TED日本語 - ダーン・ローゼハーデ: スモッグ掃除機をはじめとする夢のような都市デザインの数々

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダーン・ローゼハーデ: スモッグ掃除機をはじめとする夢のような都市デザインの数々

TED Talks

スモッグ掃除機をはじめとする夢のような都市デザインの数々
A smog vacuum cleaner and other magical city designs
ダーン・ローゼハーデ
Daan Roosegaarde

内容

ダーン・ローゼハーデはテクノロジーと創造的思考によって想像力溢れる地球にやさしいデザインを生み出します。彼が見せてくれる最新作の数々には、人々がグリーンエネルギーについて思いを巡らせるよう「星月夜」を再解釈したアイントホーフェンの自転車道や、北京の公園の空気をきれいにするスモッグ掃除機や、ダンスによって発電してDJブースの電気をまかなうダンスフロアがあります。ローゼハーデが示す、創造性が真の資本となる未来のビジョンをご覧ください。

Script

Do you remember these glow-in-the-dark little stars which you had on the ceiling when you were a boy or a girl? Yes? It is light. It is pure light. I think I stared at them way too long when I was a five-year-old, you know? It's so beautiful: no energy bill, no maintenance. It is there.

So two years ago, we went back to the lab, making it more durable, more light-emitting, with the experts. And at the same time, we got a request from this guy -- Van Gogh, the famous Van Gogh Foundation -- who wanted to celebrate his 125th anniversary in the Netherlands. And they came to me and asked, "Can you make a place where he feels more alive again in the Netherlands?" And I liked that question a lot, so in way, we sort of started to connect these two different worlds. This is how my brain works, by the way.

(Laughter)

I would love to keep on doing this for an hour, but OK --

(Laughter)

And this is the result that we made: a bicycle path which charges at daytime via the sun and glows at night, up to eight hours.

(Applause)

Thank you.

... hinting towards a future which should be energy friendly and linking up the local grounds as Van Gogh literally walked and lived there in 1883. And you can go there every night for free, no ticket needed. People experience the beauty of cycling through the starry night, thinking about green energy and safety.

I want to create places where people feel connected again. And it was somehow great to make these projects happen with the industry, with the infrastructure companies. So when these sheikhs of Qatar started to call: "How much for 10 kilometers?"

(Laughter)

Yeah, really, that's a weird call you're going to get. But it's fascinating that this is not just a sort of one-off, nice-to-have special. I think this kind of creative thinking, these kinds of connections -- it's the new economy.

The World Economic Forum, the think tank in Geneva, did an interview with a lot of smart people all around the world, asking, "What are the top 10 skills you and I need to become successful?" And what is interesting, what you see here: it's not about money or being really good in C++, although these are great skills to have, I have to admit. But look at number three, creativity; number two, critical thinking; number one, complex problem-solving -- all the things a robot or a computer is really bad at. And this makes me very optimistic, very hopeful for the new world, that as we will live in this hyper-technological world, our human skills -- our desire for empathy, our desire for curiosity, our desire for beauty -- will be more appreciated again, and we will live in a world where creativity is our true capital.

And a creative process like that -- I don't know how it works for you, but in my brain, it always starts with a question: Why? Why does a jellyfish emit light? Or a firefly? Or why do be accept pollution? This is from my room in Beijing three years ago. Left image is a good day -- Saturday. I can see the cars and the people, the birds; life is OK in a dense urban city. And on the right image -- holy moly. Pollution -- complete layers. I couldn't even see the other side of the city. And this image made me really sad. This is not the bright future we envision here at TED -- this is the horror. We live five to six years shorter; children have lung cancer when they're six years old. And so in a weird, beautiful way, I, at that moment, became inspired by Beijing smog.

And the governments all around the world are fighting their war on smog, but I wanted to make something within the now. So we decided to build the largest smog vacuum cleaner in the world. It sucks up polluted air, cleans it and then releases it. And we built the first one. So it sucks up 30,000 cubic meters per hour, cleans it on the nano level -- the PM2.5, PM10 particles -- using very little electricity, and then releases the clean air, so we have parks, playgrounds, which are 55 to 75 percent more clean than the rest of the city.

(Applause)

Yes!

(Applause)

And every month or so, it opens like a spaceship -- like a Marilyn Monroe with the -- well, you know what. Anyway.

(Laughter)

So this ... this is the stuff we are capturing. This is Beijing smog. This is in our lungs right now. If you live next to a highway, it's the same as 17 cigarettes per day. Are we insane? When did we say yes to that? And we had buckets of this disgusting material in our studio, and on a Monday morning, we were discussing, we were like, "Shit, what should we do with it? Should we throw it away?" Like, "Help!" And then we realized: no, no, no, no, no -- waste should not exist. Waste for the one should be food for the other. So, here, maybe show it around. Do not put this in your coffee.

(Laughter)

And we realized that 42 percent is made out of carbon, and carbon, of course, under high pressure, you get ... diamonds. So, inspired by that, we compress it for 30 minutes --

(Cracking sound)

and make smog-free rings.

(Laughter)

And so by sharing -- yeah, really! And so by sharing a ring, you donate 1,000 cubic meters of clean air to the city the tower is in.

(Applause)

I have one here --

(Applause)

A little floating cube. I will give one to you. I'm not going to propose, don't worry.

(Laughter)

Are we good? You can show it around.

And we put this online -- Kickstarter campaign, crowdfunding. And people started to preorder it, but more importantly, they started to prepay it. So the finance we made with the jewelry helped us to realize, to build the first tower. And that's powerful. So the waste the activator, it was the enabler. Also, the feedback from the community -- this is a wedding couple from India, where he proposed to her with the smog-free ring as a sign of true beauty, as a sign of hope. And she said yes.

(Laughter)

I love this image so much for a lot of different reasons.

(Laughter)

And right now, the project is touring through China, actually with the support of China's central government. So the first goal is to create local clean-air parks, and that works already quite well -- 55,75 percent more clean. And at the same time, we team up with the NGOs, with the governors, with the students, with the tech people, to say, "Hey, what do we need to do to make a whole city smog-free?" It's about the dream of clean air. We do workshops. New ideas pop up. These are smog-free bicycles which -- I'm Dutch, yes? -- I have this "bicycle DNA" inside of me somewhere. And so it sucks up polluted air, it cleans it and releases it, in the fight against the car, in the celebration of the bicycle.

And so right now, we're working on a sort of "package deal," so to speak, where we say, "Smog-free towers, smog-free rings." We go to the mayors or the governors of this world, and say, "We can guarantee a short-term reduction of pollution between 20 and 40 percent. Please sign here right now." Yes?

(Applause)

Thank you.

(Applause)

So it's all about connecting new technology with creative thinking. And if you start thinking about that, there is so much you can imagine, so much more you can do. We worked on dance floors which produce electricity when you dance on them. We did the design for that -- 2008. So it moves eight or nine millimeters, produces 25 watts. The electricity that we generate is used for the lighting or the DJ booth. So some of the sustainability is about doing more, not about doing less.

But also on a larger scale, the Netherlands, where I'm from, we live below sea level. So because of these beauties -- the Afsluitdijk: 32 kilometers, built by hand in 1932 -- we live with the water, we fight with the water, we try to find harmony, but sometimes we forget. And therefore, we made "Waterlicht," a combination of LEDs and lenses, which show how high the water level would be -- global change -- if we stop. If, today, we all go home and we say, "Oh, whatever, somebody else will do it for us," or we'll wait for government or whomever. You know, we're not going to do that. It goes wrong. And we placed this in public spaces all around the world. Thousands of people showed up.

(Applause)

Thank you. You're too nice, you're too nice. That's not good for a designer.

So thousands of people showed up, and some, actually, were scared. And they left; they experienced the floods in 1953. And others were mesmerized. Can we make floating cities? Can we generate electricity from the change in tides? So I think it's so important to make experiences -- collective experiences -- where people feel connected with a vision, with a future and trigger what is possible.

At the same time, you know, these kinds of things -- they're not easy, yes? It's a struggle. And what I experienced in my life is that a lot of people say they want innovation, and they want the next and the new, the future. But the moment you present a new idea, there's this weird tendency to reply to every new idea starting with two words. Which are?

(Audience guesses)

No, not "How much?" It's more annoying.

(Laughter)

What is it, guys? Or you're really blessed people? That's really good.

"Yes, but." Very good. "Yes, but: it's too expensive, it's too cheap, it's too fast, it's too slow, it's too beautiful, it's too ugly, it can not be done, it already exists." I heard everything about the same project in the same week. And I got really, really annoyed. I got a bit of gray hair, started to dress in black like a true architect.

(Laughter)

And one morning I woke up and I said, "Daan, stop. This is dragging you down. You have to do something with this. You have to use it as an ingredient, as a component." And so we decided to build, to realize the famous "Yes, but" chair.

(Laughter)

And this is an existing chair by Friso Kramer, a Dutch design. But we gave it a little "update," a little "hack," so to speak. We placed a little voice-recognition element right here. So the moment you sit on that chair, and you say those two horrible, creative-destructive, annoying little words --

(Laughter)

you get a short --

(Laughter)

but pretty intense little shock on the back side of your bottom.

(Laughter)

(Applause)

And --

(Applause)

and that works; yeah, that works. Some clients have left us, they got really mad. Fortunately, the good ones have stayed. And, of course, we also apply it to ourselves.

But ladies and gentlemen, let's not be afraid. Let's be curious, yes? And, you know, walking through TED in these days and hearing the other speakers and feeling the energy of the crowd, I was remembering this quote of the Canadian author, Marshall McLuhan, who once famously said, "On spacecraft earth, there are no passengers. We are all crew." And I think this so beautiful. This is so beautiful! We're not just consumers; we're makers: we make decisions, we make new inventions, we make new dreams. And I think if we start implementing that kind of thinking even more within today, there's still a whole new world to be explored.

All right, thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

この暗闇で光る小さな星を 覚えていますか? 子供の頃 よく天井に 貼っていたものです これは光 純粋な光です 5歳の頃 私は飽きもせずに ずっとこれを 見つめていました とても美しく 電気代がかからず 手入れも不要で ただ そこに あり続けます

2年前 私たちはラボで 専門家と一緒に これをもっと耐久性があって 明るいものにできないかと 検討していました 同時に私たちは この人物から依頼を受けました ファン・ゴッホ 有名なファン・ゴッホ財団が オランダで没後125年記念を やりたいと考え 私のところに来て 聞いたのです 「オランダに ゴッホが 蘇ったように感じられる場を 作れないものだろうか?」 その問いが気に入って この2つの 異なる世界を繋げようと 試み始めました ちなみに これが 私の頭が働く方法です

(笑)

こうやって1時間でも やっていたいところですが ―

(笑)

これが結果として 得られたものです 自転車道ですが 日中に太陽光で充電して 夜の間 8時間光り続けます

(拍手)

どうも

エネルギーを節約した 未来を想起させ ゴッホ自身が1883年に住み 文字通り歩んでいた場所を 結んでいます 毎晩でも行くことができ お金もかかりません 星空の下 自転車に乗る 素晴らしさを体験でき グリーンエネルギーや安全について 思いを巡らせます

人々が再び繋がっていると感じられる 場所を 私は作りたいのです このようなプロジェクトを インフラ企業とともに作り出せるのは 素晴らしいことでした カタールのシャイフたちから 「あれは10kmでいくらだ?」と 電話が来たりするようになりました

(笑)

本当の話です 奇妙な問い合わせですが これが単に一度限りの あったら良いもので終わらない というのは素敵なことです このようなクリエイティブな思考 このような繋がりが 新時代の経済なのだと思います

世界経済フォーラムという ジュネーブのシンクタンクが 世界中の賢明なる人々に 尋ねました 「成功するために最も必要な 10のスキルは何か?」 これを見ると興味深いです お金のことでもないし C++で上手くプログラミング できることでもありません そういう技術があれば 素晴らしいとは思いますが 3番目のを見てください 「創造力」 2番目は「批判的思考力」 1番目は「高度な問題解決力」 いずれもロボットやコンピューターが 苦手とすることです これは新しい世界に対して 楽観と希望を抱かせてくれます この高度に技術が進んだ 世界に暮らしていて 私たちの人間的なスキル ― 共感したい気持ち 好奇心 美を求める心 それが再び 大事にされるようになるのです 創造性が真の資本となる世界に 私たちは生きることになるのです

ああいう創造のプロセスは ― 皆さんは どうかわかりませんが 私の頭の場合 いつも疑問から出発します 「どうしてだろう?」 どうしてクラゲは 光るんだろう? ホタルは? どうして我々は 公害を我慢しているんだろう? これは3年前の 北京の私の部屋からの眺めです 左は良い日の場合 ― 土曜日です 車や人々や鳥が見えます 密集した都会での生活も 悪くありません 右の写真は ― ぞっとします 公害に すっかり覆われています 街の向こう側さえ 見えません この写真を見ると 気が滅入ります ここTEDで私たちが思い描く 明るい未来の姿ではありません ぞっとするものです 寿命が5~6年縮まります 6歳の子が 肺がんにかかったりします 奇妙で素晴らしい具合に 私は その時 北京のスモッグから インスピレーションを得ました

世界中の政府が スモッグと戦っていますが 私は今できるものを 何か作りたいと思いました それで世界最大のスモッグ掃除機を 作ろうと決めたんです 汚れた空気を吸い込んで きれいにしてから 吐き出します 最初の1つを 実際に作りました 1時間に3万立方メートルの空気を取り込んで ナノレベルできれいにし PM2.5とか PM10といった 微粒子を取り除きます わずかな電力しか使わず きれいな空気を作ります 公園や遊び場の空気が 街の他の場所よりも 55~75%きれいになります

(拍手)

そうなんです

(拍手)

月に1度ほど これが宇宙船のように 開きます あるいは マリリン・モンローのあの ― まあ何にせよ ―

(笑)

これがその 集めているものです 北京のスモッグです これが私たちの 肺の中にあるんです 幹線道路脇に住むのは 日に17本タバコを吸うことに相当します どうかしてますよね? そんなことに いつ同意したんでしょう? 私のスタジオには この汚らしいものが バケツ何杯もありました ある月曜の朝に 議論しました 「こいつをどうしたもんだろう? 捨てるべきか?」 どうにかしてくれと それから思いました いや 何物も 無駄にすべきではないと あるところでのゴミが 別のところで食べ物になったりします どうぞ 回覧してください コーヒーに入れたり しないでください

(笑)

それの42%は 炭素だと分かりました そして炭素に 高圧をかけると できるのが ― そう ダイアモンドです そこから思い付いたのが これを30分ほど圧縮してやって

(ガチッ)

「スモッグ・フリー・リング(指輪)」を作る というアイデアです

(笑)

だからこれを ― いや まじめな話 この指輪を買うと あの塔のある都市に 千立方メートルのきれいな空気を 寄付することになります

(拍手)

ここに1つあります

(拍手)

浮かんでいる 小さなキューブです あなたに差し上げましょう プロポーズしたりしませんから 心配しないで

(笑)

大丈夫ですか? 周りの人にも 見せてあげてください

これを使って Kickstarterで クラウドファンディングしました 多くの人が予約し 前金を 出してくれました この指輪で得たお金で 私たちは最初の塔を 建てることができました これはとても強力な方法です そのようなやり方でこそ 実現できたのです コミュニティからの フィードバックもあります これはインドの 結婚したカップルです 彼はスモッグ・フリー・リングを 真の美 希望のしるしとして プロポーズしたんです そして彼女はイエスと言いました

(笑)

いろいろな意味で 私はこの写真がとても好きです

(笑)

現在このプロジェクトは 中国政府の援助を受けて 中国各地をまわっています 最初の目標は 空気のきれいな公園を作るということで これはすでにかなり 上手く行っていて 55~75% きれいになります 同時に私たちは NGOや 知事や 学生や 技術者と協力して 「都市全体からスモッグをなくすには どうすればいいか?」と考えています きれいな空気という夢です ワークショップを開いていて 新しいアイデアが湧き出てきます これはスモッグ・フリー自転車です ― オランダ人の私には 自転車のDNAがあるんです これは汚れた空気を吸い込み きれいにして吐き出します 自動車と戦って 自転車の素晴らしさを 称えるのです

私たちは今 一種のセット販売に 取り組んでいます 「スモッグ・フリー・タワーと スモッグ・フリー・リング」だと 世界各地の市長や 知事の元に赴いて 「短期間で大気汚染を 20~40%除去できると お約束できます どうか契約してください」 と言っています

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

これは新しい技術を 創造的思考に結び付けるという話です そういうことを 考え始めると 想像できること やれることは すごく沢山あります ダンスをすることで電力を生む ダンスフロアというのを 作りました デザインしたのが 2008年のことです 8~9ミリ上下することで 25ワット発電します 作った電気は照明や DJブースに使います 持続可能なものには より少なくでなく より多くやることで 実現されるものもあります

もっと大きなスケールの 話もあります 私の国オランダでは 人々は海面より低いところに住んでいます この見事な締め切り大堤防 ― 1932年に手で作られた 32kmに及ぶ堤防のお陰で 私たちは水と共に生き 水と戦い 水との調和を はかろうとしていますが 時に忘れてしまいます それで私たちは Waterlicht(水の光)を作りました LEDとレンズの 組み合わせにより 私たちが放っておいたら 地球温暖化で 海水面がどれほど 上昇するかを 示しています もし みんなが 今何もせず 「他の誰かがやってくれるさ」と 政府か誰かが どうにかしてくれるのを 待っていたら どうなるか そういうわけには いきませんよね まずいことになります 私たちはこれを 世界中の公共の場に設置し 何千という人々が やってきました

(拍手)

どうも 皆さん優しいですね デザイナーを そんなに甘やかすもんじゃありません

何千という人々が やってきましたが 怖くなって 帰ってしまった人もいます 1953年の洪水を 思い出したのでしょう また 心奪われたように 見入る人もいました 浮かぶ都市を作ることは 可能だろうか? 潮の満ち干で発電することは できるだろうか? 集団的な体験を 生み出すことは とても重要だと思います 人々がビジョンに 未来に繋がったように感じ 何が可能か 考え始めるように

同時に そういったことは 簡単ではありません 努力が必要です 私がこれまでの人生で 経験してきたのは 多くの人が イノベーションを望むと言い 次に来るもの 新しいもの 未来が欲しいのだと言いながら 実際に新しいアイデアを 提示した途端 どんな新しいアイデアも 決まって ある二言で始まる拒絶に遭うという 妙な傾向があります 何か分かりますか?

(聴衆が答える)

「いくら?」ではありません もっと不快なものです

(笑)

さあ何でしょう? 皆さんは恵まれていらっしゃる いいことです

“Yes, but”(いいね でも・・・) その通り 「いいね でも 高すぎる 安っぽい 速すぎる 遅すぎる きれいすぎる 醜すぎる 不可能だ すでにある」 同じ週のうちに 同じプロジェクトについて あらゆることを耳にしました ものすごく煩わしいです 髪に白いものが交じり 本物の建築家みたいに 黒い服を着はじめる始末です

(笑)

ある朝目覚めて 思いました 「だめだ これじゃあ引きずられるばかりだ どうにかしないと これを素材として 何かに使ってやろう」 それで私たちは かの有名な “Yes, but”チェアを 実現することに決めました

(笑)

これはオランダのデザイナー フリソ・クラマーによる椅子ですが すこし「バージョンアップ」というか 「ハック」をしました 小さな音声認識装置を 付けてあって この椅子に座って あの おぞましい クリエイターに対して破壊的な 不快な言葉を 口にすると ―

(笑)

一瞬ながら ―

(笑)

かなりビリッとくる刺激を お尻に感じることになります

(笑)

(拍手)

そして ―

(笑)

これがうまく機能するんです 本当に腹を立てて 帰ってしまったクライアントもいますが 幸い良いお客さんは 残ってくれます もちろん私たち自身も これを使います

皆さんどうか 恐れないでください 好奇心を持ちましょう この数日 TEDに参加して 他のスピーカーの話を聞き 人々のエネルギーを 感じていたら カナダの作家マーシャル・マクルーハンの 言葉を思い出しました 彼は言っています 「宇宙船地球号に 乗客はいない 我々はみな乗組員だ」と 素晴らしい言葉だと思います 本当に素晴らしい 私たちは単なる消費者じゃありません 作り手です 私たちは 決断を 新しい発明を 新たな夢を 作り出します 今日にでも このような考え方を もっと実行に移し始めるなら 探求すべき新世界は まだまだあるのです

どうもありがとうございました

(拍手)

どうもありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画