TED日本語 - ナンシー・エトコフ: 幸せとは、いったい何か

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ナンシー・エトコフ: 幸せとは、いったい何か

TED Talks

幸せとは、いったい何か
Happiness and its surprises
ナンシー・エトコフ
Nancy Etcoff

内容

認知科学を研究する、ナンシー・エトコフが幸せについて語ります -- もっと幸せになろうとする私たちの努力、幸せが実際の状況に結びつかない現実、思いもよらなかった幸せの身体への影響を考えます。

Script

This is called Hooked on a Feeling: The Pursuit of Happiness and Human Design. I put up a somewhat dour Darwin, but a very happy chimp up there. My first point is that the pursuit of happiness is obligatory. Man wishes to be happy, only wishes to be happy, and can not wish not to be so. We are wired to pursue happiness, not only to enjoy it, but to want more and more of it.

So given that that's true, how good are we at increasing our happiness? Well, we certainly try. If you look on the Amazon site, there are over 2,000 titles with advice on the seven habits, the nine choices, the 10 secrets, the 14,000 thoughts that are supposed to bring happiness. Now another way we try to increase our happiness is we medicate ourselves. And so there's over 120 million prescriptions out there for antidepressants. Prozac was really the first absolute blockbuster drug. It was clean, efficient, there was no high, there was really no danger, it had no street value. In 1995, illegal drugs were a $ 400 billion business, representing eight percent of world trade, roughly the same as gas and oil.

These routes to happiness haven't really increased happiness very much. One problem that's happening now is, although the rates of happiness are about as flat as the surface of the moon, depression and anxiety are rising. Some people say this is because we have better diagnosis, and more people are being found out. It isn't just that. We're seeing it all over the world. In the United States right now there are more suicides than homicides. There is a rash of suicide in China. And the World Health Organization predicts by the year 2020 that depression will be the second largest cause of disability.

Now the good news here is that if you take surveys from around the world, we see that about three quarters of people will say they are at least pretty happy. But this does not follow any of the usual trends. For example, these two show great growth in income, absolutely flat happiness curves.

My field, the field of psychology, hasn't done a whole lot to help us move forward in understanding human happiness. In part, we have the legacy of Freud, who was a pessimist, who said that pursuit of happiness is a doomed quest, is propelled by infantile aspects of the individual that can never be met in reality. He said, "One feels inclined to say that the intention that man should be happy is not included in the plan of creation." So the ultimate goal of psychoanalytic psychotherapy was really what Freud called ordinary misery.

(Laughter)

And Freud in part reflects the anatomy of the human emotion system -- which is that we have both a positive and a negative system, and our negative system is extremely sensitive. So for example, we're born loving the taste of something sweet and reacting aversively to the taste of something bitter. We also find that people are more averse to losing than they are happy to gain. The formula for a happy marriage is five positive remarks, or interactions, for every one negative. And that's how powerful the one negative is. Especially expressions of contempt or disgust, well you really need a lot of positives to upset that.

I also put in here the stress response. We're wired for dangers that are immediate, that are physical, that are imminent, and so our body goes into an incredible reaction where endogenous opioids come in. We have a system that is really ancient, and really there for physical danger. And so over time, this becomes a stress response, which has enormous effects on the body. Cortisol floods the brain; it destroys hippocampal cells and memory, and can lead to all kinds of health problems.

But unfortunately, we need this system in part. If we were only governed by pleasure we would not survive. We really have two command posts. Emotions are short-lived intense responses to challenge and to opportunity. And each one of them allows us to click into alternate selves that tune in, turn on, drop out thoughts, perceptions, feelings and memories. We tend to think of emotions as just feelings. But in fact, emotions are an all-systems alert that change what we remember, what kind of decisions we make, and how we perceive things.

So let me go forward to the new science of happiness. We've come away from the Freudian gloom, and people are now actively studying this. And one of the key points in the science of happiness is that happiness and unhappiness are not endpoints of a single continuum. The Freudian model is really one continuum that, as you get less miserable, you get happier. And that isn't true -- when you get less miserable, you get less miserable. And that happiness is a whole other end of the equation. And it's been missing. It's been missing from psychotherapy. So when people's symptoms go away, they tend to recur, because there isn't a sense of the other half -- of what pleasure, happiness, compassion, gratitude, what are the positive emotions. And of course we know this intuitively, that happiness is not just the absence of misery. But somehow it was not put forward until very recently, seeing these as two parallel systems. So that the body can both look for opportunity and also protect itself from danger, at the same time. And they're sort of two reciprocal and dynamically interacting systems.

People have also wanted to deconstruct. We use this word "happy," and it's this very large umbrella of a term. And then three emotions for which there are no English words: fiero, which is the pride in accomplishment of a challenge; schadenfreude, which is happiness in another's misfortune, a malicious pleasure; and naches, which is a pride and joy in one's children. Absent from this list, and absent from any discussions of happiness, are happiness in another's happiness. We don't seem to have a word for that. We are very sensitive to the negative, but it is in part offset by the fact that we have a positivity.

We're also born pleasure-seekers. Babies love the taste of sweet and hate the taste of bitter. They love to touch smooth surfaces rather than rough ones. They like to look at beautiful faces rather than plain faces. They like to listen to consonant melodies instead of dissonant melodies. Babies really are born with a lot of innate pleasures. There was once a statement made by a psychologist that said that 80 percent of the pursuit of happiness is really just about the genes, and it's as difficult to become happier as it is to become taller. That's nonsense. There is a decent contribution to happiness from the genes -- about 50 percent -- but there is still that 50 percent that is unaccounted for.

Let's just go into the brain for a moment, and see where does happiness arise from in evolution. We have basically at least two systems here, and they both are very ancient. One is the reward system, and that's fed by the chemical dopamine. And it starts in the ventral tegmental area. It goes to the nucleus accumbens, all the way up to the prefrontal cortex, orbital frontal cortex, where decisions are made, high level. This was originally seen as a system that was the pleasure system of the brain. In the 1950s, Olds and Milner put electrodes into the brain of a rat. And the rat would just keep pressing that bar thousands and thousands and thousands of times. It wouldn't eat. It wouldn't sleep. It wouldn't have sex. It wouldn't do anything but press this bar. So they assumed this must be, you know, the brain's orgasmatron.

It turned out that it wasn't, that it really is a system of motivation, a system of wanting. It gives objects what's called incentive salience. It makes something look so attractive that you just have to go after it. That's something different from the system that is the pleasure system, which simply says, "I like this." The pleasure system, as you see, which is the internal opiates, there is a hormone oxytocin, is widely spread throughout the brain. Dopamine system, the wanting system, is much more centralized.

The other thing about positive emotions is that they have a universal signal. And we see here the smile. And the universal signal is not just raising the corner of the lips to the zygomatic major. It's also crinkling the outer corner of the eye, the orbicularis oculi. So you see, even 10-month-old babies, when they see their mother, will show this particular kind of smile. Extroverts use it more than introverts. People who are relieved of depression show it more after than before. So if you want to unmask a true look of happiness, you will look for this expression.

Our pleasures are really ancient. And we learn, of course, many, many pleasures, but many of them are base. And one of them, of course, is biophilia -- that we have a response to the natural world that's very profound. Very interesting studies done on people recovering from surgery, who found that people who faced a brick wall versus people who looked out on trees and nature, the people who looked out on the brick wall were in the hospital longer, needed more medication, and had more medical complications. There is something very restorative about nature, and it's part of how we are tuned.

Humans, particularly so, we're very imitative creatures. And we imitate from almost the second we are born. Here is a three-week-old baby. And if you stick your tongue out at this baby, the baby will do the same. We are social beings from the beginning. And even studies of cooperation show that cooperation between individuals lights up reward centers of the brain. One problem that psychology has had is instead of looking at this intersubjectivity -- or the importance of the social brain to humans who come into the world helpless and need each other tremendously -- is that they focus instead on the self and self-esteem, and not self-other. It's sort of "me," not "we." And I think this has been a really tremendous problem that goes against our biology and nature, and hasn't made us any happier at all.

Because when you think about it, people are happiest when in flow, when they're absorbed in something out in the world, when they're with other people, when they're active, engaged in sports, focusing on a loved one, learning, having sex, whatever. They're not sitting in front of the mirror trying to figure themselves out, or thinking about themselves. These are not the periods when you feel happiest. The other thing is, that a piece of evidence is, is if you look at computerized text analysis of people who commit suicide, what you find there, and it's quite interesting, is use of the first person singular -- "I," "me," "my," not "we" and "us" -- and the letters are less hopeless than they are really alone. And being alone is very unnatural to the human. There is a profound need to belong.

But there are ways in which our evolutionary history can really trip us up. Because, for example, the genes don't care whether we're happy, they care that we replicate, that we pass our genes on. So for example we have three systems that underlie reproduction, because it's so important. There's lust, which is just wanting to have sex. And that's really mediated by the sex hormones. Romantic attraction, that gets into the desire system. And that's dopamine-fed. And that's, "I must have this one person." There's attachment, which is oxytocin, and the opiates, which says, "This is a long-term bond." See the problem is that, as humans, these three can separate. So a person can be in a long term attachment, become romantically infatuated with someone else, and want to have sex with a third person.

The other way in which our genes can sometimes lead us astray is in social status. We are very acutely aware of our social status and always seek to further and increase it. Now in the animal world, there is only one way to increase status, and that's dominance. I seize command by physical prowess, and I keep it by beating my chest, and you make submissive gestures. Now, the human has a whole other way to rise to the top, and that is a prestige route, which is freely conferred. Someone has expertise and knowledge, and knows how to do things, and we give that person status. And that's clearly the way for us to create many more niches of status so that people don't have to be lower on the status hierarchy as they are in the animal world.

The data isn't terribly supportive of money buying happiness. But it's not irrelevant. So if you look at questions like this, life satisfaction, you see life satisfaction going up with each rung of income. You see mental distress going up with lower income. So clearly there is some effect. But the effect is relatively small. And one of the problems with money is materialism. What happens when people pursue money too avidly, is they forget about the real basic pleasures of life. So we have here, this couple. "Do you think the less-fortunate are having better sex?" And then this kid over here is saying, "Leave me alone with my toys." So one of the things is that it really takes over. That whole dopamine-wanting system takes over and derails from any of the pleasure system.

Maslow had this idea back in the 1950s that as people rise above their biological needs, as the world becomes safer and we don't have to worry about basic needs being met -- our biological system, whatever motivates us, is being satisfied -- we can rise above them, to think beyond ourselves toward self-actualization or transcendence, and rise above the materialist.

So to just quickly conclude with some brief data that suggests this might be so. One is people who underwent what is called a quantum change: they felt their life and their whole values had changed. And sure enough, if you look at the kinds of values that come in, you see wealth, adventure, achievement, pleasure, fun, be respected, before the change, and much more post-materialist values after. Women had a whole different set of value shifts. But very similarly, the only one that survived there was happiness. They went from attractiveness and happiness and wealth and self-control to generosity and forgiveness.

I end with a few quotes. "There is only one question: How to love this world?" And Rilke, "If your daily life seems poor, do not blame it; blame yourself. Tell yourself that you are not poet enough to call forth its riches." "First, say to yourself what you would be. Then do what you have to do."

Thank you. (Applause)

「感情のとりこ:幸せの追求と人間の構造」についてお話します これは少し気難しい顔のダーウィンと とてもうれしそうなチンパンジーです 第一のポイントは 幸せの追求は避けられないということです 人間は幸せになりたい ただ幸せでありたいもので そうでありたくないとは願えないものなのです 私たちは幸せを追い求めるように創られています 幸せになっても それ以上を求めるものです

それが本当だとすると もっと幸せになるなんて そう上手くいくのでしょうか? もちろん 皆 努力はしています Amazon で幸せになるための本を探すと 「7つの習慣」 「9つの選択」 「10の秘密」「1400 のアイディア」等 二千冊以上の本がみつかります また 幸せになるために 薬に頼る人もいます アメリカでは現在 一億二千万以上の抗うつ剤の処方箋が発行されています その中でも プロザックは初の一大ヒット商品です 相互作用が少なく 効果的でハイになるわけでもなく 特に危険性もなく 闇取引での価値もない薬です 1995年当時 違法ドラッグは4000億ドル規模のビジネスでした これはガスと石油の合計とほぼ同じ値の 世界貿易の8パーセントを占めていました

これらの方法が私たちをより幸せにしたとはいえません 現在みられる問題の一つは 幸福度は月面のように まっ平らで変わらないのに比べ うつ病や情緒不安の数が増えていることです 診断の方法が進歩したために 患者が増加したという説もありますが そうとは言い切れません この傾向は世界的にみられます 現在アメリカでは 自殺の数が他殺の数を上回っています 中国でも自殺は後をたちません WHO の試算では 2020年までに うつ病は 能力障害の 二番目の原因になるそうです

幸いなことに 世界各国の調査では 4分の3 にあたる人たちが 「自分はまあまあ幸せである」と答えています でもこれは通常見られる傾向とは違います 例えば この二つのグラフで 収入は伸びていますが 幸せの伸びははまっ平らです

私の専門である心理学は 大して幸せの理解に 貢献してきたとはいえません その一因は 悲観的なフロイトから受け継いだ見解です 幸せの追求は無駄で 子供じみた個人の夢であり 現実に叶うことはないというものです 彼はこうも言っています 「人間が幸せになるべきだという考えは 創造の計画に含まれていなかったと言ってもよいだろう」 だとすると 精神分析による精神治療の目的自体 フロイトの言う「日常的な不幸」だったわけです

(笑)

フロイトの考えはある意味で 人間の感情システムの構造を反映しています 人間にはポジティブとネガティブのシステムがあって ネガティブのシステムは 非常に敏感です 私たちは生まれつき甘いものを好み 苦いものは反射的に避けようとします 何かを失うことに対しての嫌悪感は 得る事に対しての幸せより強いものです 幸せな結婚の公式は ポジティブな言葉や関係 5 に対して ネガティブなものは1と言われます 1つのネガティブなものの影響はそのくらい大きなものなのです 特に軽蔑や嫌悪感の表現を埋め合わせるには 沢山のポジティブなものが必要になります

ストレス反応もここに含まれます 私たちは身に迫った 避けられない肉体的な危険に すごい反応をするようにできています これには内因性オピオイドが関係しています このシステムは肉体的な危険から 身を守るために元来備わっているものです 現在では これがストレス反応となり 体に大きな影響を与えます 副腎ホルモンが頭脳に溢れ 海馬の細胞や記憶を破壊し 様々な健康障害を引き起こします

残念ながら このシステムはなくては困るのです 快いものだけに支配されていたら 生き残ることはできません 私たちには二つの司令塔があります 感情は困難やチャンスに反応する 一過性の強い反応です 私たちは それぞれの感情によって 異なる自分に切り替え 考え 認識 感覚 記憶などを操作しているのです 感情は単なる感覚と考えられがちですが 実は システム全体への警報であり 私たちが 何を記憶し どのような判断をし どのように物事を受け止めるかを左右します

ここからは 現代の幸せの科学についてです 陰気なフロイトの世界を抜け出して 様々な研究が進められています 幸せの科学の大切なポイントは 幸せと不幸せは 連続した一本の線の両端ではないということです フロイトのモデルは 両者はつながっており 不幸せでなくなれば 幸せになるというものでした これは間違いです 不幸せでなくなれば 単に不幸せでなくなるだけです 幸せと不幸せは方程式の反対側にあるようなものです この考えが精神治療に欠けていたので 症状が回復しても 再発することが多かったのです 反対側への認識が欠けていたからです それらは 喜び 幸せ 感謝などの ポジティブな感情です もちろん感覚的に 幸せが 単に不幸せではないのとは違うことは理解しています しかし これらが二つの平行なシステムだということは つい最近まで提唱されていませんでした ですから 体は未知の可能性を追うと同時に 危険から身を守ることの両立ができるのです これらは二つの相反しながらも ダイナミックに影響しあうシステムなのです

幸せの分析も進んできました 「幸せ」という言葉は いろいろなものを意味します また、幸せには 英語の語彙にはない三つの感情があります フィエロ -- 困難を乗り越えたときの誇り シャーデンフロイデ -- 他人の不幸から生まれる幸せ 質の悪い喜びですね そして ナヘツ -- 自分の子供の成功に対する誇りや喜び またこの他に 論議に上らないものに 「他人の幸せ」を喜ぶ幸せもあります これを表現する言葉はないようです 人間はネガティブなことにはとても敏感ですが ポジティブな傾向がある事によって うまくバランスが取れています

また、私たちは生まれつき快いものに魅かれます 赤ん坊は甘い味を好みます 苦いものは嫌いです がさがさした物より すべすべした物を好み つまらない顔よりも きれいな顔の方をよりよく眺め 調和のないメロディーよりも 協和的なメロディーに耳を傾けます 子供は生まれつき 快いものを知っているのです ある心理学者によると 私たちの幸福追求の 80 パーセントは 遺伝によるもので 幸せは身長と同様 与えられたもの以上を得るのは難しいということです そんなはずはありません 幸せに遺伝子の影響がかなりあるとしても 50 パーセントくらいで 残りの 50 パーセントはまだよくわかっていないのです

脳の中を観察して 進化の過程の中でどこから 幸せが生まれたのか探りましょう 基本的に少なくとも二つのシステムがあります どちらとも とても古いものです ひとつは報酬系で 化学物質 ドーパミンに支配されています 腹側被蓋野に始まり 側坐核 前頭前皮質 眼窩前頭皮質など高度な判断をするところに続いています この神経系は当初 脳の中の 快楽のシステムだと考えられていました 1950年に オーズルとミルナーが ネズミの脳に電極を挿入し バーを押すと 電流が流れるようにすると ネズミはバーをとめどなく 何回も何回も押し続けました 食べもせず 寝もせず セックスもせずにです バーを押すこと意外何もしなかったのです その結果から ここが脳内の 「オーガズムマシン」だと予測をしました

後に 実はそうではなく モチベーションのシステム つまり欲求のシステムだとわかりました 「欲しい」と感じるものに「誘因特徴」という属性を与えるシステムです この属性が付いたものは 「どうしても手に入れたいもの」 として区別されます これは単に 「好きだ」 という 快楽のシステムとは少し違います 快楽のシステムは 内因性オピエートであるオキシトシンが関連していて 脳内全体に広がっています ドーパミンの つまり欲求のシステムは もっと一ヶ所に集中しています

ポジティブな感情にはそれを表す人類共通のシグナルがあります ここにある笑顔です このシグナルは単に唇の両側を 大頬骨までひき上げるだけではなく 同時に 目じり つまり眼輪を 細めています 生後10ヶ月の乳児でさえ母親の顔を見ると このような独特の笑顔をみせます 外向的な人は内向的な人よりよく笑顔を使い うつ の状態から抜け出した人は 以前より よく笑顔を見せるようになります 幸せの真の表現を見抜くには この表情に注目すればいいのです

私たちの喜びはとても古い感情です 人生では様々な喜びを学びますが 基盤であるものが多く その中の一つが「生命愛」です これはまわりの自然界に対する反応で とても基本的な感情です おもしろい研究があります 手術後の患者を対象に 病室の窓がレンガの壁に面している人と 木や自然が眺められる人とを比べたところ レンガの壁を見て過ごした患者の方が 入院の期間が長く 薬の量も多く必要で 術後の合併症なども多かったということです 自然に何か癒しの強い力があって 私たちはそれに反応するようになっているのです

人間は真似をするのがとても好きな動物です 生まれてすぐに真似をし始めます これは生後3週間の乳児です 舌をぺろっと出して見せると 赤ん坊も同じことをします 私たちは生まれつき社交的な動物です 協力に関する研究では 人々が協力して何かをしている時に 脳の報酬系が活性化することがわかっています 心理学の問題点の一つは 無力でこの世に生まれてきて 一人では生きていけない人間にとって 間主観性や社会脳という考えが いかに重要であるかを軽視し 反対に 自己 自尊心を中心に 考えられてきたことです 「私たち」ではなく「私」という 人間の生体と自然に反する考え方が 人々が幸せになれない 大きな要因だと思います

考えて見ると 人間が一番幸せなのは仲間といる時や 外の世界の何かに夢中になっている時で 他の人と交わり 生き生きと活動し スポーツをしたり 愛しい人を思ったり 学んだり セックスなどをしている時です 鏡の前に座って いったい自分が何であるのだろうと 自身のことを考えている時ではありません このような時に一番幸せだとは感じないでしょう 他にも証拠として考えられることがあります 自殺を図った人たちの書いたものを コンピューターで分析すると 興味深いことに 一人称単数をよく使っているということです 使うのは 「私は」「私に」「私の」で 「私たち」はでてきません 手紙の内容は希望がないというより 彼らが孤独であることを物語っています 孤独は人間にとってとても不自然な状態です 人にはもともと 所属の欲求があるのです

しかし 進化歴につまづかされることもあります 一つの例は 遺伝子の目的は幸福の追求ではなく 遺伝子のコピーを作り 次の世代に受け継いでいくことです そのため生殖に関するシステムは3つあります 3 つもあるのは 生殖自体がとても大切だからです それらは 性欲 つまりセックスをしたいという思い これは性ホルモンに支配されています ロマンチックな愛 これはドーパミンが支配する 「この人と絶対一緒になりたい」と思わせる欲求のシステムです それから 愛着 「深い絆」をつくる オキシトシンの様な オピエイトが関連しています 問題は 時にこの3つの調和がとれないことがあることです 長い間付き合っている人がいても 別の人にロマンチックな気持ちを抱いたり また別の人とセックスをしたくなったりすることがでてきます

遺伝子が私たちを迷わせる他の例としては 社会的な地位があります 人間は社会的地位にとても敏感で 常に上に行こうと努めています 動物の世界では 地位を上げる唯一の方法は 他者を支配することです 肉体的に強くなって主導権を握り 胸を叩いてその座を守れば 周囲は服従的に振る舞うわけです しかし 人間は全く違った方法で地位を築きます 脅かして手に入れたものではなく 地位は周囲の信頼から得られるものです 私たちは 特別な知識や技能を持っている人に 地位を与えます 様々な才能に適した地位を作れるため 皆が階層の下にいなくてもよいという点で 動物の世界とはちがいます

お金で幸せが買えるという これといった証拠はありませんが 関係ないとはいえません 人生の満足度についてアンケートをとると 収入が増えるにつれ満足度もあがっているのがわかります 収入が低い人ほど精神的な苦痛が多くなっています ですから、影響があることは確かですが 度合いはどちらかというと小さなものです お金に関する問題の一つは物質主義です お金に執着すると 人生の基本的な喜びを忘れてしまいます この漫画のカップルや子供の様に 「私たちより貧しい人のほうがセックス楽しんでいるかしら?」 とか 「おもちゃで遊んでるんだから邪魔すんな」 となるわけです 感情が乗っ取られてしまうのです ドーパミン - 要求のシステムが 脳を支配し 快楽のシステムから脱線してしまうのです

1950年代にマズローが考えたのは 世界が平和になり 基本的な欲求が満たされ-- 生理的なシステムや モチベーションを起こさせるものが充たされると-- 自分以外のことを考えるようになり 自己実現 自己超越し 物質主義を克服できるというものです

最後に これが真実かもしれないことを示唆する ちょっとしたデータを見ておきましょう まず 悟りが開けたというような人たちは 人生や価値観が変わったと感じます 思ったとおりですが 富、冒険、業績、快楽、楽しみ、名誉などの 変化前に大切だと思った価値が 変化後はもっと物質主義を超えた価値観にかわっています 女性の持つ価値観は 男性のものとは全く違いますが 価値観の変化は とても似ています生き残るのは幸せだけで 美貌、幸せ、富、自制などに対し 変化後には 寛大さや許しに価値を見出すようになります

いくつか名言を引用して終わりにします 「唯一の質問は: この世界をどう愛するかということです」 次にリルケ「もしあなたの日常を貧しいと思うなら、 その日常ではなくあなた自身をこそ非難しなさい あなたが立派な詩人でないために 日常の富に恵まれないのだと言い聞かせることです。」 「どうありたいのか、まず自分自身に語り しかる後、なすべきことをなせ。」

ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画