TED日本語 - ベル・ペシ: 夢をダメにする5つの方法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ベル・ペシ: 夢をダメにする5つの方法

TED Talks

夢をダメにする5つの方法
5 ways to kill your dreams
ベル・ペシ
Bel Pesce

内容

誰もが革新的商品を発明し、会社を興して成功をおさめ、ベストセラーを書きたいと願っています。でも、それを実現するのは、ほんの一握りの人たちだけです。ブラジルの起業家ベル・ペシは、私たちが信じがちな5つの神話を紹介し、それらが、あなたをいかに夢の実現から遠ざけるか語ります。

Script

I dedicated the past two years to understanding how people achieve their dreams. When we think about the dreams we have, and the dent we want to leave in the universe, it is striking to see how big of an overlap there is between the dreams that we have and projects that never happen. (Laughter) So I'm here to talk to you today about five ways how not to follow your dreams.

One: Believe in overnight success. You know the story, right? The tech guy built a mobile app and sold it very fast for a lot of money. You know, the story may seem real, but I bet it's incomplete. If you go investigate further, the guy has done 30 apps before and he has done a master's on the topic, a Ph.D. He has been working on the topic for 20 years.

This is really interesting, I myself have a story in Brazil that people think is an overnight success. I come from a humble family, and two weeks before the deadline to apply to MIT, I started the application process. And, voila! I got in. People may think it's an overnight success, but that only worked because for the 17 years prior to that, I took life and education seriously. Your overnight success story is always a result of everything you've done in your life through that moment.

Two: Believe someone else has the answers for you. Constantly, people want to help out, right? All sorts of people: your family, your friends, your business partners, they all have opinions on which path you should take: "And let me tell you, go through this pipe." But whenever you go inside, there are other ways you have to pick as well. And you need to make those decisions yourself. No one else has the perfect answers for your life. And you need to keep picking those decisions, right? The pipes are infinite and you're going to bump your head, and it's a part of the process.

Three, and it's very subtle but very important: Decide to settle when growth is guaranteed. So when your life is going great, you have put together a great team, and you have growing revenue, and everything is set -- time to settle. When I launched my first book, I worked really, really hard to distribute it everywhere in Brazil. With that, over three million people downloaded it, over 50,000 people bought physical copies. When I wrote a sequel, some impact was guaranteed. Even if I did little, sales would be okay. But okay is never okay. When you're growing towards a peak, you need to work harder than ever and find yourself another peak. Maybe if I did little, a couple hundred thousand people would read it, and that's great already. But if I work harder than ever, I can bring this number up to millions. That's why I decided, with my new book, to go to every single state of Brazil. And I can already see a higher peak. There's no time to settle down.

Fourth tip, and that's really important: Believe the fault is someone else's. I constantly see people saying, "Yes, I had this great idea, but no investor had the vision to invest." "Oh, I created this great product, but the market is so bad, the sales didn't go well." Or, "I can't find good talent; my team is so below expectations." If you have dreams, it's your responsibility to make them happen. Yes, it may be hard to find talent. Yes, the market may be bad. But if no one invested in your idea, if no one bought your product, for sure, there is something there that is your fault. (Laughter) Definitely. You need to get your dreams and make them happen. And no one achieved their goals alone. But if you didn't make them happen, it's your fault and no one else's. Be responsible for your dreams.

And one last tip, and this one is really important as well: Believe that the only things that matter are the dreams themselves. Once I saw an ad, and it was a lot of friends, they were going up a mountain, it was a very high mountain, and it was a lot of work. You could see that they were sweating and this was tough. And they were going up, and they finally made it to the peak. Of course, they decided to celebrate, right? I'm going to celebrate, so, "Yes! We made it, we're at the top!" Two seconds later, one looks at the other and says, "Okay, let's go down." (Laughter)

Life is never about the goals themselves. Life is about the journey. Yes, you should enjoy the goals themselves, but people think that you have dreams, and whenever you get to reaching one of those dreams, it's a magical place where happiness will be all around. But achieving a dream is a momentary sensation, and your life is not. The only way to really achieve all of your dreams is to fully enjoy every step of your journey. That's the best way.

And your journey is simple -- it's made of steps. Some steps will be right on. Sometimes you will trip. If it's right on, celebrate, because some people wait a lot to celebrate. And if you tripped, turn that into something to learn. If every step becomes something to learn or something to celebrate, you will for sure enjoy the journey.

So,five tips: Believe in overnight success, believe someone else has the answers for you, believe that when growth is guaranteed, you should settle down, believe the fault is someone else's, and believe that only the goals themselves matter. Believe me, if you do that, you will destroy your dreams. (Laughter)

(Applause)

Thank you.

私はこの2年 人はどうやって夢を叶えるのか 解明しようとしてきました 私たちが抱いている夢や 世の中に残したい功績を考えたとき 驚くことがあります 私たちの夢というのは 日の目を見ないプロジェクトと 重なる部分が大きいのです (笑) 今日 ここでお話しするのは 夢を追わない5つの方法です

1つ目は 「一夜の成功」を信じること 聞かれたことがあるでしょう 技術者が開発した ある携帯アプリが 大当たりして 一夜で大もうけした話 本当らしく聞こえますが 実は その話には裏があります よくよく調べると その技術者は ― それまでに 30ものアプリを開発していて しかるべき分野で修士課程を終え 博士号も取得し 20年もの間 その道で 研究を重ねてきているのです

とても面白いことに 私自身にも ブラジルでは 「一夜の成功」と思われている話があります 私は 平凡な家庭に 生まれ育ちましたが 願書提出期限の2週間前に マサチューセッツ工科大(MIT)への 出願手続きを始め そして 見事 合格したのです 「一夜の成功」と 思われるかもしれませんが これが成功したのは それまでの17年間 何事にも真剣に 取り組んできたからです 「一夜の成功」というのは その瞬間までの人生で 成し遂げたことを 集大成させた結果なのです

2つ目は 誰かが答えを持っている と信じること 誰しも 人助けをしたい と思っているもので 家族、友人、仕事上のパートナーなど いろんな人が あなたが どの道を選ぶべきか 意見を言ってくれるでしょう 「それはね こちらを通るべきだよ」 でも 一歩足を踏み込めば 他にも選択肢がたくさんあるわけで 自分で決めなくてはいけません あなたの人生に 完ぺきな答えを 持ち合わせている人などいません 自分で決断を重ねて 行かなければいけないでしょう 道は無限にあり いつかは壁にぶち当たります でも それも必要な過程です

3つ目は わかりにくいですが とても重要なことです 成長が確実になったときに そこに安住することです 人生が絶好調で 素晴らしいチームにも恵まれ 売上げもぐんぐん伸びて すべてが整ったら 一休みするのです 私が初めて本を出版したとき 本当に一生懸命になって ブラジル中で売ろうとしました その結果 3百万人以上が 電子書籍をダウンロードし 5万人以上が 紙書籍を購入しました 続編を書いたとき ある程度の反響は期待でき あまり努力しなくても 売上げは そこそこあったでしょう でも 「そこそこ」ではダメなんです まだ伸びしろがあるなら 今まで以上に一生懸命 取り組み 更なる高みに向かうべきなんです 私の本は ほぼ何もしなくとも 数十万人には読んでもらえたでしょう それだけでも 素晴らしいことです でも 今まで以上に頑張れば その数字を数百万にもできるのです だから私は 新しい本を出したとき ブラジル全州に足を運ぶと決めました 更なる高みが見えるからです 立ち止まる暇なんてありません

4つ目は 本当に重要なことですが 失敗を他人のせいにすることです よく こんなことを言う人がいます 「僕にはすごいアイデアがあったんだけど 投資家は見る目がなくってね」 「この素晴らしい商品を作ったのは私よ ただ景気が悪くて 売れ行きは思わしくなかったわ」 「良い人材がいなくてね うちのチームは期待外れだよ」 夢があるなら その夢を実現させるのは あなた自身の責任です 確かに 良い人材を見つけるのは 大変かもしれないし 景気が悪いときも あるかもしれません でも 誰も あなたのアイデアに投資せず 誰も あなたの商品を買わないのなら 間違いなく その責任の一端は あなたにもあります (笑) 絶対です 自らの手で 夢をつかみ 実現させる必要があります ひとりで目標を達成することは できません でも 夢が実現できないのは自分の責任で 他人のせいではないのです 自分の夢に責任を持ちましょう

そして最後のアドバイス これも とても重要です 大切なのは夢そのものだ と信じることです こんな宣伝を見たことがあります たくさんの仲間たちが 山に登っています とても高い山です 登るのは一苦労です 皆 汗びっしょりで 本当に大変です どんどん登って行き ついに頂上に到達します もちろん 皆で お祝いするでしょう? お祝いの言葉を投げかけます 「やったね ついに頂上だよ!」 2秒後 皆は互いに顔を見合わせて こう言うんです 「さあ 下りようか」 (笑)

人生は 結果が すべてではありません 人生は旅なんです もちろん 結果も 楽しむべきです たくさん夢があると その一つに到達しさえすれば そこが 幸せにあふれた 魔法の場所になるように思えます 夢の実現は一瞬のことですが あなたの人生は違います あなたの夢をすべて 本当に叶える唯一の方法は そこに至る旅を 一歩一歩 楽しむことです それが一番です

あなたの旅はシンプルで 一歩の積み重ねです 歩みが順調なときもあれば つまづくときもあるでしょう 順調なら お祝いしましょう そのときを心待ちにしている人もいます つまづいたときは 学びの機会と捉えましょう 一歩一歩が 学んだり お祝いできる機会になれば きっと旅も楽しいものになるでしょう

5つのコツを紹介しました 「一夜の成功」を信じること 誰かが答えを持っている と信じること 成長が確実になったときに そこに安住すること 失敗は他人のせいにすること そして結果がすべてだと信じること 大丈夫 これで夢を台無しにできます (笑)

(拍手)

ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画