TED日本語 - シュベンデュ・シャルマ: 自宅の裏庭に森を作る方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シュベンデュ・シャルマ: 自宅の裏庭に森を作る方法

TED Talks

自宅の裏庭に森を作る方法
How to grow a forest in your backyard
シュベンデュ・シャルマ
Shubhendu Sharma

内容

森は人間の生活から遠く離れた、広範囲に渡る保護区域である必要はありません。それどころか、今ここで、たとえ街中であっても、作ることができます。TEDフェローで環境起業家でもあるシュベンデュ・シャルマは、土、微生物や有機物を駆使して、植物が自生するプロセスをスピードアップし、びっしりと生い茂り、生物多様性に溢れた小規模の人工森林を都市部で育てる事業をしています。10年で100年分の森林を育て、小さなジャングルを楽しめるようになる方法とは?シャルマの解説を見ていきましょう。

Script

This is a man-made forest. It can spread over acres and acres of area, or it could fit in a small space -- as small as your house garden. Each of these forests is just two years old. I have a forest in the backyard of my own house. It attracts a lot of biodiversity.

(Bird call)

I wake up to this every morning, like a Disney princess.

(Laughter)

I am an entrepreneur who facilitates the making of these forests professionally. We have helped factories, farms, schools, homes, resorts, apartment buildings, public parks and even a zoo to have one of such forests. A forest is not an isolated piece of land where animals live together. A forest can be an integral part of our urban existence. A forest, for me, is a place so dense with trees that you just can't walk into it. It doesn't matter how big or small they are.

Most of the world we live in today was forest. This was before human intervention. Then we built up our cities on those forests, like Sao Paulo, forgetting that we belong to nature as well, as much as 8.4 million other species on the planet. Our habitat stopped being our natural habitat. But not anymore for some of us. A few others and I today make these forests professionally -- anywhere and everywhere.

I'm an industrial engineer. I specialize in making cars. In my previous job at Toyota, I learned how to convert natural resources into products. To give you an example, we would drip the sap out of a rubber tree, convert it into raw rubber and make a tire out of it -- the product. But these products can never become a natural resource again. We separate the elements from nature and convert them into an irreversible state. That's industrial production.

Nature, on the other hand, works in a totally opposite way. The natural system produces by bringing elements together, atom by atom. All the natural products become a natural resource again. This is something which I learned when I made a forest in the backyard of my own house. And this was the first time I worked with nature, rather than against it. Since then, we have made 75 such forests in 25 cities across the world. Every time we work at a new place, we find that every single element needed to make a forest is available right around us. All we have to do is to bring these elements together and let nature take over.

To make a forest we start with soil. We touch, feel and even taste it to identify what properties it lacks. If the soil is made up of small particles it becomes compact -- so compact, that water can not seep in. We mix some local biomass available around, which can help soil become more porous. Water can now seep in. If the soil doesn't have the capacity to hold water, we will mix some more biomass -- some water-absorbent material like peat or bagasse, so soil can hold this water and it stays moist.

To grow, plants need water, sunlight and nutrition. What if the soil doesn't have any nutrition in it? We don't just add nutrition directly to the soil. That would be the industrial way. It goes against nature. We instead add microorganisms to the soil. They produce the nutrients in the soil naturally. They feed on the biomass we have mixed in the soil, so all they have to do is eat and multiply. And as their number grows, the soil starts breathing again. It becomes alive.

We survey the native tree species of the place. How do we decide what's native or not? Well, whatever existed before human intervention is native. That's the simple rule. We survey a national park to find the last remains of a natural forest. We survey the sacred groves, or sacred forests around old temples. And if we don't find anything at all, we go to museums to see the seeds or wood of trees existing there a long time ago. We research old paintings, poems and literature from the place, to identify the tree species belonging there.

Once we know our trees, we divide them in four different layers: shrub layer, sub-tree layer, tree layer and canopy layer. We fix the ratios of each layer, and then we decide the percentage of each tree species in the mix. If we are making a fruit forest, we increase the percentage of fruit-bearing trees. It could be a flowering forest, a forest that attracts a lot of birds or bees, or it could simply be a native, wild evergreen forest.

We collect the seeds and germinate saplings out of them. We make sure that trees belonging to the same layer are not planted next to each other, or they will fight for the same vertical space when they grow tall. We plant the saplings close to each other. On the surface, we spread a thick layer of mulch, so when it's hot outside the soil stays moist. When it's cold, frost formation happens only on the mulch, so soil can still breathe while it's freezing outside. The soil is very soft -- so soft, that roots can penetrate into it easily, rapidly.

Initially, the forest doesn't seem like it's growing, but it's growing under the surface. In the first three months, roots reach a depth of one meter. These roots form a mesh, tightly holding the soil. Microbes and fungi live throughout this network of roots. So if some nutrition is not available in the vicinity of a tree, these microbes are going to get the nutrition to the tree. Whenever it rains, magically, mushrooms appear overnight. And this means the soil below has a healthy fungal network.

Once these roots are established, forest starts growing on the surface. As the forest grows we keep watering it -- for the next two to three years, we water the forest. We want to keep all the water and soil nutrition only for our trees, so we remove the weeds growing on the ground. As this forest grows, it blocks the sunlight. Eventually, the forest becomes so dense that sunlight can't reach the ground anymore. Weeds can not grow now, because they need sunlight as well.

At this stage, every single drop of water that falls into the forest doesn't evaporate back into the atmosphere. This dense forest condenses the moist air and retains its moisture. We gradually reduce and eventually stop watering the forest. And even without watering, the forest floor stays moist and sometimes even dark. Now, when a single leaf falls on this forest floor, it immediately starts decaying. This decayed biomass forms humus, which is food for the forest. As the forest grows, more leaves fall on the surface -- it means more humus is produced, it means more food so the forest can grow still bigger. And this forest keeps growing exponentially.

Once established, these forests are going to regenerate themselves again and again -- probably forever. In a natural forest like this, no management is the best management. It's a tiny jungle party.

(Laughter)

This forest grows as a collective. If the same trees -- same species -- would have been planted independently, it wouldn't grow so fast. And this is how we create a 100-year-old forest in just 10 years.

Thank you very much.

(Applause)

こちらは人工森林です 何ヘクタールもの広さに 及ぶこともあれば 狭いスペースに 造ることもできます 皆さんの家の庭サイズとかね この人口森林はそれぞれが できてから わずか2年です 私の自宅の裏庭にもあります 生物多様性に優れています

(鳥の鳴き声)

毎朝起きるたびに ディズニーのプリンセスのような気分になります

(笑)

私は起業家です このような森林づくりを 仕事にしています 私の事業では 工場や 農園 学校 住宅 リゾート地 マンションのビル 市民公園 動物園にさえ 人工森林を造っています 森林とは動物たちが共存する 単独の土地ではありません 都市部に欠かせないものにも なりえます 私にとって森林とは 人が入れないほど 木が生い茂っている場所です 大きさは関係ありません

こんにち私たちが住む世界は かつては森林でした 人類が侵入する前の話です そして私たちは森林を街に変え ― 例えばサンパウロとか ― 私たち人類も自然の一部であることを 忘れてしまいました 地球上の840万種の生物が すみかとしている自然です 人間の生息地はもはや 自然来のものではありません しかしそれも 少しずつ変わってきています 私は数人の仲間と手を組んで 事業として人工森林をどこにでも そして あらゆるところに造っています

私は産業エンジニアでもあります 車づくりを専攻にしています 以前働いていたトヨタでは 天然資源をどのように 製品に変えるのかを学びました 例えば ゴムの木から樹液を絞り出し 天然ゴムに変えて タイヤ製品を作り出します しかしこの様な製品は二度と 天然資源には戻りません 私たちは自然の要素を 部分的に取り出して 元に戻せない状態にしているのです それが工業生産です

一方で自然は 正反対の仕組みで動いています 原子一つ一つを組み合わせて 別のものを生み出すのです 自然の産物はすべてが 天然資源に戻ります これは私が自分の裏庭に 森林を造ったときに 学んだことです 自然に反してではなく 自然と共に何かをしたのは これが初めてでした その時以来 私たちは25の都市に 75の森林を作りました 新しい土地での仕事に着手するたびに 森林を作るにあたって必要な要素は 1つ残らず ごく身近なところにあると 実感します やるべきことはただ1つ 手に入る要素をまとめるだけ あとは自然に任せるんです

森林造りは土から始まります 触ったり、感じたり、食べたりもしながら その土に欠けている成分を見極めます 土の成分がきめ細かい場合は 水が浸み込まないほど コンパクトになります 私たちは身近にある 有機物を混ぜ合わせ 通水性を良くします これでようやく 水が浸み込むようになります 土に保水力がない場合は 有機物を追加して 泥炭やバガスといわれる植物繊維などの 吸水物と混ぜ 土が水分を失わず 湿った状態を保てるようにします

植物が育つには 水と日光と栄養が必要です 土に栄養がない場合は どうするべきでしょうか? 直接栄養を与えるような ことはしません それでは産業と同じです 自然に反しています なので代わりに微生物を加えます 微生物は土の中で 養分を自然に作り出します 土に含まれる 有機物がエサなので ひたすら食べて増殖するだけです 微生物が増えるにつれ 土が呼吸を再開します 土が生き返るのです

私の事業では その土地の 在来木本種の調査もします 在来種かそうでないかを 見分ける方法は? 答えは 人類の侵入以前に 存在していたもの全てが在来です ごく単純な法則です 国立公園を調査して 天然森林の生き残りを 探すのも仕事です 神聖な林や森林を 寺院の周りで 調査したりもします そこで何も見つからなければ 博物館へ行き 大昔に存在していた木からの 木材や種子を探します 現地の古い絵画、詩、文献を 研究することで その土地に属する樹木の種類を 突き止めます

いったん種類が分かったら それらを4つの層に分けます 低木層、 亜高木層、 高木層 そして林冠層です それぞれの層の割合を定めてから 植える樹木各種の割合を決めます 果樹中心の森を作る場合は 果樹の割合を大きくします 花が咲きみだれ たくさんの鳥やハチを引き寄せる森林や シンプルに 自生の 常緑植物からなる森林も作れます

種を集めて 発芽させ 苗になるまで育てます 同じ層に属する木は 隣り同士には 植えないようにしています 背が伸びるにつれて 同じ高さの空間を 取り合うことになりますからね 苗木は近くに集めて植えておきます 表面は分厚い腐葉土の層で覆って 暑いときでも 土の湿度が保てるようにします 寒いときには 霜が降りるのは腐葉土までなので 極寒の中でも 土は呼吸できる状態になります 土はとても柔らかいので 根が地中に簡単に貫通しますし 伸びる時間もかかりません

最初の頃は 成長しているように 見えなくても 森林は地下で育っているのです 最初の3ヶ月で 根は1mほどの深さに届きます この根が網目を形成し 土をしっかりと保持します 微生物や菌類が この網にびっしりと棲みつきます このため 木の周辺に栄養がなくても 微生物が栄養を補給してくれます 雨が降れば 魔法のように キノコが夜のうちに生えてきます これは 地下に元気なキノコの網が あるということです

いったん根が定着すれば 地上でも森林の成長が始まります 森林が育つ2~3年の間は 人の手で水をやり続けます 育てている木だけに 水や栄養を送りたいので 雑草を抜いたりします 森林が育つほどに 日光が遮られるようになります 終いには 日光が地面に届かないほど 木が密集します すると 日光を必要とする 雑草も生えてきません

この段階では 森に落ちてきた水は1滴たりとも 蒸発して大気に戻ることはありません この密林が湿った空気を凝縮して 湿度を保ちます ここで徐々に水をやるのを やめていきます すると水をやらなくても 森の地面は湿度を保ち 暗いままであることもあります さて ここで1枚でも葉が落ちると すぐに腐敗が始まります この腐敗した有機物が 腐植土を作ります 森林の食料となるものです 森林が大きくなるにつれ より多くの葉が落ち よりたくさんの腐植土ができます 森林がさらに育つための 食べ物が増えるのです そして森林は急成長を続けます

一度土台ができれば この森林は何度でも再生します 多分永遠に再生するでしょう このような天然森林には どんな管理も適しません 小さなジャングルパーティ と化します

(笑)

この人工森林は 1つの共同体として育ちます もし同種の木が それぞれ単体で 植えられたとしたら こんなに早く育たないでしょう これが100歳の森林を 10年で作る方法でした

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画