TED日本語 - カン・リー: 子どもの嘘は見抜けるか?

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - カン・リー: 子どもの嘘は見抜けるか?

TED Talks

子どもの嘘は見抜けるか?
Can you really tell if a kid is lying?
カン・リー
Kang Lee

内容

子どもは嘘が下手でしょうか?子どもの嘘はカンタンに見抜けると思いますか?発達を研究するカン・リーは、嘘をついている子どもに、生理学的に何が起こるかを研究しています。子どもはたくさんの嘘をつきます。わずか2歳に始まって、実は子どもは本当に嘘が上手です。リーは、子どもが嘘をつき始めたら祝うべき理由を説明し、いつの日か私たちの隠れた感情を浮き彫りにするかもしれない、新たな嘘発見技術を披露します。

Script

Hi. Let me ask the audience a question: Did you ever lie as a child? If you did, could you please raise your hand? Wow! This is the most honest group of people I've ever met.

(Laughter)

So for the last 20 years, I've been studying how children learn to tell lies. And today, I'm going to share with you some of the discoveries we have made.

But to begin, I'm going to tell you a story from Mr. Richard Messina, who is my friend and an elementary school principal. He got a phone call one day. The caller says, "Mr. Messina, my son Johnny will not come to school today because he's sick."

Mr. Messina asks, "Who am I speaking to, please?"

And the caller says, "I am my father."

(Laughter)

So this story --

(Laughter)

sums up very nicely three common beliefs we have about children and lying. One, children only come to tell lies after entering elementary school. Two, children are poor liars. We adults can easily detect their lies. And three, if children lie at a very young age, there must be some character flaws with them, and they are going to become pathological liars for life. Well, it turns out all of the three beliefs are wrong.

We have been playing guessing games with children all over the world. Here is an example. So in this game, we asked children to guess the numbers on the cards. And we tell them if they win the game, they are going to get a big prize. But in the middle of the game, we make an excuse and leave the room. And before we leave the room, we tell them not to peek at the cards. Of course, we have hidden cameras in the room to watch their every move. Because the desire to win the game is so strong, more than 90 percent of children will peek as soon as we leave the room.

(Laughter)

The crucial question is: When we return and ask the children whether or not they have peeked, will the children who peeked confess or lie about their transgression?

We found that regardless of gender, country, religion, at two years of age,30 percent lie,70 percent tell the truth about their transgression. At three years of age,50 percent lie and 50 percent tell the truth. At four years of age, more than 80 percent lie. And after four years of age, most children lie. So as you can see, lying is really a typical part of development. And some children begin to tell lies as young as two years of age.

So now, let's take a closer look at the younger children. Why do some but not all young children lie? In cooking, you need good ingredients to cook good food. And good lying requires two key ingredients. The first key ingredient is theory of mind, or the mind-reading ability. Mind reading is the ability to know that different people have different knowledge about the situation and the ability to differentiate between what I know and what you know. Mind reading is important for lying because the basis of lying is that I know you don't know what I know. Therefore, I can lie to you.

The second key ingredient for good lying is self-control. It is the ability to control your speech, your facial expression and your body language, so that you can tell a convincing lie. And we found that those young children who have more advanced mind-reading and self-control abilities tell lies earlier and are more sophisticated liars. As it turns out, these two abilities are also essential for all of us to function well in our society. In fact, deficits in mind-reading and self-control abilities are associated with serious developmental problems, such as ADHD and autism. So if you discover your two-year-old is telling his or her first lie, instead of being alarmed, you should celebrate --

(Laughter)

because it signals that your child has arrived at a new milestone of typical development.

Now, are children poor liars? Do you think you can easily detect their lies? Would you like to give it a try? Yes? OK. So I'm going to show you two videos. In the videos, the children are going to respond to a researcher's question, "Did you peek?" So try to tell me which child is lying and which child is telling the truth. Here's child number one. Are you ready?

(Video) Adult: Did you peek? Child: No.

Kang Lee: And this is child number two.

(Video) Adult: Did you peek? Child: No.

KL: OK, if you think child number one is lying, please raise your hand. And if you think child number two is lying, please raise your hand. OK, so as a matter of fact, child number one is telling the truth, child number two is lying. Looks like many of you are terrible detectors of children's lies.

(Laughter)

Now, we have played similar kinds of games with many, many adults from all walks of life. And we show them many videos. In half of the videos, the children lied. In the other half of the videos, the children told the truth. And let's find out how these adults performed. Because there are as many liars as truth tellers, if you guess randomly, there's a 50 percent chance you're going to get it right. So if your accuracy is around 50 percent, it means you are a terrible detector of children's lies.

So let's start with undergrads and law school students, who typically have limited experience with children. No, they can not detect children's lies. Their performance is around chance.

Now how about social workers and child-protection lawyers, who work with children on a daily basis? Can they detect children's lies? No, they cannot.

(Laughter)

What about judges, customs officers and police officers, who deal with liars on a daily basis? Can they detect children's lies? No, they cannot.

What about parents? Can parents detect other children's lies? No, they cannot.

What about, can parents detect their own children's lies? No, they cannot.

(Laughter) (Applause)

So now you may ask why children's lies are so difficult to detect. Let me illustrate this with my own son, Nathan. This is his facial expression when he lies.

(Laughter)

So when children lie, their facial expression is typically neutral. However, behind this neutral expression, the child is actually experiencing a lot of emotions, such as fear, guilt, shame and maybe a little bit of liar's delight.

(Laughter)

Unfortunately, such emotions are either fleeting or hidden. Therefore, it's mostly invisible to us.

So in the last five years, we have been trying to figure out a way to reveal these hidden emotions. Then we made a discovery.

We know that underneath our facial skin, there's a rich network of blood vessels. When we experience different emotions, our facial blood flow changes subtly. And these changes are regulated by the autonomic system that is beyond our conscious control. By looking at facial blood flow changes, we can reveal people's hidden emotions. Unfortunately, such emotion-related facial blood flow changes are too subtle to detect by our naked eye. So to help us reveal people's facial emotions, we have developed a new imaging technology we call "transdermal optical imaging."

To do so, we use a regular video camera to record people when they experience various hidden emotions. And then, using our image processing technology, we can extract transdermal images of facial blood flow changes. By looking at transdermal video images, now we can easily see facial blood flow changes associated with the various hidden emotions. And using this technology, we can now reveal the hidden emotions associated with lying, and therefore detect people's lies. We can do so noninvasively, remotely, inexpensively, with an accuracy at about 85 percent, which is far better than chance level.

And in addition, we discovered a Pinocchio effect. No, not this Pinocchio effect.

(Laughter)

This is the real Pinocchio effect. When people lie, the facial blood flow on the cheeks decreases, and the facial blood flow on the nose increases.

Of course, lying is not the only situation that will evoke our hidden emotions. So then we asked ourselves, in addition to detecting lies, how can our technology be used? One application is in education. For example, using this technology, we can help this mathematics teacher to identify the student in his classroom who may experience high anxiety about the topic he's teaching so that he can help him. And also we can use this in health care. For example, every day I Skype my parents, who live thousands of miles away. And using this technology, I can not only find out what's going on in their lives but also simultaneously monitor their heart rate, their stress level, their mood and whether or not they are experiencing pain. And perhaps in the future, their risks for heart attack or hypertension. And you may ask: Can we use this also to reveal politicians' emotions?

(Laughter)

For example, during a debate. Well, the answer is yes. Using TV footage, we could detect the politicians' heart rate, mood and stress, and perhaps in the future, whether or not they are lying to us. We can also use this in marketing research, for example, to find out whether or not people like certain consumer products. We can even use it in dating. So for example, if your date is smiling at you, this technology can help you to determine whether she actually likes you or she is just trying to be nice to you. And in this case, she is just trying to be nice to you.

(Laughter)

So transdermal optical imaging technology is at a very early stage of development. Many new applications will come about that we don't know today. However,one thing I know for sure is that lying will never be the same again.

Thank you very much.

Xie xie.

(Applause)

こんにちは 客席の皆さんに質問です 子どものとき 嘘をついたことはありますか? 嘘をついたことがある人は 手を挙げてください おや 私が会った中で 一番正直な方々ですね

(笑)

さて ここ20年間 いかにして 子どもたちが 嘘をつくことを学ぶか 研究してきました そして 今日皆さんに共有したいのは 私たちの研究成果のいくつかです

でもまずお話したいのは リチャード・メッシーナ氏の話です 彼は 私の友人であり 小学校の校長です 彼はある日 電話を受けました 電話の主が言うには 「メッシーナ先生 今日 息子のジョニーは 病欠させていただきます」

メッシーナ校長は聞きました 「どちら様でしょうか?」

すると電話の主はこういいました 「私は僕のお父さんです」

(笑)

この話は ―

(笑)

子どもと嘘に対して 大人が共通して持つ3つの 思い込みについて 如実に物語っています 第1に子どもが嘘をつくようになるのは 小学校に上がってからだということ 第2に子どもの嘘は下手だということ 大人は子どもの嘘を簡単に見抜きます 第3にごく幼い子どもが嘘をつく場合 その子どもには性格上の欠点があり 生涯 病的な嘘つきとなることです さて 明らかになったことは 今述べた3つが全て間違いだったことです

私たちは 世界中の子どもたちと 当てっこゲームをしています 例えば このゲームで 子どもたちに カードに書かれた数字を当ててもらいました 子どもたちには ゲームに勝ったら すごい賞品がもらえると言っておきます でも ゲームの最中に 私たちは用事を作って 部屋を離れます 部屋を離れるときに カードを覗かないでねと言っておきます もちろん 部屋には隠しカメラがあって 子どもたちの挙動が全て見えます ゲームに勝ちたい思いが とても強いので 子どもの9割以上がカードを覗きます 私たちが部屋を離れるとすぐにね

(笑)

ここで大事な問題は 私たちが戻って子どもたちに カードを覗かなかったかどうか 聞いたとき 覗いた子どもたちが 自分たちの違反行為を 素直に認めるか 嘘をつくかです

そして 性別 国 宗教の違いに関わらず 2歳児の場合 30パーセントが嘘をつき 70パーセントが本当のことを言い 3歳児の場合 50パーセントが嘘をつき 50パーセントが本当のことを言います 4歳児になると 80パーセント以上が嘘をつきます そして4歳を超えると 大抵の子どもが嘘をつきます 今見てきたように 嘘をつく行為は 成長に欠かせない部分です そして わずか2歳にして 嘘をつく子どももいます

では 幼い子どもではどうか もっと詳しく見てみましょう 幼い子が嘘をつくことがあっても 全員が嘘をつくとは限らないのは何故か? 料理をするとき 美味しい食べ物を作るには 美味しい材料が必要ですね 上手な嘘には 2つの主原料が必要です 第1の主原料は 心の理論 すなわち読心術です 人の心を読み取ることは 同じ状況でも 人はそれぞれ 持っている知識が違うと知る能力であり 自分の知っていることと 相手の知っていることとの 違いが分かる能力です 読心術が 嘘にとって重要なのは 嘘の基本は 自分の知ることを 相手は知らないと 知って 初めて 嘘が成立するのです

上手な嘘の第2の主原料は 自制心です 自分の発話や 顔の表情や ボディランゲージを 制御できる能力です 説得力のある嘘をつくためにね そして 私たちが発見したのは 読心術と自制力の発達した子どもが 早い時期から嘘をつき 高度な嘘をつくということです 後に分かったのは これら2つの能力は 誰にとっても 社会でうまくやっていくために 不可欠だということ 事実 読心術や自制力に欠けることは 注意欠陥・多動性障害や自閉症といった 発達障害に関連があります 従って 自分の子どもが2歳で 初めての嘘をついたら 警戒せずに お祝いしてください

(笑)

何故なら その子が 通常の発達の 節目を迎えた証拠ですから

さて 子どもは嘘が下手でしょうか? 子どもの嘘はカンタンに見抜けると 思いますか? 試してみたいですか? では 試してみましょう 2つの動画をご覧にいれます 動画には 研究者の問いへの 子どもたちの反応が出てきます 「覗き見したの?」と聞きます 当ててみてください どちらの子が嘘をつき どちらの子が本当のことを言っているか では1人目の子です いいですか?

(動画)大人:覗いた?子ども:ううん

カン・リー:では2人目の子です

(動画)大人:覗いた?子ども:ううん

リー:さて 1人目の子が 嘘をついてると思う人は 手を上げて下さい 2人目の子が嘘をついていると 思う人は手を上げて下さい さて 答えを言います 1人目の子が本当のことを言っていて 2人目の子は嘘をついています 皆さんは子どもの嘘を見抜くのが 下手みたいですね

(笑)

さて 私たちは あらゆる立場の 数多くの成人に 同様なゲームを行いました そして成人に沢山の動画を見せました 動画の半分で 子どもが嘘をついてました 残りの半分では 本当のことを言っていました では 成人たちのゲームの成績を見ましょう 嘘つきと本当のことを言っている人は 同数ですから デタラメに答えても 正解する確率は50パーセントです ですから 50パーセントの正解率だと 子どもの嘘を見抜けないことになります

では 学部生と法科大学院の 学生から始めましょう 彼らは 大抵 子ども相手の経験は 浅いですからね 彼らには子どもの嘘は見抜けません 成績は まぐれ当たりに近いです

では ソーシャルワーカーや 児童保護の弁護士ではどうでしょう? 日常的に子どもと仕事をしている人たちです 彼らに 子どもの嘘は見抜けるでしょうか? いいえ 見抜けません

(笑)

では 判事や 税関調査官や 警察官のような 日常的に嘘をつく人を扱っている人たちでは? 彼らに子どもの嘘は見抜けるでしょうか? いいえ 見抜けません

子どもを持つ親は? よその子の嘘を見抜けるでしょうか? いいえ 見抜けません

では わが子の嘘ならどうか? いいえ 見抜けません

(笑)(拍手)

そこで疑問に思うかも知れません 何故子どもの嘘を見抜くのは これほど難しいのか?と このことを私の息子のネイサンで 示してみましょう これはネイサンの顔の表情です 嘘をついているときのね

(笑)

子どもが嘘をつくとき 表情は大抵 ニュートラルです でも ニュートラルな表情の裏には 確かに 色々な感情があります 怖い いけないこと 恥ずかしいとかです そして多分 嘘を楽しむ気持ちも

(笑)

残念ながら そのような感情は 一瞬のものだったり 隠されていたりします ほとんどの場合 私たちの目には見えません

ここ5年間 これらの隠された感情を暴く方法を 見つけようと試みてきました そして 発見したのです

ご存知の通り 顔面の皮膚の下には 豊かな血管のネットワークがあります 感情が入れ替わる度に 顔面の血流が微妙に変化します この変化を司るのが 自律神経系で 意識してコントロールすることはできません 顔面の血流の変化を見ることによって その人の隠している感情を暴くことができます 残念ながら 感情に関わる このような顔面の血流の変化は ごく わずかなので 肉眼で捉えるのは難しいです そこで 人間の顔の表情を暴く手立てとして 私たちは 新しい画像技術を 開発しました 名付けて「経皮光学画像」です

そのために使うのは 普通のビデオカメラで 人が 色々な表情を 隠しているところを記録します それに 私たちの画像処理技術を施せば 顔面の血流の変化を 経皮画像に抽出できるのです 経皮のビデオ画像を見ることによって 私たちは今や簡単に 隠された様々な感情に関わる 顔面の血流変化を見ることができます そしてこの技術を使えば 嘘に関わる 隠された感情を 暴くこともできるようになりました 従って 人の嘘を見抜くこともできます 私たちは 非侵襲で 離れたところから 低コストで 約85パーセントの正解率で まぐれ当りより遥に高確率で 嘘を発見できます

しかも 私たちは ピノッキオ効果を発見しました いえ このピノッキオの効果ではありませんよ

(笑)

これが本当のピノッキオ効果です 人は嘘をつくと 顔面の血流が ほほで減少し 鼻では増加するのです

もちろん 私たちの隠れた感情を 呼び覚ます条件は 嘘だけではありません そこで 私たちは自問します 嘘の発見のほかに この技術はどのように使えるか?と 応用の1つは教育分野です 例えば この技術を使えば 数学の教師の助けとなって 教室の生徒の誰が 授業内容に不安を感じているか 特定するのに役立ち 補講すべき生徒を特定できます この技術は健康管理にも使えます 例えば 毎日私は スカイプで両親と話します 両親は何千マイルも離れて住んでいます この技術を使えば 両親の生活に起こることを 知るのみならず 両親の心拍数やストレスのレベルや 気分や 痛みを感じているかどうかも 同時進行でモニタリングする ことができるのです そして多分 将来 心臓発作や高血圧を起こすリスクもね 皆さんはこう聞くかもしれません これで 政治家の本音も暴ける?と

(笑)

例えば ディベート中のね 答えはイエスです テレビの映像を使えば 政治家の 心拍数や 気分やストレスを 見抜けるようになるでしょう そして 多分 将来は この技術を マーケティング調査に使うことも 例えば 分かるようになるのは 消費者がある製品を 気に入っているかどうかといったことです デートにも使えますね 例えば 相手が微笑んだとき この技術は あなたの判断の 助けになるでしょう デートの相手が本当にあなたに 好意を寄せているのか それとも ただ礼儀からなのか そしてこの場合 礼儀正しいだけです

(笑)

経皮光学画像の技術は 開発のごく初期の段階です 私たちの知らない応用法が 沢山出てくることでしょう しかしながら これだけは確かです 嘘のつき方は 今とは 違ったものになるだろうということです

ありがとうございました

(中国語)ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画