TED日本語 - バーニー・クラウス: 自然界からの声

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - バーニー・クラウス: 自然界からの声

TED Talks

自然界からの声
The voice of the natural world
バーニー・クラウス
Bernie Krause

内容

バーニー・クラウスは自然界のサウンドスケープ -- 木々を渡る風、小鳥のさえずり、昆虫の幼虫が立てるかすかな音 -- を45年にわたって録音してきました。この間、彼は人間によって環境が劇的に変貌させられる様子を見てきました。環境に優しい配慮がなされているはずの開発でさえ環境を破壊することもあるのです。イソギンチャクのつぶやきから、家族を失い悲しみに沈むビーバーの嘆きに至るまで、大自然の交響曲から私たちが何を学ぶことができるか、斬新な見解を提供してくれます。

Script

(Nature sounds)

When I first began recording wild soundscapes 45 years ago, I had no idea that ants, insect larvae, sea anemones and viruses created a sound signature. But they do. And so does every wild habitat on the planet, like the Amazon rainforest you're hearing behind me. In fact, temperate and tropical rainforests each produce a vibrant animal orchestra, that instantaneous and organized expression of insects, reptiles, amphibians, birds and mammals. And every soundscape that springs from a wild habitat generates its own unique signature,one that contains incredible amounts of information, and it's some of that information I want to share with you today.

The soundscape is made up of three basic sources. The first is the geophony, or the nonbiological sounds that occur in any given habitat, like wind in the trees, water in a stream, waves at the ocean shore, movement of the Earth. The second of these is the biophony. The biophony is all of the sound that's generated by organisms in a given habitat at one time and in one place. And the third is all of the sound that we humans generate that's called anthrophony. Some of it is controlled, like music or theater, but most of it is chaotic and incoherent, which some of us refer to as noise.

There was a time when I considered wild soundscapes to be a worthless artifact. They were just there, but they had no significance. Well, I was wrong. What I learned from these encounters was that careful listening gives us incredibly valuable tools by which to evaluate the health of a habitat across the entire spectrum of life.

When I began recording in the late '60s, the typical methods of recording were limited to the fragmented capture of individual species like birds mostly, in the beginning, but later animals like mammals and amphibians. To me, this was a little like trying to understand the magnificence of Beethoven's Fifth Symphony by abstracting the sound of a single violin player out of the context of the orchestra and hearing just that one part. Fortunately, more and more institutions are implementing the more holistic models that I and a few of my colleagues have introduced to the field of soundscape ecology.

When I began recording over four decades ago, I could record for 10 hours and capture one hour of usable material, good enough for an album or a film soundtrack or a museum installation. Now, because of global warming, resource extraction, and human noise, among many other factors, it can take up to 1,000 hours or more to capture the same thing. Fully 50 percent of my archive comes from habitats so radically altered that they're either altogether silent or can no longer be heard in any of their original form.

The usual methods of evaluating a habitat have been done by visually counting the numbers of species and the numbers of individuals within each species in a given area. However, by comparing data that ties together both density and diversity from what we hear, I'm able to arrive at much more precise fitness outcomes. And I want to show you some examples that typify the possibilities unlocked by diving into this universe.

This is Lincoln Meadow. Lincoln Meadow's a three-and-a-half-hour drive east of San Francisco in the Sierra Nevada Mountains, at about 2,000 meters altitude, and I've been recording there for many years. In 1988, a logging company convinced local residents that there would be absolutely no environmental impact from a new method they were trying called "selective logging," taking out a tree here and there rather than clear-cutting a whole area. With permission granted to record both before and after the operation, I set up my gear and captured a large number of dawn choruses to very strict protocol and calibrated recordings, because I wanted a really good baseline. This is an example of a spectrogram. A spectrogram is a graphic illustration of sound with time from left to right across the page -- 15 seconds in this case is represented - and frequency from the bottom of the page to the top, lowest to highest. And you can see that the signature of a stream is represented here in the bottom third or half of the page, while birds that were once in that meadow are represented in the signature across the top. There were a lot of them. And here's Lincoln Meadow before selective logging.

(Nature sounds)

Well, a year later I returned, and using the same protocols and recording under the same conditions, I recorded a number of examples of the same dawn choruses, and now this is what we've got. This is after selective logging. You can see that the stream is still represented in the bottom third of the page, but notice what's missing in the top two thirds.

(Nature sounds)

Coming up is the sound of a woodpecker.

Well, I've returned to Lincoln Meadow 15 times in the last 25 years, and I can tell you that the biophony, the density and diversity of that biophony, has not yet returned to anything like it was before the operation. But here's a picture of Lincoln Meadow taken after, and you can see that from the perspective of the camera or the human eye, hardly a stick or a tree appears to be out of place, which would confirm the logging company's contention that there's nothing of environmental impact. However, our ears tell us a very different story.

Young students are always asking me what these animals are saying, and really I've got no idea. But I can tell you that they do express themselves. Whether or not we understand it is a different story. I was walking along the shore in Alaska, and I came across this tide pool filled with a colony of sea anemones, these wonderful eating machines, relatives of coral and jellyfish. And curious to see if any of them made any noise, I dropped a hydrophone, an underwater microphone covered in rubber, down the mouth part, and immediately the critter began to absorb the microphone into its belly, and the tentacles were searching out of the surface for something of nutritional value. The static-like sounds that are very low, that you're going to hear right now. (Static sounds) Yeah, but watch. When it didn't find anything to eat -- (Honking sound) (Laughter) I think that's an expression that can be understood in any language. (Laughter)

At the end of its breeding cycle, the Great Basin Spadefoot toad digs itself down about a meter under the hard-panned desert soil of the American West, where it can stay for many seasons until conditions are just right for it to emerge again. And when there's enough moisture in the soil in the spring, frogs will dig themselves to the surface and gather around these large, vernal pools in great numbers. And they vocalize in a chorus that's absolutely in sync with one another. And they do that for two reasons. The first is competitive, because they're looking for mates, and the second is cooperative, because if they're all vocalizing in sync together, it makes it really difficult for predators like coyotes, foxes and owls to single out any individual for a meal. This is a spectrogram of what the frog chorusing looks like when it's in a very healthy pattern.

(Frogs croaking)

Mono Lake is just to the east of Yosemite National Park in California, and it's a favorite habitat of these toads, and it's also favored by U.S. Navy jet pilots, who train in their fighters flying them at speeds exceeding 1,100 kilometers an hour and altitudes only a couple hundred meters above ground level of the Mono Basin, very fast, very low, and so loud that the anthrophony, the human noise, even though it's six and a half kilometers from the frog pond you just heard a second ago, it masked the sound of the chorusing toads. You can see in this spectrogram that all of the energy that was once in the first spectrogram is gone from the top end of the spectrogram, and that there's breaks in the chorusing at two and a half,four and a half, and six and a half seconds, and then the sound of the jet, the signature, is in yellow at the very bottom of the page.

(Frogs croaking)

Now at the end of that flyby, it took the frogs fully 45 minutes to regain their chorusing synchronicity, during which time, and under a full moon, we watched as two coyotes and a great horned owl came in to pick off a few of their numbers. The good news is that, with a little bit of habitat restoration and fewer flights, the frog populations, once diminishing during the 1980s and early '90s, have pretty much returned to normal.

I want to end with a story told by a beaver. It's a very sad story, but it really illustrates how animals can sometimes show emotion, a very controversial subject among some older biologists. A colleague of mine was recording in the American Midwest around this pond that had been formed maybe 16,000 years ago at the end of the last ice age. It was also formed in part by a beaver dam at one end that held that whole ecosystem together in a very delicate balance. And one afternoon, while he was recording, there suddenly appeared from out of nowhere a couple of game wardens, who for no apparent reason, walked over to the beaver dam, dropped a stick of dynamite down it, blowing it up, killing the female and her young babies. Horrified, my colleagues remained behind to gather his thoughts and to record whatever he could the rest of the afternoon, and that evening, he captured a remarkable event: the lone surviving male beaver swimming in slow circles crying out inconsolably for its lost mate and offspring. This is probably the saddest sound I've ever heard coming from any organism, human or other.

(Beaver crying)

Yeah. Well.

There are many facets to soundscapes, among them the ways in which animals taught us to dance and sing, which I'll save for another time. But you have heard how biophonies help clarify our understanding of the natural world. You've heard the impact of resource extraction, human noise and habitat destruction. And where environmental sciences have typically tried to understand the world from what we see, a much fuller understanding can be got from what we hear. Biophonies and geophonies are the signature voices of the natural world, and as we hear them, we're endowed with a sense of place, the true story of the world we live in. In a matter of seconds, a soundscape reveals much more information from many perspectives, from quantifiable data to cultural inspiration. Visual capture implicitly frames a limited frontal perspective of a given spatial context, while soundscapes widen that scope to a full 360 degrees, completely enveloping us. And while a picture may be worth 1,000 words, a soundscape is worth 1,000 pictures. And our ears tell us that the whisper of every leaf and creature speaks to the natural sources of our lives, which indeed may hold the secrets of love for all things, especially our own humanity, and the last word goes to a jaguar from the Amazon.

(Growling)

Thank you for listening.

(Applause)

(自然界の音)

私が最初に自然界のサウンドスケープを 録音しはじめた45年前には アリや昆虫の幼虫や イソギンチャクやウィルスなどが固有の音を発しているとは 思いもしませんでしたしかし実際に彼らは 音を発しているのです 地球のどこであれ 自然界は皆そうです 今聞こえているのはアマゾンの熱帯雨林の音です 実は 温帯や熱帯の雨林は それぞれが生命に満ちた動物たちの協奏曲を奏でています それは昆虫や は虫類 両生類や鳥類 ほ乳類などが生み出す 即興のハーモニーです 自然界からわき上がるすべてのサウンドスケープは それぞれ固有の特徴を持っています 途方もない量の情報を含んでいます そのいくつかを 今日皆さんと楽しみたいと思います

サウンドスケープは3つの要素から成り立っています 最初は大地の音「ジオフォニー」です これはあらゆる生息域で聞くことのできる 生物起源ではない音のことです たとえば梢の風の音 小川のせせらぎ 海辺の波の音 地球の動きなどです 二番目は生物起源の音「バイオフォニー」です バイオフォニーは特定の生息地で 生物が 時と場所に応じて 作り出す音です 第三の音は私たち人間が作り出す音で 「アンソロフォニー」と呼ばれます 芝居や音楽のように制御された音もありますが 大部分は混沌としていて秩序がなく 雑音と呼ばれるものです

かつて私は野生のサウンドスケープは 値打ちのないものだと思っていました ただ単にそこにあって何の意義もないものだと 私は間違っていました度重なる体験から学んだのは 注意深く耳を澄ますととても重要なことがわかるということです そこに棲むすべての生物が出す音で 生息地の健康状態を評価することができるのです

60年代の終わりに録音を開始した頃は 録音の手法が限られていて 個々の種を断片的に収録するだけでした 最初は主に鳥類 やがてほ乳類や両生類などが発する音を録音しました これは ベートーベンの 交響曲第5番の壮大さを オーケストラ全体ではなくバイオリン奏者1人を抜き出して その音色だけを聴くことで 理解しようというようなものでした 幸いにも 私が同僚とサウンドスケープ生態学に導入した よりホリスティックなモデルは 段々と多くの研究所に 採用されるようになりました

40年前に録音を開始した当時は 10時間録音すれば 使えるデータが1時間分は ありました レコードや映画のサウンドトラック 博物館で使えるほど質のよいものです でも今は地球温暖化と 資源の採掘 人工音や他の様々な要因のために 使用に耐える1時間の音を集めるには 1,000時間はかかります アーカイブのコレクションの半分は その後環境があまりにも変化したため 生物の音が全くしなくなったか 録音当時の音がしなくなった場所で収録されたものです

通常 生息地を評価するには その場の生物の種の数と それぞれの種に属する個体数を目で見て数えます しかし 聞こえてくる音の密度と多様性を組み合わせ そのデータを比較することで より正確に その生息地の健康さを測ることができます いくつか例をお見せしましょう 音の世界に飛び込むことで開ける 可能性が よくわかるでしょう

ここはリンカーンメドウです サンフランシスコから シエラネバダ山脈に向かって車で3時間半のところにあります 標高は約2,000メートル ここで長年採録してきました 1998年に森林伐採業者が 「選択伐採」という新しい方法は 環境への影響は絶対にないと 地元住民を説得しました すべての木を伐採するのではなく 選択して伐採する方法です 伐採の前後で 音を収録する許可を得て 装置を持ち込み 夜明けの合唱を何度も録音しました 信頼できる基準値が必要だったので 厳密に手順を守り数値を記録しました これがそのスペクトログラムです スペクトログラムは所定の時間内の音を画像化したもので 画面の左から右に広がります -- ここでは15秒間が表示されています -- 周波数が低いものは下に高いものは上に来ます ご覧の通り小川のせせらぎの特徴的な波形が 画面の下三分の一から二分の一に表示されています 一方で かつてメドウにいた鳥たちの鳴き声は 画面の上部に表示されていますとてもたくさんの鳥がいました これが選択伐採前のリンカーンメドウです

(野鳥の鳴き声)

一年後同じ場所に戻り 同じ手順を踏んで 同じ条件の下で 同じ夜明けの合唱を 何度も録音しました これがその結果です これが選抜伐採の後です 小川のせせらぎはやはり下から 三分の一のあたりに存在しますが 上部の三分の二が実に寂しいです

(野鳥の鳴き声)

聞こえてくるのはキツツキの音です

リンカーンメドウは この25年で 15回訪れましたが 確実に言えるのは バイオフォニーは かつてのバイオフォニーの密度と多様性は 伐採の後は 復活していないということです これは伐採後のリンカーンメドウの写真です カメラの視点からあるいは 人の目から見ると ほとんど何も変わっていないように見えます 環境への影響は全くないという 伐採会社の言い分が通るわけです しかしながら 私たちの耳はだまされません

動物たちは何を言っているのかと子供たちは私に尋ねますが 私にはわかりません でも動物たちは何らかのメッセージを発しています 私たちがそれを理解できるかどうかは別の話です アラスカの海岸を歩いていて 潮だまりを見つけました そこにはイソギンチャクがびっしり 実にきれいな食肉動物で 珊瑚やクラゲの親戚です イソギンチャクは音を出すのか知りたくて ゴムで覆われた 水中マイクロホンを 口の部分に入れると この生物は即座に マイクを腹の中に収めようとし 触手をマイクの表面に這わせて 栄養分を探っていました ラジオの雑音のような音です 皆さんにもお聞かせしましょう (ラジオの雑音のような音) どうです しかし食物ではないとわかると (クラクションのような音) (笑) どのような言語でも この表現は 通じるでしょうね (笑)

繁殖期の最後に グレートベースンスキアシガエルは アメリカ西部の固い砂漠の土に 約1メートルの穴を掘り 地上で暮らしやすい環境が訪れるまで 穴の中でいくつもの季節を過ごします 春になり 土中の水分量が高まると カエルたちは地表に現れて 春の水を湛えた 大きな池に 大挙して集まります そして声を合わせて鳴きます 見事に調和した合唱です これには2つ理由があります 一つは競争です 交尾する相手を求めているのです 二つ目は協力です 皆で声を合わせれば コヨーテやキツネやフクロウのような捕食動物が 個体を見つけ捕らえることが非常に難しくなります これは彼らの合唱のスペクトログラムです とても健康的なパターンを示しています

(カエルの鳴き声)

モノ湖はカリフォルニア州にありヨセミテ国立公園の 少し東に位置します このカエルたちが好む生息地です ここはまた 米国海軍パイロットお気に入りの訓練場でもあり ジェット戦闘機が訓練のために 時速1,100キロを超える速度で 地上数百メートルの高度で モノ・ベイスンの上を飛行します 超高速 超低空 そしてすさまじい騒音なので 人の作り出した音 アンソロフォニーが 先ほどのカエルの池から 6.5キロ離れているとはいえ カエルの合唱をかき消してしまいます 次のスペクトログラムでわかるように 最初のスペクトログラムで見た 高い周波数の声の力が失せて 2.5秒 4.5秒 6.5秒の場所に 合唱の休止が見えます ジェット機の音がはっきりと 画面の下に黄色く見えます

(カエルの鳴き声)

この低空飛行の後 カエルたちが 再び声を唱和させるのに 45分かかりました この間 満月の下で 2頭のコヨーテとアメリカワシミミズクが 数匹のカエルを餌食にするのを目撃しました 良い知らせもあります生息地を回復させ 飛行回数を減らしたところ 1980年代から90年代にかけて減少していたカエルが 以前の数ほどに回復したのです

最後にビーバーの話をしましょう とても悲しい話ですが 動物が時には感情を示すことがあるのだということを 語ってくれます 古参の生物学者には異論がある話題でしょうね 私の同僚がアメリカ中西部で音を収録していました 最後の氷河期が終わる頃 おそらく1万6千年ほど前にできた湖のほとりにいました 湖の一端にはビーバーが作ったダムがあり それが生態系の微妙なバランスを 保っていました ある日の午後 彼が録音していると どこからともなく突然 数人の狩猟監視人が現れました 彼らははっきりとした理由もなく ビーバーダムに近づき ダイナマイトを仕掛け ダムを爆破したのです 母親のビーバーと子どもたちが死にました 同僚は あまりのことに震え上がりましたが その場に残り 気を取り直して 午後の録音を続けました その夕刻 彼は驚くべきことを記録したのです 唯一生き残った雄のビーバーが 亡くなった連れ合いと子どもたちを悼んで 悲しげに鳴きながらゆっくりと円を描いて泳いでいたのです それは人間を含めたあらゆる生き物が発する音の中で 私が今までに聞いた もっとも悲しい音でした

(ビーバーの鳴き声)

いかがでしょうか

サウンドスケープにはいろいろな側面があります 中には動物が私たちに歌や踊りを教えてくれるものもあります それはまた別の機会にお聞かせしましょう ここまでの話で バイオフォニーが 自然界への理解を助けてくれることがおわかりでしょう 地下資源採掘の影響についても話しましたし 人工音と生息地の破壊もお話ししました 環境科学者たちは見えるものから 世界を理解しようとしますが 聞こえるものからの方がはるかに世界をよく理解できるのです バイオフォニーやジオフォニーは自然界のー 固有の特徴を示してくれる音です それに耳を傾けるとき 私たちは場所の感覚を与えられ 私たちが住んでいる世界の本当の物語を聞くのです ほんの数秒で サウンドスケープは数値化できるデータから 文化的なひらめきに至るまで 多くの観点から様々な情報を明らかにしてくれます 視覚情報で空間を見ると 知らずのうちに 視点が正面からに限定されてしまいます でも サウンドスケープは 自らを包み込む360度にまで対象を広げてくれます 写真が千の言葉に値するとすれば サウンドスケープは千の写真に値します 私たちは耳を通じて 植物であれ動物であれ生きとし生けるもの全てが 命の源にささやきかける声を聞きます それこそが あらゆるもの特に人間自身を愛することの 秘密を握っているのかもしれません 最後のメッセージはアマゾンのジャガーにお願いしましょう

(ジャガーのうなり声)

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画