TED日本語 - ジュリア・ダール: 生産的に議論し合意点を見いだす方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジュリア・ダール: 生産的に議論し合意点を見いだす方法

TED Talks

生産的に議論し合意点を見いだす方法
How to disagree productively and find common ground
ジュリア・ダール
Julia Dhar

内容

互いに合意できる唯一のことは、何も合意できないということだと思えるときがあります。世界討論大会での優勝経験があるジュリア・ダールが、家族の集まりにも、職場での会議にも、政治論議にも役に立つ、生産的に議論し合意点を見いだすための3つの対話テクニックをお教えします。

Script

Some days, it feels like the only thing we can agree on is that we can't agree on anything. Public discourse is broken. And we feel that everywhere -- panelists on TV are screaming at each other, we go online to find community and connection, and we end up leaving feeling angry and alienated. In everyday life, probably because everyone else is yelling, we are so scared to get into an argument that we're willing not to engage at all. Contempt has replaced conversation.

My mission in life is to help us disagree productively. To find ways to bring truth to light, to bring new ideas to life. I think -- I hope -- that there is a model for structured disagreement that's kind of mutually respectful and assumes a genuine desire to persuade and be persuaded. And to uncover it, let me take you back a little bit.

So, when I was 10 years old, I loved arguing. This, like, tantalizing possibility that you could convince someone of your point of view, just with the power of your words. And perhaps unsurprisingly, my parents and teachers loved this somewhat less.

(Laughter)

And in much the same way as they decided that four-year-old Julia might benefit from gymnastics to burn off some energy, they decided that I might benefit from joining a debate team. That is, kind of, go somewhere to argue where they were not.

(Laughter)

For the uninitiated, the premises of formal debate are really straightforward: there's a big idea on the table -- that we support civil disobedience, that we favor free trade -- and one group of people who speaks in favor of that idea, and one against. My first debate in the cavernous auditorium of Canberra Girls Grammar School was kind of a bundle of all of the worst mistakes that you see on cable news. It felt easier to me to attack the person making the argument rather than the substance of the ideas themselves. When that same person challenged my ideas, it felt terrible, I felt humiliated and ashamed. And it felt to me like the sophisticated response to that was to be as extreme as possible. And despite this very shaky entry into the world of debate, I loved it. I saw the possibility, and over many years worked really hard at it, became really skilled at the technical craft of debate. I went on to win the World Schools Debating Championships three times. I know, you're just finding out that this is a thing.

(Laughter)

But it wasn't until I started coaching debaters, persuaders who are really at the top of their game, that I actually got it. The way that you reach people is by finding common ground. It's by separating ideas from identity and being genuinely open to persuasion. Debate is a way to organize conversations about how the world is, could, should be. Or to put it another way, I would love to offer you my experience-backed, evidence-tested guide to talking to your cousin about politics at your next family dinner; reorganizing the way in which your team debates new proposals; thinking about how we change our public conversation.

And so, as an entry point into that: debate requires that we engage with the conflicting idea, directly, respectfully, face to face. The foundation of debate is rebuttal. The idea that you make a claim and I provide a response, and you respond to my response. Without rebuttal, it's not debate, it's just pontificating. And I had originally imagined that the most successful debaters, really excellent persuaders, must be great at going to extremes. They must have some magical ability to make the polarizing palatable. And it took me a really long time to figure out that the opposite is actually true. People who disagree the most productively start by finding common ground, no matter how narrow it is. They identify the thing that we can all agree on and go from there: the right to an education, equality between all people, the importance of safer communities. What they're doing is inviting us into what psychologists call shared reality. And shared reality is the antidote to alternative facts.

The conflict, of course, is still there. That's why it's a debate. Shared reality just gives us a platform to start to talk about it. But the trick of debate is that you end up doing it directly, face to face, across the table. And research backs up that that really matters. Professor Juliana Schroeder at UC Berkeley and her colleagues have research that suggests that listening to someone's voice as they make a controversial argument is literally humanizing. It makes it easier to engage with what that person has to say.

So, step away from the keyboards, start conversing. And if we are to expand that notion a little bit, nothing is stopping us from pressing pause on a parade of keynote speeches, the sequence of very polite panel discussions, and replacing some of that with a structured debate. All of our conferences could have, at their centerpiece, a debate over the biggest, most controversial ideas in the field. Each of our weekly team meetings could devote 10 minutes to a debate about a proposal to change the way in which that team works. And as innovative ideas go, this one is both easy and free. You could start tomorrow.

(Laughter)

And once we're inside this shared reality, debate also requires that we separate ideas from the identity of the person discussing them. So in formal debate, nothing is a topic unless it is controversial: that we should raise the voting age, outlaw gambling. But the debaters don't choose their sides. So that's why it makes no sense to do what 10-year-old Julia did. Attacking the identity of the person making the argument is irrelevant, because they didn't choose it. Your only winning strategy is to engage with the best, clearest, least personal version of the idea.

And it might sound impossible or naive to imagine that you could ever take that notion outside the high school auditorium. We spend so much time dismissing ideas as democrat or republican. Rejecting proposals because they came from headquarters, or from a region that we think is not like ours. But it is possible. When I work with teams, trying to come up with the next big idea, or solve a really complex problem, I start by asking them, all of them, to submit ideas anonymously.

So by way of illustration,two years ago, I was working with multiple government agencies to generate new solutions to reduce long-term unemployment. Which is one of those really wicked, sticky, well-studied public policy problems. So exactly as I described, right at the beginning, potential solutions were captured from everywhere. We aggregated them, each of them was produced on an identical template. At this point, they all look the same, they have no separate identity. And then, of course, they are discussed, picked over, refined, finalized. And at the end of that process, more than 20 of those new ideas are presented to the cabinet ministers responsible for consideration. But more than half of those, the originator of those ideas was someone who might have a hard time getting the ear of a policy advisor. Or who, because of their identity, might not be taken entirely seriously if they did. Folks who answer the phones, assistants who manage calendars, representatives from agencies who weren't always trusted.

Imagine if our news media did the same thing. You can kind of see it now -- a weekly cable news segment with a big policy proposal on the table that doesn't call it liberal or conservative. Or a series of op-eds for and against a big idea that don't tell you where the writers worked. Our public conversations, even our private disagreements, can be transformed by debating ideas, rather than discussing identity. And then, the thing that debate allows us to do as human beings is open ourselves, really open ourselves up to the possibility that we might be wrong. The humility of uncertainty.

One of the reasons it is so hard to disagree productively is because we become attached to our ideas. We start to believe that we own them and that by extension, they own us. But eventually, if you debate long enough, you will switch sides, you'll argue for and against the expansion of the welfare state. For and against compulsory voting. And that exercise flips a kind of cognitive switch. The suspicions that you hold about people who espouse beliefs that you don't have, starts to evaporate. Because you can imagine yourself stepping into those shoes. And as you're stepping into those, you're embracing the humility of uncertainty. The possibility of being wrong. And it's that exact humility that makes us better decision-makers.

Neuroscientist and psychologist Mark Leary at Duke University and his colleagues have found that people who are able to practice -- and it is a skill -- what those researchers call intellectual humility are more capable of evaluating a broad range of evidence, are more objective when they do so, and become less defensive when confronted with conflicting evidence. All attributes that we want in our bosses, colleagues, discussion partners, decision-makers, all virtues that we would like to claim for ourselves. And so, as we're embracing that humility of uncertainty, we should be asking each other, all of us, a question. Our debate moderators, our news anchors should be asking it of our elective representatives and candidates for office, too. "What is it that you have changed your mind about and why?" "What uncertainty are you humble about?" And this by the way, isn't some fantasy about how public life and public conversations could work. It has precedent.

So, in 1969, beloved American children's television presenter Mister Rogers sits impaneled before the United States congressional subcommittee on communications, chaired by the seemingly very curmudgeonly John Pastore. And Mister Rogers is there to make a kind of classic debate case, a really bold proposal: an increase in federal funding for public broadcasting. And at the outset, committee disciplinarian Senator Pastore is not having it. This is about to end really poorly for Mister Rogers. But patiently, very reasonably, Mister Rogers makes the case why good quality children's broadcasting, the kinds of television programs that talk about the drama that arises in the most ordinary of families, matters to all of us. Even while it costs us. He invites us into a shared reality.

And on the other side of that table, Senator Pastore listens, engages and opens his mind. Out loud, in public, on the record. And Senator Pastore says to Mister Rogers, "You know, I'm supposed to be a pretty tough guy, and this is the first time I've had goosebumps in two days." And then, later, "It looks like you just earned the 20 million dollars." We need many more Mister Rogers. People with the technical skills of debate and persuasion. But on the other side of that table, we need many, many, many more Senator Pastores. And the magic of debate is that it lets you, it empowers you to be both Mister Rogers and Senator Pastore simultaneously.

When I work with those same teams that we talked about before, I ask them at the outset to pre-commit to the possibility of being wrong. To explain to me and to each other what it would take to change their minds. And that's all about the attitude, not the exercise. Once you start thinking about what it would take to change your mind, you start to wonder why you were quite so sure in the first place. There is so much that the practice of debate has to offer us for how to disagree productively. And we should bring it to our workplaces, our conferences, our city council meetings. And the principles of debate can transform the way that we talk to one another, to empower us to stop talking and to start listening. To stop dismissing and to start persuading. To stop shutting down and to start opening our minds.

Thank you so much.

(Applause)

互いに合意できる唯一のことは 何も合意できないということだと 思えるときがあります 公の議論は崩壊しています どこでもそう感じます テレビ番組のパネリストは 互いに罵り合い ネットに コミュニティや 繋がりを求めても 怒りと疎外感を 覚えるばかりです 誰も彼もが怒鳴っているためか やりたくもない議論に 巻き込まれることを みんな恐れています 会話は侮辱へと 場を譲りました

私の仕事は 生産的に議論ができるよう 人々を助けるということです 真実に光を当て 新しいアイデアに命を与えられるように 互いに敬意を払い 純粋に納得させ 納得させられることを 望んでいると仮定できるような 建設的な対立のモデルが あると信じたいです それを見いだすために 少し時を遡りましょう

10歳の頃の私は すごい議論好きでした 言葉の力だけで 自分の考えを誰かに 認めさせられる可能性に 引き付けられたのです 驚くことでもありませんが 私の親や教師は あんまりそれを 歓迎してはいませんでした

(笑)

4歳のジュリアには エネルギーを発散させるために 体操をさせるのがよいと決めたのと同じように 討論チームに参加させるのが良かろうと 彼らは決めました それはいわば自分たちのいないところで 議論してくれということでした

(笑)

ご存じない方も いるかもしれませんが 正式な討論の要点は簡単です 何かの考え ― 市民的不服従や 自由貿易といったことについて 一方のグループが 支持する議論をし もう一方が 反対する議論をします キャンベラ女子小の 洞窟のような講堂でやった 私の最初の討論会は 報道番組で目にするような 最悪の間違いの オンパレードでした 考えの中身について 議論するよりも 主張している相手を攻撃するほうが 簡単に思えました その同じ相手が自分の考えに 異議を唱えるときには 私は屈辱と恥ずかしさで 最悪の気分になりました それに対する上手い言い返しは 可能な限り極論に走ることだと 思えました 最初の経験がそんなだったにもかかわらず 私は討論が好きになりました 私はそこに可能性を見 長年熱心に磨きをかけて 高い討論の技術を身に着けました 世界高校討論大会では 3度優勝しました そんなものがあるんだと 初めて知ったことと思いますが

(笑)

でも私が討論を 本当に理解したのは 討論や説得に秀でた人たち相手の コーチをするようになってからです 相手を動かすには まず合意できる点を見つけることで それにはアイデアを人と切り離し 説得に対して心を開くことです 討論というのは 世界がどうあり どうあり得 どうあるべきかについて 秩序だった対話をする方法です ここでひとつ 経験に裏付けられた 実証済みのガイドを 皆さんに提供したいと思います 次の家族の集まりで いとこと政治論議するのにも 新しい提案に対し自分のチームが 議論するやり方を整理するのにも 公の議論のあり方を どう変えるか考えるのにも使えます

その第一歩として 討論では相反する考えについて 直接的に 敬意をもって 対面して取り組む必要があります 討論の基本は反論です 相手が主張することに 自分が反応を示し 相手がまたそれに反応をする 反論がなければ討論ではなく もったいぶって話しているだけです やり手の討論者というのは 説得に優れ 話を極端に持っていくのが 上手いものだと思っていました 両極端を快く感じさせる 不思議な力が必要なのだと それが逆だと分かるのに ずいぶん長くかかりました 生産的に議論できる人というのは 合意できる点を見つけるところから始めるのです たとえそれが どんなに小さくとも みんなが同意できることを 見つけ そこから進めていくのです 教育の権利とか 人間の平等とか 安全な社会の重要性とか 彼らがしているのは 心理学者が言うところの 「共有された現実」へと みんなを引き入れることです そして共有された現実は 「もうひとつの事実」への解毒剤です

もちろん対立は 依然そこにあります だからこその討論です 共有された現実は 議論を始めるための土台になるものです 討論のコツは 直接 面と向かい テーブルをはさんで 行うことにあります これが重要なことは 研究で示されています カリフォルニア大のユリアナ・シュローダー 教授のグループによる研究は 発言する人の声を聞くことで 議論が人間味を帯びることを 示しています 相手の主張に 取り組みやすくなるのです

だからパソコンから離れて 対話を始めましょう この考えを少し進めるなら 基調講演のオンパレードや 茶番のようなパネルディスカッションの 連続を止めて 形式に則った討論に置き換えるのも 悪くないでしょう カンファレンスでは その中心に その分野で最も議論を呼ぶアイデアについての 討論を設けるのもいいでしょう 週次ミーティングでは 10分割いて チームの仕事の仕方を変える案について 討論してもいいでしょう これは革新的アイデアながら 簡単で無料です 明日からでも 始められますよ

(笑)

共有された現実を 持つことに加え 討論ではアイデアを発言者と 切り離す必要があります 正式な討論において話題となるのは 異論のある問題です 投票年齢引き上げとか ギャンブルの違法化とか しかし討論者は どちら側かを選びません だからこそ10歳のジュリアがやったことは 無意味だったんです 発言した人を攻撃するのは 意味がありません 自分で選んでは いないのだから 討論で勝つための 唯一の戦略は 明快で個人的でない 最良のアイデアを用いることです

そのような考えを 高校の講堂の外に持ち出すのは 不可能ないしは世間知らずと 思うかもしれません みんな民主党員だから 共和党員だからと 考えを否定することに時間を費やし 本社から来た案だからとか 自分たちのとは違った地域から 来た案だからと却下しています でも可能なんです 次の大いなるアイデアを ひねり出そうという人たちや 本当に困難な問題に取り組むチームと 一緒に作業するときには まずアイデアを匿名で出してもらいます

例として 2年前のことですが 複数の政府機関とともに 長期失業者を減らすための 新しい解決策を生み出そうとしていました すごく嫌らしく厄介で 良く研究されている 公共政策上の問題です まず初めに 可能性のある解決案を あらゆるところから 集めました それぞれの案は 共通の様式で 記述されています この時点では どこから来たものか示すものはなく みんな同じように見えます それから もちろん議論し 細かく検討し 改善し 最終案をまとめます 結果的に20以上の案ができて 担当大臣に検討いただくよう 提示されました 実は 半数以上の案の発案者は 政策顧問に話を聞いてもらうのが 難しいような人たちで 聞いてもらえたとしても その身分のため 真剣には受け取って もらえなかったかもしれません 電話番の人とか 予定を管理しているアシスタントとか あまり信頼されていない部門の 代表者といった人たちです

メディアが同じことをしらたと 想像してみてください 大きな政策上の提案を 議題とする 毎週のニュース番組で 保守とかリベラルという 区分けをしないとしたら あるいは大きな問題について 賛否を論じる政治コラム連載で 書き手の身分が 明かされないとしたら 公の話し合いや 私的な議論においてさえ 誰が言っているかではなく 考えそのものについて討論するなら ずいぶんと変わるはずです 討論が私たちに人間として できるようにしてくれることは 自分が間違っている 可能性に対して 心を開かせるということ 不確かでいる謙虚さを 持たせることです

建設的に議論するのが 難しいのは 人は自分の考えに 執着するものだからです 自分のものと思い込むようになり 考えに囚われてしまうのです でも 討論をしばらくやっていると やがて立場を変えることになります 福祉国家の拡大に 賛成側と反対側で議論をし 義務投票制について 賛成側と反対側で議論をします そういう練習によって 認知的なスイッチが切り替わるのです 自分とは違う考えを 支持する人に対する 疑いの気持ちが 消えます 相手の立場に立って考えることが できるようになるからです そうすることで 不確かでいる謙虚さを持てます 自分が間違っている可能性を 受け入れるようになります そういう謙虚さが 人をより優れた意思決定者にするのです

神経科学者で心理学者である デューク大学のマーク・リアリーのグループは 彼らが「知的謙虚さ」と呼ぶ このスキルがある者は より広範な証拠を 評価することができ 評価に際して より客観的であり 矛盾する証拠が出てきても あまり防御的にならないことを明らかにしました これは上司や同僚や 議論相手や意思決定者に 持っていてほしいと 思う特性であり 自分自身でも欲しいと 思う長所でしょう 不確かでいる謙虚さを 持つために 私達は自問する必要があります 討論の進行役や ニュースキャスターや 議員や 役職候補者も 自問する必要があります 「自分が考えを変えたことは何で それはなぜか?」 「謙虚な気持ちになる 不確かなことは何か?」 ちなみにこれは 公の生活や 公の対話が どんなものになりうるかという 夢のお話ではありません 実際に例があります

1969年に アメリカで愛されている子供番組の 司会者であるミスター・ロジャースが 気難し気な ジョン・パストーレが 議長を務める 通信小委員会に出席しました ミスター・ロジャースが行ったのは 大胆な提案をするためで それは公共放送への国の予算を 増やすということでした 委員長で 厳格なパストーレ議員は はじめは受け入れず ミスター・ロジャースには 残念な結果に終わりそうでした でもミスター・ロジャースは辛抱強く 説得力をもって説きました 普通の家庭で持ち上がる 出来事について語る 優れた子供番組がなぜ みんなにとって大切なのか たとえお金がかかろうとも 彼は共有された現実へと みんなを引き入れたのです

対するパストーレ議員は 耳を傾け 注意を払い 心を開きました 公開の場ではっきりと 口にしたのです パストーレ議員は ミスター・ロジャースに言いました 「私は手ごわい相手だと されていますが 感動を覚えたのは 今回これが初めてでした あなたは2千万ドルを 手にしたようです」 私達にはたくさんの ミスター・ロジャースが必要です 討論と説得のための技術を 持った人たちです 一方で私達には さらに多くの パストーレ議員が必要です 討論の魔法のようなところは ミスター・ロジャースとパストーレ議員の両方に 同時になれるということです

先ほどお話ししたチームで 私はみんなに 自分が間違っている可能性を あらかじめ認めるよう求めました 私や相手に対して 自分の気持ちを変えるのに 何が必要かを話すように これは行動ではなく 姿勢の問題です 自分の気持ちを変えるのに 何が必要か考え始めると そもそも自分はなぜそんなに確信しているのか 不思議に思えてきます 生産的に議論するために 討論の練習は とても役に立ちます これは職場にも 会議にも市議会にも 取り入れるべきものです 討論の原則によって 対話のやり方は変えられます 話してばかりいるのはやめて 耳を傾けるように 放り出すのはやめて 説得をするように 締め出すのはやめて 心を開くように

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画