TED日本語 - フィリップ・ジンバルド: 普通の人が、どうやって怪物や英雄に変貌するか

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - フィリップ・ジンバルド: 普通の人が、どうやって怪物や英雄に変貌するか

TED Talks

普通の人が、どうやって怪物や英雄に変貌するか
The psychology of evil
フィリップ・ジンバルド
Philip Zimbardo

内容

フィリップ・ジンバルドは善良な人が悪人に変貌することは、いかに簡単かを理解しています。この講演で彼は、アブグレイブ事件の非公開写真やそこからの洞察を紹介します。それから、その対極について語ります:英雄になるのはいかに簡単かということ、どうすれば困難に際して立ち上がれるのかということを。

Script

Philosophers, dramatists, theologians have grappled with this question for centuries: what makes people go wrong? Interestingly, I asked this question when I was a little kid. When I was a kid growing up in the South Bronx, inner-city ghetto in New York, I was surrounded by evil, as all kids are who grew up in an inner city. And I had friends who were really good kids, who lived out the Dr. Jekyll Mr. Hyde scenario -- Robert Louis Stevenson. That is, they took drugs, got in trouble, went to jail. Some got killed, and some did it without drug assistance.

So when I read Robert Louis Stevenson, that wasn't fiction. The only question is, what was in the juice? And more importantly, that line between good and evil -- which privileged people like to think is fixed and impermeable, with them on the good side, and the others on the bad side -- I knew that line was movable, and it was permeable. Good people could be seduced across that line, and under good and some rare circumstances, bad kids could recover with help, with reform, with rehabilitation.

So I want to begin with this this wonderful illusion by [ Dutch ] artist M.C. Escher. If you look at it and focus on the white, what you see is a world full of angels. But let's look more deeply, and as we do, what appears is the demons, the devils in the world. And that tells us several things.

One, the world is, was, will always be filled with good and evil, because good and evil is the yin and yang of the human condition. It tells me something else. If you remember, God's favorite angel was Lucifer. Apparently, Lucifer means "the light." It also means "the morning star," in some scripture. And apparently, he disobeyed God, and that's the ultimate disobedience to authority. And when he did, Michael, the archangel, was sent to kick him out of heaven along with the other fallen angels. And so Lucifer descends into hell, becomes Satan, becomes the devil, and the force of evil in the universe begins.

Paradoxically, it was God who created hell as a place to store evil. He didn't do a good job of keeping it there though. So, this arc of the cosmic transformation of God's favorite angel into the Devil, for me, sets the context for understanding human beings who are transformed from good, ordinary people into perpetrators of evil.

So the Lucifer effect, although it focuses on the negatives -- the negatives that people can become, not the negatives that people are -- leads me to a psychological definition. Evil is the exercise of power. And that's the key: it's about power. To intentionally harm people psychologically, to hurt people physically, to destroy people mortally, or ideas, and to commit crimes against humanity. If you Google "evil," a word that should surely have withered by now, you come up with 136 million hits in a third of a second.

A few years ago -- I am sure all of you were shocked, as I was, with the revelation of American soldiers abusing prisoners in a strange place in a controversial war, Abu Ghraib in Iraq. And these were men and women who were putting prisoners through unbelievable humiliation. I was shocked, but I wasn't surprised, because I had seen those same visual parallels when I was the prison superintendent of the Stanford Prison Study.

Immediately the Bush administration military said ... what? What all administrations say when there's a scandal. "Don't blame us. It's not the system. It's the few bad apples, the few rogue soldiers." My hypothesis is, American soldiers are good, usually. Maybe it was the barrel that was bad. But how am I going to -- how am I going to deal with that hypothesis?

I became an expert witness for one of the guards, Sergeant Chip Frederick, and in that position, I had access to the dozen investigative reports. I had access to him. I could study him, have him come to my home, get to know him, do psychological analysis to see, was he a good apple or bad apple. And thirdly, I had access to all of the 1,000 pictures that these soldiers took. These pictures are of a violent or sexual nature. All of them come from the cameras of American soldiers. Because everybody has a digital camera or cell phone camera, they took pictures of everything. More than 1,000.

And what I've done is I organized them into various categories. But these are by United States military police, army reservists. They are not soldiers prepared for this mission at all. And it all happened in a single place, Tier 1-A, on the night shift. Why? Tier 1-A was the center for military intelligence. It was the interrogation hold. The CIA was there. Interrogators from Titan Corporation, all there, and they're getting no information about the insurgency. So they're going to put pressure on these soldiers, military police, to cross the line, give them permission to break the will of the enemy, to prepare them for interrogation, to soften them up, to take the gloves off. Those are the euphemisms, and this is how it was interpreted. Let's go down to that dungeon.

(Camera shutter) (Thuds) (Camera shutter) (Thuds) (Breathing) (Bells)

So, pretty horrific. That's one of the visual illustrations of evil. And it should not have escaped you that the reason I paired the prisoner with his arms out with Leonardo da Vinci's ode to humanity is that that prisoner was mentally ill. That prisoner covered himself with shit every day, and they used to have to roll him in dirt so he wouldn't stink. But the guards ended up calling him "Shit Boy." What was he doing in that prison rather than in some mental institution?

In any event, here's former Secretary of Defense Rumsfeld. He comes down and says, "I want to know, who is responsible? Who are the bad apples?" Well, that's a bad question. You have to reframe it and ask, "What is responsible?" Because "what" could be the who of people, but it could also be the what of the situation, and obviously that's wrongheaded.

So how do psychologists go about understanding such transformations of human character, if you believe that they were good soldiers before they went down to that dungeon? There are three ways. The main way is -- it's called dispositional. We look at what's inside of the person, the bad apples.

This is the foundation of all of social science, the foundation of religion, the foundation of war. Social psychologists like me come along and say, "Yeah, people are the actors on the stage, but you'll have to be aware of what that situation is. Who are the cast of characters? What's the costume? Is there a stage director?" And so we're interested in, what are the external factors around the individual -- the bad barrel? And social scientists stop there, and they miss the big point that I discovered when I became an expert witness for Abu Ghraib. The power is in the system. The system creates the situation that corrupts the individuals, and the system is the legal, political, economic, cultural background. And this is where the power is of the bad-barrel makers.

So if you want to change a person, you've got to change the situation. If you want to change the situation, you've got to know where the power is, in the system. So the Lucifer effect involves understanding human character transformations with these three factors. And it's a dynamic interplay. What do the people bring into the situation? What does the situation bring out of them? And what is the system that creates and maintains that situation?

So my book, "The Lucifer Effect," recently published, is about, how do you understand how good people turn evil? And it has a lot of detail about what I'm going to talk about today. So Dr. Z's "Lucifer Effect," although it focuses on evil, really is a celebration of the human mind's infinite capacity to make any of us kind or cruel, caring or indifferent, creative or destructive, and it makes some of us villains. And the good news story that I'm going to hopefully come to at the end is that it makes some of us heroes. This is a wonderful cartoon in the New Yorker, which really summarizes my whole talk: "I'm neither a good cop nor a bad cop, Jerome. Like yourself, I'm a complex amalgam of positive and negative personality traits that emerge or not, depending on the circumstances." (Laughter)

There's a study some of you think you know about, but very few people have ever read the story. You watched the movie. This is Stanley Milgram, little Jewish kid from the Bronx, and he asked the question, "Could the Holocaust happen here, now?" People say, "No, that's Nazi Germany, that's Hitler, you know, that's 1939." He said, "Yeah, but suppose Hitler asked you, 'Would you electrocute a stranger?' 'No way, not me, I'm a good person.' "He said, "Why don't we put you in a situation and give you a chance to see what you would do?"

And so what he did was he tested 1,000 ordinary people. 500 New Haven, Connecticut,500 Bridgeport. And the ad said, "Psychologists want to understand memory. We want to improve people's memory, because memory is the key to success." OK? "We're going to give you five bucks -- four dollars for your time." And it said, "We don't want college students. We want men between 20 and 50." In the later studies, they ran women. Ordinary people: barbers, clerks, white-collar people.

So, you go down, and one of you is going to be a learner, and one of you is going to be a teacher. The learner's a genial, middle-aged guy. He gets tied up to the shock apparatus in another room. The learner could be middle-aged, could be as young as 20. And one of you is told by the authority, the guy in the lab coat, "Your job as teacher is to give this guy material to learn. Gets it right, reward him. Gets it wrong, you press a button on the shock box. The first button is 15 volts. He doesn't even feel it." That's the key. All evil starts with 15 volts. And then the next step is another 15 volts. The problem is, at the end of the line, it's 450 volts. And as you go along, the guy is screaming, "I've got a heart condition! I'm out of here!"

You're a good person. You complain. "Sir, who's going to be responsible if something happens to him?" The experimenter says, "Don't worry, I will be responsible. Continue, teacher." And the question is, who would go all the way to 450 volts? You should notice here, when it gets up to 375, it says, "Danger. Severe Shock." When it gets up to here, there's "XXX" -- the pornography of power. (Laughter)

So Milgram asks 40 psychiatrists, "What percent of American citizens would go to the end?" They said only one percent. Because that's sadistic behavior, and we know, psychiatry knows, only one percent of Americans are sadistic. OK. Here's the data. They could not be more wrong. Two thirds go all the way to 450 volts. This was just one study. Milgram did more than 16 studies. And look at this. In study 16, where you see somebody like you go all the way,90 percent go all the way. In study five, if you see people rebel,90 percent rebel. What about women? Study 13 -- no different than men. So Milgram is quantifying evil as the willingness of people to blindly obey authority, to go all the way to 450 volts. And it's like a dial on human nature. A dial in a sense that you can make almost everybody totally obedient, down to the majority, down to none.

So what are the external parallels? For all research is artificial. What's the validity in the real world? 912 American citizens committed suicide or were murdered by family and friends in Guyana jungle in 1978, because they were blindly obedient to this guy, their pastor -- not their priest -- their pastor, Reverend Jim Jones. He persuaded them to commit mass suicide. And so, he's the modern Lucifer effect, a man of God who becomes the Angel of Death. Milgram's study is all about individual authority to control people. Most of the time, we are in institutions, so the Stanford Prison Study is a study of the power of institutions to influence individual behavior. Interestingly, Stanley Milgram and I were in the same high school class in James Monroe in the Bronx,1954.

So this study, which I did with my graduate students, especially Craig Haney -- we also began work with an ad. We didn't have money, so we had a cheap, little ad, but we wanted college students for a study of prison life. 75 people volunteered, took personality tests. We did interviews. Picked two dozen: the most normal, the most healthy. Randomly assigned them to be prisoner and guard. So on day one, we knew we had good apples. I'm going to put them in a bad situation.

And secondly, we know there's no difference between the boys who are going to be guards and the boys who are going to be prisoners. The kids who were going to be prisoners, we said, "Wait at home in the dormitories. The study will begin Sunday." We didn't tell them that the city police were going to come and do realistic arrests. (Video) Student: A police car pulls up in front, and a cop comes to the front door, and knocks, and says he's looking for me. So they, right there, you know, they took me out the door, they put my hands against the car. It was a real cop car, it was a real policeman, and there were real neighbors in the street, who didn't know that this was an experiment. And there was cameras all around and neighbors all around. They put me in the car, then they drove me around Palo Alto. They took me to the police station, the basement of the police station. Then they put me in a cell. I was the first one to be picked up, so they put me in a cell, which was just like a room with a door with bars on it. You could tell it wasn't a real jail. They locked me in there, in this degrading little outfit. They were taking this experiment too seriously.

Philip Zimbardo: Here are the prisoners who are going to be dehumanized. They're going to become numbers. Here are the guards with the symbols of power and anonymity. Guards get prisoners to clean the toilet bowls out with their bare hands, to do other humiliating tasks. They strip them naked. They sexually taunt them. They begin to do degrading activities, like having them simulate sodomy. You saw simulating fellatio in soldiers in Abu Ghraib. My guards did it in five days. The stress reaction was so extreme that normal kids we picked because they were healthy had breakdowns within 36 hours. The study ended after six days, because it was out of control. Five kids had emotional breakdowns.

Does it make a difference if warriors go to battle changing their appearance or not? Does it make a difference if they're anonymous, in how they treat their victims? We know in some cultures, they go to war, they don't change their appearance. In other cultures, they paint themselves like "Lord of the Flies." In some, they wear masks. In many, soldiers are anonymous in uniform. So this anthropologist, John Watson, found 23 cultures that had two bits of data. Do they change their appearance? 15. Do they kill, torture, mutilate? 13. If they don't change their appearance, only one of eight kills, tortures or mutilates. The key is in the red zone. If they change their appearance,12 of 13 -- that's 90 percent -- kill, torture, mutilate. And that's the power of anonymity.

So what are the seven social processes that grease the slippery slope of evil? Mindlessly taking the first small step. Dehumanization of others. De-individuation of Self. Diffusion of personal responsibility. Blind obedience to authority. Uncritical conformity to group norms. Passive tolerance to evil through inaction or indifference.

And it happens when you're in a new or unfamiliar situation. Your habitual response patterns don't work. Your personality and morality are disengaged. "Nothing is easier than to denounce the evildoer; nothing more difficult than understanding him," Dostoyevksy tells us. Understanding is not excusing. Psychology is not excuse-iology.

So social and psychological research reveals how ordinary, good people can be transformed without the drugs. You don't need it. You just need the social-psychological processes. Real world parallels? Compare this with this. James Schlesinger -- and I'm going to have to end with this -- says, "Psychologists have attempted to understand how and why individuals and groups who usually act humanely can sometimes act otherwise in certain circumstances." That's the Lucifer effect. And he goes on to say, "The landmark Stanford study provides a cautionary tale for all military operations." If you give people power without oversight, it's a prescription for abuse. They knew that, and let that happen.

So another report, an investigative report by General Fay, says the system is guilty. And in this report, he says it was the environment that created Abu Ghraib, by leadership failures that contributed to the occurrence of such abuse, and the fact that it remained undiscovered by higher authorities for a long period of time. Those abuses went on for three months. Who was watching the store? The answer is nobody, and, I think, nobody on purpose. He gave the guards permission to do those things, and they knew nobody was ever going to come down to that dungeon.

So you need a paradigm shift in all of these areas. The shift is away from the medical model that focuses only on the individual. The shift is toward a public health model that recognizes situational and systemic vectors of disease. Bullying is a disease. Prejudice is a disease. Violence is a disease. And since the Inquisition, we've been dealing with problems at the individual level. And you know what? It doesn't work. Aleksandr Solzhenitsyn says, "The line between good and evil cuts through the heart of every human being." That means that line is not out there. That's a decision that you have to make. That's a personal thing.

So I want to end very quickly on a positive note. Heroism as the antidote to evil, by promoting the heroic imagination, especially in our kids, in our educational system. We want kids to think, I'm the hero in waiting, waiting for the right situation to come along, and I will act heroically. My whole life is now going to focus away from evil -- that I've been in since I was a kid -- to understanding heroes.

Banality of heroism is, it's ordinary people who do heroic deeds. It's the counterpoint to Hannah Arendt's "Banality of Evil." Our traditional societal heroes are wrong, because they are the exceptions. They organize their whole life around this. That's why we know their names. And our kids' heroes are also wrong models for them, because they have supernatural talents. We want our kids to realize most heroes are everyday people, and the heroic act is unusual. This is Joe Darby. He was the one that stopped those abuses you saw, because when he saw those images, he turned them over to a senior investigating officer. He was a low-level private, and that stopped it. Was he a hero? No. They had to put him in hiding, because people wanted to kill him, and then his mother and his wife. For three years, they were in hiding.

This is the woman who stopped the Stanford Prison Study. When I said it got out of control, I was the prison superintendent. I didn't know it was out of control. I was totally indifferent. She came down, saw that madhouse and said, "You know what, it's terrible what you're doing to those boys. They're not prisoners, they're not guards, they're boys, and you are responsible." And I ended the study the next day. The good news is I married her the next year. (Laughter) (Applause) I just came to my senses, obviously.

So situations have the power to do, through -- but the point is, this is the same situation that can inflame the hostile imagination in some of us, that makes us perpetrators of evil, can inspire the heroic imagination in others. It's the same situation. And you're on one side or the other. Most people are guilty of the evil of inaction, because your mother said, "Don't get involved. Mind your own business." And you have to say, "Mama, humanity is my business."

So the psychology of heroism is -- we're going to end in a moment -- how do we encourage children in new hero courses, that I'm working with Matt Langdon -- he has a hero workshop -- to develop this heroic imagination, this self-labeling, "I am a hero in waiting," and teach them skills. To be a hero, you have to learn to be a deviant, because you're always going against the conformity of the group. Heroes are ordinary people whose social actions are extraordinary. Who act.

The key to heroism is two things. A: you've got to act when other people are passive. B: you have to act socio-centrically, not egocentrically. And I want to end with the story that some of you know, about Wesley Autrey, New York subway hero. Fifty-year-old African-American construction worker. He's standing on a subway in New York. A white guy falls on the tracks. The subway train is coming. There's 75 people there. You know what? They freeze. He's got a reason not to get involved. He's black, the guy's white, and he's got two little kids. Instead, he gives his kids to a stranger, jumps on the tracks, puts the guy between the tracks, lies on him, the subway goes over him. Wesley and the guy -- 20 and a half inches height. The train clearance is 21 inches. A half an inch would have taken his head off. And he said, "I did what anyone could do," no big deal to jump on the tracks.

And the moral imperative is "I did what everyone should do." And so one day, you will be in a new situation. Take path one, you're going to be a perpetrator of evil. Evil, meaning you're going to be Arthur Andersen. You're going to cheat, or you're going to allow bullying. Path two, you become guilty of the evil of passive inaction. Path three, you become a hero. The point is, are we ready to take the path to celebrating ordinary heroes, waiting for the right situation to come along to put heroic imagination into action? Because it may only happen once in your life, and when you pass it by, you'll always know, I could have been a hero and I let it pass me by. So the point is thinking it and then doing it.

So I want to thank you. Thank you. Thank you. Let's oppose the power of evil systems at home and abroad, and let's focus on the positive. Advocate for respect of personal dignity, for justice and peace, which sadly our administration has not been doing. Thanks so much. (Applause)

哲学者や劇作家 神学者達は 何世紀にも渡ってこの問題に取り組んできました 何が人の道を誤らせるのか 面白いことに この問題を 私は子供の頃に考えました 私の育った 南ブロンクスは ニューヨーク都心部のスラム街で すべての都心部で育った子供がそうだったように 私は悪に囲まれて育ちました 本当に善良な子供だった友人達は ロバート ルイス スティーヴンソンの「ジギル博士とハイド氏」のような人生を歩みました つまり ドラックをやり トラブルに巻き込まれ 刑務所に入りました 死んだ者もいます ドラック以外の理由で死んだ者もいます

だから 私がスティーヴンソンを読んだとき それはフィクションではなく 問題はジュースに入っていたのは何か? そして もっと重要なのは 善悪の境界線です -- 恵まれた人々は 自分は良い側で 線の向こうが悪人 境界線は不動で 水ももらさないと信じたがっています -- 私はその境界線が可動で 浸透性があることを知っていました 善良な人が線の向こうに誘惑されることもあります そして恵まれた まれな状況下で リハビリや矯正や支援によって 悪い子供が再生することもあります...

さて オランダ人アーティスト エッシャーの 素晴らしいだまし絵から始めたいと思います これを見て 白に集中すれば 天使でいっぱいの世界が見えます でも じっくりと見ていると次第に デーモンが見えてきます 悪魔の世界です これは私達に様々な事を暗示します

一つは 世界は善と悪に満ちている なぜなら善悪は 人の状態における陰陽だからです それはこうも言えます 皆さんもご存知ですね 神のお気に入りの天使はルシファーでした ルシファーは「光」を意味するそうです 聖書によっては 「夜明けの明星」とも意味します どうも彼は 神に従わなかったようで それは 権限への究極の反抗を意味します ルシファーが反抗したとき 彼を他の堕天使と共に 天国から追放するため 大天使ミカエルが遣わされました そしてルシファーは地獄に落ち サタンとなり 悪魔となって そこから宇宙の悪の力が始まります

云わば 悪を保管する場所として地獄を創ったのは神でした 悪を閉じ込めて置くことは出来ませんでした この 神様のお気に入りの天使が 悪魔へと 宇宙的変化を遂げる行為は 私に 普通の善人から悪の根源へ 変貌する人間性を理解する為の 状況を設定してくれます

ルシファー効果は 否定的な面に焦点を置きますが -- 人がなり得る否定的な一面のことで 人の存在の否定ではありません -- 心理学的な定義が導かれます:悪は力の行使です それが鍵なのです:パワーの問題なのです 人々を故意に精神的に傷つけ 身体的に傷つけ 人々やアイデアを致命的に破壊します そして 人道に反する罪を犯します もしグーグルで「悪」という単語を検索すれば 3分の1秒で1億3600万のヒットがでます

数年前 -- 論議を呼んでいた戦争のさなか 見知らぬ場所で アメリカ兵による囚人の虐待が暴露されたとき 私と同じく皆さんもショックを受けたことでしょう それは イラクのアブグレイブでした これが 囚人達に 信じ難いような屈辱を経験させていた 男女 私はショックを受けましたが 驚きませんでした それは スタンフォード刑務所実験の本部長だった時 これと瓜二つの映像を見たことがあったからです

すぐに ブッシュ政権は言いました スキャンダルがあると 皆同じ事を言います 我々は悪くない システムのせいではなく 腐ったリンゴが 少数の悪い兵士がまざっていただけだ」 私の仮説は アメリカ人兵士は通常は善人だというものです 多分 腐っていたのは樽のほうでしょう でも どうやってその仮説を証明できるでしょう?

私は 警備員の一人 チップ フレデリック軍曹の鑑定人になり 職務として多数の調査報告書を見ました 私は彼と面会し 観察し 家に招いて彼のことを知り 良悪を調べるために精神鑑定をしました 3番目に 兵士達が撮影した 千枚の写真すべて見ました それは暴力的か性的なものでした 全てアメリカ兵のカメラで撮られたものです 皆 デジカメやカメラ付携帯電話を持っており 彼らは写真を千枚以上撮っていました

私はそれを いろんなカテゴリーに分けました 彼らは憲兵隊の予備役兵で この任務の訓練を受けた兵士ではありません 事件は夜勤時の地下階層1Aのみで起こりました なぜでしょう?1Aは 軍事情報の中心地でした 尋問が行われる場所で CIAもそこに居ました Titan Corporation からの取調官も居ました 皆です 取調官たちは反乱に関する情報を全く得られておらず 現場の兵士や憲兵に圧力をかけて 一線を越えさせてしまったのです やつらの意志を砕け 尋問に備えさせるんだ 弱らせろ 自己制御をはずさせるんだ 遠回しの表現で言い それが 解釈された結果がこれです その地下牢を見てみましょう

2003年 アブグレイブ刑務所 憲兵隊の写真 ... 裸や暴力的なイメージが含まれます (鈍い音) (カメラのシャッター音) (鈍い音) (息遣いの音) (ベルの音)

ひどく残酷です 悪というものを映像化して示した一例です これを見逃さないでください 私が レオナルド ダ ヴィンチの人体図と 手を広げている囚人を組み合わせた理由は この囚人が精神障害者だったからです 彼は毎日自分の体を糞便で塗りたくり 警備員達は彼を泥の中でころがして臭いを消していました そして彼らはこの囚人を彼をクソ坊主と呼んでいました 彼は精神科の病院に入らず その刑務所で何をしていたのでしょう?

いずれにしても 元国防長官ラムズフェルドは 現場に来てこう言います「責任者は誰だ?腐ったリンゴは誰だ?」 この質問は間違っています 本当は こう聞くべきです「何が原因か?」 なぜならば 「何」は人を指すかもしれませんが 状況を指すのかもしれません これは明らかに問題意識の取り違えです

心理学者はこのような人間の性質の変貌を 理解するのにどういう手段をとるのでしょう もし これらの兵士達が 迷宮に落ちる前は 善良な兵士達だったと信じるなら? 3つの方法があります 主流は属性帰属です 人の すなわち腐ったリンゴの内面を見る方法です

これはすべての 社会科学の基盤であり 宗教の基盤 そして戦争の基盤です 私のような社会心理学者が登場すると こんなことを言います 「もちろん 人は舞台役者です むしろ 状況を把握しなければいけません」 役柄の性格は誰ですか?コスチュームは何ですか? 舞台監督はいますか? 私達は 外部要素にこそ関心があります 個人を取り巻くもの 腐った樽? 社会科学者はそこで止めてしまい 大事な観点を見逃しました アブグレイブの鑑定人になった時に私が発見した大事な観点です 権力はシステムの中にあります システムが個人が堕落する状況を作ります そのシステムとは 法や政治 経済や文化的背景です 権力は システムの中で腐った樽を作ってしまいます

もし 人を変えたければ 状況を変えることです もし状況を変化させたければ システム上の権力は何処にあるかを知るべきです ルシファー効果は人間の人格変貌と これらの三つの要素への理解を含みます それは ダイナミックな相互作用です 人は状況に何をもたらすか? その見返りに状況が人にもたらすものは? その状況を創り上げ 保持しているシステムとは?

出版されたばかりの 私の著書「ルシファー効果」は 善人が悪人に変貌するところを どう理解するか論じています そして 今日私がお話しすることについて 詳細がふんだんに書かれています。 Z博士の「ルシファー効果」は悪に焦点を置いていますが 本当は人間の心の無限の能力を祝福するものです 誰もが 親切にも冷酷にも 親身にも無関心にも 創造的にも破壊的にも成り得ます 悪人になる者も何人かいます 最後にたどり着きたいと考えている良い話があります 中にはヒーローになる者もいます この「ニューヨーカー」の面白いマンガに 私の話の全てが要約されています 「俺は善い警官でも悪い警官でもないんだ ジェローム あんたと一緒で 正と負の性格が 複雑に混じり合った合成物質でね 状況にしたがって どっちかが出てくるってわけさ」 (笑)

ここに皆さんのうち何人かは知っている実験があります 物語を読んだ人は少ないでしょうが 映画をご覧になったでしょう これは スタンレー ミルグラム ブロンクスでユダヤ人の子供として育ちました 彼は問いました「今 ここで ホロコーストは起こりうるか?」 人々は言います「いいや それは ドイツのナチだよ それはヒットラーだ 1939年の事だ」 彼は聞きます 「だけど もしヒットラーが命令したら 知らない人を感電死させられる?」 「できないよ 私は善人だ」 彼は言いました「あなたをそういう状況下において どういう行動にでるか試してみましょうか?」

そして 彼は 1000人の普通の人に実験を行いました 500人はニューヘーヴンとコネティカット 500人はブリッジポート 広告の文句は「心理学者は記憶について理解しようとしています 人々の記憶を良くするため なぜなら 記憶は成功への鍵を握ります」いいですか? 「私達はあなたに5ドル -- 4ドルをあなたの時間に支払います」 そしてこうも言いました「大学生はお断り 20歳から50歳までの男性募集」 -- 後半には女性対象にも実験しました -- 普通の人々:床屋、事務職員、ホワイトカラーの人々

そこに行くと 一人は生徒役で 一人は教師役になります 学習者は 温厚な 中年の人です 彼は もう一つの部屋でショック装置に縛られます 学習者は中年だったり また二十歳くらいの青年だったりしました そして 白衣を着た権威者が教師役に指示します 「教師としてのあなたの仕事は この人に学ぶ材料を与えること 正しければ報酬をあたえる 間違えれば 感電箱のボタンを押す 最初のボタンは15ボルトで 彼は何も感じないだろう」 これが重要です 全ての悪は15ボルトから始まります そして次の段階では あと15ボルト追加します そうやっていくと 450 ボルトまで行きます そこが問題なのです 実験が進むにしたがって 男性は叫び声をあげます 「心臓がおかしい ここから出してくれ!」

善良な教師役は 当局に文句をいいます 「彼に何かあったら 誰が責任を取るんですか?」 研究者は言います「心配するな 私が責任を取る 続けてくれ 先生」 問題は 誰が450ボルトまで上げるか? 375ボルトのところには 「危険 激しいショック」と書かれています ここまで来ると「XXX」:ポルノ的ショックです (笑)

ミルグラムは40人の精神科医に尋ねました 「何パーセントのアメリカ人が最後まで行くと思う?」 彼らは1パーセントと答えました これは虐待行為であり アメリカ人のうち加虐的なのは1パーセントだと知られています ここにデータがあります 彼らは全く間違ってました 3分の2が450ボルトまで行ったのです 一回目の実験で ミルグラムは16回以上の実験を実施しましたが これを見てください 16回目の実験では 90パーセントが あなた方のような人たちも最後まで行きます 5回目の実験では ご覧の様に 90パーセントが抵抗しました 女性はどうでしょう? 実験13 男性と変わりません 盲目的に権威に服従して450ボルトまで行ってしまう人の 悪の度合をミルグラムは数値化しました それは人の摂理における目盛盤のようなものです 目盛盤とは言ってみれば ほとんど誰もが服従する状態から 大半がまったく従わない状態までが刻まれた目盛りです

実験と世の中とはどこでつながるのか すべての研究は人工的です 現実の世界での正当性はどれくらいでしょう? 1978年に 912人のアメリカ国民が ガイアナジャングルで 家族や友人によって殺されたり自殺しました なぜなら 彼らは この男 彼らの牧師に盲目的に従ったからです 聖職者ではありません 牧師のジム・ジョーンズ師です 彼は 集団自殺を行うよう彼らを説得しました 彼は現代のルシファー効果です 聖人が 死の天使になります ミルグラムの実験では 個人の権威が人をコントロールすることがわかります 人はほとんどの時間を組織の一員として過ごします スタンフォード刑務所実験は 個人の行動に影響を及ぼす 組織の権威の研究です 面白いことに スタンリー・ミルグラムと私は 1954年 ブロンクスの ジェームズ・モンローで同じ高校のクラスメイトでした

私の この実験は 大学院生たちと行いました 中でもクレイグ・ヘイニー 私達も 広告を出すことから初めました お金があまりなかったので 小さな 安い広告を出しました 刑務所暮らしの実験に参加する大学生を募りました 75人の志願があり 性格検査をして インタビューを行い 一番正常で 健康な 24人を採用しました 無作為に囚人と警備員を割付けしました そして 実験一日目 私達は良いリンゴ達と実験を始めたのです 私は彼らを悪状況下に置きます

2番目に 私達は 警備員になる少年と 囚人になる少年達の間に 何の違いもないことも知っていました 私達は彼らに言いました 「自宅や寄宿舎で待ってください 実験は日曜日に始めます」 私達が言わなかったのは 本物の市警察が実際に逮捕をしに来るということです パトカーが前に止まって 警官が玄関を叩き 僕を探していると言いました そして そこで 彼らは僕を玄関の外に連れて行き 両手を車に押し付けました それは本物のパトカーで 本物の警官でした そして これが実験などと知らない 本物の近所の人が通りにいました カメラが至るところにあって 隣人が至る所にいました 彼らは僕を車におしこみ パロ・アルトの辺りを通って行きました 警察署に着くと 地下に連れて行かれ 独房に入れられました 僕が最初につれてこられたので独房に入れられました それはまるで ドアに格子が付いた部屋のようでした 本当の監獄だと思いました 彼らは僕をそこに閉じ込めました 下劣な小さな部屋に 彼らはこの実験を真面目にやりすぎでした...

ここに人間性を奪われていく囚人がいて 彼らは 番号となる 権力と匿名のシンボルである警備員がここにいて 警備員は囚人に トイレ掃除を素手でさせ 屈辱的な仕事をさせる 彼らをはいで裸にし 性的に彼らを屈辱します 彼らは 同性愛を強要するなど 名誉を傷つける行動を強要し始めます アブグレイブの兵士がフェラチオのマネをするのを見ましたね 私の警備員は5日でそうなりました ストレス反応は とても極端でした 健康だったから採用した普通の子供は 36時間以内に衰弱しきりました 実験は6日後目で終了しました 制御できなくなったからです 5人の子供は 精神的に衰弱しきっていました

戦士が戦場に向かう際 彼らの外見を変化させるのと なにか違いがありますか? 彼らの匿名性が 犠牲者の扱い方に 何か違いを生じさせたでしょうか? 中には 戦争に行くとき 容姿を変えない文化もあります 他の文化では 彼ら自身を「ハエの王(悪魔)」のように化粧します また マスクをかぶる文化もあります 兵士達の多くは 制服という匿名性を身につけます それで この人類学者 ジョン・ワトソンが 23の文化を2つの軸で整理しました 彼らは容姿を変えるか? 15 彼らは、殺し、拷問、切断するか? 13 もし彼らが容姿を変えなければ 8のうち殺したり 拷問したり 切断するのは たった1のみです 鍵は赤いゾーンにあります 彼らが容姿を変えれば 13のうち12 -- 90パーセント -- が殺し 拷問し 切断する それが 匿名の力です

滑りやすい坂に油を塗るような 7つの社会的プロセスは何でしょう 考えもなく最初の小さなステップを踏むこと 他人の人間性を剥ぎ取り 自身の没個性化を図る 個人の責任を曖昧にし 権限へ盲目的に服従する グループの基準には無批判に従う 怠慢や無関心によって受動的に悪を許容する

そして それは 初めてや 良く知らない状況で起こるのです あなたの習慣的反応パターンが働きません あなたの個性と道徳が遊離します 「悪人を非難することほど 簡単なことはなく 彼を理解することほど 難しいことはない」と ドフトエフスキーは言います 理解することは言い訳をすることではありません 心理学は弁明論ではありません

社会学や心理学の研究は 普通の善良な人が 薬物によらずに どのように変容させられるかを明らかにします 薬なんて必要ではないのです 社会的 心理的なプロセスで充分なのです 現実の世界を反映しているか?この写真とこの写真を比べてください ジェームズ・シュレジンガは言います 「心理学者は 通常 人道的に振舞う個人やグループが 時々特定の状況で 人道的でない振る舞いを行う理由を 理解しようとしました」 それが ルシファー効果です 「スタンフォードの研究は画期的であり 得られた教訓はすべての軍事活動にあてはまります」 もしあなたが監督なしで 誰かに権威を与えれば それは虐待への処方です 彼らはそれを知っていて 起こるがままにしました

他の報告書 フェイ陸軍少将による調査報告で 彼は言います 悪いのはシステムだ アブグレイブを作り上げたのはその環境だ そのような虐待の発生に関与したのは リーダーシップの失敗 そして 長い間 上層部から 発覚されなかったという事実... それらの虐待は 3ヵ月に続きました 誰が監視していたのでしょう? 誰も見ていませんでした。意図して見ていた者は誰もいなかったと思われます。 彼は 警備員にそれらの行為の許可を与えました そして 彼らは 決して誰も その地下牢に降りないと知っていました

これらすべての領域でパラダイム変化が必要です 変化は 個人のみに焦点を置いた 医学的モデルからは離れていきます 状況やシステムが病気の媒介となることを認識した 公衆衛生モデルに向かった変化です いじめは病気です 偏見は病気です 暴力は病気です そして宗教裁判からずっと 私達は個人のレベルで問題に対処してきました ご存知ですね? うまくいきませんでした アレクサンドル・ソルジェニーツィンが 善悪の境界線は あらゆる人間の心の中にある といいます つまり 境界線は外にはないのです それは あなたが決めなくてはならないこと 個人的なものです

最後に手短に 前向きなお話をして終わりたいと思います 悪に対する特効薬としてのヒロイズム 教育制度において特に子供達に 英雄的想像力を促進することによって 私達は子供達に こう思って欲しいのです 僕は待機中のヒーローで いざそういう状況が来たら ヒーローとして行動する 私の人生の焦点は 子供の頃から付き合ってきた悪から離れて ヒーローを理解することに絞ります

そして彼らの言う英雄的資質とは 英雄的な行為をする普通の人々です それは、ハンナ・アーレントの「悪の陳腐性」とは対照的な立場をとります 我々の伝統的な社会的英雄は間違っています なぜなら彼らがは例外的だからです 彼らの人生は英雄的行為に重点を置いています だから私達は彼らの名前を知っているのです そして 子供達のヒーローは 彼らの人生の手本でもあります なぜなら 彼らには超自然的才能があるからです 私達は 子供達にヒーローとは殆どが普通の人で 英雄的行為は 非日常的だと理解して欲しいのです これは、ジョー・ダービーです 彼が あなたが見た虐待を止めた男です 彼はその映像を見たとき それを上級調査官に渡しました 彼は下等兵で それが止めました 彼は英雄ですか? いいえ 彼は隠れなければなりませんでした なぜなら人々は彼や 彼の母親 妻に危害を加える恐れがありました 3年間 彼らは隠れていました

これは スタンフォード刑務所実験を止めた女性です 実験が制御できなくなったと言いましたが 私は実験の最高責任者でした 私は それが制御不能に陥っていることを知らず 全く無関心でした 彼女はその混乱した場所を見て 言いました 「あなたが あの男子生徒のしているのはひどいことだわ 彼らは囚人じゃなければ 警備員でもなく 少年なのよ そしてあなたは責任者なのよ」 そして 私は翌日に実験を取りやめました 幸運なことに 私は彼女と翌年結婚しました (笑) (拍手) 明らかに 私はまともな感覚を取り戻したようです

状況には力があります 大事なことは 同じ状況というものが 人によっては悪意の想像力をかきたてたり 私達を悪の加害者にしたり 別の人には英雄的な想像力を刺激します 同じ状況がそうするのです あなたはこちら側かあちら側にいます 怠慢の悪を問われると有罪になる人が多いでしょう 母親は言うでしょう 「係わり合いにならないで 自分のことだけやってなさい」 あなたは「お母さん 人間性は私の問題です」と言うべきです

英雄の心理学とは -- すぐ終わります -- 子供達にどうやって 新しい英雄コースを奨励するか 私はマット・ラングドン-- 彼は英雄ワークショップを催しています -- と一緒に 「私は待機中の英雄」という英雄的な想像力や 自己暗示を 与える方法を開発し 教えています ヒーローになるには はみ出し者になることを学ぶ必要があります なぜなら あなたはいつもグループの服従に逆らうことになるからです 英雄とは 驚くべき社会活動ができる一般人です 行動力があります

英雄の鍵は 2つあります A: 他の人が受身なとき あなたは行動しなければなりません B: あなたは 自分中心でなく 社会中心的に行動しなければなりません 最後に あなたがた何人かはご存知の物語で終わりにします ニューヨーク地下鉄の英雄 ウェスリー・オートリー についてです 50才のアフリカ系アメリカ人の建設労働者 彼は ニューヨークの地下鉄で電車を待っていたとき 白人の人が線路に落ちました 地下鉄は近づいてきます 75人の人がいました みんな凍りつきます 彼には 係わらない理由がありました 彼は黒人で 落ちた人は白人 それに彼は2人の小さい子供と一緒でした でも彼は 知らない人に子供を預け 線路に飛び降り 白人男性を線路の間に入れ 彼の上に横になり 地下鉄は彼の上を通過しました ウェスリーと白人男性 : 高さ20インチ半(52cm)です 電車の隙間は 21インチ(53.3cm)です あと半インチ(1.3cm)で 彼の頭は飛ぶところでした 彼は言いました「私は 誰でも出来ることをしたんだ」 線路に飛び降りるなんて分けないことさ

そして 道徳的な義務としては「私は 誰もが なすべきことをしたまでのこと」です ある日 あなたは新しい状況下にいます 進路1を取れば あなたは悪の犯人になります 悪という意味は あなたはアーサー・アンダーセンになります 不正行為をするか それとも弱いものイジメを見過ごすか 進路2: 受動的な不作為の罪で有罪となります 進路3: あなたは英雄になります 要点は 普通の人であるヒーローが 機会の到来をとらえて、イメージを行動に移す そんな進路を取る 準備ができていますか? なぜなら それは人生一度しか起こらないかもしれません もしそれを見過ごせば あなたはいつも思うでしょう ヒーローになれたはずなのに 私はそれを見過ごした 要点は まず考えていて それからそれを行うこと

みなさんにお礼申し上げます ありがとう ありがとう 国内外での凶悪なシステムの力に抵抗して 良い面に焦点を置きましょう 個人の尊厳に敬意を払い 正義と平和を提唱しましょう 悲しいことに 私達の政府は そうではありませんが どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画