TED日本語 - ジュリアン・トレジャー: 聞き上手になる5つの方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「今日の喧騒の中で、私たちの聴く能力が失われてきています」と語るのは音の専門家のジュリアン・トレジャーです。この魅力あふれる短いTalkの中で、トレジャーは、周囲の音と周囲の人の音を意識的に聴き取るための、耳を再チューニングするための5つのエクササイズをご紹介します。

Script

私たちの聴く能力が失われてきています 意思疎通の大体6割は聴くという行為が占めます これが上手に出来ていないのです 会場の皆さんのことではありませんが 一般的な値として耳からの情報は 25%しか保持されないそうです ”音から意味を取得すること” これを"聴く"の定義としておきます これは心理的な 情報抽出の過程なんです

これには素敵なテクニックが使われます 一つ目はパターン認知です (ざわめき) こんなカクテルパーティでは 「デビッド!サラ!気をつけて」と言えば しゃがみ込む方が出てくるでしょう パターンを識別して 雑音と 情報を聞き分けるのです 名前には特に敏感です 次のテクニックはキャンセリグです こんな雑音が継続して聞こえれば 皆さんは聴くのをやめるでしょう 私達は違いを聞き分けて 変化のない音を無視するのです

聴くという行為を支えるのはフィルターです フィルターが全ての音から 聴くべきものだけを選りすぐります このフィルターを意識している方は ほとんどいないでしょう しかし注意を向けている先を示すという点で ある意味で現実を作り上げていることになります 一つ例を挙げましょう 聴覚において意志はとても重要です 私が妻と結婚したとき 彼女の話を初々しい気分で 毎日聴いてやると約束をしました 大抵の日は出来てないようですがね (笑) 聴こうとする意志は対人関係においてとても重要ですが

これが全てではありません 音は空間を司っています 今この場で目を閉じても 残響音と反響音から この部屋の大きさを 知り得ることが出来ます 耳に入る微少な雑音から 周りの人の数もわかるでしょう 更に音は時間をも司ります 音には常に 時間が埋め込まれているのです 実際 聴覚こそが過去から 未来への時間の流れを 感じる主たる感覚だと思います 「音は時間・意味である」 素敵な言葉です

初めに言ったとおり 聴く能力が失われてきています なぜこんなことを言ったのかって? 理由はたくさんあります まず 記録という技術の開発があります 模写にはじまり録音― そして録画が誕生しました これは注意深く聴き 正確に情報を得ることの 利点を損ねてしまいました 第2に今日の世界はやかまし過ぎます 視覚的にも聴覚的にも 邪魔なものが散乱していて 聴くことを困難にしています 「耳が疲れた」という状況です ヘッドフォン難民が多くいますが 彼らは音景を共有する巨大な パブリックスペースを パーソナルな空間に区画してしまっています こうなると人の話を聴かなくなるのです

忍耐力を失っているのです 雄弁なスピーチよりも 短い抜粋の方が好まれています 会話が一方通行の情報発信に とって変わられようとしています 危険なことだと思いますよ このメールにどれだけの意思疎通があるかは知りませんが 不幸にもこれは例外的でなく 英国では特に顕著です 感覚が鈍ってきているんです メディアはこのような見出しを用いて 私たちに呼びかけるべきです 言い換えると強調されていない 静かな呼びかけには なかなか注意が向かないということです

聴くという行為は理解の手段であって この能力の喪失は 些細なものでなく重大な問題です 意識的に聴けば必ず理解を生みます 意識的なリスニングが欠如すると このようなことが起こってしまいます 互いの話に耳を傾けようとしない 今日の世界はとても恐ろしい場所なんです そこで皆さんには 意識的なリスニング力を鍛える5つの 簡単なエクササイズを紹介します いかがでしょうか?

(観客: いいね) よかったです

1番目は沈黙です 1日3分の無音エクササイズは 皆さんの耳をリセット― チューニングしてくれます こうして静かな音が聞こえるようになります 完全な無音状態でなくても 静かな状態なら構いません

2番目は私がミキサーと呼んでいるものです (雑音) このようにうるさい場所はよくありますね コーヒーバーなどの こういった不協和音に 単一の音源がいくつあるのか 聞き分けて見て下さい このエクササイズは湖のような綺麗な場所でもできます 鳴いている鳥を数えて下さい 「鳥はどこ?」「波はどこでたっているの?」 このエクササイズは リスニングの質を高めてくれます

3番目は美しいエクササイズです 鑑賞と呼んでいます これはありきたりな音を楽しむというものです 例えばこれは私の家の回転式乾燥機の音ですが (乾燥機の音) これはワルツです ワン、ツー、スリー ワン、ツー、スリー いいリズムですね こちらの音量はいかがですか (コーヒーグラインダー) わお! ありふれた音も注意して聴くとおもしろいものです これを ”隠れ聖歌隊” と呼んでいます いつでも私たちの周囲にいますからね

次のエクササイズはあるものを 取り払えば 今日紹介する中で 最も重要なものでしょう リスニングポジション(聴く位置)です 聴き取る対象に合せて一番適切な場所に ポジションを移動するということです 先ほど話をしたフィルターを 利用します まずフィルターをレバーのように操作して 意識付けをして場所を変えていきます 画面のものはポジションや 尺度のほんの一例です 他にもたくさんあるんですよ わくわくしますね ぜひ楽しん下さい

最後は頭字語です これをコミュニケーションとリスニングに利用します これらのいずれかをされている方― もしくはこの話を聞いている皆さん全員へ この頭字語はRASAです acronym(頭字語)というのは サンスクリット語でエッセンスの意です RASAの R は Receive 話者の話を注意深く聴くこと A は Appreciate 「んん」とか 「わかった」と意思表明をすること S は Summarise 意思疎通において要約することは大切です そしてA は Ask 質問をすることです

音は私の情熱・人生そのものです 私は音に関する本を出しています 皆さんには私のようなことをしろとは求めませんが 人生を最大限楽しむには 意識的に聴くことが 必要不可欠だと考えています 時間と空間をつなぎ 周囲の世界と私たちをつないでくれます 互いの理解をつなぐのはもちろん 精神的にも私たちをつないでくれます 私の知る限りスピリチュアルな 道の根底には全て リスニングと瞑想があるからです

ですから学校では リスニングを技術として 教える必要があります なぜ教えない? おかしいですね 学校でリスニングを教えれば 今日お話した危険な世界へ続くつるつるな 坂道から私たちのリスニングを救い出して 常に意識的なリスニングがされる世界 もしくは少なくとも それが達成できる世界へ移すことができます

でもどうすればいいかって? ここはTEDですよ TEDなら何でも出来ると思っています 皆さんつながっていきましょう 一代先に 相互理解・平和を実現した世界を実現するには 使命感をもって学校教育の中で 意識的なリスニングを 教えていく必要があるのです

ご静聴ありがとう御座いました

(拍手)

We are losing our listening. We spend roughly 60 percent of our communication time listening, but we're not very good at it. We retain just 25 percent of what we hear. Now not you, not this talk, but that is generally true. Let's define listening as making meaning from sound. It's a mental process, and it's a process of extraction.

We use some pretty cool techniques to do this. One of them is pattern recognition. (Crowd Noise) So in a cocktail party like this, if I say, "David, Sara, pay attention," some of you just sat up. We recognize patterns to distinguish noise from signal, and especially our name. Differencing is another technique we use. If I left this pink noise on for more than a couple of minutes, you would literally cease to hear it. We listen to differences, we discount sounds that remain the same.

And then there is a whole range of filters. These filters take us from all sound down to what we pay attention to. Most people are entirely unconscious of these filters. But they actually create our reality in a way, because they tell us what we're paying attention to right now. Give you one example of that: Intention is very important in sound, in listening. When I married my wife, I promised her that I would listen to her every day as if for the first time. Now that's something I fall short of on a daily basis. (Laughter) But it's a great intention to have in a relationship.

But that's not all. Sound places us in space and in time. If you close your eyes right now in this room, you're aware of the size of the room from the reverberation and the bouncing of the sound off the surfaces. And you're aware of how many people are around you because of the micro-noises you're receiving. And sound places us in time as well, because sound always has time embedded in it. In fact, I would suggest that our listening is the main way that we experience the flow of time from past to future. So, "Sonority is time and meaning" -- a great quote.

I said at the beginning, we're losing our listening. Why did I say that? Well there are a lot of reasons for this. First of all, we invented ways of recording -- first writing, then audio recording and now video recording as well. The premium on accurate and careful listening has simply disappeared. Secondly, the world is now so noisy, (Noise) with this cacophony going on visually and auditorily, it's just hard to listen; it's tiring to listen. Many people take refuge in headphones, but they turn big, public spaces like this, shared soundscapes, into millions of tiny, little personal sound bubbles. In this scenario, nobody's listening to anybody.

We're becoming impatient. We don't want oratory anymore, we want sound bites. And the art of conversation is being replaced -- dangerously, I think -- by personal broadcasting. I don't know how much listening there is in this conversation, which is sadly very common, especially in the U.K. We're becoming desensitized. Our media have to scream at us with these kinds of headlines in order to get our attention. And that means it's harder for us to pay attention to the quiet, the subtle, the understated.

This is a serious problem that we're losing our listening. This is not trivial. Because listening is our access to understanding. Conscious listening always creates understanding. And only without conscious listening can these things happen -- a world where we don't listen to each other at all, is a very scary place indeed. So I'd like to share with you five simple exercises, tools you can take away with you, to improve your own conscious listening. Would you like that?

(Audience: Yes.) Good.

The first one is silence. Just three minutes a day of silence is a wonderful exercise to reset your ears and to recalibrate so that you can hear the quiet again. If you can't get absolute silence, go for quiet, that's absolutely fine.

Second, I call this the mixer. (Noise) So even if you're in a noisy environment like this -- and we all spend a lot of time in places like this -- listen in the coffee bar to how many channels of sound can I hear? How many individual channels in that mix am I listening to? You can do it in a beautiful place as well, like in a lake. How many birds am I hearing? Where are they? Where are those ripples? It's a great exercise for improving the quality of your listening.

Third, this exercise I call savoring, and this is a beautiful exercise. It's about enjoying mundane sounds. This, for example, is my tumble dryer. (Dryer) It's a waltz. One,two,three. One,two,three. One,two,three. I love it. Or just try this one on for size. (Coffee grinder) Wow! So mundane sounds can be really interesting if you pay attention. I call that the hidden choir. It's around us all the time.

The next exercise is probably the most important of all of these, if you just take one thing away. This is listening positions -- the idea that you can move your listening position to what's appropriate to what you're listening to. This is playing with those filters. Do you remember, I gave you those filters at the beginning. It's starting to play with them as levers, to get conscious about them and to move to different places. These are just some of the listening positions, or scales of listening positions, that you can use. There are many. Have fun with that. It's very exciting.

And finally, an acronym. You can use this in listening, in communication. If you're in any one of those roles -- and I think that probably is everybody who's listening to this talk -- the acronym is RASA, which is the Sanskrit word for juice or essence. And RASA stands for Receive, which means pay attention to the person; Appreciate, making little noises like "hmm," "oh," "okay"; Summarize, the word "so" is very important in communication; and Ask, ask questions afterward.

Now sound is my passion, it's my life. I wrote a whole book about it. So I live to listen. That's too much to ask from most people. But I believe that every human being needs to listen consciously in order to live fully -- connected in space and in time to the physical world around us, connected in understanding to each other, not to mention spiritually connected, because every spiritual path I know of has listening and contemplation at its heart.

That's why we need to teach listening in our schools as a skill. Why is it not taught? It's crazy. And if we can teach listening in our schools, we can take our listening off that slippery slope to that dangerous, scary world that I talked about and move it to a place where everybody is consciously listening all the time -- or at least capable of doing it.

Now I don't know how to do that, but this is TED, and I think the TED community is capable of anything. So I invite you to connect with me, connect with each other, take this mission out and let's get listening taught in schools, and transform the world in one generation to a conscious listening world -- a world of connection, a world of understanding and a world of peace.

Thank you for listening to me today.

(Applause)

We are losing our listening.//

私たちの聴く能力が失われてきています

We spend roughly 60 percent of our communication time listening,/ but we're not very good/ at it.//

意思疎通の大体6割は聴くという行為が占めます これが上手に出来ていないのです

We retain just 25 percent of what we hear.//

会場の皆さんのことではありませんが

Now not you,/ not this talk,/ but that is generally true.//

一般的な値として耳からの情報は 25%しか保持されないそうです

Let's define listening/ as making meaning/ from sound.//

”音から意味を取得すること” これを"聴く"の定義としておきます

It's a mental process,/ and it's a process of extraction.//

これは心理的な 情報抽出の過程なんです

We use some pretty cool techniques/ to do this.//

これには素敵なテクニックが使われます

One of them is pattern recognition.//

一つ目はパターン認知です

(Crowd Noise) So/ in a cocktail party/ like this,/ if I say,/ "David,/ Sara,/ pay attention,/"/ some of you just sat up.//

(ざわめき) こんなカクテルパーティでは 「デビッド!サラ!気をつけて」と言えば しゃがみ込む方が出てくるでしょう

We recognize patterns/ to distinguish noise/ from signal,/ and especially/ our name.//

パターンを識別して 雑音と 情報を聞き分けるのです 名前には特に敏感です

Differencing is another technique/ we use.//

次のテクニックはキャンセリグです

If I left this pink noise/ on for more/ than a couple of minutes,/ you would literally cease to hear/ it.//

こんな雑音が継続して聞こえれば 皆さんは聴くのをやめるでしょう

We listen to differences,/ we discount sounds/ that remain the same.//

私達は違いを聞き分けて 変化のない音を無視するのです

And then/ there is a whole range of filters.//

聴くという行為を支えるのはフィルターです

These filters take us/ from all sound down/ to/ what we pay attention/ to.//

フィルターが全ての音から 聴くべきものだけを選りすぐります

Most people are entirely unconscious of these filters.//

このフィルターを意識している方は ほとんどいないでしょう

But they actually create our reality/ in a way,/ because they tell us/ what we're paying/ attention/ to right now.//

しかし注意を向けている先を示すという点で ある意味で現実を作り上げていることになります

Give you/ one example of that:/ Intention is very important/ in sound,/ in listening.//

一つ例を挙げましょう 聴覚において意志はとても重要です

When I married my wife,/ I promised her/ that I would listen to her/ every day/ as if for the first time.//

私が妻と結婚したとき 彼女の話を初々しい気分で 毎日聴いてやると約束をしました

Now/ that's something/ I fall short of on a daily basis.//

大抵の日は出来てないようですがね

(Laughter)/ But it's a great intention/ to have in a relationship.//

(笑) 聴こうとする意志は対人関係においてとても重要ですが

But that's not all.//

これが全てではありません

Sound places us/ in space/ and/ in time.//

音は空間を司っています

If you close your eyes right now/ in this room,/ you're aware of the size of the room/ from the reverberation and the bouncing of the sound/ off the surfaces.//

今この場で目を閉じても 残響音と反響音から この部屋の大きさを 知り得ることが出来ます

And you're aware of how many people are around you/ because of the micro-noises/ you're receiving.//

耳に入る微少な雑音から 周りの人の数もわかるでしょう

And sound places us/ in time as well,/ because sound always has/ time embedded in it.//

更に音は時間をも司ります 音には常に 時間が埋め込まれているのです

In fact,/ I would suggest/ that our listening is the main way that/ we experience the flow of time/ from past/ to future.//

実際 聴覚こそが過去から 未来への時間の流れを 感じる主たる感覚だと思います

So,/ "Sonority is time and meaning" --/ a great quote.//

「音は時間・意味である」 素敵な言葉です

I said at the beginning,/ we're losing/ our listening.//

初めに言ったとおり 聴く能力が失われてきています

Why did I say/ that?//

なぜこんなことを言ったのかって?

Well/ there are a lot of reasons/ for this.//

理由はたくさんあります

First of all,/ we invented ways of recording --/ first writing,/ then audio recording/ and now/ video recording/ as well.//

まず 記録という技術の開発があります 模写にはじまり録音― そして録画が誕生しました

The premium/ on accurate and careful listening has simply disappeared.//

これは注意深く聴き 正確に情報を得ることの 利点を損ねてしまいました

Secondly,/ the world is now so noisy,/ (Noise)/ with this cacophony/ going on visually and auditorily,/ it's just hard/ to listen;/ it's tiring to listen.//

第2に今日の世界はやかまし過ぎます 視覚的にも聴覚的にも 邪魔なものが散乱していて 聴くことを困難にしています 「耳が疲れた」という状況です

Many people take refuge/ in headphones,/ but they turn big, public spaces/ like this,/ shared soundscapes,/ into millions of tiny, little personal sound bubbles.//

ヘッドフォン難民が多くいますが 彼らは音景を共有する巨大な パブリックスペースを パーソナルな空間に区画してしまっています

In this scenario,/ nobody's listening/ to anybody.//

こうなると人の話を聴かなくなるのです

We're becoming/ impatient.//

忍耐力を失っているのです

We don't want oratory anymore,/ we want sound bites.//

雄弁なスピーチよりも 短い抜粋の方が好まれています

And the art of conversation is being replaced --/ dangerously,/ I think --/ by personal broadcasting.//

会話が一方通行の情報発信に とって変わられようとしています 危険なことだと思いますよ

I don't know/ how much listening there is in this conversation,/ which is sadly very common,/ especially/ in the U.K.//

このメールにどれだけの意思疎通があるかは知りませんが 不幸にもこれは例外的でなく 英国では特に顕著です

We're becoming/ desensitized.//

感覚が鈍ってきているんです

Our media have to scream/ at us/ with these kinds of headlines/ in order to get our attention.//

メディアはこのような見出しを用いて 私たちに呼びかけるべきです

And that means/ it's harder/ for us/ to pay attention/ to the quiet,/ the subtle,/ the understated.//

言い換えると強調されていない 静かな呼びかけには なかなか注意が向かないということです

This is a serious problem/ that we're losing/ our listening.//

聴くという行為は理解の手段であって

This is not trivial.//

この能力の喪失は

Because listening is our access/ to understanding.//

些細なものでなく重大な問題です

Conscious listening always creates understanding.//

意識的に聴けば必ず理解を生みます

And only/ without conscious listening can/ these things happen --/ a world/ where we don't listen to each other at all,/ is a very scary place indeed.//

意識的なリスニングが欠如すると このようなことが起こってしまいます 互いの話に耳を傾けようとしない 今日の世界はとても恐ろしい場所なんです

So/ I'd like to share/ with you/ five simple exercises,/ tools/ you can take away/ with you,/ to improve your own conscious listening.//

そこで皆さんには 意識的なリスニング力を鍛える5つの 簡単なエクササイズを紹介します

Would you like that?//

いかがでしょうか?

(Audience:/ Yes.//)/ Good.//

(観客: いいね) よかったです

The first one is silence.//

1番目は沈黙です

Just three minutes/ a day of silence is a wonderful exercise/ to reset your ears/ and to recalibrate/ so that you can hear the quiet again.//

1日3分の無音エクササイズは 皆さんの耳をリセット― チューニングしてくれます こうして静かな音が聞こえるようになります

If you can't get absolute silence,/ go for quiet,/ that's absolutely fine.//

完全な無音状態でなくても 静かな状態なら構いません

Second,/ I call this the mixer.//

2番目は私がミキサーと呼んでいるものです

(Noise) So/ even if you're in a noisy environment/ like this --/ and we/ all spend a lot of time/ in places/ like this --/ listen/ in the coffee bar/ to how many channels of sound can I hear?//

(雑音) このようにうるさい場所はよくありますね コーヒーバーなどの こういった不協和音に 単一の音源がいくつあるのか

How many individual channels/ in that mix am/ I/ listening to?//

聞き分けて見て下さい

You can do it/ in a beautiful place as well,/ like in a lake.//

このエクササイズは湖のような綺麗な場所でもできます

How many birds am I hearing?//

鳴いている鳥を数えて下さい

Where are they?// Where are those ripples?//

「鳥はどこ?」「波はどこでたっているの?」

It's a great exercise/ for improving the quality of your listening.//

このエクササイズは リスニングの質を高めてくれます

Third,/ this exercise/ I call savoring,/ and this is a beautiful exercise.//

3番目は美しいエクササイズです 鑑賞と呼んでいます

It's about enjoying mundane sounds.//

これはありきたりな音を楽しむというものです

This,/ for example,/ is my tumble dryer.//

例えばこれは私の家の回転式乾燥機の音ですが

(Dryer)/ It's a waltz.//

(乾燥機の音) これはワルツです

One,two,three.// One,two,three.// One,two,three.//

ワン、ツー、スリー ワン、ツー、スリー

I love it.//

いいリズムですね

Or just try this one/ on for size.//

こちらの音量はいかがですか

(コーヒーグラインダー) わお!

So mundane sounds can be really interesting/ if you pay attention.//

ありふれた音も注意して聴くとおもしろいものです

I call/ that the hidden choir.//

これを ”隠れ聖歌隊” と呼んでいます

It's around us/ all the time.//

いつでも私たちの周囲にいますからね

The next exercise is probably the most important of all of these,/ if you just take one thing/ away.//

次のエクササイズはあるものを 取り払えば 今日紹介する中で 最も重要なものでしょう

This is listening positions --/ the idea/ that you can move your listening position/ to/ what's appropriate/ to/ what you're listening/ to.//

リスニングポジション(聴く位置)です 聴き取る対象に合せて一番適切な場所に ポジションを移動するということです

This is playing with those filters.//

先ほど話をしたフィルターを

Do/ you remember,/ I gave you/ those filters/ at the beginning.//

利用します

It's starting to play/ with them/ as levers,/ to get conscious/ about them/ and to move to different places.//

まずフィルターをレバーのように操作して 意識付けをして場所を変えていきます

These are just some of the listening positions,/ or scales of listening positions,/ that you can use.//

画面のものはポジションや 尺度のほんの一例です

There are many.//

他にもたくさんあるんですよ

Have fun/ with that.// It's very exciting.//

わくわくしますね ぜひ楽しん下さい

And finally,/ an acronym.//

最後は頭字語です

You can use this/ in listening,/ in communication.//

これをコミュニケーションとリスニングに利用します

If you're in any one of those roles --/ and I think/ that probably is everybody/ who's listening to this talk --/ the acronym is RASA,/ which is the Sanskrit word/ for juice or essence.//

これらのいずれかをされている方― もしくはこの話を聞いている皆さん全員へ この頭字語はRASAです acronym(頭字語)というのは サンスクリット語でエッセンスの意です

And RASA stands/ for Receive,/ which means pay attention/ to the person;/ Appreciate,/ making little noises/ like "hmm,/"/ "oh,/"/ "okay";/ Summarize,/ the word "so"/ is very important/ in communication;/ and Ask,/ ask questions afterward.//

RASAの R は Receive 話者の話を注意深く聴くこと A は Appreciate 「んん」とか 「わかった」と意思表明をすること S は Summarise 意思疎通において要約することは大切です そしてA は Ask 質問をすることです

Now sound is my passion,/ it's my life.//

音は私の情熱・人生そのものです

I wrote a whole book/ about it.// So I live to listen.//

私は音に関する本を出しています

That's too much/ to ask from most people.//

皆さんには私のようなことをしろとは求めませんが

But I believe/ that every human being needs/ to listen consciously/ in order to live fully --/ connected in space/ and/ in time/ to the physical world/ around us,/ connected in understanding to each other,/ not to mention spiritually connected,/ because every spiritual path/ I know of has/ listening and contemplation/ at its heart.//

人生を最大限楽しむには 意識的に聴くことが 必要不可欠だと考えています 時間と空間をつなぎ 周囲の世界と私たちをつないでくれます 互いの理解をつなぐのはもちろん 精神的にも私たちをつないでくれます 私の知る限りスピリチュアルな 道の根底には全て リスニングと瞑想があるからです

That's/ why we need to teach/ listening/ in our schools/ as a skill.//

ですから学校では リスニングを技術として 教える必要があります

Why is it not taught?// It's crazy.//

なぜ教えない? おかしいですね

And/ if we can teach listening/ in our schools,/ we can take our listening/ off that slippery slope/ to that dangerous, scary world/ that I talked about and move it/ to a place/ where everybody is consciously listening all the time --/ or at least capable of doing it.//

学校でリスニングを教えれば 今日お話した危険な世界へ続くつるつるな 坂道から私たちのリスニングを救い出して 常に意識的なリスニングがされる世界 もしくは少なくとも それが達成できる世界へ移すことができます

Now/ I don't know/ how to do that,/ but this is TED,/ and I think/ the TED community is capable of anything.//

でもどうすればいいかって? ここはTEDですよ TEDなら何でも出来ると思っています

So I invite you/ to connect with me,/ connect with each other,/ take this mission out/ and let's get/ listening taught/ in schools,/ and transform the world/ in one generation/ to a conscious listening world --/ a world of connection,/ a world of understanding and a world of peace.//

皆さんつながっていきましょう 一代先に 相互理解・平和を実現した世界を実現するには 使命感をもって学校教育の中で 意識的なリスニングを 教えていく必要があるのです

Thank you/ for listening to me/ today.//

ご静聴ありがとう御座いました

(拍手)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

retain

…‘を'『持ち続ける』,保持する

…‘を'記憶にとどめる,覚えている

(報酬を払って)〈弁護士など〉‘を'抱えておく

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

extraction

〈U〉〈C〉引き出すこと,抜き取ること,摘出

〈C〉引き出されたもの,抜き取られたもの,抽出物,エキス;抜粋

〈U〉生まれ,皿統

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

cocktail party

カクテルパーティー

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

distinguish

…‘を'『区別する』,見分ける,識別する,(…と)…‘を'区別する《+『名』+『from』+『名』》

〈物事が〉…‘の'『特徴である』

《通例canと共に》…‘を'『はっきり見る』(『聞く』)

〈自分〉‘を'『目立たせる』,有名にする

(二つのものを)区別する,見分ける《+『between』+『名』》

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

especially

『特に』,特別に;きわだって

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

cease

『やむ』,終わる

…'を'『やめる』,中止する

終止

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

discount

(手形・商品の)『割引』[額]

〈手形・料金〉‘を'『割引する』,〈商品〉‘を'割り引いて売る

〈話・見解など〉‘を'割り引いて聞く,軽視する

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

filter

『ろ過器』,ろ過装置;ろ過用材料(布・紙・木炭・砂など)

(写真の)フィルター

〈液体・気体〉‘を'『ろ過する』,こす;…‘を'ろ過して取る

ゆっくり進む(通る)

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

unconscious

(一時的に)『意識を失った』,人事不省の

《補語にのみ用いて》(…を)『気付いていない』,知らない《+of+名(doing)》

(動作などが)無意識の,何気なしの

(精神分析で)無意識

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

intention

『意図』,考え,目的

《複数形で》(自分の行動の)心づもり,動機;《話》(…と)結婚する意志《+toward+名》

marry

…‘と'『結婚する』,‘を夫(妻)にする;《しばしば比喩(ひゆ)的に》〈金・人の財産など〉‘と'結婚する

〈牧師などが〉…‘を'結婚させる

〈特に両親が〉(…に)…‘を'嫁にやる,嫁がせる《+『off』+『名』+『to』+『名』》

〈いくつかの…〉‘を'結合させる,融合させる;(…と)…‘を'結びつける《+『名』+『with』+『名』》

『結婚する』

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

laughter

『笑い』,笑い声

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

reverberation

反響音

bouncing

健康な,元気な,たくましい

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

receiving

収賄(しゅうわい)罪

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

sonority

〈U〉よく響きわたること

〈U〉〈C〉(音の)聞こえ[度]

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

recording

〈C〉録音したもの;レコード,テープ

〈U〉録音された音

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

audio

(電波の)可聴周波の,低周波の;(テレビの)音声の

(テレビの)音声[部門]

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

premium

(購買心をそそるための)無料提供品,値引き品,おまけ

割増し金;奨励金

(普通以上の)高い価値

保険料,保険掛け金

accurate

『正確な』,的確な,精密な

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

secondly

第一に,次に(in the second place)

noisy

(人・声などが)『やかましい』,騒々しい,(場所が)騒音に満ちている

cacophony

耳ざわりな音,不協和音

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

refuge

〈U〉(…からの)『避難』,保護《+『from』+『名』》

〈C〉(…からの,…のための)『避難所』,保護する場所《+『from』(『for』)+『名』》

〈C〉助け(慰め)となる人物(物)

《英》 = safety island

headphone

ヘッドフォン(電話・ラジオなどの耳に当てる受信器)

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

impatient

『我慢しきれない』,もどがしそうな,性急な

《補語にのみ用いて》『待ちかねて』,切望して

oratory

雄弁術

雄弁

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

dangerously

危険なほど;危うく

broadcasting

(ラジオ・テレビの)放送

sadly

『悲しそうに』

ひどく

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

scream

(恐怖・苦痛などで)〈人が〉『悲鳴をあげる』,金切り声を出す

〈鳥・気笛などが〉『かん高い音を出す』

どなる,わめく,金切り声で言う

…‘を'『金切り声で言う』,大声で叫ぶ・金切り声,かん高い(鋭い)音

《俗》とてもおもしろおかしい人(物)

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

trivial

『ささいな』,取るに足らない,つまらない

平凡な,普通の,ありふれた

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

reset

…‘を'置き直す,並べ直す;〈ボウリングのピン〉‘を'置き直す

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

ca

circa

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

mixer

ミキサー(折析‐ス・コンクリートなどの混合器)

《通例形容詞を前に伴って》《話》人付き合いの…な人

《話》(人々に交際のきっかけを与えるための)混合パーティー

録音(録画)の調節者

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

coffee bar

軽食堂(アルコール類以外の飲物と軽食を出す)

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

hearing

〈U〉『聴力』,聴覚〈U〉〈C〉(…を)『聞くこと』,(…の)聞き取り《+『of』+『名』》・〈C〉聞いてもらう機会,聞いてやること・聴取・聴聞会〈C〉(法廷などでの)尋問,審問,;(刑罰の減免を求める)釈明,意見陳述

〈U〉聞こえる距離(範囲)

ripple

『さざ波』,小波

波形;(頭髪の)ウエーブ

さざ波の[ような]音

さざ波を立てる;さざ波状になる;小さく波打つ

さざ波のような音を立てる

…‘に'さざ波を立てる,‘を'小さく波打たせる

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

mundane

現世の,世俗的な

実際的な;普通の

tumble

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》『ころがる』,倒れる

ころげ回る,のたうち回る《+about》

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》ころがるようにして行く(来る)

くずれ落ちる,崩壊する《+down》

(体操)とんぼ返りを打つ,くるくる回転する

〈価格が〉急落する

《状態・方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'ほうり投げる

…‘を'めちゃくちゃにする

〈C〉転倒,転落

〈U〉《しばしば A ~》混乱,乱雑ごちゃごちゃ

〈C〉とんぼ返り

dryer

=drier

waltz

ワルツ

円舞曲

ワルツを踊る

〈ダンスのパートナー〉‘を'ワルツでリードする

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

grinder

ひく人;研ぐ人,研ぎ屋

粉ひき機,粉砕機;砥(と)石

臼歯(きゅうし)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

hidden

隠された,隠れた,秘密の

choir

《集合的に》(教会の)『聖歌隊』,(一般に)合唱団

《単数形で》教会の聖歌隊席

probably

『たぶん』,『おそらく』

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

lever

てこ,レバー

‘を'てこを使って動かす

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

exciting

(物事が)『興奮させる』

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

acronym

かしら文字語(数語の最初の1字を組み合わせた語;通例は普通の名詞のように発音される;『NATO』=North Atlantic Treaty Organization)

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

Sanskrit

サンスクリット語,梵語(ぼんご)(古代のインド人の言語)

サンスクリット語の,梵語の

juice

〈U〉〈C〉(果物・野菜・肉などの)『汁』,『液』,ジュース;〈U〉(植物の)樹液

《複数形で》(動物の)体液,分泌液

〈U〉《俗》電気;ガソリン,燃料オイル

…‘から'汁をしぼり取る

essence

〈U〉(…の)『本質』,真髄《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(植物・薬物などから抽出された)精,エキス《+『of』+『名』》

〈U〉香水(perfume)

〈U〉本質,実在;〈C〉(特に)霊的実在

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

okay

=OK,O.K.

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

consciously

意識して,故意に

fully

『十分に』,完全に

まるまる

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

spiritually

精神的に

spiritual

『精神的な』,精神の

超自然の,霊的な;崇高な,気高い

『宗教上の』,神聖な,教会の

黒人霊歌(Negro spiritual)

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

contemplation

(…を)じっと見つめること《+『of』+『名』》

熟考,(特に)瞑想(めいそう)

期待,予期,意図

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

taught

teachの過去・過去分詞

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

slippery

(表面が)『つるつるする』,滑りやすい

(人が)つかみ所のない;ずるい

(物事が)捕らえにくい,不安定な

slope

『傾斜する』,坂になる

…‘を'傾斜させる,‘に'勾配をつける

〈C〉『坂』,斜面,スロープ

〈C〉〈U〉『勾配(こうばい)』,傾斜

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画