TED日本語 - エステル・ペレル: 不貞の真実 ~誰かを愛したことのあるすべての人に~

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - エステル・ペレル: 不貞の真実 ~誰かを愛したことのあるすべての人に~

TED Talks

不貞の真実 ~誰かを愛したことのあるすべての人に~
Rethinking infidelity ... a talk for anyone who has ever loved
エステル・ペレル
Esther Perel

内容

不貞は究極の裏切りです。しかし、そこまでの悪事なのでしょうか。愛情セラピストのエステル・ペレルは、人が浮気する理由を探り、不倫が大きな傷を残す理由は、安心の感覚を脅かすからだと解き明かします。そして、不貞の中に、期待感と喪失感という予期せざるものを見出します。浮気したことのある人、浮気されたことのある人、そして愛情関係を理解する新しい枠組みに関心のある人にお薦めです。

Script

Why do we cheat? And why do happy people cheat? And when we say "infidelity," what exactly do we mean? Is it a hookup, a love story, paid sex, a chat room, a massage with a happy ending? Why do we think that men cheat out of boredom and fear of intimacy, but women cheat out of loneliness and hunger for intimacy? And is an affair always the end of a relationship?

For the past 10 years, I have traveled the globe and worked extensively with hundreds of couples who have been shattered by infidelity. There is one simple act of transgression that can rob a couple of their relationship, their happiness and their very identity: an affair. And yet, this extremely common act is so poorly understood. So this talk is for anyone who has ever loved.

Adultery has existed since marriage was invented, and so, too, the taboo against it. In fact, infidelity has a tenacity that marriage can only envy, so much so, that this is the only commandment that is repeated twice in the Bible: once for doing it, and once just for thinking about it. (Laughter) So how do we reconcile what is universally forbidden, yet universally practiced?

Now, throughout history, men practically had a license to cheat with little consequence, and supported by a host of biological and evolutionary theories that justified their need to roam, so the double standard is as old as adultery itself. But who knows what's really going on under the sheets there, right? Because when it comes to sex, the pressure for men is to boast and to exaggerate, but the pressure for women is to hide, minimize and deny, which isn't surprising when you consider that there are still nine countries where women can be killed for straying.

Now, monogamy used to be one person for life. Today, monogamy is one person at a time. (Laughter) (Applause)

I mean, many of you probably have said, "I am monogamous in all my relationships." (Laughter)

We used to marry, and had sex for the first time. But now we marry, and we stop having sex with others. The fact is that monogamy had nothing to do with love. Men relied on women's fidelity in order to know whose children these are, and who gets the cows when I die.

Now, everyone wants to know what percentage of people cheat. I've been asked that question since I arrived at this conference. (Laughter) It applies to you. But the definition of infidelity keeps on expanding: sexting, watching porn, staying secretly active on dating apps. So because there is no universally agreed-upon definition of what even constitutes an infidelity, estimates vary widely, from 26 percent to 75 percent. But on top of it, we are walking contradictions. So 95 percent of us will say that it is terribly wrong for our partner to lie about having an affair, but just about the same amount of us will say that that's exactly what we would do if we were having one. (Laughter)

Now, I like this definition of an affair -- it brings together the three key elements: a secretive relationship, which is the core structure of an affair; an emotional connection to one degree or another; and a sexual alchemy. And alchemy is the key word here, because the erotic frisson is such that the kiss that you only imagine giving, can be as powerful and as enchanting as hours of actual lovemaking. As Marcel Proust said, it's our imagination that is responsible for love, not the other person.

So it's never been easier to cheat, and it's never been more difficult to keep a secret. And never has infidelity exacted such a psychological toll. When marriage was an economic enterprise, infidelity threatened our economic security. But now that marriage is a romantic arrangement, infidelity threatens our emotional security. Ironically, we used to turn to adultery -- that was the space where we sought pure love. But now that we seek love in marriage, adultery destroys it.

Now, there are three ways that I think infidelity hurts differently today. We have a romantic ideal in which we turn to one person to fulfill an endless list of needs: to be my greatest lover, my best friend, the best parent, my trusted confidant, my emotional companion, my intellectual equal. And I am it: I'm chosen, I'm unique, I'm indispensable, I'm irreplaceable, I'm the one. And infidelity tells me I'm not. It is the ultimate betrayal. Infidelity shatters the grand ambition of love. But if throughout history, infidelity has always been painful, today it is often traumatic, because it threatens our sense of self.

So my patient Fernando, he's plagued. He goes on: "I thought I knew my life. I thought I knew who you were, who we were as a couple, who I was. Now, I question everything." Infidelity -- a violation of trust, a crisis of identity. "Can I ever trust you again?" he asks. "Can I ever trust anyone again?"

And this is also what my patient Heather is telling me, when she's talking to me about her story with Nick. Married,two kids. Nick just left on a business trip, and Heather is playing on his iPad with the boys, when she sees a message appear on the screen: "Can't wait to see you." Strange, she thinks, we just saw each other. And then another message: "Can't wait to hold you in my arms." And Heather realizes these are not for her. She also tells me that her father had affairs, but her mother, she found one little receipt in the pocket, and a little bit of lipstick on the collar. Heather, she goes digging, and she finds hundreds of messages, and photos exchanged and desires expressed. The vivid details of Nick's two-year affair unfold in front of her in real time, And it made me think: Affairs in the digital age are death by a thousand cuts.

But then we have another paradox that we're dealing with these days. Because of this romantic ideal, we are relying on our partner's fidelity with a unique fervor. But we also have never been more inclined to stray, and not because we have new desires today, but because we live in an era where we feel that we are entitled to pursue our desires, because this is the culture where I deserve to be happy. And if we used to divorce because we were unhappy, today we divorce because we could be happier. And if divorce carried all the shame, today, choosing to stay when you can leave is the new shame. So Heather, she can't talk to her friends because she's afraid that they will judge her for still loving Nick, and everywhere she turns, she gets the same advice: Leave him. Throw the dog on the curb. And if the situation were reversed, Nick would be in the same situation. Staying is the new shame.

So if we can divorce, why do we still have affairs? Now, the typical assumption is that if someone cheats, either there's something wrong in your relationship or wrong with you. But millions of people can't all be pathological. The logic goes like this: If you have everything you need at home, then there is no need to go looking elsewhere, assuming that there is such a thing as a perfect marriage that will inoculate us against wanderlust. But what if passion has a finite shelf life? What if there are things that even a good relationship can never provide? If even happy people cheat, what is it about?

The vast majority of people that I actually work with are not at all chronic philanderers. They are often people who are deeply monogamous in their beliefs, and at least for their partner. But they find themselves in a conflict between their values and their behavior. They often are people who have actually been faithful for decades, but one day they cross a line that they never thought they would cross, and at the risk of losing everything. But for a glimmer of what? Affairs are an act of betrayal, and they are also an expression of longing and loss. At the heart of an affair, you will often find a longing and a yearning for an emotional connection, for novelty, for freedom, for autonomy, for sexual intensity, a wish to recapture lost parts of ourselves or an attempt to bring back vitality in the face of loss and tragedy.

I'm thinking about another patient of mine, Priya, who is blissfully married, loves her husband, and would never want to hurt the man. But she also tells me that she's always done what was expected of her: good girl, good wife, good mother, taking care of her immigrant parents. Priya, she fell for the arborist who removed the tree from her yard after Hurricane Sandy. And with his truck and his tattoos, he's quite the opposite of her. But at 47, Priya's affair is about the adolescence that she never had. And her story highlights for me that when we seek the gaze of another, it isn't always our partner that we are turning away from, but the person that we have ourselves become. And it isn't so much that we're looking for another person, as much as we are looking for another self.

Now, all over the world, there is one word that people who have affairs always tell me. They feel alive. And they often will tell me stories of recent losses -- of a parent who died, and a friend that went too soon, and bad news at the doctor. Death and mortality often live in the shadow of an affair, because they raise these questions. Is this it? Is there more? Am I going on for another 25 years like this? Will I ever feel that thing again? And it has led me to think that perhaps these questions are the ones that propel people to cross the line, and that some affairs are an attempt to beat back deadness, in an antidote to death.

And contrary to what you may think, affairs are way less about sex, and a lot more about desire: desire for attention, desire to feel special, desire to feel important. And the very structure of an affair, the fact that you can never have your lover, keeps you wanting. That in itself is a desire machine, because the incompleteness, the ambiguity, keeps you wanting that which you can't have.

Now some of you probably think that affairs don't happen in open relationships, but they do. First of all, the conversation about monogamy is not the same as the conversation about infidelity. But the fact is that it seems that even when we have the freedom to have other sexual partners, we still seem to be lured by the power of the forbidden, that if we do that which we are not supposed to do, then we feel like we are really doing what we want to. And I've also told quite a few of my patients that if they could bring into their relationships one tenth of the boldness, the imagination and the verve that they put into their affairs, they probably would never need to see me. (Laughter)

So how do we heal from an affair? Desire runs deep. Betrayal runs deep. But it can be healed. And some affairs are death knells for relationships that were already dying on the vine. But others will jolt us into new possibilities. The fact is, the majority of couples who have experienced affairs stay together. But some of them will merely survive, and others will actually be able to turn a crisis into an opportunity. They'll be able to turn this into a generative experience. And I'm actually thinking even more so for the deceived partner, who will often say, "You think I didn't want more? But I'm not the one who did it." But now that the affair is exposed, they, too, get to claim more, and they no longer have to uphold the status quo that may not have been working for them that well, either.

I've noticed that a lot of couples, in the immediate aftermath of an affair, because of this new disorder that may actually lead to a new order, will have depths of conversations with honesty and openness that they haven't had in decades. And, partners who were sexually indifferent find themselves suddenly so lustfully voracious, they don't know where it's coming from. Something about the fear of loss will rekindle desire, and make way for an entirely new kind of truth.

So when an affair is exposed, what are some of the specific things that couples can do? We know from trauma that healing begins when the perpetrator acknowledges their wrongdoing. So for the partner who had the affair, for Nick,one thing is to end the affair, but the other is the essential, important act of expressing guilt and remorse for hurting his wife. But the truth is that I have noticed that quite a lot of people who have affairs may feel terribly guilty for hurting their partner, but they don't feel guilty for the experience of the affair itself. And that distinction is important. And Nick, he needs to hold vigil for the relationship. He needs to become, for a while, the protector of the boundaries. It's his responsibility to bring it up, because if he thinks about it, he can relieve Heather from the obsession, and from having to make sure that the affair isn't forgotten, and that in itself begins to restore trust.

But for Heather, or deceived partners, it is essential to do things that bring back a sense of self-worth, to surround oneself with love and with friends and activities that give back joy and meaning and identity. But even more important, is to curb the curiosity to mine for the sordid details -- Where were you? Where did you do it? How often? Is she better than me in bed? -- questions that only inflict more pain, and keep you awake at night. And instead, switch to what I call the investigative questions, the ones that mine the meaning and the motives -- What did this affair mean for you? What were you able to express or experience there that you could no longer do with me? What was it like for you when you came home? What is it about us that you value? Are you pleased this is over?

Every affair will redefine a relationship, and every couple will determine what the legacy of the affair will be. But affairs are here to stay, and they're not going away. And the dilemmas of love and desire, they don't yield just simple answers of black and white and good and bad, and victim and perpetrator. Betrayal in a relationship comes in many forms. There are many ways that we betray our partner: with contempt, with neglect, with indifference, with violence. Sexual betrayal is only one way to hurt a partner. In other words, the victim of an affair is not always the victim of the marriage.

Now, you've listened to me, and I know what you're thinking: She has a French accent, she must be pro-affair. (Laughter) So, you're wrong. I am not French. (Laughter) (Applause) And I'm not pro-affair. But because I think that good can come out of an affair, I have often been asked this very strange question: Would I ever recommend it? Now, I would no more recommend you have an affair than I would recommend you have cancer, and yet we know that people who have been ill often talk about how their illness has yielded them a new perspective. The main question that I've been asked since I arrived at this conference when I said I would talk about infidelity is, for or against? I said, "Yes." (Laughter)

I look at affairs from a dual perspective: hurt and betrayal on one side, growth and self-discovery on the other -- what it did to you, and what it meant for me. And so when a couple comes to me in the aftermath of an affair that has been revealed, I will often tell them this: Today in the West, most of us are going to have two or three relationships or marriages, and some of us are going to do it with the same person. Your first marriage is over. Would you like to create a second one together?

Thank you.

(Applause)

なぜ 私達は浮気するのでしょう? なぜ 幸福な人達も 浮気するのでしょう? 「不貞行為」と呼ぶときに 具体的には何をさすのでしょうか ナンパ、ひと時の恋、買春、チャットルーム はたまた性風俗はどうでしょう なぜ 男性は退屈や深い関係を避けるために浮気をし 女性は寂しさと愛情を求めて浮気をすると 考えられているのでしょうか? 浮気は必ず 夫婦関係に終わりを告げるものになるのでしょうか?

この10年間 私は世界中を飛び回り 何百もの夫婦を広範囲に研究しました 彼らは皆 不貞行為により打ちのめされた夫婦です あるシンプルな背徳行為が 夫婦から親密な関係や 幸せやその人自身までも奪います それは姦通です しかし こんなありふれた行為が まだ十分に解明されてはいません ですので この話は 誰かを愛したことのあるすべての人に向けたものです

不倫は 結婚という制度が作られた当初からありました そして 当時から禁じられたものでした 実際に 結婚が嫉妬するほどに 不貞は頑強なのです そのため 不貞だけは 聖書の戒律として2回繰り返されるほどです 一度目は不貞を働くことに対して 二度目は不貞を企むことに対して (笑) 普遍的に禁じられていながら 普遍的に実行されていることについて 何か答えはあるのでしょうか

歴史を通して 男性は 重大な結果に至らずに浮気をする許可証を 実質的に有していました 多くの生物学および進化学的理論を裏付けに 男はふらつき回るものなんだと 説明します このダブルスタンダードは 不倫そのものと同じくらい古いものです しかし シーツに隠されて 本当のところは誰にも分からないものです なぜなら セックスの話になると 男性には 自慢し 誇張する圧力がかかり 女性には 隠し 矮小化し 否定する圧力がかかります この違いは次のことからも分かります 未だに9つの国では 女性は不倫を理由に処刑されることがあります

昔は 一夫一婦制は 一生に一人のパートナーを意味していました 今では 一夫一婦制は その時どきに一人の意味です (笑) (拍手)

こんな言葉に覚えはありませんか 「私は 恋愛においてはいつも一途だ」 (笑)

昔は 結婚し 初めてセックスをしていまいた しかし今は 結婚してから 結婚相手以外とのセックスをやめます 実際に 一夫一婦制は愛情とは関係ないのです 男性にとって 目の前にいるのが誰の子か 死後 誰が遺産を相続するかは 女性の貞操頼みです

さて 皆さん誰もが 浮気をする人の割合を 知りたいようです このカンファレンス会場に着いてから 私は何度もこの質問を受けました (笑) 皆さんの中では何割でしょう しかし 浮気の定義がどんどん広がっています 性的なメッセージを送ったり ポルノを観たり こっそりデートアプリを使ったり その理由は 何をもって浮気と呼ぶのか 幅広く合意された定義がないからです 割合の推定も 26%から75%まで様々です しかし何と言っても 私たちは歩く矛盾と言えます 例えば 95%の人は ひどい過ちだと言います パートナーが不倫について嘘をつくことを しかし 同じ割合の人が 自分が不倫したらそうする とも言います (笑)

ところで 私は不倫に関するこの定義を気に入っています それは主に3つの要素から成ります 1つ目は「秘密の関係」です これは不倫に関する最大の原則です 2つ目は「感情の繋がり」 程度の差はあるにせよです 3つ目は「セックスの魔力」です ここで 魔力がキーワードになります その理由は欲情のスリルにあります 想像しかできないキスというのは 実際のセックスの時間と同じくらい 強力で魅惑的なんです マルセル・プルーストはこのように言っています 「愛を呼び起こすのは自分の想像力だ 相手ではない」

それで 浮気をするほど簡単なことはなく 秘密を守り続けるほど困難なことはありません これまで 不貞はこれほど精神的なダメージを 与えるものではありませんでした 結婚が経済活動だった時代には 不貞は私達の経済的安定を脅かすものでした しかし今や 結婚は情愛的な結びつきなので 不貞は感情的な安心に対する脅威となりました 皮肉にも かつては 私達が純愛を探し求めるときに 不倫に頼ったのでした しかし今 結婚の中に愛を求めるようになると 不倫はそれを壊すものになりました

不貞による人の傷つき方は 3つの点で変わったと思います 私達の 恋愛における理想像とは 一人のパートナーと向き合って 尽きることのない欲求を満たしていくというものです 最愛の恋人になってほしい 一番の親友になってほしい 最高の親になって 腹心の友となって 共感できる仲間になって 対等な知性を備えていてほしいと願います そして まさに私であること 私が選ばれ 私が特別で 私がいなければだめ 誰も代わりになれない たった一人の私でありたい ― そうではなかった と示されるのが不貞行為です 究極の裏切りです 不貞は 愛という壮大な思いを打ち砕きます しかし歴史を振り返ってみれば 不貞は常に苦痛を伴い 今日では 心の傷になることもあります なぜなら 自己という感覚を揺るがすのが不貞だからです

フェルナンドという患者がいますが 彼は本当に苦しんでいます そして こう言います 「自分の人生を分かっていると思っていた 妻が何者なのか 私達がどんな夫婦で 私が誰かを分かっていると思ってた だけど 今はすべてを疑ってしまう」と 不貞行為 それは信頼を破壊し 自己認識を脅かします 彼は言います 「もう1回 妻を信じることなんてできるか? この先 誰かを信じることなんてできるか?」

そして ヘザーという患者も同じことを言っています 彼女はニックに関する話をしてくれました 彼らは結婚し 二人の子どもがいます ある時 ニックが出張に出かけた後で ヘザーが ニックのiPadで息子たちと遊んでいると 画面にメッセージが現れました 「会いたくてたまらない」 彼女は奇妙に思いました さっきまで居たのに すると 次のメッセージが来ました 「早くこの腕で抱きしめたい」 ヘザーは気付きました 2つのメッセージは自分宛ではないと ヘザーによれば 彼女の父親も浮気をしていたそうです 彼女の母は 夫のポケットから小さなレシートを見つけ シャツのカラーに付いた口紅にも気が付きました ヘザーも調べてみました すると 何百通ものメッセージがあり 写真がやり取りされ 欲望が言葉にされていました 2年間に及ぶニックの情事の様子が ヘザーの目の前に 鮮明に浮かんできます これを聞いて私は思いました デジタル時代の不倫は 身を切り刻む殺し方です

しかし そうすると現代に生きる上で 別の矛盾にも直面します 恋愛における理想ゆえに 私たちは 代えがたく熱烈に パートナーの貞操に頼っているのです しかし 道を外れようと これほど誘惑される時代もありません それは最近 新しい欲望が生じたからではなく 私たちが生きる現代において 自分たちには 欲望を追及する権利があると感じ 自分は幸せになるに値するとみなす 文化が根付いているからで またかつては 不幸せだから離婚しましたが 今や より幸せになるために離婚します そして 離婚がすべての恥を負っていたというなら 今や 別れられるのに離婚しないという選択は 新たな恥になります ヘザーの場合 彼女は友達に話せなかったそうです なぜなら 彼女が今でもニックを愛していることを 非難されるからです そしてどこに行っても ヘザーは同じ助言を受けました 「ニックと別れなさい 道路脇に犬を捨てるみたいに」 そして逆に言えば ニックも同じ状況に置かれていたでしょう 結婚生活を続けることは新たな恥でした

では 離婚できるのであれば なぜ私達は浮気するのでしょうか? よく言われる説明として 誰かが浮気するということは 本人の恋愛関係か 本人自身に問題があるからだと しかし 浮気をしている数百万人が皆 病的なはずはありません 言い換えれば 必要なものがすべて家庭にあれば 他に探しに行く必要はないという理屈です そこでの前提は 完璧な結婚というものがあり それは移り気からの予防になるというものです でも もし熱愛には賞味期限があるとしたら? もし 良好な二人の関係からは 得られない何かが 存在するとしたら? 幸せな人達でさえ浮気するなら 何が浮気の本質でしょうか?

実際に私がカウンセリングを行った人の大部分は 浮気癖のある遊び人とは程遠い人達です 殆どの人は 一夫一婦制を重んじていて 少なくとも パートナーに一途です しかし 彼らは葛藤に気が付きます 価値観と行動の間での葛藤です 彼らの多くは 実際に数十年貞操を守ってきています しかしある日 絶対に越えることはないと思っていた ― 一線を越えてしまうのです すべてを犠牲にする危険を顧みずに でも 何を求めて? 情事は裏切りを体現した行為です そしてまた 切望と喪失の表現でもあります 情事の核心部では こんなものが求められ熱望されています 感情的な繋がり 日常生活からの解放、自由奔放、自己決定、情熱的なセックス 私たちの失われた部分を 取り戻したいという願い 人の死や悲劇を経て 生きる感覚を取り戻したいという試みなどです

こんな話から プリアという患者を思い出します 彼女はこの上なく幸せな結婚をし 夫を愛していて 自分の夫を傷つけようなどとは 夢にも考えませんでした でも 彼女はこう言いました 自分はいつも期待通りに振る舞ってきた 良い子 良い妻 良い母で 移民の両親の面倒も見てきた プリアは ハリケーン・サンディーの後で 自宅の庭の木を片付けてくれた 庭師と恋に落ちました トラックを運転し タトゥーも入れているこの男は 彼女と正反対でした この浮気は 47歳のプリアに 訪れた初めての青春でした 彼女のエピソードのエッセンスは 私達が他者の熱い視線を求めるとき 自分のパートナーから 目を逸らしたいのではなく むしろ 自分自身の現状から 目を逸らしたいのだということです 他の人を捜し求めているというよりも むしろ 私達は別の自分を探しているのです

ところで 世界中で 情事を体験した人は必ず ある一言を発します 「生きている」と感じるのだそうです また 彼らはよくこんな話をします 最近 亡くなった人がいた 親をなくした 若くして亡くなった友人がいた 主治医から悪い知らせを聞いた 情事の陰には 死や寿命にまつわる話が潜んでいます なぜなら こんな問いを投げかけられるからです 今の生活で良いのか? これ以上はないのか? この先25年間 同じ生活でいいのか? あの感覚はもう味わえないのか? おそらく これらの問いが 最後の一線を越える後押しとなったり また 死に対抗するための 特効薬であるかのように 情事に走る例もあると思います

また 皆さんの想像に反して 情事はセックスよりも 欲望の方に大いに関わるのです 注目されたい欲望 特別だと感じたい欲望 大切な存在だと感じたい欲望 そして まさに情事の構造というのは 愛人と一緒になれない現実があるからこそ 欲望が刺激され続けることなのです このこと自体が 機械のように欲望を生み出します 不完全で 曖昧さがあるからこそ 人は手に入らないものを 求め続けてしまうのです

こう思うかもしれません オープンな恋人関係だったら 浮気なんて起きないんじゃないかと しかし あるのです まず 一夫一婦制の話と 不貞の話は同じではありません しかし 事実 セックスの相手が 他にいることが 許されているときでさえ 私達は 禁じられた行為に 惹きつけられるのです してはいけないことをしているときに 自分が本当にやりたいことをしていると感じるのです そして 私は多くの患者にこう言ってきました もし夫婦関係に 浮気のために注いでいる ― 大胆さやイマジネーションや情熱を たった1割でも良いから 持ち込めたら きっと私が診察する必要はなくなるでしょう (笑)

では 不倫から立ち直るにはどうすれば良いでしょうか? 欲望は根深く 裏切りも根深いものです ですが 修復は可能です 不倫が死を告げる鐘の場合もあります 元々 関係が破綻しかかっていた場合です しかし 新しい可能性に目覚めさせる不倫もあります 事実として 大多数の夫婦は 不倫を経験しても 一緒に居続けます 単に離婚しなかっただけの夫婦もいますが その危機をチャンスに変えることができる夫婦もいます 何かの生まれる経験と捉えられる人たちです 浮気をされた側が こんなことを言うときに 特に思うことです 「私はそれ以上求めていなかったと思ってる? でも 浮気をしたのは私じゃない」 でも不倫が発覚すると その人も もっと要求するようになります そもそも上手く行っていたわけでもない ― 現状を維持する必要がなくなるのです

私の知るところでは 多くの夫婦が 浮気で揉めた後から 混乱を経験し そこから新たな秩序を導く中で 誠実さと寛容さについて 深く話し合います 数十年間無かった話し合いです また 互いに性的関心を失っていたカップルが 突然 自分達の中に どこから来るのかもわからない 強い欲望を見出すこともあります 失うことへの恐れが 欲望に再び火をつけ まったく新たな真実への道を開くのです

不倫が発覚した時 夫婦には具体的にどんなことができるでしょうか? トラウマの研究から 回復は 加害者が 自ら非を認めることから始まると 分かっています 不倫をした側にとって 例えばニックの場合 まずは 情事を終わらせることです また さらに不可欠で 重要な行動は 妻を傷つけたことに対する 罪悪感と自責の念を示すことです しかし 現実には 不倫をした人のうちかなりの人数が パートナーを傷つけたことに激しい罪悪感を覚えている一方で 情事の経験そのものには 罪悪感を覚えないことが分かりました この違いは重要です ニックの場合 ヘザーとの関係のために 気を張り続ける必要があります 彼は暫くの間 国境警備隊のようになる必要があります そうするのが彼の責任です なぜなら 彼が関係のことを考えていれば ヘザーを強迫観念や 浮気を忘れてはならないという思いから 救い出し また それ自体が信頼回復のきっかけになります

しかし ヘザーや 浮気をされた側にとって 何より重要なのは 自分の価値に自信を取り戻すよう努め 愛情を感じたり 友人に囲まれたり 喜びや生きる意味 アイデンティティを取り戻せる活動をすることです しかし さらに重要となり得るのは 情事の詳細に関する好奇心を 抑えることです どこにいたの? どこでやったの? どのくらいの頻度で? 彼女はベッドで私より良かったか? こんな質問をしても 傷は深まるばかりです 答えを聞いても 眠れなくなるだけでしょう だから代わりに 別のことを聞いてみましょう 名付けて調査質問です これは浮気の意味と動機を掘り下げるものです 「この浮気はあなたにとってどんな意味があった?」 「私と一緒のときにはできないどんなことを 表現できた? 経験できた?」 「家に帰って来た時 どんな気持ちだった?」 「私たちの関係の中で あなたが価値を置くものは何?」 「この一件が終わって 嬉しい?」

どんな不倫であっても 関係が改めて定義されます そして すべての夫婦が 情事が後に残すものは何かを 定めます しかし 不倫をしたという事実は変わりません 無かったことにはなりません そして 愛情と欲望のジレンマには 白か黒か 良いか悪いか 被害者か加害者かという 単純な答えはありません 夫婦関係における裏切りは 様々な形で行われます パートナーを裏切る方法は沢山あるのです 軽視や無視 無関心や暴力など様々です 性的な裏切りは パートナーを傷つける方法の1つに過ぎません 言い換えれば 浮気の被害者が 常に結婚生活の被害者とは限りません

ここまでの話を聞いて おそらく あなたはこう思っているでしょう 彼女はフランス語訛りだ 彼女は浮気を推奨しているに違いない (笑) 不正解です 私はフランス人ではありません (笑) (拍手) そして浮気を推奨しません ただし 浮気の結果が 良い方向に向かうこともあると考えるため よく そのような奇妙な質問をされます 浮気を推奨することなんてあるでしょうか? 癌を薦めることが無いように 私は浮気を薦めることなんてしません 病気にかかった人たちから 病気によって 新しい視点が得られたと 聞くことがあっても ということです このカンファレンス会場に着いて この場で不貞の話をするというと 特によく質問されたのは 私が不貞に賛成か反対かです それには「イエス」とだけ答えておきました (笑)

私は不倫を2つの視点で捉えています 苦痛と裏切りが一面です もう一面は成長と自己発見です 不倫がパートナーに何を与えたか 自分はそこにどんな意味を見出したか そこで 不倫が発覚して 混乱に陥った夫婦が 私を訪ねてくる時 私はこんな話をします 欧米では今日 殆どの人が2、3回の恋愛関係や 結婚を経験します それを 同じ人と繰り返す人もいます あなたの1回目の結婚は終わりました これから 2回目の結婚生活を 2人で築いてはいかがでしょうか?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画