TED日本語 - マヌーシュ・ゾモロディ: 退屈な時に優れたアイデアが思いつく仕組み

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マヌーシュ・ゾモロディ: 退屈な時に優れたアイデアが思いつく仕組み

TED Talks

退屈な時に優れたアイデアが思いつく仕組み
How boredom can lead to your most brilliant ideas
マヌーシュ・ゾモロディ
Manoush Zomorodi

内容

洗濯物をたたんでいる時やお皿を洗っている時、あるいは特段何もしていない時に際立って優れたアイデアを思いつくことが時々ありませんか?それはなぜなら、あなたの身体が自動操縦の状態になっている時、脳は忙しく活動し、アイデアをつなぎ合わせ問題解決するための神経結合を新たに形成しているからなのです。マヌーシュ・ゾモロディによる、何もしない時間を作ることと創造性の関係についての説明を聴いて、退屈することを愛おしく思えるようになりましょう。

Script

My son and the iPhone were born three weeks apart in June 2007. So while those early adopters were lined up outside, waiting to get their hands on this amazing new gadget, I was stuck at home with my hands full of something else that was sending out constant notifications --

(Laughter)

a miserable, colicky baby who would only sleep in a moving stroller with complete silence. I literally was walking 10 to 15 miles a day, and the baby weight came off. That part was great.

But man, was I bored. Before motherhood, I had been a journalist who rushed off when the Concorde crashed. I was one of the first people into Belgrade when there was a revolution in Serbia. Now, I was exhausted. This walking went on for weeks. It was only until about three months in that something shifted, though. As I pounded the pavement, my mind started to wander, too. I began imagining what I would do when I finally did sleep again.

So the colic did fade, and I finally got an iPhone and I put all those hours of wandering into action. I created my dream job hosting a public radio show. So there was no more rushing off to war zones, but thanks to my new smartphone, I could be a mother and a journalist. I could be on the playground and on Twitter at the same time. Yeah, well, when I thought that, when the technology came in and took over, that is when I hit a wall.

So, I want you to picture this: you host a podcast, and you have to prove that the investment of precious public radio dollars in you is worth it. My goal was to increase my audience size tenfold. So one day, I sat down to brainstorm, as you do, and I came up barren. This was different than writer's block, right? It wasn't like there was something there waiting to be unearthed. There was just nothing. And so I started to think back: When was the last time I actually had a good idea? Yeah, it was when I was pushing that damn stroller. Now all the cracks in my day were filled with phone time. I checked the headlines while I waited for my latte. I updated my calendar while I was sitting on the couch. Texting turned every spare moment into a chance to show to my coworkers and my dear husband what a responsive person I was, or at least it was a chance to find another perfect couch for my page on Pinterest. I realized that I was never bored. And anyway, don't only boring people get bored?

But then I started to wonder: What actually happens to us when we get bored? Or, more importantly: What happens to us if we never get bored? And what could happen if we got rid of this human emotion entirely? I started talking to neuroscientists and cognitive psychologists, and what they told me was fascinating. It turns out that when you get bored, you ignite a network in your brain called the "default mode." So our body, it goes on autopilot while we're folding the laundry or we're walking to work, but actually that is when our brain gets really busy. Here's boredom researcher Dr. Sandi Mann.

(Audio) Dr. Sandi Mann: Once you start daydreaming and allow your mind to really wander, you start thinking a little bit beyond the conscious, a little bit into the subconscious, which allows sort of different connections to take place. It's really awesome, actually.

Manoush Zomorodi: Totally awesome, right?

So this is my brain in an fMRI, and I learned that in the default mode is when we connect disparate ideas, we solve some of our most nagging problems, and we do something called "autobiographical planning." This is when we look back at our lives, we take note of the big moments, we create a personal narrative, and then we set goals and we figure out what steps we need to take to reach them. But now we chill out on the couch also while updating a Google Doc or replying to email. We call it "getting shit done," but here's what neuroscientist Dr. Daniel Levitin says we're actually doing.

(Audio) Dr. Daniel Levitin: Every time you shift your attention from one thing to another, the brain has to engage a neurochemical switch that uses up nutrients in the brain to accomplish that. So if you're attempting to multitask, you know, doing four or five things at once, you're not actually doing four or five things at once, because the brain doesn't work that way. Instead, you're rapidly shifting from one thing to the next, depleting neural resources as you go.

(Audio) MZ: So switch, switch, switch, you're using glucose, glucose, glucose.

(Audio) DL: Exactly right, and we have a limited supply of that stuff.

MZ: A decade ago, we shifted our attention at work every three minutes. Now we do it every 45 seconds, and we do it all day long. The average person checks email 74 times a day, and switches tasks on their computer 566 times a day. I discovered all this talking to professor of informatics, Dr. Gloria Mark.

(Audio) Dr. Gloria Mark: So we find that when people are stressed, they tend to shift their attention more rapidly. We also found, strangely enough, that the shorter the amount of sleep that a person gets, the more likely they are to check Facebook. So we're in this vicious, habitual cycle.

MZ: But could this cycle be broken? What would happen if we broke this vicious cycle? Maybe my listeners could help me find out. What if we reclaimed those cracks in our day? Could it help us jump-start our creativity? We called the project "Bored and Brilliant." And I expected, you know, a couple hundred people to play along, but thousands of people started signing up. And they told me the reason they were doing it was because they were worried that their relationship with their phone had grown kind of ... "codependent," shall we say.

(Audio) Man: The relationship between a baby and its teddy bear or a baby and its binky or a baby that wants its mother's cradle when it's done with being held by a stranger --

(Laughs)

that's the relationship between me and my phone.

(Audio) Woman: I think of my phone like a power tool: extremely useful, but dangerous if I'm not handling it properly.

(Audio) Woman 2: If I don't pay close attention, I'll suddenly realize that I've lost an hour of time doing something totally mindless.

MZ: OK, but to really measure any improvement, we needed data, right? Because that's what we do these days. So we partnered with some apps that would measure how much time we were spending every day on our phone. If you're thinking it's ironic that I asked people to download another app so that they would spend less time on their phones: yeah, but you gotta meet people where they are.

(Laughter)

So before challenge week, we were averaging two hours a day on our phones and 60 pickups, you know, like, a quick check, did I get a new email? Here's what Tina, a student at Bard College, discovered about herself.

(Audio) Tina: So far, I've been spending between 150 and 200 minutes on my phone per day, and I've been picking up my phone 70 to 100 times per day. And it's really concerning, because that's so much time that I could have spent doing something more productive, more creative, more towards myself, because when I'm on my phone, I'm not doing anything important.

MZ: Like Tina, people were starting to observe their own behavior. They were getting ready for challenge week. And that Monday, they started to wake up to instructions in their inbox, an experiment to try.

Day one: "Put it in your pocket." Take that phone out of your hand. See if you can eliminate the reflex to check it all day long, just for a day. And if this sounds easy, you haven't tried it. Here's listener Amanda Itzko.

(Audio) Amanda Itzko: I am absolutely itching. I feel a little bit crazy, because I have noticed that I pick up my phone when I'm just walking from one room to another, getting on the elevator, and even -- and this is the part that I am really embarrassed to actually say out loud -- in the car.

MZ: Yikes. Yeah, well, but as Amanda learned, this itching feeling is not actually her fault. That is exactly the behavior that the technology is built to trigger.

(Laughter)

I mean, right? Here's former Google designer, Tristan Harris.

(Audio) Tristan Harris: If I'm Facebook or I'm Netflix or I'm Snapchat, I have literally a thousand engineers whose job is to get more attention from you. I'm very good at this, and I don't want you to ever stop. And you know, the CEO of Netflix recently said, "Our biggest competitors are Facebook, YouTube and sleep." I mean, so there's a million places to spend your attention, but there's a war going on to get it.

MZ: I mean, you know the feeling: that amazing episode of "Transparent" ends, and then the next one starts playing so you're like, eh, OK fine, I'll just stay up and watch it. Or the LinkedIn progress bar says you are this close to having the perfect profile, so you add a little more personal information. As one UX designer told me, the only people who refer to their customers as "users" are drug dealers and technologists.

(Laughter)

(Applause)

And users, as we know, are worth a lot of money. Here's former Facebook product manager and author, Antonio Garcia Martinez.

(Audio) Antonio Garcia Martinez: The saying is, if any product is free then you're the product; your attention is the product. But what is your attention worth? That's why literally every time you load a page, not just on Facebook or any app, there's an auction being held instantly, billions of times a day, for exactly how much that one ad impression cost.

MZ: By the way, the average person will spend two years of their life on Facebook. So, back to challenge week. Immediately, we saw some creativity kick in. Here's New Yorker Lisa Alpert.

(Audio) Lisa Alpert: I was bored, I guess. So I suddenly looked at the stairway that went up to the top of the station, and I thought, you know, I had just come down that stairway, but I could go back up and then come back down and get a little cardio. So I did, and then I had a little more time, so I did it again and I did it again, and I did it 10 times. And I had a complete cardio workout. I got on that R train feeling kind of exhausted, but, like, wow, that had never occurred to me. How is that possible?

(Laughter)

MZ: So creativity, I learned, means different things to different people.

(Laughter)

But everyone found day three's challenge the hardest. It was called "Delete that app." Take that app -- you know the one; that one that always gets you, it sucks you in -- take it off your phone, even if just for the day. I deleted the game Two Dots and nearly cried.

(Laughter)

Yeah,Two Dots players know what I'm talking about. But my misery had good company.

(Audio) Man 2: This is Liam in Los Angeles, and I deleted Twitter, Facebook, Instagram, Tumblr, Snapchat and Vine from my phone in one fell swoop. And it was kind of an embarrassingly emotional experience at first. It felt weirdly lonely to look at that lock screen with no new notifications on it. But I really liked deciding for myself when to think about or access my social networks, not giving my phone the power to decide that for me. So thank you.

(Audio) Woman 3: Deleting the Twitter app was very sad, and I feel I maybe, over the last year when I've been on Twitter, have developed an addiction to it, and this "Bored and Brilliant" challenge has really made me realize it. After a brief period of really horrible withdrawal feeling, like lack-of-caffeine headache, I now feel lovely. I had a lovely dinner with my family, and I hope to continue this structured use of these powerful tools.

(Audio) Woman 4: I don't have that guilty gut feeling I have when I know I'm wasting time on my phone. Maybe I'll have to start giving myself challenges and reminders like this every morning.

MZ: I mean, yes, this was progress. I could not wait to see what the numbers said at the end of that week. But when the data came in, it turned out that we had cut down, on average, just six minutes -- from 120 minutes a day on our phones to 114. Yeah. Whoop-de-do.

So I went back to the scientists feeling kind of low, and they just laughed at me, and they said, you know, changing people's behavior in such a short time period was ridiculously ambitious, and actually what you've achieved is far beyond what we thought possible. Because more important than the numbers, were the people's stories. They felt empowered. Their phones had been transformed from taskmasters back into tools.

And actually, I found what the young people said most intriguing. Some of them told me that they didn't recognize some of the emotions that they felt during challenge week, because, if you think about it, if you have never known life without connectivity, you may never have experienced boredom. And there could be consequences. Researchers at USC have found -- they're studying teenagers who are on social media while they're talking to their friends or they're doing homework, and two years down the road, they are less creative and imaginative about their own personal futures and about solving societal problems, like violence in their neighborhoods. And we really need this next generation to be able to focus on some big problems: climate change, economic disparity, massive cultural differences. No wonder CEOs in an IBM survey identified creativity as the number one leadership competency.

OK, here's the good news, though: In the end,20,000 people did "Bored and Brilliant" that week. Ninety percent cut down on their minutes. Seventy percent got more time to think. People told me that they slept better. They felt happier. My favorite note was from a guy who said he felt like he was waking up from a mental hibernation.

Some personal data and some neuroscience gave us permission to be offline a little bit more, and a little bit of boredom gave us some clarity and helped some of us set some goals. I mean, maybe constant connectivity won't be cool in a couple of years. But meanwhile, teaching people, especially kids, how to use technology to improve their lives and to self-regulate needs to be part of digital literacy.

So the next time you go to check your phone, remember that if you don't decide how you're going to use the technology, the platforms will decide for you. And ask yourself: What am I really looking for? Because if it's to check email, that's fine -- do it and be done. But if it's to distract yourself from doing the hard work that comes with deeper thinking, take a break, stare out the window and know that by doing nothing you are actually being your most productive and creative self. It might feel weird and uncomfortable at first, but boredom truly can lead to brilliance.

Thank you.

(Applause)

私の息子とiPhoneは 3週間差で生まれました 2007年6月のことです 新商品をすぐ使いたいタイプの人たちが 外に行列を作り この素晴らしい新ガジェットを 手にするのを待っている頃 私は家に足止めされて 別のモノの相手で手一杯でした 常時 通知を発信し続けるモノです

(笑)

可哀そうに 泣き止まない赤ん坊 動いているベビーカーの中でしか眠らない しかも完全な静寂の中でないとダメ 実際に私は一日に 15~25km位 歩いていました 産後太りは解消されました この点は ラッキーでした

でも! 私は退屈でした 母親になる前 私はジャーナリストでした コンコルド機が墜落した時には駆けつけ セルビアで革命が起きた時には ベオグラードに一番のりした一人です その私が今 疲れ果てていました この歩き回る生活は 何週間も続きました しかし3か月ほどして 何かが変わりました 重い足取りで歩きながら 私の心も あちこちへ さまよい出していました 睡眠らしい睡眠を取れるようになった暁には 何をしようかと想像し始めました

息子の泣きも落ち着いてきて ようやく私はiPhoneを手に入れ ずっと想像してきたことを 実行に移しました 夢を自分の手で叶えたんです 公共のラジオ番組での司会です もう戦場に駆けつけたりしなくても 新しいスマホのおかげで 母親とジャーナリストを 兼業できるんです 公園にいながらTwitterを 見られるんです 同時にですよ と 思ったその時 スマホが生活の中心を 占めるようになって 私は壁にぶつかったんです

想像してみてください ポッドキャスト番組の司会になるには 公共のラジオが貴重なお金を 投資するだけの価値が自分にあることを 証明する必要があります 私の目標は 視聴者数を 10倍に増やすことでした ある日 座りこんで ブレイン・ストーミングをしました 皆さんもするでしょう でも 私には何もアイデアが 浮かびませんでした これは作家の行き詰まりとは 違いますね? 発掘されるのを待っている 何かがあった訳ではありません まさに空っぽだったんです それで振り返ってみました 私が最後に 良いアイデアを 思い付いたのはいつだったか? そう あのベビーカーと 悪戦苦闘していた時でした 今や 私のあらゆる隙間時間は 目一杯スマホ・タイムでした ラテを待っている間は ニュースのヘッドラインをチェックし カウチに腰を下ろしている間に カレンダーを更新 暇さえあれば メッセージを打って 同僚や最愛の夫には 私がいかに返信の早い人間か 示したりとか そうでなくても Pinterestの マイページに集めている 理想のカウチの画像を探したりとか 退屈でなんか 全くありませんでした どのみち 退屈だなんて言うのは つまらない人たちだけでは?

でもこんな疑問を感じ始めました 退屈している時 実際 何が自分に起きているんだろう? それよりも 退屈することが なかったら どうなるのか? そして この人間らしい感情を 完全に取り除いたらどうなるのか? 私は神経科学者や認知心理学者と 話をするようになり とても面白い話を聞きました 人が退屈している時 脳内の「デフォルト・モード」と呼ばれる ネットワークのスイッチが入るのです 身体は 洗濯物をたたんでいる間や 歩いて会社に向かっている間は 自動操縦状態なのですが 実際はこの時 脳はとても忙しく活動しています 退屈について研究している サンディ・マン博士はこう言っています

(音声)マン博士:ぼんやり空想にふけって 心を自由にさまよわせてあげると 意識を少し越えた思考が始まります 少し前意識に踏み込むのです そこではある種 異なった結合が起こります これは実にスゴイことです

マヌーシュ:なんともスゴイですね!

これが fMRI で見た私の脳ですが デフォルト・モードの時 私たちは バラバラのアイデアを結びつけ 殊更に厄介な問題を解決できます また「自伝的プランニング」と 呼ばれることも行います これは自分の人生を振り返り 大事な瞬間を記録し 自分なりの物語を作り出して それから目標を設定し それに達するために必要な ステップを見出すことです でも今私たちは カウチでくつろぎながら Googleドキュメントを更新したり 電子メールに返信したりもします やることを「片っ端から始末する」訳です でも神経科学者ダニエル・レヴィティンは 私たちが実際にしているのは こういうことだと言います

(音声)レヴィティン博士:注意を 他の事に移す度に 脳は神経化学的スイッチを 使う必要があり その注意を移す作業で 脳の栄養を使い切ってしまうんです マルチタスクを試みている時 つまり一度に 4つ5つのことをしている時 実際には同時に4つも5つも している訳ではありません 脳はそんなふうには 働かないからです ある事から次の事へと 短時間で移行しているのであって それに伴い神経の資源は 使い尽くされていきます

(音声)マヌーシュ:移行ばかりだと グルコースをどんどん使ってしまうんですね

(音声)レヴィティン博士:大正解 そしてグルコースには限りがあります

マヌーシュ:10年前は 仕事中に注意を他に移すのは 3分毎でした 今は45秒毎です しかも一日中そうやっているんです 平均して 人は一日に 74回メールチェックをし コンピュータ上のタスクを 一日に566回切り替えています 私がこういったことを知ったのは 情報学教授の グロリア・マーク博士との 話を通じてです

(音声)マーク博士:私たちは 人間はストレス下にあると より短時間で注意を他に移すという 傾向を見出しました さらに これは奇妙な発見ですが 睡眠時間が短いほど Facebookを 多くチェックする傾向があります この生活習慣の悪循環に 私たちは陥っている訳ですね

マヌーシュ:でもこのサイクルは 断ち切れないのでしょうか? この悪循環を断ち切ったら どうなるでしょうか? ラジオの視聴者が 答え探しを 手伝ってくれるかもしれません もし日中の隙間時間を取り戻したら どうなるでしょうか? 私たちの創造性を 一気に引き出してくれるでしょうか? 私たちはこの企画をこう呼びました 「退屈すれば脳はひらめく」 参加してくれるのは 2、3百人位だと予想していたところ 何千にも及ぶ人たちが 登録を始めました そして彼らが教えてくれた 登録の理由は スマホとの関係が ある種の「共依存」と言うべき状態に 陥っているのではという心配でした

(音声)男性:赤ん坊とテディベアや 赤ん坊とおしゃぶり あるいは赤ん坊が 知らない人に抱っこされた後で 母親の腕に 戻りたがるような関係 ―

(笑)

私とスマホの関係もそうです

(音声)女性:私のスマホは 電動工具のようだと思います すごく便利なんですけど 適切に扱わないと危険なの

(音声)女性2:よく注意していなかったら 何も考えずに1時間も無駄にしたと はっと気づく羽目になるでしょう

マヌーシュ:OK 改善の度合いを実際に測定するには データが必要ですよね? それが今どきのやり方ですからね そこで 毎日どれくらいの時間を スマホに費やしているか 測定してくれるアプリと 提携しました 皮肉だと思われるかもしれません 新たなアプリを スマホにダウンロードしてもらい そのアプリを使って スマホに費やす時間を減らそうなんて ええ でも現状に合わせて 始めるべきですしね

(笑)

チャレンジ・ウィーク以前 私たちがスマホに触れるのは 平均して一日あたり2時間で 手に取るのは60回 チラッとチェックする訳です 新着メールはあるかな?とか バード大学の学生 ティナには 自分に関する発見がありました

(音声)ティナ:今のところ私が スマホに費やしている時間は 一日あたり150~200分です そしてチェックするのは 一日あたり70~100回です 本当に困るわ だって これだけの時間があるなら もっと生産的で創造的なことに使ったり 自分のために使えたはずですし スマホをいじっている時は 大事なことを何もしていませんから

マヌーシュ:ティナのように 参加者は 自分の行動を観察し始め チャレンジ・ウィークに向けての 準備が整ってきました そしてその週の月曜日 朝起きたら受信箱の中の指示を読む という生活が始まりました そこに書いてあることを試すのです

1日目: 「スマホをポケットに入れなさい」 スマホを手から離し 一日中反射的にチェックしていたのを 止められるか見てみます たった一日だけです そしてこれが簡単だと思うのは 試したことがない人でしょう 視聴者のアマンダ・イツコは こう言いました

(音声)アマンダ:すごく うずうずします なんか変な感じです だって気づいたんですけど 私はちょっとした時でもチェックしてるんです 他の部屋に歩いて移動する時や エレベーターに乗った時にも しかもこれは ― 本当に言いにくいんですが ― 車の中でもです

マヌーシュ:あちゃー! ええ でもアマンダが学んだように この うずうずする感情は 実は彼女のせいではありません まさにこの行動を引き出すために 科学技術は作られているのです

(笑)

そうでしょう? 元Googleデザイナーの トリスタン・ハリスは言っています

(音声)トリスタン:Facebookも NetflixやSnapchatも あなたの注意をもっと 引きつけることを 仕事とする技術者を 実に千人は抱えています 人の注意を引くのに長けており 逃さないために必死です NetflixのCEOが 最近言っていたんですが 「我々の最大の競争相手は Facebook と Youtube そして睡眠」 つまり 皆さんの注意を引きつける場は 山のようにあって 我先にと争っているのです

マヌーシュ:身に覚えがあるでしょう ドラマ『トランスペアレント』の 感動的な回を観終わり 次の回が流れ始めて よしこれも見よう とか あるいは LinkedIn の プログレス・バーが 完璧なプロフィールに 近づいていると知らせてくると またちょっと個人情報を 足してしまいます ユーザー・エクスペリエンスの ある設計者によると 顧客のことを「ユーザー」と呼ぶのは ドラッグの売人と技術者だけだそうです

(笑)

(拍手)

そしてご存知のとおり ユーザーは大金に値するのです 元Facebookのプロダクト・マネージャーで 著書もある ― アントニオ・ガルシア・マルティネスは こう言っています

(音声)アントニオ:よく言われるように 商品が無料ということは 皆さん自身が商品なんです 皆さんの注目が商品ということです でも どれだけの価値でしょう? Facebook等のアプリ上だけでなく 皆さんがページを開く度に 一日に何十億回ものオークションが 即座に行われる程の価値です 1つの広告の表示にかかるコストが これで決まるんです

マヌーシュ:ちなみに 平均的な人は 人生のうち2年間を Facebookに費やします チャレンジ・ウィークの 話に戻りましょう すぐに創造性が 働き出すのが分かりました ニューヨーカーの リサ・アルパートによると

(音声)リサ:退屈だったと思います それで駅の最上階まで続く階段に 突然目をとめて こんなことを思いました 今あの階段を下りてきたけど また上がってみてもいいわね そしてまた下りてきたら ちょっとした有酸素運動ね それでやってみました もうちょっとだけ時間があったので 何度もやって 結局10回やりました ばっちり有酸素運動ができました 地下鉄の電車にでもなったような クタクタ感でしたけど そんなこと 経験したことなかったんです 一体何であんなことしたんだか

(笑)

マヌーシュ:こうして創造性は 表れ方に個人差があることも分かりました

(笑)

でも全員の意見が一致したのは 3日目の課題が最もハードだということでした 「あのアプリを削除」というものです あのアプリを削除するんです 分かるでしょ? いつもあなたを夢中にさせる ― そのアプリを削除します その日だけでもいいから 私はゲーム『Two Dots』を削除しました 泣きそうになりました

(笑)

そう やったことのある人なら 分かるでしょ でも私の悲劇には 格好の仲間がいました

(音声)男性2:ロサンゼルスのリアムです Twitter、Facebook、Instagram、Tumblr、Snapchat、それからVineを スマホから削除しました 一網打尽です はじめは何だか気恥ずかしいほど 感情的になりました ロック画面に 新たな通知が来ないのを見ると 妙な寂しさを感じました でも本当に気に入ったのは 自分の対人ネットワークについて いつ考えアクセスするかを スマホに委ねるのではなく 自分で決めることです だから感謝しています

(音声)女性3:Twitterの削除は 悲しかったわ 去年ずっとTwitterをしていて 依存症気味に なっていたのかも 「退屈すれば脳はひらめく」企画の おかげで気づきました 短期間 気持ちの上で 非常につらい離脱症状がありましたが カフェインが切れた時の 頭痛みたいなもので 今はとても素敵な気分です 家族と素敵な夕食の時間を過ごしました スマホみたいな強力なツールは 引き続き ルールを決めて使いたいと思います

(音声)女性4:スマホで時間を無駄にしていると 実感するまで 心底からの罪悪感がありません たぶんこんなふうに挑戦し 思い出す必要があるでしょう 毎朝ね

マヌーシュ:よし 進歩している と 週の終わりに 数値にどう出ているか見るのが 待ちきれませんでした でもデータを見てみると 私たちがカットできたのは 平均して たった6分間だと判明しました スマホの使用時間が 一日120分だったところ 114分になりました いやはや・・・

こうして 落ち込んだ私が 科学者たちの元に戻ると 笑い飛ばされ こう言われました 人の行動を変えるなんて こんな短期間では 馬鹿馬鹿しいほど野心的すぎると でも参加者が達成したことは 私たちの予想をはるかに超えていました なぜなら 時間の短縮よりも重要なのは 人々のストーリーだからです 彼らは力づけられました 彼らのスマホは タスクを司る存在ではなくなり ただのツールに戻ったんです

実際 一番面白いと思ったのは 若者の感想です 何人かが言うには チャレンジ・ウィークの間に 抱いた感情のいくつかは そうとは分からなかったそうです だって 考えてみてください 誰かとつながっていない人生を 全く知らなかったなら 退屈を経験したことも なかったのかもしれないのです これは将来に影響するかもしれません 南カリフォルニア大学の研究者が あることを見出しました 彼らの研究対象は ソーシャルメディアにアクセスしながら 友達との会話や宿題をする10代で 2年たつと 彼らが創造力と想像力を使って 自分自身の将来についてや 近隣での暴力等 社会問題の解決について 考える力は低下していました 私たちは本当に この次世代の人たちに 大きな問題に 注目してもらう必要があります 気候変動や経済の不均衡 大規模な文化差といったものです IBMの調査でCEOたちが 創造性を リーダーシップ能力の 第1位に据えたのも当然です

OK でも良い知らせがあります 最終的にその週 2万人が 「退屈すれば脳はひらめく」企画に取り組み 90%の人たちは 使用時間を減らしました 70%の人たちは 考える時間が増えました 今までより良く眠れたそうです 参加者の幸福感は増しました 私のお気に入りの感想は ある男性からのものです こころが冬眠から醒めたみたいだと

個人のデータや 神経科学的知見のおかげで もう少しオフラインに留まることが 許されるようになりました そして少々の退屈は 私たちに明晰さを与え 一部の人にとっては 目標設定の手助けにもなりました 常に誰かと つながっていることは 数年のうちに そんなに素敵なことでは なくなるかもしれません でもその間に 人々 ― とくに子供に 生活を良くしたり 自分を制御したりできるように 科学技術の使い方を教えることを デジタル・リテラシーに 組み入れることが必要です

ですから次にスマホを チェックする時は 思い出してください 科学技術をどう使うか 自分で決めないと プラットフォームが 代わりに決めてしまう ということを 自分に尋ねてください 「自分は今 本当は 何をしようとしてる?」 もしメールチェックなら それでいい やっちゃいましょう でももし それによって もっと熟慮すべき 困難な仕事から逃れているのなら 休憩をとり 窓の外をじっと見て 何もしないことによって 実は最も生産的で創造的に なれるのだと気づきましょう はじめは奇妙に思え 落ち着かないかもしれません でも退屈な時 脳は本当に 優れたアイデアを導くのです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画