TED日本語 - アパルナ・メータ: ネット通販で返品した物の行き先は?

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アパルナ・メータ: ネット通販で返品した物の行き先は?

TED Talks

ネット通販で返品した物の行き先は?
Where do your online returns go?
アパルナ・メータ
Aparna Mehta

内容

これまでにネット通販で、サイズ違いや色違いの洋服を試着するだけの目的で買い、気に入らなかった物を返送したことはありますか?アパルナ・メータはいつもそうでしたが、ある日ようやく「その返品された物はどこに行くの?」と疑問に思ったのでした。啓発的なトークの中で、アパルナはネット購入品の「返品送料無料」の裏側、つまり毎年数百万トンの品物が、商品棚に戻るのではなくゴミ処理場送りになるという事実を明かし、この増大する環境大災害に終止符を打つ助けとなる計画を語ります。

Script

Hi. My name is Aparna. I am a shopaholic --

(Laughter)

and I'm addicted to online returns.

(Laughter)

Well, at least I was. At one time, I had two or three packages of clothing delivered to me every other day. I would intentionally buy the same item in a couple different sizes and many colors, because I did not know what I really wanted. So I overordered, I tried things on, and then I sent what didn't work back. Once my daughter was watching me return some of those packages back, and she said, "Mom, I think you have a problem."

(Laughter)

I didn't think so. I mean, it's free shipping and free returns, right?

(Laughter)

I didn't even think twice about it, until I heard a statistic at work that shocked me.

You see, I'm a global solutions director for top-tier retail, and we were in a meeting with one of my largest customers, discussing how to streamline costs. One of their biggest concerns was managing returns. Just this past holiday season alone, they had 7.5 million pieces of clothing returned to them.

I could not stop thinking about it. What happens to all these returned clothes? So I came home and researched. And I learned that every year,four billion pounds of returned clothing ends up in the landfill. That's like every resident in the US did a load of laundry last night and decided to throw it in the trash today.

I was horrified. I'm like, "Of all people, I should be able to help prevent this."

(Laughter)

My job is to find solutions to logistical issues like these -- not create them. So this issue became very personal to me. I said, "You know what? We have to solve this." And we can, with some of the existing systems we already have in place.

And then I started to wonder: How did we get here? I mean, it was only like six years ago when a study recommended that offering free online returns would drive customers to spend more. We started seeing companies offering free online returns to drive more sales and provide a better experience. What we didn't realize is that this would lead to more items being returned as well. In the US, companies lost $ 351 billion in sales in 2017 alone. Retailers are scrambling to recover their losses. They try to place that returned item online to be sold again, or they'll sell it to a discount partner or a liquidator. Basically, if companies can not find a place for this item quickly and economically, its place becomes the trash.

Suddenly, I felt very guilty for being that shopper, somebody who contributes to this. Who would have thought my innocent shopping behavior would be hurting not only me, but our planet as well?

And as I thought about what to do, I kept thinking: Why does the item have to be returned to the retailer in the first place? What if there was another way, a win-win for everyone? What if when a person is trying to return something, it could go to the next shopper who wants it, and not the retailer? What if, instead of a return, they could do what I call a "green turn"? Consumers could use an app to take pictures of the item and verify the condition while returning it. Artificial intelligence systems could then sort these clothes by condition -- mint condition or slightly used -- and direct it to the next appropriate person. Mint-condition clothes could automatically go to the next buyer, while slightly used clothes could be marked down and offered online again. The retailer can decide the business rules on the number of times a particular item can be resold. All that the consumer would need to do is obtain a mobile code, take it to the nearest shipping place to be packed and shipped, and off it goes from one buyer to the next, not the landfill.

Now you will ask, "Would people really go through all this trouble?" I think they would if they had incentives, like loyalty points or cash back. Let's call it "green cash." There would be a whole new opportunity to make money from this new customer base looking to buy these returns. This system would make a fun thing like shopping a spiritual experience that helps save our planet.

(Applause)

This is doable and would probably take six months to weave some of our existing systems and run a pilot. Even before any of these logistical systems are in place, each of us shoppers can act now, if every single adult in the US made a few small changes to our shopping behavior. Take the extra time to research and think -- Do I really need this item? No: Do I really want this item? -- before making a purchase. And if every one of us adults in the US returned five less items this year, we would keep 240 million pounds of clothes out of the landfill. Six percent reduction, just like that. This environmental problem that we have created is not thousands of years away; it's happening today, and must stop now to prevent growing landfills across the globe.

I want to leave my daughter and my daughter's daughter a better and cleaner place than I found it, so I have not only stopped overordering, I recycle religiously as well. And you can, too. It's not difficult. Before we fill our shopping carts and our landfills with extra items that we don't want, let's pause next time we are shopping online and think twice about what we all hopefully really do want: a beautiful Earth to call home.

Thank you.

(Applause)

こんにちは アパルナと申します 私は買物中毒で ―

(笑)

ネット通販で購入した物の 返品にはまっています

(笑)

以前はそうでした 一時期は 洋服2、3箱が 1日おきに届くという状況でした 同じ物を サイズ違いや色違いで わざと買っていました 何が本当に欲しい物か わからなかったからです 余分に注文して 試着し 気に入らない物は返品していました ある時 娘が数個の荷物を 返送する私を見て 「ママは問題を抱えているようね」と 言いました

(笑)

そうは思いませんでした 配送料無料 返品送料無料ですよね?

(笑)

仕事で衝撃的なデータを聞くまでは よく考えもしませんでした

私はトップクラスの小売業者向けの 国際ソリューションディレクターですが ある日 最大手の顧客との会議で いかにコストを削減するか 議論していました 彼らの最大の悩みは 返品への対処でした この前の感謝祭から 年末にかけての時季だけで 750万着の洋服が 返品されていたのです

そのことが頭から離れませんでした その返品された洋服は どうなるのでしょう? 家に戻って調べてみました その結果 毎年 返品された180万トンの洋服が ゴミ処理場に行き着くことが わかりました まるで米国の住人が全員 昨晩1回分の洗濯をして 今日になってその洗濯物を ゴミ箱に放り込むようなものです

ぞっとしました 「全人類の中で私こそ この状況を防ぐ 手助けができるはずだ」と感じました

(笑)

私の仕事はそのような物流管理の問題を 解決することであり 生むことではありません ですからこの問題は 私自身の問題になりました 「いいですか?私たちが 問題解決するのです」と述べました 我々がもう構築済みの 既存のシステムで解決できるのです

それから 不思議に思い始めました どうしてこうなったのでしょう? ネットで購入した商品を 無料で返品できるようにすれば 顧客はさらに購入するようになるという 調査結果が出されたのはたった6年前です 売上の向上と より良い顧客サービスの為に 返品無料を提供する企業が 増え始めました 我々が気付かなかったのは そのサービスが 返品の増える原因となることです 米国では2017年だけで 企業が 3,510億ドルの売上損失を出しています 小売業者は損失を補うのに 躍起になっています 返品された商品を 再度ネット販売したり 提携している安売り業者や 清算人に売却したりします 基本的に 返品商品が 無駄にならないような行き先を 企業が 迅速かつ 経済的に見つけられなければ ゴミ処理場行きとなってしまうのです

急に 自分がこのような事態を 引き起こしている買物客であることに 罪悪感を持ちました 思ってもみませんでした 私の無知な購買行動が 自分だけでなく 地球にも損害を与えるなんて!

そして 何をするべきか考えていて 頭から離れなかったのは ― そもそも 返品された商品はなぜ 小売業者に戻される必要があるのだろう? もし みんなにとって都合の良い 別の方法があったら? もし誰かが何かを返品しようとする時 小売業者でなく それが欲しいと思っている次の買い手に 渡すことができたら? もし返品の代わりに 私が「グリーン・ターン」と呼ぶ 仕組みを実施できたら? 消費者はアプリを使って 商品の写真を撮り 品物を返送するのと同時に その状態を証明します 人工知能のシステムが 品物をその状態によって 未使用品と少し使った品に分け 適切な購入希望者に届けます 未使用の洋服は 自動的に次の買い手に届き 数回着用された洋服は値下げされ 再びネット販売されます 小売業者は特定商品の再販回数を 決めることができます 消費者はただ携帯端末に送られてくる コードを取得し それを最寄りの運送業者に持って行って 梱包や配送をしてもらうだけで その品物は最初の購入者から 次の購入者に届けられます ゴミ処理場には行きません

皆さん疑問に思われるでしょう 「こんな面倒なことを みんな 本当にやるのだろうか」 動機付けがあればやると思います ポイントサービスや キャッシュバックなどです 「グリーン・キャッシュ」と 名付けましょう この仕組みで 返品商品の購入を希望する 新しい顧客層への 新たなビジネスチャンスが もたらされるでしょう このシステムは 買物のような楽しい体験を 地球を救う崇高な体験に 昇華させるでしょう

(拍手)

これは実行可能ですが 既存のシステムを再編し 試行するのに 恐らく半年ほどかかります そのような物流システムが 整備される前でも 今 我々消費者にできることがあります 米国の大人ひとりひとりが買物の仕方を 少し変えればよいのです もう少し時間をかけて 精査し 考えてみましょう 本当にこの商品が必要なのか? いいえ 本当にこの商品が欲しいのか? 購入する前に考えるのです もし米国の大人全員が 今年の返品を5個減らしたら 11万トンの洋服が ゴミ処理場行きを免れます 簡単に6パーセントの削減です 私たちが引き起こしてきた この環境問題は 何千年も先でなく 今現在起きている問題であり 地球上でのゴミ処理場の拡大を阻止するために 今すぐ 止めなければなりません

娘と孫娘には 今より快適で きれいな地球を残したいと思います ですから余分な注文を やめるだけでなく 徹底してリサイクルもします 皆さんにもできます 難しくありません 欲しくない 余分な商品で 買物カゴやゴミ処理場を あふれさせる前に 今度 ネットで買物する時には 一呼吸おいて 私たちが一番に望むものは何か よく考えましょう ― それは 故郷と呼ぶにふさわしい 美しい地球です

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画