TED日本語 - カミール・シーマン: 嵐を追いかけて

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - カミール・シーマン: 嵐を追いかけて

TED Talks

嵐を追いかけて
Photos from a storm chaser
カミール・シーマン
Camille Seaman

内容

写真家のカミール・シーマンは嵐を追うようになって5年になります。この講演で彼女は激動する空の圧倒的で不思議な写真をお目にかけます。

Script

Everything is interconnected. As a Shinnecock Indian, I was raised to know this. We are a small fishing tribe situated on the southeastern tip of Long Island near the town of Southampton in New York.

When I was a little girl, my grandfather took me to sit outside in the sun on a hot summer day. There were no clouds in the sky. And after a while I began to perspire. And he pointed up to the sky, and he said, "Look, do you see that? That's part of you up there. That's your water that helps to make the cloud that becomes the rain that feeds the plants that feeds the animals."

In my continued exploration of subjects in nature that have the ability to illustrate the interconnection of all life, I started storm chasing in 2008 after my daughter said, "Mom, you should do that."

And so three days later, driving very fast, I found myself stalking a single type of giant cloud called the super cell, capable of producing grapefruit-size hail and spectacular tornadoes, although only two percent actually do. These clouds can grow so big, up to 50 miles wide and reach up to 65,000 feet into the atmosphere. They can grow so big, blocking all daylight, making it very dark and ominous standing under them.

Storm chasing is a very tactile experience. There's a warm, moist wind blowing at your back and the smell of the earth, the wheat, the grass, the charged particles. And then there are the colors in the clouds of hail forming, the greens and the turquoise blues. I've learned to respect the lightning. My hair used to be straight.

(Laughter)

I'm just kidding.

(Laughter)

What really excites me about these storms is their movement, the way they swirl and spin and undulate, with their lava lamp-like mammatus clouds. They become lovely monsters.

When I'm photographing them, I can not help but remember my grandfather's lesson. As I stand under them, I see not just a cloud, but understand that what I have the privilege to witness is the same forces, the same process in a small-scale version that helped to create our galaxy, our solar system, our sun and even this very planet.

All my relations. Thank you.

(Applause)

“すべてのものに繋がりがある” シネコック族インディアンである私は そう教えられて育ちました 漁業を営む小さな部族で 集落がロングアイランドの南東端にあります ニューヨーク州サウサンプトンの近くです

私がまだ小さな女の子だった頃 ある夏の暑い日に 祖父に連れられ日なたに座っていました 空には雲ひとつありません そのうち汗が出てきました すると祖父が空を指さして言ったんです “ほら 見えるかい” “あれはお前の一部なんだよ” “お前の汗はやがて雲になり” “雲は雨になって植物を育み” “その植物を食べて動物は生きているんだ”

私はずっと自然を追い続けてきました このすべての命の繋がりを描き出せるからです 2008年から嵐を追うようになりました 娘に言われたからです“ママ あれ撮らなきゃ”

3日後 私は車を飛ばして ある巨大な雲を追いかけていました“スーパーセル” です グレープフルーツ大のひょうを降らせたり 凄まじい竜巻を起こすこともありますが そういうケースは実は2%だけです この雲が成長すると幅80キロメートルにも広がって 厚みも20キロメートルに達します その大きさゆえこの雲の下では日が遮られ とても暗く不気味な感じがします

嵐を追っていると その存在が体全体で感じられます 背中にあたたかく湿った空気が吹き付け 土や小麦や草や荷電粒子の匂いを感じます そして雲の色も特別で ひょうが降る時は緑色や青緑色に見えます 私は雷にも敬意を抱くようになりました 私の髪は元々ストレートだったんです

(笑)

ウソですよ

(笑)

嵐の雲が動いているのを見るとワクワクします 渦を巻いたり 回ったり波打ったり “乳房雲”はまるでラバランプのよう かわいい怪物へと育ちます

そういう雲の写真を撮っていると 祖父の言葉が心によみがえります 雲を見上げる時私はただ - 雲を見ているわけではありません 宇宙を形作るのと同じプロセスを 目撃しているという誇らしい思いに満たされています 銀河も 太陽系も 太陽もそしてこの地球も このように生まれてきたんです

私に繋がるすべてのものに - ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画