TED日本語 - ジャミーラ・リスコット: 英語の三通りの話し方

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジャミーラ・リスコット: 英語の三通りの話し方

TED Talks

英語の三通りの話し方
3 ways to speak English
ジャミーラ・リスコット
Jamila Lyiscott

内容

ジャミーラ・リスコットは、“3つの言語の話し手”です。彼女は、“壊れた英語”という力強いスポークン・ワード・エッセイで、友人・クラスメート及び両親のそれぞれと話す際の三者三様の言語を賛美し、それぞれのニュアンスを意欲的に伝えます。そして複雑な歴史と各言語が持つ現在のアイデンティティを説明することで、何が”正しい”言語なのかについて明らかにします。

Script

Today, a baffled lady observed the shell where my soul dwells.

And announced that I'm "articulate."

Which means that when it comes to enunciation and diction.

I don't even think of it.

'Cause I'm "articulate."

So when my professor asks a question.

And my answer is tainted with a connotation of urbanized suggestion.

There's no misdirected intention.

Pay attention.

'Cause I'm "articulate."

So when my father asks, "Wha' kinda ting is dis?"

My "articulate" answer never goes amiss.

I say "father, this is the impending problem at hand."

And when I'm on the block I switch it up just because I can.

So when my boy says, "What's good with you son?"

I just say, "I jus' fall out wit dem people but I done!"

And sometimes in class.

I might pause the intellectual sounding flow to ask.

"Yo! Why dese books neva be about my peoples."

Yes, I have decided to treat all three of my languages as equals.

Because I'm "articulate."

But who controls articulation?

Because the English language is a multifaceted oration.

Subject to indefinite transformation.

Now you may think that it is ignorant to speak broken English.

But I'm here to tell you that even "articulate" Americans sound foolish to the British.

So when my Professor comes on the block and says, "Hello."

I stop him and say "Noooo ...

You're being inarticulate ... the proper way is to say what's good."

Now you may think that's too hood, that's not cool.

But I'm here to tell you that even our language has rules.

So when Mommy mocks me and says "ya'll-be-madd-going-to-the-store."

I say "Mommy, no, that sentence is not following the law.

Never does the word "madd" go before a present participle.

That's simply the principle of this English."

If I had the vocal capacity I would sing this from every mountaintop.

From every suburbia, and every hood.

'Cause the only God of language is the one recorded in the Genesis.

Of this world saying "it is good."

So I may not always come before you with excellency of speech.

But do not judge me by my language and assume.

That I'm too ignorant to teach.

'Cause I speak three tongues.

One for each:

Home, school and friends.

I'm a tri-lingual orator.

Sometimes I'm consistent with my language now.

Then switch it up so I don't bore later.

Sometimes I fight back two tongues.

While I use the other one in the classroom.

And when I mistakenly mix them up.

I feel crazy like ... I'm cooking in the bathroom.

I know that I had to borrow your language because mines was stolen.

But you can't expect me to speak your history wholly while mines is broken.

These words are spoken.

By someone who is simply fed up with the Eurocentric ideals of this season.

And the reason I speak a composite version of your language.

Is because mines was raped away along with my history.

I speak broken English so the profusing gashes can remind us.

That our current state is not a mystery.

I'm so tired of the negative images that are driving my people mad.

So unless you've seen it rob a bank stop calling my hair bad.

I'm so sick of this nonsensical racial disparity.

So don't call it good unless your hair is known for donating to charity.

As much as has been raped away from our people.

How can you expect me to treat their imprint on your language.

As anything less than equal.

Let there be no confusion.

Let there be no hesitation.

This is not a promotion of ignorance.

This is a linguistic celebration.

That's why I put "tri-lingual" on my last job application.

I can help to diversify your consumer market is all I wanted them to know.

And when they call me for the interview I'll be more than happy to show that.

I can say:

"What's good."

"Whatagwan."

And of course ... "Hello."

Because I'm "articulate."

Thank you.

(Applause)

今日 ある女性が 私の肌の色を見て 困惑しながら

言いました あなたは “正しい” 英語が話せるのね と

それはつまり 発声や言葉遣いに関して

何も意識しないで済むということ

なぜなら 私は“正しい” から

だから 教授の質問に対する

私の返答に 都会っ子の含みがあっても

誤った意図は無いの

私の話をよく聞いて

なぜなら 私は “正しい” から

「なんだそれ?」とカリビアン訛りで聞く父に

私の “正しい” 答えが 間違って伝わることは無いのです

「お父さん これは非常に切実な問題なの」 と私は答えます

近所にいるときは 私は英語を切り替えます

友達に「最近 調子はどう?」と聞かれたら

「ケンカしたけどもう大丈夫」と

授業中には時々

文化人的な話し方をやめて質問します

「よぉ 私たちの事が なんで教科書に書かれてないのよ?」と

そう 私は決めたのです これら3つの言語を平等に扱うと

なぜなら私は “正しい” から

では “正しい英語” を決めるのは誰か?

英語には様々な話し方があって

常に変化し続ける言語です

インフォーマルな英語は 無教養だと思われるかもしれません

けれど “正しい”英語を話すアメリカ人でさえ イギリス人には馬鹿のように聞こえるのです

黒人街の路上で教授が 「こんにちは」 と挨拶したら

私は彼を引き止めて こう言います “Noooo!”

正しい英語じゃない 「最近どうよ?」 でしょ と

カリブ訛りが強すぎて 格好が悪いと思われるかもしれません

けれど 私たちの英語にもちゃんとルールがあります

もし母が私をからかって 「あなたあの店に行き過ぎよ」 と言ったら

「ママ あなたの英語はルール違反よ」と返します

現在分詞の前に“madd”は使わないからです

これは単に この英語の原則です」

もし私が全ての山の頂上から 全ての町や村から

声を届けられるなら 伝えたい ―

「唯一の言葉の神は『創世記』の記述にあり

神は人類を創り『よくできた』と言ったと」

私はいつも流暢な話し方で あなたに話しかけるわけではありません

でも私を言葉によって判断したり

無知すぎて教えられないと思わないで

なぜなら3ヶ国語が話せる

家と学校と友人

それぞれに ひとつ

私は3ヶ国語の使い手

私は時に自分の言葉に一貫性を持たせ

突然 退屈しのぎに言葉を切り替える

そして時に2ヶ国語で反論する

教室で異なる言語を使っていて

時に言葉を混同したとき

トイレで料理をしているように感じます

私の言葉はもう盗まれたので あなたの言葉を借りなければならないことも 分かっています

でも私にあなたの歴史を話させないでください 私の歴史はあなたたちに壊されたから

英語は欧米中心の理想に

もううんざりしている人により 話されています

私が混ざった英語を話すのは

自分の言葉が歴史の中で失われたからです

私が壊れた英語を話すたび 過去のおびただしい傷がうずくのです

私たちの状態は不思議でも何でもありません

私は同胞を腹立たせる ネガティブなイメージに疲れたのです

私たちを銀行強盗と思ったり 髪がおかしいと言わないで下さい

もうばかげた人種の不平等に 疲れきっているのです

あなたの髪が人助けをするわけじゃ ないでしょう

私たちから多くが奪われたように

どうして あなたの言葉の私たちなりの話し方が

下等なものだと捉えられるでしょう

混乱しないようにしましょう

ためらわないようにしましょう

無視を勧めるのではありません

これは言語にとって祝祭です

それが私が最後の履歴書に 「3ヶ国語」と書いた理由です

私はあなたの顧客市場を多様化できると 知ってもらいたかったのです

私を採用面接に呼んだならば 喜んで私はそれを証明するでしょう

あいさつでも 私は

“最近どうよ?”

“ちわっす”

そしてもちろん “こんにちは”

だって私は “正しい” から

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画