TED日本語 - デヴィッド・スタインドル=ラスト: 幸せになりたいなら、感謝しよう

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - デヴィッド・スタインドル=ラスト: 幸せになりたいなら、感謝しよう

TED Talks

幸せになりたいなら、感謝しよう
Want to be happy? Be grateful
デヴィッド・スタインドル=ラスト
David Steindl-Rast

内容

「私たち全ての人間に共通することは、幸せになりたいという気持ちを持っていることだ」と、修道僧であり諸宗教の研究者であるデヴィッド・スタインドル=ラストは言います。「幸せは感謝の心から生まれる」と彼は説きます。ゆとりを持ち、自分の方向性を見極め、そして何よりも感謝の気持ちを持つことについて、彼の教えが心に響きます。

Script

There is something you know about me, something very personal, and there is something I know about every one of you and that's very central to your concerns. There is something that we know about everyone we meet anywhere in the world, on the street, that is the very mainspring of whatever they do and whatever they put up with, and that is that all of us want to be happy. In this, we are all together. How we imagine our happiness, that differs from one another, but it's already a lot that we have all in common, that we want to be happy.

Now my topic is gratefulness. How is the connection between happiness and gratefulness? Many people would say, well, that's very easy. When you are happy, you are grateful. But think again. Is it really the happy people that are grateful? We all know quite a number of people who have everything that it would take to be happy, and they are not happy, because they want something else or they want more of the same. And we all know people who have lots of misfortune, misfortune that we ourselves would not want to have, and they are deeply happy. They radiate happiness. You are surprised. Why? Because they are grateful. So it is not happiness that makes us grateful. It's gratefulness that makes us happy. If you think it's happiness that makes you grateful, think again. It's gratefulness that makes you happy.

Now, we can ask, what really do we mean by gratefulness? And how does it work? I appeal to your own experience. We all know from experience how it goes. We experience something that's valuable to us. Something is given to us that's valuable to us. And it's really given. These two things have to come together. It has to be something valuable, and it's a real gift. You haven't bought it. You haven't earned it. You haven't traded it in. You haven't worked for it. It's just given to you. And when these two things come together, something that's really valuable to me and I realize it's freely given, then gratefulness spontaneously rises in my heart, happiness spontaneously rises in my heart. That's how gratefulness happens.

Now the key to all this is that we can not only experience this once in a while. We can not only have grateful experiences. We can be people who live gratefully. Grateful living, that is the thing. And how can we live gratefully? By experiencing, by becoming aware that every moment is a given moment, as we say. It's a gift. You haven't earned it. You haven't brought it about in any way. You have no way of assuring that there will be another moment given to you, and yet, that's the most valuable thing that can ever be given to us, this moment, with all the opportunity that it contains. If we didn't have this present moment, we wouldn't have any opportunity to do anything or experience anything, and this moment is a gift. It's a given moment, as we say.

Now, we say the gift within this gift is really the opportunity. What you are really grateful for is the opportunity, not the thing that is given to you, because if that thing were somewhere else and you didn't have the opportunity to enjoy it, to do something with it, you wouldn't be grateful for it. Opportunity is the gift within every gift, and we have this saying, opportunity knocks only once. Well, think again. Every moment is a new gift, over and over again, and if you miss the opportunity of this moment, another moment is given to us, and another moment. We can avail ourselves of this opportunity, or we can miss it, and if we avail ourselves of the opportunity, it is the key to happiness. Behold the master key to our happiness in our own hands. Moment by moment, we can be grateful for this gift.

Does that mean that we can be grateful for everything? Certainly not. We can not be grateful for violence, for war, for oppression, for exploitation. On the personal level, we can not be grateful for the loss of a friend, for unfaithfulness, for bereavement. But I didn't say we can be grateful for everything. I said we can be grateful in every given moment for the opportunity, and even when we are confronted with something that is terribly difficult, we can rise to this occasion and respond to the opportunity that is given to us. It isn't as bad as it might seem. Actually, when you look at it and experience it, you find that most of the time, what is given to us is opportunity to enjoy, and we only miss it because we are rushing through life and we are not stopping to see the opportunity.

But once in a while, something very difficult is given to us, and when this difficult thing occurs to us, it's a challenge to rise to that opportunity, and we can rise to it by learning something which is sometimes painful. Learning patience, for instance. We have been told that the road to peace is not a sprint, but is more like a marathon. That takes patience. That's difficult. It may be to stand up for your opinion, to stand up for your conviction. That's an opportunity that is given to us. To learn, to suffer, to stand up, all these opportunities are given to us, but they are opportunities, and those who avail themselves of those opportunities are the ones that we admire. They make something out of life. And those who fail get another opportunity. We always get another opportunity. That's the wonderful richness of life.

So how can we find a method that will harness this? How can each one of us find a method for living gratefully, not just once in a while being grateful, but moment by moment to be grateful. How can we do it? It's a very simple method. It's so simple that it's actually what we were told as children when we learned to cross the street. Stop. Look. Go. That's all. But how often do we stop? We rush through life. We don't stop. We miss the opportunity because we don't stop. We have to stop. We have to get quiet. And we have to build stop signs into our lives.

When I was in Africa some years ago and then came back, I noticed water. In Africa where I was, I didn't have drinkable water. Every time I turned on the faucet, I was overwhelmed. Every time I clicked on the light, I was so grateful. It made me so happy. But after a while, this wears off. So I put little stickers on the light switch and on the water faucet, and every time I turned it on, water. So leave it up to your own imagination. You can find whatever works best for you, but you need stop signs in your life. And when you stop, then the next thing is to look. You look. You open your eyes. You open your ears. You open your nose. You open all your senses for this wonderful richness that is given to us. There is no end to it, and that is what life is all about, to enjoy, to enjoy what is given to us.

And then we can also open our hearts, our hearts for the opportunities, for the opportunities also to help others, to make others happy, becausenothing makes us more happy than when all of us are happy. And when we open our hearts to the opportunities, the opportunities invite us to do something, and that is the third. Stop, look, and then go, and really do something. And what we can do is whatever life offers to you in that present moment. Mostly it's the opportunity to enjoy, but sometimes it's something more difficult.

But whatever it is, if we take this opportunity, we go with it, we are creative, those are the creative people, and that little stop, look, go, is such a potent seed that it can revolutionize our world. Because we need, we are at the present moment in the middle of a change of consciousness, and you will be surprised if you -- I am always surprised when I hear how many times this word "gratefulness" and "gratitude" comes up. Everywhere you find it, a grateful airline, a restaurant gratefulness, a cafe gratefulness, a wine that is gratefulness. Yes, I have even come across a toilet paper that the brand is called Thank You. (Laughter) There is a wave of gratefulness because people are becoming aware how important this is and how this can change our world. It can change our world in immensely important ways, because if you're grateful, you're not fearful, and if you're not fearful, you're not violent. If you're grateful, you act out of a sense of enough and not of a sense of scarcity, and you are willing to share. If you are grateful, you are enjoying the differences between people, and you are respectful to everybody, and that changes this power pyramid under which we live.

And it doesn't make for equality, but it makes for equal respect, and that is the important thing. The future of the world will be a network, not a pyramid, not a pyramid turned upside down. The revolution of which I am speaking is a nonviolent revolution, and it's so revolutionary that it even revolutionizes the very concept of a revolution, because a normal revolution is one where the power pyramid is turned upside down and those who were on the bottomare now on the top and are doing exactly the same thing that the ones did before. What we need is a networking of smaller groups, smaller and smaller groups who know one another, who interact with one another, and that is a grateful world.

A grateful world is a world of joyful people. Grateful people are joyful people, and joyful people, the more and more joyful people there are, the more and more we'll have a joyful world. We have a network for grateful living, and it has mushroomed. We couldn't understand why it mushroomed. We have an opportunity for people to light a candle when they are grateful for something. And there have been 15 million candles lit in one decade. People are becoming aware that a grateful world is a happy world, and we all have the opportunity by the simple stop, look, go, to transform the world, to make it a happy place. And that is what I hope for us, and if this has contributed a little to making you want to do the same, stop, look, go.

Thank you.

(Applause)

皆さんは 私について それも とても個人的なことで知っていることがあります 私もまた 皆さんについて 知っていることがあります 皆さんの関心事の中でも特に重要なことです 私たちには知っていることがあります 世界のどこで出会った人であれ 道ですれ違った人であれすべての人について その人が何をしていようと 何と闘っていようと その原動力となっているものを知っているのです それは私たち皆が持っている― 幸せになりたいという気持ちです これは皆 同じなのです 幸せをどのように考えるか その考え方は違っても 幸せになりたいという気持ちは 私たち皆が共有しているものなのです

さて 本日のテーマは感謝の心ですが 幸せと感謝の心には どんな関係があるのでしょうか? 多くの人が言うでしょう「そんなの簡単だ」 「人は幸せな時に感謝をする」 でも もう一度考えてみてください 幸せな人が感謝しているというのは本当でしょうか? 幸せになるために全てを手に入れても また別の物や もっと多くの物を欲しがるために 幸せでない人が 大勢いるということを 私たちは皆 知っていますね 私たちは また 誰もが決して望まないような不運を たくさん背負っていながら 心の底から幸せな人たちを知っています 彼らは幸せに溢れていて驚かされます なぜでしょう? 彼らに感謝の心があるからです 幸せが 感謝をもたらすのではなく 感謝が私たちを幸せにしてくれるのです もし 幸せが感謝をもたらすと考えているなら 考え直してください 感謝が私たちを幸せにしてくれるのです

さて それでは 感謝とは一体 何なのでしょう? どのような仕組みで起こるのでしょうか 振り返ってみてください 皆さん 経験から心当たりがあるはずですよ 誰でも 自分にとって 貴重な体験をしているものです とても貴重である経験が 与えられているという ありがたい組み合わせなのです 貴重であると同時に 真の授かり物でなくてはなりません 買った訳ではなく勝ち取ったのでもない 取引や努力で得た訳でもない あなたに授けられた物です この2つが同時にやってきたとき 自分にとって本当に貴重で しかも それが無償で与えられていると気づいたとき 私の心に自然と 感謝の気持ちが 湧いてきます 幸せの感情も自然と湧き上がってきます 感謝の気持ちはこのように起こるのです

ここで重要なことは このような経験は稀である必要はなく 感謝が単なる経験である必要もないのです 感謝の気持ちを持って生きることができるはずです 感謝して生きるそれなのです では 感謝して生きるにはどうすればいいのでしょう? 一瞬一瞬が授けられているのだと 体感し 意識することです 授かり物です勝ち取ったのではありません そこにあなたの力は働いていません その瞬間がまた与えられる保証は どこにもありません しかし それこそが私たちに授けられた もっとも貴重なものなのです この一瞬に すべての可能性が秘められているのです もし 今この瞬間が なかったとしたら 私たちは 何の機会も与えられず 何も経験できません この一瞬は 授かり物なのです 授けられた瞬間なのです

この授けられた瞬間に秘められた贈り物― それは「機会」です 本当にありがたいのは与えられた事物ではなく その機会なのです もし その物が別の所にあって それを楽しんだりそれで何かをしたりする 機会を得られなかったら 感謝の気持ちは持てないのです 機会は すべての授かり物の中に存在します こんな諺がありますね 「逃したチャンスは戻って来ない」 もう一度 考えてみましょう 一瞬一瞬が新しい授かり物で何度も繰り返されます もし この瞬間の機会を逃しても 次の瞬間が与えられまた次の瞬間がやってきます この機会を利用することもできれば 逃すこともできます もし その機会を生かすことができれば それが幸せへの鍵となります 幸せへのマスターキーを しっかり つかむのです どの一瞬にも 授かったことに対して感謝できます

では 私たちはいかなることにも感謝できるでしょうか? それは 無理です 暴力や戦争 迫害や搾取には感謝できません 個人的なレベルでは 友達を失うことや裏切り 死別などに感謝はできないでしょう すべてに感謝できる訳ではないとはいえ― 与えられた全ての瞬間に秘められた機会には 感謝できるのです たとえ 非常に難しい状況に 直面したとしても その難局に立ち向かい 与えられたその機会に応えることができます 意外と悪くないものですよ 実際に見て 経験すると 大抵の場合 与えられたものは 楽しむ機会なのだと気づきます それを逃してしまうのは 人生を急ぎすぎて 立ち止まらずその機会を認識していないからです

しかし 時には 大きな困難に襲われることもあります そんな時は その困難という機会に立ち向かうことが課題なのです 痛みを伴うこともありますがそれを学ぶことによって 立ち向かえるようになります 例えば 忍耐を学ぶということです 平和への道は 短距離走ではなく マラソンのようだと言われます 忍耐力が必要で 難しいことです それは自分の意見や信念のために 立ち上がることかもしれません その機会が私たちに与えられているのです 学ぶ 耐える 立ち上がる その機会が与えられているのです でも機会は機会でしかなく 私たちが称賛するのは その機会を生かす人たちです 機会を生かし― 人生を意味あるものにしている人たちです 失敗しても次の機会が与えられます いつでも次の機会があるのです これが人生の素晴らしく豊かなところです

では どうしたらこの素晴らしさを 生かせるようになるでしょうか 私たち一人ひとりが感謝して生きる方法は どうすれば見つかるのでしょう たまに感謝するのではなく 一瞬一瞬に感謝する方法です どうすれば良いのでしょう とても単純な方法です 実は子供の頃に良く言われていた簡単なことです 横断歩道を渡る時に習いましたね 止まる 見る 進む それだけのことです しかし私たちはめったに立ち止まりませんね 私たちは人生を駆け抜け止まらないのです 止まらないために機会を逃します 立ち止まらなくてはなりません心を静かにするのです 私たちは人生にも「とまれ」の標識を 立てておかなければなりません

数年前 私はアフリカに滞在して 戻ってきてから 水に気を留めるようなりました 私がいたアフリカの地域には飲める水がありませんでした 蛇口をひねるたびに 胸がいっぱいになりました 電気をつけるたびに とてもありがたくて 幸せを感じました でも その感覚は長続きしません そこで 電気のスイッチと蛇口に シールを貼りました 蛇口をひねるたびに「水」を意識するためです やり方はそれぞれです思いつくままに 自分に合う方法で構いません とにかく皆さんの人生に「とまれ」は必要なのです そして 立ち止まったら 次は 見ることです 目を大きく開いて よく見るのです 耳を澄まし嗅覚も研ぎ澄ましましょう すべての感覚を大きく開いて 与えられたこの素晴らしい豊かさを受け入れましょう 終わりはありません 与えられた物を楽しむ それが人生なのです

すると 心も開くのです 与えられた機会に心を開きましょう 他の人を助け 幸せにする機会にも心を開きます なぜなら 私たちにとって一番の幸せは 皆が幸せであることだからです 機会に心を開くと 行動につながります これが3つ目です 止まる 見る そして進むつまり行動に移すのです 私たちにできることは 今この瞬間私たちに与えられているのです 大抵は楽しむための機会ですが 時にはもっと難しいものである場合もあります

しかし 何であろうと機会を利用すれば 何とかなるものです 人間は創造的ですからね そして この「止まる 見る 進む」という― ちょっとした意識が 世界に革命をもたらすほどの力を持った種なのです というのも 私たちは今この瞬間 意識改革の真っ只中にいます この変化に皆さんは驚くでしょう 「感謝」や「感謝の気持ち」という言葉を あまりによく聞くので私はいつも驚いています 様々なところで目にします 飛行機に乗れば「感謝」レストランに行けば「感謝」 「感謝」と名のついたカフェやワイン そうそうトイレットペーパーでさえ 「ありがとう」なんて名前のがあります(笑) 感謝への意識が高まっているのです 人々が 感謝の大切さと 世界への影響力に気づき始めたためです これは非常に重要な形で 世界を変える可能性があります なぜなら 感謝の気持ちがあれば恐れることはなく 恐れることがなければ 暴力的にはならないのです 感謝の気持ちがあれば行動の元となるのは― 不足感ではなく満足感ですから 分かち合う心も生まれます 感謝の気持ちがあれば 人々の違いを楽しみ 全ての人を尊重するでしょう これが世の中の力関係のピラミッドを 変えていきます

平等になる訳ではありませんが 平等に尊重されるようになります そこが重要です 世界の未来はネットワーク型になります ピラミッド型でも逆ピラミッド型でもありません 私の言っている革命とは 暴力のない革命です とても革新的で 革命の概念さえも 根本から変えるような革命です なぜなら 普通の革命では ピラミッドを逆さまにするだけですから 底辺にいた人たちが頂点に立ち それ以前とまったく同じことが 繰り返されるのです 必要なのは小さなグループのネットワークです お互いを知っていて― 交流し合う 小さなグループ それが 感謝の世界なのです

感謝の世界は喜び溢れる人々の世界 感謝する人々は喜び溢れる人々です 喜び溢れる人々が増えれば増えるほど 私たちの世界は喜び溢れるものになります 感謝する生き方のためのネットワークを運営していますが ネットワークは急速に広がってきています なぜ拡大したのか分かりませんでした 感謝の気持ちが湧いたら キャンドルを灯すよう呼びかけました 10年で 1500万本のキャンドルが灯りました 人々は気づき始めているのです 感謝の世界が幸せな世界だということに そして私たちは皆 「止まる 見る 進む」を行うだけで 世界を幸せなものに変える機会を 得るのです これが私の望みです この話を聞いて自分もやってみたいと 少しでも思ったら実行してください 「止まる 見る 進む」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画