TED日本語 - カミール・シーマン: 心に焼きつく氷山の写真

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - カミール・シーマン: 心に焼きつく氷山の写真

TED Talks

心に焼きつく氷山の写真
Haunting photos of polar ice
カミール・シーマン
Camille Seaman

内容

写真家のカミール・シーマンが、撮影した氷山の写真を通して、この太古の巨大な氷の塊が持つ複雑な美しさについて語ります。彼女の写真のスライドショー「最後の氷山」へ、ようこそ。

Script

As an artist, connection is very important to me. Through my work I'm trying to articulate that humans are not separate from nature and that everything is interconnected. I first went to Antarctica almost 10 years ago, where I saw my first icebergs. I was in awe. My heart beat fast, my head was dizzy, trying to comprehend what it was that stood in front of me. The icebergs around me were almost 200 feet out of the water, and I could only help but wonder that this was one snowflake on top of another snowflake, year after year.

Icebergs are born when they calve off of glaciers or break off of ice shelves. Each iceberg has its own individual personality. They have a distinct way of interacting with their environment and their experiences. Some refuse to give up and hold on to the bitter end, while others can't take it anymore and crumble in a fit of dramatic passion.

It's easy to think, when you look at an iceberg, that they're isolated, that they're separate and alone, much like we as humans sometimes view ourselves. But the reality is far from it. As an iceberg melts, I am breathing in its ancient atmosphere. As the iceberg melts, it is releasing mineral-rich fresh water that nourishes many forms of life.

I approach photographing these icebergs as if I'm making portraits of my ancestors, knowing that in these individual moments they exist in that way and will never exist that way again. It is not a death when they melt; it is not an end, but a continuation of their path through the cycle of life. Some of the ice in the icebergs that I photograph is very young -- a couple thousand years old. And some of the ice is over 100,000 years old.

The last pictures I'd like to show you are of an iceberg that I photographed in Qeqetarsuaq, Greenland. It's a very rare occasion that you get to actually witness an iceberg rolling. So here it is. You can see on the left side a small boat. That's about a 15-foot boat. And I'd like you to pay attention to the shape of the iceberg and where it is at the waterline. You can see here, it begins to roll, and the boat has moved to the other side, and the man is standing there. This is an average-size Greenlandic iceberg. It's about 120 feet above the water, or 40 meters. And this video is real time.

(Music)

And just like that, the iceberg shows you a different side of its personality.

Thank you.

(Applause)

芸術家として私は つながりをとても大切にしています 人間は自然と切り離された存在ではなく 全てはつながっているのだということを 作品を通して示したいと思っています 10年近く前に初めて南極を訪れ 初めて氷山を見たとき 畏敬の念に打たれました 胸がドキドキして めまいを感じながら 目の前にあるのが何物なのか 理解しようとしました 周りにある氷山はみな 水面から60メートル近くそそり立っていました 雪のひとひら ひとひらが 長年に渡って降り積もって これができたのだろうかと 思わずにいられませんでした

氷山とは 氷河や棚氷から分離した 氷の塊です 氷山には それぞれ個性があります 周囲の環境や 自らの体験への対し方に 独自の流儀を持っています 最後まであきらめずに 氷山の形を保とうとするものもあれば 耐えきれずに 劇的な感情の爆発に崩れ落ちるものもあります

氷山を人になぞらえて 孤独なのだなとか ひとりぼっちなのだなと 考えがちです でも実際はそうではありません 氷山が解けるとき 私が吸っているのは 太古の空気なのです 氷山が解けるとき ミネラルに富んだ真水となって 多くの生命を育むのです

私は ご先祖の肖像写真を撮るつもりで 氷山の写真を撮っています 氷山はそのとき そのときの固有の姿を見せ 同じ姿を見せることは二度とないのだと わかっているからです 氷山が解けるのは 死とは違います 終わりではなく 命の連環を通して つながっていくのです 私が撮った氷山のあるものはとても若く ほんの2,000歳くらい でも中には 10万年以上前の氷もあります

お見せしたい最後の写真は グリーンランドの キアーターティベジアク島で撮った 氷山の写真です 氷山が回転するのを 実際に目にする機会は 滅多にありません それをお見せしましょう 左に小さなボートが見えます 4.5メートルほどの長さのボートです 氷山の形と 水面に接している部分に 注目して下さい ここで回転が始まり ボートは反対側に抜け 人が立ち上がっています これはグリーンランドで標準的な大きさの氷山で 高さが120フィート つまり40メートルほどあります 実際の速度の映像でご覧いただきましょう

(音楽)

このように 氷山が別な顔を見せてくれたのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画