TED日本語 - マーティーン・ロスブラット: 我が娘、妻、ロボット、そして永遠の生の追求

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - マーティーン・ロスブラット: 我が娘、妻、ロボット、そして永遠の生の追求

TED Talks

我が娘、妻、ロボット、そして永遠の生の追求
My daughter, my wife, our robot, and the quest for immortality
マーティーン・ロスブラット
Martine Rothblatt

内容

シリウスXMラジオの創設者マーティーン・ロスブラットは、現在では稀な病気から生涯命を救う薬(自分自身の娘の命を救ったある薬を含む)を作る製薬会社を指揮しています。同時に彼女は、デジタルファイルの中に愛する女性の意識を保存して、コンパニオンロボット作りに取り組んでいます。TEDのクリス・アンダーソンとの檀上での会話の中で、ロスブラットは、愛、アイデンティティ、創造性、そして限りない可能性について、力強い話をしています。

Script

Chris Anderson: So I guess what we're going to do is we're going to talk about your life, and using some pictures that you shared with me. And I think we should start right here with this one. Okay, now who is this?

Martine Rothblatt: This is me with our oldest son Eli. He was about age five. This is taken in Nigeria right after having taken the Washington, D.C. bar exam.

CA: Okay. But this doesn't really look like a Martine.

MR: Right. That was myself as a male, the way I was brought up. Before I transitioned from male to female and Martin to Martine.

CA: You were brought up Martin Rothblatt.

MR: Correct.

CA: And about a year after this picture, you married a beautiful woman. Was this love at first sight? What happened there?

MR: It was love at the first sight. I saw Bina at a discotheque in Los Angeles, and we later began living together, but the moment I saw her, I saw just an aura of energy around her. I asked her to dance. She said she saw an aura of energy around me. I was a single male parent. She was a single female parent. We showed each other our kids' pictures, and we've been happily married for a third of a century now. (Applause)

CA: And at the time, you were kind of this hotshot entrepreneur, working with satellites. I think you had two successful companies, and then you started addressing this problem of how could you use satellites to revolutionize radio. Tell us about that.

MR: Right. I always loved space technology, and satellites, to me, are sort of like the canoes that our ancestors first pushed out into the water. So it was exciting for me to be part of the navigation of the oceans of the sky, and as I developed different types of satellite communication systems, the main thing I did was to launch bigger and more powerful satellites, the consequence of which was that the receiving antennas could be smaller and smaller, and after going through direct television broadcasting, I had the idea that if we could make a more powerful satellite, the receiving dish could be so small that it would just be a section of a parabolic dish, a flat little plate embedded into the roof of an automobile, and it would be possible to have nationwide satellite radio, and that's Sirius XM today.

CA: Wow. So who here has used Sirius?

(Applause)

MR: Thank you for your monthly subscriptions.

(Laughter)

CA: So that succeeded despite all predictions at the time. It was a huge commercial success, but soon after this, in the early 1990s, there was this big transition in your life and you became Martine.

MR: Correct. CA: So tell me, how did that happen? MR: It happened in consultation with Bina and our four beautiful children, and I discussed with each of them that I felt my soul was always female, and as a woman, but I was afraid people would laugh at me if I expressed it, so I always kept it bottled up and just showed my male side. And each of them had a different take on this. Bina said, "I love your soul, and whether the outside is Martin and Martine, it doesn't it matter to me, I love your soul." My son said, "If you become a woman, will you still be my father?" And I said, "Yes, I'll always be your father, and I'm still his father today." My youngest daughter did an absolutely brilliant five-year-old thing. She told people, "I love my dad and she loves me." So she had no problem with a gender blending whatsoever.

CA: And a couple years after this, you published this book: "The Apartheid of Sex." What was your thesis in this book?

MR: My thesis in this book is that there are seven billion people in the world, and actually,seven billion unique ways to express one's gender. And while people may have the genitals of a male or a female, the genitals don't determine your gender or even really your sexual identity. That's just a matter of anatomy and reproductive tracts, and people could choose whatever gender they want if they weren't forced by society into categories of either male or female the way South Africa used to force people into categories of black or white. We know from anthropological science that race is fiction, even though racism is very, very real, and we now know from cultural studies that separate male or female genders is a constructed fiction. The reality is a gender fluidity that crosses the entire continuum from male to female.

CA: You yourself don't always feel 100 percent female.

MR: Correct. I would say in some ways I change my gender about as often as I change my hairstyle.

CA: (Laughs) Okay, now, this is your gorgeous daughter, Jenesis. And I guess she was about this age when something pretty terrible happened.

MR: Yes, she was finding herself unable to walk up the stairs in our house to her bedroom, and after several months of doctors, she was diagnosed to have a rare, almost invariably fatal disease called pulmonary arterial hypertension.

CA: So how did you respond to that?

MR: Well, we first tried to get her to the best doctors we could. We ended up at Children's National Medical Center in Washington, D.C. The head of pediatric cardiology told us that he was going to refer her to get a lung transplant, but not to hold out any hope, because there are very few lungs available, especially for children. He said that all people with this illness died, and if any of you have seen the film "Lorenzo's Oil," there's a scene when the protagonist kind of rolls down the stairway crying and bemoaning the fate of his son, and that's exactly how we felt about Jenesis.

CA: But you didn't accept that as the limit of what you could do. You started trying to research and see if you could find a cure somehow.

MR: Correct. She was in the intensive care ward for weeks at a time, and Bina and I would tag team to stay at the hospital while the other watched the rest of the kids, and when I was in the hospital and she was sleeping, I went to the hospital library. I read every article that I could find on pulmonary hypertension. I had not taken any biology, even in college, so I had to go from a biology textbook to a college-level textbook and then medical textbook and the journal articles, back and forth, and eventually I knew enough to think that it might be possible that somebody could find a cure. So we started a nonprofit foundation. I wrote a description asking people to submit grants and we would pay for medical research. I became an expert on the condition -- doctors said to me, Martine, we really appreciate all the funding you've provided us, but we are not going to be able to find a cure in time to save your daughter. However, there is a medicine that was developed at the Burroughs Wellcome Company that could halt the progression of the disease, but Burroughs Wellcome has just been acquired by Glaxo Wellcome. They made a decision not to develop any medicines for rare and orphan diseases, and maybe you could use your expertise in satellite communications to develop this cure for pulmonary hypertension.

CA: So how on earth did you get access to this drug?

MR: I went to Glaxo Wellcome and after three times being rejected and having the door slammed in my face because they weren't going to out-license the drug to a satellite communications expert, they weren't going to send the drug out to anybody at all, and they thought I didn't have the expertise, finally I was able to persuade a small team of people to work with me and develop enough credibility. I wore down their resistance, and they had no hope this drug would even work, by the way, and they tried to tell me, "You're just wasting your time. We're sorry about your daughter." But finally, for 25,000 dollars and agreement to pay 10 percent of any revenues we might ever get, they agreed to give me worldwide rights to this drug.

CA: And so you put this drug on the market in a really brilliant way, by basically charging what it would take to make the economics work.

MR: Oh yes, Chris, but this really wasn't a drug that I ended up -- after I wrote the check for 25,000, and I said, "Okay, where's the medicine for Jenesis?" they said, "Oh, Martine, there's no medicine for Jenesis. This is just something we tried in rats." And they gave me, like, a little plastic Ziploc bag of a small amount of powder. They said, "Don't give it to any human," and they gave me a piece of paper which said it was a patent, and from that, we had to figure out a way to make this medicine. A hundred chemists in the U.S. at the top universities all swore that little patent could never be turned into a medicine. If it was turned into a medicine, it could never be delivered because it had a half-life of only 45 minutes.

CA: And yet, a year or two later, you were there with a medicine that worked for Jenesis.

MR: Chris, the astonishing thing is that this absolutely worthless piece of powder that had the sparkle of a promise of hope for Jenesis is not only keeping Jenesis and other people alive today, but produces almost a billion and a half dollars a year in revenue.

(Applause)

CA: So here you go. So you took this company public, right? And made an absolute fortune. And how much have you paid Glaxo, by the way, after that 25,000?

MR: Yeah, well, every year we pay them 10 percent of 1.5 billion,150 million dollars, last year 100 million dollars. It's the best return on investment they ever received. (Laughter)

CA: And the best news of all, I guess, is this.

MR: Yes. Jenesis is an absolutely brilliant young lady. She's alive, healthy today at 30. You see me, Bina and Jenesis there. The most amazing thing about Jenesis is that while she could do anything with her life, and believe me, if you grew up your whole life with people in your face saying that you've got a fatal disease, I would probably run to Tahiti and just not want to run into anybody again. But instead she chooses to work in United Therapeutics. She says she wants to do all she can to help other people with orphan diseases get medicines, and today, she's our project leader for all telepresence activities, where she helps digitally unite the entire company to work together to find cures for pulmonary hypertension.

CA: But not everyone who has this disease has been so fortunate. There are still many people dying, and you are tackling that too. How?

MR: Exactly, Chris. There's some 3,000 people a year in the United States alone, perhaps 10 times that number worldwide, who continue to die of this illness because the medicines slow down the progression but they don't halt it. The only cure for pulmonary hypertension, pulmonary fibrosis, cystic fibrosis, emphysema, COPD, what Leonard Nimoy just died of, is a lung transplant, but sadly, there are only enough available lungs for 2,000 people in the U.S. a year to get a lung transplant, whereas nearly a half million people a year die of end-stage lung failure. CA: So how can you address that? MR: So I conceptualize the possibility that just like we keep cars and planes and buildings going forever with an unlimited supply of building parts and machine parts, why can't we create an unlimited supply of transplantable organs to keep people living indefinitely, and especially people with lung disease. So we've teamed up with the decoder of the human genome, Craig Venter, and the company he founded with Peter Diamandis, the founder of the X Prize, to genetically modify the pig genome so that the pig's organs will not be rejected by the human body and thereby to create an unlimited supply of transplantable organs. We do this through our company, United Therapeutics.

CA: So you really believe that within, what, a decade, that this shortage of transplantable lungs maybe be cured, through these guys?

MR: Absolutely, Chris. I'm as certain of that as I was of the success that we've had with direct television broadcasting, Sirius XM. It's actually not rocket science. It's straightforward engineering away one gene after another. We're so lucky to be born in the time that sequencing genomes is a routine activity, and the brilliant folks at Synthetic Genomics are able to zero in on the pig genome, find exactly the genes that are problematic, and fix them.

CA: But it's not just bodies that -- though that is amazing. (Applause) It's not just long-lasting bodies that are of interest to you now. It's long-lasting minds. And I think this graph for you says something quite profound. What does this mean?

MR: What this graph means, and it comes from Ray Kurzweil, is that the rate of development in computer processing hardware, firmware and software, has been advancing along a curve such that by the 2020s, as we saw in earlier presentations today, there will be information technology that processes information and the world around us at the same rate as a human mind.

CA: And so that being so, you're actually getting ready for this world by believing that we will soon be able to, what, actually take the contents of our brains and somehow preserve them forever? How do you describe that?

MR: Well, Chris, what we're working on is creating a situation where people can create a mind file, and a mind file is the collection of their mannerisms, personality, recollection, feelings, beliefs, attitudes and values, everything that we've poured today into Google, into Amazon, into Facebook, and all of this information stored there will be able, in the next couple decades, once software is able to recapitulate consciousness, be able to revive the consciousness which is imminent in our mind file.

CA: Now you're not just messing around with this. You're serious. I mean, who is this?

MR: This is a robot version of my beloved spouse, Bina. And we call her Bina 48. She was programmed by Hanson Robotics out of Texas. There's the centerfold from National Geographic magazine with one of her caregivers, and she roams the web and has hundreds of hours of Bina's mannerisms, personalities. She's kind of like a two-year-old kid, but she says things that blow people away, best expressed by perhaps a New York Times Pulitzer Prize-winning journalist Amy Harmon who says her answers are often frustrating, but other times as compelling as those of any flesh person she's interviewed.

CA: And is your thinking here, part of your hope here, is that this version of Bina can in a sense live on forever, or some future upgrade to this version can live on forever? MR: Yes. Not just Bina, but everybody. You know, it costs us virtually nothing to store our mind files on Facebook, Instagram, what-have-you. Social media is I think one of the most extraordinary inventions of our time, and as apps become available that will allow us to out-Siri Siri, better and better, and develop consciousness operating systems, everybody in the world, billions of people, will be able to develop mind clones of themselves that will have their own life on the web.

CA: So the thing is, Martine, that in any normal conversation, this would sound stark-staring mad, but in the context of your life, what you've done, some of the things we've heard this week, the constructed realities that our minds give, I mean, you wouldn't bet against it.

MR: Well, I think it's really nothing coming from me. If anything, I'm perhaps a bit of a communicator of activities that are being undertaken by the greatest companies in China, Japan, India, the U.S., Europe. There are tens of millions of people working on writing code that expresses more and more aspects of our human consciousness, and you don't have to be a genius to see that all these threads are going to come together and ultimately create human consciousness, and it's something we'll value. There are so many things to do in this life, and if we could have a simulacrum, a digital doppelganger of ourselves that helps us process books, do shopping, be our best friends, I believe our mind clones, these digital versions of ourselves, will ultimately be our best friends, and for me personally and Bina personally, we love each other like crazy. Each day, we are always saying, like, "Wow, I love you even more than 30 years ago. And so for us, the prospect of mind clones and regenerated bodies is that our love affair, Chris, can go on forever. And we never get bored of each other. I'm sure we never will.

CA: I think Bina's here, right? MR: She is, yeah. CA: Would it be too much, I don't know, do we have a handheld mic? Bina, could we invite you to the stage? I just have to ask you one question. Besides, we need to see you.

(Applause)

Thank you, thank you. Come and join Martine here. I mean, look, when you got married, if someone had told you that, in a few years time, the man you were marrying would become a woman, and a few years after that, you would become a robot -- (Laughter) -- how has this gone? How has it been?

Bina Rothblatt: It's been really an exciting journey, and I would have never thought that at the time, but we started making goals and setting those goals and accomplishing things, and before you knew it, we just keep going up and up and we're still not stopping, so it's great.

CA: Martine told me something really beautiful, just actually on Skype before this, which was that he wanted to live for hundreds of years as a mind file, but not if it wasn't with you.

BR: That's right, we want to do it together. We're cryonicists as well, and we want to wake up together.

CA: So just so as you know, from my point of view, this isn't only one of the most astonishing lives I have heard, it's one of the most astonishing love stories I've ever heard. It's just a delight to have you both here at TED. Thank you so much.

MR: Thank you.

(Applause)

(クリス・アンダーソン) これから お持ち頂いた写真を使って あなたの人生について 語って頂きたいと思います こちらから始めたいと思います さて これはどなたでしょうか?

(マーティーン・ロスブラット) 一番上の息子イーライと私です 5歳ぐらいだったでしょうか ナイジェリアで撮ったもので ワシントンDCで 司法試験を受けた直後の写真です

(クリス) でもマーティーンには あまり見えませんね

(マーティーン) これは生まれ育った 元の性の男性の私です 男性から女性へ マーティンから マーティーンへと変わる前です

マーティン・ロスブラットとして 育った訳ですね

その通りです

この写真を撮った約一年後 素敵な女性と結婚しましたね 一目惚れだったのですか? 何があったのですか?

一目惚れでした ロスのディスコでビーナと出会い その後 一緒に暮らし始めました 一目見てすぐ 彼女にオーラと エネルギーを感じたのです それでダンスを申し込んだのです 彼女も私に同じものを感じたと 言っていました 私はシングルファーザーで 彼女はシングルマザーでした 二人は互いに子供の写真を 見せ合いました そして今 無事 結婚して30数年になります (拍手)

当時 あなたは衛星の仕事に従事する 有能な起業家でしたね あなたは 成功を収めた 2つの会社をお持ちで その後 衛星を使ってラジオに 如何に改革を起こすか ということに着手し始めました その事についてお聞かせください

ええ 私はずっと 宇宙工学に夢中でした 衛星とは私にとって 先祖が初めて水をかき分けた カヌーのようなものなのです 私にとって空という海原を航海するのは 本当にわくわくするものでした 違った形の衛星通信システムを開発した時 私は主として より大きくより力強い 衛星を打ち上げました その結果 受信するアンテナは より小さなものにする事が出来ました 直接テレビ放送の衛星が出来てから 私はこう思いました より強力な衛星が作れたら パラボラアンテナは かなり小さく出来るので 単に一つのパーツに過ぎなくなり それを車の屋根に 埋め込む事が出来れば 全国規模の衛星ラジオが聴けるのだと それが今日のシリウス XM なのです

おお 皆さんの中でシリウスに ご加入の方は?

(拍手)

月額のお支払い 有難うございます

(笑)

当時のすべての予測を裏切って 成功を収めていますね 商業的には大いに成功でした しかし このすぐ後1990年代初頭に 人生における大きな変化があり あなたはマーティーンになりました

(マーティーン) その通りです (クリス) どうやってそうなったのですか? ビーナと私たちの4人の素晴らしい 子供たちに相談し そしてその一人一人と 話し合いを持ちました 私の魂は常に女性であると 感じてましたが 私がそれを言えば 皆から笑われるだろうと思いました それで私は常に自分の気持ちを押し殺し 自分の男性の部分だけを見せていました 家族の皆はこの事について 異なる反応をしました ビーナはこう言いました 「あなたの魂を愛しているの 外見がマーティンだろうと マーティーンだろうと私には大した事ではないわ 私はあなたの魂を愛しているのだから」 息子は言いました 「女になっても僕のお父さんでいてくれる?」 私は言いました「ああ いつでも君のお父さんだよ」 そして今でも 私は彼の父親です 末娘は全く明るい5歳児らしい反応でした 娘は皆に「私はパパが大好きだし 彼女も私が大好きよ」と言っていました 性別が入り混じっても 娘には何の問題もありませんでした

その2,3年後 あなたは 『性のアパルトヘイト』という この本を出版されましたね この本の中での あなたのテーマは何でしたか

この本の私のテーマは 世界には70億人の人々がいて 実際70億通りの独自の 性の表現方法があるという事です 人は男性又は女性の生殖器を 持っているかもしれませんが 生殖器は性別や性のアイデンティティを 決めるものではないのです それは体の構造の問題でしかなく 単に生殖の器官なのです 南アフリカが国民に黒人か白人の 区別を強いていたように 私たちが社会から男女どちらか一方の 区別を強いられる事がないならば 自分の望む性を選ぶことが出来るでしょう 私たちは人種は虚構だと 人類学から知りました 人種差別がまったくの現実だとしてもです 又私たちは文化研究から これを今学んでいます 男女のジェンダーの区別は 積み上げられた虚構だと 現実にジェンダーには流動性があるのです 男性から女性への全体の感覚の変化が 交差しているのです

あなたご自身は常に100%女性だと 感じている訳ではないのですね

そうです ある意味ではそう言えます ヘアースタイルを変えるのと同じ頻度で 自分の性も変えていますよ

(笑) 分かりました さてこちらがあなたの 美しいお嬢さんジェネシスですね この頃とても大変な事が起きたようですね

ええ 彼女は家の階段を 寝室まで 歩いて 上れなくなってしまったのです 病院に行って数か月後 彼女は肺高血圧症という稀で ほぼ治る見込みのない 致命的な病気だと診断されました

それで どのように対応しましたか?

はい 私たちは最初出来るだけ 優秀な医師に診てもらおうとしました 結局ワシントンDCの国立小児 メディカルセンターにたどり着きました 小児循環器科長は私たちにこう言いました 彼女に肺移植を行うよう 専門医に紹介しますが 一切期待はしないでくださいね 特に子供のものとなると 移植用の肺は 数が非常に少なくなるからです この病気の罹患者は 死に至ると医師は言いました 映画 『ロレンツォのオイル』を 観た方はご存じでしょうが 主人公が階段を転げまわって 泣きながら息子の運命を嘆き悲しむのです それは私たちがジェネシスに対して 持っていた感情と全く同じものでした

しかしあなたはそれを 限界として受け入れず どうにかして治療法を見つけられるか 調べようとし始めましたね

その通りです 彼女は集中治療病棟に 数週間入院しました ビーナと私はチームを組み どちらかが病院に泊まり込む時は もう片方が他の子供たちの面倒を見たり 私が病院にいる時 ビーナは寝ていました 私は病院の図書館に行き その病気に関して見つけられ得る あらゆる記事を読みました 大学でも生物学は一切 履修していなかったので 生物のテキストから大学レベルの 生物学のテキストまで読まなければならず その後医学書や専門誌の記事を あちこち読み漁りました そして遂に誰かが治療法を見つける事が 可能かもしれない という所まで分かったのです そこで私たちは非営利財団を設立し 医学研究のための助成金を提供し 公募しました 私はもうこの病状に関する専門家 になりました 医師はこう言いました 「マーティーン 私たちに提供してくれた資金は 本当に有難いのですが 娘さんを助ける為の治療を発見するには もう時間がありません しかし薬ならあります バローズウェルカム社で 開発されたもので この病気の進行を止める事が 出来るかもしれません しかしバローズウェルカム社は丁度 グラクソウェルカム社に 買収されたばかりで 会社は 珍しい薬や希少疾患の薬は 作らないと決めたのです 衛星通信の専門知識を利用して 肺高血圧症の治療薬を 開発できるかもしれません」

では一体どうやって この薬を入手したのですか?

私はグラクソウェルカム社に出向きました 3度拒絶され 目の前でドアを閉ざされた後の事です 会社は衛星通信の専門家にも 誰にも 薬を手放すつもりはありませんでした 私に専門知識があるとも 思っていませんでした 結局 会社の小さなチームをくどき落として なんとか信頼を獲得したのです 彼等の抵抗を弱めましたが 因みに彼らはこの薬が機能する見込みは まるでないと思っており 私にこう言おうとしてました 「時間の無駄をしただけですね 娘さんの事はお気の毒です」 しかし最終的には2万5千ドルを支払い 収益の10%を支払うという協定を結んで この薬の世界中の権利を 譲渡する事に同意してくれたのです

あなたは本当に素晴らしいやり方で この薬を市場に出しましたね 経済を機能させる為にかかるものを 基本的に先に支払う事で

ええそうなんですクリス でも実はこれが 薬になった訳ではありませんでした 2万5千ドルの小切手を書いた後 私は言いました 「ジェネシスの薬はどこにあるの?」 彼らは言いました 「マーティーン ジェネシスの薬はないよ これは ラットで実験をしたものに過ぎないんだ」 彼らは中にごく少量の粉が入った 小さなプラスティックのジップロックの 袋のようなものをくれました 「人に飲ませないようにね」と彼らは言い 特許と書かれた一枚の 紙切れをくれました そこから私たちはこの薬の作り方を 理解しなければなりませんでした アメリカでトップの大学の名だたる化学者は その特許品は 薬には決して出来ないと断言しました もしそれが薬になったとしても 病巣へ届ける事は決して出来ない 何故なら半減期が わずか45分しかないのですから

しかし1,2年後ジェネシスに効いた 薬をもって来られましたね

クリス 驚く事に ジェネシスに希望を垣間見せただけで 全く無価値と思われたわずかな粉は 今日 ジェネシスや 他の人々を生かし続けるだけでなく およそ年間15億ドルの収益を 生み出しているのです

(拍手)

やりましたね それでその会社を上場したのですよね? そして莫大な財を成しました ところでグラクソには2万5千ドルの他 いくら支払ったのですか?

そうですね毎年15億ドルの10%の 1億5千万ドルを支払っています 昨年は1億ドル払いました これは今までで最高の利益でした (笑)

そして一番良いニュースは これだと思います

そうです ジェネシスは実に明るく 若々しい女性です 活発で健康的で今年30歳になりました ビーナもジェネシスも来ていますよ ジェネシスで最も驚くべきことは 彼女が活気に満ちて どんな事も出来るという事です 本当です 致命的な病気にかかっていると 皆に面と向かって 言われながら育ってきたら おそらく 私ならタヒチに逃げて もう二度と誰にも会いたくないと思うでしょう しかしそうではなく彼女は私のユナイテッド セラピューティクスで働く事を選びました 彼女は他の人たちを助ける為 希少疾患に薬を提供するなど 自分に出来る全ての事をやりたいと 言いました そして今日彼女は私たちのテレプレゼンス活動の プロジェクトリーダーになって そこで彼女は肺高血圧症の 治療法を見つける為に 会社全体をデジタルで繋ぎ 共に働いています

しかしこの病気の全ての人が そんなに幸運だとは限りませんよね 未だに死に直面している人々もいて それに対しあなたはどのように対処しているのですか?

その通りです クリス アメリカだけでも 年間3千人あまりの人々が死に瀕しています おそらく世界規模だとその 10倍の数の人たちが この病気が原因で亡くなり続けています 薬が進行を遅らせてはいますが それを 止めるまでには至っていません 肺高血圧症 肺腺維症 のう胞腺維 肺気腫 レナード・二モイの死因である COPDの唯一の治療法は 肺移植なのです しかし悲しい事にアメリカで1年に肺移植に 使える肺はわずか2千しかありません 一方1年に50万人近くの人々が 末期の肺不全で亡くなっています それにどのように対処する事が 出来るでしょうか? ビルのパーツや機械のパーツが 大量に供給されることで 車や飛行機や建物が ずっと状態を維持出来るのと同じように 私は可能性を具体的に追及しています 人々を無期限に生かし続ける為に 特に肺の病気の人たちに対し 移植可能な臓器の大量の供給が なぜ出来ないのでしょうか それで私たちはヒトゲノム解析者 クレイグ・ベンターと 彼が創設した会社や X プライズの創設者 ピーター・ディアマンディスとチームを組み 豚の臓器が人間の体に 拒否反応を示さないように 豚ゲノムを遺伝学的に修正しました その結果移植可能な臓器の大量供給が 可能になりました 私たちの会社ユナイテッドセラピューティクス を通してこれを行っています

10年以内に 移植可能な肺の不足は おそらくこの人たちによって 本当に解決されると信じているのですね?

絶対です クリス シリウス XMのテレビ放送の成功と 同じくらい確実だと思っていますよ 実際これはロケット科学ではありません これは遺伝子を次々と追っていく 分かりやすい工学なのです 私たちはこのような時代に生まれて とても幸運でした 順番に並んだゲノムが所定の活動をして シンセティックジェノミクスの優秀な職員が 豚のゲノムに専念する事が出来 問題のある遺伝子を見つけ出し 修正するのですから

驚くべき事に体だけに限ったものでは ないのですね (拍手) 現在皆さんが興味をお持ちの 不変の身体のみならず 不変の精神に関する事でもあるのです このグラフには 大変重要な事が 示されていると思うのですが どういう意味でしょうか?

このグラフと レイ・カーツウェルによると コンピューター処理、ハードウエア ファームウェアやソフトウェア における発達の割合は 今日 ここまでのプレゼンで見たように この上向きのカーブに沿って進歩し続け 情報と私たちを取り巻く世界を 人間の心と同じ速度で処理する 情報工学が 2020年代には 現れるだろうという事です

ある事が実現可能だと信じることによって あなたは実際にそんな世界に対する 準備をしているのですね 実際我々の脳の情報内容を取り出し どうにかしてそれらを永久に保存するとか? どんなものか教えてもらえますか?

そうですね クリス 私たちが取り組んで いるのは人々がマインドファイル ― その人の特徴、個性、記憶、感情、信条、 態度、価値観等の集積や 今日グーグル、アマゾン、フェイスブックに 押し寄せる全ての情報を入れたもの ― を作りだし そこに蓄えられた全ての情報を基に 数十年のうちには ソフトウェアが意識さえ創り出して マインドファイルの中に マインドファイルの中に 溢れかえった情報から 意識を甦らせられるような 状況にしたいのです

気まぐれにちょっと やっている訳ではないのですね 真剣な取り組みですね これは誰ですか?

私の愛する伴侶ビーナのロボットです ビーナ48と呼んでいます テキサスのハンセン・ロボテック社で プログラムされました 彼女のヘルパーの一人と ナショナルジオグラフィックマガジンの 中央見開きページに出ています ウェブをあちこち見て 何百時間もかけてビーナの 特徴や個性を捉えています 彼女は2歳児のような所がありますが 皆を驚かせるような事も言います それは ニューヨークタイムズ ピューリッアー賞受賞者の 記者エミィ・ハーモンによる 最高の表現のようです エミィの答えには しばしば失望させられますが 時として彼女はインタビューされる側の 意見と同じくらい人を惹きつける事があります

あなたがここで考え望んでいることは このビーナのクローンはある意味で 永遠に生き続けることが出来る又は 将来改良したクローンは そうなるという事ですね? そうです ビーナだけでなく 誰でもそうなります フェイスブック、インスタグラム等々に 私たちのマインドファイルを 保存するには事実上 一切費用は掛かりません ソーシャルメディアは我々の時代の 最も驚くべき発明の一つだと思います アプリが利用できるになるにつれ 私たちはスマホに物を尋ねる事も 出来るし どんどん賢くなっています 又意識オペレーティングシステムを向上させ 世界中の何十億万人の人々が皆 ウェブ上の 自分自身の人生を持つ 自分自身のマインドクローンを 進歩させることが出来るでしょう

マーティーン それでは 要は どんな普通の会話の中でも これは荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが あなたが人生の背景で やってきた事 今週私たちが聞いた いくつかの事柄 私たちの心が組み立てる事実は 確かではないという事ですね

さて 私から出て来るものは 本当に何もないと思います もしあるとしたら おそらく私は 中国、日本、アメリカ、ヨーロッパの 大企業によって引き受けられている ちょっとした 活動の伝達者なのかもしれません 何千万人もの人々が 人間の意識のより多くの面を表す コードを書く事に取り組んでいます 全てのこれらの共通理念を一つにして 究極的に人間の意識を作り出すには 天才である必要はないのです この活動は私たちが尊重することなのです この人生に於いて 色々すべき事があります 自分の似姿 ― 自身のデジタル分身 ― を 持つことが出来 本を読んでくれたり 買い物をしたり 親友になれるのであれば 私は自分たちのマインドクローン 自分たちのデジタルバージョンとは 最終的には親友になれると信じています 私にとって個人的に それはビーナです 私たちは互いに夢中です 毎日いつもこんなことを言っています 「30年前より今の方がずっと好きだよ」 だから私たちにとって マインドクローンの可能性と 再生された身体のお陰で 二人の恋愛関係は永遠に続くんです クリス 私たちは互いに飽きる事は決してないし これからもそうだと信じています

(クリス) ビーナはここにいますよね? (マーティーン) ええ 来ていますよ 登場頂くのはどうでしょう ― マイクある? ビーナ ステージに上がっていただけますか? 一つ質問したい事がありますし 皆さんもあなたにお会いしたいでしょう

(拍手)

ありがとうございます マーティーンとこちらにどうぞ お二人が結婚された時 誰かがあなたにこう言ったなら 数年後に あなたの結婚相手は女性になり その数年後に あなたはロボット になるだろうと (笑) ― どんな経緯だったのですか? 如何お感じですか?

(ビーナ・ロスブラット) 本当にワクワクする冒険でした 当時はそんな事考えたこともなかったけど 目標を作り始めてその目標を設定して それをやり遂げました 皆が知る前に私たちはどんどん 上昇し続けて 未だに止まらず上り続けています 素晴らしいわ

マーティーンがこの前スカイプで本当に 素晴らしい事を伝えてくれました それはマインドファイルとして何百年も 生き続けたいという事でした それはお二人ご一緒にという事でしょう

その通りです 私たちは一緒に 生き続けたいのです 私たちは人体冷蔵をし 一緒に目を覚ましたいと思っています

お分かりのように 私が考える限り これは今まで聞いた中で最も驚くべき生命 の一つであるだけでなく 最も驚くべき愛の物語の一つです ご一緒にTEDに登壇して頂けて光栄です どうもありがとうございました

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画