TED日本語 - クリント・スミス: 沈黙のもたらす危険

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クリント・スミス: 沈黙のもたらす危険

TED Talks

沈黙のもたらす危険
The danger of silence
クリント・スミス
Clint Smith

内容

「人が“何を言ってるか”に気を取られ過ぎて、“何を言ってないか”に注意を払わなくなっている。」クリント・スミスは教鞭を持つスラム出身の詩人。見て見ぬ振りと不公平を弾劾し、声をあげる勇気を称賛する。簡潔に力強く、心を震わせて簡潔に思いを語る。

Script

Dr. Martin Luther King, Jr., in a 1968 speech where he reflects upon the Civil Rights Movement, states, "In the end, we will remember not the words of our enemies but the silence of our friends."

As a teacher, I've internalized this message. Every day, all around us, we see the consequences of silence manifest themselves in the form of discrimination, violence, genocide and war. In the classroom, I challenge my students to explore the silences in their own lives through poetry. We work together to fill those spaces, to recognize them, to name them, to understand that they don't have to be sources of shame. In an effort to create a culture within my classroom where students feel safe sharing the intimacies of their own silences, I have four core principles posted on the board that sits in the front of my class, which every student signs at the beginning of the year: read critically, write consciously, speak clearly, tell your truth.

And I find myself thinking a lot about that last point, tell your truth. And I realized that if I was going to ask my students to speak up, I was going to have to tell my truth and be honest with them about the times where I failed to do so.

So I tell them that growing up, as a kid in a Catholic family in New Orleans, during Lent I was always taught that the most meaningful thing one could do was to give something up, sacrifice something you typically indulge in to prove to God you understand his sanctity. I've given up soda, McDonald's, French fries, French kisses, and everything in between. But one year, I gave up speaking. I figured the most valuable thing I could sacrifice was my own voice, but it was like I hadn't realized that I had given that up a long time ago. I spent so much of my life telling people the things they wanted to hear instead of the things they needed to, told myself I wasn't meant to be anyone's conscience because I still had to figure out being my own, so sometimes I just wouldn't say anything, appeasing ignorance with my silence, unaware that validation doesn't need words to endorse its existence. When Christian was beat up for being gay, I put my hands in my pocket and walked with my head down as if I didn't even notice. I couldn't use my locker for weeks because the bolt on the lock reminded me of the one I had put on my lips when the homeless man on the corner looked at me with eyes up merely searching for an affirmation that he was worth seeing. I was more concerned with touching the screen on my Apple than actually feeding him one. When the woman at the fundraising gala said "I'm so proud of you. It must be so hard teaching those poor, unintelligent kids," I bit my lip, because apparently we needed her money more than my students needed their dignity.

We spend so much time listening to the things people are saying that we rarely pay attention to the things they don't. Silence is the residue of fear. It is feeling your flaws gut-wrench guillotine your tongue. It is the air retreating from your chest because it doesn't feel safe in your lungs. Silence is Rwandan genocide. Silence is Katrina. It is what you hear when there aren't enough body bags left. It is the sound after the noose is already tied. It is charring. It is chains. It is privilege. It is pain. There is no time to pick your battles when your battles have already picked you.

I will not let silence wrap itself around my indecision. I will tell Christian that he is a lion, a sanctuary of bravery and brilliance. I will ask that homeless man what his name is and how his day was, because sometimes all people want to be is human. I will tell that woman that my students can talk about transcendentalism like their last name was Thoreau, and just because you watched one episode of "The Wire" doesn't mean you know anything about my kids. So this year, instead of giving something up, I will live every day as if there were a microphone tucked under my tongue, a stage on the underside of my inhibition. Because who has to have a soapbox when all you've ever needed is your voice?

Thank you.

(Applause)

マーティン・ルーサー・キング博士は 1968年の市民権運動中にスピーチをしました 「最後に思い出すのは 敵の言葉ではなく 友の沈黙だ」

教師としてこの言葉を大事にしています 私たちの周りでは日々 沈黙の結果が様々なかたちで 現れています たとえば差別 暴力、大虐殺、戦争 私の授業では生徒に 詩作を通して 暮らしの中にある沈黙を探し 表現するように働きかけます 見つけた沈黙を埋めるため 一緒になって 認識し名付けることで理解します 沈黙は恥ずべきことでないのだと 私は自分の授業内に文化を育てています 生徒が安心して自らの沈黙を共有できる そんな文化です 4つの主要な原則を 教室の前の掲示板に貼ってあります 学年初めに生徒全員がサインしたものです 鵜呑みせずに読み 慎重に書き 明確に話し 真実を話すこと

そしていつも最後の点について考えます 自分の真実を話すこと そして気がつきました もし自分が生徒から真実を求めているなら 自分の真実を打ち明けなければならないと 真実を伝え損ねたときの事も含めて 誠実に接しなければならない

そこで私は伝えました ニューオーリンズのカトリック家庭で育った 子供時代 レント祭の時期に教わりました 人間として出来る最高のことは 諦めることでした 日頃遊んでいる大切なものを捧げることで 神の神聖さへの理解を証明するのです ソーダ、マクドナルドにフライドポテト フレンチ・キス、その他いろいろ そしてある年 私は話すことをやめました 私が犠牲に出来る最も価値あるものは 自分の声だと気付いたからです しかし私は それより遥か前にもう声を失くしていました 私はあまりに長い間 人が聞きたいことを話し 言うべきことを言いませんでした 自分の何たるかを知らぬうちから 誰かに助言すべきではない そう自分に言い聞かせました だから何も言わない時だってありました 沈黙を利用して知らんぷりを決め込み 検証することそれ自体は 声を上げずとも できるんだと気付けませんでした ゲイを理由にクリスチャン君が暴行された時 私は手をポケットに突っ込んで 視線を地面に向け 知らんふりして通り過ぎてしまいました まるで自分の閉じた唇にかけた鍵のようで あの時は何週間もロッカーを使えなかった 街角にいたホームレスの男が 私を眺め上げていたときは 自分には一瞥されるだけの価値があると 認めて欲しいと視線が訴えていました でも私は おやつのアップルをあげるより 手に持ったアップル製品に夢中でした チャリティパーティの際 ある女性に声をかけられました 「先生たちはすごいわ 貧乏で頭悪い子供に教えるって さぞかし大変な仕事だもの」 私は悔しさを堪えました 授業を続けるには明らかにその女性の寄付が 生徒たちの尊厳より大事だったからです

私たちは人が何を言ってるかに集中し過ぎて 何を言ってないかに注意を払っていません 沈黙は懸念のなごりです 自分は間違ってるのではないか? はらわたをねじり舌を切り落とすような感覚 胸から空気がすうっとなくなるような感覚 肺の中すら安全と感じられない 沈黙はすなわちルワンダの大虐殺であり 巨大ハリケーン・カトリナです 棺桶がたらないときに 聞こえてくるのは沈黙です 縄が首を締めあげた後の音です 汚名であり、鎖であり、誇りであり、痛みであるのが沈黙なのです 戦いが先にあなたを選んだなら 自分で戦いを選ぶ余裕などもてません

私の優柔不断さに 沈黙をとりつかせない 君は獅子なのだとクリスチャン君に言います 勇敢さと輝きのあふれる神聖な存在なのだと ホームレスには名前をたずね どんな一日だったかを訊きます なぜなら 一人の人間として認めてほしい それこそ時には誰もが願うことだからです 例の女性には 私の生徒は哲学者のように 哲学的議論ができると言い返します 『ザ・ワイヤー』を1話 見たからと言って 私の生徒のことを完全にわかった気になっちゃいけません だから今年こそ 何かを諦めるのではなく 毎日をきちんと生きていきます まるでマイクが 私を阻んでいたこの舌に いつだって向けられているかのように 声を上げて魂がキレイに保てるなら それを洗う石けんなんて誰も要らないでしょう?

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画