TED日本語 - LZ グランダーソン: ゲイアジェンダの神話

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - LZ グランダーソン: ゲイアジェンダの神話

TED Talks

ゲイアジェンダの神話
The myth of the gay agenda
LZ グランダーソン
LZ Granderson

内容

LZグランダーソンは、切迫したメッセージをユーモアにくるんで、 ”ゲイのライフスタイル”だとか、まして”ゲイアジェンダ”などという考え自体がばかげたものだと指摘します。(TEDxGrandRapids にて撮影)

Script

When I was about 16 years old I can remember flipping through channels at home during summer vacation, looking for a movie to watch on HBO -- and how many of you remember "Ferris Bueller's Day Off"? Oh yeah, great movie, right? -- Well, I saw Matthew Broderick on the screen, and so I thought, "Sweet! Ferris Bueller. I'll watch this!" It wasn't Ferris Bueller. And forgive me Matthew Broderick, I know you've done other movies besides Ferris Bueller, but that's how I remember you; you're Ferris. But you weren't doing Ferris-y things at the time; you were doing gay things at the time.

He was in a movie called "Torch Song Trilogy." And "Torch Song Trilogy" was based on a play about this drag queen who essentially was looking for love. Love and respect -- that's what the whole film was about.

And as I'm watching it, I'm realizing that they're talking about me. Not the drag queen part -- I am not shaving my hair for anyone -- but the gay part. The finding love and respect, the part about trying to find your place in the world. So as I'm watching this, I see this powerful scene that brought me to tears, and it stuck with me for the past 25 years. And there's this quote that the main character, Arnold, tells his mother as they're fighting about who he is and the life that he lives.

"There's one thing more -- there's just one more thing you better understand. I've taught myself to sew, cook, fix plumbing, build furniture, I can even pat myself on the back when necessary, all so I don't have to ask anyone for anything. There's nothing I need from anyone except for love and respect, and anyone who can't give me those two things has no place in my life."

I remember that scene like it was yesterday; I was 16, I was in tears, I was in the closet, and I'm looking at these two people, Ferris Bueller and some guy I'd never seen before, fighting for love. When I finally got to a place in my life where I came out and accepted who I was, and was really quite happy, to tell you the truth, I was happily gay and I guess that's supposed to be right because gay means happy too. I realized there were a lot of people who weren't as gay as I was -- gay being happy, not gay being attracted to the same sex. In fact, I heard that there was a lot of hate and a lot of anger and a lot of frustration and a lot of fear about who I was and the gay lifestyle.

Now, I'm sitting here trying to figure out "the gay lifestyle," "the gay lifestyle," and I keep hearing this word over and over and over again: lifestyle, lifestyle, lifestyle. I've even heard politicians say that the gay lifestyle is a greater threat to civilization than terrorism. That's when I got scared. Because I'm thinking, if I'm gay and I'm doing something that's going to destroy civilization, I need to figure out what this stuff is, and I need to stop doing it right now. (Laughter)

So, I took a look at my life, a hard look at my life, and I saw some things very disturbing. (Laughter) And I want to begin sharing these evil things that I've been doing with you, starting with my mornings. I drink coffee. Not only do I drink coffee, I know other gay people who drink coffee. I get stuck in traffic -- evil, evil traffic. Sometimes I get stuck in lines at airports.

I look around, and I go, "My God, look at all these gay people! We're all trapped in these lines! These long lines trying to get on an airplane! My God, this lifestyle that I'm living is so freaking evil!"

I clean up. This is not an actual photograph of my son's room; his is messier. And because I have a 15-year-old, all I do is cook and cook and cook. Any parents out there of teenagers? All we do is cook for these people -- they eat two,three,four dinners a night -- it's ridiculous! This is the gay lifestyle.

And after I'm done cooking and cleaning and standing in line and getting stuck in traffic, my partner and I, we get together and we decide that we're gon na go and have some wild and crazy fun. (Laughter) We're usually in bed before we find out who's eliminated on "American Idol." We have to wake up and find out the next day who's still on because we're too freaking tired to hear who stays on. This is the super duper evil gay lifestyle. Run for your heterosexual lives, people. (Applause)

When my partner, Steve, and I first started dating, he told me this story about penguins. And I didn't know where he was going with it at first. He was kind of a little bit nervous when he was sharing it with me, but he told me that when a penguin finds a mate that they want to spend the rest of their life with, they present them with a pebble -- the perfect pebble. And then he reaches into his pocket, and he brings this out to me. And I looked at it, and I was like, this is really cool.

And he says, "I want to spend the rest of my life with you."

So I wear this whenever I have to do something that makes me a little nervous, like, I don't know, a TEDx talk. I wear this when I am apart from him for a long period of time. And sometimes I just wear it just because.

How many people out there are in love? Anyone in love out there? You might be gay. (Laughter) Because I, too, am in love, and apparently that's part of the gay lifestyle that I warned you about. (Applause) You may want to tell your spouse. Who, if they're in love, might be gay as well. How many of you are single? Any single people out there? You too might be gay! Because I know some gay people who are also single. It's really scary, this gay lifestyle thing; it's super duper evil and there's no end to it! It goes and goes and engulfs!

It's really quite silly, isn't it? That's why I'm so happy to finally hear President Obama come out and say (Applause) that he supports -- (Applause) that he supports marriage equality. It's a wonderful day in our country's history; it's a wonderful day in the globe's history to be able to have an actual sitting president say, enough of this -- first to himself, and then to the rest of the world. It's wonderful.

But there's something that's been disturbing me since he made that remark just a short time ago. And that is, apparently, this is just another move by the gay activists that's on the gay agenda. And I'm disturbed by this because I've been openly gay now for quite some time. I've been to all of the functions, I've been to fundraisers, I've written about the topic, and I have yet to receive my copy of this gay agenda. (Laughter) I've paid my dues on time, (Laughter) I've marched in gay pride flags parades and the whole nine, and I've yet to see a copy of the gay agenda. It's very, very frustrating, and I was feeling left out, like I wasn't quite gay enough.

But then something wonderful happened: I was out shopping, as I tend to do, and I came across a bootleg copy of the official gay agenda.

And I said to myself, "LZ, for so long, you have been denied this. When you get in front of this crowd, you're gon na share the news. You're gon na spread the gay agenda so no one else has to wonder, what exactly is in the gay agenda? What are these gays up to? What do they want?"

So, without further ado, I will present to you, ladies and gentlemen -- now be careful, 'cause it's evil -- a copy, the official copy, of the gay agenda. (Music) The gay agenda, people! (Applause) There it is! Did you soak it all in? The gay agenda.

Some of you may be calling it, what, the Constitution of the United States, is that what you call it too? The U.S. Constitution is the gay agenda. These gays, people like me, want to be treated like full citizens and it's all written down in plain sight. I was blown away when I saw it. I was like, wait, this is the gay agenda? Why didn't you just call it the Constitution so I knew what you were talking about? I wouldn't have been so confused; I wouldn't have been so upset. But there it is. The gay agenda. Run for your heterosexual lives.

Did you know that in all the states where there is no shading that people who are gay, lesbian, bisexual or transgendered can be kicked out of their apartments for being gay, lesbian, bisexual or transgendered? That's the only reason that a landlord needs to have them removed, because there's no protection from discrimination of GLBT people. Did you know in the states where there's no shading that you can be fired for being gay, lesbian, bisexual or transgendered? Not based upon the quality of your work, how long you've been there, if you stink, just if you're gay, lesbian, bisexual or transgendered. All of which flies in the face of the gay agenda, also known as the U.S. Constitution. Specifically, this little amendment right here:

"No state shall make or enforce any law which shall abridge the privileges or immunities of citizens of the United States."

I'm looking at you, North Carolina. But you're not looking at the U.S. Constitution. This is the gay agenda: equality. Not special rights, but the rights that were already written by these people -- these elitists, if you will. Educated, well-dressed, (Laughter) some would dare say questionably dressed. (Laughter) Nonetheless, our forefathers, right? The people that, we say, knew what they were doing when they wrote the Constitution -- the gay agenda, if you will. All of that flies in the face of what they did.

That is the reason why I felt it was imperative that I presented you with this copy of the gay agenda. Because I figured if I made it funny, you wouldn't be as threatened. I figured if I was a bit irreverent, you wouldn't find it serious. But when you see the map, and you see our state of Michigan -- it's legal to fire someone for being gay, lesbian, bisexual or transgendered, that it's legal to remove someone from their home because they're gay, lesbian, bisexual or transgendered, then you realize that this whole conversation about marriage equality is not about stripping someone's rights away, it's about granting them the rights that [ have ] already been stated. And we're just trying to walk in those rights that have already been stated, that we've already agreed upon. There are people living in fear of losing their jobs so they don't show anyone who they really are right here at home. This isn't just about North Carolina; all those states that were clear, it's legal.

If I could brag for a second, I have a 15-year-old son from my marriage. He has a 4.0. He is starting a new club at school, Policy Debate. He's a budding track star; he has almost every single record in middle school for every event that he competed in. He volunteers. He prays before he eats. I would like to think, as his father -- and he lives with me primarily -- that I had a little something to do with all of that. I would like to think that he's a good boy, a respectful young man. I would like to think that I've proven to be a capable father. But if I were to go to the state of Michigan today, and try to adopt a young person who is in an orphanage, I would be disqualified for only one reason: because I'm gay. It doesn't matter what I've already proven, what I can do with my heart. It's because of what the state of Michigan says that I am that I am disqualified for any sort of adoption. And that's not just about me, that's about so many other Michiganders, U.S. citizens, who don't understand why what they are is so much more significant than who they are.

This story just keeps playing over and over and over again in our country's history. There was a time in which, I don't know, people who were black couldn't have the same rights. People who happened to be women didn't have the same rights, couldn't vote. There was a point in our history in which, if you were considered disabled, that an employer could just fire you, before the Americans with Disabilities Act. We keep doing this over and over again.

And so here we are,2012, gay agenda, gay lifestyle, and I'm not a good dad and people don't deserve to be able to protect their families because of what they are, not who they are. So when you hear the words "gay lifestyle" and "gay agenda" in the future, I encourage you to do two things: One, remember the U.S. Constitution, and then two, if you wouldn't mind looking to your left, please. Look to your right. That person next to you is a brother, is a sister. And they should be treated with love and respect. Thank you.

僕が16歳の頃の話です 夏休みの最中で家でTVのチャンネルを変えていました HBOで観たい映画を探していたんです 「フェリスはある朝突然に」という映画を覚えていますか? いい映画でしたよね? 画面のマシュー・ブロデリックを見て こう思いました 「やった! フェリス・ビューラーだ これを観よう!」 でも「フェリスはある朝突然に」ではありませんでしたマシュー・ブロデリックにも謝ります 他の映画にも出演しているのに 彼を見るとフェリスだと思ってしまうのです その時の彼は フェリスとは全く違うゲイの役だったんですけどね

その映画は「トーチソング・トリロジー」でした 舞台が映画化されたもので 愛を探し求めるドラッグクイーンの物語です 愛とリスペクトが 映画のテーマです

映画を観ているうちに 自分の話だと気づきました ドラッグクイーンではなく ゲイということについてですよ僕は毛を剃ったりしませんから 愛とリスペクトを求め自分の居場所を探すという部分です 涙が溢れ出た 印象的なシーンがありました それはこれまでの25年間 僕の頭を離れませんでした これは主人公のアーノルドが 母親に言う台詞です 彼の人格や人生について言い争っている場面でした

「もう一つ あとたった一つだけ わかっておいて欲しいことがある 僕は裁縫も 料理も 水道修理も家具の作り方も勉強した 必要なら自分で自分を褒めてやることだってできる そうすれば 誰にも頼らないで済むから そんな僕に必要なのは愛とリスペクトだけだ 僕はその2つを僕に与えられない人に用はない」

そのシーンを昨日の事のように思い出しますカミングアウトしていなかった16歳の僕は泣きました フェリス・ビューラーと 見たこともない男が 愛のために戦うのですから その後 僕は自分らしい人生を歩み始めました カミングアウトして自分を認めました本当に幸せでした 僕はハッピーなゲイでしたゲイにはハッピーという意味もありますからね でも 僕のように「同性に惹かれる」という意味ではなく「ハッピー」という意味で 「ゲイ」ではない人たちもいるということを知りました 僕のようなゲイや ゲイのライフスタイルに対して 激しい嫌悪感や怒りを抱き 強い焦りや恐れの感情を抱いている人もいるそうです

その 「ゲイのライフスタイル」 について考えました 「ゲイのライフスタイル」という言葉をよく耳にしますライフスタイル・・・ 「ゲイのライフスタイルは深刻な脅威だ」と言った政治家さえいます 社会にとっては テロよりも大きな脅威だと言うのです 恐ろしいですね だって僕はゲイですから自分が文明を破壊してしまうんじゃないかと思ったんです いったいゲイのライフスタイルって何なのか?そんなに恐ろしいものなら今すぐに止めなければ! (笑)

それで 自分の生活というものについて考えてみましたよくよく 考えました 非常に憂慮すべき問題を目の当たりにしました 超有害なゲイのライフスタイル(笑) その有害な行動の数々をお話します まず朝から始まります 僕はコーヒーを飲みます 僕ひとりが飲むだけではなく他のゲイの人たちも飲みます 渋滞にはまります 非常に有害な渋滞です 空港で列に並ぶこともあります

僕は見回してこう言います何でこんなにゲイが大勢いるんだ! 飛行機に乗るためにみんなが長い列に並んでいるんです 何て有害なライフスタイルでしょう!

掃除もします ちなみにこれは息子の部屋じゃありません彼のはもっと散らかっています 15歳の息子がいますので僕は1日中 料理に追われています 十代のお子さんがいる人はいますか?あの人たちは 何であんなに食べるのでしょう ひと晩に2食 3食 4食は食べるバカみたいに! これがゲイのライフスタイルです

料理して 掃除して 列に並び 渋滞にはまった後に ー パートナーと合流します ワイルドでクレイジーな夜を楽しむことにします (笑) 「アメリカンアイドル」の脱落者が分かる時間には寝ています 翌朝 誰が残ったのか教えてもらいます 疲れていて起きていられないんですよ これが 超有害なゲイのライフスタイルです 皆さんは 安全な異性愛の生活に逃げてください (拍手)

パートナーのスティーブと付き合い始めた頃 ー 彼はペンギンの話をしてくれました 最初は何が言いたいのか分かりませんでした 話をする彼は少し緊張した面持ちでした ペンギンは一生を共にしたい相手を見つけると ー きれいな小石をプレゼントするのだそうです その話をしてから彼はこれをポケットから出して僕に渡しました 僕はそれを見て 僕はすごく感激しました

そして彼はこう言いました「残りの人生を一緒に過ごしたい」

緊張するようなことをする時は必ずこれを身につけています 例えば このTEDxトークですね 彼と長く離ればなれになる時もつけています 何となくつけていることもあります

恋をしている人は何人いますか?恋をしている人はいますか? あなたはゲイかもしれませんね (笑) 僕だって恋をしているのだからそれもゲイのライフスタイルです (拍手) パートナーにも言った方がいいですよその人が恋をしているのならその人もゲイかもしれないから シングルの人は何人いますか?シングルの人? あなたもゲイかもしれませんよ!僕にはシングルでゲイの知り合いもいますから ゲイのライフスタイルは本当に恐ろしい超有害で 数え挙げたらきりがない いくらでもありますよ怖くなるほどね!

本当にバカみたいな話だと思いませんか? だから オバマ大統領がこう言ってくれた時僕は本当にうれしかった (拍手) 「支持する」と (拍手) 彼は「同性婚を支持する」と言いました アメリカや世界の歴史にとって 素晴らしい出来事です 現職の大統領が言ったのですから 彼は自分にそして世界に向かってついに言ったのです 素晴らしいことです

大統領が少し前にこの発言をしてから 気になっていることがあります これもゲイ活動家の作戦に違いありません きっとゲイアジェンダに書いてあるんです ゲイだと公言してずいぶん経ちますがずっとそれが気になっているんです 集会にも出ているし資金集めのイベントにも参加してます 記事だって書いているのに「ゲイアジェンダ」のコピーが送られて来ないんです (笑) 会費だって遅れずちゃんと払っているのに (笑) ゲイ・プライド・フラッグのパレードにだってはるばる行って参加したのに それなのにゲイアジェンダのコピーを見たこともないなんて 非常に不満ですし のけ者にされた気がしますゲイとして失格な気がします

でも 素晴らしいことが起きましたいつものように買い物をしていた時のことです 偶然にもゲイアジェンダの海賊版に出会ったんです

その時 思ったんです存在しないと思っていたけれど ー みんなの前に立ったら この話をしようと 皆さんにゲイアジェンダを広めて欲しいんです そうすれば ゲイアジェンダって何だとか このゲイの奴らは何を企んでいるんだとか 一体奴らは何を求めているんだとか誰も気をもんだりしなくてよくなります

話はこの辺にして 実物をお見せしましょう 気をつけてくださいね有害ですから ゲイアジェンダの正式なコピーです ゲイアジェンダ(音楽) これがゲイアジェンダです! (拍手) どうですか じっくり見ましたか?これが「ゲイアジェンダ」です

これを ええっと・・・あれ 何だっけ 「合衆国憲法」と呼ぶ人もいますが 皆さんもそうですか? 合衆国憲法こそがゲイアジェンダなんです 僕のような同性愛者はただ国民としての権利を求めているのです ここに書かれているのが国民としての権利であることは一目見ればわかります 見た時はショックでした待てよ これがゲイアジェンダなのかと なぜ最初から合衆国憲法だと言ってくれなかったのでしょう そうすれば 僕は混乱も動揺しなくて済んだのに でも これがそうなんですゲイアジェンダです 安全な異性愛の生活に逃げてください

色がついていない州がありますね ゲイ レズビアン バイセクシャル トランスジェンダーは ー 色のついていな州では ー 家から追い出される可能性があります 大家は その理由さえあれば住人を追い出せます GLBTの人々を差別から守る法律はありません 色のついていない州では その州では ゲイ レズビアン バイセクシャル トランスジェンダーは解雇されることもありえます 仕事がデキるとか デキないとかは関係なく どれほど長くそこで働いていていようとも ゲイ レズビアン バイセクシャル トランスジェンダーなら解雇できます 合衆国憲法とも呼ばれるゲイアジェンダの目の前で ー こんな事が行われているんです 特に この短い修正条項に注目してください

「如何なる州もアメリカ合衆国の市民の特権あるいはー 免除権を制限する法を作り あるいは強制してはならない」

ノースキャロライナ州はどうですか? 合衆国憲法を遵守していませんね ゲイアジェンダは平等を求めているだけです特別な権利ではありません すでに憲法に書かれている権利です このようなエリートたちが書きました きちんと教育を受けた着飾った人たちが (笑) 変な服だと思う人もいるかもしれませんが (笑) いずれにしても我々の先祖ですよね 彼らは全てを考えた上で憲法を書いたと言われています ゲイアジェンダと言ってもいいですよ その努力が無視されているわけです

だから お見せしようと思いました このゲイアジェンダを 面白おかしく話せば皆さんも驚かないと思ったからです ちょっと違う角度から話せば受け入れやすいだろうと思ったからです でも あの地図にあった通りこのミシガン州では ー ゲイ レズビアン バイセクシャル トランスジェンダーという理由で 合法的に人を解雇できます 合法的に人から住まいを奪うことができる州なのです ゲイ レズビアン バイセクシャル トランスジェンダーだというだけで この同性婚という問題も 誰かから権利を奪う話ではありません すでに憲法に書かれている権利を保証する話です 我々は 憲法に書かれている権利を行使しようとしているだけです 憲法は誰もが認めるものです 恐怖の中で暮らす人々がいます 仕事を失うかもしれないと だから 彼らは本当の自分を誰にも見せません この州の話ですノースキャロライナ州だけではありません 色のついていない州ではそれが合法なんです

ちょっと自慢話をさせて下さい 僕は結婚していて15歳の息子がいます 成績は優秀です 学校では 政策を議論するクラブを立ち上げようとしています 陸上でも才能を発揮しています 出場した全ての大会で中学生の記録を更新しました ボランティア活動もしています 食事の前にはお祈りをします 彼は主に僕と生活しているので僕は父親として 自分が その全てに少しでも影響していると思いたい 良い息子だと思いたい 立派な若者だと思いたい 自分が父親としての役割を立派に果たしていると思いたい しかし 現在のミシガン州では 僕は孤児院にいる子供を養子にできません その資格がないのです ゲイだからです 立派な子供を育てる心を持っていても関係ありません ミシガン州ではそう規定されています 養父となる資格が僕にはありません 僕だけの話ではありません アメリカ国民である他の多くのミシガン市民が なぜ自分たちの人格よりも ゲイであることの方が重要なのかを理解できずにいます

この話は 何度も何度も アメリカの歴史の中で繰り返されています アメリカの歴史には 黒人に平等な権利が認められない時代がありました 女性に平等な権利が与えられず投票できない時代がありました アメリカ障害者法ができる前は 雇用主が障害者を解雇することができました 我々はこんな事をずっと繰り返しています

今は2012年です ゲイアジェンダだとか ゲイのライフスタイルだとか僕が良い父親ではないだとか 家族を守る権利さえ与えられていない ゲイだという理由でです人格は関係ありません 今度皆さんが「ゲイのライフスタイル」とか「ゲイアジェンダ」とかいう言葉を耳にしたら 2つの事をやってみて下さい まず 合衆国憲法を思い出して下さい次に 左側を見てもらえますか? 右側を見て下さい あなたの隣にいるのはあなたと同じ人間です 愛とリスペクトを持って接して下さい ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画