TED日本語 - ヨルバ・リチェン: ゲイ・ライツ・ムーブメントが公民権運動から学んだもの

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ヨルバ・リチェン: ゲイ・ライツ・ムーブメントが公民権運動から学んだもの

TED Talks

ゲイ・ライツ・ムーブメントが公民権運動から学んだもの
What the gay rights movement learned from the civil rights movement
ヨルバ・リチェン
Yoruba Richen

内容

アフリカ系アメリカ人とLGBTの両方のコミュニティーに属する映画製作者ヨルバ・リチェンは、ゲイ・ライツ・ムーブメント(同性愛者の権利擁護運動)と公民権運動との重なり合いや緊張に興味を持っています。彼女はこのトークで、それぞれの苦闘がどのようにして絡み合い、互いを前進させているかについて探るとともに、見逃せない議論において、両者の不一致の理由とされる通説を一蹴します。私たちの誰もが、平等について関わりがあるのだと力強く思い出させてくれるトークです。

Script

Election night 2008 was a night that tore me in half. It was the night that Barack Obama was elected. [ One hundred and forty-three ] years after the end of slavery, and [ 43 ] years after the passage of the Voting Rights Act, an African-American was elected president. Many of us never thought that this was possible until the moment that it happened. And in many ways, it was the climax of the black civil rights movement in the United States.

I was in California that night, which was ground zero at the time for another movement: the marriage equality movement. Gay marriage was on the ballot in the form of Proposition 8, and as the election returns started to come in, it became clear that the right for same sex couples to marry, which had recently been granted by the California courts, was going to be taken away. So on the same night that Barack Obama won his historic presidency, the lesbian and gay community suffered one of our most painful defeats.

And then it got even worse. Pretty much immediately, African-Americans started to be blamed for the passage of Proposition 8. This was largely due to an incorrect poll that said that blacks had voted for the measure by something like 70 percent. This turned out not to be true, but this idea of pervasive black homophobia set in, and was grabbed on by the media. I couldn't tear myself away from the coverage. I listened to some gay commentator say that the African-American community was notoriously homophobic, and now that civil rights had been achieved for us, we wanted to take away other people's rights. There were even reports of racist epithets being thrown at some of the participants of the gay rights rallies that took place after the election. And on the other side, some African-Americans dismissed or ignored homophobia that was indeed real in our community. And others resented this comparison between gay rights and civil rights, and once again, the sinking feeling that two minority groups of which I'm both a part of were competing with each other instead of supporting each other overwhelmed and, frankly, pissed me off.

Now, I'm a documentary filmmaker, so after going through my pissed off stage and yelling at the television and radio, my next instinct was to make a movie. And what guided me in making this film was, how was this happening? How was it that the gay rights movement was being pitted against the civil rights movement? And this wasn't just an abstract question. I'm a beneficiary of both movements, so this was actually personal. But then something else happened after that election in 2008. The march towards gay equality accelerated at a pace that surprised and shocked everyone, and is still reshaping our laws and our policies, our institutions and our entire country. And so it started to become increasingly clear to me that this pitting of the two movements against each other actually didn't make sense, and that they were in fact much, much more interconnected, and that, in fact, some of the way that the gay rights movement has been able to make such incredible gains so quickly is that it's used some of the same tactics and strategies that were first laid down by the civil rights movement. Let's just look at a few of these strategies.

First off, it's really interesting to see, to actually visually see, how quick the gay rights movement has made its gains, if you look at a few of the major events on a timeline of both freedom movements. Now, there are tons of milestones in the civil rights movement, but the first one we're going to start with is the 1955 Montgomery bus boycott. This was a protest campaign against Montgomery, Alabama's segregation on their public transit system, and it began when a woman named Rosa Parks refused to give up her seat to a white person. The campaign lasted a year, and it galvanized the civil rights movement like nothing had before it. And I call this strategy the "I'm tired of your foot on my neck" strategy.

So gays and lesbians have been in society since societies began, but up until the mid-20th century, homosexual acts were still illegal in most states. So just 14 years after the Montgomery bus boycott, a group of LGBT folks took that same strategy. It's known as Stonewall, in 1969, and it's where a group of LGBT patrons fought back against police beatings at a Greenwich Village bar that sparked three days of rioting. Incidentally, black and latino LGBT folks were at the forefront of this rebellion, and it's a really interesting example of the intersection of our struggles against racism, homophobia, gender identity and police brutality. After Stonewall happened, gay liberation groups sprang up all over the country, and the modern gay rights movement as we know it took off.

So the next moment to look at on the timeline is the 1963 March on Washington. This was a seminal event in the civil rights movement and it's where African-Americans called for both civil and economic justice. And it's of course where Martin Luther King delivered his famous "I have a dream" speech, but what's actually less known is that this march was organized by a man named Bayard Rustin. Bayard was an out gay man, and he's considered one of the most brilliant strategists of the civil rights movement. He later in his life became a fierce advocate of LGBT rights as well, and his life is testament to the intersection of the struggles. The March on Washington is one of the high points of the movement, and it's where there was a fervent belief that African-Americans too could be a part of American democracy. I call this strategy the "We are visible and many in numbers" strategy.

Some early gay activists were actually directly inspired by the march, and some had taken part. Gay pioneer Jack Nichols said, "We marched with Martin Luther King,seven of us from the Mattachine Society" -- which was an early gay rights organization -- "and from that moment on, we had our own dream about a gay rights march of similar proportions." Several years later, a series of marches took place, each one gaining the momentum of the gay freedom struggle. The first one was in 1979, and the second one took place in 1987. The third one was held in 1993. Almost a million people showed up, and people were so energized and excited by what had taken place, they went back to their own communities and started their own political and social organizations, further increasing the visibility of the movement. The day of that march, October 11, was then declared National Coming Out Day, and is still celebrated all over the world. These marches set the groundwork for the historic changes that we see happening today in the United States.

And lastly, the "Loving" strategy. The name speaks for itself. In 1967, the Supreme Court ruled in Loving v. Virginia, and invalidated all laws that prohibited interracial marriage. This is considered one of the Supreme Court's landmark civil rights cases. In 1996, President Clinton signed the Defense of Marriage Act, known as DOMA, and that made the federal government only have to recognize marriages between a man and a woman. In United States v. Windsor, a 79-year-old lesbian named Edith Windsor sued the federal government when she was forced to pay estate taxes on her deceased wife's property, something that heterosexual couples don't have to do. And as the case wound its way through the lower courts, the Loving case was repeatedly cited as precedent. When it got to the Supreme Court in 2013, the Supreme Court agreed, and DOMA was thrown out. It was incredible. But the gay marriage movement has been making gains for years now. To date,17 states have passed laws allowing marriage equality. It's become the de facto battle for gay equality, and it seems like daily, laws prohibiting it are being challenged in the courts, even in places like Texas and Utah, which no one saw coming.

So a lot has changed since that night in 2008 when I felt torn in half. I did go on to make that film. It's a documentary film, and it's called "The New Black," and it looks at how the African-American community is grappling with the gay rights issue in light of the gay marriage movement and this fight over the meaning of civil rights. And I wanted to capture some of this incredible change that was happening, and as luck or politics would have it, another marriage battle started gearing up, this time in Maryland, where African-Americans make up 30 percent of the electorate. So this tension between gay rights and civil rights started to bubble up once again, and I was lucky enough to capture how some people were making the connection between the movements this time. This is a clip of Karess Taylor-Hughes and Samantha Masters,two characters in the film, as they hit the streets of Baltimore and try to convince potential voters.

(Video) Samantha Masters: That's what's up, man, this is a righteous man over here. Okay, are you registered to vote?

Man: No. Karess Taylor-Hughes: Okay. How old are you?

Man: 21. KTH: 21? You gotta get registered to vote.

We got to get you registered to vote.

Man: I ain't voting on no gay shit.

SM: Okay, why? What's up? Man: I ain't with that.

SM: That's not cool.

Man: What made you be gay? SM: So what made you be straight?

So what made you be straight? Man 2: You can't answer that question. (Laughter)

KSM: I used to not have the same rights as you, but I know that because a black man like yourself stood up for a woman like me, I know that I've got the same opportunities. So you, as a black man, have the opportunity to stand up for somebody else. Whether you're gay or not, these are your brothers and sisters out here, and they need you to represent.

Man 2: Who is you to tell somebody who they can't have sex with, who they can't be with? They ain't got that power. Nobody has that power to say, you can't marry that young lady. Who has that power? Nobody.

SM: But you know what? Our state has put the power in your hands, and so what we need you to do is vote for, you gonna vote for 6.

Man 2: I got you.

SM: Vote for 6, okay? Man 2: I got you.

KSM: All right, do y'all need community service hours? You do? All right, you can always volunteer with us to get community service hours. Y'all want to do that? We feed you. We bring you pizza.

(Laughter) (Applause)

Yoruba Richen: Thank you. What's amazing to me about that clip that we just captured as we were filming is, it really shows how Karess understands the history of the civil rights movement, but she's not restricted by it. She doesn't just limit it to black people. She sees it as a blueprint for expanding rights to gays and lesbians. Maybe because she's younger, she's like 25, she's able to do this a little bit more easily, but the fact is that Maryland voters did pass that marriage equality amendment, and in fact it was the first time that marriage equality was directly voted on and passed by the voters. African-Americans supported it at a higher level than had ever been recorded. It was a complete turnaround from that night in 2008 when Proposition 8 was passed. It was, and feels, monumental. We in the LGBT community have gone from being a pathologized and reviled and criminalized group to being seen as part of the great human quest for dignity and equality. We've gone from having to hide our sexuality in order to maintain our jobs and our families to literally getting a place at the table with the president and a shout out at his second inauguration. I just want to read what he said at that inauguration: "We the people declare today that the most evident of truths, that all of us are created equal. It is the star that guides us still, just as it guided our forebears through Seneca Falls and Selma and Stonewall."

Now we know that everything is not perfect, especially when you look at what's happening with the LGBT rights issue internationally, but it says something about how far we've come when our president puts the gay freedom struggle in the context of the other great freedom struggles of our time: the women's rights movement and the civil rights movement. His statement demonstrates not only the interconnectedness of those movements, but how each one borrowed and was inspired by the other. So just as Martin Luther King learned from and borrowed from Gandhi's tactics of civil disobedience and nonviolence, which became a bedrock of the civil rights movement, the gay rights movement saw what worked in the civil rights movement, and they used some of those same strategies and tactics to make gains at an even quicker pace.

Maybe one more other reason for the relative quick progress of the gay rights movement. Whereas a lot of us continue to still live in racially segregated spaces, LGBT folks, we are everywhere. We are in urban communities and rural communities, communities of color, immigrant communities, churches and mosques and synagogues. We are your mothers and brothers and sisters and sons. And when someone that you love or a family member comes out, it may be easier to support their quest for equality. And in fact, the gay rights movement asks us to support justice and equality from a space of love. That may be the biggest, greatest gift that the movement has given us. It calls on us to access that which is most universal and most intimate: a love of our brother and our sister and our neighbor. I just want to end with a quote by one of our greatest freedom fighters who's no longer with us, Nelson Mandela of South Africa. Nelson Mandela led South Africa after the dark and brutal days of Apartheid, and out of the ashes of that legalized racial discrimination, he led South Africa to become the first country in the world to ban discrimination based on sexual orientation within its constitution. Mandela said, "For to be free is not merely to cast off one's chains, but to live in a way that respects and enhances the freedom of others."

So as these movements continue on, and as freedom struggles around the world continue on, let's remember that not only are they interconnected, but they must support and enhance each other for us to be truly victorious.

Thank you.

(Applause)

2008年の大統領選挙の夜に 私は真っ二つに引き裂かれました バラク・オバマが大統領として 選出された夜です 奴隷制度の廃止から143年 ― そして投票権法が 制定されてから43年が経ち アフリカ系アメリカ人が 大統領に選出されたのです 私たちの多くがこの瞬間が訪れるまでは こんなことは起こりえないと思っていました そして色々な意味で これはアメリカにおける アフリカ系アメリカ人公民権運動の クライマックスだったのです

私はその夜 カリフォルニアにいて そこは当時始まったばかりの 別の運動の拠点でした 結婚平等運動です この時 同性婚は 住民投票事項8として 投票が行われており 開票結果の途中経過が発表されるにつれ カリフォルニア州の裁判所によって 最近認められた 同性のカップルが結婚できる権利は 失われるであろうという事実が はっきりと分かってきました ですから バラク・オバマ氏が 大統領選で歴史的な勝利を 遂げたのとまさに同じ夜 レズビアンとゲイのコミュニティーは 非常に辛い敗北を味わったのです

それから 事態はさらにひどくなりました ほぼその直後に 住民投票事項8が可決された理由として アフリカ系アメリカ人が 非難され始めたのです 非難の大半の理由は 誤った世論調査によるもので それによると 黒人の7割が賛成に投票したというのです 後に事実ではないと判明しましたが 黒人の多くが同性愛嫌悪だという考えは 浸透してしまい すぐにメディアはこれを取り上げました 私はこの報道から目を離せませんでした あるゲイのコメンテーターが 「アフリカ系アメリカ人のコミュニティーが 同性愛嫌悪の傾向にあるのは有名で 彼らが公民権を手にした今 他の人々の人権を 奪おうとしているのだ」と言っていました また 投票後に行われた ゲイ・ライツの集会参加者に対して 人種差別的な暴言を吐く人がいた という報道すらありました その一方で アフリカ系アメリカ人の中には 実際に私たちのコミュニティーに存在する 同性愛嫌悪を否定したり 無視する人もいました また ゲイ・ライツと公民権を 比較することに腹を立てる人もいて またしても 私の属している 社会的少数派の2つのグループが 互いに支え合うのではなく 対立しているのだという事実に 気持ちが沈み そして打ちのめされ 正直に言って 強い憤りを感じました

私はドキュメンタリー映画の製作者なので テレビやラジオに向かって怒鳴り 怒りを発散させる時期を過ぎた後で 次にやりたいと思ったのは 映画を製作することでした この映画製作において 道しるべとなったのは なぜこのような状況になったのか ― なぜゲイ・ライツ・ムーブメントが 公民権運動と対抗させられるように なったのかということでした これは単なる抽象的な問い ではありませんでした 私は両方の運動の受益者なので これは個人的な問いだったのです そして 2008年の住民投票の後 新たな出来事が起こりました 同性愛者の平等を追求する流れは 誰もが驚くような速さで 勢いを増し 今もこの国の法律や政策 組織や 国全体を作り変えつつあるのです 次第に 2つの運動を対抗させることは 意味をなさないということが 私には徐々にはっきりと分かってきました そして実際には 両者が相互に深く関わりあっており ゲイ・ライツ・ムーブメントが こんなにも早く成果をあげられたのは 公民権運動で初めて用いられた いくつかの戦術や戦略を 利用したことが 成功の要因なのです ここで その戦略のいくつかを 見ていきましょう

まずはじめに 実際に 目に見えて興味深いのは ― 2つの解放運動の 年表にある主要な出来事を見ると ゲイ・ライツ・ムーブメントが いかに早く結果を 収めてきたかが分かることです さて 公民権運動には 大変多くの節目がありますが 最初にお話しするのは1955年の モンゴメリー・バス・ボイコット事件です これはアラバマ州モンゴメリーで 実施されていた公共交通機関における 人種隔離政策に対する抗議運動で ローザ・パークスという1人の女性が 席を白人に明け渡すのを 拒んだことが発端でした 抗議運動は約1年続き これにより公民権運動は かつてないほどに活気づきました 私はこの戦略を 「首を足で踏みつけられることに 辟易した」戦略と呼んでいます

ゲイとレズビアンは社会というものが 生まれた当時から 社会に存在していますが 20世紀半ばまでは 同姓愛行為は ほとんどの州で違法だとされてきました モンゴメリー・バス・ボイコット事件から たった14年後に あるLGBT(性的マイノリティ)グループが これと同じ戦略を利用します ストーンウォールの反乱として 知られる この事件は 1969年にLGBTの支持グループの人々が グリニッジ・ヴィレッジのバーでの 警察の暴行に対し 応戦したことが火種となり 3日間の暴動が起きたものです 奇しくも この暴動の前線にいたのは 黒人とラテン系のLGBTの人々で 人種差別や同性愛嫌悪や性同一性 ― 警察による暴行などといった 私たちが闘っている問題が 交差している 実に興味深い例でもあります ストーンウォールの反乱の後 国のあちこちで 同性愛者解放グループが発足され 私たちが知るような現代の ゲイ・ライツ・ムーブメントが始まったのです

年表にある出来事のうち 次に注目したいのは 1963年のワシントン大行進です この出来事は公民権運動に 強い影響をもたらし このときアフリカ系アメリカ人が 司法的・経済的公正の双方を求めたのです マーティン・ルーサー・キングが 有名な 「私には夢がある」という演説をしたのですが 意外と知られていないのは この大行進を計画したのが バイヤード・ラスティンという 男性であるということです バイヤードは ゲイであることを公言し 公民権運動のもっとも優秀な戦略家の 1人であるとされています 彼は後に LGBTの人々の権利を 強く後押しする提唱者となり その人生は 苦闘や困難が交錯していることを 物語っています ワシントン大行進は 公民権運動における盛り上がりの1つで アフリカ系アメリカ人もまた アメリカの民主主義の一部になれるという 熱烈な思いが存在していました 私はこの戦略を 「私たちは目に見える存在で 数多くいるのだ」戦略と呼んでいます

初期の同性愛活動家の中には この大行進に直接感化された者や 大行進に参加した者もいました 同性愛者の先駆者である ジャック・ニコルスは言いました 「私たちマタシーン・ソサエティの7人は マーティン・ルーサー・キングと 共に歩んだ」と この団体はゲイの人権団体の 先駆者でした 「その瞬間から 我々は この大行進に匹敵するような規模の ゲイ・ライツの大行進を することが夢になったのです」と 数年後 一連の行進が行われ それぞれが同性愛者解放への勢いを 増していきました 最初の行進は1979年 ― 次にあったのが1987年でした 3つ目は1993年に行われました 約100万人が参加し この出来事に大いに活気づけられ 興奮させられた 人々が 自分のコミュニティーへと戻った後は それぞれが 政治・社会団体を立ち上げ 運動の認知度をさらに上げました 行進が行われた10月11日は その後 カミングアウトデーと名付けられ 今も世界中でお祝いされています これらの行進は 私たちが 現在アメリカ国内で目にしている 歴史的変革の礎を築いたのです

そして最後の戦略は 「ラビング(愛する)」戦略です 名前自体がその内容を物語っています 1967年 連邦最高裁は ラビング対バージニア裁判で 異人種間の結婚を禁ずる法律を すべて無効とする判決を下しました この裁判は 連邦最高裁が関わった 公民権案件の大きな出来事の 1つとされています 1996年 クリントン大統領は 結婚防衛法 通称DOMAに署名をし 連邦政府によって 男女間での結婚だけを 認めなければならないという 法律が可決されました アメリカ対ウィンザー裁判では イーディス・ウィンザーという 79歳のレズビアン女性が 亡き妻の資産の相続税を 強制的に払わされたとして 連邦政府を訴えました これは 異性同士のカップルであれば 払わなくてもよいものです この訴訟が様々な下級裁判所を 駆け巡るたびに その度に ラビング裁判が 前例として挙げられました 2013年に 連邦最高裁での審議に上ると 最高裁は原告側の主張に同意し 結婚防衛法は廃止されました 驚異的な出来事でした しかし 同性婚運動は ここ何年もの間成功を収めています 今現在までに 17の州が 同性婚を認める法律を可決しています 同性婚は同性愛者平等運動の 事実上の戦場となり それこそ毎日のように 同性婚を禁ずる法律をめぐって 法廷で争われています テキサス州やユタ州などの 誰もが予想しなかったような場所でさえ そうなのです

私が 引き裂かれるような思いをした 2008年のあの夜以来 多くのことが変わりました 例の映画も 撮ることができました ドキュメンタリー映画で 題名は『The New Black』と言い ― アフリカ系アメリカ人の コミュニティーがいかに 昨今の同性婚運動や 公民権の意味をめぐる争いを踏まえて ゲイ・ライツ・ムーブメントの問題に 向き合っているのかを探っています 私はこの時起きていた 凄まじい変化を映像に収めたいと 思っていたのですが 幸運か はたまた政治により また別の結婚をめぐる闘いが 今度はメリーランド州で ヒートアップしていました この州はアフリカ系アメリカ人が 有権者の30%を 占めています ゲイ・ライツと公民権との間に 緊張感が再び沸々と 湧き上がりつつあったのです そして 幸運にも私は この2つの運動の間に 人々がつながりを見出す姿を 映像に収めることができました この映像は 映画の登場人物である ― カレス・テイラー=ヒューズと サマンサ・マスターズの2人が ボルティモアの街に出て 有権者を説得しようとする様子を映しています

(ビデオ) サマンサ:ここに素敵な男性がいます あなたたち 投票者登録はしてるの?

男性:してない カレス:そう 今何歳?

男性:21 カレス:21? じゃ投票者登録しなきゃ

投票者登録してもらわなくちゃ

男性:俺はゲイとやらに投票なんかしねえぞ

サマンサ:そう 何で? どうして? 男性:賛同しないから

サマンサ:それはクールじゃないわ

男性:何でゲイになったんだ? サマンサ:あなたは何でストレートになったの?

何で異性愛者になったのよ? 男性2:その質問には答えられないだろ(笑)

カレス:私はあなたと同じ権利がなかったけど あなたみたいな黒人男性が 私のような 女性のために立ち上がったから 同じ機会を得ることができたの あなたも 黒人男性として 誰かのために 立ち上がる機会があるのよ ゲイであろうがなかろうが 今戦ってるのはあなたの兄妹で あなたの票を必要としてるのよ

男性2:一体 誰が他人に 誰とセックスしちゃいけないとか 一緒になれないとか言えるんだ? 奴らにそんな力はない 誰も お前はあの女と 結婚しちゃいけないとか言えないよ そんな力は誰も持ってないよ

サマンサ:知ってる? この州はあなたたちの手に その力を委ねたの あなたたちにしてもらいたいのは 投票すること 賛成票をね

男性2:わかった

サマンサ:賛成票を入れてね? 男性2:いいよ

カレス:2人とも 社会奉仕活動時間は要るの? いるのね? それなら私たちと一緒に ボランティアをすればいいわよ どう 興味ある? 食べ物なら任せて ピザをあげるから

(笑) (拍手)

ヨルバ・リチェン:ありがとう 撮影中に捉えることができた この映像の素晴らしいことは カレスが公民権運動の歴史を よく理解しながらも それに囚われていないことです 公民権運動を黒人だけのものに 限っていないのです 彼女は公民権運動をゲイやレズビアンに 権利を拡大するための 青写真として見ているのです 彼女が若い世代だからかもしれません 彼女は今25歳で こうしたことがより簡単なのかもしれませんが 実際に メリーランド州の有権者らは 結婚の平等に関する改正案を可決させ そして この結婚の平等は 有権者による直接投票で可決された 初めての事例でもあります アフリカ系アメリカ人は これまでより高い比率で この改正を支持しました カリフォルニア州の 住民投票事項8が可決された 2008年のあの夜から一転したのです 歴史的な瞬間であり そう実感しました LGBTコミュニティーにいる私たちは 病的だとみなされる誹謗の対象や 犯罪者とされる存在から 尊厳と平等を勝ち取るための 人間の大いなる旅路の一部だと 見なされるようになったのです 私たちは仕事や家族を失わないように セクシュアリティを 隠さなければいけなかった時代を経て 文字通り 大統領と同じテーブルにつき その2度目の就任式で 声高に取り上げられたのです ここで2度目の就任式での 大統領の言葉を読み上げたいと思います 「我ら人民は今日ここに もっとも明らかな真実を宣言する ― 全ての人間は生まれながらにして平等である これは星のように 我々を導き続ける指針である セネカ・フォールズや セルマやストーンウォールで 私たちの先達を導いたように」

全てが完璧ではないということは 言わずもがなです 特にLGBTの権利の問題が 国際的に どのような状況にあるかを見れば 一目瞭然です しかし 大統領が同性愛者解放の闘いを 他の偉大な解放運動の文脈で 語ったことは どれだけ前進したかを物語っています それは男女同権運動や 公民権運動といったものです 大統領の声明文は これらの運動が 相互に関連しているということだけでなく それぞれが 互いの戦略を利用し 互いに触発し合っていたことを示しています ですから マーティン・ルーサー・キングが ガンジーの市民的不服従や 非暴力といった戦略に学び それらを利用したことが 後に公民権運動の 揺るぎない基盤となったように ゲイ・ライツ・ムーブメントは公民権運動において 上手くいった方法を見て いくつかの同じ戦術や戦略を 成果をさらに早く上げるために 利用したのです

これはゲイ・ライツ・ムーブメントが 比較的速いペースで前進できた もう1つの理由かもしれません 私たちの多くが 今もなお人種によって それぞれ分かれた地域に 住んでいる一方で LGBTの人々は どこにでもいます 都会のコミュニティーや 地方のコミュニティー 有色人種や移民のコミュニティー 教会やモスク シナゴーグにも存在するのです 私たちはあなた方の母親や兄弟であり 姉妹であり そして息子なのです もしあなたの愛する人や 家族の一員がカミングアウトしたのなら 彼らの平等を勝ち取るための旅路を 応援することはもっと容易かもしれません 実際 ゲイ・ライツ・ムーブメントは 私たちに 慈愛の心から 正義と平等を 支持するように求めるものです これは もしかすると この運動がもたらした 最大で最高の贈り物かもしれません この運動は 世界共通で もっとも心の奥深くにあるものに 向き合うよう訴えかけます それは 兄弟や姉妹 ― そして隣人に対する愛です 最後に 解放運動における もっとも偉大な戦士の1人である 南アフリカ共和国の 今は亡き ネルソン・マンデラの言葉を 引用したいと思います ネルソン・マンデラは アパルトヘイトの暗黒の日々の後 法の下の人種差別という灰の中から 南アフリカ共和国を引き上げました 彼は性的指向による差別を 憲法内で禁ずる世界初の国へと 南アフリカ共和国を導いたのです マンデラはこう言いました ― 「自由になるということは 単に自らの鎖を投げ捨てるのではなく 他人の自由をも尊重し より良くするように生きることだ」と

ですから 今後もこうした運動が続き 世界中で解放を求める闘いが 続いているのですから それぞれの運動が 互いに相関するだけでなく 互いに支え合い 互いをより良くすることでこそ 私たちは真の勝利を 得ることができるのだと覚えておきましょう

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画