TED日本語 - タッソ・アゼベド: 森林保護活動から得たこと(気候変動防止への望み)

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - タッソ・アゼベド: 森林保護活動から得たこと(気候変動防止への望み)

TED Talks

森林保護活動から得たこと(気候変動防止への望み)
Hopeful lessons from the battle to save rainforests
タッソ・アゼベド
Tasso Azevedo

内容

「森林を守ろう」というスローガンは昔からありますが、タッソ・アゼベドは、今日ではどのような取り組みが行われているかを紹介します。ブラジルでは、1990年代に愕然とするほどの森林破壊が起き、法の制定(とデータの公開によって)森林破壊のペースは落ちています。でもこれで十分でしょうか?いいえ、まだまだです。彼は我々が何をすべきかについて5つのアイデアを紹介します。そして、ブラジルで得た教訓をもっと大きな問題、地球の気候変動の問題解決に適用できないか問いかけます。

Script

When the Portuguese arrived in Latin America about 500 years ago, they obviously found this amazing tropical forest. And among all this biodiversity that they had never seen before, they found one species that caught their attention very quickly. This species, when you cut the bark, you find a very dark red resin that was very good to paint and dye fabric to make clothes. The indigenous people called this species pau brasil, and that's the reason why this land became "land of Brasil," and later on, Brazil. That's the only country in the world that has the name of a tree. So you can imagine that it's very cool to be a forester in Brazil, among other reasons.

Forest products are all around us. Apart from all those products, the forest is very important for climate regulation. In Brazil, almost 70 percent of the evaporation that makes rain actually comes from the forest. Just the Amazon pumps to the atmosphere 20 billion tons of water every day. This is more than what the Amazon River, which is the largest river in the world, puts in the sea per day, which is 17 billion tons. If we had to boil water to get the same effect as evapotranspiration, we would need six months of the entire power generation capacity of the world. So it's a hell of a service for all of us.

We have in the world about four billion hectares of forests. This is more or less China, U.S., Canada and Brazil all together, in terms of size, to have an idea. Three quarters of that is in the temperate zone, and just one quarter is in the tropics, but this one quarter,one billion hectares, holds most of the biodiversity, and very importantly,50 percent of the living biomass, the carbon. Now, we used to have six billion hectares of forest -- 50 percent more than what we have -- 2,000 years ago. We've actually lost two billion hectares in the last 2,000 years. But in the last 100 years, we lost half of that. That was when we shifted from deforestation of temperate forests to deforestation of tropical forests.

So think of this: In 100 years, we lost the same amount of forest in the tropics that we lost in 2,000 years in temperate forests. That's the speed of the destruction that we are having.

Now, Brazil is an important piece of this puzzle. We have the second largest forest in the world, just after Russia. It means 12 percent of all the world's forests are in Brazil, most of that in the Amazon. It's the largest piece of forest we have. It's a very big, large area. You can see that you could fit many of the European countries there. We still have 80 percent of the forest cover. That's the good news. But we lost 15 percent in just 30 years. So if you go with that speed, very soon, we will loose this powerful pump that we have in the Amazon that regulates our climate.

Deforestation was growing fast and accelerating at the end of the '90s and the beginning of the 2000s. (Chainsaw sound) (Sound of falling tree) Twenty-seven thousand square kilometers in one year. This is 2.7 million hectares. It's almost like half of Costa Rica every year.

So at this moment -- this is 2003,2004 -- I happened to be coming to work in the government. And together with other teammates in the National Forest Department, we were assigned a task to join a team and find out the causes of deforestation, and make a plan to combat that at a national level, involving the local governments, the civil society, business, local communities, in an effort that could tackle those causes.

So we came up with this plan with 144 actions in different areas. Now I will go through all of them one by one -- no, just giving some examples of what we had done in the next few years. So the first thing, we set up a system with the national space agency that could actually see where deforestation is happening, almost in real time. So now in Brazil, we have this system, DETER, where every month, or every two months, we get information on where deforestation is happening so we can actually act when it's happening. And all the information is fully transparent so others can replicate that in independent systems. This allows us, among other things, to apprehend 1.4 million cubic meters of logs that were illegally taken. Part of that we saw and sell, and all the revenue becomes a fund that now funds conservation projects of local communities as an endowment fund. This also allows us to make a big operation to seize corruption and illegal activities that ended up having 700 people in prison, including a lot of public servants. Then we made the connection that areas that have been doing illegal deforestation should not get any kind of credit or finance. So we cut this through the bank system and then linked this to the end users. So supermarkets, the slaughterhouses, and so on that buy products from illegal clear-cut areas, they also can be liable for the deforestation. So making all these connections to help to push the problem down. And also we work a lot on land tenure issues. It's very important for conflicts. Fifty million hectares of protected areas were created, which is an area the size of Spain. And of those,eight million were indigenous lands.

Now we start to see results. So in the last 10 years, deforestation came down in Brazil 75 percent.

(Applause)

So if we compare it with the average deforestation that we had in the last decade, we saved 8.7 million hectares, which is the size of Austria. But more importantly, it avoided the emission of three billion tons of CO2 in the atmosphere. This is by far the largest contribution to reduce greenhouse gas emissions, until today, as a positive action. One may think that when you do these kinds of actions to decrease, to push down deforestation, you will have an economic impact because you will not have economic activity or something like that. But it's interesting to know that it's quite the opposite. In fact, in the period when we have the deepest decline of deforestation, the economy grew, on average, double from the previous decade, when deforestation was actually going up. So it's a good lesson for us. Maybe this is completely disconnected, as we just learned by having deforestation come down.

Now this is all good news, and it's quite an achievement, and we obviously should be very proud about that. But it's not even close to sufficient. In fact, if you think about the deforestation in the Amazon in 2013, that was over half a million hectares, which means that every minute, an area the size of two soccer fields is being cut in the Amazon last year, just last year. If we sum up the deforestation we have in the other biomes in Brazil, we are talking about still the largest deforestation rate in the world. It's more or less like we are forest heroes, but still deforestation champions. So we can't be satisfied, not even close to satisfied. So the next step, I think, is to fight to have zero loss of forest cover in Brazil and to have that as a goal for 2020. That's our next step.

Now I've always been interested in the relationship between climate change and forests. First, because 15 percent of greenhouse gas emissions come from deforestation, so it's a big part of the problem. But also, forests can be a big part of the solution since that's the best way we know to sink, capture and store carbon. Now, there is another relationship of climate and forests that really stuck me in 2008 and made me change my career from forests to working with climate change. I went to visit Canada, in British Columbia, together with the chiefs of the forest services of other countries that we have a kind of alliance of them, like Canada, Russia, India, China, U.S. And when we were there we learned about this pine beetle that is literally eating the forests in Canada. What we see here, those brown trees, these are really dead trees. They are standing dead trees because of the larvae of the beetle. What happens is that this beetle is controlled by the cold weather in the winter. For many years now, they don't have the sufficient cold weather to actually control the population of this beetle. And it became a disease that is really killing billions of trees. So I came back with this notion that the forest is actually one of the earliest and most affected victims of climate change.

So I was thinking, if I succeed in working with all my colleagues to actually help to stop deforestation, maybe we will lose the battle later on for climate change by floods, heat, fires and so on. So I decided to leave the forest service and start to work directly on climate change, find a way to think and understand the challenge, and go from there.

Now, the challenge of climate change is pretty straightforward. The goal is very clear. We want to limit the increase of the average temperature of the planet to two degrees. There are several reasons for that. I will not get into that now. But in order to get to this limit of two degrees, which is possible for us to survive, the IPCC, the Intergovernmental Panel on Climate Change, defines that we have a budget of emissions of 1,000 billion tons of CO2 from now until the end of the century. So if we divide this by the number of years, what we have is an average budget of 11 billion tons of CO2 per year. Now what is one ton of CO2? It's more or less what one small car, running 20 kilometers a day, will emit in one year. Or it's one flight,one way, from Sao Paulo to Johannesburg or to London,one way. Two ways,two tons. So 11 billion tons is twice that.

Now the emissions today are 50 billion tons, and it's growing. It's growing and maybe it will be 61 by 2020. Now we need to go down to 10 by 2050. And while this happens, the population will grow from seven to nine billion people, the economy will grow from 60 trillion dollars in 2010 to 200 trillion dollars. And so what we need to do is to be much more efficient in a way that we can go from seven tons of carbon per capita per person, per year, into something like one. You have to choose. You take the airplane or you have a car.

So the question is, can we make it? And that's the exactly the same question I got when I was developing a plan to combat deforestation. It's such a big problem, so complex. Can we really do it? I think so. Think of this: Deforestation means 60 percent of the greenhouse gas emissions in Brazil in the last decade. Now it's a little bit less than 30 percent. In the world,60 percent is energy. So if we can tackle directly the energy, the same way we could tackle deforestation, maybe we can have a chance.

So there are five things that I think we should do. First, we need to disconnect development from carbon emissions. We don't need to clear-cut all the forests to actually get more jobs and agriculture and have more economy. That's what we proved when we decreased deforestation and the economy continued to grow. Same thing could happen in the energy sector. Second, we have to move the incentives to the right place. Today,500 billion dollars a year goes into subsidies for fossil fuels. Why don't we put a price on carbon and transfer this to the renewable energy? Third, we need to measure and make it transparent where, when and who is emitting greenhouse gases so we can have actions specifically for each one of those opportunities. Fourth, we need to leapfrog the routes of development, which means, you don't need to go to the landline telephone before you get to the mobile phones. Same way we don't need to go to fossil fuels to the one billion people who don't have access to energy before we get to the clean energy. And fifth and last, we need to share responsibility between governments, business and civil society. There is work to do for everybody, and we need to have everybody on board.

So to finalize, I think the future is not like a fate that you have to just go as business as usual goes. We need to have the courage to actually change the route, invest in something new, think that we can actually change the route. I think we are doing this with deforestation in Brazil, and I hope we can do it also with climate change in the world.

Thank you.

(Applause)

500年前にポルトガル人が ラテン・アメリカに上陸したとき この素晴らしい熱帯雨林を 目にしたに違いありません それまで目にしたことが無い様な 多様な生物の中に すぐに彼らの目を引く ある種がありました この木の樹皮を切ってみると とても暗い赤色の樹脂が出てきます 塗料や衣料の染料として最適でした この土地の人々はこの木を 「パウ・ブラジル」と呼んでいました 「ブラジルの土地」 またその後 「ブラジル」と呼ばれるようになった由来です 世界広しと言えど木に国名が 付いているのはブラジルだけです ですからブラジルの森の住人であることが とりわけ素晴らしいことだと お分かりいただけると思います

森の資源から作られたものは 身の回りに溢れています そのような製品は別としても 森林は気候の調整に重要な役目を 果たしています ブラジルでは降雨の源になる 水分の70%は 実際のところ 森林から蒸発したものです アマゾンだけでも毎日200億トンもの 水を大気中に汲み上げています これは世界最長のアマゾン川で 1日で海に流れる量 170億トンよりも多いのです 水を沸騰させて 同量を蒸発させようとしたら 世界中の発電所を6か月稼働し続ける 必要があるでしょう ですから森林は とても役に立っているのです

世界中には約40億ヘクタールの 森林があります これは中国、アメリカ、カナダとブラジルの面積を 合わせた程度の面積になります その内 4分の3は温帯に分布し 熱帯にあるものは4分の1に過ぎません しかしこの4分の1である10億ヘクタールにこそ 生物の多様性の大半があり とても重要なことですが 生きているバイオマス つまり炭素の50%がここに存在しています 2000年前には現在よりも50%ほど広い 60億ヘクタールほどの森林がありました 過去2000年の間に 実に20億ヘクタールの 森林が消失したのですが 過去100年の間の消失面積が その半分を占めています これは温帯にある森林破壊から 熱帯の森林破壊へと 変遷した時期と重なります

このことを考えてみましょう 過去100年間に 熱帯で失われた森林の面積は 過去2000年間に温帯で失われた 森林の面積と同じであるということです これが直面している森林破壊の 速さです

さて ブラジルはこの謎を解明するための重要な糸口なのです ブラジルの森林面積はロシアに続き 世界第2位です つまり世界中の森林の12%が ブラジルにありますが そのほとんどがアマゾンにあります これは最大の森林です 途方もない広さがあります ヨーロッパ中の多くの国の面積を 合わせたものに匹敵します まだ80%の森林が残されています これは良いニュースです しかし 過去わずか30年の内に 15%を失いました このペースでいくと 気候を調整しているアマゾン川の この強力な水分ポンプは あっという間に失われるでしょう

森林破壊のスピードは 1990年代の終わりから 2000年代の初めに加速しました (チェインソーの音) (木が倒れる音) 毎年2万7千平方キロの森林の消失 つまり270万ヘクタール 毎年 コスタリカの面積のほぼ半分が 失われています

この時 ― 2003、2004年のことですが ― 私はたまたま政府のために 働くことになりました 国家森林省の仲間とともに 森林破壊の原因を探り当てる チームに任命され 国家レベルでこの問題に 取り組むことになりました 地方政府や市民組織 企業や地元の団体と連携して この様な問題に取り組んできました

そして様々な地域において 144のプランを立てました それらを一つ一つ検証したいところですが ここ数年で行った例を いくつかご紹介しましょう まず最初に国家宇宙局に システムを導入して 森林破壊が起きている場所を ほぼリアルタイムで 観察することとしました 今ではブラジルではこのシステムによって 毎月 もしくは隔月ごとに 森林破壊が起きている場所の情報を 入手し すぐさま 対策を取ることができます しかも このような情報は全て公開されていて 誰でも自分のシステムに 取り込むことができます これによって 何よりも 不法に伐採された140万立方メートルの 木材を没収できます こうやって監視し 没収した木材の 売り上げは全て 地域社会の保護プロジェクトへの 寄付基金となっています また贈収賄や不法な活動などの 摘発にも役立っており 多数の公務員を含む 700人の投獄にいたりました そして不法伐採に関連した 信用貸し付けや資金調達のルートを 断ち切りました こうやって銀行との関係を断ち 次に 最終消費者までの関連付けを行いました 不法伐採地区の生産物を買い付ける スーパーマーケットや 屠殺場なども 森林破壊に対する責任があるのです こういった関係にメスを入れることで 問題を解決しようとしました 土地の保有権の問題にも 手を付けました 紛争解決にとても重要なことです スペインの国土面積に相当する 5千万ヘクタールの土地が保護されました その内 8百万ヘクタールは 原住民たちの土地でした

では結果を見てみましょう 過去10年間に ブラジルにおける森林伐採は 75%減少しました

(拍手)

過去10年間の平均的な森林破壊の ペースと比べてみると オーストリアの国土面積に相当する 870万ヘクタールの森林を保護したことになります しかし もっと大切なことは 30億トンのCO2の大気中への排出を 防いだことです これまで ポジティブに行動した結果 群を抜いて貢献度が高い 温室ガスの排出削減行動といえるでしょう 森林破壊を抑えるために この様な行動をとると 経済への影響があるのではないかと お思いになるかもしれません その分の 経済活動ができなくなるからですね しかし興味深いことに 結果は正反対なのです 実際には 森林破壊のペースが 急激に抑えられた期間では 森林破壊が増加した先の10年間の 平均値に比べ 経済は2倍に成長しています これは良き教訓です お話しした通り 森林破壊は抑制されてきたのですから 森林保護と経済は 無関係とさえ言えるかもしれません

これは良いニュースです 素晴らしい成果です 明らかに誇りに思うべきことでしょう しかし まだ全く不十分です 実際のところ 2013年にアマゾンでは 50万ヘクタール以上の森林が 破壊されています これは昨年において1分ごとに サッカー場2つ分の広さの森林が アマゾンでは伐採されていることになります つい昨年のことです ブラジルの他のエリアでの 森林破壊の分を足しあわせると 今も 世界最大の森林破壊が 行なわれていることになります 我が国は森林面積において ヒーローといえるでしょうが 今もなお 森林破壊のチャンピオンなのです だから私たちは満足していないし 満足に程遠いのです そこで 私が考えている次のステップは ブラジル全体の森林の消失を ゼロに抑える試みであり これを2020年までに達成することです これが我々の次なるステップです

私はいつも 気候変動と森林の関係に 関心を持っています 第1に 温室効果ガス排出量の15%は 森林伐採によるもので この問題の主要因となっています しかし 森林は我々が知る限り 炭素を吸収し 蓄える 最善の方法であり 重要な解決策となっています 気候と森林の関係は他にもあります 私は2008年に そのことに衝撃を受け 森林保護から気候変動に関するものへと 職を変えるきっかけとなりました カナダのブリティッシュ・コロンビア州を カナダ、ロシア、インド、中国や米国 といった国と提携を結んでいる 他の国の森林事業のリーダたちと 訪れました そこで パイン・ビートルという 木食い虫について知ることとなりました 文字通りカナダの森林を食べ尽くします ご覧いただいている褐色の木は 実は枯れています 木食い虫の幼虫のせいで 立ち枯れしているのです この木食い虫の生態は 冬の寒冷度に影響されます ここ何年もの間 十分に気温が下がらなかったので 木食い虫の数に影響を及ぼしました このことで病気が発生し 何十億本もの木が立ち枯れしたのです このことから 森林は気候変動による 初期の かつ 最大の犠牲者であると 思うに至りました

そこで こう考え始めました もし仲間たちと共に 森林伐採を防ぐことができたとしても 一方で 気候変動に起因する 洪水、熱波、火事といった災害の 犠牲になるかもしれません そこで 森林保護事業をやめて 直接 気候変動に関する仕事に就き 何が課題でそこで何を行なうべきか 模索し始めました

気候変動における課題は とても明確です ゴールははっきりしています 地球の平均気温の増加を 2度までに抑えることです それにはいくつかの理由があります でも今は説明いたしません ともかく 2度以内に抑えることによって 我々は生き延びることができるのです IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は 今から今世紀末までのCO2排出量を 1兆トンに抑えるという目標を立てています これを年数で割ると 1年平均は110億トンとなります 1トンのCO2とは どの位の量でしょう? およそ小型車が1日あたり20キロ走って 1年間で排出する量です もしくはサンパウロからヨハネスブルグ またはロンドンまでの片道飛行での 排出量に相当します 往復なら2トンになります 110億トンはその2倍になります

現在では(年間)500億トンが排出されており しかも増え続けています おそらく2020年までには610億トンにまで 増加するでしょう これを2050年までに100億トンに 減らさなければなりません その間に 人口は70億から90億人まで増え 経済は2010年の60兆ドルから 200兆ドルへと成長するでしょう ですから炭素の排出量を年間一人当たり 7トンから1トン程度に削減するためには 効率的な方法で行わなければなりません 皆さんも判断しなければなりません 飛行機に乗るべきか?車を保有すべきか?

問題は 我々はやり遂げられるかです これは森林破壊に立ち向かう際に 計画を立てようとした時に 思い浮かんだ疑問と全く同じです これは複雑で大変な問題です 本当にできることなのでしょうか? 私は出来ると思います こういう風に考えてみましょう 過去10年間においてブラジルでは 温室効果ガス排出の60%を 森林伐採が占めていました いまでは30%を少し下回っています 世界全体では60%がエネルギー消費に 起因しています ですからエネルギー問題に 直接的にメスを入れ 森林破壊対策と同様に対処すれば 目標を達成できるかもしれません

やるべきことは5つあると考えています 第1に 土地開発によって炭素の排出が 起こらないようにしなければなりません 雇用、農業、経済のために 森林をすっかりと 切り開く必要はありません これは我々の森林破壊削減活動で 証明されたことです 経済は成長し続けています 同じことがエネルギー部門でも 起こり得るでしょう 第2に 奨励策を適切な分野に 移行していかなければなりません 今日では化石燃料の開発に 毎年50兆円ほどの補助金が使われています 炭素に税金を課し これを再生可能な エネルギーへの転換に使ってはどうでしょうか? 第3に 温室効果ガスをどこで、いつ、誰が 排出しているのか調査し その結果を公表することが必要で これによって個々に対応策を 取ることができます 第4に 開発の段階を 一気に飛躍して進めることです これは 携帯電話を導入する前に 固定電話の設置から 始める必要は無いというようなことです 同様にエネルギーが利用できない 10億人の人々が化石燃料を使うのではなく クリーンなエネルギーから 始めれば良いのです 5つ目 最後になりますが 政府、企業と市民社会が 責任を分担することです 誰にもやるべきことがあり 皆で行動しなければなりません

最後になりますが 我々の将来は 今まで通りのやり方を続けて 運命を待っていれば良いものではありません 勇気をもって 進むべき道を変えなければなりません 何か新しいことに投資すれば 進むべき道を変えることができるでしょう ブラジルの森林破壊防止に向けて そのような活動を行っていますが 気候変動に対しても同じようなことが できることを願っています

どうも有難うございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画