TED日本語 - モリー・ウィンター: 緑も人も健康になれる禁断のヒミツ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - モリー・ウィンター: 緑も人も健康になれる禁断のヒミツ

TED Talks

緑も人も健康になれる禁断のヒミツ
The taboo secret to better health
モリー・ウィンター
Molly Winter

内容

私たちのウンチやオシッコは、実はスゴい力を秘めています。でも、活用されることはほとんどありません。モリー・ウィンターが、私たちの排泄物に対する嫌悪感をバッサリと斬り、いつもトイレに流されているモノを、気候変動対策への助っ人として、またイノベーションを促進させ、費用削減にも役立たせる事ができる一種の資源として見ようと呼びかけます。

Script

Whenever I get to travel for work, I try to find out where my drinking water comes from, and where my poop and pee go.

(Laughter)

This has earned me the nickname "The Poo Princess" in my family, and it's ruined many family vacations, because this is not normal. But thinking about where it all goes is the first step in activating what are actually superpowers in our poop and pee.

(Laughter)

Yeah. And if we use them well, we can live healthier and more beautifully.

Check out this landscape in Santa Fe, New Mexico. Just notice what kinds of words and feelings come to mind. This landscape was watered with treated sewage water. Does that change anything for you? I imagine it might. And that's OK. How we feel about this is going to determine exactly how innovative we can be.

And I want to explain how it works, but what words do I use? I mean, I can use profane words like "shit" and "piss," and then my grandma won't watch the video. Or I can use childish words like "poo" and "pee." Eh. Or I can use scientific words like "excrement" and "feces." Humph. I'll use a mix.

(Laughter)

It's all I got. (Laughs)

So, in this suburb, the poo and the pee and the wash water are going to this treatment plant right in the middle of the community. It looks more like a park than a treatment plant. The poo at the very bottom of all those layers of gravel -- not touching anyone -- is providing solid food for those marsh plants. And the clean, clear water that comes out the other end is traveling underground to water each person's yard. So even though they're in a desert, they get their own personal oasis.

This approach is called Integrated Water Management, or holistic or closed-loop. Whatever you want to call it, it's in conflict with the status quo of how we think about sanitation, which is contain, treat, push it away. But in this approach, we're doing one step better. We're designing for reuse from the very beginning, because everything does get reused, only now we're planning for it. And often, that makes for really beautiful spaces. But the most important thing about this system isn't the technicals of how it works. It's how you feel about it. Do you want this in your yard? Why not?

I got really curious about this question. Why don't we see more innovation in sanitation? Why isn't that kind of thing the new normal? And I care so much about this question, that I work for a nonprofit called Recode. We want to accelerate adoption of sustainable building and development practices. We want more innovation. But a lot of times, whole categories of innovation -- ones that can help us live more beautifully -- turn out to be illegal. Today's regulations and codes were written under the assumption that best practices would remain best practices, with incremental updates forever and ever. But innovation isn't always incremental. It turns out, how we feel about any particular new technique gets into everything we do: how we talk about it, how we encourage people to study, our jokes, our codes ... And it ultimately determines how innovative we can be.

So, that's the first reason we don't innovate in sanitation. We're kind of uncomfortable talking about sanitation, that's why I've gotten called "The Poo Princess" so much. The second reason is: we think the problem is solved here in the US. But not so. Here in the US we still get sick from drinking shit in our sewage water. Seven million people get sick every year,900 die annually. And we're not taking a holistic approach to making it better. So we're not solving it.

Where I live in Portland, Oregon, I can't take Echo for a swim during the rainy season, because we dump raw sewage sometimes into our river. Our rainwater and our sewage go to the same treatment plant. Too much rain overflows into the river. And Portland is not alone here. Forty percent of municipalities self-report dumping raw or partially treated sewage into our waterways.

The other bummer going on here with our status quo is that half of all of your poop and pee is going to fertilize farmland. The other half is being incinerated or land-filled. And that's a bummer to me, because there are amazing nutrients in your daily doody. It is comparable to pig manure; we're omnivores, they're omnivores. Think of your poo and pee as a health smoothie for a tree.

(Laughter)

The other bummer going on here is that we're quickly moving all the drugs we take into our waterways. The average wastewater treatment plant can remove maybe half of the drugs that come in. The other half goes right out the other side. Consider what a cocktail of pharmaceuticals -- hormones, steroids, Vicodin -- does to a fish, to a dog, to a child.

But this isn't just some problem that we need to contain. If we flip this around, we can create a resource that can solve so many of our other problems. And I want to get you comfortable with this idea, so imagine the things I'm going to show you, these technologies, and this attitude that says, "We're going to reuse this. Let's design to make it beautiful" -- as advanced potty training.

(Laughter)

I think you're ready for it. I think we as a culture are ready for advanced potty training. And there are three great reasons to enroll today. Number one: we can fertilize our food. Each one of us is pooping and peeing something that could fertilize half or maybe all of our food, depending on our diet. That dark brown poo in the toilet is dark brown because of what? Dead stuff, bacteria. That's carbon. And carbon, if we're getting that into the soil, is going to bind to the other minerals and nutrients in there. Boom! Healthier food. Voila! Healthier people. Chemical fertilizers by definition don't have carbon in them. Imagine if we could move our animal manure and our human manure to our soil, we might not need to rely on fossil fuel-based fertilizers, mine minerals from far away. Imagine how much energy we could save.

Now, some of us are concerned about industrial pollutants contaminating this reuse cycle. That can be addressed. But we need to separate our discomfort about talking about poo and pee so we can calmly talk about how we want to reuse it and what things we don't want to reuse. And get this: if we change our approach to sanitation, we can start to slow down climate change. Remember that carbon in the poop? If we can get that into our soil bank, it's going to start to absorb carbon dioxide that we put into the air. And that could help slow down global warming.

I want to show you some brave souls who've had the courage to embrace this advanced potty training approach. So those folks in New Mexico -- why did they do it? 'Cause they're in a desert? 'Cause they save money? Yeah. But more importantly, they felt comfortable seeing what was going down the toilet as a resource.

Here's an average house in Portland, Oregon. This house is special because they have a composting toilet turning all their poo and pee, over time, into a soil amendment. Their wash water, their shower water, is going underground to a series of mulch basins, and then watering that orchard downhill. When they went to get this permitted, it wasn't allowed in Oregon. But it was allowed in five other states nearby. That was Recode's -- my organization's -- first code-change campaign.

Here's a great example where the Integrated Water Management approach was the cheapest. This is three high-rise residential buildings in downtown Portland, and they're not flushing to the sewer system. How? Well, their wash water is getting reused to flush toilets, cool mechanical systems, water the landscape. And then once the building has thoroughly used everything -- aka, shat in it -- it's treated to highest standard right on-site by plants and bacteria, and then infiltrated into the groundwater right below. And all that was cheaper than updating the surrounding sewer infrastructure.

So that's the last reason we should get really excited about doing things differently: we can save a lot of money. This was the first permit of its kind in Oregon. Brave and open-minded people sat down and felt comfortable saying, "Yeah, that shit makes sense."

(Laughter)

"Let's do it."

(Applause)

You know?

I keep showing examples where everyone's reusing everything on-site. Why? Well, when we look at our aging infrastructure -- and it is old -- and we look at the cost of updating it, three-quarters of that cost is just the pipes snaking through our city. So as we build anew, as we renovate, it might make more sense to treat and reuse everything on-site.

San Francisco realized that it made sense to invest in rebates for every household to reuse their wash water and their rainwater to water the backyard, because the amount of water they would save as a community would be so big. But why were all these projects so innovative? The money piece, yeah. But more importantly, they felt comfortable with this idea of advanced potty training.

Imagine if we embraced innovation for sanitation the way we have for, say, solar power. Think about it -- solar power used to be uncommon and unaffordable. Now it's more a part of our web of power than ever before. And it's creating resiliency. We now have sources of power like the sun that don't vary with our earthly dramas. What's driving all that innovation? It's us. We're talking about energy. It's cool to talk about energy. Some folks are even talking about the problems with the limited resources where our current energy is coming from. We encourage our best and brightest to work on this issue -- better solar panels, better batteries, everything.

So let's talk about where our drinking water is coming from, where our poo and pee are actually going. If we can get over this discomfort with this entire topic, we could create something that creates our future goldmine. Every time you flush the toilet, I want you to think, "Where is my poop and pee going? Will they be gainfully employed?"

(Laughter)

"Or are they going to be wreaking havoc in some waterway?"

If you don't know, find out. And if you don't like the answer, figure out how you can communicate to those who can drive this change that you have advanced potty training, that you are ready for reuse. How all of you feel is going to determine exactly how innovative we can be.

Thank you so much.

(Applause)

仕事でどこか行くとき 私が必ず確認するのが 飲み水の水源と 自分のウンチとオシッコの行き先です

(笑)

このせいで家族に「ウンチのお姫様」 というあだ名をつけられ 家族旅行が何度も台無しになりました こんな人普通いないですもんね でも 排泄物の行き先を考えることが 私たちのウンチやオシッコが秘める ― スゴい力を解き放つための 最初の一歩なんです

(笑)

ホントですよ うまく使えば もっと健康で美しい生き方ができます

この風景を見てください ニューメキシコ州サンタフェです どんな言葉や どんな気持ちを 連想しますか? 実は処理された汚水で 灌漑された土地です というと何か印象が変わりましたか? でしょうね それでいいんです これを どう受け取るかは そのまま その人がどれほど 革新的に考えられるかを表しています

今から これがどうなっているか 説明したいんですが どんな言葉を使うか迷ってます 「クソ」「ションベン」みたいな 下品な言葉を使ってもいいんですが 祖母が観てくれなくなっちゃいます 子供っぽい「ウンチ」「オシッコ」 みたいな言葉はイマイチだし もっと科学的な用語の 「排泄物」「便」もしっくりきません なので ごちゃ混ぜにしますね

(笑)

他にないので(笑)

郊外にある この地区では ウンチも、オシッコも、洗い水も 地域のちょうどまん中にある ― この処理施設に行きます 汚水処理施設というより 公園に見えますよね 何層にも重なる砂利の 最下層にあるウンチが ― 誰の手にも触れてませんよ ― ここの湿地植物にとって 栄養満点の肥料になっています この施設から最後に出てくる 澄んだ綺麗な水が 地下水路を通って 地域住民の庭に 一軒一軒水を供給するんです このおかげで 砂漠地帯なのに 自宅にオアシスが できるってわけです

このやり方は 「統合的水資源管理」とか 「総合的~」「循環型~」と呼ばれます 呼び方は何であれ 従来の環境衛生の常識では ありえないことです 「閉じ込め」「処理し」 「排出する」のが常識ですから でもこの新方式は 一歩進んでます 再利用することを 一番最初から考えて設計してます どんなものでも 結局は再利用されるものなので 新方式では それを計画してるだけです これが しばしば 本当に素敵な空間を生み出すんです でも この仕組みについて 一番大事なことは どう機能するのかという 技術面ではありません 気持ちの問題なんです 皆さん自身の庭に 欲しい仕組みですか? 欲しくないなら それはなぜ?

この問いの答えが すごく気になったんです 環境衛生にイノベーションが もっと起こらないのはなぜ? なぜこういうものが 常識になれないの? この問いが気になるあまり Recodeという非営利団体で 働き始めました 持続可能な建設業や開発業の 推進を目指す団体で イノベーションを求める団体です でも 様々なイノベーションそのものが ― 私たちの生活を 彩ってくれる可能性があるものなのに ― 違法であることが多いのです 現代社会の法律や規範では 作った当時のベストプラクティスは 定期的に微調整されながらも いつまでもベストプラクティスで あり続けるものだ という前提で作られますが イノベーションは少しずつ 起こるとは限りません どんな新しい技術に関しても それをどう受け取るかが 私たちの言動全てに影響するんです それをどのように話題にするか どう使って人々に学習意欲をもたせるか またジョークや規範を作ったりと どれ程革新的になれるかは 結局は 私たちの感じ方次第なんです

それで これが環境衛生にイノベーションが 起こらない第1の理由です 環境衛生って誰も進んで 話題にしたがりませんから 私が「ウンチのお姫様」になったのは そういう理由です 2つ目は アメリカの 環境衛生問題は 解決済みだと思われているからです でも それは間違いです ここアメリカでは未だにウンチ混じりの 汚水を飲んで体を壊す人がいます 毎年700万人が体調を崩し 900人が亡くなっています この状況を改善するための 総合的な取り組みは なされていません 解決に向かっていないのです

私の街 オレゴン州ポートランドでは 雨季には飼い犬を泳がせることも できません 汚水をそのまま 川に流すことがあるからです 雨水も汚水も 同じ下水処理場に行くので 雨が降りすぎると汚水が 川に流れ込んでしまうんです ポートランドだけの問題ではなく 地方自治体の40%が 部分的に処理されたか または未処理の汚水を 放水していると自己申告しています

私たちの現状については 他にも残念なことがあります みんなのウンチやオシッコは 半分が農地の肥料として使われて もう半分は焼却されたり 埋立地に埋められます これが残念なのはなぜって 毎日のウンチには すっごい栄養が詰まっているからです 家畜の豚ふん堆肥と いい勝負です 私たち人間は雑食 豚も雑食でしょ 私たちのウンチやオシッコ 木にとっては栄養満点のスムージーかと

(笑)

もう1つ残念なのは 私たちが飲んでる薬はあっという間に 公共用水域に流れ出ちゃうんです 下水処理施設が除去できるのは 施設に流れ込む下水に含まれる薬の 半分程度です もう半分は処理された水として 出てきてしまうんです 製薬、ホルモン剤、ステロイド、鎮痛剤などで ミックスジュース状態の水が 魚や、犬や、子供にどんな 影響を与えるか考えてみてください

でも これは防止すべき問題だと いうだけじゃないんです 逆の見方をすれば この状況が たくさんある他の問題にも解決を もたらすことにもなるんです このアイデアに抵抗がある人は 想像してみてください 色々な技術が駆使できます こんな意識を持つんです 「再利用するんだ 美しい再利用の形をデザインしよう」 「上級トイレトレーニング」です

(笑)

皆さんは もう受けて大丈夫です 私たちには上級トイレトレーニングが できる文化が既にあると思います 今日から始めるべき もっともな理由が3つあります 1つ 肥料になるからです 私たち誰もが出す ウンチやオシッコが 食べ物の半分か 全部の肥やしになります 食生活によりますけどね トイレのウンチが濃い茶色なのは 何のせいでしょう? バクテリアの死骸です これって炭素ですよね その炭素を土に混ぜれば 他の鉱物や栄養素と結びついて じゃん! 健康的な食べ物のできあがり じゃじゃん! 健康な人々のできあがり それに化学肥料にはもともと 炭素が入ってません もし 今捨てている家畜ふんと人糞を 土壌を肥やすのに使えるとしたら 化石燃料由来の肥料や 遠くで採掘した鉱物に 頼る必要はなくなるかもしれません すっごいエネルギー消費削減に なるはずです

さて 中には心配になる人もいるでしょう この再利用サイクルが産業性汚染物質で 汚染されないかという懸念です この問題は対処可能です まず ウンチやオシッコの話をするときの 居心地の悪さを取り除く必要があります そうすれば 冷静に どうやって再利用したいかとか したくないものは何かを 話し合っていけます わかってほしいのは 環境衛生への取り組み方を変えることは 気候変動を抑える 第一歩でもあるということです ウンチに含まれる炭素の話 しましたよね この炭素を休耕地の土壌に混ぜ込めば 私たち人間が排出する二酸化炭素を 土が吸収してくれるようになって 地球温暖化の緩和が望めるんです

これからお見せする人たちは 勇気を出して トイレトレーニング的な取り組み方を 受け入れたツワモノたちです ニューメキシコのこの人たちは なぜそうしたんでしょうか 砂漠地帯だから? 節約のため? もちろんそうです でも もっと大きな理由は 気持ちの部分です トイレに流しているモノを 資源として見ることに抵抗がなかったからです

これはポートランドの 一般的な家です この家のすごいところは 堆肥トイレがあって 住んでいる人のウンチやオシッコが 時間が経つと土壌改良資材になることです 洗い水やシャワーの水は 地下に送られて いくつもある腐葉土のプールを通って 下手にある果樹園に運ばれます この仕組みを作る許可を申請したとき オレゴン州では違法でしたが 近くにある他の州5つでは合法でした これを合法化するのが私の組織Recodeの 最初のキャンペーンの目的になりました

統合的水源管理を使ったアプローチが 最も低コストだった例を お見せしましょう これはポートランド中心部にある 高層マンションですが 下水処理施設を使っていません どうやってるのかって 例えば洗い水は トイレを流すのに使われたり 機械の冷却水としてや 緑の灌漑に使われます マンション内で余すところなく 使い切った後の 残りカスは 同じ敷地内で植物やバクテリアを使った 最高水準の処理を施したあとで ろ過されて真下にある 地下水に合流します これ全部ひっくるめて 新たに下水処理基盤を整えるより 安く済んだわけです

これが 違うやり方をすることに ワクワクすべき3つ目の理由です かなり安く上がるからです これ系の取り組みが許可されたのは オレゴン州では初めてでした 勇気と自由な考えを持つ人々が 自信を持って こう言ったんです 「これならウンコウできる」

(笑)

「やってみよう」ってね

(拍手)

でしょ?

さっきからずっと みんなが何もかも 現地で再利用する例ばかり お見せしていますよね なぜかって 従来のインフラは もう古くなってきていますよね それを新しくする費用の4分の3は 町中に張りめぐらされている パイプ代に消えます なら 新構築や再整備の一環として 戸別に処理再利用システムを設置した方が 理にかなっているかもしれません

これに気づいたサンフランシスコでは 全家庭に補助金を出して 洗濯水と雨水を 庭の水やりに再利用する制度を始めました 地区全体では 相当な節水になるからです こういう取り組みが こんなに革新的なのはなぜでしょう お金の面はもちろんです でも もっと大きな理由は 「上級トイレトレーニング」を 受け入れられる考え方のおかげです

もし私たちが 例えば 太陽光発電を受け入れたようにして 環境衛生の革新を受け入れたとしたら どうなるでしょうか ほら 太陽光発電って前は 珍しいうえに手が届かなかったじゃないですか 今じゃ 電力網の一端を担う これまでにない役割を果たしており いざというときに頼りになります 地表で何が起こっても 影響されない太陽のような エネルギー資源が今は使えるのです こういう技術革新の原動力は何かって 他でもない私たちです 私たち エネルギー資源の話 してますよね そういう話するのは イイことなんです 現行のエネルギー資源の 枯渇問題について 話している人もいます 人類が誇る優秀な頭脳に みんなが解決策を期待しています ソーラーパネルや電池の改良など あらゆることです

だから 私たちの飲み水がどこから 来ているのかとか ウンチやオシッコが 実際行く先の話もしましょう もし こういった話題に対する 居心地の悪さを克服できるなら 将来 宝の山を生み出せる可能性が ここにはあるんです トイレを流すたびに 考えてみてください 「私のウンチやオシッコは どこに行くんだろう いい仕事につけるのかな」

(笑)

「それとも どこかの水路で 一大事になってないかな」

わからなければ 調べましょう 出てきた答えが気に入らなかったら この改革を推し進められる人たちに 自分は上級トイレトレーニング済みで 再利用する心の準備ができていると 伝える方法を考えましょう 私たちみんなの心が これからの革新を決めるのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画