TED日本語 - ジーナ・ロセロ: 私がカミングアウトすべき理由

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジーナ・ロセロ: 私がカミングアウトすべき理由

TED Talks

私がカミングアウトすべき理由
Why I must come out
ジーナ・ロセロ
Geena Rocero

内容

ファッションモデルのジーナ・ロセロは自分がビキニをまとったプロの写真を初めて見たとき、有頂天で喜びました。「ついにここまで来た!と思いました」と、誇らしげに言います。これはよくある話ではないかもしれませんが、とロセロは切り出します。というのも、彼女が生まれたときの性別は「男の子」だったからです。感動的で個人的なトークで、ロセロはトランスジェンダーの運動が彼女に全く新しい誇りと目的を与えてくれると語ります。

Script

The world makes you something that you're not, but you know inside what you are, and that question burns in your heart: How will you become that? I may be somewhat unique in this, but I am not alone, not alone at all. So when I became a fashion model, I felt that I'd finally achieved the dream that I'd always wanted since I was a young child. My outside self finally matched my inner truth, my inner self. For complicated reasons which I'll get to later, when I look at this picture, at that time I felt like, Geena, you've done it, you've made it, you have arrived. But this past October, I realized that I'm only just beginning. All of us are put in boxes by our family, by our religion, by our society, our moment in history, even our own bodies. Some people have the courage to break free, not to accept the limitations imposed by the color of their skin or by the beliefs of those that surround them. Those people are always the threat to the status quo, to what is considered acceptable.

In my case, for the last nine years, some of my neighbors, some of my friends, colleagues, even my agent, did not know about my history. I think, in mystery, this is called the reveal. Here is mine.

I was assigned boy at birth based on the appearance of my genitalia. I remember when I was five years old in the Philippines walking around our house, I would always wear this t-shirt on my head. And my mom asked me, "How come you always wear that t-shirt on your head?" I said, "Mom, this is my hair. I'm a girl." I knew then how to self-identify.

Gender has always been considered a fact, immutable, but we now know it's actually more fluid, complex and mysterious. Because of my success, I never had the courage to share my story, not because I thought what I am is wrong, but because of how the world treats those of us who wish to break free. Every day, I am so grateful because I am a woman. I have a mom and dad and family who accepted me for who I am. Many are not so fortunate.

There's a long tradition in Asian culture that celebrates the fluid mystery of gender. There is a Buddhist goddess of compassion. There is a Hindu goddess, hijra goddess. So when I was eight years old, I was at a fiesta in the Philippines celebrating these mysteries. I was in front of the stage, and I remember, out comes this beautiful woman right in front of me, and I remember that moment something hit me: That is the kind of woman I would like to be. So when I was 15 years old, still dressing as a boy, I met this woman named T.L. She is a transgender beauty pageant manager. That night she asked me, "How come you are not joining the beauty pageant?" She convinced me that if I joined that she would take care of the registration fee and the garments, and that night, I won best in swimsuit and best in long gown and placed second runner up among 40-plus candidates. That moment changed my life. All of a sudden, I was introduced to the world of beauty pageants. Not a lot of people could say that your first job is a pageant queen for transgender women, but I'll take it.

So from 15 to 17 years old, I joined the most prestigious pageant to the pageant where it's at the back of the truck, literally, or sometimes it would be a pavement next to a rice field, and when it rains -- it rains a lot in the Philippines -- the organizers would have to move it inside someone's house. I also experienced the goodness of strangers, especially when we would travel in remote provinces in the Philippines. But most importantly, I met some of my best friends in that community.

In 2001, my mom, who had moved to San Francisco, called me and told me that my green card petition came through, that I could now move to the United States. I resisted it. I told my mom, "Mom, I'm having fun. I'm here with my friends, I love traveling, being a beauty pageant queen." But then two weeks later she called me, she said, "Did you know that if you move to the United States you could change your name and gender marker?" That was all I needed to hear. My mom also told me to put two E's in the spelling of my name. She also came with me when I had my surgery in Thailand at 19 years old. It's interesting, in some of the most rural cities in Thailand, they perform some of the most prestigious, safe and sophisticated surgery. At that time in the United States, you needed to have surgery before you could change your name and gender marker. So in 2001, I moved to San Francisco, and I remember looking at my California driver's license with the name Geena and gender marker F. That was a powerful moment. For some people, their I.D. is their license to drive or even to get a drink, but for me, that was my license to live, to feel dignified. All of a sudden, my fears were minimized. I felt that I could conquer my dream and move to New York and be a model.

Many are not so fortunate. I think of this woman named Ayla Nettles. She's from New York, she's a young woman who was courageously living her truth, but hatred ended her life. For most of my community, this is the reality in which we live. Our suicide rate is nine times higher than that of the general population. Every November 20, we have a global vigil for Transgender Day of Remembrance. I'm here at this stage because it's a long history of people who fought and stood up for injustice. This is Marsha P. Johnson and Sylvia Rivera. Today, this very moment, is my real coming out. I could no longer live my truth for and by myself. I want to do my best to help others live their truth without shame and terror. I am here, exposed, so that one day there will never be a need for a November 20 vigil.

My deepest truth allowed me to accept who I am. Will you?

Thank you very much.

(Applause) Thank you. Thank you. Thank you. (Applause)

Kathryn Schulz: Geena,one quick question for you. I'm wondering what you would say, especially to parents, but in a more broad way, to friends, to family, to anyone who finds themselves encountering a child or a person who is struggling with and uncomfortable with a gender that's being assigned them, what might you say to the family members of that person to help them become good and caring and kind family members to them?

Geena Rocero: Sure. Well, first, really, I'm so blessed. The support system, with my mom especially, and my family, that in itself is just so powerful. I remember every time I would coach young trans women, I would mentor them, and sometimes when they would call me and tell me that their parents can't accept it, I would pick up that phone call and tell my mom, "Mom, can you call this woman?" And sometimes it works, sometimes it doesn't, so -- But it's just, gender identity is in the core of our being, right? I mean, we're all assigned gender at birth, so what I'm trying to do is to have this conversation that sometimes that gender assignment doesn't match, and there should be a space that would allow people to self-identify, and that's a conversation that we should have with parents, with colleagues. The transgender movement, it's at the very beginning, to compare to how the gay movement started. There's still a lot of work that needs to be done. There should be an understanding. There should be a space of curiosity and asking questions, and I hope all of you guys will be my allies.

KS: Thank you. That was so lovely. GR: Thank you.

(Applause)

世界によって自分らしさを 曲げられてしまうことがありますが 心の中では自分をよく知っているので 胸の中で ある問いがくすぶっているものです 「どうしたら自分らしくなれるのだろうか?」と 私はこの点においては 少し変わっているかもしれません でも私は独りではありません 独りではないのです 私はファッションモデルになったとき 小さい子供だった頃から ずっと夢であったことが叶ったと思いました 外側の私がついに内面と― 内面の私と一致したのです 後で説明しますが いくつもの複雑な理由から この写真を見たとき 私は「ジーナ ついにやったわね やり遂げた ここまで来たのね」と思いました でも この10月になって まだまだ これからなのだと気づきました 私たちは皆 型にはめられています 家族によって 宗教によって 社会によって 生まれた時代によって そして自分の身体によって 中にはそれを打ち破る勇気を持つ人もいます 肌の色や周りの人々の考えによって 押しつけられる制限を 受け入れない人々です 彼らは常に 現状に対する 脅威なのです 容認されていることに対する脅威です

私の場合 ここ9年の間 近所の人々や 友人 同僚 事務所までもが 私の過去を知りませんでした ミステリーでは これは謎解きというのでしょうか 私の謎解きはこうです

私は生まれたとき 生殖器の外見によって 男の子だとされました 今でも覚えているのは 5歳の時 フィリピンで家の中を歩きまわっているとき いつも頭にTシャツをのせていたことです 母は私に向かって 「どうしていつもTシャツを 頭にのせてるの?」と聞きました 私は「お母さん これ髪の毛なの 私女の子なんだよ」と言いました 当時 私は自分の個性を 表現する方法を知っていたのです

ジェンダーは常に 変えることのできない事実だと 考えられてきましたが 現代の私たちは ジェンダーは より流動的で 複雑で神秘的なものだと理解しています 手にした成功ゆえに 私は自分の物語を 共有する勇気がありませんでした それは自分が間違っていると 思っていたからではなく 自由になりたいと願っている私たちを 世界が どう扱うか知っていたからです 毎日 私は自分が女性であることに 心から感謝しています 私をありのままに受け止めてくれる 母や父 家族がいます このように恵まれていない人々が 沢山います

アジアの文化には 流動的なジェンダーという神秘を 祝福する長い伝統があります 仏教には慈悲の女神がいます ヒンドゥー教にはトランスジェンダーの ヒジュラの女神がいます 8歳の時 私はこうした神秘を祝福する フィリピンのお祭りに 出掛けました 私が舞台の前にいると 今でも覚えています 目の前に この美しい女性が 現れました この瞬間 何かが心を打ったのです 私はこんな女の人になりたいんだ と そしてまだ男の子の格好をしていた 15歳の時 T.L.という女性に出会いました 彼女はトランスジェンダーの 美人コンテストのマネージャーでした その夜 彼女は私に 「どうして美人コンテストに参加しないの?」 と聞いたのです 私が参加すれば 参加費と衣装の世話をしてくれるという 彼女に説得されると その晩 私は水着部門と ロングドレス部門で優勝し 40人以上いた候補者の中で 第2位に入ったのです その瞬間 私の人生が変わりました 突然 私は美人コンテストの世界に 足を踏み入れたのです 初仕事がトランスジェンダーの女性の 美人コンテストの女王だと言える女性は 少ないでしょうが 私はそう言うことにします

15歳から17歳まで 私は 一流の美人コンテストから 文字通りトラックの荷台で行われる コンテストまで色々参加してきました 時には 田んぼのすぐ横の道端で行われ 雨が降ると― フィリピンでは雨がよく降るんです― 運営側が会場を 誰かの家の中に移したこともありました 私は見知らぬ人の優しさも経験しました 特にフィリピンの 人里離れた田舎を旅しているときなどです ですが 最も重要なことは コミュニティの中で 親友に出会ったことです

2001年に サンフランシスコに移住していた私の母が 電話をかけてきて 私の永住ビザの申請が通ったから アメリカに移ることができると 教えてくれました 私は抵抗しました 私は母に「お母さん この生活が楽しいの 友達もいるし 旅回りも 美人コンテストの女王で いるのも好きなの」と言いました それから2週間後に 母は電話でこう言ったのです 「アメリカに移住すれば 名前も性別も変えられるって知ってる?」と それだけ聞けば私は十分でした 母は名前の綴りのEを 2つにしたらいいよと 言ってくれました 母は私が手術を受けたときにも来てくれました 19歳のとき タイでのことです 面白いことに タイの片田舎の中には 最も名高く 安全で 最新の手術を 行っているところがあるんです 当時アメリカでは 名前や性別を変える前に 手術をしておかなければならなかったのです 2001年に 私はサンフランシスコに移り カリフォルニアの運転免許証を 見たときのことを覚えています ジーナという名前で 性別がFと書かれていました とてもパワフルな瞬間でした ある人々にとって 身分証とは運転するためや お酒を飲むためのものですが 私にとっては 生きるための証明― 尊厳を感じるための証明でした 突如として 私の恐怖が最小化されたのです 私は夢を追いかけて ニューヨークへ移り モデルになれると思いました

このように恵まれていない人々が沢山います アイラ・ネトルズという女性のことを思い出します 彼女はニューヨーク出身の若い女性で 勇気を持って本当の自分を生きようとしていましたが 憎しみによって命を絶ちました 私が属するコミュニティの多くの人々にとって これが私たちが生きる現実なのです 私たちの自殺率は 他の人々と比べて 9倍も高いのです 毎年11月20日は トランスジェンダー追悼の日で 国際記念日として運動が行われます 私がこのステージに立てるのは 不公平に対して立ち上がり 闘った人々の 長い歴史のおかげです マーシャ P. ジョンソンとシルヴィア・リヴェラです 今日 まさに この瞬間が 私の本当のカミングアウトです 私は もう自分の真実を 私のためにだけに 生きることはできません 私は他の人々が 不名誉や恐怖を感じることなく 真実を生きることができるよう できるだけのことをしたいです 私はここで 皆さんの目にさらされています そうすることで 11月20日の追悼が 二度と― 必要とされない日を迎えるためです

私の奥底にある真実が ありのままの自分を 受け入れさせてくれたのです 皆さんも受け入れてくれますか?

どうもありがとうございました

(拍手) ありがとう ありがとう ありがとう (拍手)

キャスリン・シュルツ:ジーナ 1つだけ質問させて下さい あなたなら何と言いますか― 特に親御さんに対して あるいは より広い意味で 友人や 家族など 自分に割り当てられた 性別について葛藤し 居心地の悪い思いをしている 子供や大人に出会った人たちに― あなたなら その人の家族に 何と声をかけますか 思いやりがある優しい家族として 接することができるようになるには?

ええ そうですね まず本当に私は恵まれています サポート体制ですね 特に母 そして家族が いるだけで とても心強いものでした 若いトランスジェンダーの女性を コーチングする度に 彼女たちの指導をしているのですが― 時には彼女たちが電話をしてきて ご両親が受け入れてくれない と言うことがあります 私はその電話を受けて 母にこう言うこともあります 「お母さん この女性と話してくれる?」 上手くいくときも いかないときもありますね それでも性同一性というのは 私たちの在り方の核になるものですよね? つまり 誰もが生まれたときに 性別を与えられますが 私がやろうとしているのは 割り当てられた性別が一致しない場合に 対話を持つこと― そして人々が自ら個性を表現できるような ゆとりを設けることです このような対話を 親や同僚たちと持つべきなのです トランスジェンダーの運動は ゲイの運動の始まり方と比較すると まさに始まったばかりです 取り組むべき問題が まだ沢山あります 理解が必要ですし 興味を持ってもらい 質問ができるような ゆとりが必要です 皆さんが私の味方になってくれることを 願っています

シュルツ:ありがとう 素晴らしかったです ロセロ:ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画