TED日本語 - モルガナ・ベイリー: 本当の自分を隠すことの危険性

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - モルガナ・ベイリー: 本当の自分を隠すことの危険性

TED Talks

本当の自分を隠すことの危険性
The danger of hiding who you are
モルガナ・ベイリー
Morgana Bailey

内容

モルガナ・ベイリーは、16年間、自らの真の姿をひた隠しにしてきました。この講演で、果敢にも、モルガナは「5文字」の言葉を口にします。大したことはないと言う人もいるでしょう。でも、彼女にとっては身のすくむようなことです。なぜ、声を上げるのでしょうか?それは沈黙によってもたらされる個人的、職業的、社会的影響に気付いたからです。同僚たちを前にモルガナは語ります。他人の判断を恐れることの意味は何か、そして、それが自らをどう決めつけることになるか、ということを。

Script

When I was young, I prided myself as a nonconformist in the conservative U.S. state I live in, Kansas. I didn't follow along with the crowd. I wasn't afraid to try weird clothing trends or hairstyles. I was outspoken and extremely social. Even these pictures and postcards of my London semester abroad 16 years ago show that I obviously didn't care if I was perceived as weird or different. (Laughter)

But that same year I was in London,16 years ago, I realized something about myself that actually was somewhat unique, and that changed everything. I became the opposite of who I thought I once was. I stayed in my room instead of socializing. I stopped engaging in clubs and leadership activities. I didn't want to stand out in the crowd anymore. I told myself it was because I was growing up and maturing, not that I was suddenly looking for acceptance. I had always assumed I was immune to needing acceptance. After all, I was a bit unconventional. But I realize now that the moment I realized something was different about me was the exact same moment that I began conforming and hiding.

Hiding is a progressive habit, and once you start hiding, it becomes harder and harder to step forward and speak out. In fact, even now, when I was talking to people about what this talk was about, I made up a cover story and I even hid the truth about my TED Talk. So it is fitting and scary that I have returned to this city 16 years later and I have chosen this stage to finally stop hiding. What have I been hiding for 16 years? I am a lesbian.

(Applause)

Thank you.

I've struggled to say those words, because I didn't want to be defined by them. Every time I would think about coming out in the past, I would think to myself, but I just want to be known as Morgana, uniquely Morgana, but not "my lesbian friend Morgana," or "my gay coworker Morgana." Just Morgana.

For those of you from large metropolitan areas, this may not seem like a big deal to you. It may seem strange that I have suppressed the truth and hidden this for so long. But I was paralyzed by my fear of not being accepted. And I'm not alone, of course. A 2013 Deloitte study found that a surprisingly large number of people hide aspects of their identity. Of all the employees they surveyed,61 percent reported changing an aspect of their behavior or their appearance in order to fit in at work. Of all the gay, lesbian and bisexual employees,83 percent admitted to changing some aspects of themselves so they would not appear at work "too gay." The study found that even in companies with diversity policies and inclusion programs, employees struggle to be themselves at work because they believe conformity is critical to their long-term career advancement. And while I was surprised that so many people just like me waste so much energy trying to hide themselves, I was scared when I discovered that my silence has life-or-death consequences and long-term social repercussions.

Twelve years: the length by which life expectancy is shortened for gay, lesbian and bisexual people in highly anti-gay communities compared to accepting communities. Twelve years reduced life expectancy. When I read that in The Advocate magazine this year, I realized I could no longer afford to keep silent. The effects of personal stress and social stigmas are a deadly combination. The study found that gays in anti-gay communities had higher rates of heart disease, violence and suicide. What I once thought was simply a personal matter I realized had a ripple effect that went into the workplace and out into the community for every story just like mine. My choice to hide and not share who I really am may have inadvertently contributed to this exact same environment and atmosphere of discrimination.

I'd always told myself there's no reason to share that I was gay, but the idea that my silence has social consequences was really driven home this year when I missed an opportunity to change the atmosphere of discrimination in my own home state of Kansas.

In February, the Kansas House of Representatives brought up a bill for vote that would have essentially allowed businesses to use religious freedom as a reason to deny gays services. A former coworker and friend of mine has a father who serves in the Kansas House of Representatives. He voted in favor of the bill, in favor of a law that would allow businesses to not serve me.

How does my friend feel about lesbian, gay, bisexual, transgender, queer and questioning people? How does her father feel? I don't know, because I was never honest with them about who I am. And that shakes me to the core. What if I had told her my story years ago? Could she have told her father my experience? Could I have ultimately helped change his vote? I will never know, and that made me realize I had done nothing to try to make a difference.

How ironic that I work in human resources, a profession that works to welcome, connect and encourage the development of employees, a profession that advocates that the diversity of society should be reflected in the workplace, and yet I have done nothing to advocate for diversity. When I came to this company one year ago, I thought to myself, this company has anti-discrimination policies that protect gay, lesbian, bisexual and transgender people. Their commitment to diversity is evident through their global inclusion programs. When I walk through the doors of this company, I will finally come out. But I didn't. Instead of taking advantage of the opportunity, I did nothing.

(Applause)

When I was looking through my London journal and scrapbook from my London semester abroad 16 years ago, I came across this modified quote from Toni Morrison's book, "Paradise." "There are more scary things inside than outside." And then I wrote a note to myself at the bottom: "Remember this." I'm sure I was trying to encourage myself to get out and explore London, but the message I missed was the need to start exploring and embracing myself. What I didn't realize until all these years later is that the biggest obstacles I will ever have to overcome are my own fears and insecurities. I believe that by facing my fears inside, I will be able to change reality outside. I made a choice today to reveal a part of myself that I have hidden for too long. I hope that this means I will never hide again, and I hope that by coming out today, I can do something to change the data and also to help others who feel different be more themselves and more fulfilled in both their professional and personal lives. Thank you. (Applause)

若かりし頃 私は アメリカでも保守的な カンザス州に住みながら 異端児として胸を張って生きていました 多勢になびくことなく 風変わりな流行の服や髪型も どんどん取り入れました 歯に衣を着せぬ物言いで 非常に社交的でもありました 16年前 ロンドンに短期留学したときの こちらの写真や葉書きにさえ 「変わり者」と思われようがお構いなし というのが如実に現れています (笑)

でも まさにその年のことでした ロンドンにいた16年前 私自身の中にある 「ユニークさ」に気付き すべてが変わりました 私は これまで思っていた「自分」とは 正反対の人間になりました 部屋にこもって 人と交わらなくなり クラブやリーダーシップ活動にも 顔を出さなくなりました もう 皆の中で 目立ちたくないと思ったのです 私は これは 大人になる上で誰もが通る道で 人に受け入れてほしいからではない と自分に言い聞かせました それまで 私は人に認められなくても 平気だと思っていて とにかく 私は少し 変わっていたのです でも 振り返ってみると 私の中に その「違い」を見つけた まさに その瞬間 私は まわりと馴染み 隠れようとし始めたのです

隠れることは 進行性の習慣で ひとたび隠れ始めると 人前に出て自らをさらけ出すのが どんどん難しくなります 事実 今でさえそうです この講演のテーマを 人に聞かれると 作り話までこしらえて このTEDトークの真意を 隠しさえしましたから ですから 16年経った今 この街に戻り このステージで 隠れるのを止めると決意したことを ふさわしく感じると同時に 怖くもあります 16年間も 私は 何を隠していたのでしょう? 私は レズビアンです

(拍手)

ありがとうございます

この言葉が言えなくて ずっと苦しんできました この言葉を言うことで 型に はめられたくなかったのです カミングアウトについて 考えるたび ただの「モルガナ」でいたい と思っていました ただの「モルガナ」であって 「レズビアンの友人モルガナ」でも 「同性愛者の同僚モルガナ」でもなく ただのモルガナです

大都市からいらした 皆さんにとっては 大したことではない かもしれません むしろ こんなに長い間 この真実を抑え込み ひた隠しにしてきたのは 奇異に映るかもしれません でも 私は受け入れられないことの 恐怖にとらわれていたのです もちろん 私は 一人ではありません 2013年のデロイト社の調査によれば 驚くほど たくさんの人たちが 自らのアイデンティティを 隠しています 調査を行った従業員のうち 61%が 職場に溶け込むために 自らの振る舞いや容姿を 少し変えている と報告しています ゲイ、レズビアン、両性愛者の 全従業員のうち 83%は 自らの言動を どこか変えて 職場で「ゲイすぎない」ように していると認めています その調査によれば 多様性推進を謳い インクルージョン教育をする会社でさえ 従業員は 職場で 自分らしくいることに苦戦しています というのも 彼らは「調和」しなければ 長期的な出世ができない と信じているからです これほど多くの人が まさに私のように 多くのエネルギーを浪費して 自らを隠していることに驚く一方 私が恐れていたのは 沈黙を破ったときに もたらされる ― 人生を左右する影響や 長きに渡る社会からの反響です

12年 ― 寿命はこれほど縮まる と言われています ゲイ、レズビアン、両性愛者が 社会に受け入れられず アンチ・ゲイ社会で 生きた場合 12年 寿命が縮まるのです 今年 雑誌『アドボケート』で そのことを知ってから 私は 黙っては いられなくなりました 個人的ストレスと 社会的不名誉の影響は 致命的な組み合わせで その研究によれば アンチ・ゲイ社会のゲイは 心臓疾患、暴力、自殺に至る 可能性が高くなるそうです かつて 単に個人的なこととして 片付けていたことが 実は 波及効果があり 職場や社会全体にも影響するのだ と私は気付きました 私のような人たち すべてに影響があるのです 私が隠れることを選び 真の姿をさらさずにいることで 気付かないうちに これと同じ環境や 差別的な雰囲気を 醸成するのを 助長していたかもしれません

これまで 自分がゲイであることを 公にする理由はないと思ってきましたが 私が沈黙することで 社会的影響があることを 今年 思い知らされました 私の故郷 カンザス州で 差別的雰囲気を変える機会を 逃したときのことです

2月 カンザス州下院で 採決が行われた法案は 実質上 企業が 信条の自由を理由として ゲイへのサービス提供を 拒否できるとするものでした 元同僚で友人の父親は カンザス州下院議員でしたが 彼は法案に賛成しました 「私にサービスを提供しなくてよい」 という法案にです

友人は レズビアン、ゲイ 両性愛者、トランスジェンダーという 自分と違う人をどう感じているのか 父親はどうなのか ― それは分かりません 私も正直に伝えていませんでしたから そのことが 私を 心の奥底から揺さぶりました 数年前にカミングアウトしていたら どうだったでしょう? 友人は 私のことを お父さんに話したでしょうか? 彼は反対票を 投じたでしょうか? もはや それを知る由も ありませんが この出来事で 自分が何も変えようとしなかったことを 思い知らされました

皮肉なことに 私は人事担当として 従業員をつなぎ 彼らの成長を支援し 社会の多様性を唱道し それを職場に 反映させる立場にあります でも 多様性のために 何もして来なかったのです 1年前にこの会社に来たとき 思ったものです この会社は差別撤廃方針を掲げ ゲイ、レズビアン、両性愛者 トランスジェンダーを擁護するのだと 多様性を尊重する姿勢は 世界中で行われる インクルージョン教育からも明らかでした この会社のドアをくぐったとき 私はついにカミングアウトする ― いいえ 私はしませんでした この機会を生かすことなく 私は何もしなかったのです

(拍手)

16年前の ロンドン留学時の ロンドン日記とスクラップブックを 眺めていて トニ・モリスンの著書『パラダイス』の 一節を元にした文章を見つけました 「恐ろしいことは 外よりも内にある」 そこに 私は自分に宛てた メッセージを残していました 「覚えておくこと」 私は自らを鼓舞し 殻を破って ロンドンの街に繰り出そうとしていたのです でも 私が分かっていなかったのは 自らをよく知り 受け入れる必要性でした 何年も経って初めて 私はようやく気付いたのです 私が克服しなければならなかった 一番大きな障害は 私自身の恐怖心と不安でした 内なる恐怖に向き合ってこそ 外の現実を変えることができます 私は 今日 あまりにも長く隠し続けた ― 自分自身をさらけ出すことを 選びました 願わくば もう二度と隠れることなく 今日のカミングアウトによって 社会の数字を変える手助けをし そして 自らの違いに悩む人たちに 職場でも 私生活でも より自分らしく満たされてほしい そう願っています ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画