TED日本語 - ジル・ハイネス: 水中洞窟の神秘の世界

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジル・ハイネス: 水中洞窟の神秘の世界

TED Talks

水中洞窟の神秘の世界
The mysterious world of underwater caves
ジル・ハイネス
Jill Heinerth

内容

洞窟潜水士のジル・ハイネスは、地球に流れる隠された地下水路を探検します。生物学者、気候学者、考古学者と協力して、ハイネスは地球の最も遠隔地に住む生物の謎を明らかにし、研究者が気候変動の歴史を解き明かすのを助けます。このトークで波の下に飛び込み、地球内部の驚異を探検しましょう。

Script

I'm an underwater explorer, more specifically a cave diver.

I wanted to be an astronaut when I was a little kid, but growing up in Canada as a young girl, that wasn't really available to me. But as it turns out, we know a lot more about space than we do about the underground waterways coursing through our planet, the very lifeblood of Mother Earth. So I decided to do something that was even more remarkable. Instead of exploring outer space, I wanted to explore the wonders of inner space.

Now, a lot of people will tell you that cave diving is perhaps one of the most dangerous endeavors. I mean, imagine yourself here in this room, if you were suddenly plunged into blackness, with your only job to find the exit, sometimes swimming through these large spaces, and at other times crawling beneath the seats, following a thin guideline, just waiting for the life support to provide your very next breath. Well, that's my workplace.

But what I want to teach you today is that our world is not one big solid rock. It's a whole lot more like a sponge. I can swim through a lot of the pores in our earth's sponge, but where I can't, other life-forms and other materials can make that journey without me. And my voice is the one that's going to teach you about the inside of Mother Earth.

There was no guidebook available to me when I decided to be the first person to cave dive inside Antarctic icebergs. In 2000, this was the largest moving object on the planet. It calved off the Ross Ice Shelf, and we went down there to explore ice edge ecology and search for life-forms beneath the ice.

We use a technology called rebreathers. It's an awful lot like the same technology that is used for space walks. This technology enables us to go deeper than we could've imagined even 10 years ago. We use exotic gases, and we can make missions even up to 20 hours long underwater.

I work with biologists. It turns out that caves are repositories of amazing life-forms, species that we never knew existed before. Many of these life-forms live in unusual ways. They have no pigment and no eyes in many cases, and these animals are also extremely long-lived. In fact, animals swimming in these caves today are identical in the fossil record that predates the extinction of the dinosaurs. So imagine that: these are like little swimming dinosaurs. What can they teach us about evolution and survival? When we look at an animal like this remipede swimming in the jar, he has giant fangs with venom. He can actually attack something 40 times his size and kill it. If he were the size of a cat, he'd be the most dangerous thing on our planet. And these animals live in remarkably beautiful places, and in some cases, caves like this, that are very young, yet the animals are ancient. How did they get there?

I also work with physicists, and they're interested oftentimes in global climate change. They can take rocks within the caves, and they can slice them and look at the layers within with rocks, much like the rings of a tree, and they can count back in history and learn about the climate on our planet at very different times. The red that you see in this photograph is actually dust from the Sahara Desert. So it's been picked up by wind, blown across the Atlantic Ocean. It's rained down in this case on the island of Abaco in the Bahamas. It soaks in through the ground and deposits itself in the rocks within these caves. And when we look back in the layers of these rocks, we can find times when the climate was very, very dry on earth, and we can go back many hundreds of thousands of years.

Paleoclimatologists are also interested in where the sea level stands were at other times on earth. Here in Bermuda, my team and I embarked on the deepest manned dives ever conducted in the region, and we were looking for places where the sea level used to lap up against the shoreline, many hundreds of feet below current levels.

I also get to work with paleontologists and archaeologists. In places like Mexico, in the Bahamas, and even in Cuba, we're looking at cultural remains and also human remains in caves, and they tell us a lot about some of the earliest inhabitants of these regions.

But my very favorite project of all was over 15 years ago, when I was a part of the team that made the very first accurate, three-dimensional map of a subterranean surface. This device that I'm driving through the cave was actually creating a three-dimensional model as we drove it. We also used ultra low frequency radio to broadcast back to the surface our exact position within the cave. So I swam under houses and businesses and bowling alleys and golf courses, and even under a Sonny's BBQ Restaurant,

Pretty remarkable, and what that taught me was that everything we do on the surface of our earth will be returned to us to drink. Our water planet is not just rivers, lakes and oceans, but it's this vast network of groundwater that knits us all together. It's a shared resource from which we all drink. And when we can understand our human connections with our groundwater and all of our water resources on this planet, then we'll be working on the problem that's probably the most important issue of this century.

So I never got to be that astronaut that I always wanted to be, but this mapping device, designed by Dr. Bill Stone, will be. It's actually morphed. It's now a self-swimming autonomous robot, artificially intelligent, and its ultimate goal is to go to Jupiter's moon Europa and explore oceans beneath the frozen surface of that body.

And that's pretty amazing.

(Applause)

私は水中探検家です 具体的には洞窟潜水士です

子どもの頃は宇宙飛行士に なりたかったのですが カナダの女の子にとっては 実際には不可能でした でも宇宙については 母なる地球の生命線である 地下水路についてよりも ずっとよく知られていると分かりました だから もっと驚くべきことを することにしました 宇宙の代わりに 地球内部の驚異を 探検したかったのです

多くの人が 洞窟潜水は恐らく最も危険な 活動の一つだといいます 想像してみてください この部屋にいるあなたが 突然暗闇に押し込められて ひたすら出口を探すのを任務とし 時には広い空間を泳ぎ 時には椅子の下を 這うようにして 細いガイドラインをたどって 生命維持装置が次の息を 供給するのを待つのです それが私の仕事場です

今日お教えしたいのは 地球は一つの大きな 硬い岩ではないということです むしろスポンジのようなものです 私は地球のスポンジにある たくさんの穴の中を泳げますが 行かれない場所でも 他の生命体と物質が 私なしで旅しています 私は母なる地球の内部について 皆さんにお教えするつもりです

人類初の南極の氷山内部への 潜水を決心した時 ガイドブックはありませんでした 2000年において これは地球最大の移動物体でした ロス氷棚が分離したものです 氷縁の生態系を調査し 氷の下の生命体を 探すために潜りました

私たちはリブリーザーと呼ばれる技術を使います 宇宙遊泳に使われる技術と 非常に似ています この技術で 10年前に想像したよりも 深く潜れるようになりました 私たちは特殊なガスを使い 水中で20時間もの任務でさえ可能です

私は生物学者たちと 一緒に働いています 洞窟は驚くべき生物や 以前は存在を知らなかった 種の宝庫と分りました これらの生物の多くは 独特な方法で生活しています 多くの場合 色素や目がなく そして非常に長生きです 実は今日洞窟で 泳いでいる動物は 恐竜の絶滅以前の 化石として残されている種と全く同じものです だから これらは小さな 泳ぐ恐竜だと想像してみて下さい 彼らは進化と生存について 何を教えてくれるのでしょうか? 例えば この瓶の中で泳ぐ ムカデエビのような動物は 大きな毒牙を持っています 自分の40倍の大きさのものを 襲って殺せます もしこれが 猫の大きさだとしたら 地球上最も危険なもの になるでしょう こうした動物たちは とても美しい場所に住み 時にはこのように とても新しい洞窟ですが 動物は古代のものです どうやってそこに 行ったのでしょうか?

私は物理学者とも働いています 彼らは大抵地球の 気候変動に関心があります 洞窟内の岩を採取し 薄切りにして 岩の内部の層を調査します 木の年輪にそっくりで 歴史を遡ることができ 全く異なる時代の 地球の気候が分ります この写真の赤い部分は サハラ砂漠からの砂です 風に拾われて大西洋を越えて 飛んできました この場合 バハマのアバコ島に 大量に降り注ぎました 地面を通って染み込み 洞窟内の岩に堆積しました これらの岩の層を振り返ると 地球の気候が非常に乾燥していた 時代について分り 何十万年も遡ることができます

古気候学者も他の時代において 地球の海面がどこにあったのかに 関心を持っています ここバミューダで 私はチームと共に この地域で最も深く 有人潜水を行いました 海面より何百フィートも下で かつて波が打ち寄せた 海岸線を探したのです

古生物学者と考古学者とも 仕事を始めました メキシコ バハマ キューバなどのいくつかの場所で 洞窟に残された文化遺跡と 人骨を調査しています 調査によって 初期の地域住民について いろいろなことが分ります

私のお気に入りの プロジェクトは15年以上前 地下の地形を正確な3Dの地図として 初めて作るチームの 一員だったものです 私が洞窟で運転している装置は 運転している最中に 3Dモデルを作成していました 洞窟内での私たちの正確な位置を 地上に伝えるために 超低周波無線機も使いました 家、会社、ボーリング場、ゴルフコース ソニーズBBQレストランの 下さえも泳ぎました

とても素晴らしかった それで学んだのは 地球の表面での行いは 飲料水として自分に 返ってくるということです 私たちの水惑星は 川、湖、海だけでなく 私たちを結び付ける地下水の 広大なネットワークなのです それは私たち皆が飲む 共有資源です 地下水及び地球の水資源と 人間とのつながりを理解したら 恐らく今世紀最も重要な 問題に取り組むでしょう

私はずっとなりたかった 宇宙飛行士になれませんでした でも ビル・ストーン博士が設計した この地図作製装置はなれるでしょう 実際には姿を変えました 今や自泳式 自律型ロボットとなり 人工知能を持っています その究極の目的は 木星の月のエウロパに行き 凍結した表面下にある海を 探検することです

とても素晴らしいことです

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画