TED日本語 - マヤン・ファン・アウベル: 太陽光エネルギーの美しい未来

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マヤン・ファン・アウベル: 太陽光エネルギーの美しい未来

TED Talks

太陽光エネルギーの美しい未来
The beautiful future of solar power
マヤン・ファン・アウベル
Marjan van Aubel

内容

太陽からは1時間に全世界の人々が1年間に使うよりも多くのエネルギーが届きます。どうしたら誰もが、どこでもこのパワーを使えるようにできるのでしょうか?ソーラーデザイナーのマヤン・ファン・アウベルはテーブルの表面やステンドグラス窓など、身の回りのものをどのように洗練された太陽電池へと変えているのかを説明し、全ての表面を発電所にというビジョンを述べます。

Script

Last summer, I was hiking through the Austrian mountains. And there, on top, I saw this beautiful, stone, remote hut, and it had solar panels on it. And every time I see solar panels, I get very enthusiastic. It's this technology that takes sunlight, which is free and available, and turns that into electricity. So this hut, in the middle of nowhere, on a beautiful location, was self-sufficient. But why do solar panels always have to be so ugly?

(Laughter)

My name is Marjan Van Aubel and I'm a solar designer. I work in the triangle of design, sustainability and technology. I strive for extreme efficiency, meaning that I develop materials that expand in size or work with solar cells that use the properties of colors to generate electricity. My work is in museums all over the world, such as MoMA. And, I mean, it all went quite well, but it always felt that something was missing.

And it was, until I read the book called the "Solar Revolution," where it says that within one hour we receive enough sunlight to provide the world with enough electricity for an entire year. One hour. And since then, I realized I just want to focus on solar. Scientists all over the world have been focusing on making solar panels more efficient and cheaper. So the price of solar has dropped enormously. And this is because China started producing them on a large scale. And also their efficiency has increased a lot. They now even have an efficiency of 44.5 percent.

But if you think about the image of solar cells, it's kind of stayed the same for the last 60 years. It's still this technology just stacked onto something. And solar cells need to be much better integrated into our environment. Climate change is the biggest problem of our time. And we can't rely on the others -- the government, the engineers -- to make positive changes. We all can contribute towards change.

Like I said, I'm a designer and I would like to change things through design. Let me give you some examples of my work. I'm collaborating with Swarovski, the crystal company. And if you cut crystals in a certain way, you are able to bend and direct the light onto a certain place. So I use these crystals to focus the light onto a solar panel, making them more efficient, but using aesthetics. So you take the solar crystal with you in the light, there's a battery in the solar cell, you put it in a docking station and you are able to power these chandeliers. So you're literally bringing the light indoors.

I got completely hooked on solar when I came across this technology called dye-sensitized solar cells, colored solar cells, and they are based on photosynthesis in plants. Where the green chlorophyl converts light into sugar for plants, these cells convert light into electricity. The best thing is, they even work indoors. So different colors have different efficiency, depending on their place on the color spectrum. So, for example, red is more efficient than blue. So if I hear this as a designer: a colored surface, a glass colored surface, color that's mostly just used for esthetics, now gets an extra function and is able to harvest electricity, I think, where can we apply this, then?

This is Current Table, where the whole tabletop consists of these colored solar cells. There are batteries in the legs where you can charge your phone through USB ports. And in my work, it's always very important, the balance between efficiency and aesthetics. So that's why the table is orange, because it is a very stable color for indoors. And this is always the most asked question I get: "OK, great, but how many phones can I charge from this, then?" And before I go to this complicated answer of like, "Well, where is the table, does it have enough light, is it next to a window?" The table now has sensors that read the light intensity of the room. So through an app we developed you can literally follow how much light it's getting, and how full the battery is. I'm actually proud, because yesterday we installed a table at Stichting Doen's offices in Amsterdam and, right at this moment, our Queen Maxima is charging a phone from this table. It's cool.

(Applause)

So the more surface you have, the more energy you can harvest. These are Current Windows, where we replaced all windows in a gallery in London, in Soho, with this modern version of stained glass. So people from the street could come and charge their phones through the window ledges. So I'm giving extra functions to objects. A window doesn't have to be just a window anymore. It can also function as a little power station. So, here I am, talking about how much I love solar, but I don't have solar panels on my roof. I live in the center of Amsterdam, I don't own the house and it's a monument, so it's not possible and not allowed.

So how can you make solar cells more accessible and for everyone, and not only for the people that can afford a sustainable lifestyle? We now have the opportunity to integrate solar on the place where we directly need it. And there are so many amazing technologies out there. If I look around now, I see every surface as an opportunity. For example, I was driving in the train through the Westland, the area in the Netherlands with all the greenhouses. There I saw all this glass and thought, what if we integrate those with transparent solar glass? What if we integrate traditional farming that requires a lot of energy together with high-tech and combine those?

With this idea in mind, I created Power Plant. I had a team of architects and engineers, but let me first explain how it works. We use transparent solar glass to power its indoor climate. We use hydroponics that pumps around nutrified water, saving 90 percent of water usage. By stacking up in layers, you are able to grow more yield per square meter. Extra light, besides sunlight, coming from these colored LED lights also enhances plant growth. As more and more people will live in big cities, by placing Power Plants on the rooftops you don't have to fly it in from the other side of the world, you are able to grow it on the location itself. Well, the big dream is to build these in off-grid places -- where there's no access to water, electricity -- as an independent ecosystem.

For this year's Design Biennial, I created the first four-meter high model of the power plant, so you could come in and experience how plants grow. So it's a double harvest of sunlight, so both for the solar cells and for the plants. It's like a future botanical garden, where we celebrate all these modern technologies. And the biggest compliment I got was, "But where are the solar panels?" And that's when I think design really works, when it becomes invisible and you don't notice it.

I believe in solar democracy: solar energy for everyone, everywhere. My aim is to make all surfaces productive. I want to build houses where all the windows, curtains, walls, even floors are harvesting electricity. Think about this on a big scale: in cities, there are so many surfaces. The sun is still available for everyone. And by integrating solar on the place where we need it, we now have the opportunity to make solar cells accessible for everyone. I want to bring solar close to the people with you, but beautiful and well designed.

Thank you.

今年の夏 オーストリアの山を ハイキングしていた時 頂上で きれいな石造りの 山小屋を見ました その屋根には 太陽電池が 付けられていました 太陽電池を見るたび 私はいつも夢中になってしまいます それは 無料で すぐに手に入る太陽光を 電気に変える技術です この美しい 人里離れた場所にある 山小屋は エネルギーを 自分で賄えます でも太陽電池は どうして こうも見苦しいのでしょう

(笑)

私はマヤン・ファン・アウベル ソーラーデザイナーです デザイン 持続可能性 テクノロジーの 3分野にまたがって仕事しています 究極の効率を追求し 拡張できる素材を開発したり 色の性質を利用した 太陽電池の研究に 励んでいます 私の作品は MoMAのような 世界中の美術館にあり かなりうまくいっていますが いつも 何か 物足りない気持ちでした

そんな時「ソーラー革命」という 本に出合いました この本には地球に降り注ぐ 太陽光の1時間分で 全世界に丸1年 十分な電力を 供給できると書いてあります たった1時間でです それ以来私は 太陽光の虜になりました 世界中の科学者達が より効率的かつ安価な太陽電池の 開発に取り組んでいます それで太陽電池の価格は 大幅に下がりました その主な理由は中国による 大量生産にあります 同様に発電効率も 格段に向上しました 現在の発電効率は 44.5%にも達しています

しかし太陽電池の姿は 過去60年間ずっと変わらず 何かに貼りついた形です 太陽電池は環境にもっとうまく 取り込まれる必要があります 現在私たちを取り巻く 一番大きな課題は気候変動ですが その課題を乗り越えるのに 政府や エンジニアなどの他人に 頼ってばかりは いられません 私達誰もが この課題克服に 貢献できるのです

先にも言ったように 私はデザイナーで デザインを通じて 物事を変えたいのです 私の作品をいくつか お見せしましょう クリスタル製造会社である スワロフスキーと協業しています クリスタルを特定のやり方で カットすると 光を屈折させ 特定の場所に光を向けられます 私はクリスタルで 光を太陽電池に集めるようにし 効率的ながら 美しいものにしています このソーラー・クリスタルを 明るいところに持っていき 太陽電池に電気を蓄え ドッキングステーションにつければ このシャンデリアを 灯すことができます 文字通り 光を 屋内に持ってくるのです

私は色素増感太陽電池に出会い 太陽光の可能性に 全く魅せられてしまいました 色付きの太陽電池で 植物の光合成に基づいています 葉緑素は植物のため 光を糖に変換しますが この電池は光を 電気に変換します 一番大きいメリットは 屋内でも働くことです 色のスペクトル上の位置によって 効率が異なります 例えば 赤色は青色より 効率が優れています デザイナーとしてこれを知り 色ガラスの表面が ― ただの美的効果に 使われることの多い色が 今や追加の機能として 発電ができるんです どこに適用できるでしょうか?

これは「カレント(電流)テーブル」 テーブル面全体が色つきの 太陽電池でできています テーブルの脚にバッテリーがあり USBポートを経由して 携帯電話の充電ができます 私の仕事では 効率と美のバランスが とても大切です それでテーブルは 屋内に良くなじむ オレンジ色にしました 「これで何台の携帯電話が 充電できますか?」と よく聞かれます 以前は こう聞き返したものです 「テーブルはどこでしょう 十分な光は届きますか 窓の近くにありますか?」 今はテーブルに部屋の明るさを感知できる センサーが入っています 私達が開発したアプリで どれほどの光が届いているか バッテリーはどれくらい 充電されたかが分かります 昨日 アムステルダムの DOEN財団に このテーブルを設置したことを 誇りに思っています 今この瞬間にも マクシマ王妃がそのテーブルで 携帯電話を充電していることでしょう 素敵です

(拍手)

表面が広いほど たくさんの光発電が可能となります これは「カレント・ウィンドウ」で ロンドンのソーホーにある ギャラリーの全ての窓を この現代版のステンドグラスに 取り換えました 道を通る人たちはこの窓の枠で 携帯電話を充電できます 私は物に本来以上の機能を 与えているのです 窓はもはや ただの窓である必要はありません 小さな発電所としても使えます 自分がどれほどのソーラー好きか 話していますが 実は私の住んでいる家には 太陽電池がありません アムステルダムの中心に住んでいて 借家で 歴史的建造物でもあるので 許可されていません

どうすれば 持続可能な ライフスタイルを取れる以外の人も 太陽光エネルギーを使えるように できるでしょう 今や 私達は 必要な場所に 太陽電池を組み込める チャンスがあります 技術は素晴らしく 発展しています 私には全ての表面が チャンスに見えます 温室でいっぱいの オランダのウェストラントを 列車で通過した時のことです このたくさんのガラスを見て これに透明な太陽電池を 組み込んだらどうかと思いました 沢山のエネルギーを必要とする 伝統的農業に ハイテクを組み合わせたら どうかと

このアイディアを念頭に 「パワー・プラント」を開発しました 建築家とエンジニアの チームがあるんです まずその仕組みを 説明しましょう 透明な太陽電池ガラスで 内部の温度を調節し 栄養たっぷりの水を循環させる 水耕によって 水の使用量を90%節約できます 何層にも重ねる事で 面積あたり収量が増えます 日光に加え 有色LEDからも光が来て 植物の成長を促進します 大都市にたくさん 人が住むようになっても パワー・プラントを 屋上に設置すれば 作物を地球の反対側から 飛行機で輸入する必要もなく その場で育てる事ができます 大きな夢ですが 電気も水も来ていないような所に 独立した生態系として 設置してみたいです

今年のデザイン・ビエンナーレのために 初の4メートルの高さの パワー・プラントを作りました 中に入って 植物がどう成長するか 見ることができます 太陽光電池と植物の両方で 日光を2倍採取できます それはまるで 現代技術を称える 未来の植物園のようです 私が聞いた一番の誉め言葉は 「太陽電池はどこにあるの?」でした デザインというのは 本当にうまく機能しているときには 目につかず 気づかれないものだと 思ったものです

太陽エネルギーは 皆のため あらゆる場所にあるべきという 「ソーラー民主主義」を私は信じています 私の目標は地球の全ての表面を 生産的にする事です 全ての窓 カーテン 壁 床まで 発電できる 家を建てたいです 大きなスケールで考えると 都市は表面だらけで しかも太陽は 誰にでも利用できます 電気が必要なところに 太陽電池を統合することで 全ての人々が 使えるようにできます 美しい 良くデザインされた 太陽電池を みんなの周りに届けるのが 私の願いです

ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画