す《+『for』+『名』》

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

basically

基本的に,根本的に;元来は

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

Long Beach

ロングビーチ(米国California州の都市)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

ray

『光線』;熱線;放射線

《a ~》(希望などの)一筋(ひとすじ),ごく少量《+『of』+『名』》

放射状に突き出たもの;(ヒトデなどの)腕

Helen

ヘレン(ギリシア神話でZeusとLedaの間に生まれた美女;TroyのParisに連れ去られたためキリシア軍はTroyに遠従しトロイ戦争が起こった)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

minaret

(イスラム教寺院の))光塔(周囲にある露台から祈りの時間を告げる)

Switzerland

『スイス』(ヨーロッパ中部の共和国;首都はBern)

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

forbid

〈人〉‘に'〈物事〉‘を'『禁じる』,禁示する

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

mask

(顔の一部または全部をおおう)『仮面』,覆面

(防護用の)『マスク』,面

(石膏(せっこう)などの)面型

(物・事柄を)覆い隠すもの;見せかけ

〈顔〉‘に'面をかぶせる

(…から)〈物・事柄など〉‘を'隠す《+『名』+『from』+『名』》

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

garbage

(台所から出る)生ごみ,食べかす,残飯

くだらないもの,がらくた

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

perception

(五感で)(…に)『気付くこと』,知覚,(…を)『知覚する力』《+『of』+『名』》

analogy

(…間の)類似《+『between』+『名』》,(…との)類似《+『to』(『with』)+『名』》

(論理・言語などの)類推

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

neutral

『中立の』;中立国の

『公平な』,不偏不党の

(人・物が)特色のはっきりしない;(色が)はっきりしない,くすんだ

(酸性でもアルカリ性でもない)中性の

(電気が)中性の,(物体が)帯電していない

(自動車などのギアが)ニュートラルの

(文法で)中性の

〈C〉(戦争・論争などで)中立の人;中立国民;中立国

〈C〉くすんだ色,灰色

〈U〉(自動車などのギヤの)ニュートラル(動力のかかっていない状態・位置)

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

presume

…‘を'推定する,仮定する

《『presume to』 do》『思い切って』『する』,大胆(生意気)にも…する(dare)

思いあがった(生意気な,大胆な)ことをする

(…に)つけ入る,つけ込む,甘える《+『on』(『upon』)+『名』》

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

mock

〈人,人の言動〉‘を'『あざける』,ばかにする

〈人の言動〉‘を'『ふざけてまねる』

〈努力・力など〉‘を'無視する,無にする

(…を)あざける,ばかにする(scoff)《+『at』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》にせの,ごまかしの

あざけり

drum

『太鼓』,ドラム

太鼓の音;太鼓のような音

(形が)太鼓状のもの;(機械の)ドラム;ドラムかんなど

=tympanic membrane

太鼓を打つ(鳴らす)

(…でテーブル・床などを)ドンドン打つ,トントンたたく,踏みならす《+『on』+『名』+『with』+『名』》

…‘を'ドンドン(トントン)打つ(鳴らす)

《話》(人の頭などに)〈考えなど〉‘を'たたき込む,教え込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'追放(除名)する《+『名』+『out of』+『名』》

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

data

『資料』,事実;情報

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

関連動画